CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
パワハラ自殺訴訟が和解 等(読売新聞、東京新聞、MSN産経ニュース) [2009年08月07日(Fri)]
2009(平成21)年08月07日(金)
読売新聞
ホーム>地域>新潟

パワハラ自殺訴訟が和解
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20090807-OYT8T00044.htm

会社側が300万支払いへ

「ホームセンタームサシ三条店」に勤務していた燕市の
玉橋亮治さん(当時26歳)が自殺したのは、上司らの
パワーハラスメント(職権による人権侵害)が原因として、
玉橋さんの両親が同店の経営会社「アークランドサカモト」
(三条市)などを相手取り、約4,200万円の損害賠償を
求めた訴訟は東京高裁で和解が成立した。

会社側が和解金300万円を両親に支払う。和解は7月27日付。

両親側の代理人弁護士によると、高裁は業務と自殺の因果関係に
ついては認めなかったが、
「パワハラがなかったとは言い難い」
として、和解案を示したという。

玉橋さんの両親は、亮治さんが当時の上司から暴行や叱責
(しっせき)を繰り返され、うつ病になって自殺したとして、
2006年6月に提訴。
新潟地裁三条支部判決は、両親側の請求を棄却した。

父親の計治さん(59)は
「パワハラは人権侵害。同じような悲劇がないように、
 これからも力を尽くしていきたい」
と話した。

同社は
「遺族の心情に配慮させていただいた。
 和解を契機に、職場環境の改善により一層努めたい」
としている。

読売新聞 2009年08月07日

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年08月06日(木)
東京新聞 朝刊
トップ>社会>紙面から一覧

【社会】
会社側300万円の和解金 パワハラ訴訟『両親の心情理解』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009080602000052.html

新潟県燕市の元会社員玉橋亮治さん=当時(26)=がうつ病に
なり自殺したのは、上司のパワーハラスメント(パワハラ)が
原因として、玉橋さんの両親が勤務先の会社と元上司らに
計約4,200万円の損害賠償を求めた訴訟は5日までに、
会社側が300万円を支払うことで東京高裁で和解が成立した。

和解したのは同県三条市のホームセンター運営会社
「アークランドサカモト」。
和解条項は玉橋さんへのパワハラや自殺との関係には直接触れず、
会社側が
「両親の心情を理解する」
として和解金を支払うほか、パワハラによる被害の発生防止策
の検討を含め、職場環境の改善に努めることを誓約した。

玉橋さんの両親は、玉橋さんが勤務先の上司からの暴言や暴行
が原因でうつ病になり、退職後の2005年8月に除草剤を
飲んで自殺したとして06年6月提訴。
一審で敗訴したが控訴し、6月に高裁が和解を勧告した。

父親の計治さん(59)は
「パワハラは人権侵害。息子の思いを引き継ぎ、
 パワハラ被害が減るよう今後も訴えていきたい」
と話した。

同社は
「和解を機に職場環境のより一層の改善に努める」
としている。

東京新聞 朝刊 2009年08月06日(木)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年08月05日(水)
MSN産経ニュース
ニューストップ>事件>裁判

会社が300万円支払いへ 新潟のパワハラ訴訟和解
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090805/trl0908052204031-n1.htm

新潟県燕市の元会社員、玉橋亮治さん=当時(26)=が
うつ病になり自殺したのは、上司のパワーハラスメント
(パワハラ)が原因として、玉橋さんの両親が勤務先の
会社と元上司らに計約4,200万円の損害賠償を求めた訴訟は、
会社側が300万円を支払うことで東京高裁で和解が成立した。

和解したのは同県三条市のホームセンター運営会社
「アークランドサカモト」。

和解条項は玉橋さんへのパワハラや自殺との関係には
直接触れず、会社側が
「両親の心情を理解する」

として和解金を支払うほか、パワハラによる被害の発生防止策
の検討を含め、職場環境の改善に努めることを誓約した。

父親の計治さん(59)は
「パワハラは人権侵害。息子の思いを引き継ぎ、
 パワハラ被害が減るよう今後も訴えていきたい」
と話した。

同社は
「和解を機に職場環境のより一層の改善に努める」
としている。

MSN産経ニュース 2009年08月05日(水) 22時03分
コメント
残業代不払い:HCムサシの運営会社、容疑で書類送検 /新潟
 三条労働基準監督署は9日、県内を中心に「ホームセンタームサシ」などを展開する「アークランドサカモト」(三条市)と同社総務部次長(52)を労働基準法違反(割増賃金不払い)容疑で新潟地検三条支部に書類送検したと発表した。県庁で記者会見を開いた羽賀政昭署長は「(同社は)これまでも賃金不払い残業が多く、その都度指導してきたが改善されず悪質。県内大手の会社であり、影響が大きい」と指摘した。同社は東証1部上場で、同署によると、県内外でホームセンター31店舗を展開する。

 同署は、同社に対し直近では06、08、10年に残業分を支払うよう是正勧告を10回以上行い、今年1月には警告をしたという。

 送検容疑は、今年1月から8月の間、同社の男性従業員20人に対し、休日働かせたにもかかわらず、その分の割増賃金総額約325万円を支払っていないとしている。最も多い人で休日労働した27日分の賃金が支払われていないという。【川畑さおり】

新聞 2011年12月10日 地方版

Posted by:玉橋計治  at 2011年12月27日(Tue) 12:57
労災保険は、パワハラは確認されないまま、本人ほ増悪と寛解を繰返して自殺に至ったとして、(再審査棄却)不支給決定としました。
不支給に苦情を言っているのではなく、審査過程に疑問あり、そして、国家公務員の犯罪隠匿行為と、指摘します。
自殺未遂後の「あっせん申請」について、私からの調査要求を拒否されました。暴言だけでなく、傷痕がのこるような暴力行為パワハラ被害を
「新入社員教育の範囲内」と反論された労働局内でのプロセスを無視しています。これは、国家公務員による犯罪隠匿行為である、と私は主張します。
Posted by:玉橋計治  at 2009年12月28日(Mon) 12:56
「和解を機に職場環境のより一層の改善に努める」という以前の問題ではないかと思っています。本来ならば、監督署なり、労働局なりが、もっときちんと御指導があったなら、と切に思います。
「パワハラ」ってのは、人権侵害行為であり、犯罪行為です。
一審では、原告の全面的敗訴の判決で、二審では、和解、それも、こちらが高裁の和解勧告に応じたからです。新潟労働局長宛の「あっせん申請手続き」を経た自殺事件に、高裁は判決に持って行けなかったのです。
Posted by:玉橋計治  at 2009年12月26日(Sat) 11:41
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック