CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
「自殺考えた」23%に増加…20代女性3割超 等(読売、朝日、毎日、時事、中国、日経、J-CASTニュース) [2012年05月02日(Wed)]
2012(平成24)年05月02日(水)
yomiDr.(読売新聞)
トップ>ニュース

「自殺考えた」23%に増加…
20代女性3割超
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=58217&from=osusume

内閣府は5月1日(火)、
自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。

これによると、自殺を考えた経験がある人は
全体で23.4%となり、2008年2月の前回調査より
4.3ポイント増えた。

年代別では20歳代の28.4%が最も多く、
特に20歳代女性は33.6%と、
前回調査(21.8%)から大幅に増えている。

調査は今年1月、全国の20歳以上の男女
3,000人を対象に実施し、
有効回収率は67.2%だった。

120502_The_Yomiuri.jpg




年代別では、
40歳代の27.3%、
50歳代の25.7%、
30歳代の25.0%

と続いた。すべての年代で女性が男性を上回っている。

また、自殺を考えたことがある人のうち、
「最近1年以内」に考えたと答えた人も、
20歳代の36.2%が最多だった。
20歳代女性に限定すると44.4%に上った。

読売新聞 2012年05月02日(水)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
朝日新聞デジタル
トップ>社会

「自殺考えた」4人に1人
内閣府調査、20代高い割合
http://www.asahi.com/national/update/0502/TKY201205010735.html

大人の4人に1人は自殺を本気で考えたことがあり、
20人に1人はそれが1年以内のことだった――。

内閣府の調査で、こんな実態が浮かび上がった。

20代で割合が高く、内閣府は
「自殺者数が多い中高年だけではなく、
 若い世代への対策も重要。」
としている。



内閣府が今年1月、20歳以上の3,000人に
アンケートし、2,017人が回答した。

「本気で自殺したいと思ったことがある」
と答えたのは23%。

各年代で自殺を考えたことがある人の割合は、
20代が28%、
40代は27%、
50代は26%

と高めだった。

「最近1年以内」に自殺を考えた人は5%。
20代では10%だった。



一方、全回答者のうち43%が、
悩みを抱えた時に誰かに相談したり、
助けを求めたりすることにためらいを感じていた。

うつになった場合について尋ねたところ(複数回答)、

「家族や友人に迷惑をかける」(67%)との答えが多く、
「職場に迷惑をかける」(25%)、
「誰にも打ち明けられず、1人で何とかするしかない」
(23%)、
「仕事を休みたくても休みが取れない」(18%)

という声も目立った。

(この記事の続きをお読みいただくには、
  購読手続きが必要です。)

【関連リンク】
よりそいホットライン
http://279338.jp/

朝日新聞デジタル 2012年05月02日(水)06時00分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
毎日新聞
トップ>ニュース

自殺意識調査:20代「考えた」28% 人間関係が希薄
http://mainichi.jp/select/news/20120502k0000m040121000c.html

内閣府は5月1日(火)、20代の若者のうち
本気で自殺を考えたことのある割合が28.4%に上り、
全世代で最多だったなどとする
「自殺対策に関する意識調査」の結果を発表した。

調査は、震災後の心情の変化も尋ねた。
内閣府は、震災を機に他の世代が人とのつながりを
再認識したが、若者の人間関係の希薄さを示す結果と
分析した。

毎日新聞 2012年05月02日(水)05時00分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
時事ドットコム(時事通信社)
ホーム>社会

20代の3割弱「自殺考えた」=内閣府調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012050200074

内閣府は5月2日(水)、
自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。

全体の23.4%が
「自殺したいと思ったことがある」と回答。
前回2008年2月調査に比べて4.3ポイント増えた。

年代別では20歳代が28.4%と最も高く、
前回比3.8ポイント増だった。

内閣府自殺対策推進室は

「周囲とのつながりが希薄な若者に焦点を当てた
 対策を講じる必要がある。」

としている。



調査は1月中下旬、全国の20歳以上の男女
3,000人を対象に実施。有効回収率は67.2%。

自殺したいと思ったことがあると答えた人を
年代別に見ると、20歳代に次いで高かったのが
40歳代の  27.3%。続いて
50歳代   25.7%、
30歳代   25.0%、
60歳代   20.4%、
70歳代以上 15.7%

の順だった。

50歳代以下では4人に1人以上が自殺を考えたことになる。



悩みを打ち明ける相談相手が「いる」としたのは、
女性94.7%に対し、
男性90.3%。

性別と年代別を組み合わせて見ると、
20歳代男性が最も低く87.6%だった。

時事通信 2012年05月02日(水)06時53分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
中国新聞
ホーム>ニュース一覧

「自殺したいと思った」23%
20代最多、内閣府調査
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201205020066.html

内閣府が5月2日(水)付で発表した
「自殺対策に関する意識調査」によると、
成人男女の23.4%が
「自殺したいと思ったことがある」と回答し、
初めて調査した前回2008年より
4・3ポイント増加した。

120502_The_Chugoku.jpg




年代別では
20代が3・8ポイント増の28.4%で最も多く、
このうち36.2%は
「最近1年以内に自殺したいと思ったことがある」
と答えた。

担当者は

「不況に伴う就職難や非正規雇用者の増加、
 希薄な人間関係が影響しているのではないか。」

と分析。

若年層の自殺対策への取り組みを強調し、

「1人で悩まず、周りの人に相談してほしい。」

と呼び掛けている。



自殺を考えた経験がある人は男女別でみると、
女性(27.1%)が
男性(19.1%)を上回った。

年代別では20代に続き、
40代が   27.3%、
50代が   25.7%、
30代が   25.0%の順。

60代は   20.4%、
70歳以上は 15.7%だった。

どのように乗り越えたか尋ねたところ、
複数回答で
「家族や友人、同僚ら身近な人に悩みを聞いてもらった」
が38.8%でトップ。

「趣味や仕事などで気を紛らわせるよう努めた」
が38.6%、

「できるだけ休養を取るようにした」
が18.0%だった。



自殺への意識とは別に、東日本大震災後に
「心情や考えに変化があったか」
と尋ねた質問(複数回答)では

「人とのつながりの大切さを再認識した」が64.3%、
「自分や家族は自分で守ると思った」が54.3%。

一方で「不安を強く感じるようになった」も41.7%あった。

「特に変化はなかった」は7・5%だった。

調査は今年1月に全国の20歳以上の男女
3,000人を対象に行い、2,017人から回答を得た。

中国新聞 2012年05月02日(水)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
日本経済新聞
トップ>ニュース

「自殺考えた」4人に1人
20〜50代、内閣府調査
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9693819695E2E3E2E0808DE2E3E2E7E0E2E3E09180EAE2E2E2

内閣府は5月2日(水)、
自殺に関する成人の意識調査の結果を公表した。

「自殺したいと思ったことがある」と答えた人は
23.4%に達し、2008年の前回調査より
4.3ポイント上昇した。

年齢別にみると、
50代以下は4人に1人が自殺を考えた経験を持っており、
20代は28.4%と最も多かった…

(以下、日本経済新聞ホームページを参照。)

日本経済新聞 2012年05月01日(火)‎

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
J−CASTニュース
トップ>トピックス>社会

「自殺考えた」 20〜50代で4人に1人
http://www.j-cast.com/2012/05/02131029.html

自殺を考えた人は、20〜50代で4人に1人――。
内閣府が2012年5月2日に公表した
自殺に関する成人の意識調査結果でこんなことが分かった。

それによると、「自殺したいと思ったことがある」と答えた人は
23.4%に達し、2008年の前回より
4.3ポイント増えた。
このうち、20代は28.4%と最も多かった。

危機をどう乗り越えたかを複数回答で聞いたところ、
「家族や友人、職場の同僚に悩みを聞いてもらった」
が最も多く38.8%を占め、次いで
「趣味や仕事で気を紛らわせるよう努めた」の38.6%
だった。

調査は、1月12日〜1月29日に
全国の成人男女3,000人を対象に行い、
2,017人から回答があった。

J−CASTニュース 2012年05月02日(水)15時06分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック