CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台湾のリンさん、TV番組出演 | Main | スキー研修 1日目»
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
1月の集団研修はじまりました。 [2018年01月11日(Thu)]
皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年も研修生共々、どうぞよろしくお願い致します。

さて、先週の金曜日から集団研修が始まりました。


9日と10日は、虐待防止ワークショップを行いました。
講師は、DPI日本会議権利擁護センターの五位渕さんとJSRPDの光岡です。

9日は、虐待の性質や種類をロールプレイを通して学び、
次の日は研修生自身の経験や自分たちの身近で起きた虐待の事例を共有し、
そして虐待防止啓発を目的とした寸劇を作りました。 

最初こそ意見が少なかったですが、
研修生が自分たちで場面を設定し、配役を決め、そして練習する中で、積極的に意見を出し合い、楽しく、でも重要なところはしっかりと話し合って決めていました。

以下の写真は、実際に作っている時の様子です。るんるん

アナムクリッシュラクシミ話合い中.JPG
(場面設定を話合っている3名)

ルーソロンゴ練習中.png
(ソロンゴさん演じる家庭内虐待を受けた主役のろう者が家を飛び出し、途方に暮れているところに、ルーさん演じる同じろう者が相談に乗っているシーンの練習)

ラクシミアナムソロンゴ練習中.png
(ルーさん演じる相談者の勧めで虐待相談所に行き、主役演じるソロンゴさんの相談に乗る相談員にアナムさん、ラクシミさん。前回の集団研修で学んだピアカウンセリングの要素もしっかり入っています手(チョキ)

終わった後の研修生の感想として、今までこのような啓発を目的とした寸劇を作ったことがあるけど、今回初めて違う障がいの人と一緒に作れて、違う障がいの特性など理解することができて良かったとのこと。

これもクロスディサビリティの学びですねexclamation

今週末はスキー研修です。雪スキーの話はまた後ほどわーい(嬉しい顔)


=======
ダスキン19期生が毎日書いている日記を抜粋してHPに掲載しています。
こちらもどうぞご覧ください。
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/trainee/index.html
*「第19期研修生」から、日記を読みたい研修生の顔をクリックし、研修生の顔写真の下にある「○○の日記(○○の中には各研修生の名前が入ります」ボタンを押すとご覧いただけます。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1330818

コメントする
コメント