CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« エコアパート模型 | Main | 本日の現場»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18) ヒラタ
カキ (12/02) 竹本明子
カキ (11/30)
熊本でセミナーやります [2009年04月08日(Wed)]


エコアパPT平田です。
4月25日に熊本で開催されるセミナーにお邪魔します。
エコな「すまいとコミュニティ」のつくりかた
というテーマでお話しします。

現在エコアパ共有スペースにて画策中のピザ窯作りの話ができるかもしれません(現在資金面で難航中)。
「コミュニティ作りとかなんとかいっても、結局ピザでしょう。つぎは葡萄酒」
という、はやくもオチが見えておりますが、お楽しみに。

個人的には熊本は9年ぶりです。
時間があれば、村吉の天神さんに再開したいものです。

庭造りワークショック2日目 [2007年10月11日(Thu)]

二日目はあいにくの雨でしたが、作業は続行。
参加した皆さんの熱心さには驚きです。
スパイラルハーブガーデンもできました。


キーホールガーデンもできました。
レモン、カボス、姫りんご、ざくろなどの果樹も植え、2日間の作業は終了。
良い庭になりました。
ありがとうございました。
庭造りワークショップ1日目 [2007年10月11日(Thu)]

10月7・8日、エコアパートの庭造りワークショップが開催されました。
30名の参加者があり、生垣をつくりました。


講師をつとめたのは、パーマカルチャーセンタージャパンの江口さん。
水平を取り、砂を敷いて敷石を置き、エントランスをつくる方法を丁寧に教えてくれています。
設計の山田さん、矢内さんもワークショップのコーディネートに汗を流していただきました。
テーマは食べられる共有スペース&日本の食です。


エコアパ本出版チームも、本作りだけでなく花壇作りに参加。
ちなみに『畑のついてるエコアパートをつくろう』は、自然食通信社より今冬出版の予定です。
渡辺さんはカメラを向けると子供に泣かれ
「カメラが怖いのかなあ」
とカメラを持っていなくてもやっぱり泣かれてていました。
「やっぱ、ひげとか髪とかで、顔がライオンみたいだからね」
とイラストの玉川さんに言われてショックの渡辺さん。


だんだんと庭の形が出てきました。
スローな休日 [2007年06月18日(Mon)]

エコアパPT平田です。
コミュニティガーデンで開催された、押し花キャンドルづくり教室の作品。
「でんきを消して、スローな夜を」
6月22日から開催される100万人のキャンドルナイトに、オリジナルキャンドルで参加するための講座です。
春に咲いた花を押して、溶かした蝋で、ロウソクにはりつけていきます。
身近なものをつかって、世界にひとつだけのオリジナルをつくるプロセスはなんとも豊かです。
携帯電話を一日に何度も眺め、時間に押されがちな生活が続く状態では、とくにこういうゆったりとした時間の使い方が必要ですね。


キャンドル作りの後は、ハイビスカスティと金盞花の花びら入りシフォンケーキでティタイム。
ハイビスカスティにはにはマドラー(かき混ぜ棒)として、レモングラスの葉がついています。
なんだか、下町が世田谷のセレブか、おフランスの貴婦人にでもなったようザンス・・・。
ティを飲むみなさんも、なんだかいつも以上に上品なようで。

自分で花やハーブを育て、それを使ってゆったりな時間を楽しみ、ゆるやかに地球と繋がっている自分を確認する。
エコアパは、いそがしすぎる現代に、新しい時間の使い方を提案する住まいになるかもしれない、と感じるキャンドル作りでした。
スパイラルハーブガーデン [2007年03月24日(Sat)]

計画中のスパイラルハーブガーデン。
模型では写真のような小さな山になっています。
立体的な形をつくることにより、水はけや日当たりが異なる環境をつくることができ、乾燥を好む植物や日陰を好む植物、水分を好む植物など、性質の異なる植物が狭い場所で共生できるというものです。
ハーブは、知識がないとなかなか活用方法が思い浮かびませんが、慣れてしまうとなにかと便利な植物でもあります。
乾かしてポプリにしたり、肉や魚の香り付けにしたり、ケーキに入れたりと、意外と簡単に、しかも楽しく活用できるアイテムです。スーパーで香辛料などを買う手間が省けそうです。
パーマカルチャーデザインというと大きなシステムを創造してしまいますが、こうした小さな環境でも、立派に生態系という生命の網の目は形作られるのですね。
またこのガーデンに加えて、デッキや小さなビオトープをエコアパの西側敷地に設置する予定で、住まい手がハーブを共有する交流の場にもなります。
来年の春には、数種のハーブを摘んでブレンドした、ハーブティが楽しめそうですね。
ハーブガーデンを中心に、どんな「場」ができるか楽しみです。
続々・パーマカルチャー的視点 [2007年03月23日(Fri)]

葱坊主

エコアパPT平田です。

パーマカルチャーとはPermanentとAglicultureもしくはcultureを足した造語で、持続可能で永続的な我々人間の生活を実現するための考え方のことです。
Aglicultureという言葉からもわかるように、我々の生命が依存している農と食を基本として、住まう器である家、建築、あるいは着るものまで含めて、生活全般を生態系的にも健全で健康なシステムにしていこう、というものです。

(続・パーマカルチャー的視点より)

今回のプロジェクトは、まさに生活全般を含めた場のデザインです。さらに住宅街における地域コミュニティの活性化も含めたデザインを考えることで、環境負荷が軽減されるだけでなく、豊かな暮らしと地域が実現されるのではないかと考えています。
それぞれの機能が孤立することなく連動し、相乗効果をあげていくために、パーマカルチャー的視点がバックボーンになるのです。

エディブルガーデンの写真、おもしろいですね。
手前にブロッコリー、その後ろに赤いサニーレタスがあって、つんつんした長ネギの葉と、紫のナスも見えます。
プロの農家の方や市民農園の方が見たら、思わず
「ギャッ!」
と、声を上げてしまいそうな写真ですね(笑)。
整然とした
『市民農園派』
に対し、野菜の森を目指す
『エディブルガーデン派』
とでもいいましょうか。

でも、私が関わっているコミュニティガーデンでも、実はこういう野菜の森スタイルの区画が増えているんです。
エディブルガーデン派は、畑を生産の場であり、憩いの場と考えているようです。
例えば、ブロッコリーを放置しておくと、淡いレモン色の花を咲かせます。ダイコンも白い花を咲かせます(基本的に野菜は放っておけば花を咲かせるのですが・・・)。
それを見て喜んでいるんですね。
食べられないからといって満開の花を抜かないで、曲がりくねった畝をつくってジャガイモを植えたり、畝の間に生ゴミを埋めたりしています。
食べることもできるし、鑑賞しても楽しい畑。
でも、そもそもジャガイモなどは、日本に入ってきた1600年頃は観賞用だったといいますから、それもありなんですね。

なんだか固定観念があったせいか、畑といえば畝をまっすぐつくって、石灰で消毒して、余計なものは植えずになんて思っていましたが、こういうガーデンもありだなと、最近は考えを改めています。
畑を単に食料生産の場と捉えるのではなく、ヒトも含めた生命が相互作用を重ねながら支えあう場と考えれば、それまで見えてこなかった、もっと多様な価値があることに気づきます。
多様な植物の配置は、土や昆虫たちにとっても過ごしやすい環境なのでしょう。特定の種類の植物ばかり育てれば、土の中の偏った養分ばかりが吸収され、土はバランスを失ってしまい、特定の昆虫だけが繁殖します。そこに農薬などをまいても、長期的には循環システムを壊したデメリットのほうが大きくなるのだと思います。
それよりも、自然のもつ自己調整機能を受け入れ、最大限に引き出すことを考え、その恩恵に預かるという方法のほうが、より自律的なスタイルなのかもしれません。

野菜の森から今日の食材を探して台所に運んだり、ダイニングテーブルに季節の花を添えたりと、住まい手にとって楽しい場所となりそうですが、パーマカルチャーデザインがもたらす恩恵は、それだけにはとどまりません。

そこに時間軸が加わることで、より成熟した生態系と、生態系と一体化した住環境が構築されていくことになるでしょう。
それはまた、人と地域を育てる場にもなるのです。
続 パーマカルチャー的視点 [2007年03月21日(Wed)]
ビオフォルム 山田です。
平田さんよりパーマカルチャーのことがでてきました。
今回のプロジェクトはパーマカルチャー的視点をもって場をデザインしよう、ということを合い言葉に進めてきたのですが、よくよく過去のログを読んでみると、一体「パーマカルチャー」とはなんぞや?ということが書かれていないことに気づきました、、、、、

「パーマカルチャー」とは?
パーマカルチャーとはPermanentとAglicultureもしくはcultureを足した造語で、持続可能で永続的な我々人間の生活を実現するための考え方のことです。
Aglicultureという言葉からもわかるように、我々の生命が依存している農と食を基本として、住まう器である家、建築、あるいは着るものまで含めて、生活全般を生態系的にも健全で健康なシステムにしていこう、というものです。
この考え方はオーストラリア人の生態学者ビル・モリソンらによって1970年代に提唱されはじめました。
この地球上では全ての生命が太陽エネルギーを原点として営まれています。そしてそれらは生命の網の目をかたちづくり、それぞれが相互に依存しながら、無駄遣いも汚染もない生態系というものを構成しているのです。
そして我々人間もその網の目の一部であることに、近年人々は気づき始めました。
もう一度生態系の仕組みに沿ったカタチに我々の生活スタイル、デザイン、システムを構築しなおさなければ、遅かれ早かれ行き詰まりは目に見えています。
パーマカルチャーでは「食べられる森」を目指そう、を合い言葉にしています。生態系のシステムに学んだパーマカルチャー的なシステムが実現するならば、実はすでに我々の身の回りには資源は充分あるのであって、無駄遣いばかりしている人間のシステムがまだ未熟なのだ、というわけです。
例えば。生態系はたくさんの生命体で構成されており、多様であり、たくさんのバックアップ機能があり、自己調節機能をもち、自ら生産するもので自らを賄っています。生態系は自らの内部で物質循環、水の循環、エネルギーの再生を行います。汚染をだしません。
我々の現代の生活のシステムはあまりにも単機能だけに特化したつくりにしかなっていません。特に都会ではそうです。しかもその機能をコンビニなどに「外注化」して辛うじて我々の生命は維持されています。

少し長くなりました。
今回のエコアパートの計画は単に自然素材をつかったエコな住宅をつくろう、というものではありません。
もっと広い範囲まで含めた「場のデザイン」を目指しています。
建築物だけが健康であってもダメなのです。生態系を目指したもっと広いシステムを構築し、多様性を担保してこそ、真に健康な住環境が生まれると考えます。
一般的に建設行為は自然や生態系の破壊行為ととられています。
建物が建つまさにその場は確かにそうでしょう。しかしながら建築の廻りの環境まで含めてデザインし、逆に生物の多様性、我々の生存を担保する仕組みの多様性が増したとしたら、、、
それは人間が関与することで逆に豊かな環境を造り出すことができた、とはいえないでしょうか?
その多様性のあるシステムは従来の自然保護VS開発などという対立概念的な思考モデルではなく、第3の道筋をつけるはずなのです。

このエコアパートでは自然素材、地元の素材、自然エネルギーの利用はもとより、菜園を併設することで、生物多様性を意図した環境作りを目指しています。
また共有地をつくることでそこにパーマカルチャーガーデンを創造しようと計画中です。つまりアパートの周辺の環境で、あますところなく生態系や自然の恵みを利用しよう、というわけです。

また少しお勉強チックになってしまいました。

エコアパートの建設と平行して、パーマカルチャーガーデンづくりのワークショップも計画しています。
是非ご興味あるかたは是非ご参加ください。

あ、ちなみに日本には神奈川の藤野にパーマカルチャーの普及をめざしているNPOパーマカルチャーセンタージャパンがあります。ご興味のある方は是非そちらにもコンタクトをとってみてください。

(写真:パーマカルチャー的なエディブルガーデン パーマカルチャーの考え方を表現した菜園。畑というよりは野菜の森という風情。野菜も多様に植えることで化学肥料や農薬に依存することを極力排除したいものです)
パーマカルチャー的視点 [2007年03月16日(Fri)]
エコアパPT平田です。

私が山田さんと知り合ったのは、エコアパートプロジェクト開始よりも前のことになります。
きっかけは、山田さんが講師を務めるパーマカルチャー塾のフィールドワークとして、私が関わっているコミュニティガーデンでの現地視察をしていただいたことでした。
私は山田さんと知り合うまでパーマカルチャーについてはほとんど知識もなく(今でもあやふやですが)、コミュニティガーデンの『機能』については、パーマカルチャーからたいへん学ばせていただきました。
例えば、コミュニティガーデンでは25本のキウイフルーツを育てていますが、このキウイにはいくつかの機能があります。
もちろん最大の機能は「果実の収穫」ですが、それ以外にキウイの葉は、気温の上昇を抑える機能があります。
なんとキウイ棚の下は、周辺住宅よりも1〜3度も気温が低いのです。
さらに、冬に採れたキウイは、エコ活動をポイント化してキウイと交換する地域通貨的な役割を果たしたり、剪定した枝はクリスマス用のリースにしたりします。
このように考えて見ると、キウイは食べる以外にもたくさんの機能をもっているのです。
自然が持つ本来の力を引き出すために、配置を工夫したり、活用方法を考えたり、コンビネーションをつくったりすることを意識したデザインをパーマカルチャーといいます。
詳しい説明は山田さんにお願いしますが、私としてはこの
「自然を意識するデザイン」
ということが、とても大切なのだと思います。
そしてそれは、ちょっと意識を変えるだけで私達の暮らしの中に取り込むことが可能です。

雨どいを流れる雨水は、そのままでは下水に流れるだけで役に立ちません。
しかし、意識的に貯水タンクを設置することで、花の水やりや打ち水などで活用することができます。
長めのひさしは、夏の直射日光をさえぎるだけでなく、雨でも洗濯物が干しやすいメリットがあります。家も傷みにくくなるでしょう。結果、ひさしを長くする建設コストはかかりますが、長期的な点からすると省エネになります。
私たちの普段の生活は、自然の性質についてあまり考慮せず、多くのことを「無意識」「無計画」に行ってしまいがちです。しかし、ちょっとした意識の変化で、自然のエネルギーを取り込むことができ、石油や電気などのエネルギーの無駄が省け、かつ暮らしが豊かになるのだと思います。
地球温暖化の危機が叫ばれる現代、自然のポテンシャルを引き出し、無駄なエネルギーを減らしながら共生する社会が求められています。
もちろん住宅もそうです。
それが、ほんのちょっとした意識の変化できできるとしたら、こんな簡単なことはないですね。
エコアパも、自然のポテンシャルを引き出せる建物になれば良いなと思っています。
そこで、パーマカルチャーの視点が、役立つのです。