CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年11月 | Main | 2007年01月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2006年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
コーディネーターに求められる姿勢 [2006年12月30日(Sat)]

大森工務店さんから、大まかな概要見積もりが出てきたとの連絡がありました。
以前ブログでも書きましたが、このコストが予算内でおさまっていれば、プロジェクトの大きな壁がひとつクリアになるわけですが・・・。
でてきた見積もりは、予算を出ていました。そのこと自体は想定内だったのですが、問題は「どれくらい出ているのか」です。

どれぐらい出ていたかと言うと、

「・・・みのもんたのTV出演くらい出ている!(ダメじゃん、これじゃ)」

予想していたとはいえ、その開き具合に私はがっくりと肩を落としました。
山田さんの「私の予想だと、ちょっとだけ出てるんですよね〜」は、やはり、ちょっとではなく、

「ちょっと、ちょっとちょっと!(by たっち)」

というレベルでありました。

ところが、がっかりしてる私に比べ、意外と涼しい顔をしているのは山田さんと大森工務店・菊池さん。
両者とも「なんとかなりそう」とおっしゃいます。
このへんが素人である私と、プロである山田さん&菊池さんの違いなんでしょう。
予算のどこが・どれくらい・なぜ出ていて、どうすればいいのか、その工程が見えているか、それともいないかの違いです。
現段階での予算額ではなく、それをたたき台にお互いの意見交換と意思確認ができたことが重要だったようです。

さっそく山田さんは、より効率的なデザインにするための修正案作成に入りました。
山田さんとの打ち合わせを経て、菊池さんも無駄のそぎ落としに入りました。
なんとか「やれる線」を探ろうとしているプロのお二人の姿に励まされると同時に、自分自身にちょっと反省しました。

こういう難しいプロジェクトをコーディネートする者の基本姿勢として、大切なことが3つあると思います。
1、絶対に達成するという揺るがない信念を持つこと
2、つねに前向きに物事を考え、前向きな発言をし、前向きな行動をすること
3、「なんとかなるさ」と楽天的に考え、「なんとかする」ためにアンテナを張り、あらゆる知恵・ネットワーク・方法を搾り出すこと


難しいことは百も承知。障害にぶつかって当たり前。
ドンと構えて、なんとかするのがコーディネーターである私の役目です。
私がブレることは、イコールこのプロジェクトがブレることになります。
3つの基本姿勢は肝に命じないといけませんね。

お二人の足を引っ張ることなく、プロジェクトが進むようがんばってまいりたいと思います。
きのかの家見学会に参加 [2006年12月28日(Thu)]
エコアパPT平田です。

風の谷工房Tさんおお誘いで、町田市鶴川にあるエコビレッジ「きのかの家」見学会に参加してきました。きのかの家は、似た価値観をもつ方が、いっしょに土地の購入から建築を行うコーポラティブ方式によってつくられている約30世帯の建物です。住まい手がすべてのプロセスに関わるため、想いが反映されやすい方式として、全国で注目を集めています。

エコアパプロジェクトはコーポラティブ方式ではありませんが、きのかの家は、自然素材やエコロジーに配慮された建物であるとの事から、ぜひ参考にさせていただきたいと思いました。

事業コーディネートをしている株式会社アンビエックスさんから、1時間の説明を受けたあと、完成間近のコーポラティブハウスを見学させていただきました。
うーん、すごい人気ですね。
見学者が多く、私たちの時間帯で40名、さらに1時間遅れの時間帯も同じくらいの参加があるようでした。
参加させていただいた時間帯には、たまたまヒートアイランド対策&グリーンカーテンつながりでご縁のある株式会社チームネットの甲斐さんもいらっしゃって
「なんかエコアパートとかいう面白いことやっているんだって。情報交換しようよ」
と、こちらでも色々話をしたいところでしたが、今回は見学会でしたので、日を改めることにしました。

見どころとして、気になっていたのが数点。

○自然素材の活用方法
○参加世帯の関わり方
○パーマカルチャー研究がどのていど緑化計画に盛り込まれているか
○自然素材の活用・菜園

などです。
丘の斜面を利用した建物でしたので、迷路のようにいくつかの部屋を見学させていただきました。各部屋とも自由に間取りを取っていて、見ているだけでもとても楽しかったです。
写真などは、許可がでませんでしたので掲載できませんが、HPブログがありますのでご覧ください。

とても参考になったことばかりで見た甲斐があったのですが、特に参考になったのが下記の件。

○杉の無垢床材はやはり良い
○住まい手が建築過程に関わる機会は重要
○台所は合板などで作られた家具にするよりは、シンプルなほうが良い
○建築過程を見せる機会(見学会・ワークショップなど)はニーズが高い

住まい手と建築の関わり方については、コーポラティブハウスなので、2年間話し合ったり、作業に参加したりというプロセスがあり、建物を大切にすると同時に、コミュニティ形成にじっくり時間をとっているようでした。お邪魔した際には、壁を自分で塗っている世帯もありました。
あれならきっと住まいを大切にするでしょうね。
賃貸物件では、基本的にこのプロセスがないのですが、なんとか建物をつくるプロセスにかかわり、近隣と交流する機会を設けたいものです。



エコビレッジ鶴川・コーポラティブハウス

エコビレッジは1日にしてならず
ブログ大賞個人ブログ賞バナーいただきました! [2006年12月27日(Wed)]


2006年度CANPANブログ大賞・個人ブログ賞のバナーを日本財団CANPAN(カンパン)運営事務局さんからいただきました。

かっこいー!!

緑、紫、青などありましたが、アールグレー調のこのデザインがもっとも気に入りました。
双葉がデザインされていて
「これからブログが育ちますように」
という願いが込められているようです。
ありがとうございます。

ブログ大賞・個人賞というすばらしい賞をいただき、皆様から応援いただくのを本当に励みにしております。審査委員長の久米様の記事にもありますが、魅力的なブログを書く3つの方針を大切にしつつ、ノミネートされた他のブログから大いに学びつつ、みなさまが元気になるような情報を発信していきたいと思います。
エコアパ本実現!? [2006年12月26日(Tue)]


エコアパPT平田です。

11月にCANPANブログ大賞2006個人ブログ賞をいただいた際、かなえたい夢として、3つブログで書かせていただきましたが、そのうちひとつが実現に向けて動き出しました!

なななんと、ブログを読んだ出版社さんから、エコアパ本出版のお誘いをいただきました!

正直なところ、肝心のエコアパートがまだ基礎工事どころか、コスト試算すらできておりませんので、その前にブログ賞をいただいたり、出版のお誘いをいただいたりというのは、恐ろしい気がしております。
(これでエコアパートが建たなかったらどうしよう・・・)

しかし、せっかくお誘いいただきましたので、山田さんといっしょにお話させていただくことになりました。
出版社編集部のおふたりは、じっくりとブログをご覧いただいているようで、このプロジェクトの趣旨や価値を高く評価していただきました。また環境問題だけでなく、過去に建築関係の本も出版しており、とてもていねいなお仕事をしていらっしゃる様子が伺えました。女性の決め細やかな視点と読者の立場に視点は、男性中心で荒々しくなりがちなプロジェクトに新しい味付けをしていただけるように感じました。

そしてなにより気に入ったのは、過去に出版した本を見せていただいた際、私が10年前北海道でヒッチハイク放浪の旅でお世話になったR夫婦の笑顔の写真を偶然見つけたことです。
私がお世話になったころと前後するように、物語が展開されていて、なつかしい気持ちになると同時に、タイミングといいましょうか、こういう縁を感じるような出会いってあるものだと、 編集部の方への親近感を感じました。

本を作る過程や作業分担・契約などについては、よくわかりませんので、もう少し詳しい企画をいただくことになりました。

うまく出版へむけて話が進むことを願っています。
事前協議という下作業 その1 [2006年12月22日(Fri)]
ビオフォルム 山田です。

いよいよ菊池さんの登場ですね。施工技術と施工金額についてはこれから菊池さんと色々とひざをつめて相談しなければなりません、宜しくお願いします。

さて、少し前ですが、平田さんと足立区役所の建築指導課に行き、本プロジェクトの事前協議、というものをおこなってきました。
「事前協議」というとなにか所定の手続きがあるような感じですが、計画していることが建築基準法その他の法規に照らし合わせて問題ないかどうか、いろいろ相談にのってもらうことなのです。
役所の中には建築物について建築審査をおこなったり、指導をおこなったりする部署、「建築指導課」(役所によって異なる呼び方もある)なるものがあります。そう、姉○君のことでだいぶニュースのキーワードになったところです。
建築物は基本的に役所あるいは民間のそれに代わる機関に図面を提出し、「確認」の審査を受けなければならない仕組みになっています。計画中のものが法的に問題があればそれを着工前に確認し、是正するのです。
そういう審査であれば、何もそれを提出する前にわざわざ役所に確認にいかなくてもよいではないか、二重の審査ではないか、と思われる方がいるかもしれません。
しかし、所詮建築基準法といえども、人がつくったもの。100%全ての建築の状況に対応しているとは限らないのです。
建築物はひとつひとつ建つ敷地も違えば、周辺環境も、もちろんそれぞれの建築物の仕様、構造、規模も全て違います。ということで、建築士といえどもなかなか判断がつかない、気づかない、ということも多少あるのですね。
それに気づかないまま、図面の作成がすすみ、確認申請の手続きにはいったとたん、大きな致命的な指摘を受け、設計がパーになったら元も子もありません。

というわけで、ちょっと大きな物件やあいまいな部分がある物件については「事前協議」に行く、というわけです。(続く)
始めまして・・・ [2006年12月21日(Thu)]
こんにちは、大森工務店の菊池です。
初めて書き込みさせて頂きます。今回平田さんよりエコアパートのお話を頂いて、色々と刺激を受けながら仕事をさせて頂いています。まずはありがとうございます。
世間一般の工務店では「全部が全部ではありませんよ(^^;)」エコ=太陽光発電であるとか自然素材・健康建材を使った建物。くらいの漠然としたものしか思い浮かべないと思います。
いい機会だと思い、私も色々と調べたり、見に行ってみたり、本を立ち読みしてみたり(笑)一言で感想をまとめて見ると、建築士さんのエコに対しての考え方が人それぞれ違うと感じました。決して悪いとか良いとかではなくて、色々な手法があるのだな・・・。と思いました。施主の平田さん・設計士の山田さんのお話を伺っていると、自分も勉強に成っていますし、どんな物が出来るのか、ワクワクします。「決して他人事では無いですが・・・(^_^;)」今回は初書き込みですので、この辺で止めて置きますが、お施主様の希望に応えられる様に棟梁のゴロー共々がんばって行きます。宜しくお願いします。

事前協議 [2006年12月21日(Thu)]
山田さんと一緒に、役所へアパート建築の事前協議に行ってきました。

「図面をひいてから問題が出てくると困るので」

ということで訪ねたのは足立区建築課・・・、のまえに環境推進課。

環境基金助成を受けた関係で、環境推進課の職員さんに「前向きにお話を聞いていただける職員さん」を紹介してもらいました。なにも法律をねじ曲げる気はないのですが、「石橋をたたいて壊す」ような人が担当になるのは避けたいところ。
こういう際は、突然訪ねるのではなく、人などを介してワンクッション入れると、余計なトラブルを防ぐことができるというわけです。

というわけで担当してくれたのはOさん。ぎっくり腰でかわいそうでしたが、とても親切な方でした。
ふつう、こういった協議は専門家同士で行うものですが、

「まあ、いい経験ですから。ブログに書かないといけないし」

と山田さんに言っていただき同席させてもらいました。

でも実際に話が始まると、専門用語が飛び交いすぎてなんのことやら・・・。様子はこんな感じでした。

職員さん「この図面だと、%&#◆の部分が、○!@じゃないですかねえ」

山田さん「でも$#$というとなると、○△**ということになりますか」

私   「ふーん、そうですねぇ(汗)」


私の「ふーん、そうですね」は、外国人との会話についていけず、とりあえずその場の流れにあわせるために愛想笑いするそれでした。

山田さんと職員さんの打ち合わせの中で、ひとつ問題が浮き彫りになりました。

今回のエコアパートは、各室内に階段がある「メゾネット」になっていて構造上は長方形の建物が輪切りになっているのだが、これは法律上でいうところの「長屋」扱いだとか。

この「長屋」であることが、今度は東京都の建築安全条例と関わってくるそうです。

東京都建築安全条例
(長屋の主要な出入口と道路との関係)

第五条 長屋の各戸の主要な出入口は、道路又は道路に通ずる幅員二メートル以上の敷地内の通路に面して設けなければならない。

2 木造建築物等である長屋(耐火建築物又は準耐火建築物を除く)にあっては、主要な出入口が前項の通路のみに面する住戸の数は、三を超えてはならない。


この

「住戸の数は、三を超えてはならない」

とあるのがポイントで、エコアパートは、4つの住宅が1列に並んでいるので、この規制にひっかかる。ここが山田さんが確認したかったポイントのひとつだったようです。

すると今度は、エコアパートに接する道が、通路か道路か、建築基準法と関わってくるということなのだが・・・、すでにかなりややこしい。

「今ある道が、通路か道路かっていわれても、ねえ?」

と私。調べていただいたところ、建築基準法上は「通路」との見解でした。

つまり
畑と玄関が4つ並んだ間取りはダメー!

・・・がーん、      _| ̄|○    〓



そのほかにもいくつか指摘があり、

「いやあ、そうですかぁ」

とか

「あ、そうですか」

という山田さんの声と顔の微妙な違いで、うまくいけそうなのか、問題ありそうなのかを察するしかないプチ・外国体験の平田でした(またポーカーフェイスの山田さんの表情がわかりにくいこと!)。


いやあ、アパートひとつ建てるのも大変です。アウトドア経験は長いので、テントならすぐ建てられるのですがそれとは勝手が違う、って当たり前ですね(失礼)。

「どうだったんでしょうか?」

と私が聞くと

「ええ、まあ想定していた範囲内ですね」

と、意外と困っていない様子の山田さん。頼りになる存在です。
役立たずの私に代わり、通訳兼詳細は、山田さんにお願いします。
採算性の壁 [2006年12月18日(Mon)]
予算が超タイトな今回のプロジェクト。

住まい手・施主・環境への「三方よし」の物件にしたいという目標をもっているので、

「環境に良いは高い!」

という点は、ブレークスルーしたいところです。

しかし、いわゆるエコ住宅は、どうしてもコストアップしなければならない部分が多く、そのバランスは思った以上に難しいです。

非常識な費用を投じて建物をつくっても、コストが回収できなければ環境ビジネスにならないし、かといって、家賃を高くして、いわゆる「ロハス層」をターゲットにする方法もあるとは思うのですが、それは施主の要望ではありません。

環境に配慮し、地域に密着した日常生活を望む若者や、のんびり菜園を作りながらご近所づきあいをしたいシニアや、将来は自分で家をもちたいと思う人が、暮らしを実現してもらう場にしつつ、よき隣人として付き合っていくことができればと思っています。

もっと予算があれば、例えば部屋の位置をずらしてコの字型やL字型にしたり、間取りを何パターンか設けたり、壁をこだわったり、屋根をこだわったりする部分で建築士・山田さんの「個性」が出るのだと思うのですが、そもそもそんな余裕すらないほど、ピチピチです。

「ふつうに暮らせてなおかつエコで採算性のあうもの」

というアパートビジネスの宿命の前に、あらゆる無駄を省くという無理をお願いしました。

なんとか「出来るライン」を見つけるために努力として、

 1、間取りや壁や屋根の構造をシンプルにする
 2、共有スペースは公開講座と称してセルフビルド(自分達で作る)するなどの効率化
 3、足立区環境基金の助成を受けるなどの予算確保

などをしているが、まだまだ厳しそう。

というわけで、かなり早い段階でひっこめたエコアイテムは下記のとおり。

山田さんが引っ込めたエコ・アイテム。

○ペレットストーブ  
 再生産が容易な木質バイオマスをつかった暖房器具ですが、設置コストやメンテナンスを考えると、ちょっと難しい。火のある生活を手放すのは惜しいが・・・。

○ビオトープ&雨水循環用風車
  「アパートのシンボルに!」とも思ったが、予算上カットしやすい装置でもありました。
  (ビオトープは予定通りつくります)

○下水浄化システム
  ビオトープなどと連動すると大掛かりになってしまうのでカット。


私が引っ込めたエコ・アイテム。

○ソーラーパネル  
 災害時の電源用&共用電力にと思ったが、これもばっさりカット。

○井戸
  となりのトトロをイメージしていたが、誰も賛同せずカット。


ただ、それでも細部にわたってちりばめた創意工夫が盛り込まれた「基本設計段階コスト目論見」ができました。金額部分は、まだブランクです。

さすが山田さん。

引っ込めたといいつつ、木製サッシや無垢の台所棚など、結構こだわっているではないか。

「私の予想だと、ちょっとだけ出てるんですよね〜」

と小声で話し苦笑いするも、その苦笑いは、ちょっでなく、「かなり出ている」と予想する私でありました。

と、楽しいのはここまで。問題は、それが予算内でおさまるか、です。

おさまらないと、さらにエコアイテムを削らないといけない。いや、おさまらない程度によっては、やはじめからり直しになるかもしれない。

プロジェクト座礁なんてことも・・・。

基本設計段階コスト目論見とは、どんな材料を使うのか、設備や内装・外装などが示されたもので、値段をつけて総額をはじき出すものです。

それらがおおよそ予算内でおさまるのか、また施工上の問題がないのかを、施工者と話し合い、できなければ当然設計の変更となります。

施工の責任者は大森工務店の菊池さん(一級施工管理技士)。

つまり、菊池さんがはじき出したコストがプロジェクトの行方を左右する、ここが山場であります。

「どうなんでぃ菊池殿!できるのかい、それともできねぇってのかい!すべてわぁ、あ、おめえさんの腕にかかっているんでぃ、ヨヨイヨイ!」

と、歌舞伎風でせまってみたりして。

20ページ以上におよぶ書類に金額が入れるには、ちょっと時間がかかりそうです。
まるでテストの結果を待つ学生のようにドキドキです。
チャイケモさんからの贈り物 [2006年12月18日(Mon)]

CANPANブログ大賞2006大賞受賞のチャイルド・ケモ・ハウスさんから、ブログ冊子をいただきました。
いつかは私たちもこのプロジェクトを本にしたいと思っておりましたが、チャイケモさんの冊子を見て、すごいなーと感心しました。
チャイケモさんブログの力強さ、訴える力は本当にすごいと思います。
そして冊子を手に取ると、自分も何か応援できないかと思わずにはいられません。
手にとってご覧になりたい方はこちらよりお申し込みください。
山田さんツアーガイドに変身? [2006年12月16日(Sat)]
エコアパ平田です。

本日最終日のエコプロダクツ2006。
企業、NPO、学生などのブースやトークショーなどがあってとてもたのしいイベントです。
そのエコプロダクツを山田さんのガイドが紹介する企画の様子が、greenz.jpに掲載されていました。

山田さんの話は深くてわかりやすいし、エコプロダクツのブースは多様ですのでこのガイドに参加した方はお得でしたね。
屋久島で山登りガイドをしている友人がいますが、彼と森に入ると、世界が違って見えたことに驚いたことを記憶していますが、山田さんとお話をしているときも、そんな風に感じます。現在手がけているPICA山中湖ヴィレッジも、エコプチ同様完成が楽しみな物件ですね。
| 次へ