CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年10月 | Main | 2007年12月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2007年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
受け継ぐもの [2007年11月17日(Sat)]

エコアパ現場には若い職人さんたちががんばってくれました。
次の世代を担う頼もしい存在です。
彼らにこのプロジェクトはどう映ったのでしょうか?
ベランダづくりに汗を流すまーちゃん。


ザ・職人ゴローさんの技を盗もうと必死のけんたくん。


かずやくんは、部屋の隅々までやり残しがないかチェックしています。

近い将来、この現場を超えるような良い家造りをしてほしいものです。
エコアパも彼らの成長とともに風合いを増していくでしょう。
足跡 [2007年11月16日(Fri)]

宮大工は自分が仕事をした足跡としてゲンノウなどの道具を誰にもわからないところにそっと隠しておくことがあると、本で読んだことがあります。

そこで書道家・伊藤枝月先生に書いていただいた『花園荘』の看板の裏に、工事にかかわった職人さんのサインをしていただきました。
近くに寄ったとき
「あの看板の裏におれのサインがあるんだー」
と思いだしてくれたらうれしいです。
みなさんそれぞれサインをしていますが
「参上」
「見参」
などの文字も・・・。
みなさん若い頃はさぞご活躍だったと推測します。
当時の先生方、みなさんこんなに立派になりましたよ!!(笑)

みなさん、スペースを考えて書いている中、一人だけやんちゃな方がいます。
板の一番上を占領してでかでかとしたサイン
「どこのどいつだぁ、こんなてっぺんにデカデカ書きやがって」


このお方です↑。
証拠写真まで残っていました。
さすが下町のレイセフォーだけあって、体だけでなく文字も器もデカイ、大物です(笑)。
でもまあ、この証拠写真を見る限り、吉岡さんが書いたときは、スペースがたくさんあったようですね。
結果をみると「吉岡組」みたいになっていますが・・・。

ちなみに英語の筆跡もあり、国際色豊かだなあと話していたら
「それ俺だよ」
と水道屋の渡辺さん。よくみると「SWING」と書いてありましたね。
いい思い出になりそうです。


肝心の伊藤先生が書いた表面ですが、取り付け作業も含め、後ほどご報告します。
畑がある生活 [2007年11月15日(Thu)]

庭造りワークショップで植えた野菜たちがだいぶ大きくなりました。
短くなった太陽を少しでも取り込もうと必死です。



1階台所からの眺め。
台所から畑が見える、そして台所と畑をつなぐ土間というスペース。
広がりある空間ができました。

共有スペースに座るニコニコ顔の菊池さん。
菊池さんは熱狂的な浦和レッズサポーターで、昨日のアジアチャンピオンズリーグでレッズの優勝を目の当たりにし、興奮が冷めやらぬ様子。
すべてのスポーツ新聞を買ってきて、けんたくんに見せています。
「次はACミランだな」
とトヨタカップの初戦を勝ったあとのヨーロッパチャンピオンを倒すことを考えているようです。
私はレオナルド全盛期の鹿島アントラーズが好きで、その頃レッズはお荷物と言われていたのですが、すっかりビッグクラブになってしまいましたね。
そのうちエコアパ住まい手の皆さんとレッズ戦観戦ツアーでも組みましょうかね。
魔法の手を持つ男参上 [2007年11月14日(Wed)]

ワークショップで整備した踏み石ですが、砂を敷いただけだったために、雨が降ってガタガタになってしまいました。つまずいてケガをしては大変です。
「これじゃあねえ。・・・ちょっとおせっかいしてもいい?」
と登場したのは、魔法の手を持つ男・えいちゃんです。
コミュニティガーデンの一切の工作物をつくる、1つの街に一人はいてほしい人材です。
さっそく修復にかかりました。


続いて作業途中だった西側コミュニティスペースづくり。
菊池さん、施主も加わっての作業です。
いい感じになってきました。


「やっぱ机とイスがないとねえ」
と次に残った木材でテーブル作り。
「木材はおれたち職人にとっちゃ、宝の山よ」
さすがサッシ職人、バーナーで焼き色をつけたり、ベンチに竹を入れたり、芸が細かい。


こうして完成した西側コミュニティスペース。
さっそく職人さんたちが座って柿を頬張っています。
ちなみにこの柿は施主のパパさんが丹精込めて育てたものを、鳥たちにまぎれて職人さんがコッソリと試食中のもの。
「これうまいねー、味は俺たちが保障するよ!」
こうやって人がつながり、いろいろなものが生まれていってほしいものです。
来春にはこの上にブドウ棚の設置を企画中。
えいちゃんは寝ている時にアイディアが浮かぶそうですので、楽しみです。


上空からの様子。
「カジュアル(果樹ある)スペース」
スパイラルガーデンも見えます。
これから木が育つと少しづつ緑が広がっていくでしょう。
えいちゃん、ありがとう。
データ収集中 [2007年11月13日(Tue)]

工学院大学中島ゼミの学生さんが、アパート入居前の温度・湿度を測っています。
エコアパは壁の使用が塗装・漆喰・NHLの3種あり、それぞれが部屋に与える影響を測っています。
実はさらに驚きのシステムがあるのですが、ご紹介はもう少し先にします。


床の表面温度を測っています。
19.2度
ふだんの生活でエアコンを使う私たちは、室内の空気の温度を気にしますが、実際に体が感じる暑さや寒さは床や壁の影響を大きく受けるそうです。
台所立つと底冷えするのは、たとえ気温が20度でも床が10度だったりするからです。
エコアパは温度に対する考えに工夫があって、壁や床を積極的に温めて、「熱貯金」をしてしまおうという考えです。
どんなデータが出てくるのか、楽しみです。
雨タンク [2007年11月12日(Mon)]

各部屋についた雨タンク。
蛇口がこんなんなってます。
「この部屋は子供が女の子だからなあ、クマさんだろ」

透明のパイプでたまったゴミが見えるようにするなど、もはや職人技のレベルを超えた領域で雨タンクをつくるのは渡辺さん。
竣工見学会でも大人気でした。
一家に一台あるといいですよねえ。
夏の打ち水や掃除、緊急時の水など、使い方は様々。
住宅につける様々なエコアイテムの中で、コスト回収がもっとも手堅いものだと思います。
だって、雨が降れば溜まるんですから。
現在工学院大学の中島先生に年間の使用可能水量を算出してもらうようお願いしています。
水量がわかれば、金額が出され、年間でどれくらいの省エネ&節約が可能になるかわかります。
しかもこのタンクは、ワイン樽の再利用。
現在大森工務店では、スペースをとらないタンク開発を検討中とのこと。
楽しみです。


北側グリーンカーテン用の雨タンクも付けました。
建物と縁石の間にワイヤーが張られています。
来年の夏、アパート北面は緑で覆われます。
犬走りにたまった空気だまりを、ジャロジー窓から室内に取り込む天然クーラーです。
カンパングログ大賞その2 [2007年11月10日(Sat)]


お祝いその2
キンモクセイの香りを送ります。
現場周辺は花の時期、とても良い香りでした。
・・・うーん、ブログで香りを送りますかあ。
すみません、気持ちです。

おめでとうございます!
カンパンブログ大賞 [2007年11月10日(Sat)]

第2回カンパンブログ大賞の受賞者が11月8日に決定しました。

みなさんおめでとうございます。

お祝いに、エコアパからの夕陽を送ります。
佐田岬ウォータージュニアさんをまねてみました。
オールウェイズ3丁目の夕陽は、今はこんな感じです。
昨年ブログ大賞をいただいてからあっという間に1年が経ちました。
賞をいただいたことがとても励みになったと同時に、たくさんの方と知り合うことができました。
皆様のますますのご発展を応援しています。


第1回ブログ大賞を受賞した佐田岬ウォータージュニアさんから本をいただきました。
すごいなー。先を越されてしまいました。
エコアパ本も来年出版予定ですのでお楽しみに。
竣工見学会終了 [2007年11月03日(Sat)]

11月3日、エコアパート花園荘の竣工見学会が開催されました。
ついにエコアパートの完成です。
山田さんの説明で、エコアパートの生まれた背景や性能が紹介されました。
「気持ちがいいですねぇ」
「部屋はもう埋まっちゃたんですか?」
と参加者の皆さん。


アパート前の菜園では間引き&遊びをする子供たち。
今夜の食卓は、小松菜の味噌汁かな?
「菜の花でしょ、小松菜、水菜、サニーレタス、ブロッコリー」
植えられた野菜を覚えています。


地元ケーブルテレビのインタビューを受ける大森工務店・菊池さん。
腕は一流でも、インタビューには緊張しっぱなし。
顔がゴルゴ13みたいになっています、怖えー。


私もインタビューを受けました。
詳しくは11月8日に開催されるCANPANブログ大賞で。

これからエコアパ性能検査を経て、入居者皆さんが新しいエコアパ生活を展開します。
ブログでもエコアパ完成状況をお知らせしますのでお楽しみに!