CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
取材じわり増 [2011年04月28日(Thu)]
4月に入って取材依頼が増え始めました。
本日もアパート経営がテーマということで、パパさんが対応しています。
アパート経営、コミュニティ形成、もろもろありますが、増えてきているテーマはやっぱり「節電」。

節電といえば、近々工学院大学中島先生からレポートいただきますが、冬の一般住宅(我家)との比較データがでたそうです。エコアパの省エネ設計はやはりすごいですね〜。
我が家とエコアパの冬の室内環境を比べた結果ですが、グラフという見える化された形で
「ね?」
といわれると、違いすぎて悲しくなります。
新築をお考えのみなさん、値段2倍かけても断熱はパーフェクトバリアですよ。今、住宅エコポイント&震災で断熱材まったくないそうですが・・・。

・・・、話が脱線しましたが、今年は省エネ・節電での取材が増えそうです。パパさん、エコアパ住民の皆さんの活躍に期待しましょう。エコアパ取材のこれまでの増加は、以下のような感じでした。
08年G8関連でのエコブーム
09年農業での畑ブーム
10年生物多様性ブーム・子育てブーム
11年節電ブーム

と、細々ではありますが、途切れずお声かけいただいております。過去のテーマの中にはあまり喜べない社会背景もありますが、注目いただくことはありがたいことですし、エコアパの賞味期限は思ったよりも長い。

それにしても07年に建てて、住宅の性能が進歩した現在でもそこそこ勝負できるというのはすごいですね。
そもそもが太陽・雨・風といった自然エネルギーを活用することが前提なので、
「電気機器の使用量をいかに減らすか」
と、
「そもそも電気を使わないでどう快適な環境をつくるか(エネルギーの分散化・ポートフォリオ)」
では、土俵が違うからかもしれません。

今夏は電気がない、という全く新しい前提で議論が始まるので、エコアパの捉え方も変わってくるかもしれません。
3.11後の世界に思うこと [2011年04月23日(Sat)]
昨日、関西から古い友人が訪ねてきて、食事をしました。
色々な話をしたのですが、やはり震災のことも話題に上がりました。
「3.11前の世界と、3.11後の世界はまったく別物。今は変化のタイムラグの真っただ中にある」
そんな意見でした。
私も同感で、娘の2歳の誕生日は震災の直後だったのですが、そのとき、
「娘が1歳だった時代と、2歳以降の時代は全く別の世界になる」
と思ったものです。

省エネについても色々と話しました。エネルギーの話題、福島原発については、東京では他人事ではない問題となり、妻やエコアパのみなさんは
「原発あり得ない」
と話しています。
ただ、私自身は、モヤモヤしていました。
「あり得ない」エネルギーの恩恵を受けて生活をしている中で、脱原発という選択が、日本経済にもたらす影響、雇用や企業の海外流出、効率的なエネルギーを放棄することによる競争力の低下に大きな影響をもたらすこととつながったとき、それでも捨てると毅然と言えるのか。原発関連の利権構造を変えるだけの意思がこの社会にあるのか。この震災から学び、消費行動を変え、失業率上昇を受け入れ、経済収縮を甘受するだけの哲学を持ち得るのか、などなど。
熱しやすい情緒的な性格である自分自身を冷ますには、少々時間がかかりそうであり、友人も同じでした。

ただ、話をしているうち、ふたつのことが頭をよぎり、頭が若干すっきりとしました。
ひとつは、娘が私の年になって子どもができたとき、3.11についてどう話すのか。
もうひとつは、10年以上前日本全国の巨樹の旅をして回っていた時のこと。
つまり、私のエネルギーを考える視点・モノサシが四半期的な経済活動を中心に見ていたのに対し、別のモノサシ、命という視点や、30年、100年、1000年単位でみていく視点がある、ということです。

今回の原子力災害は、土と海を汚染しました。
土と海は、生命を生み出す源であり、私たちは土と海から生まれた他の生命を食べて生きています。命の循環の輪に汚染が入り込み、それが数十年続くと予想されます。魚、野菜が汚染されただけでなく、そこに営む人々の暮らし、歴史、文化が断ち切られました。そしてその循環の輪の中にいる私たちも逃れることはできません。汚染と共に生きなくてはなりません。
もう10年以上前の話ですが、日本全国の巨樹を描き歩いたときの最大の学びは
「命の循環の中で自分が生かされている」
でした。今日・明日・1ヶ月1年という時間とは別に流れている、悠久の時間の流れに対峙した中での学びでした。
その学びからすると、命の循環が汚染される可能性のあるエネルギーを、経済活動の軸に据えることは、持続可能性の観点から無理があると言えるでしょう。
原子力エネルギーは効率的で代替不可能なエネルギーではありますが、命の循環を将来的に脅かすパンドラの箱でもあったことが、今回証明されたのです。
エネルギー転換は容易ではありません。でも可能性があることを証明するために、エコアパートプロジェクトは始まったのです。
時間はかかるかもしれないけれど、命の循環>経済というモノサシを持って「3.11後」の世界を生きていきたいと思いました。
娘が私の年になって孫ができたら、それが自分の学びであったと孫に伝えたいものです。
日曜日はeco-style実践塾経由アースディで [2011年04月22日(Fri)]
今週末は代々木でアースディが開催されます。
明日は雨みたいですが、私がいくわけではありません。

後輩のTくんがeco-style実践塾を開催します。
エコアパにお住まいだったFさんから、具体的なお話が聞けます。
日曜日は実践塾でお話しした後、アースディに出かけるとお得かも。

ぜひご参加ください。
リンク追加ビオフォルム環境デザイン室 [2011年04月22日(Fri)]
ビオフォルム環境デザイン室のリンクを追加しました。
山田さんらしい素敵なデザインのWEBサイトです。
エコアパの情報・写真も盛りだくさん。
ぜひご覧ください。
お花見 [2011年04月20日(Wed)]


エコアパすぐそばの一本の桜で、お花見。
「うわぁ、ピンクのお花きれい!!」
と、子供たちは大喜び。

曇り空で、ぱっとしない天気でしたが、元気に遊ぶ子供たちでした。
畑のある生活-スッキリ [2011年04月14日(Thu)]
昨日放送されたスッキリを夜ビデオで見ました。
S太、大活躍でしたね。
撮影は昨年の10月頃で、放送時期が震災などの影響もあって2転・3転・4転くらいし、この時期に合う内容だったかと思いましたが、緑いっぱいで良かったです。
日テレ「スッキリ!!」でエコアパ紹介されます!! [2011年04月12日(Tue)]
明日、4月13日(水)、日テレ「 スッキリ!!」で、エコアパが紹介されます。
お時間がある方は、ぜひご覧ください。
夏の電力削減、家庭は15〜20% [2011年04月08日(Fri)]
夏の節電について、政府の「夏期の電力需給対策」骨格案がまとまったようです。
「大口需要」「小口需要」「家庭・個人」とあって、家庭個人は15〜20%が目標で、制度的手法を導入するということだそうです。
昼間電気の値上げとか、そういうことなんでしょうか?サマータイム?打ち水??

環境省がかつてやっていたこまめちゃんとか、JACCAの節電21とか、各人の努力を推奨するキャンペーンもあるんですが、エコアパのように建物自体に機能を組み込んでいない状態をベースに家庭で15%削減って結構大変ですよね。
特に昨年のような記録的猛暑になると、クーラー消すことが健康に影響することも・・・。

今夏の節電は、私たちの暮らしとエネルギーを考える上で大きな社会問題となりそうです。
ピザ釜用薪 [2011年04月07日(Thu)]

群馬で薪を買ってきました。
これで今年のピザ釜用燃料は安心です。
今年はグリーンカーテンを [2011年04月02日(Sat)]
震災の復興や福島原発のニュースが続いています。
さきほども大きな余震があったりと、不安定な状況が続いています。
花見の季節ですが、「花見なんて不謹慎だ!」「いつまでも自粛ムードじゃ復興しないじゃないか」などの議論も。
被災者のみなさんへの想いや支援は相変わらず熱いままですが、支援の方法は変化しつつあるようです。
同時に関東では、ちょっと先の話として夏の電力についての話がちらほら出始めました。

不足する電力は約1500万キロワット。
25%の節電をしようということで、計画停電だとか、スーパークールビズとか、サマータイムだとか色々言われています。
ただ、ピークカットについての情報はまだTVなどでは聞かれていません。
電気はためることができないので、需要のピークを中心に設定されます。
1年で1番電気をつかうのは、甲子園の決勝戦が行われるころだとか。
一番暑い時期、一番暑い時間に、クーラーかけながら応援するわけです。
今年の夏はあの時間に電気がプツンと切れる、もしくは計画的に切るわけですから、それはもう暑いですね。
工場などの稼働日を変える、電気料金を変動させるなどの政策誘導がないと解決できないとはいえ、私たちができることといえば、グリーンカーテンをせっせと育てることでしょうか。
時期的には5月後半ころからですので、プランターなどを準備しておきましょう。
つる性の植物は水をたくさん吸いますので、大きめのプランターを。またプランターが高温にならないようにプランターを2重にするなどの工夫があるとより効果的です。
置く場所は、南・西・北西も西日対策には有効です。
輻射熱といって、アスファルトからの照り返しを家の中に入れない工夫も重要です。
グリーンカーテン、本気でやると結構効果あります。