CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年01月 | Main | 2007年03月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2007年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
2050年の低炭素化社会とエコアパ [2007年02月23日(Fri)]
エコアパPT平田です。

「2050日本低炭素社会」プロジェクトチームが、2007年2月14日に、
2050年低炭素社会シナリオ:温室効果ガス70%削減可能性検討
の研究成果を発表しました。
日本が2050年に70%の温室効果ガスを削減する可能性や分野について記されています。
このシナリオでは、活発で技術志向の社会を目指すシナリオA(ドラえもん型)と、スローな自然志向のシナリオB(サツキとメイ型)の二通りが示してあり、エコアパはシナリオBです。
このなかで、家庭部門においては、高断熱住宅の普及と、省エネ機器の利用などで、50%程度のCO2排出量削減が可能であるとしています。

これから建築するエコアパが、果たしてCO2排出量50%削減が可能な『本当の意味でのエコアパ』になれるのか、とても興味深いところです。
ただ、CO2排出量50%削減と一口で言っても、住まい手がどのような電化製品を使うのか、どの程度関心を持って住まい手自身が働くのか、ということも重要な要素になると思われますので、一概に住宅という箱だけでこの数値が達成できるかどうかは疑問です。

エコアパがCO2排出量削減のために考慮した点をピックアップしたいと思います。

■夏に涼しい家
南北に風が抜けるよう、窓の位置の工夫や、室内に通風用ガラスを設置
上から暖かい空気が抜けるメゾネット設計と天窓を設置
ひさしを長くして、室内への直射日光をふせぐ
建物北側・西側にグリーンカーテンを設置
夜間の放射冷却効果により涼しい空気を床基礎に取り込む(そよ風の活用

■冬に暖かい家
南面に窓や土間を設け、太陽光を取り込むと同時に蓄熱(ダイレクトゲインの活用
屋根で集めた太陽熱を床下に蓄熱し、暖房エネルギーを節約(そよ風の活用
部屋の上部にたまった暖かい空気の循環(そよ風の活用
断熱材(パーフェクトバリア・予定)の活用による熱ロスを防ぐ

■電気なしでも明るい家
天窓の設置により、階段部分のあかり節約
1階南側に障子をはめ込むことで、キッチンダイニングのあかり節約

■木材の地産地消・天然素材の活用
東京の木を活用することで、移送コストを削減
床や壁には極力リサイクル可能な素材を活用

■食糧とエネルギーの自給
キッチンと連動した菜園の設置による生ゴミ削減と食糧自給
雨水タンクの設置

こうしてみると、CO2排出量削減の技術的なシステムは『そよ風の活用』がメインで、それ以外は単なる技術というよりも、自然のポテンシャルを最大限に活かせる設計と言えるでしょう。楽しみながら、なおかつCO2排出量の少ないライフスタイルが実現できる居住空間を目指しました。
自然のポテンシャルを活かすには、窓の開け閉めをしたり、生ゴミをリサイクルしたりといった
「自然と住まい手のコミュニケーション」
が前提になります。
例えば、家の前の菜園にいる時間が長ければ、その間テレビなどの電気は使っていないのですから、ライフスタイルそのものが、省エネスタイルになるといえるでしょう。
ぜひ、良い対話をしていただきたいものです。

今回予算の関係で残念だったのは、窓を二重サッシにするとか、太陽熱で温水をつくるとか、太陽光や風力による発電などが予算とのバランス上できなかったことです。
そういった意味においては、まだまだ改善の余地はあると思いますが、2050年に色あざやかに輝くエコアパでいてほしいと、切に願っています。
2050年、エコアパは築44年で、平均35年を越えていますね。
丸太選び [2007年02月22日(Thu)]
エコアパPT平田です。

階段の柱選びの名誉を頂いたことで、さっそく浜中木材店さんにお邪魔しました。
山田さんとビオフォルムの矢内さんも一緒です。
「ブログ見てるよー」
と浜中社長。
個性的な柱をアクセントで入れたいというと、製材場にある木材を色々と見せてくれました。
「松は甘いから、こうして乾燥させないと虫がついちゃうんだよ」
など、木材を見せてくれる合間に色々とためになる話を聞かせてくれるので、耳がダンボになってしまいます。
準備してくれたのは、ふつうの丸太と「搾り丸太」という、名前のとおり絞ったようなデザインのある丸太。
(こんな高そうな丸太、予算的にだいじょうぶかなあ)
とちょっと心配。
私のイメージは、枝のふしが残っていて、ハンガーにできそうな丸太でしたが、触ってみると、搾り丸太の感触はなんとも最高です。
「ふしだらけの材だってあるよ」
ということで、結局そろったノーマル・しぼり・ふしだらけの3種の柱。
実際にそろってみると、どれも甲乙つけがたく、創造力の欠如した私には、「これ」と選ぶことができません。
「じゃあ、普通の丸太4本を玄関に使って、絞りと節のある柱を2部屋ずつにしましょうか?」
という山田さんの提案に
「YES、I do。」
と言うばかりの私でした(欧米か?)。
製材場には、今回使う柱より細い丸木があったので、浜中社長と山田さんが階段の手すりに使えないかと相談しています。そんなにゴージャスで良いんでしょうか?

それにしても改めて思うのは、これだけ良質な材が、手ごろな値段で手にはいるのに、どうして木の家造りはそれほど広まらないんでしょうか?
「うーん、確かにそうですね。流通に乗っていないし、こういう家造りがあるということが、住まい手に十分伝わっていないんでしょうね」
と山田さん。
そりゃそうですね。私も山田さんと知り合っていなければ、伝わっていないうちの一人だったでしょう。

予算に合わせて手ごろな地域の木を選び、少ない移送でCO2を削減し、木材たっぷりの家を手直ししながら、付加価値をつけながら住む。地域の木を使うことで森の仕事が増え、木を守る仕事が充実し、土砂災害や、水不足なども解消されて、管理された森と自然が豊かになっていく。
こんな小さなプロジェクトで語るにはあまりに壮大な未来ですが、こうやって現場を訪ねてみると、それは案外夢物語でないような気もするのです。

豊かさの指標が、モノからゆとりややすらぎに移っていくこの国で、自然と調和する家造りはもう一度見直される時代が来るような気が、私はなんとなくします。
温故知新ですね。
プレカット屋さんと打ち合わせ [2007年02月15日(Thu)]

エコアパPT平田です。
山田さん、菊池さんがプレカット屋さんを交えた打ち合わせを行いました。
ブログ記事書き要員として、私もお邪魔させていただきました。
今回は、浜中材木店さんから多摩の木材を仕入れるため、浜中さんと日ごろから取引のあるプレカット屋さんにお願いすることになりました。
「これだけシンプルな構造だと、カットする部分は多くないですよね」
とSさん。
この「シンプル」という表現は、山田さんからも、菊池さんからもよく出てくる言葉ですが、素人の私には比較する経験がないのでよくわかりません。
構造はシンプルかつ頑丈。
このへんは、山田さんが知恵を絞った部分でもあり、追々お話いただけると思います。
打ち合わせ風景で驚いたのは、図面の枚数。
上から見たり、横から見たり、これだけ書くのはさぞ大変だったでしょう。
細部にいたるまで、細かい打ち合わせが行われました。
「いつもこんなに細かく打ち合わせをやるんですか?」
と聞くと
「ここだけの話ですが、仕様が決まっている住宅などでは、FAX1枚でおしまい、なんてこともあるようです、うちじゃないけど」
と、びっくりの内容も含め、プレカットにまつわる色々な話を聞かせてくれました。特に、技術とスピードの話には驚かされました。
一生のうちで一大イベントの家造りは、適度な時間と妥当なお金をかけてつくるのが重要なんだとプロの話を聞きながら思いました。
階段をまわす丸太ですが、
「まっすぐな柱や板が中心なので、できれば、節の残る木らしいゴツゴツ柱がいいのですが」
というと、
「じゃあ、平田さんが浜中さんのところで1本ずつ選んだらいかがですか?」
と、ご提案いただきました。
うーん、なんともぜいたくな権利を頂きました。ぜひぜひ。
「平田さん、階段を回す2・3段目までは節のないのでお願いしますよ」
と菊池さん。
(むむ、読まれてる)
細部の打ち合わせに参加すると、いよいよだなという気になりますね。
返信:プレカットという選択 [2007年02月11日(Sun)]

杉といっても姿は様々・京都、伏条台杉

エコアパPT平田です。

今回のエコアパを建てる木材を、プレカットで刻むことについては、3つの点で申し訳ない気持ちの残る、苦汁の決断でした。

ひとつ目は、設計の山田さんに申し訳ない。
山田さんはプロとして今回のプロジェクトの優先順位を理解しているのでおくびにも出しませんが、選択の余地があれば、職人さんの手による刻みを選んだのだと思います。

ふたつ目は、大森工務店の職人さんたちに申し訳ない。
職人さんの業に対する敬意が現われるのが組みや刻みであるのかなと感じていました。1階天井など、見える部分も多いので、
「ここは大変だったんだよなぁ」
と自慢する姿を見たかったのですが、残念です。

3つ目は、木材に申し訳ない。
私は98年から2年間、日本中の巨樹・老木を訪ねながら、各地の森を歩きました。
そのときよく分かったのは、木には環境や風土によって、それぞれ個性があるということです。
北斜面で育った木は、南側よりもしまっているし、日本海側の湿った雪にさらされたスギと、太平洋側で育ったスギは違うし、木の方角によっても年輪の幅が微妙に異なります。
ねじれも人間と同じく個性であると考えれば、生き物なのですからおかしいことは何もありません。それをうまく組み合わせれば、まっすぐな木材よりもよっぽど頑丈な組みになるでしょう。
昔の家の梁には、どう計算して組んだかわからないような、曲がった木材がつかわれているものがあります。
ものを大切にし、ものを最大限に活かすためには、ものの本質を知らなければなりません。
木と対話することで、木を活かすことができるのでしょう。

しかし、3つの点で申し訳ないと思いつつ、この決断をしないと、エコアパの環境ビジネスモデルとしての採算性が吹き飛んでしまいます。
これ以前に、あらゆる知恵を絞って削れる部分は削ってきましたので、これ以上削る余地はあまりないのです。
もしもコンセプトがアパートビジネスではなく、木材の性能を120%活かすとか、日本の伝統文化を継承した家造りだとか、一生暮らしたいこだわりの家だとすれば、とことん木材と対話するのも良いかもしれません。
職人さんの業も活きるでしょう。

・・・、こんな風に書くと、あたかもプレカットがひどいやり方のように聞こえてしまいますが、決してそんなことはこざいません。
木に対する考え方を優先するか、経済性や合理性、木の性質や職人技術の継承などの問題とのバランスをどうするのかといった問題です。
山田さんも私もかなりこだわった見解を持っているからであり、主流の意見ではないかもしれません。そのうち菊池さんが、主流の意見をくれると思います。
プレカットという選択 [2007年02月08日(Thu)]

ビオフォルム 山田です。
つくった模型に光を入れて写真を撮影されているので、模型以上にリアルな感じが出ていて、平田さんに感心しています。(どこがはずされたのかなあー)

大森工務店の菊池さんが造作のイメージをされている、ということが平田さんの記事に書かれています。この人の手が介在してものごとをつくっていく、という感覚がまさに大事なのだと思います。

実は、今回の構造組の刻み(組み立てる構造材を所定の寸法に切ったり、構造材同士を接続していく仕掛けをつくっていくこと)は大工さんが手で刻むのではなく、「プレカット」という方法をとることにしています。
プレカットとは刻みのプロセスをパソコンでデータを入力した機械に自動的に削らせるやりかたです。従来は大工さんが手間暇かけて、鋸、鑿(のみ)、鉋でつくっていました。それが、その作業を機械にやらせれば「合理的」にできて人件費もかからないので安くなるだろう、というわけです。
現代の木造の家づくりは多くがこのプレカットという方法を採用しています。

プレカットのメリットは多くあるでしょう。時間短縮、人件費削減、正確な継ぎ手/仕口。
そういう意味でも「合理化」は確かに実現できています。

しかしながら、木の家造りはそうした「安い、うまい、早い」だけの価値基準でつくってよいものかどうか、と言うことに関しては疑問に思います。
ものづくりの原点はやはりその素材を手で感じて、手で加工し、そのリアリティを表現することだと思います。
それをなんでも機械でやろうとするとわざわざ自然素材である木を使う意味、というのがむしろないような気がします。他の工業的につくられた材料でよいのではないか、とさえ思えてくるのです。

プレカットのデメリットもいろいろ言われています。
例えば、材料を職人の目を介在しないで加工するので、柱の上下が逆、梁の使い方が逆、などという本質的な誤りがおきることがある。
機械で削り出すので、組立は簡単だが、木は生きているモノ故それが乾燥したりしたときに対処できない。(だからプレカットは補強金物とセットでなければ使えません)ある大工さんはプレカットで組んだ家は建て方時はぐらぐらするので、その上をひょいひょい動けないので怖い、と言っていました。

大工さんは木の癖を読んで「組む」のでそうした間違いが起きにくいのです。
大工さんが大工さんたるのは自然の賜物である素材と向き合い、それを目利きし、使いこなせるからこそデス。(そうした微妙なことさえ、機械化してしまえばよいではないか、という反論が聞こえてきそうですが)
そうした家は長い目でみれば必ずや価値のあるものとして残ります。
また、そうした古来からの技術の伝承は機械加工ばかりだと途絶えてしまうという大変な危惧も生じます。

現代の経済性が大事にされる時代にはコスト削減は至上命題になってしまうのでしょう。また、今回のアパートの件ではこの器で商売をしなければならない、という命題があります。お金があるから、コストをかけてつくってもよい、というわけにはいかないのです。
建築は総合的なバランスの判断の上に成り立っています。
そこで、今回はプレカットやむなし、という選択なのです。
(木の家をキチンと設計されている諸氏からはご批判があるかもしれませんが、、、、)
他をぎりぎりつめてでも大工さんの手刻みにする、という選択もあり得ますが、もうすでに他をぎりぎりにつめている状況ではなかなかそうもいきません。

ここでもまたこのエコアパートを実現するためにどう判断するかの攻防があるのですね。
ただいま模型は出張中 [2007年02月08日(Thu)]
エコアパPT平田です。

足立区環境基金で助成を受けている、足立区環境推進課を経て、模型を大森工務店・菊池さんのところに持って行きました。
「おお、すごいねー。これだけ細かく作ってくれると、わかりやすいね」
といいながら、いくつかに分かれた模型のパーツをはずしています。
「ここも分解するんだねー、スゲーな」
と笑顔ではずしたのは、予定外の部分ではないですか!
(ムムッ、それは分解しちゃあ、まずいんじゃないですか?)
と思いつつも、何も言えず無機質に笑う私でした。
「基本的にはそれほど難しい組みではないからだいじょうぶ」
といいつつ、菊池さんがいくつかあるポイントの中で指摘したひとつが階段。
「この階段を回りこませる丸太の刻みは緊張するね。特注だと取替えがきかないから。階段も、壁から突き出ているようにするとか、色々工夫はできると思うんだ。プレッシャーもあるけれど、その分やり甲斐もあるね」
模型を見ながら、色々と作業工程を思案している様子でした。
地域の工務店さんと仕事をするメリットは、こういう誠実さというか、なんとしても要望に応えたいという仕事に対する高いプライドだと思います。
なんとも心強い限りです。
つめの作業には、もう少し時間がかかりそうですので、ブログでは少々テーマを脱線しつつ、工事が始まるのを楽しみに待ちたいと思います。
エコアパ模型その6 [2007年02月06日(Tue)]

2階の様子

エコアパPT平田です。
いつまでの模型の説明だけしていたいくらいですが、最後は2階です。
南側(写真左)に大きな部屋、北側に小さな部屋を作る予定です。
両部屋とも収納がありますが、小さい部屋には、2畳弱のウォークインクローゼットがついています。しかも、天井は高くなっていますので、圧迫感はあまり感じないのではないでしょうか?
なんといっても両部屋とも無垢の杉床が、やわらかくてよさそうですね。
1階がオープンな空間なのに比べて、2階はプライベートのゆったり空間が実現できそうです。
エコアパ模型その5 [2007年02月05日(Mon)]

日差しがたっぷりの軒下と土間

エコアパPT平田です。
写真は、1階入り口から見た南側の様子です。
大きな窓は、明るくて開放感ある部屋を実現してくれそうです。
南側一面に広がる土間は、ダイニングスペースと一体感を持った広がり設計です。
あいだに障子を仕込み、光を取り込みつつ、プライバシーを確保できます。
また、この土間は外とのつながりを持たせてくれる空間でもあります。
摘んだハーブを乾かす、苗を育てる、野菜を置く、テーブルを置いてお茶を楽しむなど、アイディア次第で、その活用方法は無限に広がります。
土間の外には、ベランダ下の軒下。
冬は光がたっぷりと注ぎ、土間に蓄熱をさせて保温効果を高めます。
夏は、室内への直射日光をさえぎることで、室内の温度上昇を防ぎます。
冬は暖かく、夏は涼しい設計です。
このような決め細やかな設計は、昔ながらの家造りを手本にしました。
このような機能による省エネ効果が、どれほど大きくなるのか楽しみです。
おかげさまで1万ヒット [2007年02月02日(Fri)]
エコアパPT平田です。

ひさしぶりにアクセスカウンターを確認したら、1万ヒットをすでに超えていました。
記事数も123になりました。

ご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
工期が若干遅れておりますが、その間は山田さんに色々住まい作りについて教えてもらう良い機会であると考えています。
これから家を建てたい、もしくはいつかは家を建てたいという方は、参考にしていただければ幸いです。
また、
「せっかくなので、今のアパートから移り住みたい!」
という方は、まだ募集時期ではございませんので、もうしばらくお待ちください。
「エコアパを見たい」
という方には、春ころに、見学会を開催しますので、お楽しみに。

今後とも、よろしくお願いします。
エコアパ模型その4 [2007年02月01日(Thu)]

1階踏み天井


まだ1階のエコアパPT平田です。
住むだけで、木を大切にしてくれるような家ができたらいいなと思っていました。
でもどんな方法があるのでしょう?
今回は、実際に触る、踏む、スリスリするようにしました。
床、階段、手すりなどなど。
「この床材はねえ、多摩から来たんだよ」
木を触りながら、そんな会話が生まれてくれるとうれしいです。
天井は写真のように木材がはっきり見えます。
山田さんのおっしゃるとおり、木は湿度を調整する点も見逃せませんね。
呼吸する家、でしょうか?
それにしても山田さん、よくこんなに細かくつくりましたね。
この天井は「踏み天井」といって、2階の床を兼ねています。
「それじゃあ、木が乾燥したら2階から1階が見えますか?」
と聞いたら笑われました。もちろんそんなことはないそうです。
私としては、2階から1階が覗けるのは、なんか秘密基地っぽくてワクワクしていたのですが、残念。
踏み天井のおかげで、1階と2階のスペースが不要になり、1階の天井が高くなる予定です。
目の前のキッチンは、合板の建具などを入れるとシックハウスの問題があるし、無垢材の建具は高いので、余計なものは置かず、シンプルな形にしました。