CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
豊田市が自殺対策を強化 被雇用者では全国最多(中日新聞等) [2008年07月08日(Tue)]
2008(平成20)年07月08日(火)
中日新聞
トップ>愛知> 7月8日の記事一覧

【愛知】
豊田市が自殺対策を強化 被雇用者では全国最多
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080708/CK2008070802000039.html

会社などで働く人の自殺者が警察署別で豊田署管内が
全国最多となるなど、自殺者の増加が目立つことから、
豊田市は防止に向けた対策に取り組む。

学者や医師、NPOなどでつくるプロジェクトチームが公表した
「自殺実態白書2008」によると、
2004−06年の職業別で「被雇用者」の自殺者は、
豊田署管内(一部地区を除く豊田市と三好町)が93人と、
警察署別で全国で最も多かった。

市が人口動態統計を基にまとめた自殺者数調べでも、
2006年は74人を数え、1989年のほぼ2倍と、
全国平均(1・4倍)を大きく上回るペースで増えている。
交通事故死の20人と比べて4倍近いが、
詳しい分析はこれまで行われてこなかった。

市は白書について
「市はもともと労働者が多い上、自殺率とも異なり、
単純に多いと言い切れない」
と断りつつ
「貴重な資料になる」
と評価する。市は年内に医療、福祉関係者、市教委などと
自殺予防対策会議を設置する予定だったが、
白書を受けて企業関係者にも参加を呼び掛けることを検討。
市独自の啓発パンフレットの配布や出前講座を通じ、
「対策を強めたい」
としている。

(小笠原寛明)

2008年7月8日



2008(平成20)年07月05日(土)
しんぶん赤旗

労働者の自殺2万4000人 「実態白書」 愛知・豊田が最多 04−06年
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-07-05/2008070514_01_0.html



(写真)
白書を岸田担当相に提出する清水、澤田両氏。
手前左は日本共産党の小池議員=4日、内閣府

被雇用者の自殺は、愛知県豊田市など大企業が立地する
工業地域で多発していることが、四日発表された初の
「自殺実態白書2008」で分かりました。

白書は、経済学者や医師、NPO(民間非営利団体)法人などで
構成する自殺実態解析プロジェクトチーム(リーダー=
清水康之NPO法人ライフリンク代表)が作成しました。
これまで公表されなかった、自殺発生地を所轄する
警察署別の自殺者のデータなどを盛り込んでいます。

2004―06年に自殺した人のうち、被雇用者は
24208人。これを警察署別に見ると、自殺者数の多い順に
(1)愛知・豊田(93人)
(2)山梨・富士吉田(85人)
(3)福岡・筑紫野(83人)
(4)北海道・苫小牧(82人)
(5)北海道・札幌北(79人)―
などとなっていました。

白書は、被雇用者の自殺が多い上位50署には、
中心企業→下請け企業→孫請け企業の「ピラミッド型の構造」の中に、
さまざまな雇用形態の労働者が存在している地域が多いことを指摘。
自殺の要因として
(1) 長時間労働
(2) 24時間交代制勤務
(3) 人員整理
(4) 派遣社員の不安定な地位
―などが推測されると分析しています。

無職者の自殺者は54034人で、
1位は福岡・早良の187人。
自営業者の自殺者は11065人で、
1位は同じく福岡・早良の49人でした。

自殺の原因・動機では、
(1) 経済・生活問題(9644人)
(2) 病苦など(8957人)―
が上位にあがっています。

記者会見した清水氏は、
「2年前に自殺対策基本法ができたが、自治体などには
『何をすればいいのか』とのとまどいもある。
どの地域で、どういう人たちが自殺しているといった傾向が
分かれば、より有効な対策が打てると考えた」
と、白書の意義を強調しました。



政府に「白書」提出
小池議員も同席
「自殺実態白書2008」の発表にあわせ、
自殺実態解析プロジェクトチームの清水康之代表と
澤田康幸東大大学院准教授(経済学)が4日、
岸田文雄内閣府特命担当相に白書を提出しました。
超党派の「自殺防止対策を考える議員有志の会」の
尾辻秀久会長らも同行。日本共産党の小池晃参院議員は、
議連の一員として同席しました。

岸田担当相は
「このような白書は意味がある。対策に生かせるよう努力したい」
と述べました。小池氏は
「本来このようなものは行政がまとめるべきものではないか。
被雇用者の自殺者数では愛知県豊田市が1位など、
地域ごとの特性・背景が見えてくる。複雑な要素があるだろうが、
長時間労働や成果主義などが背景にある点は、
しっかり見なければいけないのではないか。
これを生かし、できることを着実に実施してほしい」
と要請しました。

2008年7月5日(土)「しんぶん赤旗」




コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック