CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
昼の顔と夜の顔 [2007年10月31日(Wed)]
竣工見学会のお知らせはこちらから


作業もほぼ終わり、完成を待つばかりとなりました。
ベランダや雨タンクがつくと、表情も変わります。
作業がはじまった5月は陽も長かったのですが、最近は暗くなるのが早くなりました。


夜になるとライトアップして作業効率を高めつつ、出来具合を楽しんでいます。
明かりのせいもありますが、なんとなくあったかいですね。
気分はエーゲ海 [2007年10月31日(Wed)]
竣工見学会のお知らせはこちらから



「ここからの眺めがいいよね」
大森工務店・菊池さんのお気に入りアングルは、ヒノキ階段の手すりに腰かけて上を見上げること。
白い壁の向こうに光が差し込み、青い空が見えます。

「下町なのに、エーゲ海みたいだね」

朝に夕に、ご近所の方がエコアパを見に来ているようです。
地元のサッシ職人・えいちゃんは
「大森工務店の仕事は丁寧だねえ。ハウスメーカーなんかに負けないでもっと仕事とらなきゃ、この街に良い家がなくなっちゃうぞ!ガンバレ」
とハッパをかけていました。
職人にそんな風にほめられるのは、うれしいものです。
雨タンクと畑 [2007年10月30日(Tue)]
竣工見学会のお知らせはこちらから


各部屋の雨タンクが設置されました。
水が入ると300キロにもなることから、安全性を考慮した頑丈な基礎を渡辺さんが作ってくれました。
パイプが樽の下まで伸びているので、雨が降ると対流がおこるため水が腐りにくくなっています。水道屋・渡辺さんの力作です。
存在感がありますね。


入居者の方がすぐに収穫できるようにと蒔いた小松菜・菜の花が芽吹きました。
緑があるといいですね。
ベランダ [2007年10月29日(Mon)]
竣工見学会のお知らせはこちらから


ベランダができました。
手摺りにコーヒーカップを置いて、朝の空気を吸いたいものです。


下をのぞくと、スパイラルハーブガーデンの渦巻きが見えます。
作業中のザ職人・ゴローさん。
暖かい部屋のなぞ [2007年10月28日(Sun)]
竣工見学会のお知らせはこちらから


土間のタイルを張るタイル屋の早川さん。
南に面しているのでタイルが暖かくなり、陽が落ちても溜め込んだ熱を放出します。
自然のエネルギーを利用して、熱をコントロールする方法をパッシブソーラーといいますが、土間はまさに冬の天然ストーブです。
いつも室内が暖かい理由はこのへんにあるのかもしれません。
あまりにきれいな土間なので、みなさん靴を脱いであがっています。
「まいったなあ」
と苦笑いする早川さんでした。
足立グリーンアパート「花園荘」竣工見学会のご案内 [2007年10月27日(Sat)]
■足立グリーンアパート「花園荘」 竣工見学会のご案内

 今年の5月より工事をすすめてきました足立区■■におけるエコロジカルなアパート、「足立グリーンアパート 花園荘」がいよいよ竣工いたします。
さまざまな環境に配慮した技術・材料、菜園との関係性を重視した間取り、住人同士の関係性・コミュニティの創出を意識した仕掛け、などなどこれからの我々の住まいのあり方への問いかけを盛り込んでいます。是非この機会にご覧いただき、こうした価値観を共有できればと思います。これをきっかけに第二、第三のグリーンアパートが各地に生まれれば大変幸いです。どうぞ宜しくお願いします。お申し込みの上、ご参加ください。

●日時
 2007年11月3日(土) 13:30〜16:30
 説明:14時、15時30分の2回 それぞれ30分程度

●開催場所
 東京都足立区■■ 現場にて
 つくばエクスプレス■■駅下車 徒歩■分
 (地図はお申し込みいただいた方にお送りします)

●注意点等
 新築であり、また、すぐ入居者のお引っ越しが予定されていますので、破損、汚れなどには十分ご注意下さい。また、喫煙はご遠慮下さい。
 尚、大変残念ながら4戸の入居者の方々はお陰様で、すでに決定してしまいました。あらかじめご承知置き下さい。

●申込方法
 メールにて、お名前、所属、連絡先などをお知らせ下さい。現地地図をお送りします。
 申込先:tyamada■bioform.jp (山田メールアドレス ■を@にしてください) 

2007年10月27日

  足立グリーンアパートプロジェクト コーディネーター  平田 裕之
  有限会社 大森工務店                 大森 光徳・菊池 明
  一級建築士事務所 ビオフォルム環境デザイン室     山田 貴宏
<画像:http://>
入居募集ありがとうございました [2007年10月17日(Wed)]
エコアパPT平田です。
エコアパ入居募集が終わり、入居者が決まりました。
お問い合わせ、お申込みいただいた皆様ありがとうございました。
想像以上に反響があり、ニーズの高さに驚かされています。

ここ数日、毎朝エコアパにこっそり忍び込んでいます。
室内に外気温・室内気温・屋根温度を測る測定器があるからです。
おととい、とその前はなんと外よりも6度も室内温度が高いのです。
なんでこんなに室温が高いのだろうと思いつつ、昨日は小雨交じりの寒い1日でしたので、さすがに今朝の温度は高くないだろう、と思っていたら…。


外気15度。


室内20度。


人がいないどころか、ブレーカーも落ちている状況で、こんなに暖かいのは驚きです。
「サブっ」
という感じがなく、足も冷たくありません。
冬の暖房省エネは、すごいことになりそう。
これでは夏になったらどれほど暑いことか、と思いつつ、夏になると逆に取り込んだ冷気を逃さないようになるんでしょうね。

計画通りとはいえ、実際に体感してみるとあらためて驚きの性能です。
東京新聞記事 [2007年10月13日(Sat)]
エコアパPT平田です。
10月13日(土)の東京新聞にエコアパートの記事が掲載されています。
アパートから環境配慮足立に月内完成
新聞には
「深呼吸したくなる住まい」
とあります。
東京の木で家をつくるなら、奥多摩の森とつながるような家にしたいと以前記事でも書きましたが、こういう風に書いていただけると本当にうれしいです。
ふつうの現場ではシンナーや様々な化学物質をつなっているため、できたての建物はとても深呼吸できる状態ではありませんが、今回は押し入れにベニヤを使わないなど、環境問題だけでなく住まい手の健康にも配慮しています。
化学物質過敏症の国内患者は推定で70万いるとされ、現在子供たちの間で急増しているアトピーと同じようなことが起こるのではと予想されています。
許容範囲を超えると誰でも発症し、脳の前頭葉に支障をきたすといわれており、合成洗剤や家具など身の回りのに使用されています。
健康は何物にも代えがたい大切なものです。
もっとも長い時間を費やす住まいだからこそ、健康への配慮は必要ですし、こういう物件のニーズは今後高まると思われます。

「うーん、いいねえ」
と、大森工務店・菊池さんもニヤリ。

本日は2組の見学者がエコアパを訪問する予定です。

エコアパートはもうすぐ完成です!
お問い合わせは、
eco-apa■canpan.info
まで(■を@に変換してください)
庭造りワークショック2日目 [2007年10月11日(Thu)]

二日目はあいにくの雨でしたが、作業は続行。
参加した皆さんの熱心さには驚きです。
スパイラルハーブガーデンもできました。


キーホールガーデンもできました。
レモン、カボス、姫りんご、ざくろなどの果樹も植え、2日間の作業は終了。
良い庭になりました。
ありがとうございました。
庭造りワークショップ1日目 [2007年10月11日(Thu)]

10月7・8日、エコアパートの庭造りワークショップが開催されました。
30名の参加者があり、生垣をつくりました。


講師をつとめたのは、パーマカルチャーセンタージャパンの江口さん。
水平を取り、砂を敷いて敷石を置き、エントランスをつくる方法を丁寧に教えてくれています。
設計の山田さん、矢内さんもワークショップのコーディネートに汗を流していただきました。
テーマは食べられる共有スペース&日本の食です。


エコアパ本出版チームも、本作りだけでなく花壇作りに参加。
ちなみに『畑のついてるエコアパートをつくろう』は、自然食通信社より今冬出版の予定です。
渡辺さんはカメラを向けると子供に泣かれ
「カメラが怖いのかなあ」
とカメラを持っていなくてもやっぱり泣かれてていました。
「やっぱ、ひげとか髪とかで、顔がライオンみたいだからね」
とイラストの玉川さんに言われてショックの渡辺さん。


だんだんと庭の形が出てきました。
| 次へ