CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年09月 | Main | 2008年11月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
イノベーションは交差し、拡散する [2008年10月27日(Mon)]

ビッグイシューの取材を受けました。
107号に掲載予定ですので、11月15日頃、エコアパ記事をご覧いただくことができます。
みなさんは、ビッグイシューを読んだことがありますか?

「20〜30代前半の人を読者として想定し、若者の立場から社会問題を取り上げ、若者がマイナスの社会条件を、未来のプラスに転換していけるようなオピニオン誌(ビッグシュー媒体案内より)」
というコンセプトの雑誌ですが、一方で、ホームレスの自立支援事業という社会事業の側面を持っています。
定価300円の雑誌を、ホームレスである販売者が路上で売り、160円が彼らの収入となります。
現在、東京や京阪神など、12都道府県で、120人の販売員が、この雑誌を売っています。
東京では、駅などでよく見かける方もいらっしゃるかもしれません。

今回、エコアパプロジェクトが、ビッグイシューという雑誌に取り上げていただくということは、同じビジネスという手法で社会課題の解決を目指す「社会事業」であるという意味で、とても価値あるものだと思っています。

ビッグイシューも、はじめたころは
@若者の活字離れ
A雑誌の路上販売の文化がない
Bすぐれた無料誌が多い
Cホームレスからは買わない
という4重苦から「100%失敗する」といわれていたそうですが、努力の結果、事業そのものの成功だけでなく、社会事業の成功モデルとして、社会に大きなインパクトを与えています。

エコアパは、いまのところひとつのプロトタイプを見せただけですので、成功モデルともいえるビッグイシューと比べるのはおこがましいですが、エコアパモデルが目指す次のステップは、もちろんビッグイシューのような、より広がりある展開と、社会革新へのスキーム作りなんだと思います。

昨日、フランスの冒険家プリシラさんとお話していたときも、
「このモデルをビジネスとして展開していく気はないのか?」
という質問をいただきました。
もちろん、それもひとつの方法でしょう。
しかし、このモデルに関して言えば、私たち自身がビジネスとして展開しても、社会変革を起こすような大きな広がりは、作りえないのではないか、というのが今の時点の見解です。
むしろ、そのプロセスや方法や結果を公開し、誰でもマネできるようなオープンソースにしてしまうことで、こういった取り組みをしたいという人がチャレンジするためのハードルを下げることができ、連鎖的に取り組みが広がることで、最終的に目指す社会変革にたどりつけるのではないかという「仮説」を持っています。
だからこそ、入居者が入り、アパート経営としては目的を達した後も、このブログでできるだけ情報を開示しているわけです。

みんなが何かしたいと思っていて、でもなかなかできる環境やきっかけがないという状況は、決壊寸前のダムのような状況なのではないかと思います。
そこになにかのきっかけ、具体的で、共感ができて、乗ることができそうなものがあれば、一気に流れは変わっていくのだと思います。
エコアパは、一気に流れを変えるふたつ、みっつくらい前の取り組みであってほしいというのが願いです。

ビッグイシューで取り上げていただき、読者が記事を読み、さらに拡散し、改善されていく。
そんなことが起こるといいなあ、と思うのでした。
今度のお客様はおフランスざんす [2008年10月26日(Sun)]

エコアパには、色々なお客様がいらっしゃいますが、今度はフランスからのお訪ねです。

エコアパ建設を通じて知り合った方から、フランスのテレビ番組の取材の依頼を受けました。
「ふ、フランスですかぁ?」
なんか、すごいところに飛んでますが、エコアパ口コミ。
しかもいらっしゃるのは、プリシラ・テルモンさんという冒険家。
「ぼ、冒険家ぁ?」
私の友人に葦舟で太平洋を横断しようとしている冒険家の方がいますが、フランスからわざわさTOKYOまで冒険に来るとは・・・。
「Les Chemins du Possible」というドキュメンタリー番組で、「明日の都市」をテーマに、日本で展開されている様々な環境への取り組みを取材するとか。
日本で言うと、「ウルルン滞在記」見たいな感じになるそうで、エコアパの1日を滞在していただくことになりました。
これまで、エコアパには通常住人の皆さんのほか、エコアパ・フリークな一時滞在者が非常に多いのですが、また新しいファミリーが増えました。

というわけで、あいさつ&見学がてらエコアパにいらっしゃいました。
冒険家と聞いていましたので、こちらもそれなりに心の準備(?)をしていましたが、とってもかわいらしい方でビックリ(どんな想像をしていたかは秘密)。
イチジクのワイン煮を食べながら、Yさん宅で談笑しました。
エコアパというより、ここで展開されているコミュニティの様子をとても気にいっていただいていたようです。それとエコライブズには、目をまん丸にして驚いていました。
「ジャポネーゼ・マジクル!」
・・・、見たいな感じでした。

エコアパでは、持ち寄りランチミーティングに参加したり、草むしりをしたり、お買い物に行ったり、秋刀魚を焼いて食べたりと、エコアパライフを満喫していただきます。
「普段の様子を」
ということでしたが、たぶん色んな人が来て、てんやわんやの1日になると思います。
それが「普段」であるところが、エコアパの恐ろしくもあり、楽しいところでもありますが・・・。
アクセス急増につきPRを [2008年10月25日(Sat)]
エコアパPT平田です。
本日、TBS朝の情報番組『知っとこ』でご紹介いただき(撮影の裏舞台はこちら)、アクセスが急増しております。
せっかくですので、あやかってPRします。

1、はじめての方へ
はじめまして。
エコアパブログへようこそ。
このブログは「畑付きの賃貸物件ってアリじゃない?」という思い付きから、それを現実のものにするためのプロセスと、そこで展開されていく人と人のあたたかいつながりをつづったサイトです。
構想段階からご覧いただけますので、ぜひお楽しみください。ブログでは目が痛くなる方には、エコアパ本をお勧めします。かわいらしいイラストや、ブログで書ききれなかったことも、まとめてあります。

2、エコアパ住みたい!という方へ
ごめんなさい。
エコアパは満室です。
私の妻も狙っておりますが、しばらくは空きそうにありません。ただ、「こういう物件に住みたいー!」と声をあげていただくことはとても重要です。市場のあるところにビジネスは成立します。
ぜひコメントを下さい。

3、アパートの建て替えを考えている方、「セガレ・セガール(2代目)」のみなさま
アパートの建て替えをお考えならば、エコ・リノベーションのチャンスです。
小規模であるならば、大手メーカーに丸投げするよりも利益率が高く、良質な住まい手が確保でき、スローな暮らしや自然にやさしいライフスタイルを目指したいという共通する考えを持った友人ができます。手間はかかりますが、人とかかわることのかけがえのない価値に気付かされることでしょう。オーナーとして、環境問題や地域づくりに貢献しつつ、経営する可能性が、このビジネスモデルにはあります。
ぜひいっしょにチャレンジしましょう。
カキ食いねえ [2008年10月19日(Sun)]

エコアパのカジュアル(果樹ある)ガーデンに植えられたカキ。
桃クリ3年、カキ8年といいますが、3つのカキが生き残っています。
「いやあ、すごいツヤですねえ、今日はじめて気づきました」
とYさん。
「あ、これね、俺が今日磨いておいた。TV撮影だから」
とオーナーのパパさん。犯人はお前か!
昨年は私が試し食いと称して3つのカキのうち一つを食べてしまい、後でもめましたが、今日は8名で試食。んー、絶品です。


他にも身近な秋の味覚を並べてみました。
○本日の味覚
イチヂクのワイン煮、ザクロ、ゆず、あけび、セイクリッド(ホーリー)バジル茶、ゴーヤ茶、キウイ(落ちていたけど味は駄目でした)、カキ、冬瓜汁。
なんともぜいたくです。


本日は、TVの撮影がありました。
10月25日(土)7:30から放送の「知っとこ」に8:30くらいからの放送予定。テーマは都市の野菜作りだそうです。さて、秋の味覚はどんな感じで撮影されていたのでしょうか?
今回はYさん夫婦をメーンに、エコアパ生活が紹介されます。

撮影の裏話としては、カメラさんがひげをたくわえていたために、エコアパのアイドル・Kちゃんがしかめっ面になってしまいました。Kちゃんに「おいしい?」と聞くも、カメラさんのひげが怖くて、にらみつけるKちゃん。それを見て苦笑するエコアパ住民一同。
でも、メガネをかけている人は好きなようで、特にエコアパ住人のYさんがお気に入りのようです。

そんな様子はおそらく放映されないと思いますが、お楽しみに!
秋の味覚みっけ [2008年10月18日(Sat)]

コンクリートの隙間から芽を出すミョウガ。まるでど根性ダイコンみたいです。
薬味にすると美味。


こちらは、エコアパ大人気の冬瓜。
ひき肉と一緒にとろみをつけて煮ると、美味しい冬瓜汁に。



来年に向けては、Kさんがイチゴの苗を育苗中。
今年のテーマはバジルでしたが、来年はイチゴかな?
産まれた! [2008年10月15日(Wed)]
ビッグニュース!!

エコアパに新しいメンバーが誕生しました!
Kさん宅の赤ちゃんが、予定通り生まれました。
「いつ生まれるのかなあ、予定では連休(12・13日)だったのになあ」
とKさんと会話していたのですが、良かったですねえ。
エコアパは安産の館ということでしょうか。
ますますにぎやかになりそうです。

かくれんぼ [2008年10月15日(Wed)]

「おーい、これみてみー」
ゴーヤカーテンの撤去作業をしていたパパさんが、高枝伐りバサミをもってやってきました。
よく見ると、カマキリがくっついています。
大カマキリのほかによく見るこの種類(Kさん、名前わかります?)。
ゴーヤにくっついています。

「へー、カマキリって、ゴーヤが好きなんですねぇ」
とおとぼけ発言に
「なんでやねん!」
とすかさずはいるツッコミ。

当のカマキリ君は、なんとかこの場をやり過ごそうと、じっとしたまま、目だけをキョロキョロ動かしていました。
エコアパミーティング [2008年10月12日(Sun)]

毎月1回、住人の皆さんと開催しているエコアパミーティング。
10月はバジルの撤去を行いました。
いいにおいが広がります。
月に一度顔をあわせて情報共有するのは円滑なご近所づきあいをするコツ。
でも面倒にならないように工夫も。
毎回、参加した人の中で書記を決め、次回のスケジュール調整と議題だけを共有します。そしてミーティングは参加できる人が参加し、用事のある人はお休み。
こうすることで、負担感を減らします。
もうひとつ負担感を減らし、お楽しみ感を増やす工夫がこちら↓。


大きな梅干、・・・ではなくて、イチジクのワイン煮です。
生のイチジクと食べ比べしながらのティタイム。
こういう楽しみがあると、ミーティングも楽しくなります。

お知らせGREENSTYLE掲載 [2008年10月11日(Sat)]

お知らせです。
エコカルチャーマガジン「GREENSTYLE」Vol15にエコアパが掲載されています。先日ラジオ放送されたザ・フリントストーンの記事です。
ぜひご覧下さい。
お知らせエバーブルー掲載 [2008年10月09日(Thu)]


お知らせです。
地球と未来と環境問題を考えるフリーペーパー『everblue』にエコアパが掲載されています。
ご覧下さい。
| 次へ