CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

アースコン・マツドさんの画像
最新記事
最新コメント
三嶋芙さん
2011年10月以降の活動報告 (09/02)
リンク集
     家庭でもできる地球温暖化防止に取り組み
      「身近な省エネ」を実践しましょう!


アースコン・マツドは、千葉県知事から委嘱された地球温暖化防止活動推進員が中心となり地球環境、生活環境を守るために活動しているグループです。
松戸市を基盤にして、未来を見据えてより良い環境を残す活動をしています。
ボランティアとして、自ら地球温暖化防止活動を実践し、地球温暖化の現状
および防止対策について普及啓発に努め、情報提供活動を行っています。
2002年から12年間の活動を行っており、会員26名が、松戸市環境政策課との
協働事業で省エネ推進の普及啓発に努めています。
「地球にやさしい行動宣言」のテーマのもとで、家庭でもできる地球温暖化防止に取り組んで、「身近な省エネ」の実践を推進しています。





会の名称について
  アース:Earth(地球)、コン:Conscious(意識する)
  「常に地球環境を意識して行動する松戸市民のグループ」を意味しています。


トップページ左側の写真をクリックすると会のプロフィールが見られます。

三嶋秀恒
1806 ともに考えよう 地球温暖化と私たちの暮らし [2018年07月06日(Fri)]
船橋市の市民講座「アースドクターふなばし」
開催日:2018年6月16日
テーマ:「ともに考えよう 地球温暖化と私たちの暮らし」
講 師:国立環境研究所 江守正多・副センター長(地球環境研究センター)
五味馨・主任研究員(福島支部 地域環境創生研究室)
1)「暮らしと社会で取り組む地球温暖化対策pdf」五味 馨 氏
@家庭で使うエネルギーのおはなし、A温暖化対策は、多い!
B地域で取り組む温暖化対策
2)「温暖化の現状と未来pdf」江守 正多 氏
3)「本当に二酸化炭素濃度の増加が地球温暖化の原因なのか
http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201806/330006.html
          1806暮らしと社会で取組む地球温暖化対策.pdf

          温暖化の現状と未来.pdf
          
Posted by 三嶋秀san at 18:21 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
2018気候変動レポート [2018年06月16日(Sat)]
気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート2018〜
日本の気候変動とその影響〜

 自然システムが気候変動による影響を受けつつある中で、国や地方の行政機関、国民が気候変動への対策を考える際に役立つ最新の科学的知見を提供することを目的として、主に日本を対象とした気候変動の観測・予測及び影響評価分野の知見を統合・要約したものです。観測結果に基づく気候変動の現状と将来の予測結果について、気候変動により現在生じている影響及び将来予測される影響についての記述、特に気候変動への適応策を考える際に役立つ資料としています。レポートの概要をまとめたパンフレットも公表しました。環境省 http://www.env.go.jp/press/105129.html
 概要パンフレット
  1)気候変動の観測事実と将来予測【世界】
  2)気候変動の観測事実と将来予測【日本】
    @農業、森林・林業、水産業
    A自然生態系
    B水環境・水資源、自然災害・沿岸域
    C健康、産業・経済活動、国民生活・都市生活
    D適応の取組が始まっている
       2018気候変動の観測と予測レポート   1802気候変動 概要

Posted by 三嶋秀san at 18:19 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
地球温暖化活動アンケート結果 [2018年02月23日(Fri)]
千葉県地球温暖化防止活動推進員のアンケート集計
 @温暖化防止活動で困っていること
 A活動方法で、効果があったと思われること
 B推進員研修会で受講したい内容
 C千葉県センターへの要望
       地球温暖化防止アンケート結果
*CO2CO2スマート 我が家の大作戦 冬
       コツコツ大作戦 冬
Posted by 三嶋秀san at 06:53 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
1712 里山保全と動物愛護から考える地球環境問題 [2017年12月16日(Sat)]
成人環境講座 12月地球温暖化防止月間
  講師:関 啓子 氏(一橋大学 名誉教授)
新松戸に住んで里山保全に力を入れている関 啓子 先生に講演いただきました。
「身近な里山の保全が地球環境問題の克服にも役立ち、野生動物の保護にも貢献する。
野生動物の生息状況は、地球環境を診断する際の指標。
里山の保全と野生動物の保護と地球温暖化などの地球環境問題の解決。
これらのつながりの講座でした。
 1.開催日時:12月16日(土)13時30分〜15時30分
 2.開催場所:松戸市民会館301号室
 3.出 席 者:54名
 4.主  催:アースコン・マツド(地球温暖化推進員の団体)
       環境講座写真-s.jpg
成人環境講座資料


Posted by 三嶋秀san at 06:42 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1712 地球温暖化防止活動環境大臣表彰 [2017年12月04日(Mon)]
環境省が地球温暖化防止月間の12月に、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を行っており
アースコン・マツド 染井正徳 名誉教授が「地球温暖化を解決し緑の地球を復活する
具体的かつ実行可能な新技術の世界展開」の発表で表彰されました。
 日 時:平成29年12月4日(月)
 場 所:イイノホール&カンファレンスセンター
 受賞者:40件(個人6・団体34)
 URL:http://somre.jimdo.com/
 対策活動実践・普及部門
植物根伸長剤で新規、安全な有機化合物「ソムレ」を開発。ソムレ処理された自生植物の根の長さを通常の2〜3倍に成長させ、87.6%の活着率で流動砂丘の一部緑化に成果を挙げた。また、ゴビ砂漠で世界初の飛行機からのソムレ浸漬種子散布を実施した。
さらに、インド米の収穫量増収の実証を行った。乾燥地・砂漠緑化において広大なCO2 吸収源を確保、食糧収穫の向上を通して温暖化防止実現へ貢献した。(緑の地球を復活し、地球温暖化を止める方法)
  渡嘉敷奈緒美(環境副大臣)と染井氏の写真
  表彰写真.JPG

          ソムレの発表パネル.JPG


Posted by 三嶋秀san at 11:04 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
1704 わが家の年間エコ対策 [2017年04月02日(Sun)]
季節に合わせた環境にやさしい暮らしの冊子を紹介します。
エネルギー消費の削減を中心に、家庭でできる環境に
やさしい生活の工夫を季節に合わせて紹介しています。
家族ぐるみで実践して地球にも家計にも優しいエコ家族を
目指しましょう。
   01年間エコ対策.pdf  02春のエコ対策.pdf
   03夏のエコ対策.pdf  04秋のエコ対策.pdf
   05冬のエコ対策.pdf  地球温暖化防止活動推進員設置要綱.pdf
Posted by 三嶋秀san at 16:37 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
1612 CO2CO2スマートプラン [2016年12月28日(Wed)]
千葉県地球温暖化対策実行計画(概要版)
2015年12月、全ての国が参加した温室効果ガス排出削減の枠組み「パリ協定」
が採択されました。地球温暖化対策を巡るこの世界的な動きにあわせて、
千葉県では、地域から地球温暖化対策を推進するため、2030年度を目標年度
とした計画を策定しました。
 1)基本的事項:地球温暖化の仕組み
 2)地球温暖化の進行:千葉県の温暖化の状況
 3)計画の目標と2030年度の温室効果ガス排出量:目標、温室効果ガス排出量
 4)目標達成に向けた各主体の取組み:
  家庭の取組み、事務所・店舗等の取組み、製造業の取組み・運輸貨物の取組み
 5)目標達成に向けた県の施策
 6)追加的対策を講じない場合の予測:気温・降水量、台風、自然
 7)気候変動への適応:緩和と適応、気候変動の影響と県の適応、身近な適応策
          CO2CO2スマートプラン
          plan-1   plan-2
Posted by 三嶋秀san at 20:16 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
1612 成人環境講座 [2016年12月03日(Sat)]
成人環境講座
 開催日:12月3日(土)13時15分〜16時15分
 場 所:市民会館301号室
 内 容:演題1)ソーラーシェリング講演
         講師:長島 彬 氏(CHO技術研究所)
     演題2)食料危機及び地球温暖化を止める
         講師:染井 正徳 氏(金沢大学名誉教授)

          1612「経済科学通信」_長島
          1612「日本海域研究」_染井
          1612講座 チラシ
Posted by 三嶋秀san at 17:47 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1607 子ども環境講座2016 [2016年08月09日(Tue)]
夏休み子どもエコ教室
開催日:7月26日、8月2日、9日
協働事業:アースコン・マツド、環境政策課


          1608子どもエコ教室の報告
Posted by 三嶋秀san at 09:12 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1512 成人環境講座と省エネ実践講座 [2015年10月20日(Tue)]
皆さんの関心のある環境関係のテーマを選んで
省エネ実践講座と成人環境講座を開催しています。
配布資料PDFをご覧ください。

     1512 エネルギー問題と水素社会の幕開け
     1509 家庭の省エネ
     1412 異常気象
     1411 太陽光発電報告会
     1312 豪雨や竜巻の予報
     1212 エネルギー供給の戦略
Posted by 三嶋秀san at 21:10 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1508 夏休み子どもエコ教室 [2015年08月23日(Sun)]
夏休み子どもエコ教室
  開催日(全4日):7月29日、8月5日・12日・19日

  2015報告書
        2015夏休み子どもエコ教室 報告書

        1508子どもエコ教室 写真
Posted by 三嶋秀san at 06:46 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1507 子ども環境フェスティバル [2015年07月05日(Sun)]
楽しく遊んで環境を学ぼう!
@エコ実験、Aパワー君、B環境すごろく、Cこねこねマイせっけん
D電車でゴー、Eエコ万華鏡、F折り紙、G絵手紙・布ボール、H七夕飾
  日 時:2015年7月5日(日)13時〜16時
  場 所:松戸市民会館301号室
  参加者:約180名(今年もたくさんの方々に楽しんでいただきました)

01.jpg

02.jpg

03.jpg

Posted by 三嶋秀san at 09:15 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1502 ”もったいない”から始めよう [2015年02月14日(Sat)]
もったいないの日記念イベント
毎年2月15日を「松戸市もったいないの日」に定めています。
「食育」と「減CO2(地球温暖化対策」をあわせた
「もったいないを考える」イベントを開催しました。
  開催日:2015年2月14日(土)
  会 場:松戸市民会館
  主 催:もったいない運動推進市民会議
  記念講演会:”もったいないを考える” 地産地消クッキング 
    講師:ベリッシモ・フランチェスコ氏


  ホワイエでパネル展示、まつど減CO2のうた「愛のゲンコツ」、リゾットのクッキング
  「パンチェッタと長ネギの冬リゾット」は栄養・カロリーたっぷり

  1402もったいないs-.jpg
          減CO2フロア【地球温暖化フォーラム】
          アースコン・マツド:”パワーくん”で発電体験、”エコ実験”で遊ぼう

          1402アースコンs-.jpg
  メロディーハウス、電車でゴー、ケナフのハガキづくり、鉛筆立てづくり
  1402エコ体験ブースs-.jpg
          食育フロアで 省エネクッキング:体験! 保温調理
          1402クッキングs-.jpg
Posted by 三嶋秀san at 10:13 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1412 みんなで節電・節エネライフ [2014年12月20日(Sat)]
今夏も電力の安定供給が確保される見通しですが、
これは節電の取組の定着を前提としたものです。
省エネ・節電は、電力需要の高まる夏や冬だけのものではなく、
ライフスタイルとして定着すれば地球環境の保全につながる取組です。
日常生活や事業活動の中で、無理なく長く続けられる節電に心掛けましょう。

      みんなで節電(千葉県)pdf
     家庭での節電取り組み(千葉県)pdf
     1404地球温暖化の知識(気象庁)pdf
     1407節エネガイド(JCCCA)pdf
Posted by 三嶋秀san at 10:40 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
1412「ひるどき情報ちば」放送 [2014年12月01日(Mon)]
アースコンマツドの川上和子が
NHKのFMラジオ「ひるどき情報ちば」(12月1日放送)に出演しました。
テーマ「冬の省エネ」で、6分間程度のインタビュー放送がありました。
下記URLより視聴できます
http://www.nhk.or.jp/chiba/movie_radio/hirudoki_t141201_1.html
Posted by 三嶋秀san at 20:10 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
1410 消費生活展 [2014年10月05日(Sun)]
第41回松戸市消費生活展
   開催日:2014年10月4日&5日
   場 所:アートスポットまつど
   統一テーマ:「食からはじめる豊かな暮らし」
*アースコン・マツドのテーマ:
 「地球温暖化防止のために私たちができること」

   ・「食」の省エネを考えよう
   ・災害時にも役立つエコクッキング
   ・地球温暖化による気候変動とその影響
   ・「エコライフシートまつど」を使ってみませんか
   アトラクション:紙芝居「スーパーしろくま物語」

       1410消費生活展s-.jpg
Posted by 三嶋秀san at 18:02 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1409 エコメッセ in ちば [2014年09月23日(Tue)]
第19回エコメッセ2014 in ちば
“イマを知ろう、ミライをつくろう、こども博覧会”
  「持続可能な社会の実現」を目的に活動する環境イベントです。
  温暖化防止・環境型社会・生物多様性など、114団体が出展し
  体験しながら環境について学べるブースが多くありました。
  *アースコン・マツドは、地球温暖化防止のパネル展示と
   環境を愉しみながら遊べる「環境すごろく」を出展し
   子どもたちや家族連れの方々に好評でした。

       1409エコメッセ (1)s-.jpg
       1409エコメッセ (2)s-.jpg

Posted by 三嶋秀san at 17:42 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1408 夏休み子どもエコ教室 [2014年08月20日(Wed)]
夏休み子どもエコ教室
   7月30日:環境のお話し、
       エコクラフト=太陽発電キットの組立(松戸市民会館)
  8月 6日:自然観察会(21世紀の森と広場)
  8月13日:現代産業科学館の見学(バスで移動)
  8月20日:紙資源のお話し、ケナフの紙すき体験(馬橋市民センター)


夏休み子どもエコ教室  2014子どもエコ教室s-.jpg
       0806自然観察 写真  0813科学館 写真
Posted by 三嶋秀san at 10:00 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1407 子ども環境フェスティバル [2014年07月06日(Sun)]
子ども環境フェスティバル 2014
 テーマ:楽しく遊んで環境を学ぼう!
 日 時:2014年7月6日(日)13時〜16時
 場 所:松戸市民会館301室
 参加者:一般73名(子ども+大人)、スタッフ
1)電車でゴー:
  手回し発電を体験、電車は大勢の人を運びCO2削減に役立っています。
2)エコ実験コーナー:
  ソーラーパネルでメロディーを鳴らし、ソーラーカーを走らせます。
3)パワー君:
  自転車のペダルを手で回し、電気を作る体験。
4)こねこねマイセッケン:
  廃食油の捨て方を見直して、環境に優しい自分だけの「オリジナルせっけん」
  を作ってみましょう。
5)エコ万華鏡づくり:
  エコな材料を利用して作る万華鏡で、
  ものづくりの楽しさと子ども達を不思議世界へと、誘います
6)折り紙教室:
  美しい折り紙を使って、誰もができる楽しい「カエルぴょん!」や
  「ワンちゃん」を作って遊びましょう。
7)絵手紙・ふんわり布ボール:
  絵手紙:ケナフのハガキに花や果物を自由に描く。
  ふんわり布ボール:不用の布をボール状に編み込む。
8)環境すごろくゲーム:
  すごろくゲームで遊びながら省エネについて学びましょう。
* 七夕の短冊に願いを込めて「環境行動宣言」を書きました。


  こねこねマイセッケンと会場全景
  1407fes.jpg
        こんな可愛い折り紙が作れました:かえるピョン! わんちゃん チーバくん
        1407origami.jpg

Posted by 三嶋秀san at 10:36 | イベント記録 | この記事のURL | コメント(0)
1404 IPCC情報 [2014年04月26日(Sat)]
IPCC第5次評価報告書 第1作業部会の概要
 1)気候システムの温暖化には疑う余地はない
  気温、海水温、海水面水位、雪氷減少などの観測事実が強化され
  温暖化していること。
 2)人間の影響が20世紀半ば以降に観測された温暖化の支配的な要因で
  あった可能性が極めて高い(95%以上)
 3)今世紀末までの世界平均気温の変化は0.3〜4.8℃の範囲に、
  海面水位の上昇は0.26〜0.82mの範囲に入る可能性が高い。
 4)気候変動を抑制するには、温室効果ガス排出量の抜本的かつ持続的な
  削減が必要。
 5)CO2の累積総排出量とそれに対する世界平均地上気温の応答は、
  ほぼ比例関係。
  最終的に気温が何度上昇するかは累積総排出量の幅に関係する。

2013年12月のIPCC報告書の概要
 第1章 観測事実
 第2章 温暖化の要因
 第3章 将来予測
 (将来の気温・香水・海・雪永圏・極端現象などの予測が掲載)
       1312IPCC概要PDF

2014年3月に横浜で開催された「IPCC第38回総会」の温暖化対策パンフレット
 1.地球温暖化が描く、私たちの未来予想図
 2.どうして「地球温暖化」はおこるの?
 3.今、私たちにできることは何でしょう?
       1403温暖化対策パンフレットPDF
Posted by 三嶋秀san at 10:58 | 情報・資料 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ