CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
“自殺考えた”20歳代が高い比率 等(NHK、FNN、TBS、日テレ、テレビ東京) [2012年05月02日(Wed)]
2012(平成24)年05月02日(水)
NHK NEWS WEB
トップ>社会ニュース一覧

“自殺考えた”20歳代が高い比率
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120502/k10014847051000.html

内閣府の自殺対策に関する意識調査によりますと、
今までに、本気で自殺したいと思ったことがあると
答えた人は23%で、年齢別では20歳代が最も高く、
50歳代以下では4人に1人以上が
自殺を考えた経験を持つことが分かりました。

120502_NHK_suicide.jpg




政府は平成19年に「自殺総合対策大綱」を決定し、
内閣府は翌年から、対策の参考にするため
意識調査を行っています。

2回目のことしは、1月に、
全国の20歳以上の3,000人を対象に実施し、
67%に当たる2,017人から回答を得ました。

それによりますと、今までに本気で自殺したいと
思ったことがあるか聞いたところ、回答は、
「ある」が23%、
「ない」が70%で、
「ある」と答えた人は、前回の調査に比べて
4ポイント増えました。

年齢別にみると
▽20歳代が28%
▽30歳代が25%
▽40歳代が27%
▽50歳代が26%
▽60歳代が20%
▽70歳以上が16%

で、20歳代が最も高く、
50歳代以下では4人に1人以上が、
自殺を考えた経験を持っていることになります。



内閣府は

「今回の調査を踏まえると、
 自殺者数で多くの割合を占めている中高年層だけでなく、
 若い世代に焦点を当てた対策も必要だ。

 悩みがあれば相談してもらいたいし、
 周りの人にも自殺のサインに気付いてほしい。」

と話しています。

NHK NEWS WEB 2012年05月02日(水)05時15分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
FNN(フジニュースネットワーク)
トップ>社会ニュース一覧

成人の4人に1人「本気で自殺したいと思ったことがある」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222447.html

成人の4人に1人が
「本気で自殺したいと思ったことがある」ことがわかった。

これは、内閣府が2012年1月に行った
成人の自殺に関する意識調査でわかったもので、今までに
「本気で自殺したいと思ったことがある」と答えた人は
23.4%で、4年前の前回の調査よりも
4.3ポイント増えた。

これを年代別に見てみると、
20代が28.4%と最も高く、続いて
40代が27.3%、
50代が25.7%

となっている。

特に20代の女性は33.6%と、
4年前の調査の21.8%から
大幅に増えている。

120502_FNN.jpg




街の人は、

「(一瞬でも考えたことは?)
 ありますよ。なかなか今のご時世、
 人に本音で話せない人が多いから。」

「大学なんですけど、(友人から)相談を受けたことは、
 何度かあります。」

などと話した。

内閣府では、特に20代について、雇用や進路などが
背景にあるとみていて、周囲とのつながりが希薄な若者に
焦点を当てた対策を講じていく必要があるとしている。

FNN 2012年05月02日(水)13時02分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
News i(TBS)
トップ>社会ニュース一覧

「自殺考えた」20代が最も高い割合
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5018973.html

年間3万人を超える人が自殺する日本。
政府の調査で、自殺したいと思ったことがある
20代の若者が3割近くに上り、
各年代のなかで最も高くなっています。

今、若者に何が起きているのでしょうか?

120502_TBS.jpg




「首をつろうとか、車で100何キロ出せば
 どこかにぶつかって死ぬだろうとか、
 本当に考えてましたね。」(石本 宇さん)

石本 宇さん(25)は4年前、内定した企業で
インターンとして働いていたときにうつ病を発症。
内定を辞退しました。
その当時、毎日のように自殺について考えていたといいます。

「社会に出られない自分は半人前以下じゃないか。
 生きている価値がないんじゃないか。」(石本宇さん)



内閣府が実施した自殺に関する意識調査。
「今までに本気で自殺したいと思ったことがある」
と答えた人は23.4%に上り、
4年前の調査より増加しました。

特に20代は28.4%に上り、
全ての年齢で最も高かったのです。

自殺対策に取り組むNPO代表の清水康之さん。
若者を取り巻く就職などの状況が
厳しさを増していると指摘します。

「なかなか安定した雇用に就けない。
 正社員になったとしても会社にこき使われ酷使され、
 実態を肌身で感じる中で社会の中で生きていく自信が
 十分持てない若者たちが増えている。」

(ライフリンク 清水康之 代表)



さらに、20代の男性は「孤立」している状況も
明らかになりました。

調査では「悩みを相談できる相手がいる」と答えた割合が
最も低かったのです。

「人間関係が作れないから困っている。
 若者たちに『相談できる人を見つけましょう。』
 と言うのは非常に酷なこと。
 悩んでいる若者が集まって悩みを語り合えるような
 『場』を地域、地域で作っていく。」

(ライフリンク 清水康之 代表)



石本さんは当時、医師への相談や家族の支えがあって
乗り越えられたといいます。

「周りからサポートがないと僕は死んでいたかな。」
(石本 宇さん)

内閣府では、中高年男性に重きが置かれていた
自殺対策について、今後、若者への支援策を強化することを
検討しています。

TBS 2012年05月02日(水)16時08分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
日テレNEWS24(日本テレビ)
トップ>社会ニュース一覧

内閣府 若い世代への自殺対策必要性高まる(東京都)
http://news24.jp/nnn/news89035380.html

内閣府が行った自殺対策に関する意識調査で、
若い世代への自殺対策の必要性が高まっていることが
わかった。

120502_NEWS24.jpg




調査は今年1月に、全国の20歳以上の男女
3,000人を対象に行われた。

それによると、
「今までに本気で自殺したいと思ったことがあるか」
を尋ねたところ、2008年の調査に比べて
4.3ポイント多い23.4%が
「思ったことがある」と答えた。

年代別では、20歳代が28.4%と最も高くなっている。

自殺を考えたことのある20歳代の男女のうち、
最近1年以内に自殺を考えた人の割合は
36.2%に上っている。



内閣府は、若い世代の雇用情勢が依然厳しいことや、
東日本大震災をきっかけにした経済の停滞などが
影響している可能性があるとみていて、
これまで中高年の男性を中心に行ってきた自殺対策を、
若い世代に焦点を当てる必要がある、としている。

日本テレビ 2012年05月02日(水)09時55分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年05月02日(水)
テレビ東京
トップ>ニュース

「自殺考えた」20代が最多
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_19810/

内閣府が今年1月に行った「自殺対策に関する意識調査」
によりますと成人の男女の23.4%が
「自殺したいと思ったことがある」と回答し
4年前の前回調査より4.3ポイント増えました。

120502_TV_Tokyo.jpg




年代別で見ると20代が28.4%と最も多く、
このうちの3分の1の人は
「最近1年以内に自殺したいと思ったことがある」
と答えました。

内閣府は

「就職難や非正規雇用の増加、希薄な人間関係が
 影響しているのではないか。」

と分析しています。

テレビ東京 2012年05月02日(水)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック