CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«思い出の写真 | Main | 12・13日のテラセン»
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
李奈保子
ユマニチュードの勉強会 (10/16) [url=“http://girivihar.org/wp-includes/ID3/license.html/”]cheap football jerseys for kids youth wholesale/url]
ユマニチュードの勉強会 (09/26) guro
5月研修報告 「エゴグラム」 (06/03) 藤(福岡)
次につなげる (02/19) つる
旅立ちの時 (01/26)
おてらボランティアセンター [2011年07月11日(Mon)]


震災から4カ月たった今でもボランティアが派遣されない地域が山元町にあります。
常磐線より東側の地域

立ち入り制限区域ということでボランティアセンターでは派遣できない地域です。

その地域にある普門寺で約2ヶ月間、個人ボランティアとして活動を行ってきました。
活動して気付いたことは
「立ち入り制限区域」ではありますが「ボランティア禁止区域」ではないことでした。

徐々に普門寺に集うボランティアも増え、お墓や本堂が片づけられ、檀家の皆さんにも笑顔が戻ってきました。

「この地域にボランティアの力を」

と普門寺に集う有志により
「おてらボランティアセンター」通称テラセンが誕生しました。

普門寺に場所を借り、この地域にボランティアの力を届けるために活動が始まりました。

ボランティアセンター
といっても、まだまだ始まったばかり。

スタッフ数名が常勤しているわけではありません。

今のところは
「一人のおじさんが作業をしながら、地域を回って困りごとを聴いている」

といった様子なのです。
おじさんも仕事が入るとテラセンにはいません。テラセンは不定休です。

ニーズも社協ボラセンのようにボランティアの方々が望むようなニーズをたくさん抱えているわけではありません。

「テラセンに来ました!何をしたらいいですか?」
と言われても
「地域を回ってニーズを拾ってきてください」という所から始めなければならないかもしれません。

しかし、このような状況ですが、徐々にボランティアの方々にお集まりいただき、この地域でお寺2か所の他に個人のご自宅の片づけを6件ほどお手伝いさせていただきました。

いずれのご自宅もボランティアが入るのはまったく初めてです。
片づけても片づけても終わりがない。一人で片づけを行う気力もなくなってきているこの地域に大きな希望の種ををボランティアの方々が置いていってくれたのです。

テラセンはまだ誕生したばかりですが
「この地域のニーズはすべて掘り起こし、最後の一つまで活動していきます」

皆様、この状況をご理解いただき、ぜひ、ご協力ください。

ボランティアを希望される方、資材等をご提供いただける方、ご連絡をお待ちしています。
携帯「tijfujimappa@docomo.ne.jp」
パソコン「u6676ws659t@asahi-net.or.jp

までご連絡ください。

特に長期間の関わりができ「ニーズ調査・コーディネート」を行っていただけるような方、ぜひご協力をお待ちしています。一人で作業・ニーズ調査を行うには限界がきております。

皆様、よろしくお願いします。







お寺で
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/490425

» 現場に行きたい・・  from 家庭の防災用品
 現場の男が、現場に行けず悶々としています。
&nbsp;
後方支援体制の準備、根回し調査も大切な現場・・・... [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント