CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
マーマレード作り [2011年05月15日(Sun)]

エコアパ皆さんで、マーマレード作り。
オーナー宅の庭にある夏ミカンをとって、たわしできれいに皮を洗い、ひたすら皮を刻む。

あとの工程は、各自家でやるわけですが、毎年恒例の行事になりつつあるマーマレード作り。



またブラックベーリーも花が咲いているので、こちらも楽しみのひとつですね。
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を [2011年05月13日(Fri)]

赤坂のTBSでラジオ「今日よりちょっといい、明日を」の収録をしてきました。
パーソナリティの柳井さんと話が大変盛り上がり、結局3週分の収録となりました。
放送は5/29・6/5・12(いずれも日)の朝5:45(早!)ですので、朝早起きしてモーニングコーヒーを飲みながら聞いてくださいね。
ブログでは伝えきれないエコアパの色々な側面をご紹介してます。


続きを読む・・・
原発50%見直し [2011年05月11日(Wed)]
10日の会見で、管総理は2030年までに総電力に占める原子力発電の割合を50%以上とする政府のエネルギー基本計画を白紙に戻して議論すると発表しました。
再生可能な自然エネルギーと、エネルギーを使わない省エネ社会を構築するとの考えですが、エネルギー政策の根本的な見直しは、将来の方向性を大きく変えてしまう、ものすごい発言です。
こういった発言が実現されると仮定するといったいどんな社会がうまれるでしょうか?
全体のことは大きすぎますが、アパート関連での状況変化を考えてみます。

エネルギー問題が個人レベルの経済問題と絡んでくると事はおおごとです。
例えば、太陽光発電などの電力が高く買われるようになるかわりに、通常の電気料金が高くなったりすると住まい手にとって「電気を食う住まい」は、遠慮されるようになります。
アパート物件を借りる人は、これまでは全く気にしなかった物件の省エネ性能、断熱性能や二重サッシかどうか、などを気にするようになるかもしれません。

借り手のニーズが、これまではオートロックがついているか、追いだき機能があるか、などが物件の付加価値となっていたものが、断熱性のはどうか(ランニングコストは?)に変わるとなると、提供者は住まい手のニーズに対応せざるを得なくなり、対応できない物件は競争優位を獲得できなくなります。
しかし一方で建物のようなハードは、なかなかそういった機能を追加しにくいものです。エコリフォームはチャンスかもしれません。
また、これまで太陽光発電をとりつけるアパートは、オール電化とワンセットでしたが、今後は蓄電機能を充実させ、電気代が不要な物件としてPRするようになるかもしれません。
そよ風の設置も増えるかもしれませんね。

これから引っ越しなどで物件をお探しの方は、ぜひ部屋の省エネ対策について聞いてみてください。照明などは対策しているかもしれませんが、断熱などにはほとんど対応していないと思います。
ニーズのないところに対応はしづらい、がビジネスの定石ですが、一方で建物は一度建てたら20〜30年は変更しにくいですので、こういったルール変更に伴うニーズの変化については敏感になっておく必要があるでしょう。
夏野菜作付け [2011年05月10日(Tue)]
エコアパートの連休は、例年通り夏野菜の作付けが行われました。
ナス・トマト・きゅうりなどなど。
新しくいらっしゃったOさんの畑にも、かわいらしい苗が植えてあります。
ブラックベリーの花も咲き始めました。
グリーンカーテンとなるゴーヤやフウセンカヅラは5月下旬ですのでまだまだです。

今週はしばらく中断していたエコアパミーティングを開催する予定です。
ランチを食べつつ、夏ミカンジャムをつくるそうです。

楽しい季節がやってきました。
エコアパート温度調査結果 [2011年05月05日(Thu)]


工学院大学の中島です。
ブログへの投稿は初めてですが、EcoLIVESの運用実験や住まい方とエネルギー消費に関する研究調査などで、エコアパートにお住まいの皆様方には建物竣工前から色々と大変お世話になっています。
さて、もうだいぶ暖かくなってきましたが、この冬はH家の居間にも温湿度センサを設置しましたので、アパート各棟の温湿度と比べてみた結果をご紹介させていただきます。
グラフは2月22〜23日の2日間で、5邸の居間温度に加えて外気温と日射量のデータも記載しています。この2日間は、夜間は気温が2〜3℃まで下がる寒い日ですが、日中の天気は快晴です。
これを見ると、H家(水色)が暖房をつけて室温を20℃以上に維持していても、就寝時に消した後は急激に下がり、明け方には10℃以下まで下がっていることが分かります。
一方、エコアパートの各棟は、暖房で温度が上がっている時間帯も見られるものの、温度が下がる明け方でも15℃以上を保っています。
これは、断熱性の高いつくりのため熱が逃げにくいこと、南側の窓から昼間の日射を取り込んで床や壁に蓄熱すること、そしてそよ風によって床下のコンクリートにも太陽の熱が蓄熱されること、これらの相乗効果によるものと言えます。またH家の室温が他の棟よりも高めなのは、壁や床が冷えていて、室温よりも体感温度が低く感じられていることが推察されます。
エコアパート各棟のエネルギー消費量は、関東地域の調査例(平均延床面積80m2/生協総合研究所調査報告書)と比べて約4割も小さくなっています。もちろん床面積の違いもありますが、一般住宅の年間エネルギー消費の約1/3を占める暖房エネルギーが、建物の工夫によって大幅に節約されていることが大きな要因の1つと言えるでしょう。
最近、エコポイントなどで新型の高効率設備ばかりが目立っていますが、まずは家本体にお金をかけることが、結果的にはエコで快適な住まいにつながると言えます。
続きを読む・・・
東京MX「Tokyo,Boy」で紹介されます [2011年05月01日(Sun)]
5月1日(日)午後9時より、東京MX 「Tokyo,Boy」にて、エコアパートが東京最先端物件として紹介されます。

興味がある方は、ぜひご覧ください。

東京MX Tokyo,Boy