CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« コンセプトビルディング | Main | コミュニティの舞台»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
今年もあと1カ月です [2013年12月02日(Mon)]
20131201_100243.jpg

ものすごく暑い夏だったと思ったら、あっという間に秋が過ぎて、冬がやってきました。
エコアパ7年目の冬です。
収穫間近のキウイにぶらさがっているセミの抜け殻。

たくさん見過ごしていますが、時は過ぎ、命は廻っています。
水不足 [2013年08月21日(Wed)]
暑い日が続きます。
昨日ようやく雨が降りましたが、雨タンクの水は空っぽになってしまいました。

プランターは、ゴーヤよりもヘチマのほうが水のなくなりが早いです。
蒸散作用が大きいのでしょう。
地植えの野菜もヘロヘロです。
グリーンカーテン2013 [2013年06月05日(Wed)]
20130604_053517.jpg

毎年恒例のグリーンカーテン。
ゴーヤ21本を植えました。
この時期、朝日が差し込んでいます。
キウイ剪定 [2013年01月14日(Mon)]
20130112_094502.jpg

キウイの剪定の季節です。
葉も落ち、収穫も終わり、伸び放題のキウイ。
来年に向けて、木の配置を考えます。
コツは
「今年実のなった先の3〜5芽に実がつくので、それを残すこと」
これを間違えてしまうと、翌年実が全滅、なんてこともあります。

20130112_164024.jpg

半日後、さっぱりました。この木はすでに20年くらいたっていますが、毎年大きな実をつけます。

20130112_094514.jpg

剪定した枝は細かく刻みます。正月リースなどを作ってもよいのですが、ここ数年、ちょっと余力がなくてできていませんが・・・。
ブラックベリーのアーチ [2012年07月10日(Tue)]
2012-07-08 3.jpg

Yさん宅の入り口は、ブラックベリーのアーチになっています。
この時期、朝のお出かけの際や、帰りに一つまみできるという、夢のような出入り口になっています。
「いや、これ雨降ると濡れっちゃって・・・」
とYさん。

なんともうらやましい悩みです。
巨峰2012袋かけ [2012年07月10日(Tue)]
2012-07-08 1.jpg
共有スペースの巨峰が大きくなってきました。
恒例の、袋かけです。
花園荘ルールでは、各世帯2袋。
残りは、大森工務店や中島研究室など、エコアパに関係する皆さんと、
あとは白紙の袋をかけておいて、お客さんが来た時に、つまみ食いをするというものです。
2012-07-08 17.jpg
袋に絵をかくのも恒例となりました。
昨年は、あまり甘くなりませんでしたが、今年はどうでしょう?

■過去の巨峰
2010年の巨峰
2009年の巨峰
ゴーヤ苗植えました [2012年05月29日(Tue)]
2012-05-26.jpg

パパさんがゴーヤの苗を植えました。
今年も節電の夏。20メートル幅の緑のフェンスの冷却効果は抜群です。
レモンがなった! [2011年07月25日(Mon)]

エコアパの共有スペースに植えたレモンが、はじめて実をつけました。
4年目の今年はようやく果実にありつけそうです。
それにしてもブドウが2年目から実をつけたのに比べると、ずいぶん時間がかかりました。
グリーンカーテン2011 [2011年06月18日(Sat)]
今年もグリーンカーテンやっています。
(新しくデジカメ購入しましたが写真取り込みができません、涙)
ゴーヤ約30本は、これからつるつるとのびていき、7月末には幅20メートルのフェンスが完成します。
今年は7月末に第4回ゴーヤ祭りあらため、Go−Ya!フェス、を行います。
今までのゴーヤ祭りはゴーヤ収穫のピークを終えた8月末でしたので、ゴーヤ祭りなのにゴーヤがない、なんてこともありましたが、今年は大丈夫でしょう。
ピザ窯、ボンゴレミー屋も健在です。

今年は節電15%もあり、グリーンカーテンはいつになく注目を浴びそうです。
エコアパート温度調査結果 [2011年05月05日(Thu)]


工学院大学の中島です。
ブログへの投稿は初めてですが、EcoLIVESの運用実験や住まい方とエネルギー消費に関する研究調査などで、エコアパートにお住まいの皆様方には建物竣工前から色々と大変お世話になっています。
さて、もうだいぶ暖かくなってきましたが、この冬はH家の居間にも温湿度センサを設置しましたので、アパート各棟の温湿度と比べてみた結果をご紹介させていただきます。
グラフは2月22〜23日の2日間で、5邸の居間温度に加えて外気温と日射量のデータも記載しています。この2日間は、夜間は気温が2〜3℃まで下がる寒い日ですが、日中の天気は快晴です。
これを見ると、H家(水色)が暖房をつけて室温を20℃以上に維持していても、就寝時に消した後は急激に下がり、明け方には10℃以下まで下がっていることが分かります。
一方、エコアパートの各棟は、暖房で温度が上がっている時間帯も見られるものの、温度が下がる明け方でも15℃以上を保っています。
これは、断熱性の高いつくりのため熱が逃げにくいこと、南側の窓から昼間の日射を取り込んで床や壁に蓄熱すること、そしてそよ風によって床下のコンクリートにも太陽の熱が蓄熱されること、これらの相乗効果によるものと言えます。またH家の室温が他の棟よりも高めなのは、壁や床が冷えていて、室温よりも体感温度が低く感じられていることが推察されます。
エコアパート各棟のエネルギー消費量は、関東地域の調査例(平均延床面積80m2/生協総合研究所調査報告書)と比べて約4割も小さくなっています。もちろん床面積の違いもありますが、一般住宅の年間エネルギー消費の約1/3を占める暖房エネルギーが、建物の工夫によって大幅に節約されていることが大きな要因の1つと言えるでしょう。
最近、エコポイントなどで新型の高効率設備ばかりが目立っていますが、まずは家本体にお金をかけることが、結果的にはエコで快適な住まいにつながると言えます。
続きを読む・・・
| 次へ