CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
夜間受診の70%が軽症(NHK宮崎放送局) [2012年05月02日(Wed)]
2012(平成24)年05月02日(水)
NHK宮崎放送局
トップ>宮崎県のニュース

夜間受診の70%が軽症
http://www.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5064828941.html

宮崎市の夜間急病センターは、
内科と小児科では軽症患者が70パーセントを占め、
同じ人が何度も利用する実態もあることが、
宮崎大学医学部の学生の調査でわかりました。



宮崎市は、市郡医師会病院内に夜間急病センターを設け、
夜7時から翌朝7時まで内科と外科、それに小児科の医師が
急病患者の応急処置にあたっています。

宮崎大学医学部の学生4人は、センターの協力を得て
去年2011年8月に利用実態の調査を行い、
5月2日(水)宮崎市役所に戸敷市長を訪ねて
結果を報告しました。

それによりますと、内科と小児科では、
救急で受診する必要がない軽症と診断された患者が
全体の70%以上を占めました。

特に小児科では、センターを
2回以上利用したことがある患者がおよそ70%を占め、
さらに5回以上もおよそ30%に上るなど、
同じ人が何度も夜間窓口を利用する実態が分かりました。

また、宮崎県が設置している
子どもの救急の電話相談窓口について尋ねたところ、
「知らない」という答えが70%余りにのぼった
ということです。



学生たちが、

「『コンビニ受診』とも呼ばれる
 安易に救急窓口に頼る患者のせいで
 医師が疲弊している。」

と報告したのを受けて、戸敷市長は

「とてもショックだ。
 何らかの対応を考えたい。」

と述べました。

調査にあたった宮崎大学医学部5年生の田代和馬さんは、

「夜間急病センターはあくまで急病の人が対象だと
 改めて認識して欲しい。」

と話していました。

NHK宮崎放送局 2012年05月02日(水)17時21分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック