CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
手話入り最後の練習 「いのちのうた」大合唱 等(紀伊民報) [2011年12月23日(Fri)]
2011(平成23)年12月23日(金・祝)
AGARA(紀伊民報)
トップ>和歌山県内のニュース>2011年12月23日(金・祝)

手話入り最後の練習 「いのちのうた」大合唱
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=223548

和歌山県田辺市上秋津出身の俳優、
小西博之さん(52)がプロデュースした
「いのちのうた」を歌うイベント(12月26日(月))
に向け、参加する約70人の有志が12月22日(木)、
田辺市上秋津の農村環境改善センターで最後の練習をした。



【小西博之さん(左)と一緒に最後の練習をする参加者
 =12月22日(木)、和歌山県田辺市上秋津で】



小西さんが実行委員会をつくり、
白浜町在住のシンガー・ソングライター、
古家 学さん(37)が作詞・作曲した。

歌詞は本宮中学校3年の中島みゆきさんの作文を参考に
「悲しいことを乗り越えて大切な人を支えてほしい。」
というメッセージを盛り込んだ。

上秋津の秋津野合唱団など
田辺市内の合唱団に所属する人らが参加。

合唱は12月16日(金)から、田辺市高雄中学校の
音楽教諭、前田 暁さんの指導で練習を始めた。

手話も約20人が参加し、
田辺市文里の主婦、青山恵理さんが教え、
練習を重ねてきた。

この日は午後7時半から、
初めて合唱と手話のメンバーがそろい、何度も歌った。

小西さんは
「一生懸命やれば、必ず声と手話が心に響くはず。」
と参加者に呼び掛けた。

手話で参加した会津小学校4年生の永井志歩さん(10)は
「(手話は)家でも練習した。
 本番はにこにこして歌う。」

と笑顔だった。

小西さんは

「昨年より参加者が増えてうれしい。
 いのちのうたは、未成年者の自殺を防止したい
 という思いで作った。
 この歌を広めて、和歌山県内の自殺者をなくすことから
 始めたい。」

と話している。



「いのちのうた大合唱」は12月26日(月)午後7時から、
田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開く。

無料。神島高校ブラスバンド部の演奏、
東陽中学校合唱部の合唱などもある。

紀伊民報 2011年12月23日(木・祝)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年12月23日(金・祝)
AGARA(紀伊民報)
トップ>和歌山県内のニュース>2011年12月21日(水)

子どもたちに命の大切さ伝える 俳優の小西博之さん
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=223370

命の大切さを子どもに伝えようと、
和歌山県田辺市上秋津出身の俳優 小西博之さん(52)が、
和歌山県内の小中学校や児童養護施設を回って講演している。

12月20日(火)は田辺市城山台の
児童養護施設「ひまわり寮」を訪問し、子どもたちに

「夢は諦めなければかなう。
 死んだら駄目だ。
 生きていれば何とかなる。」

と伝えた。



【子どもに命の大切さを講演する小西博之さん
 (12月20日(火)、和歌山県田辺市城山台で)】



講演は2月から始め、これまでに8校訪問した。
児童養護施設の訪問は今回が初めてで、
来年から本格的に回る予定。

小西さんは7年前、末期の腎臓がんにかかり、
余命3カ月の宣告を受けた。

この時
「絶対治ると信じて病気を受け入れよう。」
と考え克服したという。

末期病棟に入院した当時、同じ部屋の子どもらが
次々に死んでいくのを見た。

毎日起床すると、生きている喜びを感じ
「今日も生きてて良かった。」
と口にするようになったといい、

「みんなも言ってみてください。
 1日が楽しくなる。」
と語り掛けた。



8歳のころからウルトラマンの隊員になることが夢で、
復帰後に隊長役としてウルトラマンシリーズに
出演したエピソードを話し、
「諦めない気持ちが大切。」
と締めくくった。

また、小西さんがプロデュースした「いのちのうた」で
歌詞の基になった田辺市本宮中学校3年、
中島みゆきさんの作文を紹介。

「同じ境遇の子がいたら助けてあげたい。
 みんなを笑顔にしてあげるのが私の務め。」

という一文を踏まえ、

「みんなには同じ境遇の子を助けてほしい。」
と話した。

最後に、和歌山県内外で活動するアコースティックデュオ
「アロエルート」の松本そうすけさん(28)、
白浜町在住のシンガー・ソングライター古家 学さん(37)
と一緒に「いのちのうた」を歌った。
子どもたちも手を振って歌を楽しんだ。



入所者の男子高校生(15)は

「普通、余命3カ月と言われたら、
 死ぬまでに何をしようか考えるが、
 小西さんは諦めずに病気を受け入れて、
 今も生きている。

 絶望に負けない心を持っているところが
 すごいと感じた。」

と話した。

紀伊民報 2011年12月21日(水)
コメント
文化会館での「いのちのうた」行きました。誘われ参加したのですが、感動しました。スクリーンの「命の叫び」大変驚き、感動しました。続ける事か波動に、力になっていくとおもいます。大変でしょうが頑張ってください。(秋津川の木下)
Posted by:木下 和典  at 2011年12月30日(Fri) 23:10
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック