CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2007年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
沢田登志子
ネット初心者 (11/09) 久米 信行
ネット初心者 (11/07) ななな
広告メール規制省令案パブコメ開始 (09/06) kanata
久しぶりのオークション (07/27) 事務局G
確定申告はお早めに (03/12) しゅう
確定申告はお早めに (03/11) 国際担当T
鬼のパンツ・・・?! (01/30) Sora
鬼のパンツ・・・?! (01/26) 沢田登志子
EC業界2008年年頭所感 (01/25) 国際担当T
アックゼロヨンアワード (01/09)
最新トラックバック
今年もお世話になりました [2007年12月28日(Fri)]
こんにちは、国際担当Tです。

忘年会が続き、そしてクリスマス。滅多にできない口内炎ができ痛いし、お腹は妊婦のようになってしまい、このままお正月に突入するのが今から恐ろしいです。

この間、テレビでやっていた「豆乳クッキーダイエット」のコマーシャルを見入ってしまいました。
一食をクッキーに変えるだけで、5キロ以上痩せ、ウエストや太ももまで細くなる体験者を見て思わず真剣に買おうかと考えてしまいました。私の体験から言って食物繊維の多い食品、ドリンク剤などで便秘が治って多少体重が減少しても、やはり運動をしないと引き締まったウエストや太ももは得られないと思うのですが。あの体験者は影で一生懸命エステに通ったか運動をしたに違いない!でもラクに痩せられるダイエット方法はないか、というのは女性にとって永遠のテーマですね。三箱買ってもう一箱付いてくるなら買ってしまおうかな、と考えてしまいました。本当にクッキーに切り替えるだけで痩せるのでしょうか?私の場合、クッキーだけじゃ物足りなくってつい他にも食べてしまいそうです。

さて、今日で仕事納めです。一年本当に早いですね。

今年は特に欧州の消費者センターやトラストマーク機関について調査をしました。まだ調査していないトラストマーク機関がきっとあると思うので、今後も調査をしていく予定です。各トラストマーク機関に行動規範、審査料、ADR、国際連携などについてのアンケートをメールで送って届かなかったり、返事がなかった機関もありました。何とかそういった機関にもアンケートに協力しただきさらに充実したトラストマークの一覧表を作成したいと思っています。

前述のアンケート結果を基にトラストマーク機関の一覧表を作成しました。協力していただいた機関やATAのメンバーにその一覧表を送りました。その中で、オランダのthuiswinkel(サイトはほとんどオランダ語です)という機関から、何度か問い合わせを頂き、担当者の方とよくやり取りをするようになりました。この機関はEuropean Mail Order and Distance Selling Association(EMOTA)のメンバーであり、日本で言う日本通信販売協会(JADMA)のような機関で、毎年9月に600人位の人が参加する会議を主催しているそうです。会議でスピーチをしてもらう外国のスピーカーを探しているそうで、日本を代表するネット企業はどこか教えて欲しいというご質問がありました。そこで簡潔に日本のネット事情を説明するメールを返信しました。まだ来年のことなのでこれから情報を得て検討していくようです。サイトを見てもほとんどオランダ語で理解できないのが残念ですが、ネットショップ売り上げ向上のために、新しいビジネスモデルを紹介したり、支払いサービスを提供する企業などがスピーチを行うそうです。オランダはマーケティング的には小さいかもしれませんが、なかなか面白いそうです。今後も連絡を取り合っていこう、となったので来年以降もいろいろ情報交換できたらいいなと思っています。

相談に関しては、今年は海外の消費者からの相談が増えました。データをまとめているところではありますが7〜8割以上が車関連のトラブルでした。来年は国内の関係機関と連絡を取り合い、海外の消費者の方が悪質な中古車事業者の被害を受けずに済むように働きかけていきたいです。

また国際ADR研究会を立ち上げ、委員の先生方、関係機関の方々に消費者相談窓口機関同士の国際連携の在り方について議論して頂きました。参加して頂いた皆様、貴重なご意見どうも有り難うございました。日本の消費者だけでなく海外の消費者が、事業者とトラブルに遭った際に救済されるように、GBDe消費者信頼のイシューグループの方々と戦略を練りながらICA−Netの構想実現に向けて、頑張っていきたいと思います。

ECネットワークは今年、トレードセーフとともにアジア・パシフィック・トラストマークアライアンス(ATA)に加入し、来年9月からは副議長を務めることになりました。APECの電子商取引運営グループ国境国境を越えたプライバシー・ルールというスタディーグループでATAの活動が注目を受けているそうなので来年はプライバシーについて勉強していきたいと思っています。

5月から始めたこのブログを愛読して下さりましてどうも有難うございました。
来年も有益な情報、そうでもない情報?も発信していきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

では皆様、良いお年をお迎え下さい。ネズミ
Posted by 国際担当T at 13:49 | 国際担当T | この記事のURL | トラックバック(0)
〜個人情報保護とプライバシーマーク〜セミナー開催 [2007年12月27日(Thu)]
今日はセミナーのご案内です。

財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)で、下記、消費者向けセミナーが開催されます。

〜個人情報保護とプライバシーマーク〜

消費者の皆様に個人情報保護についての認識と、プライバシーマーク制度を理解して頂くとともに、事業者の個人情報保護に対するマネジメントシステムの向上につながることを目的としたセミナーです。

◆対象
  一般消費者・消費者相談窓口担当者(企業・行政等)

◆開催地と日程
東京 東京商工会議所 東商ホール:平成20年1月21日(月)
神戸 兵庫県民会館 けんみんホール :平成20年2月15日(金)
福岡 福岡商工会議所(302〜303会議室):平成20年2月28日(木)

◆プログラム
13:30〜13:50 『挨拶』
『プライバシーマーク制度の信頼性の向上に向けて』
財団法人日本情報処理開発協会

13:50〜14:50 『消費者のための個人情報保護と プライバシーマーク制度の役割』
<東京・神戸>
講師:財団法人日本消費者協会
参与 長見 萬里野氏
<福岡>
講師:社団法人日本消費生活アドバイザー・
コンサルタント協会
最高顧問 玉本 雅子氏

15:00〜16:00 『ネットショッピング上のトラブルと個人情報』
講師:有限責任中間法人ECネットワーク 理事 原田 由里



東京・神戸・福岡の3会場とも、上記の通り、当会理事の原田が 『ネットショッピング上のトラブルと個人情報』のテーマで講師をいたします。

ご参加ご希望の方は、こちらのページよりお申し込みください。
Posted by 事務局G at 14:50 | 事務局G | この記事のURL | トラックバック(1)
ベストパンフレット [2007年12月26日(Wed)]
どうも、相談担当です。

仕事柄、各省庁や都道府県などの自治体、各種業界団体や消費者団体等が発行する、消費者啓発のパンフレットやリーフレットを手に取る機会に恵まれています。
大体はどこのもイラストが使われていて、文章も分かりやすく、随所に工夫がされています。
わたし自らも、消費者啓発教材やパンフレットを作成することが多々ありますので、その場合にも非常に参考になります。

そこで今回は、それら今年発行されたものの中から、あくまでわたしの独断と偏見により、面白いと思ったものをいくつか紹介したいと思います。

動物たちと学ぶ 手形・小切手のはなし

全国銀行協会が発行するパンフです。
手形や小切手の種類や取り扱い方を始め、手形や小切手に関するの注意点や、裏書の見方、不渡りの場合などが、読みやすい割には詳細まできちんと説明されています。普段、小切手や手形や当座口座に馴染みのない人には、結構勉強になります。
しかし、パンフの解説に「高校生の皆さんはもちろん、社会人の方々にもご利用いただけるよう・・・」って書かれていますが、小切手や手形にやたら詳しい高校生もなんだかなあ。

賢くつきあう ローン&クレジット

同じく、全国銀行協会が発行するパンフです。
ローンやクレジットに関しての利用や注意点、多重債務にならないように注意するべき点や、利用者の信用情報についてが解説されています。
全体が1つのストーリーに仕立てられているので通して読むと分かりやすいのですが、何せ出てくる男女がセクシーなので、教材としてはなかなか勇気あるな、と思います。
「まだローンやクレジットを利用したことのない高校生のみなさんにもわかりやすいように・・」って、だから、内容はともかく高校生向けだとしたら勇気あるなと・・。

マンガでわかる表示と規約

(社)全国公正取引協議会連合会が発行するパンフです。
景品表示法や不当表示についての解説を実例のせて紹介しています。
このマンガとセリフとセンスがイケてて笑えます。各ページに出てくるニャンコはニャロ×を連想させますね。

知ってナットク!!個人信用情報(pdf)  
確認できます!!個人信用情報(pdf) 

全国信用情報センター連合会(全情連) が発行するパンフです。
2つのバージョンがあります。(拡大してみたほうが見やすいです)

これもマンガなのですが、登録されている信用情報についての詳細や情報開示請求の方法などが解説がされています。
全情連は、消費者金融専業者を主な会員とする個人信用情報機関の連合体なので仕方ない、このパンフレットの中に出てくる新社会人の娘や息子が、いきなり消費者金融から借金するシーンや、それに対して両親が何もとがめないで笑っているという部分に、なんとなくツッコミをいれたくなるところが逆に気に入っています。
全情連は、ECネットワークオフィスの超ご近所です。

来年は、どんな面白いパンフレットと出会えるでしょうか。
Posted by 相談担当H at 17:11 | 相談担当H | この記事のURL | トラックバック(0)
第3回迷惑メール規制に関する技術的論点WG [2007年12月25日(Tue)]
12月19日(水)、経済産業省において、迷惑メール規制に関する技術的論点WGの第3回が開催されました。特定商取引小委員会で了承された方向性に基づき、WGとしての報告書案がまとまりつつあります。

今回の議論の焦点は、適用除外の考え方と、オプトインを取る時の消費者の意思確認にどこまで「明確さ」を要求するか、という点でした。後者の点について、”ダブルオプトイン”や本人確認情報を同時に取得するというアイデアも出されましたが、今回のスパム規制の趣旨(本当に悪意の事業者を取り締まる)からは、そこまでは必要ないということで見送られました。

懸賞サイトや無料情報サイトに登録する際の表示の在り方については、「どこからメールが来ることになるのかをはっきり書くべき」という意見の一方で、「無料サイト等に登録するのは、消費者も何らかの下心があってのことであり、ある程度リスクは自覚すべき」との意見もありました。私自身は、オプトインの在り方よりも、(心変わりということもあるので)いつでもオプトアウトできることの方が重要だと考えています。

これらについては、法改正・運用開始後の状況次第で再度検討の俎上に乗る可能性があります。実効性についても、運用後のきちんとした評価が必要という意見が出されていました。

適用除外については、名刺交換でアドレスを取得する等のケースについて少し議論がありましたが、概ね了解を得られたと思います。事業者サイドからは、オプトイン画面の保存期間によってはやや負担かも、ということと、携帯メールでの運用について、若干の懸念の声が上がっていました。

ともあれ、これでWGの役割はいったん終了し、報告書が最終化された後は、具体的な法改正と政省令作成の作業に入って行きます。来年1月28日には、担当課長を講師にお迎えし、ECネットワークで勉強会を開催する予定です。
Posted by 沢田 登志子 at 15:21 | 沢田登志子 | この記事のURL | トラックバック(0)
たまにチェックするサイト [2007年12月21日(Fri)]
こんにちは、国際担当Tです。

皆さんも毎日必ずチェックするサイトと、たまにだけチェックするサイトってありませんか?
私はニュース関係のサイトを気になる記事があるかどうか、ABCNews、The Japan Times、YOMIURI ONLINEなどをできるだけ毎日チェックします。
購読している新聞の興味のある記事は、サイトから同じ記事の英語版を探し、プリントアウトして電車の中で読んだりします。
最近、積読になっている・・・。読まなければ。

ニュース関連のサイトをチェックして面白い記事などが見つからなかった時に息抜きで読むのが海外セレブのゴシップサイト「ABC振興会」です。興味のない人にとってはどうでもいい内容なのですが、これを読むと海外お騒がせセレブのパリス・ヒルトン、ブリトニー・スピアーズやリンジー・ローハンについて詳しくなれます。彼女たちが身に着けている洋服、靴、鞄などは日本の若い女の子たちの間でも人気ですね。携帯電話のCMでお馴染みのキャメロン・ディアスのすっぴん写真が掲載されているのを見て、セレブだって化粧を落とすと全然違う顔になるのは同じなのね、と妙に親近感を感じました。

最近の私の注目は「ミャット・デイモン」
いつも良い作品に出演していると俳優さんだと思います。
フォーブス誌で映画出演料当たり興業収入のランキングで高収益俳優としてトップになったり、ピープル誌では、2007年の“最もセクシーな男”に選ばれたりしています。

アメリカのTV番組でマシュー・マコノヒーの物まねをしているのですが本人にすごく似ていて笑えます。
現在公開中の「ボーン・アルティメイタム」も観に行きましたが、臨場感がありなかなか面白かったのでお薦めです。ボーンシリーズは全て観ましたが、どれも好きです。

もう1つたまにチェックするのは「アットコスメ」
使用していた化粧品が切れて違った物を使ってみようかな、と思った時に参考にします。
プレゼントに応募してみたら、某メーカーの小シワに効く美容液が当選したことがありました。
効果は、・・・。よく分かりませんでした。
化粧品は其々好みもありますし、本当に使って見ないと分かりませんね。

最近テレビを見ていて世界の「珍名」所大集合というサイトについて紹介していました。
世界にはオヤジギャクのような面白い名前の地名がけっこうあるんですね。よく調べて行くなぁ、と感心してしまいました。
アメリカのナンパという所やアルゼンチンのマルデアホという所に訪ねている写真が紹介されています。ナンパ高校、マルデアホ警察・・・などちょっと笑えます。観光地ばかりでなくてこういった所に旅するのも面白いかも。

お暇なときにでも見てみてください。
来週は、もう少し真面目な内容を書きますね。

では、また。

Posted by 国際担当T at 14:10 | 国際担当T | この記事のURL | トラックバック(0)
膨らんだ携帯の電池 [2007年12月20日(Thu)]
こんにちは、事務局Gです。
最近携帯電話の充電がすぐに切れると、先日こちらでぼやきましたが、ブログをみた友人から
「それは電池がもうだめなんだよ〜電池パックを見てご覧!きっと膨らんでるから。」と言われました。
すぐに確認したところ、見事に膨らんでいてびっくり。携帯の電池が劣化したら膨らむんだなんて知りませんでしたよ。

その後、ネットであちこち調べていたら、
「ACケーブルにつなぎながらの利用や,充電台の上に載せっぱなしにするような状態を頻繁に繰り返すと,電池の寿命を縮めて短期間で電池パックが膨張することもあります」
なんていう記載を発見して愕然。

自宅に帰るといつも携帯電話の定位置=充電器の上、だったんですが、充電が終わったら、速やかに外しておかねばならないということですか?
もしかして世の中の皆さんは、そうなさっているのかしら。知らなかったよ。

最近は、自宅でメールを打ってる途中に「電池切れです」といって電源が切れてしまうので、ACケーブルにつないだままメールを打っていました。
電池の寿命をますます縮めていたわけですね。

たしかに「電池寿命に影響を及ぼすので、できるだけ使い切ってから充電すること」っていうのも、いつだかどこかで読んだことがあるような気がしますが、携帯電話の電池を使い切ってから、新たに充電する方って本当にいるのかしら?毎日充電しないと、外出中に切れそうで心配になっちゃうけどなぁ。

まぁ、とにもかくにも電池の問題だということがはっきりわかったので、早速電池パックを買いにいきましたら、携帯電話ショップでも、家電量販店でも、「電池パックはお取り寄せで数日待ち」と言われてしまいました。
今すぐこの状況を改善したいのに、しかもこの何かと忙しい年末に数日待ちは痛いです。

ふと横を見ると電池パック代に携帯ポイントも足して、更にちょっとプラスアルファした値段で買えるソニーエリクソンのマルチジョグ付き端末が売られているではないですか。

買っちゃいました音符

「少なくとも二年間は使います」という契約にしたので、大切につきあわなくてはいけませんね。
Posted by 事務局G at 15:49 | 事務局G | この記事のURL | トラックバック(0)
鏡よ鏡、世界で一番美しいのは? [2007年12月19日(Wed)]
どうも、相談担当です。

1年で1番イルミネーションがきれいな季節です。どこもかしこもライトアップされていますね。
まだ、建物やツリーなんかはいいのですが、一晩中明るくて都市熱のこもる都心では、街路樹に使われている落葉樹の葉も落ちないまま、イルミネーションが枝に巻きつけられているので、何だか窮屈そうに感じます。
原油が値上がりしているのに、イルミネーションの光は深夜までまばゆいままです。紅葉せずに枯れ朽ちた葉っぱを見て冬を感じます。街路樹だって、本当はイルミネーションより綺麗な紅葉を人に見せたいんじゃないかなあと思います。

さて、夏以降、中小規模のエステ店の倒産や閉店の情報が多いのですが、なかなか経営が難しいのでしょうかね。
エステの場合、多くは先払いやローンを組ませて、例えば1年間有効のチケットなどを買わせたり、プリペイドカードを買わせて、そこから清算したりする従量制のケースが多いのですが、そうではなく、1年間何度通ってもOK、という定額制のエステもあります。
また、多くのエステは、エステサービスのほかに「関連商品」と呼ばれる、化粧品や健康食品を販売するのですが、そういった商品を全く販売しないエステ店もあります。

さてさて、ユーザとしてお得感があるのは定額制ですよね、その上、高額な「関連商品」を強引に勧誘したりしないエステ店であれば、なんとなく安心感もあります。
でも、定額制の場合、思いのほか会員が増えて頻繁に通う会員が増えると、収入が頭打ちのまま、手が回らなくなる場合があります。何だかゴルフ会員権みたいですね。
関連商品の売り上げがなく、エステだけで生計を立てようとすると、無理が出て来ることがあります。どうも、中小がその辺を売り物にすると、いずれ破綻するようです(あくまで私見)。

普通、破綻すると「支払済みの金返して欲しいけど、でももう無理・・」という話になりますが、こういったエステ店での被害者は、「どこかで同じサービスを引き継いで欲しい」となります。

そうすると、エステ業界って、ユーザが求めるような店にしようとすると、もしかして経営が成り立たないのでしょうか。先払いで長期間の高額な契約をとって、さらに途中でそのユーザに何度も関連商品を勧めて買ってもらわないと経営していけない業界なんて、何だか変な気もします。半裸で施術の最中に、健康食品勧められても逃げられませんし、嬉しくもなんともないです。

基本的に脱毛とか痩身とかでなければ、マッサージやパックは単発でやってくれるところもあるので、わたしは、そういうのを利用することが多いですが、そういったところでも「ご自宅用に」と、なんだかんだ化粧品などを商品を勧誘してくるところがあります。自宅でやらないから、あなたのところにお願いしているんですってば。わたしも街路樹のように立ち枯れないようにお願いしますって。
Posted by 相談担当H at 17:27 | 相談担当H | この記事のURL | トラックバック(0)
国センADRで取り扱う紛争 [2007年12月18日(Tue)]
また続きです。国民生活審議会消費者政策部会、本日が3回目の開催でした。前回配布された報告書案に委員が個別にコメントを出し、それを踏まえた修正版について議論されました。それぞれの委員から出された意見や、それに対する事務局の回答が全く見えない状態だったので、概要を公開して欲しいと要望し、検討していただけることになりました。

その中で、国センADRが取り扱うことになる(国センでなければできないとして)想定されている紛争はどんなものか、報告書に記載された3類型それぞれについて具体例を挙げて欲しいと要望していたところ、今回、国センの方から、次のような事例をご紹介いただけました。

1.複数都道府県において同種の被害が相当多数生じている事件や、その時点では一都道府県内におさまっていても、その後に同様の被害が相当広域かつ多数の者に及ぶおそれのある事件
(その例)
   外国人を結婚相手として紹介すると謳った結婚紹介業者との紛争

2.被害の広域多数性はなくとも、死亡や重傷等の重篤事故の発生あるいは深刻な財産的被害の発生など、生命・身体・財産に著しい影響を及ぼし、又は及ぼすおそれがある事件
(その例)
   こんにゃくゼリー事件(学童保育中の児童死亡事故)

3.新種の商品・役務による事故や、新たな手段による事件、専門的知識が必要な事件など、当事者の主張が多岐にわたり、センターにおいて争点を整理し一定の解決指針を示す必要がある事件
(その例)
   補償規定の解釈を巡る、オークション運営事業者との紛争

ううむ・・・感想はいろいろ。やはり、事業者側の「応諾」がキーになるような気がします(特に3.の例)。応諾しない場合の(事業者名を含む)公表の是非や手続きについても議論になりました。

これらの紛争を、年間100〜200件処理する見通しで、国セン事務局も20人程度の体制整備を考えているそうです。

さて、この消費者政策部会、今回で終了するとばかり思っていたのですが、来年も月1〜2回ペースで開催されることになりました。背景は、総理からの指示だそうです。
「消費者・生活者の視点に立った行政への転換を目指し、国民生活センターが10〜20年後の消費者行政の中心的担い手となるよう、国民生活審議会の意見も聞きながら組織の在り方を抜本的に見直し、来春までに結論を出せ」と。

独法の整理合理化計画との関係も、注目されるところです。

という訳で、来年も引き続きレポートいたします。
Posted by 沢田 登志子 at 19:34 | 沢田登志子 | この記事のURL | トラックバック(0)
プロの大掃除本番 [2007年12月17日(Mon)]
こんにちは、事務局Gです。
無事終わりましたよ、プロの大掃除。
結局小心者の私は、当日までに予掃除を終え、他人様に見せてもそんなには恥ずかしくない程度で臨みました。

当日我が家にいらしたのは2名の爽やかな好青年(20代後半から30代前半くらいの)お風呂&トイレ担当と、キッチン担当に分かれて、黙々と2時間半かけて、ぴかぴかにしてくれました。

プロは、ものすごい機材や特殊な洗剤を使ってお掃除するのかと思ったら、我が家にもあるようなお掃除グッズや洗剤を駆使してのお掃除でした。同じものを使って何故にあんなに仕上がりが違うのでしょうか。

側でじっくり見ながらプロの技を盗む予定でしたが、お風呂とトイレは、お兄さんが扉を閉めて中にこもってしまったので、中で何が行われていたのかは謎のままです。

キッチンは、ガスレンジのフードまで取り外して、磨いてくれました。あれ、取り外しが可能だったんですね。
シンクはもちろんのこと、ガスオーブンや、食器洗い機の扉まで、ぴっかぴかです。
キッチンを新品みたいに綺麗にしてもらえて、これからお料理にも力が入っちゃいますね。いや、もう汚さないために年内は料理を控え目にした方がいいかも。

「奥様〜、ご確認をお願いいたします!」と呼ばれて見に行ったら、お風呂とトイレも見違えるくらい綺麗になっていました。

毎年、年末に丸一日かけても終わらなかったお風呂とトイレとキッチンが、ほんの2時間半で綺麗になるなんて。
途中で「もう嫌になっちゃった」などと言わずに、黙々とお掃除してくれて、プロは本当に素晴らしいですね。
と、我が家では大満足な結果に終わったプロの大掃除なのでありました。

今年は私の周りにも、プロに頼む人が多かったのですが、担当してくれた人によっても結果は様々なようですね。
水回り&窓拭きを10万円(!)で頼んだ友人は、総勢7名のお兄様方が、一斉にやってきて、あれよあれよという間に家中を磨き上げてくれたんだそうです。「値段は高かったけど大満足」と話していました。
別の友人は、思ったように綺麗にならなくて、来年は違う業者に頼むつもりだそうです。

そんな話をしていたら、ふと、以前聞いた話を思い出しました。
知人の家で排水管が壊れてしまって、近所の業者を呼んだら、とても嫌な思いをしてしまったので、その次にまた壊れた時には、テレビCMもやっている大手業者に頼んだところ、やってきたのは、近所の業者の前回と同じおじさんでびっくりしたのだとか。町の修理屋さんが大手のフランチャイズ店もやっていたというわけです。

プロの大掃除に大満足した私としては、上記の友人がこんな思いをしないよう、違う人が来てくれることを願うばかりです。
Posted by 事務局G at 16:11 | 事務局G | この記事のURL | トラックバック(0)
レストラン巡り [2007年12月14日(Fri)]
こんにちは、国際担当Tです。

先月アジアでは初めてミシュランガイド東京が発売されましたね。
東京は、世界で最も多くの星が輝く美食の街として認められたそうです。
日本人にとしてちょっと嬉しいですね。ガイドを買っても自腹ではとても行けなさそうな所が多いような気がしたので、立ち読みでいいかな、と私はガイドを購入していません。ガイドに掲載されている私でも行けそうな所は、今の時期どこも予約で一杯でしょう。

私はいろんな国の料理を食べてみることが好きです。
あまり値段の高い所だと、何だか注文しずらいし、食事を気軽に楽しめません。
もちろん中華、韓国料理、イタリア料理も好きですが、今までギリシャ、トルコ、チェコ、スペイン、メキシコ、ベトナム、タイ、インドネシア、インド、ブラジル、アフリカ料理等のレストランに行って其々の国の料理に挑戦してみました。ミシュランガイドに載っていなくても、東京では各国の料理が楽しめるレストランがあっていいですね。次は北欧とか、食べたことのない国のレストランを探して行ってみたいです。

麹町の日本テレビの目の前に「アジャンタ」というインド料理屋さんに友人と行きました。
私的には地元価格と比べるとちょっと高めですが、色々な種類のカレーがあって注文するのにいつも迷います。

以前に他のインド料理店で飲んだチャイはスパイスが強すぎてそれ以降、チャイを飲むのは敬遠していました。でもここのチャイは日本人でも大丈夫だと思います。
すごく辛いカレーを食べた後にこのチャイを飲むと口の中に残っていた辛さが収まるんです。

それ以来すっかりチャイにハマり、最近はコーヒーショップやインスタントのチャイを飲んでいます。

先週は地元近くで韓国の方が作る韓国料理屋さん「たんぽぽ」を食べに行き、どれも美味しかったのですが、豆腐チゲが暖まってすごく美味しかったです。

次はどこに行こうか調査しなければ。
こんな調子では痩せられそうにはないなぁ。。。

では、また。
Posted by 国際担当T at 10:38 | 国際担当T | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

ECネットワークさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ecnetwork/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecnetwork/index2_0.xml