CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
20期生の紹介〜ヨンテン・ジャムソンさん(ブータン)〜 [2018年11月30日(Fri)]
ブータン初の研修生、ヨンテンさんの紹介です。
首都ティンプーで障害者団体の有給職員としてバリバリ働くブータンの若きエースです。ぴかぴか(新しい)

DSC00999.JPG
いつも礼儀正しく、真面目で好青年なヨンテンさん。

ヨンテンさん曰く、ブータンには視覚障害者の団体がまだないだとか。
そうした背景から、ブータンでも作りたい!という思いで本事業に応募しました。
所属団体であるブータン障害者協会では、渉外係として国内の障害者団体や
政府関係者、海外ドナーとの連絡・調整を行ったり、
啓発事業の企画・実施の補助を行ったりしています。

将来の抱負を聞いてみました。
「障害種別を超えた関わりの機会をもっと増やしたい!」
「障がい者の選挙の投票の環境を整えたい!!」
「ブータンの物理的・情報アクセシビリティを改善したい!!!」
などなど…。
熱く熱く語ってくれました。晴れ


そんなヨンテンさんですが、趣味はブータンの伝統楽器を弾くことです。

ブータンには、ヤンチェ(Yangchen)という日本で言う琴のようなものや、
Dramngenというギターのようなものがあるようですが、日本には持ってこられなかったそうで、
リム(Lim)という竹で作られたフルートを持ってきたそうです。カラオケ
皆さん、ヨンテンさんの演奏に聞きに、ぜひ本人に会いにいらして下さい。


★ヨンテンさんについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ。
★ヨンテンさんの日記を読みたい方はコチラへどうぞ。
20期生の紹介〜ミョ―・ミン・タッさん(ミャンマー)〜 [2018年11月27日(Tue)]
今期研修生の最年少(先月で20歳!)であるミョーミンさんの紹介です。わーい(嬉しい顔)
ミャンマー・ヤンゴンから来たミョーミンさんは、大学で歴史を学びつつも、エデン障がい児センターという障がい児支援施設でボランティアをしています。手(チョキ)


DSC00765.JPG
何事にも好奇心旺盛なミョーミンさん。

現在、日本語のクラスで精力的に日本語を学んでいますが、手話にも興味津々なミョーミンさん。
聞けば、ミャンマーにいた時に、当時通っていた障がい者向けの英語クラスで、手話を使う聴覚障がい者と会い、コミュニケーションができなかったのがはがゆく、それがきっかけで手話に関心を持ったようです。
現在は、ろう研修生が学んでいる日本手話のクラスに週に3回ほど参加しています。

ミョーミンブログ.png
スニタさん、ユキさんと一緒に日本手話を学んでいる様子。
分からない時、隣にいるろう研修生2人も横で教えてくれるとか。

そんなミョーミンさんですが、趣味は、写真と読書。
読書は、歴史書が好きで、日本の江戸時代の歴史にも興味があるようです。
写真は花や景色を撮るのが好きで、これまでに代々木公園や新宿御苑などに行って楽しんだそうです。
(しかも、代々木公園は車いすで片道2時間かけて行ったという行動力にビックリexclamation
「今度は六義園に行きます!」とウキウキしながら話してくれました。

将来無限の可能性が感じられる人です。晴れ
皆さま、ぜひぜひお声掛け下さい。


★ミョーミンさんについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ
★ミョーミンさんの日記を読みたい方はコチラへどうぞ。
パクチャノさん(韓国:第3期生)が来てくれました! [2018年11月26日(Mon)]
韓国で自立生活運動のリーダーとして活躍しているパクチャノさん、現在、日本に滞在していて、リハ協まで来てくれました。
DSC00866.JPG
パクチャノさんから、来日している20期生たちに日本での研修のこと、日本語・手話の勉強が大切なことなど、ご自身の経験を分かりやすく伝えてくれ、20期生たちもパクチャノさんの言葉をしっかりと受け止めていました。
DSC00867.JPG
韓国では障害者の介助制度や障害等級、脱施設化などなど課題はたくさんあり、やるべきことが山積しているそうです。日本でゆっくり過ごした後、さらなるパクチャノさんの活動に期待しています!!
ラフィさん(フィリピン:第2期生)がやって来た! [2018年11月23日(Fri)]
11月20日に、ラフィさんが遊びに来てくれました。
今回の来日は、開校10周年を迎えた明晴学園さんのお招きだったそうです。
IMG_7666.jpg

ラフィさんは現在、ギャローデット大学で手話の分析方法などを学んでおり、
2022年にフィリピンに帰国予定です。
フィリピンといえば、「フィリピン手話法」が成立されたばかりですが
ラフィさんが研修生時代に掲げていた夢は・・・
かわいいフィリピン手話の分析を行うこと
かわいいフィリピン手話を世に広めること・・・でした。
なんと!全ての夢が叶っていたことに改めて気付き、
喜びを隠せないラフィさんでした。

また、来日する機会があれば、是非立ち寄ってくださいねるんるん


現役ろう研修生と話をしているラフィさん。
IMG_7663.jpg
日本人のろう者との積極的な交流が手話上達の鍵であり、
個別研修に関する情報を収集するチャンスにもなると
先輩ならではのアドバイスをしてくれました。
現役生もラフィさんにたくさん質問をしていましたよ。
20期生の紹介〜ハラシニ・サウバーギャ・ユキ・ガマティゲさん(スリランカ)〜 [2018年11月20日(Tue)]
現役研修生2人目・ユキさんの紹介です。
スリランカ・コロンボのpannipitiyaから来た難聴の研修生です。わーい(嬉しい顔)

DSC00757.JPG
目がくりっとしてチャーミングなユキさん

来日前までスリランカの公立のろう学校で、小学生に英語を教えていました。
実はユキさん、日本で生まれて4歳まで千葉県の船橋で育ちました。exclamation
どうりで、名前が日本人っぽいわけですね。
スリランカでは雪がないので、雪に対する憧れからご両親が名前を付けたそうです。

ユキさんに幾つか質問してみました。

Q. 趣味は何ですか?
A. 小説を読むこと、ダンスをすること、旅行、バトミントン

Q. 日本で好きな場所は?
A. 生まれ故郷の千葉県。
  特に船橋と言っていましたが、今年9月に来日して以降まだ行っていないよう。
  それでも好きな場所として挙げるのは、幼い時の楽しかった記憶がまだあるのでしょうか。
  ちなみに幼稚園の時の友達と会うため市川には行ったそうです。

Q. 教師を目指すきっかけは?
A. 大学入学前に将来を考えたときに、人の助けるような仕事に関心があったこと、
  そして自分が学んだ知識を共有できる仕事は何かと考えた時に、 教職だと思ったそうです。
  ちなみに教職で楽しかったことを聞いてみると、授業前の教材作りだったようです。
 
★ユキさんについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ
★ユキさんの日記を読みたい方はコチラへどうぞ。
20期生の紹介〜スニタ・タパさん(ネパール)〜 [2018年11月13日(Tue)]
現役研修生の紹介です。わーい(嬉しい顔)
1人目はスニタ・タパさん。ネパールから来た26歳のろう研修生ですぴかぴか(新しい)

ブログ.jpg
(いつも笑顔が素敵なスニタさん)

シャンジャ群という首都カトマンズから西に車で約8時間(飛行を使っても2時間半ぐらいかかるらしい)に住み、製薬会社で働きながら、シャンジャろう協会で会員として活躍していました。

ちなみにスニタさんの苗字である「タパ」は、マガール族(ネパールの山岳地域に居住する民族の1つ)を表すだとか。

来日後の日本の印象を聞いていました。
Q.日本とネパールの文化の違いで何か感じたことはありますか?
A.日本人は時間をきちんと守る!

Q.好きな日本食は?
A.寿司、オムライス

Q.苦手な日本食は?
A.牛肉(宗教上の理由のため)

12月中旬から集団研修が始まります。
集団・個別研修等でお世話になる方々、どうぞよろしくお願い致します。

★スニタさんについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ
★スニタさんの日記を読みたい方はコチラへどうぞ。

=======
ダスキン20期生が毎日書いている日記を抜粋してHPに掲載しています。
こちらもどうぞご覧ください。
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/index.html
*「第20期研修生」から、日記を読みたい研修生の顔をクリックし、研修生の顔写真の下にある「○○の日記(○○の中には各研修生の名前が入ります」ボタンを押すとご覧いただけます。


名古屋シティハンディマラソンA20期生とAJUそしてダイホウグループとの交流会、とっても楽しめました。 [2018年11月12日(Mon)]
20期ダスキン研修生の蘇楠(ソナン)です!
前回報告した名古屋シティハンディマラソン@の続きです。私と研修生のミョーミンさんとヨンテンさんは、10月7日に、AJU主催の交流会に招待いただきました!ヽ(^o^)丿

1 (800x600).jpg

AJU自立の家は名古屋にある自立生活センターで、今回のシティハンディマラソンの運営団体でもあります。マラソンと募金活動の打ち上げとして、食事会が開かれました。

2 (800x600).jpg

交流会会場には、研修生それぞれの国の言語で書かれたウェルカムメッセージ、そしてあふれるようなグルメ。さらに、AJU全員で盛り上がった歌や踊りでの大歓迎!

3 (800x600).jpg
<手厚いおもてなしをいただき、私たち三人も、学んだばかりの日本語でありがたい気持ちを頑張って伝えました>

4 (800x600).jpg

楽しかった名古屋研修も、いよいよ最終日。10月8日、私たちとマラソン大会の招待選手は、シティハンディマラソンの特別協賛のタイホウグループが開いてくれた送別会に招待いただきました。たのしい食事会の際に、みんなタイホウグループが撮影して下さった記念の記録映像を見ながら、マラソン大会の思い出を振り返って、自分の感想を語り合いました。

5 (800x600).jpg

盛り上がった雰囲気の中で、私たちはお料理とお喋りを楽しめて、だんだんマラソンの疲れを忘れ、元気を取り戻しました。心のこもったおもてなしのおかげで、三連休の後も引き続き研修に頑張れると思いました。このような機会を与えて下さったAJU自立の家、タイホウグループ、ボランティアの皆様、その他関係者の皆様、本当にありがとうございました。

6 (800x600).jpg
<タイホウグループの小野代表さまを中心にスタッフの方々、マラソン参加者と記念撮影>
名古屋シティハンディマラソン@マラソンと街頭募金活動で活躍! [2018年11月09日(Fri)]
はじめまして、20期ダスキン研修生の蘇楠(ソナン)です!
10月7日、私と研修生のミョーミンさんとヨンテンさんと一緒に、「名古屋シティハンディマラソン」大会に出場しました。お出かけ日和でした(*^_^*)
次の写真は当日、出走前の私たち三人の写真です。
IMG_0156 (800x600).jpg
<向かって左端から台湾代表・ソナン(私)、ブータン代表・ヨンテンさん、ミャンマー代表・ミョーミンさん>

このハンディマラソン大会は「完全参加と平等」をテーマとし、障害の有無にかかわらず、数百人の選手が名古屋テレビ塔周辺を駆け抜けました。私たちもボランティアさんの協力で、電動車いす、介助つき車いす、その他障害(視覚障害他)などの組に分かれて、みんなと一緒に800mのレースを完走しました。
2 (800x600).jpg
<20期生と招待選手一同>

3 (800x600).jpg
<準備万端!>

4 (800x600).jpg
<出発前のヨンテンさんと誘導を担う地元高校生のボランティアさん>

ボランティアさんは「外国の人と交流できる良い機会なので参加を希望した」と言ってくれました。

5 (800x600).jpg
<走れ!>

6 (800x600).jpg
<ほかの招待選手とともに、閉会式で「敢闘賞」を授与されました>

このハンディマラソン大会おかげで、私たちは共生社会に向けた活動の取り組みとスポーツ大会の情熱さを実感させていただきました。

7 (800x600).jpg
<名古屋・栄の三越前にて>

マラソン大会後、私たち研修生三人は、名古屋の繁華街・栄の三越前でAJUとアジア障害者支援プロジェクト(AADP)の方々と一緒に、アジアの障害者に車いすを贈るための募金活動をしました。
通りかかる人々の前でお金を集めるのは、最初に恥ずかしさを感じ、どんな言葉で話しかけ始めたらいいか分かりませんでした。ですが、アジアの障害者に車椅子を送るという目標を念頭に置いて、AJUとリハ協の先輩の後押しで、私達三人は、少しずつ自分の恥ずかしさを克服して、どんどん声を上げて呼び掛けができるようになりました。

8 (800x600).jpg
<ご協力よろしくお願いしまーす>

私たち以外、ほかにも2チームが違う場所で街頭募金を実施しました。全部あわせて、なんと1時間弱で4万円以上の募金が集まりました!(^^♪
義援金と励ましの言葉をくださった皆様、誠にありがとうございました!