CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ドリームマップ日和☆

一般社団法人ドリームマップ普及協会のブログへようこそ!

ドリームマップとは、直訳すると「夢への地図」。将来なりたい自分の姿をイメージし、台紙の上に写真や文字で表す自己実現のための目標達成ツールです。

ドリームマップ
Dream Mapレジスタードマーク は、一般社団法人ドリームマップ普及協会の登録商標です。
※「ドリームマップ」を騙るニセモノにご注意ください。


【ドリームマップファシリテーター養成講座】お申込み受付中!
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
【熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト】ご報告 [2016年06月23日(Thu)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1
のご報告です!

この私たちの呼びかけに、多くの方が賛同してくださり、
500冊余りの絵本が集まりましたexclamation
このたび、ご縁があった14か所の保育園や小学校に寄贈させていただくことになりました。
子どもたちに絵本の優しくて力強いメッセージが届くことを切に願っております。

●プロジェクトの詳細はコチラ↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620

13445375_822733424528702_2667307567537705420_n[1].jpg

「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう!」と、ドリームマップ普及協会代表理事の秋田稲美の呼びかけから始まったこのプロジェクト。
当初から、名古屋の事務所には郵便やご持参などで連日たくさんの本が届きました!

先日、有志のドリマ先生と共に仕分けして、熊本の14か所の保育園、家庭内保育所、地域の子育て支援団体、小学校に送ることができました。

13466317_822733487862029_2374924524724578486_n[1].jpg

現地の情報を集めて、絵本を必要としている場所とつないでくれた九州のドリマ先生、浦野陽子さん、遠山昌子さん。
全国から(海外から)熊本の子どもたちを想い、本を選び、発送されたドリマ先生や共感してくださった方々。
このプロジェクトをシェアしてくださった方々。

本当にありがとうございました!!

13510760_822733537862024_6691461231101419636_n[1].jpg

子どもたちにも、周りの大人たちにも笑顔がひろがることを祈っています。
もうすぐ届くから待っててくださいね!

13087761_1174941152538933_5026080327146707089_n[1].jpg
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 08:10 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」へのご協力ありがとうございます! [2016年05月27日(Fri)]
「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」に、絵本が300冊近く(以上?)届いております。
ありがとうございます!

13256191_1196535557046159_6350566013985529846_n[1].jpg

お届けいただいた皆さまに御礼のメッセージなどお送りできず、申し訳ありません。
確かに受け取っております。
6月6日の締め切り後、送付先などご報告させていただきます(*^^*)

13315417_1196535563712825_6030991914561350741_n[1].jpg

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 13:23 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【熊本の子どもたちに絵本を贈ろう】続々と絵本が届いています! [2016年05月10日(Tue)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト

続々と、絵本が届いていますexclamation×2
ドイツからも、心からの愛と祈りが詰まったエアメールを受け取りました。

13103512_1182318135134568_4951376680168235037_n.jpg

ありがとうございます!

6月6日が締め切りです。
詳細はこちらをご覧ください↓
http://blog.canpan.info/dream-map/archive/620

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part.1

絵本:新品もしくは、新品に近いもの

●送り先
〒466-0815
名古屋市昭和区山手通1-17- 1 シャンボール山手A棟204
山手サロン内 一般社団法人ドリームマップ普及協会
TEL 052-853-9719

寄付金:寄付金で絵本を購入し、届けます

●お振込先
三菱東京UFJ銀行
品川駅前支店(588)
普通 0183680
一般社団法人ドリームマップ普及協会

締切:2016年6月6日(月曜日)までに必着

*一旦、名古屋の山手サロンに絵本を集め、
その後仕分けし、被災地の保育園や学校などに
送ります。

*どこに、どのような絵本を贈ったかについては、
一般社団法人ドリームマップ普及協会のブログにて
6月末頃、報告をさせていただきます。
http://blog.canpan.info/dream-map/

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

一般社団法人ドリームマップ普及協会
http://www.dream-map.info/

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 18:15 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1(6月6日締切) [2016年04月26日(Tue)]
熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part 1
(6月6日締切)

日本政府は4月25日午前、熊本大分両県で相次ぐ地震の激甚災害への指定を閣議で決定しました。

その前日、ドリームマップ普及協会 代表理事の秋田が、「私たちに今できることは何だろう?」それを見極めるために地震から10日目の4月24日(日曜日)に被害の大きい熊本県の益城町を訪れ、熊本城の被害を確認し、熊本市役所やボランティアセンターを視察しました。

13100773_1033346906733061_8208857507121900873_n[1].jpg

その後、熊本の家庭的保育室はぐくみ、熊本市立帯山小学校、熊本市立白山小学校にて地元の保育士でもありドリマ先生の浦野陽子さんと共に絵本の読みきかせ、手遊びなどを通じて被災した子どもたちと触れ合いました。

13094329_1033224456745306_1469688560637889196_n[1].jpg

13100695_1033351100065975_1386982151678277773_n[2].jpg

浦野さんが子どもたちのために用意したのは、あやとり。「あやとりあるけど、いる?」という問いかけに、「あーいるいる。欲しい欲しい」と子どもたちは大喜びし、さっそく「星をつくれるよ」とあやとりに興じました。

また、「絵本を読ませてもらいたい」というボランティアの申し出に、避難所となっている熊本市立帯山小学校では校内放送をかけて参加を促してくださり、読み聞かせボランティアが実現しました。
子どもたちは浦野さんに、「もう一回、もう一回」と繰り返し絵本を読んでほしいとねだっていました。

13082641_1033349003399518_8994433755700850432_n[1].jpg

このような経緯から、ドリームマップ普及協会では「熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろうプロジェクト」を4月25日に開始することにしました。

「たくさんの絵本を送りたい」というのではなく、「心を込めて絵本を贈りたい」と思っています。本の数ではなく、熊本を想う心を集めたいという趣旨です。そういう意図があるので、絵本はできるだけ新品もしくは新品に近いものでお願いします。

あなたの大好きな絵本一冊でもOKです。趣旨に賛同いただけましたら情報の拡散にもご協力ください。よろしくお願いします。

被災地の一日も早い復興と、余震の終息、子どもたちが伸び伸びと遊べる環境が一日も早く整うことを願ってやみません。

13087761_1174941152538933_5026080327146707089_n[1].jpg

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

熊本地震で被災した子どもたちに絵本を贈ろう Part.1

絵本:新品もしくは、新品に近いもの

●送り先
〒466-0815
名古屋市昭和区山手通1-17- 1 シャンボール山手A棟204
山手サロン内 一般社団法人ドリームマップ普及協会
TEL 052-853-9719

寄付金:寄付金で絵本を購入し、届けます

●お振込先
三菱東京UFJ銀行
品川駅前支店(588)
普通 0183680
一般社団法人ドリームマップ普及協会

締切:2016年6月6日(月曜日)までに必着

*一旦、名古屋の山手サロンに絵本を集め、
その後仕分けし、被災地の保育園や学校などに
送ります。

*どこに、どのような絵本を贈ったかについては、
一般社団法人ドリームマップ普及協会のブログにて
6月末頃、報告をさせていただきます。
http://blog.canpan.info/dream-map/

*:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:**:..。o○ ○o。..:*

一般社団法人ドリームマップ普及協会
http://www.dream-map.info/

Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 06:50 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新年度は心機一転、無料メルマガ登録で、あなたの心に変化を! [2016年03月31日(Thu)]
春ですね!
明日から4月・・・新年度になりますね!

お金もかからず、
心機一転、気分を変えられる方法があります!
それは、ドリームマップ普及協会のメルマガに登録することるんるん

「夢がかなう魔法のドリームマップ」は、
365日毎日、ステキな朝の言葉のプレゼントが、 毎朝7時頃届きます。

例えば、こんな感じ↓↓↓

夢がかなう魔法のドリームマップ*085* (*^_^*)「直観を信じる」
----------------

 理性で、
 お金が無いから。
 時間が無いから。
 と、せっかく働いた直観を 
 封じ込めていませんか?
 直観は、
 あなたを幸せにするために働いています。

----------------

意識することで、日々の行動に変化が表れ、やがて人生も変わるかも!?

「ドリドリ通信メール版」は、
月に2回、ドリームマップ情報を最新情報をお届けしています。
え、ドリームマップってそんな活動もしているの??びっくりな情報も満載ひらめき
密かにファンだとおっしゃってくださる方が多いメルマガです揺れるハート

メールマガジンへの登録は→コチラ

ドリドリ通信第48号(3/29)は→コチラ

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

かわいいドリームマップレジスタードマークを作ってみたい方
ワンデイ講座開催日程と会場はコチラから

かわいいドリームマップレジスタードマークのファシリテーター「認定ドリマ先生」の資格取得
養成講座スケジュールはコチラから

かわいい小・中学校への出前授業 主体的に生きる力を育むキャリア教育
学校ドリームマップ授業についてはコチラから

かわいいチームの力を最大化 ”夢が溢れる職場づくり”
企業様向けドリームマップ研修についてはコチラから

かわいい各種お問い合わせはコチラから

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 07:00 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
震災から5年・・・3.11に [2016年03月11日(Fri)]
代表理事の秋田稲美です。
いつも、ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

あれから5年。今日で東日本大震災から5年が経ちます。

未曽有の災害への対処として長年国際協力をしている方から教えていただいたことは、
1)祈る 
2)動く 
3)忘れない 
でした。

ドリームマップ普及協会では、祈り、動き、忘れない活動を今後も続けて参ります。

5年を迎えるこの春、
宮城県南三陸町にお住いの三浦美香さんが
認定ドリマ先生になってくださいました。

美香さんは保育士さん。
南三陸の沿岸にあるホテルの従業員向けの保育園で働いています。

美香さんがドリマ先生になってくださったことで、南三陸との縁がさらに強固になりました。
忘れない絆が固く結ばれたと感じています。

どなた様も、今日という日を様々な思いで迎えられていると思います。

人々の思いの根底にある優しさと愛を感じながら、私も心静かな 一日を過ごしたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮城県の南三陸ホテル観洋・託児所マリンパルの保育士である三浦美香さんと、
ドリームマップ普及協会代表の秋田稲美との出会いは、
秋田が代表を務める「一般財団法人ラン・フォー・ピース協会」の東日本大震災復興支援から始まりました。

●美香さんのレポート
南三陸町より〜大震災で職員5名とも自宅が全壊しましたが、子どもたちの笑顔に支えられています!〜(2011年10月)
http://www.run-walk.me/charity.html

●本日2016年3月11日のマリンパルのブログ
http://www.mkanyo.jp/onsendayori/2016/03/post_2467.html

南三陸町は今も200名以上の方が行方不明となっているそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

下記は、2013年3月11日にドリームマップ普及協会Facebookページに掲載した私たちの想い。
あれから変わったこと、変わらないこと、
まだまだ、道のりは長いけど、
前を向いて一歩ずつ進んでいきます。

私たちは、行動を続けます。

子どもが夢を語り合い、友達を応援し合うことで、
希望にあふれた未来を創るチカラの種をまくこと。

大人が真摯に自分の人生に向き合い、
本当にやりたいことのために生きるお手伝いをすること。

それが、ドリームマップを広める私たちの役割(ミッション)だと思っています。

夢半ばで亡くなった犠牲者の方々のご遺志を、
微力ではありますが、少しでも未来へつなぐことができたら・・・

今なお避難されている方々、
被災地の復興に奮闘している方々、
東北の子どもたち、大人たち、
全国の子どもたち、大人たち、
そして世界の子どもたち、大人たちが、
笑顔でいっぱいになれるその日まで。

私たちは、行動を続けます。


Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 10:34 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢は、東北の復興を担っていく子どもたちに、希望を紡ぐ特別なドリームマップ授業を届けること [2015年03月11日(Wed)]
宮城県在住のドリームマップ普及協会理事、渡辺せつの夢は、
復興を担っていく子どもたちに、
希望を紡ぐ特別なドリームマップ授業を届ける
こと、
そのために東北にドリマ先生を100人誕生させること。

東日本大震災から4年。
生活は落ち着いたように見えるかもしれません。
けれど、
前が見えない、夢を見ることを忘れた
大人や子どもたちが大勢います。

自身も被災し、大切な人も亡くした渡辺は、
震災以降、
何かしたい、
何をしてよいか解らない、
何ができる?

自問し続けてきました。

渡辺とドリームマップとの出会いは、2013年の夏でした。
東日本大震災で被災した大船渡市の中学校からのリクエストを受け、
ドリームマップ授業が開催されたことを
ドリームマップ普及協会の理事をしている高校の同級生から聞きました。
「何か役に立てないかな?」と興味を持ち、
すぐに東京でのワークショップに参加。
ドリームマップを描きました。

「ドリームマップのワークを通して自分を見つめることで、
ごちゃごちゃしていた心の状態がどんどん整理され、
取るべき行動や目標が見えてきたのには驚きました。
目の前に道がひらけ、
今、ワクワクの毎日が続いてます。」

ドリームマップに魅力を感じた渡辺は、
その秋、認定ドリマ先生養成講座を受講しました。
「世の中には様々な自己啓発ツールやコーチングなどのスキルがあります。
どれにも素晴らしい効果があると思いますが、
ドリームマップには夢、愛が溢れているように感じます。
学校や被災地で求められるのもそこに理由があるからかも知れません。
私は縁があってドリームマップを選びました。
そして、その成果を身をもって体験し、
ドリームマップをたくさんの方にお伝えしたいと思うようになりました。」

ドリマ先生になった渡辺には今、たくさんのがあります。

●故郷陸前高田や沿岸の町100ヵ所でドリマのワークショップの開催

●東北のドリマ先生100名誕生  

●学校でのドリームマップ授業の実現

●いつでも誰でも地元でドリマに触れることができる場をつくり、多くの人が夢を持ち、夢に向かって生活するお手伝いをする!


東日本大震災から4年が過ぎ、つらい経験を乗り越え、
復興を担っていく子どもたちのために。

そして、子どもたちの未来のためにもう一度故郷を作ろうと、
力を振り絞って頑張っている大人たちのために。

何をしてよいか解らない、
でも何かしたい、
変わりたい、
そんな思いを持っているあなたを、
私たちは必要としています。

「夢には、幸せな未来をつくるチカラ(パワー)がある!」
私たちはそう信じて、ドリームマップの普及活動をしています。
私たちの活動に賛同して下さるあなたに、できることがたくさんあります。

◎まずは、自分自身を見つめるために。
ワンディ☆ドリームマップ講座
http://www.dream-map.info/oneday_schedule.html

◎ドリマ先生になって、子どもと大人が夢を描くお手伝いをする!
認定ドリマ先生養成講座
http://www.icp-coach.info/

◎夢のチカラを広げるために、あなたができること
http://www.dream-map.info/support/index.html

10678837_10204536703878705_6511717511420000167_n[1].jpg
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 09:59 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ファンドレイジング日本2015終了しました!全国各地からドリマ先生も参加♪ [2015年02月17日(Tue)]
ドリームマップ普及協会もPRパートナーとして協力させていただきました、
日本ファンドレイジング協会さまの

ファンドレイジング日本・2015
「日本社会を、動かす。」


2015年2月14日(土)、2月15日(日)、
東京・両国での熱い熱い2日間が終了しました!

10954327_816090841792003_2450019689307032845_n[1].jpg

ファンドレイジング(ファンドレイザー)は、国際的なキャリアと成り得る。
今の小学生が社会に出る頃、ファンドレイザーというポジションやスキルは必要とされ尊敬される。
そんな未来を確信するセッションから始まった2日間。

登壇者による、世界の潮流や、ファンドレイジングの最新事例、地域の資金循環、最新のNPO向けサービスなどを学べる多数のセッションがありました!

1604916_816208945113526_2117164969541803430_n[1].jpg

代表の秋田稲美はじめ、全国からドリマ先生が何人も集まっていました揺れるハート

たくさんの学びをありがとうございました!
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 14:25 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年はどんな年にしたいですか?今年もドリームマップで夢をかなえる! [2015年01月05日(Mon)]
あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ドリームマップ普及協会代表の秋田稲美が見た初夢は、
ドリマ先生がドリームマップで日本中、世界中を駆け巡っている様子でした\(^o^)/
嬉しい初夢でした。

10846468_792796897454731_1466385063355831551_n[1].jpg

みなさんの初夢は、どんな夢でしたか?

お正月は、2015年の夢や目標を思い描いた方も多いのでは?
せっかくですから、それをさっそくドリームマップにしてみませんか?揺れるハート

新年のワンディ☆ドリームマップ講座は、
全国8カ所の会場でみなさまをお待ちしています☆


詳細・日程は→コチラ
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 18:37 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アメリカ生まれではありません!ココだけの、ドリマ誕生秘話 [2014年10月23日(Thu)]
ドリームマップは、12年前、1人の日本人女性が考案しました。
最初は女性起業家向けに。
そして全国の小学校に。
今では子どもからシニアの方まで、
さらに、海外にも広がり、
のべ5万人以上の方が体験しています。

なぜ、そんなに多くの方を引き付けるのでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自利?他利? いびつな夢のカタチ

ところで、ドリームマップを伝え始めた当初、「起業プランをドリームマップで」という講座を担当することが多くありました。

何度か開催しているうちに、「あれ?」と違和感を感じるケースに突き当たりました。 受講者が作成したドリームマップの中身の偏りです。それは、大きく分けて2種類ありました。 1つはギラギラ系の自利だけのドリームマップ。
 一攫千金、金儲けしてフェラーリ乗って海外の別荘持って・・・とか、私利私欲のために起業するみたいな、見ていてもイヤーな感じのドリームマップなのです。そして、作った本人はこうやるとお金が儲かるみたいな話ばかりするんですね。

もうひとつは、キレイ過ぎる他利だけのドリームマップでした。
「世のため、人のため、困っている人のため、自分は食べていければいいんです」って言うのです。そういうのもわかるし、きれいだけど、お金にならないと続かないよって思っちゃうんです。キレイ過ぎても続かない。

ココだけのドリマ誕生秘話、続きはコチラから↓
http://www.dream-map.info/subcontents/interview.html
Posted by 一般社団法人ドリームマップ普及協会 at 09:05 | 私たちの想い | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ