CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ドリームマップ日和☆

ドリームマップは、あなたの夢を描き、人生を豊かにするためのツールです。
ドリームマップのワークショップでは、まずは、あなたの心の中にある本質を見つけ、整理するところから始めます。
そして見つけた夢をビジュアル化し、より具体的なイメージにしていくことで、夢や志の実現、ビジョン、目的の達成に向けた行動につなげます。

ドリームマップ
Dream Mapレジスタードマーク は、一般社団法人ドリームマップ普及協会の登録商標です。
※「ドリームマップ」を騙るニセモノにご注意ください。


【ドリームマップファシリテーター養成講座】お申込み受付中!
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ドリームマップファシリテーターの「クレド」 [2018年06月02日(Sat)]
ドリームマップファシリテーター
「クレド」をベースに行動します。

1. 私たちは、参加者が夢を自由に!大胆に!描くお手伝いをします♪ 

2. 私たちは、参加者と接する時「待つ・聴く・受け止める」3つの姿勢を守ります♪

3. 私たちは、参加者の想いを肯定し、のびのび発言できる場をつくります♪

4. 私たちは、参加者の周りに夢を応援してくれる仲間を引き寄せます♪

5. 私たちは、参加者に夢を持って行動している姿を示します♪

32336709_1263615173773856_6743481057133199360_n[1].jpg

あなたも、ドリームマップファシリテーターの仲間になりませんか?
詳しくは→コチラ

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ・ドリームマップについてはコチラから

かわいいドリームマップレジスタードマークのファシリテーターの資格取得
養成講座についてはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいいLINE@お友だち登録はコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 11:14 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドリームマップ普及協会のホームページが新しくなりました! [2018年03月01日(Thu)]
今日から3月。
春は気分を一新したくなりますね!

ドリームマップ普及協会のホームページも、より分かりやすくリニューアルぴかぴか(新しい)いたしました!

新サイトはコチラ↓↓↓
https://dream-map.co.jp/
(URLも変更になっていますので、お気に入りに登録してくださいねるんるん

「ワンデイ・ドリームマップ」ワークショップの日程はもちろん、
ドリームマップファシリテーター養成講座についても一目で分かるようになっていますぴかぴか(新しい)

かわいいワンデイ・ドリームマップ→コチラ

かわいいドリームマップファシリテーター養成講座→コチラ

これからもドリームマップ普及協会は進化を続けてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
https://dream-map.co.jp/


気球イメージ.jpg

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ・ドリームマップについてはコチラから

かわいいドリームマップレジスタードマークのファシリテーターの資格取得
養成講座についてはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 14:24 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます!2018年もよろしくお願いいたします♪ [2018年01月05日(Fri)]
あけましておめでとうございます!

皆さま、お正月はどんな風に過ごされましたか?
気持ちも新たに、今年の抱負などを考えた方も多いかもしれませんね。

1月4日、名古屋では穏やかな快晴の中、新春初のワンデイ・ドリームマップ講座!

26167392_1178373628964678_5723860085665468713_n[1].jpg

”大きい小さいや、できるできないは関係なく、そのことを考えるとワクワクして思わず動き出したくなること”
で描くドリームマップ。

何歳になっても、それまでに歩んできた自分の人生も含めて愛し、自分で自分のことを抱きしめ、これが私にとってのHappy揺れるハート
を知って歩んでいける。

そんな大人があふれる社会になるように。
また一歩、そんな社会に近づいたと、
この1年を振り返った時に思えるように。

”私らしい夢がつなげる 今と未来のPeace & Happiness”

~自利と利他の視点で夢を描き、イキイキと歩みながら、人生を深く味わう人があふれる社会を目指します~

ドリームマップ普及協会は、2018年も皆さまと共に夢に向かって歩んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ講座開催日程と会場はコチラから

かわいいドリームマップレジスタードマークのファシリテーターの資格取得
養成講座スケジュールはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 07:27 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【お知らせ】一般社団法人ドリームマップ普及協会 7期体制のご報告 [2017年12月23日(Sat)]
日頃は格別のご支援・ご協力を賜り、心から御礼申し上げます。

さて、2012年に設立された一般社団法人ドリームマップ普及協会は、おかげさまで7期をスタートいたしました。
理事の改選があり、また新たな気持ちでみなさまと共に歩んでまいりたいと存じます。→協会概要

新しい協会のビジョンは、

”私らしい夢がつなげる 今と未来のPeace & Happiness”

~自利と利他の視点で夢を描き、イキイキと歩みながら、人生を深く味わう人があふれる社会を目指します~

“私らしい”と思える、その人だけの夢。それが未来だけでなく、今この時にもPeaceとHappinessをもたらし、“今”を生きる人たちがつながって、未来へ向かっていくとの想いを込めています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


新しく代表理事となりました三輪裕子よりご挨拶させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2020年、東京オリンピックに向けて、様々な場所で”夢“という言葉を目にすることが増えました。

でも、そもそも“夢”ってなんなのでしょうか。
オリンピックで金メダルを獲るような、限られた人しかたどり着けない、壮大なもの?
○○の仕事をしたい、といったような、子どもの特権?
「いつまでも夢みたいなこと言ってるんじゃないよ」と言われちゃうようなこと?
はたまた、夜寝ている時に見るもの?

ドリームマップ普及協会では、”夢”をこんな風に考えます。
『そのことを考えると、ワクワクして思わず動き出したくなること』

皆さんは、“何か心の中に温かいものが湧き出て、思わず動き出してしまった”、そんな経験をされたこと、ありませんか?

それがどんなことなのかは、本当に人それぞれ。
何かと、誰かと比べて、大きいも、小さいもない。
その瞬間は、できるかどうか、も関係ない。
その人を前向きな気持ちで突き動かしてしまう、そんなことを”夢”と定義しています。

私自身、数年前にドリームマップと出会いました。
初めて作った時は、人生の折り返し地点と言われる年齢を目前にして、これから自分がなにをしたいのか、具体的には出てこず。
その帰り道はモヤモヤとした気持ちが渦巻いていたことを覚えています。
それが。
自分の作ったドリームマップを毎日見ていく中で、様々な自分自身の気持ちに気づき、行動へと背中を押され、ドリームマップの普及にドップリと関わることになり。
気づけば、その時には想像もしなかった、今、に至ります。

ドリームマップ普及協会のビジョンである
「私らしい夢がつなげる 今と未来のPeace&Happiness」
“私らしい”と思える、その人だけの夢。それが未来だけでなく、今この時にもPeaceとHappinessをもたらし、そういう“今”を生きる人たちがつながって、未来へ向かっていくとの想いを込めています。
人生100年時代、という言われるこれから。
益々、こういった“夢”があること、アップデートする機会があること、がそれぞれの100年を実りあるものにしていくのでしょう。

そして、
「自利利他の視点で夢を描き、イキイキと歩みながら人生を深く味わう人があふれた社会を目指す」ために、このドリームマップというツールが広く活用されるよう、このビジョンにご賛同いただいた皆様と共に、一層の普及を進めてまいります。

今後とも、ご支援ご厚情賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人ドリームマップ普及協会
代表理事 三輪裕子

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三輪ちゃんB.jpg

◆ 経 歴

1997年 立命館大学 産業社会学部 発達・福祉コース卒。
大学で人間発達を学び、家族社会学を専攻。
卒業後は社員数6000名の教材販売会社に就職。
乳幼児用教材の訪問営業を経て、CS向上のための子育て支援の部署に立ち上げから参加など、11年勤務。
モンテッソーリ式幼児用教材の活用をキーワードに保護者向けの子育てコーチングを7年間で約3000組に実施。並行して、30代から70代の女性ばかり最大100名のスタッフや新卒社員の研修・育成、チームリーダーの指導にも従事。
出産、育休取得、職場復帰を経て、2人目の出産を機に退職。
自身の転職のためにと、国の職業訓練でパソコンインストラクターの資格を取得。「自分のような子育て中のママの社会復帰をスキル取得の面から応援したい」と職業訓練を受託している民間のパソコン教室に再就職。
インストラクターを経て、当時増加の傾向にあった職業訓練部門のマネージャーとして、訓練内容の企画・講師の育成・運営等マネージメント担当。3拠点6教室だった部門を、3年で10拠点60教室(受講者定員1000名)という規模まで拡大。
チームリーダーやマネージャーとしての経験や、乳幼児を育てる顧客との関わり、失業者の再就職支援など多くの人の人生の変化の場面に携わる中で、「その人自身が自分の中から湧き出てくる意欲をもって、様々なことに取り組める環境やきっかけをいかに作るか。そんな場をどうやって増やすか」と考えていた時にドリームマップに出会う。
2012年、協会設立と同時に認定ドリマ先生になり、このことを更に多くの人に知ってもらいたい、
“子どもに関わる大人が元気になれば、子どもたちがこれから作っていく未来が変わる”、という想いでドリームマップの普及に本格的に携わることを決意し理事、事務局長を歴任。
このたび、一般社団法人ドリームマップ普及協会 代表理事に就任。

プライベートでは、11歳の男の子と9歳の女の子、2児の母。
40歳を過ぎて通い始めた一般社会人のための臨在禅道場では、号の夢遊(むゆう)と呼ばれる。

吾心似秋月 碧潭清皎潔(吾が心 秋月に似たり 碧潭清うして皎潔たり)
代表理事として、心がいつも秋月の如く清く、碧潭のように澄みきっているだろうか、と自分自身に問いながら、多くの方から信頼される協会の体制構築のために、益々精進してまいりたいと思います。


●一般社団法人ドリームマップ普及協会 公式ホームページ 
http://www.dream-map.info


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ講座開催日程と会場はコチラから

かわいい東京・大阪で2018年1月開講!
ドリームマップレジスタードマークのファシリテーターの資格取得
養成講座スケジュールはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 07:45 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドリームマップ普及協会は「寄付月間2017」の賛同パートナーです☆ [2017年11月07日(Tue)]
来月は、いよいよ1年の締めくくり、12月。

12月は、クリスマスやお歳暮、年賀状の準備をしたり、
忙しい中にも身近な人を想い、
心があたたかくなる月。

今年1年の様々な出来事を思い出し、
感謝しながら、
来年への希望に胸をふくらませる月。

そんな12月に、今年も寄付月間2017が始まります!

「欲しい未来へ、寄付を贈ろう。」

そして、

「欲しい未来を、ドリームマップで叶えよう。」

未来の世界は、寄付によってどんな素晴らしい社会が実現しているのでしょうか?
寄付によってどんなふうに人々が幸福になっているのでしょうか?
ご一緒に想像してみませんか?
一人一人の小さな一歩で、未来は変わります。

※寄付月間(Giving December)は、NPO、大学、企業、行政などで寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるために、12月1日から31日の間、協働で行う全国的なキャンペーンです。この寄付月間は、特定の団体への寄付をお願いするものではありません。一人ひとりがこの機会に寄付について考えたり、実際に寄付してみたり、寄付月間についてソーシャルメディアで広げたりすることや、寄付を受ける側が寄付者に感謝して、きちんと寄付の使い道を報告することが進むきっかけにしたいと考えています。
(寄付月間HPより)

23130830_1747982698568106_7470250368413646794_n[1].jpg

寄付月間について詳しくは→コチラ

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ講座開催日程と会場はコチラから

かわいいドリームマップレジスタードマークのファシリテーターの資格取得
養成講座スケジュールはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 08:55 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『熊本震災で被災した子ども達に絵本を贈ろうプロジェクト』最終報告 [2017年07月06日(Thu)]
2016年4月よりみなさまにご協力いただきました『熊本震災で被災した子ども達に絵本を贈ろうプロジェクト』について、理事の若林明子から最終のご報告をさせていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『熊本震災で被災した子ども達に絵本を贈ろうプロジェクト』には、国内国外57名の方から約500冊の絵本が送られ、熊本の14か所の保育園、家庭内保育所、地域の子育て支援団体、小学校に絵本を贈らせていただきました。

13445375_822733424528702_2667307567537705420_n[1].jpg

13510760_822733537862024_6691461231101419636_n[1].jpg
  
詳しくはドリームマップ普及協会公式ブログ「ドリームマップ日和」の過去記事をご覧ください↓

2016年4月26日
熊本地震で被災した子供たちに絵本を贈ろう

2016年5月10日
【熊本の子どもたちに絵本を贈ろう】続々と絵本が届いています!

2016年5月27日
「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」へのご協力ありがとうございます!

2016年6月23日
【熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト】ご報告


また、現金でのご寄付は16名より、総額116,228円となり、阿久根さんが教育コンシェルジュとして勤務する教育相談室の図書コーナーと現在は公民館に開設されているみずべ文庫を運営している中山さんに選書をしていただき、全額を現物寄付させていただきました。

その後の嬉しいお知らせが届きました。
阿久根裕子さんからの写真です。教育相談室に新設された寄贈図書コーナーで、ドリームマップ普及協会からの寄付について紹介していただいています。

19884491_1506731666057111_3605251775750086996_n[1].jpg

              
もう一カ所の本の受け入れ先、中山美香さんからのメールとお写真です。

19702217_1506731839390427_1481029304813271729_n[1].jpg   

19884271_1506731599390451_4991793469316472750_n[1].jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜

「みずべ文庫通信 第4号」でドリームマップさんからのご支援の絵本を特集いたしました。
ラベルと保護テープ貼りの作業が終わり、本棚に並びました。蔵書が少ない文庫なので、子どもたちが新しく並んだら本に集中してしまいます。うれしい光景です。あらためまして、ありがとうございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜

19702019_1506731489390462_6687573247426796354_n[1].jpg
            

3月に、熊本でご協力いただいたみなさまにお会いしたとき、本をそろえてくださった金龍堂の松井達哉さんからは、「発注された本はわくわくするもの、そして唸らせられる選書で楽しかった。これからもドリームマップ普及協会が本を寄付する際は値引きしますよ」とのうれしい提案がありました。

また、熊本のみなさまと引き合わせてくださった野村順子さんからは、「避難所で子どものイベントをするだけではなく、本のコーナーをつくることで、子どもがいることを認識し、許容する気持ちが生まれることが大切」と、経験されたからこその知恵をいただきました。

協会の呼びかけに応えて、寄付をお送りくださった皆さんのお気持ちを、1年の時間がかかりましたが全て熊本に届けることができました。
ドリームマップ普及協会が熊本支援の一端を担えましたことは、本プロジェクトにご参加いただいたみなさま、関心をお寄せくださったみなさま、お力添えいただいたみなさまのお陰です。本当にありがとうございました。
熊本城の修繕には多くの方の関心が寄せられますが、そこに生きる一人一人の生活再建は淡々と続きます。
これからも絵本を通して結んだご縁に想いを馳せ、熊本のみなさまを応援して行きましょう。

『熊本震災で被災した子ども達に絵本を贈ろうプロジェクト』担当理事 
准認定ファンドレーザー 若林 明子
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 07:57 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト】ご報告 [2016年06月23日(Thu)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1
のご報告です!

この私たちの呼びかけに、多くの方が賛同してくださり、
500冊余りの絵本が集まりましたexclamation
このたび、ご縁があった14か所の保育園や小学校に寄贈させていただくことになりました。
子どもたちに絵本の優しくて力強いメッセージが届くことを切に願っております。

●プロジェクトの詳細はコチラ↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620

13445375_822733424528702_2667307567537705420_n[1].jpg

「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう!」と、ドリームマップ普及協会代表理事の秋田稲美の呼びかけから始まったこのプロジェクト。
当初から、名古屋の事務所には郵便やご持参などで連日たくさんの本が届きました!

先日、有志のドリマ先生と共に仕分けして、熊本の14か所の保育園、家庭内保育所、地域の子育て支援団体、小学校に送ることができました。

13466317_822733487862029_2374924524724578486_n[1].jpg

現地の情報を集めて、絵本を必要としている場所とつないでくれた九州のドリマ先生、浦野陽子さん、遠山昌子さん。
全国から(海外から)熊本の子どもたちを想い、本を選び、発送されたドリマ先生や共感してくださった方々。
このプロジェクトをシェアしてくださった方々。

本当にありがとうございました!!

13510760_822733537862024_6691461231101419636_n[1].jpg

子どもたちにも、周りの大人たちにも笑顔がひろがることを祈っています。
もうすぐ届くから待っててくださいね!

13087761_1174941152538933_5026080327146707089_n[1].jpg
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 08:10 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」へのご協力ありがとうございます! [2016年05月27日(Fri)]
「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」に、絵本が300冊近く(以上?)届いております。
ありがとうございます!

13256191_1196535557046159_6350566013985529846_n[1].jpg

お届けいただいた皆さまに御礼のメッセージなどお送りできず、申し訳ありません。
確かに受け取っております。
6月6日の締め切り後、送付先などご報告させていただきます(*^^*)

13315417_1196535563712825_6030991914561350741_n[1].jpg

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 13:23 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【熊本の子どもたちに絵本を贈ろう】続々と絵本が届いています! [2016年05月10日(Tue)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト

続々と、絵本が届いていますexclamation×2
ドイツからも、心からの愛と祈りが詰まったエアメールを受け取りました。

13103512_1182318135134568_4951376680168235037_n.jpg

ありがとうございます!

6月6日が締め切りです。
詳細はこちらをご覧ください↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part.1

絵本:新品もしくは、新品に近いもの

●送り先
〒466-0815
名古屋市昭和区山手通1-17- 1 シャンボール山手A棟204
山手サロン内 一般社団法人ドリームマップ普及協会
TEL 052-853-9719

寄付金:寄付金で絵本を購入し、届けます

●お振込先
三菱東京UFJ銀行
品川駅前支店(588)
普通 0183680
一般社団法人ドリームマップ普及協会

締切:2016年6月6日(月曜日)までに必着

*一旦、名古屋の山手サロンに絵本を集め、
その後仕分けし、被災地の保育園や学校などに
送ります。

*どこに、どのような絵本を贈ったかについては、
一般社団法人ドリームマップ普及協会のブログにて
6月末頃、報告をさせていただきます。
http://blog.canpan.info/dream-map/

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

一般社団法人ドリームマップ普及協会
http://www.dream-map.info/

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 18:15 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1(6月6日締切) [2016年04月26日(Tue)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1
(6月6日締切)

日本政府は4月25日午前、熊本大分両県で相次ぐ地震の激甚災害への指定を閣議で決定しました。

その前日、ドリームマップ普及協会 代表理事の秋田が、「私たちに今できることは何だろう?」それを見極めるために地震から10日目の4月24日(日曜日)に被害の大きい熊本県の益城町を訪れ、熊本城の被害を確認し、熊本市役所やボランティアセンターを視察しました。

13100773_1033346906733061_8208857507121900873_n[1].jpg

その後、熊本の家庭的保育室はぐくみ、熊本市立帯山小学校、熊本市立白山小学校にて地元の保育士でもありドリマ先生の浦野陽子さんと共に絵本の読みきかせ、手遊びなどを通じて被災した子どもたちと触れ合いました。

13094329_1033224456745306_1469688560637889196_n[1].jpg

13100695_1033351100065975_1386982151678277773_n[2].jpg

浦野さんが子どもたちのために用意したのは、あやとり。「あやとりあるけど、いる?」という問いかけに、「あーいるいる。欲しい欲しい」と子どもたちは大喜びし、さっそく「星をつくれるよ」とあやとりに興じました。

また、「絵本を読ませてもらいたい」というボランティアの申し出に、避難所となっている熊本市立帯山小学校では校内放送をかけて参加を促してくださり、読み聞かせボランティアが実現しました。
子どもたちは浦野さんに、「もう一回、もう一回」と繰り返し絵本を読んでほしいとねだっていました。

13082641_1033349003399518_8994433755700850432_n[1].jpg

このような経緯から、ドリームマップ普及協会では「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」を4月25日に開始することにしました。

「たくさんの絵本を送りたい」というのではなく、「心を込めて絵本を贈りたい」と思っています。本の数ではなく、熊本を想う心を集めたいという趣旨です。そういう意図があるので、絵本はできるだけ新品もしくは新品に近いものでお願いします。

あなたの大好きな絵本一冊でもOKです。趣旨に賛同いただけましたら情報の拡散にもご協力ください。よろしくお願いします。

被災地の一日も早い復興と、余震の終息、子どもたちが伸び伸びと遊べる環境が一日も早く整うことを願ってやみません。

13087761_1174941152538933_5026080327146707089_n[1].jpg

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part.1

絵本:新品もしくは、新品に近いもの

●送り先
〒466-0815
名古屋市昭和区山手通1-17- 1 シャンボール山手A棟204
山手サロン内 一般社団法人ドリームマップ普及協会
TEL 052-853-9719

寄付金:寄付金で絵本を購入し、届けます

●お振込先
三菱東京UFJ銀行
品川駅前支店(588)
普通 0183680
一般社団法人ドリームマップ普及協会

締切:2016年6月6日(月曜日)までに必着

*一旦、名古屋の山手サロンに絵本を集め、
その後仕分けし、被災地の保育園や学校などに
送ります。

*どこに、どのような絵本を贈ったかについては、
一般社団法人ドリームマップ普及協会のブログにて
6月末頃、報告をさせていただきます。
http://blog.canpan.info/dream-map/

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

一般社団法人ドリームマップ普及協会
http://www.dream-map.info/

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 06:50 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ