CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«えべつ環境広場2015の出展者を募集中です。 | Main | 4月17日に、電力自由化の学習会「考えよう!電気の選び方」を開催します。»
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岸田と申します。
えべつ環境広場出展者募集 (11/14)
プロフィール

えべつ地球温暖化対策地域協議会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ebetsu-earth/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ebetsu-earth/index2_0.xml
4/18報告:「得意を活かす 〜学生たちの国際協力 きっかけはアート〜」 [2015年04月19日(Sun)]
IMG_20150418_133938 2.jpg
 北海道情報大学のUNIPAの学生さんたちの活動報告は、18名の参加者を得、とても素晴らしい内容でした。丁寧な報告からは、しっかりした活動と深い学びがうかがえ、参加した私たちもとても刺激を受けましたた。協議会メンバーの所属する団体でも、報告する機会を持つことになりそうで、これも嬉しく思いました。

 内容を簡単にご報告すると・・・。

ネパールで、気づいたことから、プロジェクトに。
◆日本への興味はあるが、日本語を教える先生がいない・・・
→お手紙プロジェクト→えべつ環境広場で日本の子ども達に手紙を書いてもらい、ネパールに届ける→手紙を使った日本語授業
◆学校には、机がない。子どもたちの姿勢も悪くなっている・・・。
→探検バッグを集めて届ける(日本では、6年使ったら、捨ててしまうことも。学校に寄附。)、クラウドファンディングも活用
◆電気が来ておらず、家の中が暗い
→屋根に穴を空けて、水を入れたペットボトルを差す。
◆「夜の明かりが欲しい。」という声も。→今後の課題。少しずつだけど、続けていきたい。
◆女性の仕事がない
→竹がたくさんあったので、それを使って箸を作るWS。竹の可能性を感じてもらった。
◆ドキュメンタリー映画制作中。

ネパールに行くに当たって、いろいろな逡巡もあった。それを共有して、決断をしてでかけた。
これから。
・高学年の学生に向けての教育。一緒に考えて、作り上げていくWS
・長期的な現状(水・ゴミ・電気)、身の回りのことからできる解決方法を考えていきたい。
・日本ネパール友好センターと協力していきたい。

探検バッグ

unipa001.jpg
ペットボトルを使った屋根の採光、実際に模型を作って、持って来てきていただけました。

IMG_20150418_124904.jpg
太陽の光が差した状態にすると、本当に明るい。

IMG_20150418_124914.jpg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1081939

コメントする
コメント