CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10月研修 「ポジショニング・シーティングについて | Main | 12月吸引研修 「重曹としみ抜き」»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
李奈保子
ユマニチュードの勉強会 (10/16) [url=“http://girivihar.org/wp-includes/ID3/license.html/”]cheap football jerseys for kids youth wholesale/url]
ユマニチュードの勉強会 (09/26) guro
5月研修報告 「エゴグラム」 (06/03) 藤(福岡)
次につなげる (02/19) つる
旅立ちの時 (01/26)
11月研修報告 「バイタルと整容」 [2013年12月20日(Fri)]
11月の研修は「バイタルと整容」についてです。
体温・血圧・脈拍・酸素飽和度(SPO2)のバイタルチェックと、口腔ケア・耳かき・爪切りの整容行為について学びました。
バイタルチェックは日常の体調管理の目安となるものです。高齢者の方は、発熱すると脱水症状を引き起こしやすいので、脱水のサインを見落とさないためにも日頃からバイタルチェックをしていくことを確認しました。
整容行為については、普段介助で行っている口腔ケア(歯磨き)、耳かき、爪切りについてです。虫歯菌は、歯を蝕むだけではなく、血管に入り全身に行き渡り、頭痛・肩こり・誤嚥性肺炎・胃炎・胃潰瘍・胃がん・動脈硬化・糖尿病の原因になること。そのために、歯間ブラシやデンタルフロスなども使用すること。虫歯を防ぐ魔法の液体は「唾液」であり、口臭予防にも効果があります。唾液が少ない起床後が一番口の中が汚いので、朝起きたらまず歯を磨くこと。歯磨き粉の注意事項や唾液分泌マッサージについても学びました。耳かきについては、余分な耳垢は自浄作用によって、耳介に自然と排出されるため、原則としてはあまりいじらないほうがいいこと。耳かきをする場合は、1p以上入れないこと。耳垢を除去しようとして、逆に耳垢を奥に押し込んでしまい、かゆみ・難聴・耳鳴り・めまいなどを起こしてしまう(耳垢塞栓)ことがある。強くこすってしまったり、奥に入れすぎてしまい外耳道や鼓膜を傷つけてしまう(外耳炎など)ことに気を付けることを学びました。
バイタルチェックや整容行為など、普段から行っているものですが、注意しなければならないことが多いことに気づきました。いつも行っている行為だからこそ体調の変化に早く気づくことができる、その意識を改めてしっかり持っていきましょう!

CIMG0013.JPG


佐々木
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント