CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
沢田登志子
ネット初心者 (11/09) 久米 信行
ネット初心者 (11/07) ななな
広告メール規制省令案パブコメ開始 (09/06) kanata
久しぶりのオークション (07/27) 事務局G
確定申告はお早めに (03/12) しゅう
確定申告はお早めに (03/11) 国際担当T
鬼のパンツ・・・?! (01/30) Sora
鬼のパンツ・・・?! (01/26) 沢田登志子
EC業界2008年年頭所感 (01/25) 国際担当T
アックゼロヨンアワード (01/09)
最新トラックバック
決済代行ってさ [2010年10月27日(Wed)]
どうも、相談担当です。なんとか生きております。

沢田のブログ記事にあるように、消費者庁や消費者委員会で、最近決済代行サービスの議論が行われているとのこと、現場としては、やっと始まったかという思いです。

特に問題は海外の決済代行会社です。海外の決済代行といえば、ネットでは前々からビリングカンパニーといって、はっきり言ってえげつねえ海外アダルトサイトの月会費支払いに良く使われていました。
大方は「支払いをやめたい」「サイトから退会できない」という相談でしたが、ビリングカンパニーは自らサイト上に退会専用のフォームを設けていて、そこから提携先のアダルトサイトの退会も可能になっています。ただ、これらビリングカンパニーは一部日本語で対応が可能ですが、所在も営業も基本的には全て海外で行われています。

今、話題になっている海外決済代行会社は、請求がドル建てで来るわりにちゃんと日本に事務所があります。特にネットで問題となっているのは、出会い系サイトのポイントや怪しい儲け話の載った情報商材の購入なんかに利用されていて、そのような取引自体にさまざまな問題が発生してるわけです。
そして出会い系サイトなんかは、ここ2、3年、サクラに騙されたという相談が増加しているわけですが、そんな悪質なサクラサイトと加盟店契約している決済代行会社が、何も法律上の規制を受けないというのが不自然だという感覚になってきたわけです。

なんで不自然かというと、この間の割賦販売法の改正で、お役所は、個別クレジット会社には新たに登録制を導入して報告徴収や立入検査もできる、そして個別クレジット会社には、クーリングオフ制度が導入されている訪問販売等の加盟店が正しい勧誘を行っているかどうかを調査する義務を課すなどして、規制をより厳しくしたにもかかわらず、クレジットカード決済を提供する代行会社には未だなんら規制が無いというのが何となく変だということです。悪質加盟店が消費者と不正な取引を続けるのは同じ状況なのに、通信販売だとこうも扱いが違いものなのでしょうかね。

まあ、

「僕は福山雅治だよ、君といると元気が出るよ(芸能人が数分おきにメールを書くほど暇じゃあない)」
「夫が死んで遺産があまりまくって困っているから税制対策で1000万円もらって(あげても何しても税金は取られる)」
「会社経営していて財産が出来た、前に非営利団体に寄付したら騙されたから、今後は個人に財産を配ってハッピーにしたい(自分で財団でもこしらえたほうがよっぽどハッピーだ)」
「入院して余命いくばくもないから友達になってくれたらお礼するよ(病院でケータイ利用してよいのか?)」

なんてツッコミどころ満載のサクラメールに引っ掛かるのも、残念ながら第三者的には本人に多少の落ち度があるといわざるを得ない部分もありますよ。でも、最近の世の中は世知辛いわけですよ。自己責任論も結構なのですが、今は誰もが漠然とした不安を抱えていて心に隙があるのが普通だと考えないと。目の前で泣きながら騙されたと訴える人に「馬鹿だね、あんた」っていえますかっての。

ところで、特商法の表示義務を負わせても、何かこう、日々決済代行会社と交渉している現場で何か役に立つんでしょうか。確かに住所を明かさない決済代行会社はたくさんいます。連絡はFAXで送れとか、担当者のケータイ電話しかわからないとか、住所を聞いて検索かけたらバーチャルオフィスだったりとかザラです。
まあ、そう考えれば、今までのように何もないよりはマシですが、もうすこし、現場で役立つ規制もお願いしますよ。割賦販売法はあんなに良くなったじゃないですか。現場は期待していますよ。うん。

Posted by 相談担当H at 19:17 | 相談担当H | この記事のURL | トラックバック(0)
決済代行の規制について考える [2010年10月25日(Mon)]
10月22日、消費者委員会から消費者庁に対し、「決済代行業者を経由したクレジットカード決済によるインターネット取引の被害対策に関する提言」が出されました。

本件、ECネットワークとしては、数年前から問題意識を持ち、機会あるごとに経済産業省の所管課にお伝えしてきました。ようやく動きが始まった後は、何度かヒアリングを受けています。そのたびにお伝えしている私どもの意見は、端的に言えば、決済代行業に登録制を導入し、実態把握に加え、直接、監督や指導ができる状態にすべきということです。

今回の提言では、「求められる対策」として次の4点が挙げられています。

(1)被害事例及び決済代行業者の実態把握
(2)より厳正な処分及び消費者への注意喚起
(3)通信販売業者による決済代行業者に係る表示の義務付け
(4)その他必要な制度改正に向けた検討

(1)(2)(4)については異論はありません。特に(4)については、国際ブランドや海外アクワイヤラーへの働きかけを含め、総合的な視点が重要だと思います。

しかし私は、(3)通信販売業者による決済代行業者に係る表示の義務付けには反対です。

何故なら、正に(2)に述べられているように、決済を巡って問題とされているのは、「商品代金等について十分な表示をしないなどの不当表示を行う悪質なネット事業者」であって、大多数の真面目な通信販売事業者(ネットショップ)ではないからです。

悪質事業者がターゲットだとしたら、表示義務を追加・強化したところで、守らないでしょう。表示してあったとしても、実際には繋がらない、意味不明の連絡先でしょう。

一方で、提言(図1)にあるような、何の問題もない国内取引でも決済代行会社は介在しています。消費者は、決済代行会社の存在を意識する必要もなく、普通に取引しています。セキュリティの観点からは、Pマークを取得し、PCIDSSに準拠した運用を行っている決済代行会社が介在することで、消費者は、カード番号を個々のネットショップに知らせなくてもカード決済が可能、という安心感を得ています。

表示義務など課さなくても、そのメリットを認識しているショップは、信頼できる決済代行会社を介していることを、進んでサイト上に記載しています。が、特に表示をしていないケースもあるでしょう。その場合、加盟店(ショップ)が表示義務違反を問われ、罰則・・・??それはちょっと筋が違うのではないでしょうか。

国内事業者であれ海外事業者であれ、「日本の消費者が行うカード決済」に関与する決済代行会社に対しては、経済産業省and/or消費者庁への登録を義務づける。その上で、加盟店サイト上に登録番号とともに事業者名や連絡先を表示するよう(決済代行会社自身に対して)義務づける。・・・のでは何故ダメなのでしょう?

そうすれば、海外アクワイヤラーに対しても、「日本では、登録のない決済代行会社を介した決済は違法なのでやめてね」と言うことができます。国際ブランドに対しても、これをチャージバック事由に加えるよう働きかければ、国内イシュアーもやり易くなるのでは・・・?と思うのです。

送金業規制と一線を画す意味でも、経済産業省は、「取引に伴う決済」を業として捉え、消費者取引における役割を積極的に評価するとともに、健全化(優良事業者の後押しと悪質事業者の排除)に向けてもう少し前向きになって欲しいと思います。
Posted by 沢田 登志子 at 19:48 | 沢田登志子 | この記事のURL | トラックバック(0)
日常と非日常 [2010年10月24日(Sun)]
原田でございます。

いろいろなところに出向いて
いる間に、気がつけば
このブログも前回より大分
時間がたってしまいました。
特に今月は不在がちで
本当にご迷惑をおかけ
いたしております。

この間どこに行っていたか
といいますと、先ずは京都にて、
パネルディスカッションに
参加してまいりました。
これはマニュアルや取扱説明書
に関する内容で、最近は
ネット上でもマニュアル
公開しているサイトが
たくさんありますね。
京都に行くというと、
「紅葉かしらね」と
みなさんおっしゃるのですが、
当日最高気温が27度でして、
紅葉どころか上着を
脱ぐ暑さの1日でした。

次は山梨県の相談員さん
養成講座に講師で出向きました。
内容は事例検討で、
こちらでネットショッピング
に関するトラブルの事例を
ご案内して、その内容について
グループ分けされた出席者
が検討、発表、そして講評
するという流れです。
事例検討は、こちらが思いも
かけないような回答が
皆さんから頂けることもあり、
講師の立場で見ると、
なかなか楽しい講座内容です。

次は兵庫県東播磨方面へ、
県の相談員さんの向けの
レベルアップ研修の講師です。
会場は加古川にある県の
センターです。
新幹線で姫路までまいりまして、
そこから在来線で加古川駅
までまいります。
平日でしたので相談員さんが
熱心に業務を行っておりました。
心強いですね。

その翌日は名古屋市の
相談員さん向けの研修の
講師です。
初夏にも1度別の主催の
研修でお邪魔したのですが、
1階が消防署の建物です。
非常にオープンな感じで、
ご出席されている相談員さん
方とフリートークに近い
感じで講義をさせて
いただきました。
この日は土曜日でしたが、
お休みに関わらず本当に
相談員さんは勉強熱心です。
で、ネタは出会い系サイト
なので、皆さん出会い系
サイトに熱心、というよりは、
いかにこの分野の相談が多く
ご苦労されていると
いうことが分かります。
帰りに名古屋駅を出る際に、
近鉄特急の指定席を購入して
おきます。

そして、週があけて三重県の
相談員さんの養成講座です。
名古屋経由で近鉄特急にて
津駅まで参ります。
そして事前に購入しておいた
近鉄特急の指定席を使います。
津には今年で3回目です。
この日は山梨と同じく
相談の事例研究です。
山梨の時と同じ内容なのですが、
結構場所によって回答が
違うんですね。
どこ行っても同じ回答では
面白くないので
ちょっとひねった事例を
ご案内しているのですが、
皆さん見事にこちらの期待を
裏切らないです。

翌日は相模原で国民生活センターの
専門講座に講師で出向きました。
相模原で開催される国センの研修は、
3日間同じテーマで集中的に
講座が開催され、全国の相談員さんが
参加されるのでご出席者も多く、
この日は270名弱のご参加者が
いらっしゃいました。
壇上に上がるとなかなか壮観です。
今回はネットとケータイに関する
内容で、わたくしはケータイ関連
を1日担当させていただきました。
前半は電気通信事業者協会の
電気通信サービス向上推進協議会
の方々とご一緒に、後半には
当ECネットワーク賛助会員
でおられる町村先生と
掛け合い漫才、ではなく
事例検討をさせていただきました。
たくさんの方々とご一緒
させていただきましたが、
きっとわたくしが一番
楽しませていただいたのでは
ないかと思います。

翌日は石川県の金沢市へ。
相談員さんの養成講座です。
会場が石川県庁の中の
会議室でしたが、なかなか
景色の良い建物です。
金沢には飛行機で羽田から
小松を経由してバスで向かいます。
前日、羽田空港は国際線
ターミナルが開港し
京急線の駅も止まるように
なりました。
京急線の羽田国際ターミナル駅は
本当に広くて綺麗な出来たて
ほやほやの駅です。
ただ終点が国内線のターミナル駅
なので、帰りの京急は国内線
利用者で席が全て埋まった
状態で発車するため、
残念ながら国際線の駅から
乗車する人は
絶対に座れません・・。

明日も飛行機に乗ります。
わたくしは、既に飛行機や
新幹線が非日常ではなく
日常と化している生活を
送っておりますが
線路は続くよどこまでも♪
ということでまだまだ
がんばります。

Posted by 原田 由里 at 17:20 | 原田由里 | この記事のURL | トラックバック(0)
第9回ATA総会 [2010年10月21日(Thu)]
こんにちは&ご無沙汰しております。
国際担当Tです。

理事の沢田が予告しましたアジア・パシフィック・トラストマーク連携協定(ATA)について報告いたします。10月13日に第9回ATA総会がNECの芝倶楽部にて開催されました。

まずATAの最近の動きを報告します。
4月に欧州の7ヶ国が参加するトラストマーク連携「ユーロ・ラベル」が、今年4月にATAに加盟しました。その後、アジア・パシフィックの連携ではなくなるので、名称を変更しようということになり、メールでやり取りしながら投票でWorld Trustmark Alliance(WTA)に決まりました。

次にアジア太平洋も欧州も全て含むストラクチャー(オプション1:これまでと同じ)にするか、それともWTAという組織の下にユーロラベルとATAが別々に存在するというストラクチャー(オプション2)にするかという投票を行い、オプション1に決まりました。

合意したものの色々な意見もあり、今回の会議で納得できるよう話し合おう、ということになりました。新しく加盟したユーロラベルやATAの既存メンバーである3機関も不参加だったので、あまり決められないという状況での会議でした。

午前中のセッションでは、自己紹介をしながら短く各機関の近況報告、ATAの活動報告をし、参加予定であった中国Sinocreditについての紹介、新しく加盟したユーロラベルの概要、マネージメントについて頂いたプレゼン資料を元に議論しました。

ユーロラベルは中央で管理する組織が設置され、入会費、年会費を徴収し運営しています。ユーロラベルのホームページから苦情相談を受け付け、データも一元的に管理しています。ユーロラベルの参加機関は、European Code of Conductに順守しなければならないという義務もあります。

一方、ATAは、志を同じくするトラストマーク・ADR機関が集まってできた連携で、これまで予算もなく、ウェブサイトは台湾が、コミュニケーションツールとして使っているSNSは日本が負担をするという形を取ってきました。加盟にあたっては、これと言って厳しい義務はなく、苦情処理機能があることくらいに留まっています。ATAもユーロラベルの行動規範に近いトラストマーク運営事業者へのガイドライン(GTO)を作成してありますが、各加盟機関が実際に活用しているかどうかは、分かっていません。

ユーロラベルとかなり組織概要が違うことが明らかですが、ユーロラベルからは、共通の行動規範を作っていかないか、という提案を頂きました。よし、これでいよいよATAも相互認証に向けて一歩踏み出すかな、と思ったのですが・・・。

長くなりそうなのでこの辺で。
続きは次回ご報告します。
Posted by 国際担当T at 13:43 | 国際担当T | この記事のURL | トラックバック(0)
まとめて近況報告 [2010年10月19日(Tue)]
またご無沙汰してしまいました。簡単で恐縮ですが、ここ2週間ほどのご報告を。

10月8日(金)
今年度の準則改訂(第2次)の検討が始まりました。第1次の改訂分も、同日公表されています。第1次は、越境取引に関し、国際裁判管轄、ウィーン売買条約、生産物責任に関する記載が追加され、一歩前進しましたが、それ以外は、法改正や裁判例の追加に伴う修正のみです。第2次は、新たな論点も含め、少し大きな改訂になると思います。

10月9日(土)
一橋記念講堂で、堀部政男情報法研究会の第2回シンポジウムが開催されました。台湾で成立した個人情報保護法が紹介された他、共通番号制度に関するプレゼンがあり、パネルディスカッションでは、プライバシー保護のための第三者機関の制度設計について議論されました。Twitterまとめはこちらに。

10月13日(水)
アジア太平洋トラストマーク連携協定(ATA)の第9回年次総会を東京で開催しました。後日、国際担当から報告いたします。

10月14日(木)
消費者庁で、第3回インターネット消費者取引研究会が開催されました。これまでの議論の総括に加え、法執行の現状と課題、カード決済、アフィリエイトと盛りだくさんな内容で、やや消化不良の感がありました。消費者委員会事務局からもヒアリングを受け、”決済代行サービス”にいよいよ焦点が当たってきそうです。

10月15日(金)
来日中の、アメリカPace大学国際法研究所のVikki助教授に伴って、慶応大学ロースクールの三木教授や、政府関係者をお訪ねしました。今年12月、国連国際商取引法委員会(UNCITRAL)に新しくODR(オンライン紛争解決)の作業部会が設置されるので、そのお話を伺うのが主目的です。

10月18日(月)
日本流通自主管理協会(AACD)さんとの共催でセミナーを行いました。テーマは「偽ブランド品の流通」です。精巧に作られた偽物たちを実際に見せていただき、一同、感嘆の声を上げました。

ということで、業務日誌のような報告で申し訳ありません。追って少しずつ詳しいご報告をさせていただきたいと思っております。こうしたイベントの合間には、オンライン会議室での準則の議論、海外調査の計画など、事務方として目まぐるしい日々を送っています。地方回りの原田ともども、引き続き、ご支援のほど・・・m(_ _)m
Posted by 沢田 登志子 at 17:34 | 沢田登志子 | この記事のURL | トラックバック(0)
佐賀・江戸川と三重・長野 [2010年10月04日(Mon)]
原田でございます。

ここ1週間は特に移動が多く、
不在にてご迷惑を
おかけいたしました。
先ずは国民生活センターの
ご依頼にて佐賀県で開催の
相談員さん向け研修に
講師として出向いて
まいりました。
佐賀空港はANA便のみ
1日に東京4往復、
大阪2往復が就航する
綺麗で割とこじんまり
した空港です。
会場は佐賀県庁の建物
のなかの会議室でした。
最上階の展望フロアは
なかなか見事な景色です。
ここで1日午前午後と
計5時間お話をさせて
いただきました。
佐賀県内や九州地区の
相談員さんが多かったの
ですが、北海道から
ご参加されている方も
いらっしゃったようです。
みなさん本当に勉強熱心です。

帰った翌日には江戸川区の
一般向け勉強会で講師を
務めさせていただきました。
一般向けといっても、
青少年の育成に活動されて
いる方々を主に対象と
したものです。
なので内容も子供やケータイの
利用に関する内容がメインと
なりました。
学校のPTA会長を務める
方もご出席いただき、
参加者と距離の近い、
和気藹々な雰囲気で
進行することが出来ました。

その翌日には三重県の
相談員さん養成講座でお話を
させていただきました。
養成講座もすっかり
おなじみとなりました。
津市にある三重県庁横の
県センターの建物が会場です。
ここで午前、午後併せて
4時間講師を務めました。
新幹線で名古屋へ、そこから
近鉄特急で津まで向かいます。
乗り込んでふと気付くと
わたくしの頭上網棚に
大きなバッタが・・。
この日は結構暑かったので
バッタも夏を惜しんでいた
のでしょうかね。
今月もう一度お邪魔する
予定ですが、そのときは
もっと涼しくなっている
ことでしょう。

その後、長野県へ、
これは一般消費者向けの
セミナーです。
ここで2時間ほどネットや
ケータイの便利な使い方や
注意点などに関するお話を
させていただきました。
会場は長野県庁横の県
センターの入っている
建物です。この週に限らず
講師で出向く会場となる建物は
県庁に隣接していることがなぜか
多いので、いろいろなところの
県庁を拝見する機会が実は
結構あるのですが、なかなか
どれも趣のある建物です。
長野はもう涼しくて、
風が吹くと寒いぐらいです。
でも長野新幹線は週末とあって
軽井沢目当ての親子連れや
観光客がたくさんいらっしゃり
車内は大変にぎやかでした。
平日は出張サラリーマン
ばっかりなのですが・・。

さて、新幹線や飛行機を
利用する際、わたくしは
品川駅で乗り換えます。
普段から京浜東北線を
利用するのですが、
最近、京浜東北線の
品川駅ホームには
面白い自販機があります。
これです
商品陳列棚が全て液晶画面で、
誰もいないと何も表示されて
いませんが、誰かが前に
立つと飲物が表示されます。
この表示が何と前に立つ
人によって異なるのです。
しかもお勧めの商品を
表示してくれます。
珍しいので誰かが買っていると
周りの人がワラワラと
集まってきます。
先ず3人組の20代前後の
男の人たち。彼らに
お勧め表示されたのが
コーラとお茶。
しかも350缶ではなく
500mlのペットボトル!
さすが。
その次、10歳ぐらいの男の子を
連れた親子連れ。
男の子が前に立つと
カルピスウォーターが
お勧めされました。
なるほど。

わたくしも早速試しましたら、
お勧め表示されたのが
アセロラウォーターと
ジャスミン茶でした。
心身疲れた女向けですか?
ミルクティとかココアとか
勧めてくれないの?
と思いましたが自販機に
「あなたはそんなに若い
女子じゃないでしょ」
といわれているような気がして
ちょっと微妙なところです。
天邪鬼なわたくしは一番端に
表示されたカルピスウォーター
を買いました。
電子マネーのSuicaで
買ったのですが、良く考えると
わたくしのSuicaは定期券
なので個人情報や年齢が
登録されています。
ますます微妙な感じ。
次立った時に「あなた乳酸飲料が
好きなの?じゃあ今日はヤクルト
なんかどう?」とか自販機に
いわれる時代がやがて
来るのでしょうかね。
そのうちドリンク剤を
勧められたらどうしましょう。
駅員の目を盗んで
液晶パネルに蹴りでも
入れましょうかね。
ちなみに品川駅でも
東海道新幹線ホーム内の
自販機はJR東日本系と別で
「Toica使えます
(Suicaもね)」と
Toicaがメイン表示です。
JR東海のプライドが
見えます。

Posted by 原田 由里 at 15:49 | 原田由里 | この記事のURL | トラックバック(0)
プロフィール

ECネットワークさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ecnetwork/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecnetwork/index2_0.xml