CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
性犯罪被害者の思いTシャツに 27日からさいたまで展示(埼玉新聞) [2010年02月26日(Fri)]
2010(平成22)年02月26日(金)
Web埼玉(埼玉新聞社)
トップ>2010年02月26日(金)

性犯罪被害者の思いTシャツに 27日からさいたまで展示
http://www.saitama-np.co.jp/news02/26/06.html

「多くの無知と偏見が
 消えることのない悲しみをさらに深くする」。

性暴力を受けた娘を自殺で亡くした母親が、
白色のTシャツに託したメッセージだ。

性暴力やドメスティックバイオレンス(DV)の被害者が語ることのできなかった思いを文字や絵で表現したTシャツが
27日から2日間、埼玉県男女共同参画推進センター
(さいたま市中央区)で展示される。

市民団体「日本クローズライン・プロジェクト」の主催。
Tシャツはメッセージを描いた人が分かるように
遺族は白、性暴力被害者は赤などと5色に分かれている。

団体の代表 中山美奈さん(35)によると、この活動は
「クローズライン・プロジェクト」
として1990年、米国で始まり、Tシャツでの表現を
被害回復の治療に役立てることもあるという。

「被害に遭ってもなお、生き抜いた人たちの勇気をたたえたい」
という意味を込めて被害者を「サバイバー」と呼ぶ中山さんは

「伝えたい思いがあれば書いてみませんか。
 そのメッセージがほかの被害者に希望を与えるかも
 しれません」

と話している。

団体のホームページは http://clp-japan.org

埼玉新聞 2010年02月26日(金)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック