CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業の招聘事務局です。
日々の出来事や卒業生の動向などを載せていきます。
日々と言いつつ、更新はゆったりめですが、ご容赦を・・・
現在来日中の研修生紹介はこちら!
20期生の紹介〜スニタ・タパさん(ネパール)〜 [2018年11月13日(Tue)]
現役研修生の紹介です。わーい(嬉しい顔)
1人目はスニタ・タパさん。ネパールから来た26歳のろう研修生ですぴかぴか(新しい)

ブログ.jpg
(いつも笑顔が素敵なスニタさん)

シャンジャ群という首都カトマンズから西に車で約8時間(飛行を使っても2時間半ぐらいかかるらしい)に住み、製薬会社で働きながら、シャンジャろう協会で会員として活躍していました。

ちなみにスニタさんの苗字である「タパ」は、マガール族(ネパールの山岳地域に居住する民族の1つ)を表すだとか。

来日後の日本の印象を聞いていました。
Q.日本とネパールの文化の違いで何か感じたことはありますか?
A.日本人は時間をきちんと守る!

Q.好きな日本食は?
A.寿司

Q.苦手な日本食は?
A.刺身
 牛肉(宗教上の理由のため)

12月中旬から集団研修が始まります。
集団・個別研修等でお世話になる方々、どうぞよろしくお願い致します。

★スニタさんについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ
★スニタさんの日記を読みたい方はコチラへどうぞ。

=======
ダスキン20期生が毎日書いている日記を抜粋してHPに掲載しています。
こちらもどうぞご覧ください。
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/index.html
*「第20期研修生」から、日記を読みたい研修生の顔をクリックし、研修生の顔写真の下にある「○○の日記(○○の中には各研修生の名前が入ります」ボタンを押すとご覧いただけます。


名古屋シティハンディマラソンA20期生とAJUそしてダイホウグループとの交流会、とっても楽しめました。 [2018年11月12日(Mon)]
20期ダスキン研修生の蘇楠(ソナン)です!
前回報告した名古屋シティハンディマラソン@の続きです。私と研修生のミョーミンさんとヨンテンさんは、10月7日に、AJU主催の交流会に招待いただきました!ヽ(^o^)丿

1 (800x600).jpg

AJU自立の家は名古屋にある自立生活センターで、今回のシティハンディマラソンの運営団体でもあります。マラソンと募金活動の打ち上げとして、食事会が開かれました。

2 (800x600).jpg

交流会会場には、研修生それぞれの国の言語で書かれたウェルカムメッセージ、そしてあふれるようなグルメ。さらに、AJU全員で盛り上がった歌や踊りでの大歓迎!

3 (800x600).jpg
<手厚いおもてなしをいただき、私たち三人も、学んだばかりの日本語でありがたい気持ちを頑張って伝えました>

4 (800x600).jpg

楽しかった名古屋研修も、いよいよ最終日。10月8日、私たちとマラソン大会の招待選手は、シティハンディマラソンの特別協賛のタイホウグループが開いてくれた送別会に招待いただきました。たのしい食事会の際に、みんなタイホウグループが撮影して下さった記念の記録映像を見ながら、マラソン大会の思い出を振り返って、自分の感想を語り合いました。

5 (800x600).jpg

盛り上がった雰囲気の中で、私たちはお料理とお喋りを楽しめて、だんだんマラソンの疲れを忘れ、元気を取り戻しました。心のこもったおもてなしのおかげで、三連休の後も引き続き研修に頑張れると思いました。このような機会を与えて下さったAJU自立の家、タイホウグループ、ボランティアの皆様、その他関係者の皆様、本当にありがとうございました。

6 (800x600).jpg
<タイホウグループの小野代表さまを中心にスタッフの方々、マラソン参加者と記念撮影>
名古屋シティハンディマラソン@マラソンと街頭募金活動で活躍! [2018年11月09日(Fri)]
はじめまして、20期ダスキン研修生の蘇楠(ソナン)です!
10月7日、私と研修生のミョーミンさんとヨンテンさんと一緒に、「名古屋シティハンディマラソン」大会に出場しました。お出かけ日和でした(*^_^*)
次の写真は当日、出走前の私たち三人の写真です。
IMG_0156 (800x600).jpg
<向かって左端から台湾代表・ソナン(私)、ブータン代表・ヨンテンさん、ミャンマー代表・ミョーミンさん>

このハンディマラソン大会は「完全参加と平等」をテーマとし、障害の有無にかかわらず、数百人の選手が名古屋テレビ塔周辺を駆け抜けました。私たちもボランティアさんの協力で、電動車いす、介助つき車いす、その他障害(視覚障害他)などの組に分かれて、みんなと一緒に800mのレースを完走しました。
2 (800x600).jpg
<20期生と招待選手一同>

3 (800x600).jpg
<準備万端!>

4 (800x600).jpg
<出発前のヨンテンさんと誘導を担う地元高校生のボランティアさん>

ボランティアさんは「外国の人と交流できる良い機会なので参加を希望した」と言ってくれました。

5 (800x600).jpg
<走れ!>

6 (800x600).jpg
<ほかの招待選手とともに、閉会式で「敢闘賞」を授与されました>

このハンディマラソン大会おかげで、私たちは共生社会に向けた活動の取り組みとスポーツ大会の情熱さを実感させていただきました。

7 (800x600).jpg
<名古屋・栄の三越前にて>

マラソン大会後、私たち研修生三人は、名古屋の繁華街・栄の三越前でAJUとアジア障害者支援プロジェクト(AADP)の方々と一緒に、アジアの障害者に車いすを贈るための募金活動をしました。
通りかかる人々の前でお金を集めるのは、最初に恥ずかしさを感じ、どんな言葉で話しかけ始めたらいいか分かりませんでした。ですが、アジアの障害者に車椅子を送るという目標を念頭に置いて、AJUとリハ協の先輩の後押しで、私達三人は、少しずつ自分の恥ずかしさを克服して、どんどん声を上げて呼び掛けができるようになりました。

8 (800x600).jpg
<ご協力よろしくお願いしまーす>

私たち以外、ほかにも2チームが違う場所で街頭募金を実施しました。全部あわせて、なんと1時間弱で4万円以上の募金が集まりました!(^^♪
義援金と励ましの言葉をくださった皆様、誠にありがとうございました!
【第20期生】開講式に向けて [2018年09月24日(Mon)]
第20期生は今、明日の開講式に向けて
猛特訓中です。
さて、何を練習しているのでしょうか?


それは、自己紹介です。
たった1分間のスピーチなのですが、
オール日本語または、オール日本手話で行うことという
条件付きです。

皆さん、伝えたいことはたくさんあるのに、
うまく日本語や日本手話がでてきません。
A94DD356-1BAF-483E-AD97-3C9DD34FA40D.jpeg
原稿を書いてみたり、スタッフに日本語の発音を
確認してもらったり…。

15BE8844-3A40-44EC-B7EB-DB03E6ED3774.jpeg
実際に日本手話を表出してみたり…。

開講式直前まで練習は続きます。
明日は今日よりもずっと上手に発表できそうです!
20期生、全員集合! [2018年09月24日(Mon)]
第20期生5名が揃いました。

5人揃って、初めての記念撮影カメラ
336D4E64-F41D-4525-8D40-8FA97CAF9ED5.jpeg

約10ヶ月間、5人で力を合わせて
頑張りましょう手(グー)
20期生が来日しました!(台湾) [2018年09月24日(Mon)]
第20期生のナンさん(台湾)が来日しました。

A24A5E94-1240-45DD-A3F2-BB8B0E50DCDD.jpeg

これで20期生5名が無事来日を果たしました!
20期生が来日しました!(ネパール、ブータン) [2018年09月24日(Mon)]
第20期生のスニタさん(ネパール)とヨンテンさん(ブータン)が
来日しました。

1D881282-DDCC-4871-915B-D4617734A8B0.jpeg

ヨンテンさんは、タイの空港で風邪を引いてしまったそうで、
少し心配です。
スニタさんは元気いっぱいでした。

残るは、台湾の研修生です。
第20期生が来日しました(スリランカ・ミャンマー) [2018年09月24日(Mon)]
第20期生のユキさん(スリランカ)と
ミョーミンさん(ミャンマー)が来日しました。

E9D087A4-C8F5-4820-8CD3-AEA642D907A4.jpeg
お二人とも緊張や疲れが出ているように見えましたが
それでもカメラを向けると、にっこり微笑んでくれました。

次は、ネパールとブータンの研修生が関空入りします。
The call for applications for the 21st Duskin Leadership Training in Japan has now been closed. [2018年08月09日(Thu)]
The call for the applications for the 21st Duskin Leadership Training in Japan has now been closed.
We would like to thank all applicants for submitting their applications.
We are now in the process of the selection.
The final decision will be officially informed to all applicants by the end of May in 2019.

第21期ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業の応募は8月8日を持ちまして、締切とさせていただきました。ご応募ありがとうございました。選考結果は、2019年5月末までに応募者にご連絡致します。
Deadline for call for the 21st Duskin Leadership Training in Japan is just around the corner! [2018年08月01日(Wed)]
For those who are interested in applying for the 21st Duskin Leadership Training in
Japan, please check out qualifications of applicants first.
Application guidance and application form are downloadable from the following website.
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/english/apply/application.html

The deadline is August 8, 2018.
(If you are posting your application form, it needs to be postmarked on or before
August 8)

We are looking for receiving your application form.

Duskin Leadership Training in Japan
c/o Japanese Society for Rehabilitation of Persons with Disabilities (JSRPD)
1-22-1 Toyama. Shinjuku-ku. Tokyo 162-0052. Japan
E-Mail : duskin_training (at) dinf.ne.jp
*Change (at) with @

This program is designed for young persons with disabilities living in Asia and
the Pacific who have the willingness and the potential to become leaders in
their communities and to work for persons with disabilities.
To find out more information, please visite http://www.normanet.ne.jp/~duskin/english/index.html

===============
21期応募にご関心のある方は、応募要件をご確認下さい。
応募要項および応募用紙は下記のウェブサイトよりダウンロードが可能です。
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/english/apply/index.html (英語)

21期の応募申込の締め切りは2018年8月8日です。
(郵送の場合は当日消印有効)

皆様の応募をお待ちしております。

本事業は、アジア太平洋地域に居住している若い障害者を対象としており、日本での
約10カ月間の研修機会を通して、彼らに日本の福祉の現状を学び、自己研鑽に励む機会
を提供することを目的としております。
アジアのお知り合いの方がいらっしゃいましたら、是非ご案内いただけますようお願
い申し上げます。本事業につきましては、こちらのページをご参照頂けますと幸いです。
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/our-program/index.html(日本語)

ご不明な点等ございましたらお問い合わせください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

問い合わせ先:
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
企画研修部 研修課
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
E-mail:duskin_training (at) dinf.ne.jp
*(at)は@に置き換えてご連絡ください。

the 21st Duskin Leadership Training in Japan.png
| 次へ