CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年10月 | Main | 2006年12月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
ちょっと甘かった国産材についての考え方 [2006年11月30日(Thu)]

今回のエコアパートは、国産材、しかも関東からできるだけ近い(理想的には東京の木材)を使うことを考えている。理由は、

1、木材を切り出してから使うまでの距離が近いほうが、移動に使う石油などのエネルギーが少ない

2、その土地で育った木を使うほうが、気候に合う

3、杉やヒノキの人工林は、畑の野菜と同じで、間引いてあげたり、使ったあとにまた植えたりしたほうが、継続的に活用することができる

4、国産材をつかうことで、山にお金が落ち、山を管理する人が潤うことで、健康な森が維持される

5、安いからといって外国の原生林を切れば、その森が再生できなくなる

6、無垢の木の家は理屈ぬきに居心地がいい



など色々あって、ブログでも以前そう書いたが、

「国産材でアパートを建てる = 環境への配慮が住まい手に支持される」


という図式ですませるには、ちょっと浅はかであることを『森のゆくえ・林業と森の豊かさの共存』(浜田久美子 コモンズ)を読んで考えさせられた。

浅はかというのは国産材の問題ではなく、単純に私が背景に潜む課題を理解していなかったからである。実際は、私が思うほど簡単ではないらしい。

持続可能な森林経営までちょっとエリアを広げつつ、なぜ国産材を使うのか、また現在の住まいと木材の関係などについて、山田さんのお知恵を借りつつ問題提起をしたい。

さて、さきほど紹介した本の第7章『山も元気になる家づくり』で指摘していた多数の問題点のなかで、とても気になったのが、

「山の森・製材された材木・家・住まい手、がつながっていないし、そもそも家と木がつながっていない」

「国産材が、市場の価格原理で買い叩かれて、山元が再び山に木を植える気にならない」

という2点だ。

まずは、1点目について。

「森と私たちの生活、木と家がつながっていない」

という問題は、まあそのとおりかな、と思う。

家だって木目チックな印刷の柱が実はプラスチックでできているのに、気にもとめなかったりする。
鉄筋コンクリートのほうが、よっぽど丈夫な家も建つ。木の家というと「白アリがねえ」などと逆に敬遠されたりもする。

里山でマキをとったり、肥料を得たりしていた時代と違い、蛇口をひねれば水が出て、スイッチを押せば火が起こり、24時間開いているコンビニがあって、インターネットで世界中からほしいものが手に入るという時代では、森への価値感というものは、相対的に下がってしまう。

私たちは、空気を吸うし、水を飲むし、野菜を食べるし、森や木の恩恵を昔と変わらず受けているのに、私たちの生活が、どんな土台の上に成り立っているのかが、特に都会では見えにくい。

スーパーでしか魚を見たことない子供が、図工の時間に魚の絵を描いた際、さしみの絵を描くという話を聞いたことがあるが笑ってもいられない。

いつも読んでいるメルマガで、

問題・魚や肉が入っているトレー、再利用するとしたらどっち?

   A・プラスチックのトレー

   B・木でできたトレー


という質問があったので、私の周りで聞いてみた。

畑のマダムたちをはじめ、聞いた方のほとんどが

「木のほうがなんか高級感あるしねえ」

とB・木のトレーを選んだ。

確かにコストは木製トレーのほうが高いのかもしれない。木の香りもよい。
しかし原材料で見れば、プラスチックトレーは100万年以上かけてできる石油が原料であり、木材は40〜50年に過ぎない。
原料の貴重さだけ見れば、はるかにプラスチックトレーのほうが価値が高いのに、木のトレーは大切にされ、プラスチックトレーは粗末に扱われる。

この社会が持続不可能であるといわれている所以でもある。
日本の森についても、似たようなことが起こっているのだ。

地元の木をきちんと管理しつつ、成長の範囲内で家や家具に使わせてもらえば、ずうっとやりくりすることができる。私たちの先祖はそれをしてきたし、それは持続性ある社会であった。

ところが今の社会は、複雑に絡んだ糸のようにぐちゃぐちゃになってしまい、海外の原生林を切ってダメにし、国内の人工林を切らないでダメにしたりしている。

ぐちゃぐちゃに絡まった糸の一端が国産材で、もう一端に環境に配慮した住まいがあるのだ。ぐちゃぐちゃを、もう一度ほどかないとつなげない。

うーん、でもどうすれば「つなぐ」ことができるのだろう?

部屋に入った瞬間、

「おっ、○○の森から来たんだね」

と思えるようになれば理想的だが、住まい手が、森を想像できるような、木に触れる家、木のぬくもりを感じるアパートなんてできるのだろうか?
ニュース文字の大きさ [2006年11月30日(Thu)]
「ブログの文字が小さくて読みづらい」

ママさんからご指摘をいただきました。
最近、エコアパブログをチェックするようになったようです。

CANPNブログのカスタムスキンは、色々と変更できるようですが、HTMLの知識が必要です。
それほどHTMLに詳しくないので、スタイルシートリファレンスを参考にしながら、おっかなビックリ書き換えています。

これくらいの文字なら読みやすいでしょうか?
エコアパ建設予定地 [2006年11月28日(Tue)]


花園荘は、影も形もなくなってしまいました。

こうして見ると、結構広いですね。
テニスコートが作れそうです。
実際に工事が始まるのは来年2月頃なので、しばらくはこのままです。


まだまだ先の話ですが、新しく建つアパートの名前をどうしようかと考えています。

「やっぱ、花園荘というレトロな名前は残したほうがいいでしょう」

という友人T。

「どっかにさあ、畑っていう字を入れたほうがいいんじゃない?」

ブログ祭りの懇親会での審査員・Kさんの言葉。
ちなみにエコアパ建設予定地の前の通りの名は「花畑(はなはた)街道」ですので、地名的にもあうんですねぇ。

みなさんのアイディアをいただきつつ、プロジェクトの進み具合をみつつ、8月の完成までに決めようと思います。

「こんな名前がいい!」

という方はぜひコメントでお知らせください。あなたがエコアパの名付け親になる!、・・・かもしれません。
「もったいない」をふりかけた家づくり [2006年11月27日(Mon)]
いつも楽しみにしているサステナ・ラボさんのブログ。

ホンモノのもったいない」という記事の中で株式会社木の城たいせつが北海道産の木をあますことなく使って、100年持つ住宅を作っているという取材記事を掲載していたのを読みました。

(以下青地部分サステナラボの記事引用)
 今までのビジネスの範囲の中でできることだけをするのではなく、理想とする目標を実現するためには、今までのやり方を根本的に変えてしまう。これこそ、ホンモノのもったいないですし、得られる効果も大変なものです。しかし、こうしたことを始めたときには、常識ハズレだと笑われたり、馬鹿にされたそうです。それでも、これが正しいやり方だと、信じる道を歩んできたのですね。

さっそく木の城たいせつさんのHPを拝見させていただきました。

「うーん、すごい」

と思わずうなってしまいました。

もっとも感銘を受けたのが、循環型社会へのこだわりのなかで、

「廃棄段階のエネルギー使用は一般の在来工法の住宅に 比べ約1/30以下になると推定される」

など、具体的な数字をあげて挑戦への成果をお知らせしている部分です。
また企業として各プロセスで徹底した取り組みを行っているところも素晴らしいですね。
(さらに、企業のこうした取り組みを評価し、良質な情報を提供してくれるサステナ・ラボさんに感謝です)
このサイトを参考に、設計の山田さん、施工の大森さんとさらに知恵を絞りながら

「もったいない」

を振りかけたような家作りができればと思います。
おしらせ・キウイ収穫祭 [2006年11月26日(Sun)]
エコアパPT平田よりお知らせです。

私が関わっているコミュニティガーデンで、キウイの収穫祭が開催されます。

エコアパートプロジェクトでは、コミュニティガーデンの地域交流ノウハウを、アパートに応用したものです。駅とアパートのちょうど中間にありますので、興味のある方は、ぜひイベントにご参加ください。
イベントでは、5000個のキウイの収穫と、イモ煮や畑の収穫物が試食できます。

また有料ですが、リオのパンさんから世界でここでしか食べられない

「食べると涼しい、ヒートアイランド対策キウイパン」

も販売されます。興味のある方は、こちらからお申し込みください。

日  時:12月3日(日)10時30分より
場  所:六町エコプチテラス
アクセス:つくばエクスプレス・六町駅より徒歩3分
 参加費:無料(キウイは2個以外は有料)
申し込み:メールで
なくなっちゃた・・・ [2006年11月26日(Sun)]


花園荘が、なくなっちゃった・・・
さよなら、花園荘その3 [2006年11月25日(Sat)]


職人さんが、朝から晩まで汗を流してくれたお陰で、作業は順調に進んだ。

建物がなくなると、想像以上に敷地面積が大きいことがわかる。

都市部での利益重視のアパート経営では、なるべく効率よい建物を建て、のこりは駐車場などにするのがセオリーだが、今回は、畑、ビオトープ、壁面緑化など、この敷地を最大限に活用して、緑で建物を覆い、物件の付加価値を高めていく予定だ。

そして便利さや、通勤・通学だけのことを考えるのではなく、人生のステージの一時期に、限られた財源で、小さくてもシンプルで豊かな暮らしを実現したいと思う方に、愛される空間を提供できればと思っている。
さよなら、花園荘その2 [2006年11月24日(Fri)]


本格的に解体が開始した。

壊すのはあっけないほど早いが、木材、鉄、コンクリートなど細かく分類するのに手間がかかるそうだ。
廃棄物がどのように処理されたかマニフェストを作成するなど、処理は厳しく規制されている。

これらは産業廃棄物になるわけだが、循環型社会の構築のためには、躯体が再利用されたり、なるべくゴミにならないような設計をすることが求められる。
来るべき持続可能な社会では、ゴミが出てからその処理を考えるのではなく、設計や企画の段階から、いかにゴミがでない、または再利用するかがデザインされたものとなるだろう。

このへんの視点も、エコアパートでは盛り込むつもりである。
さよなら、花園荘その1 [2006年11月23日(Thu)]


花園荘の解体が始まった。
37年の歴史に幕を下ろす。

「なんかさみしいなあ」

近所に住むKさんは、涙ぐんでそうつぶやいた。
ここに住んで35年のKさんは、人生の大半をこのアパートの住人達と過ごした。
どの部屋に誰が住んでいて、笑ったり、けんかしたりした歴史が、このアパートには詰まっている。
私が小さい頃頭を挟んで大騒ぎになった階段の手すりも、今ではなつかしい。

駅周辺の開発が始まり、ワンルームマンションの建設ラッシュが始まると、背広を着た営業マンを町で見かけるようになった。バス通りに面したこのアパートは、彼らの格好の営業ターゲットとなり、あの手この手でこのアパートの建て直しを提案してきた。
このおんぼろアパートをみた大手ハウスメーカーの若い営業マンは言った。

「もっと新しいアパートにしたほうが、利益が上がりますよ」

そんな営業マンに、苛立ちを覚えることはあっても、共感することはなかった。
私たちはこのおんぼろアパートが好きで、この建物が無くなってしまうのを悲しんでいるのだ。このアパートは、利益を上げる箱ではなく、よき隣人とともに人生を歩んできた私たちの暮らしの支えだったのだ。
儲けが物差しの営業マンと、思い出が物差しの私たちに合意点は見出せない。

モノを売りたいなら、目の前の売る相手の心情をまずは聞くべし。

優秀な営業マンとはそういうものだろう。

ごめんね、そしてありがとう、花園荘。
これから新しく建つエコアパートが、花園荘と同じように多くの人に愛され、社会の役に立つようにがんばるから。
ぬくもりを探して [2006年11月21日(Tue)]

玄関に座っているモカ次郎。

泥棒から家を守っているのか、それともご主人様の帰りを待っているのか?

いえいえ、この場所が太陽の光が一番差し込む「あったかスポット」なのです。

太陽のぬくもりは、モカ次郎にもしっかり伝わっているのですね。それにしても夏には一番涼しい場所を探し、冬には一番暖かい場所を探す「嗅覚」はさすがです。

ぬくもりを探してさ迷うプルプル次郎でした。
| 次へ