CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アーシアン
顔と顔の見える交流支援をめざしているNPOです
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤田宏子
祝 ブログ開設 (12/10) FATMAMA
フリマ出展 (12/08) 藤田
フリマ出展 (12/08) miyama
フリマ出展 (12/08)
アルカイアカデミースタッフとの交流会[2018年06月29日(Fri)]
いつもご支援ありがとうございます。
この度、アーシアン設立当初より交流・支援をしておりますパキスタンのアルカイアカデミーのムザヒル校長と縫製工房の代表の方々が7月に来日されます。
現地の先生方から直接お話を伺える交流会を企画いたしました。
会員の皆様はもちろん、会員外の方も参加可能ですのでご興味のある方はアーシアンショップ柏までご連絡くださいませ。

日時:2018年7月6日(金)
時間:12:00〜14:30
参加費:300円パキスタンカレーランチとチャイ、お菓子付き
    (会員外の方は500円)
場所:アーシアンショップ柏 デポー松葉町組合員室

お申込み・お問い合わせはアーシアンショップ柏まで
電話:04-7133-3930 日・祝休み
営業時間:11:00〜18:00
〒277-0827柏市松葉町3-15-1ウェルシティ2F

柏ショップの営業日が・・・[2018年04月03日(Tue)]
いつもアーシアンの活動にご協力いただき、ありがとうございます。


さて、早くも4月に入りましたが、ここでお知らせです。

アーシアンショップ柏の営業日が変更になりました。
昨年度は泣く泣く閉めていた火曜日ですが、4月より営業することになりました。
(営業:月〜土、休み:日・祝)
本日の火曜も営業しておりますので、
ぜひぜひお立ち寄りください。

これからもアーシアンをよろしくお願いいたします。
総会とイベントのお知らせ[2018年04月03日(Tue)]


いつもアーシアンの活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

総会と総会後イベントの日程が決まりましたので、お知らせいたします。


6月5日(火)

場所◯生活クラブ本部1階
   地域交流スペース渚A

総会◯13:15受付開始
   13:30〜15:00

イベント◯15:15〜16:30



総会後イベント
≪フェアトレードカフェ≫


総会終了後に交流の場として、フェアトレードカフェを開催いたします。
フェアトレードのコーヒー・紅茶・クッキーなどご用意しています。
※イベントだけの参加も可能です!
ご来店お待ちしています。
(参加費:会員無料/会員外100円いただきます。)

たくさんの方のご参加お待ちしています。
よろしくお願いいたします。
バレンタインも過ぎましたが・・・[2018年02月16日(Fri)]
2月も中旬になり、寒さも一段落してきたように感じます。

大変遅ればせながらですが、本年もアーシアンを、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、アーシアンでは恒例のチョコレートの販売が、好調です。
柏ショップではフェイスブックもやっているので、
是非チェックしてみてください!

FB:@kashiwa.earthianshop

今後の展示会は、2月17、18日(センター千葉)、24、25日(センター市原)と、
来月も展示会がありますので、お時間のある方はぜひ足をお運びいただけたらと思います。
(おいしいチョコレートが待っていますよ!)




アルカイール・アカデミー ムザヒル校長との話し合い[2017年12月19日(Tue)]
早いものでもう年の瀬になりました。寒い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


先々月の10月25日に、
アルカイール・アカデミーのムザヒル校長と、事務局のカユーンさん、そしてJFSAの田邉さん、入江さんが来訪してくださり、アーシアンと話し合いすることができました。

●職業訓練所
・縫製科について
「試験が終わり、熱心に勉強しています。学校全体としては、カレッジから大学に進む生徒が増え、女子が6割、男子が4割と、やはり女子の方が多いけれど、男子も少しずつ増えています。進学した子供たちも実力のある子が多く、成績が良いです。」
「現在、アルカイールには190人の先生と、スタッフ30人がいます。以前はムザヒル校長と一対一で子どもたちの指導について話し合っていましたが、現在はグループで行い、意見も以前より出るようになりました。」

と、アルカイールの現在の状況をお話してくださいました。


また、12月現在、男の子の職業訓練として、手織りの織り機を4機導入し、手織り布の訓練も始まったところです。
手織の布は、アーシアンで進めている商品開発中のエプロンなどにも、将来的にも使えたらいいなと、アーシアンでは考えているところです。


・後期支援金
後期分の支援金20万円を、ムザヒル校長に手渡ししました。↓
ムザヒルさん来日2.jpg




来年もアーシアンをよろしくお願いいたします。

※アーシアンのお休み
・本部
12/27〜1/4まで
・柏ショップ
12/28〜1/5まで


ラオスを学ぼう学習会[2017年08月25日(Fri)]
ラオスを囲む国々とのかかわり

ラオスの学習会として、2017年7月18日開催されました。
講師は、NGOを立ち上げ北タイで活動していた経験がある、NPO日本国際ボランテイアセンター(JVC)ラオス担当の木村茂さんです。

2017・7.18ラオス.JPG


アーシアンではNPO日本国際ボランティアセンター(JVC)のラオス事業を2007年から支援し、今年で10年になります。
ラオスの村人の生活を知り、どのような問題があるかを再認識する会となりました。


今現在、東南アジアでは森の伐採に伴い道路ができたり、電気がきたりして、村人の生活も変化してきました。反面、自然破壊の影響で生活ができなくなるという事態も起きています。
JVCでは、そこに暮らす人々から話を聞くことから始め、一番良い方法によって問題を解決していく活動を行っています。

また、JVCでは今後の活動として、地図を作り保護林などをはっきり明記すること、今ある生物資源を利用した村の人たちの暮らしを記録しておくことを目的に、プロジェクト(3年単位)を行っていくとのことです。

単純に政府や企業が行う森林伐採の問題かと思いきや、それによって得た紙を使う私たちの意識も改革していかなければ、貢献することができないことがわかりました。

今後もアーシアンはJVCのラオスプロジェクトを支援していきます。
アレッポ石鹸の生産者からみたシリアの現状[2017年08月24日(Thu)]
2017年6月2日 美浜文化ホールにて、総会後の講演会として行われました。
講師は、株式会社アレッポの石鹸の共同代表である太田昌興さんにお願いしました。



シリアでは2011年からアラブの春の影響を受け始まった民主化デモが弾圧や外国の干渉などの影響から武装闘争へと泥沼化し、6年たった今でも収束のめどがつかない状況にあります。

アーシアンでは昨年度からアレッポの空爆の被害を知り、販売事業で支援のとりくみを始めました。
今回は株式会社アレッポの石鹸の共同代表である太田昌興さんに講師をお願いしました。
(株)アレッポの石鹸は22年前から石鹸の輸入元として日本での販売を行っています。総会の後の短い時間でしたが映像を交えていろいろなお話を伺いました。



中東の国境は直線的な部分が多くあり、第1次大戦後に列強の大国が決めた影響を見ることができます。
シリアはシルクロードの地中海航路へと抜ける東西とユーラシアからアフリカへ抜ける南北交易の十字路にあたり、今のシリアからイスラエルとヨルダンの一部、イラクの一部をさしてシャームと呼ばれていました。宗教はイスラム教徒が92%を占めています。
教育は6年・3年・3年までは学費免除で18歳になると徴兵の制度があります。内戦以前は殺人も乞食もなかったと聞いています。

アレッポはシリア第2の都市、人口は200万人。人が住み始めて5000年以上になり首都のダマスカスについで古い都市です。
シリアでは長引く内戦のなかで人口の半分にもあたる人々が難民となり国外に逃れています。残された市民も一家族に成年男性は1人、その他の男性は軍隊に送られています。それまでに男性が担っていた仕事を今は女性が働き手となり支えています。空爆で被害の大きかったアレッポでは水はほとんどなく、食糧は国連やNGOからの支援に支えられています。

古代メソポタミア文明に石鹸についての記述が出ています、固形石鹸になったのはイスラーム帝国時代、このころにアルカリを合成する技術ができました。石鹸の生産者、アデル・ファンサ社では今も1000年前の伝統を受け継ぎ石鹸を作っています。2015年に工場を地中海寄りの街、ラタキアに移し生産を続けて伝統産業を護っています。



参加者の感想として、

・シリアについて知らなかったことを多く伝えてもらった。映像の力は強い、被害の悲惨さを実感。
・内戦前の写真を見て破戒の凄まじさを再確認。文化遺産の破壊は誰に何の得があるのか。
・伝統を引き継ぎ石鹸作りを続ける生産者の思いが伝わった。石鹸作りの動画が良かった。
・内戦のもつ複雑な問題を知り、シリアの人々が平和な暮らしを取り戻すまでには時間がかかることを改めて教えてもらった。

と、映像とお話について、深刻な意見も出ました。
アーシアンでは2016年度より引き続き、シリア緊急支援・アレッポ石鹸のキャンペーンを行っていきます。
第12回定期総会 報告[2017年08月08日(Tue)]
≪第12回定期総会報告≫

2017年6月2日(金)
美浜文化ホールにて、総会が行われました。

参加人数は23名でした。(正会員17名、委任状は44)

総会に提案された全会議が承認され、2017年度の活動がスタートしました。
基本理念に基づき、活動を進めていきます。


(交流支援事業)
・パキスタンのアルカイール・アカデミーの職業訓練所の支援
・日本国際ボランティアセンターのラオスプロジェクトの支援

(販売事業)
・フェアトレード品の販売
・フェアトレードの意義と海外の人々の暮らしや文化を伝えます。


今年度もアーシアンをよろしくお願いいたします。

第12回総会.JPG
第12回定期総会・講演会のお知らせ[2017年04月06日(Thu)]
日頃から皆様には、アーシアンの活動にご支援・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

つきましては、第12回定期総会・講演会を、下記の日程で開催いたします。
2017年度の活動を、多くの会員の方々と確認し進めていきたいと考えています。

総会  6月2日(金)午後1時30分〜3時

講演会 テーマ「アレッポ石鹸の生産者から見たシリアの現状」
    講師:太田昌興氏(株式会社アレッポの石鹼共同代表)
    時間:午後3時15分〜4時30分

会場  千葉市美浜文化ホール 4階会議室

今回は総会の後にアレッポ石鹼の太田昌興氏をお迎えして、講演会を企画しました。
シリア内戦でアレッポも大きな被害を受けました。石鹸の生産者のお話やシリア・アレッポの現状を伝えていただきます。活動に興味のある方はぜひご参加ください。

講演会はどなたでも参加できますので、お誘いあわせの上、ご参加ください。

ガスールとアルガンオイル講習会[2017年03月31日(Fri)]
3月6日(月)、生活クラブ虹の街 デポー真砂の、
地域交流スペース渚にて、ガスールとアルガンオイルの講習会を行いました。

2017年3月6日ガスールとアルガンオイル講習2.JPG

雨により足元が悪い中、11名もの方が来て下さいました。

*ガスールとは?

モロッコで産出される、洗浄力と保湿力を備えた粘土(クレイ)のことです。
天然素材であるため、洗顔・洗髪・パック等美容のために利用されます。天然ミネラルが多く含まれており、肌を滑らかに整えてくれます。



*アルガンオイルとは?

モロッコに育つアルガンの木の実から得られます。
美容液として・ヘアケア・全身マッサージなどに使われるものです。

2017年3月6日ガスールとアルガンオイル講習1.JPG

初めにアーシアンの行っている支援、支援先の状況等をお話させていただき、
その後ガスール・アルガンオイルの実演をさせていただきました。


水で溶いたガスールを手の甲に塗り、指でくるくると浸透させてから洗い流すと、驚くくらい塗った部分が明るく、白さが増しました。すっきりと、汚れも落ちた感覚です。
アルガンオイルは保湿力に優れているので、その後のお手入れにぬりぬりさせます。マッサージしながら塗りこんでも良さそうでした。
参加してくださった方々も口々に、「きれいになりました!」と嬉しいお言葉をおっしゃっていただき、ガスールの、天然素材のすごさを実感することとなりました。


また、お昼にはおいしいパキスタンカレーも食べることができました。
普段食べているカレーとはだいぶ異なり、香辛料の旨みとねぎの甘みを感じられる、本場の味でした。(画像が無くてすみません!食べるのに夢中になって、忘れてしまいました。(笑))




アーシアンではガスールを固形と粉末の2種類取り扱っています。ご興味のある方は、ぜひアーシアンまでお買い求めください。

2017年3月6日ガスールとアルガンオイル講習3.JPG
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

地球市民交流基金EARTHIANさんの画像
リンク集