CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年02月 | Main | 2008年04月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
All Aboutに掲載されています [2008年03月29日(Sat)]


エコアパを見学していただいたAll Aboutのライターさんが記事を掲載したのでおしらせします。

『間取りは2DKG!畑付きエコアパート拝見!』

ぜひご覧ください。

ついでに下の写真は3月16日にOZONEで開催されたセミナーの様子です。
こちらも盛況でした。

エコアパ本グラビア [2008年03月28日(Fri)]

エコアパ本が佳境に入っています。
編集の山木さん、デザインのきつかわさんから連日原稿をいただいています。
本の中に入る写真(グラビアというそうです)も上がってきました。
「やるなあ、ジャマイカの奴」
と菊池さん。カメラマンのルイさんは、その風貌からエコアパ職人から『ジャマイカ』とあだ名されています。

編集の山木さんをはじめ、デザイナーさん、カメラマンさん、イラストレーターさんは暑い日も寒い日もエコアパに足を運んでくれました。
だからこそできる編集、撮れる写真、描けるイラストができてきています。

現場の臨場感が甦ってくるようで、わくわくしますね。

エコアパ本はもうすぐ完成です。
自然食通信社のHPにお知らせが載っていますのでぜひごらんください。

出版は4月20日を予定しています。
Eco-Lives(エコライブス) [2008年03月20日(Thu)]

エコアパのあったか性能は、工学院大学の中島准教授が監修するエコライフサポートシステム『Eco−Lives(エコライブス)』によって管理されています。
このシステムがまたスゴイんです。
特許出願が終わって公表できるようになったのでご紹介します。

これはエコアパの住人が、省エネライフを実現するサポートをするためのものです。
各住居にモニタがついていて、モニタにはバーチャルエコアパートがあり、アバターの畑楽蔵(はたらくぞう)くんが住んでいます。
楽蔵が畑を耕したり、今で居眠りしたりしながら、エコアパで暮らしています。
下の写真は、入居者に説明する中島先生です。


こういった省エネシステムは大手電機メーカーでも開発されているのですが、このシステムがすごいところは、電化製品だけでなく、窓の開け閉めなど、外部環境を配慮して住まい手にアドバイスするシステムを持っていることです。
例えば、外が寒くなってきたら
「寒くなってきたのでカーテンを閉めましょう」
とか、2階の電気がつけっぱなしだと
「無駄な電気は消しましょう」
とアドバイスが現れ、実行するとポイントが貯まって楽蔵くんが変身します。
このシステム、将来はTVやパソコンでも表示できるようにしたいとのことですが、ぜひ『シーマン』とコラボしてほしいものです。
「お前、今日も電気つけっぱなしだったな。エゴ人間だな」
みたいなことを言われて、頭にきたりして(笑)。


各部屋の気温や電気・ガス・水道の使用量なども一目でわかるので、住まい手が自然と省エネに向かうようになります。
ここでデータを収集しつつ、エコアパ住人の皆さんに使ってみた感想をもらって修正し、将来の普及版開発に役立てるそうです。
数年後は、みなさんの家にも搭載できるかもしれません。
エコアパは自然エネルギーの活用など、昔からの知恵を活かしつつ、最先端のシステムを搭載しています。

うーん、うらやましい。
エコアパのあったか性能 [2008年03月19日(Wed)]

エコアパPT平田です。
工学院大学・中島研究室から、エコアパの室内温度変化のデータがでてきました。
上のグラフは、エコアパの室内温度の変化を記したグラフですが、08年の1月27〜29日の3日間のデータですが、気温(黒線)は2日目に零度以下になるなどとても寒い日でした。

そんな中、エコアパの基礎部分(赤線)は常に14度程度で温度が一定しており、そよ風が動いたと思われる1日目だけ24度ほどまで上がっています。
ガラス面に近い土間の温度(緑)は最低気温9度になっていますが、台所(青線)では14度以下には下がりませんでした。

また下のグラフは外気との温度差ですが、室内で最大16度あり、日射がほとんどなかった3日目に記録した最低温度差でも8度ありました。

中島先生曰く、そよ風の効果だけでなく、南面に窓をとり土間を配置するなどの自然を活用した設計(パッシブソーラー)の効果があるのではないかとのこと。

想像していた以上のデータが出ました。
ビックリです。


エコアパ本もうすぐです [2008年03月14日(Fri)]
エコアパPT平田です。

エコアパ本出版が佳境に入っています。
・・・、というか遅れています(ヤバイ)。

写真やイラストなどもでき始め、エコアパ建築と同じく力作になりそうです。
自然食通信社のHPにお知らせが載っていますのでぜひごらんください。

出版は4月20日を予定しています。

東京では代々木のアースディでご紹介できそうです。

イベントのお知らせ [2008年03月04日(Tue)]
セミナーのお知らせです。
3月16日に新宿のリビングデザインセンターOZONEで畑のついたエコアパートに暮らすというセミナーをおこないます。
まだ若干席に空きがあるとのことですので、興味がある方はぜひお申し込み下さい。