CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 今日の人 東京編 | Main | 今日の人 多文化共生編»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
宮田妙子
今日の人149.河除静香さん (09/24) 橋本桂
今日の人149.河除静香さん (09/08) 高木敏夫
今日の人123.高橋太郎さん (04/14) 大太
今日の人4+.森本耕司さん (07/17)
今日の人164.木村太郎さん [2017年01月29日(Sun)]
 今日の人は、ネイチャーガイド・エコツアーディレクターとして世界各地での感動的なエコツアーを開催したり、さつきやま森の学び舎・ようちえんの運営、講演会や研修、企業顧問等々、好きなことをしていたらいつの間にかいろんなことをやっていたという木村太郎さんです。
エコツアーディレクター木村太郎の旅 https://eco-tour.amebaownd.com/
太郎さんのFacebook  https://www.facebook.com/taro.kimura.ecoguide
14691038_1276264489090600_5352392804991822274_n.jpg


 太郎さんは1975年、東京で生まれ千葉で育ちました。
子どもの頃は超マジメ。優等生で学級委員長などもしていましたが、たくさんの人の前ではとても話せないようなあがり症でした。小学生の頃にファミコンが登場したのですが、ファミコンには全くはまらず、遊びと言えば外でひたすら野球でした。木村家は小学生の間は就寝8時、土日でも9時という家だったので、流行りのドラマの話題には全くついていけませんでした。平日はドラゴンボールやキン肉マン、土曜はドリフ、日曜は大河ドラマ、せいぜいそれくらいしかテレビは見ていませんでした。かといって、読書好きだったわけでもなく、読書感想文を書くのはすごくイヤでした。

 小学6年生の時に出会った体験塾が、その後の太郎さんの人生において大きな意味を持つようになります。そこでは月に一度、山登りに行っていました。最初は友だちと遊びに行けるという気持ちも大きかったのですが、山に登っていくうちにどんどん山が好きになっていった太郎さん。普段は日帰り登山なのですが、夏休みは泊りがけで八ヶ岳にも登りました。

 中学に入ると、お父さんの仕事が忙しくなったこともあって、太郎さんはすごく自由になりました。夜8時に寝るなんてとんでもないとばかりに、男友達の家に泊まりに行ってバカ騒ぎをするのも恒例行事になっていたし、お母さんとケンカした時はプチ家出して、体験塾でお世話になっている方の所へ2~3日泊まりに行くのでした。でも、そんなふうにいろいろ話せる大人がいるというのはとても幸せなことでした。
 中学で入ったのは吹奏楽部。肺活量がかなり必要なユーフォニウムを吹いていました。じゃんけんで負けて放送委員会にも入らされたのですが、これがすごくおもしろかった。ビデオカメラを持っていろいろ取材したものを編集して校内放送で流したり、新任の先生のインタビューを生放送で流したり、とても楽しくて結局3年間ずっと続けたのです。
 もちろん体験塾での登山も続けていたし、地域のサークルでバトミントンとホッケーもやっていました。

 高校は家から自転車で10分で行ける所へ行きました。高校では生徒会に入らされて、3年間生徒会活動をやりました。生徒会の仲間と毎晩10時くらいまで遊んでいたので、家に帰るとよく怒られました。それでまたプチ家出して体験塾の方の家に泊まりに行くのでした。この体験塾は、高校生の時は参加する方ではなく、もう企画する側になっていました。

 進路を決める時、太郎さんは大学受験はせず、体験塾の先輩が行っていた北海道の酪農家でインターンシップをする道を選びました。お父さんは烈火のごとく怒りましたが、それを押し切って北海道へ。そこで4か月インターンシップをやり、せっかくなので北海道を一周しました。それからすぐに東京のじいちゃんが亡くなりました。ばあちゃんが1人暮らしになってしまうので、フリーな太郎さんがばあちゃんと一緒に住むことになりました。

 その時、お母さんがC.Wニコルさんが校長をしている自然を守るレンジャーを育てる専門学校の新聞の切り抜きを持って来て、「ここ受けてみたらどう?」と薦めてくれました。太郎さんも自分のやりたいことができそうだと、その専門学校に入ることにします。山登りにも行けるし、おばあちゃんと住んでいたので3食作ってくれるし、さらにおばあちゃんは太郎さんの話をゆっくり聞いてくれるしで、東京での暮らしはとても快適でした。バイトもしましたが、山登りの用品を買っていると財布はいつもすっからかんでした。でも、そうやって少しずついい山登りグッズをそろえていくのは、とても楽しかったのです。

 卒業後太郎さんはネパールで植林をしているNGOの活動に参加しました。1か月半くらいルクラで過ごし、森林調査をしました。毎日山ほどチャイを飲まされましたが、とても楽しかった。この経験もあって、やはり自分は森で過ごしたいという思いがとても強くなった太郎さん。ちょうど上高地で山小屋の管理人を探していると知り、上高地に住むことになりました。まるでドラマ「北の国から」のような環境での生活。山小屋の維持管理が主な仕事なのですが、空いた時間はたっぷりありました。そこで太郎さんは一週間に一度は図書館に行き、一度に10冊借りては読んでいました。それまで読書をしたことはほとんどなかったのですが、この山小屋での時間にたくさんのことを本から吸収した太郎さんなのでした。山小屋の管理人として、またネイチャーガイドとして、とても穏やかで充実した日々を過ごしていたのです。
 そのうち山小屋でイベントもするようになり、全国のいろいろなガイドとも繋がりました。こうして22歳から32歳まで、上高地で過ごしたのです。

 ネイチャーガイドとして、様々なことをやっていきたいと思っていた太郎さんは、子どもキャンプのスタッフとしても活動していたのですが、立科の子どもキャンプにスタッフで来ていた女性と恋に落ちます。
 そうして、山を下りて奥さんのいる大阪に住むことになりました。1年間は仕事をしないで、日本各地で夏にどんなネイチャープログラムをやっているか見てまわりたいと、実行した太郎さん。そして彼女は反対することなくそれを応援してくれたのでした。
 そんな中、小豆島を見に行きたいとガイド仲間を訪ねた所、小豆島のホテルで支配人と夕食をすることになりました。そこで、支配人からアドバイザー契約を結びたいと言われ、月に一回小豆島に行って、アドバイザーをやることになりました。そのうち系列の那須高原にあるホテルにも頼まれて、月に一回ガイド養成講座をするようにもなりました。こうやって好きなことをやっているうちに自然に仕事を引き寄せてしまう太郎さんなのでした。

 一年経って、ちゃんとしたガイドをやろうと屋久島など日本国内をいろいろガイドしましたが、国内だけだとあんまりおもしろくないなと感じていました。そんな時に石川に住む友達から「オーロラが見たい」と言われます。「ツアーをやってる友達がいるよ」というと、「お前がツアーを組んでくれないか?」と頼まれました。これがきっかけで海外のツアーも始めるようになりました。これがとてもおもしろくて、それからは海外ツアーのガイドだけするようになったのです。太郎さんのツアーはとことんこだわりのあるツアーなので、来る人は人生が変わるような感動を味わえます。例えばオーロラを見に行くにしても、単にオーロラが見えればいいというツアーではありません。カヌーに乗って川面にも真上に広がるオーロラが映る中を進んでいく、そんな神秘的な体験ができるのです。その感動はなかなか言葉では言い表すことができません。
 
 子どもが生まれた太郎さんは、入園する前のプレ幼稚園で子どもたちに11時におやつを与えるのを見て愕然としました。お昼ご飯を食べる前のこんな時間に、市販のおやつを食べさせるなんて…。もっと、子どもが自分の体を使って、自分らしく過ごせる幼稚園に通わせたい、そう思った太郎さんでしたが、そんな幼稚園はありませんでした。唯一、徳島に行かせたいフリースクールの幼稚園はあったのですが、そこに行かせるために引っ越すか、はたまた思い切って自分たちで幼稚園を作ってしまうか、悩みました。結果、太郎さんは奥さんと一緒に認可外の幼稚園を作ってしまったのです。2012年の4月当初は月2回だけでしたが、徐々に希望者が増え、2013年春にはようちえんクラスが、2014年春には小学部もオープンしました。さつきやま森のようちえん、さつきやま森の学び舎(小学部)のホームページもぜひご覧ください。また、コーチングのコーチの奥さんが中心となって人材育成も進めていらっしゃいます。まさに夫婦二人三脚の木村家なのでした。

 そして太郎さんが外国でガイドをすることはどんどん増えて、ペルーでトレッキングをしてマチュピチュに行ったり、南アフリカの花園を見たり、ボリヴィアのウユニ塩湖に行ったりもしています。昨年はなんと50日間もペルーにいたとか。そして、太郎さんのスペシャルなガイドを経験した人は、もう普通の旅行ではとても満足できなくなるというのです。お客さんの行きたいところを聞いた時から、徹底的に作り上げ、予想のはるか上を行く太郎さんのガイド。なんと、作りこむのに2~3年かかることもあるそうです。でも、お客さんの感極まった表情、その瞬間を見るためなら努力を惜しまないのです。例えばオーロラを見に行くときはインディアン、イヌイット、現地の15人くらいの人にも関わってもらって、ただのオーロラではなく、先に書いたようなスペシャルなオーロラを見てもらう。太郎さんのツアー料金は一般的なツアーよりは高めなのですが、お客さんは「この内容なら安すぎる!」と口々におっしゃるそうです。いったいどんなガイドなのか、自分自身で一度ぜひ体験してみたいものですね。

 そんな太郎さんが今まで旅をしてきていちばん好きな場所は、ペルーのアンデスです。地球にこんなところがあったんだ!そんな感動の連続で、4700mで食べるランチの美味しいことといったら!しかも現地のガイドやコックが一緒に登ってくれて、4700mで作ったランチを食べられるのです。なんて贅沢なんでしょう。
 だから、太郎さんが楽しいことは、やっぱり山登りです。ペルーでも250q、ずっと歩いていました。ロングトレイルが好きなので、本当は月に1~2回は山に行きたいなぁというのが本音です。

 そんな太郎さんが今後取り組みたいと思っていることは、自然エネルギーの循環を自分たちで作り出すことです。原発などに地球の負になるエネルギーに頼ることなく、自然エネルギーの循環を作り出したい。太陽光発電に取り組んでいるNPOとの勉強会も始めました。ゆくゆくは、ようちえんもスタッフの住む家も全部太陽光発電にしたいのです。農業している場所も太陽光発電システムにして、農家が安定した収入を得られるような仕組みにしたい。地域全体で自然エネルギーを循環できるTaro Villageを作りたい、そんな夢の一歩を踏み出したところです。
 そしていつか自然エネルギーの循環とともにお金の循環もできるようになった時に、悠々自適に世界中うろうろして過ごしたいと思っています。そんな日が来るのも、そんなに遠くないかもしれませんね。

太郎さんの素敵な旅の数々は、どうぞこちらをご覧ください。
〜エコツアーディレクター木村太郎の旅〜https://eco-tour.amebaownd.com/
ステキな写真にぞくぞくすること間違いなし。そして次は、あなたも旅に出たくなるにちがいありません。
今日の人138.鈴江唯史さん [2015年02月18日(Wed)]
 今日の人はMETLIFE生命シニアコンサルタントであり、全世界の生命保険コンサルタントのトップセールスマンのわずか1%の方だけがもらえる最高のタイトルMDRT(Million Dollar Round Table) の会員でもある鈴江唯史さんです。
11004910_790626584345638_697536740_n.jpg
向かって右が鈴江さん

 鈴江さんは1967年に神戸で生まれました。小学校3年生までは明石でのびのび過ごす少年時代を送ります。暗くなるまで外で遊び、スポーツがとっても得意な男の子でした。小学校3年生までは巨人ファンだったのですが、小3の時に甲子園に連れて行ってもらってからは阪神ファンに。団地の廊下にゴザを敷いて友だちと野球盤に興じたりもしていました。鬼ごっこや虫捕りも大好きでした。その当時はどこにでもあったゴミの焼却炉に粘土で作った器を入れて焼いて、それを磨いて仕上げたり、当時の子どもたちはいろんなことで上手に遊んでいたものでした。

 そんなふうにのびのび過ごしていた唯史少年でしたが、小学3年生の時に明石から神戸のニュータウンに引っ越します。公立の小学校でしたが、そこはどちらかと言えば進学モードで勉強熱心な小学校でした。転校したクラスの担任の先生はいつも竹棹を持ち歩いてバンバン叩く厳しい先生ではありましたが(当時はそれが当たり前でもありました)、ちゃんとできるとものすごくホメてくれる先生でした。ほめられるとやはりすごくうれしくて、鈴江さんは勉強するようになっていきました。とはいえ、勉強ばかりしていたわけではありません。なにしろスポーツが大得意ですから、ずっと野球もやっていましたし、マラソン大会に出ると優勝です。運動会ではいつもリレーのアンカーとして活躍し、2〜3人ゴボウ抜きしてゴールしたりしていたものでした。

 家ではパートで帰りが遅いお母さんに代わって、洗濯物を取り込んだりお米をといだり、朝はゴミ出しをしたりするとっても優しい少年でした。
昆虫図鑑や植物図鑑が大好きで、お母さんが植えた木を挿し木して増やしたりもしていました。イチゴ、あじさい、コスモス、南天、いろいろな植物を育てるのも好きでした。
恐竜の秘密や宇宙の秘密といった秘密シリーズも大好きで、欄外に書いてあるミニ知識まで熟読していたものです。

 担任の先生にほめられて勉強ができるようになると、中学受験も考えるようになりました。どうせなら家から通える一番いい所に行きたい。鈴江さんはあの名高い灘中を受験しようと決意します。こうして、まず灘中の受験専門の塾を受験しました。入塾テストで400点以上とらないと入れないところ、鈴江さんの点数はなんと401点。こうして無事入塾を果たした鈴江さんは塾に通い始めました。寺子屋的な雰囲気のところで、先生は剣道の先生ということもあり、礼儀にもとても厳しいところでした。毎日決まったページの宿題があり、それをキチンとやっていたとってもマジメな鈴江さん。しかも各教科何分以内に終わらせようと自分にノルマを課してそれを忠実にこなしていたとってもストイックな小学生でした。ですから、最初500番台だった全国模試の成績が、なんと5年生の終わりには全国2位になったのです。しかし、6年になって要領よく宿題を終わらせることを覚えると、成績が下がりだし、夏休み前に100番台から外れます。これはいけないと軌道修正し(小学生でできるところがすごい!)また全国模試で一桁台を連発するようになっていったのでした。

 こうして勉強にいそしんでいる合間に、スポーツにも駆り出され、兵庫リレーカーニバルでは予選で兵庫県1位、決勝でも3位の成績を残します。100mは県で1位、勉強は全国模試で一桁だなんて、天は二物を与えずどころか、まったく正反対の小学生時代の鈴江さんなのでした。この頃、鈴江さんは将来日銀総裁になりたいと思っていました。これだけなんでもできるのだから、きっと自信に満ち溢れた小学生だったことでしょう。でも鼻持ちならない自信家というふうではなく、友達もたくさんいる人気者だったのです。

 そしてこれだけ忙しいのに生徒会活動にも参加していて、鈴江さんは副会長として会長を補佐していました。塾があって忙しいので、会長職はできないけれど、支える方ならできる、それが鈴江さんなのでした。今も全国の社長さんを支えている鈴江さんですが、その基盤はもうこの頃すでにあったのかもしれませんね。

 そして迎えた灘中の受験。不思議と緊張はしませんでした。というのも、その時鈴江さんの中には合格するイメージが鮮やかにあったのです。受かって喜んでいるシーンまでもが具体的な映像で鮮明に浮かびました。そうして、その通りに超難関の灘中学に合格を果たした鈴江さんなのでした。

 こうして灘中に入学し、最初はソフトボール同好会に入ります。運動神経抜群ですからいきなりレギュラーになり、市大会、県大会も勝ち進み、近畿大会まで進みました。練習がハードなので帰ってきて寝るだけの生活でほとんど勉強しなかったところ、赤点を取ってしまいます。親にもこのままだとダメなんじゃないかと諭され、監督に背番号を返しにいった鈴江さん。もちろん、残念な気持ちもありましたが、何が何でも続けたいというほどの熱さはなかったのでした。

 その後は180度方向が違う感じの物理化学研究部に入部します。灘中〜灘高は中高一貫校ですから、鈴江さんは6年間、この部に籍を置くことになりました。まだ今のようにロボットコンテストもない時代でしたが、全てをゼロから自分たちで作ることがとてもおもしろく感じました。秋葉原に次ぐ日本第二の電気街である日本橋(大阪)でパーツを見て回ったりもしていました。
 物理化学研究部の向かい側がアマチュア無線部で、そちらにも誘われて入部した鈴江さんは中1にしてアマチュア無線の資格を取ります。こちらは高校生になって部長にもなりました。真夜中に学校に集合し、守衛さんに見つからないように部室に板を貼り付けて電気が漏れないようにしながら南極の越冬隊と交信したりしていました。交信は簡単にできるわけではなく、無線の電波をちょうどうまく電離層に反射させないといけないのです。そうして交信できるとQSLカードがもらえるのですが、このカードがもらえることがアマチュア無線をやっている人にはとても嬉しいことなのでした。

 灘高は誰もが知っている超難関校ですが、実にバンカラな男子校なのです。校則なし、生徒手帳なし、制服はあるにはあるけど着て行かなくてよし、鈴江さんにとって素のままでいられるとてもおもしろい学校でした。東大や京大に行くのが当たり前のような学校なので、みんな勉強三昧かと思えばさにあらず。鈴江さんが高3の時は阪神が優勝した年で、甲子園のチケット販売の時はクラスには生徒が3分の1しかいないという感じでしたが、それに目くじらを立てるような先生もいませんでした。旅に出たり、街に出たり、飲みに出たり?と自由闊達に過ごす中で将来の日本を担う人材が育っていくのだろうなぁと鈴江さんの話を聴きながらつくづく思いました。逆に詰め込み式で規則に縛られた中高一貫校ではそういう自主性は育たないのではないか、それこそいわゆる勉強は出来ても何も自分では決められないそんな人間を育ててしまっているのではないか、とそういう危惧も覚えてしまうのでした。

 鈴江さんも部活の他にも友だちと青春18切符で東京に行ったり、Wonderful KOBE(今年で創刊50周年になる神戸の情報誌)に載ってるお店を制覇すべく帰り道に神戸の街をあちこち歩いたり、女子校の文化祭に顔を出したり、いろいろなことをしていました。もちろん自分の学校の文化祭や体育祭でも活躍。運動神経抜群なのは相変わらずでしたから、バレー部やバスケ部の試合に駆り出されることもあるくらいでした。

 高2の時から灘高のOBの先生が開設されているアットホームで塾的な予備校に通っていたのですが、灘高は進度が進んでいることもあって、高2にして高3のクラスに入りました。そこで1歳上の高3の女の子とお付き合いしました。一緒にお茶を飲みに行く程度のかわいいデートでしたが、1歳違うので彼女が大学生になった時に、テニス等に誘われたりもして、高3の時に(つまり受験生の時に)よくテニスにも行っていました。灘高OBの予備校の塾長もおおらかな方で自らもテニスの会を開いたりする方だったのでした。

 高校2年の時の化学の先生の授業がとてもおもしろく、立体異性体の話などは身を乗り出して聞いていた鈴江さん。そうして自分も化学の道に進もうと思います。その頃の夢はノーベル賞を取ること。そして、灘高の生徒にとってはそれは決して絵空事ではないといってもいいのでしょう。
 
 大学に入ったらアメリカンフットボールをしたかったこと、そして化学をやりたかったこともあって京都大学を受験。実力的には合格圏だったのですが、残念ながら現役では不合格になってしまいました。きっと鈴江さんにとって人生で初めての挫折感を味わった時だったのではないかと思います。その後、大阪の予備校で授業料を免除された特待生になりました。けれど、授業を抜けて淀川沿いでソフトボールやサッカーをいつもやっていた浪人時代。とはいえ、模試の成績では十分京大に合格できる判定でした。これなら東大でも大丈夫じゃないか?そう思った鈴江さんは次の年は前期で東京大学、後期で大阪大学を受験。しかし、直前に志望校を変えたこともあり、大阪大学の二次試験対策は全くと言っていいほどやっていませんでした。共通一次は1000点満点中、910点という高得点でしたが、結果は残念ながら不合格。なぜ最初の志望通りに京都大学を受けなかったかなぁ・・・後にこの後悔に苛まされることになるのでした。二次募集を調べたところ、化学系で受けられるのは岡山大学だけでした。そうして不本意ながら岡山大学に進学します。

 大学時代は超ストイックに過ごしました。アメリカンフットボール部に入部し一日五食食べる生活。外食ではあっという間にお金がなくなってしまうので、自炊でまかなっていました。小さい時から家の手伝いをしていたので、家事はあまり苦になりませんでした。毎日毎日練習、そして自主トレーニング。最初ベンチプレスでは30kgも持ち上げられませんでしたが、1年もたたないうちに100kgあげられるようになった鈴江さんは2年生にして控えながらアメフトの花形ポジションのクォーターバックに。いろいろしんどいこともありましたが、絶対にやめませんでした。一緒に入った灘高出身の学生がアメフト部をやめたこともあって、自分がやめたら灘高のヤツって勉強だけだろ、と言われそうでイヤだったし、コンプレックスもありました。高校時代に仲のよかった友達はみんな東大や京大に行っている。せめて体育会で理系で活躍しているということでもないと、彼らと一緒にいられないんじゃないか…そういう気持ちが強かったのです。本流に戻りたい、そんな気持ちが常にありました。きっと周囲が思う以上に本人はつらかったのだと思います。自分の存在価値を見出すためにも必死にストイックになっていたのかもしれません。

 1年の時は半月板損傷で手術、2年の時は胸の手術で夏の合宿に行けなかった鈴江さんでしたが、3年の時からレギュラーのクォーターバックとして試合に出るようになりました。指示を出すポジションなので、年上の4年生にも指示を出さなければなりません。それはなかなか大変ではありましたが、大きな学びにもなりました。全体練習は午後4時半に始まるのですが、鈴江さんは2時半から先に練習を始め、7時半に全体練習が終わると研究室に戻って研究する日々。そしてシーズン中はお酒を1滴も飲まないと自分に課し、それを忠実に守っていたのでした。筋肉のために鶏肉でタンパク質をとり、ビタミンKをとるためにグレープフルーツジュースにするなど、食生活にも気を配っていました。
 
 シーズンオフはオフでアメフトの合宿費等を稼ぐためにバイト三昧の日々。家庭教師が中心でしたが、花屋、居酒屋の厨房、バーテンダー、煙突掃除、港の綱引き、赤ペン先生、遺跡掘り等々、ありとあらゆるバイトをやりました。多い時は一日16時間バイトしたことも。それでもオフにもウエイトトレーニングをしていましたし、なんてパワフルなんでしょう。
 アメフト部だし、さぞかしモテたんでしょうとお聞きしたら、関西の一部リーグの大学とちがってそんなにモテなかったとご謙遜(いえいえ絶対モテたと思います)

 世はバブルの時期で、就活時は超売り手市場でした。研究室経由で企業から接待され、接待の場で「今OKと言ってくれたらこの場で採用するから」と人事部長に言われる、そんな接待づくしの就活が嫌で、鈴江さんは担当の教授に言いました。
「こういうのは嫌なので、自分で就職活動をしたいです」
教授は「鈴江くんならそういうと思っていたよ」とおっしゃってくださって、この時から鈴江さんは理系の就活ではなく、文系の就活を始めたのです。
 こうしてOB訪問などを始めました。その頃はゆくゆくは自分で会社を作りたいという気持ちが芽生えていたので、社長に会える仕事はなんだと思った時に商社よりも銀行だろうと考えました。三井住友銀行の役員の方がわざわざ出向いてくれて採用が決まりました。実はリクルートにも内定をもらっていたのですが、リクルート事件も記憶に新しい頃で、銀行の方がいいだろうというお父さんの声もあり、銀行に決めたのでした。今の学生には信じがたいでしょうが、バブルの頃の企業の学生の取り込み方はすごく、鈴江さんは電話攻勢を避けるために電話線を抜いておいたくらいでした。
 
 こうして4年の夏に内定が出た後はひたすら試合と卒論に没頭する日々でした。鈴江さんの担当教授は卒論に厳しく、卒論発表で終わりではなかったので、卒業ギリギリまで卒論の手直しに追われていました。ですから、卒論を提出して、就職するまではわずか1〜2週間ほどしかありませんでした。みんな卒業旅行だと言って1ヶ月ほど海外を旅したりしていましたが、そんな余裕は全くありませんでした。バックパッカーをやりたかったのに出来なかったというのが鈴江さんにとって学生時代にやり残したことでした。でも、時間がたっぷりあるはずの大学時代にその余裕がなかったということは、言い換えればそれくらい充実した大学生活だったということでしょう。

 社会人ではアメフトはやらないつもりでしたが、やらないかと誘われて練習は土日だけだしまぁいいかなとOKします。アメフトのチームは東京にあったので東京の支店に配属されることになりました。
 
 こうして上京した鈴江さんは1ヶ月の研修の後に三井住友銀行数奇屋橋支店に配属になります。最初の2〜3ヶ月こそ広報のお手伝いくらいでお客さん状態でしたが、その後、融資課に配属されてからはすぐにセブンイレブン状態に。つまり7時に出社して11時まで仕事するというような毎日になりました。大学時代にストイックに過ごしていたので、社会人になったら3年はお金を全部使いきって遊ぶぞ、と思っていたのに早くも忙しくてそれが難しくなってきました。けれど、研修の同期たちが合コンをしょっちゅう企画してくれたので、そこにはよく顔を出していました。電通、博報堂、JAL、ANA…メジャーなところはほぼ押さえてありました。まだバブルの色が残っていましたので、ジュリアナ等にも行きました。アメフトで鍛えあげていた鈴江さん、この頃はかなりモテました。ただ、それも最初は楽しかったのですが、土日は練習なので、次が続かないのでした。

 入社後1年くらいたつと外周りで忙しくなりました。しかし、銀座の真ん中で仕事をしていましたから、融資の課長にピアノバーや会員制のクラブに連れていかれたり、単身赴任の次長に飲みに連れだされたりしてそれなりに楽しかったのです。また、銀座の街を歩いている時に取引先の社長さんたちに会って、お寿司屋さんに連れていってもらったり、画廊のオーナーや地主の蕎麦屋さん、いろんな人にかわいがってもらいました。まだ駆け出しの自分をこんなに可愛がってくれて、お客さんに育ててもらっている部分はとても大きいと思う鈴江さんなのでした。そしてそう素直に思える鈴江さんだからこそ、社長さんたちは目をかけてくださったのだと思います。

 最初の配属先だった数寄屋橋支店は2年半で統廃合され、次に配属になったのは麹町支店でした。ここでは官公庁の担当になり、扱う金額も桁外れに大きくなりました。何十億、何百億、何千億の運用をすることもありました。たとえ0.1%でもとんでもない損失を出してしまう、そんな場所で鈴江さんは活躍していたのです。

 阪神淡路大震災が起きたのはそんな時でした。最初親に電話した時は大丈夫だと言っていたのでそこまでひどい状況だとは思ってもいませんでした。東京と神戸の温度差にも気づいていませんでした。1ヶ月後にようやく神戸に戻った時に鈴江さんは愕然としました。もっと早く戻るべきだった…。この時の想いが、鈴江さんが今MDRT会員として社会貢献活動に積極的にかかわるようになった原動力のひとつなのかもしれません。

 麹町支店にいた時に忘れてはならないことのひとつが奥様との出会いです。ある時、先輩に餃子パーティをやるからお前も来い、と誘われます。練習後の汚い格好のまま餃子パーティに行った鈴江さん。そこに奥様も来ていらしたのでした。その家ではネコを飼っていて、ネコ好きの鈴江さんがそのネコを見に行くと、ちょうど彼女もそのネコを見ていました。その時、なんとなく彼女のことが気にはなったのですが、その後はアメフトのシーズンになり仕事と練習に追われて連絡ができずにいました。
 3ヶ月程経って彼女に連絡を取り、八景島シーパラダイスに遊びに行ったのですが、彼女は家でご飯を食べなきゃいけないから帰らないといけないといい、そのまま食事をせずに帰ってしまったのです。それが逆に強烈なインパクトでした。鈴江さんは結婚するなら30歳くらいのつもりだったし、当初の計画通り3年分の給料は使い果たしていました。でも、きっとその時が結婚するタイミングだったのでしょう。鈴江さんは彼女と結婚を前提で付き合いたいとご両親に挨拶して、1年後に籍を入れたのでした。

 アメフトの方は4年間続けました。チームには全日本クラスの選手もいて、彼らのプレイスタイルから学ぶことがとても多くありました。大学時代はこう動いて欲しいと思っていたのに思うように動いてくれなくてはがゆい時もありましたが、全日本クラスの選手になると、こう動いて欲しいというまさにその動きをしてくれるのです。そして、映像だけでは身につかない間のとり方、スキル、そういうものがどんどん自分に身についていくのが実感できてとても楽しかった。体力的にはピークは過ぎていても、技術力はあげられる、それが自信につながりました。

 結婚後1年してアメフトをやめた時に、大阪への転勤辞令がおりました。こうして本当は東京を離れたくなかった奥様とともに大阪へ。オリンピック招致の仕事にも携わりました。関西に来て三店目は神戸での仕事。この時は中の仕事をやっていたのですが、それがどうも性に合いませんでした。銀行で働き始めて10年を過ぎ、そろそろ将来像も見え始めていました。給料はよかったし、普通に考えれば何の問題もなかったのかもしれません。でも、鈴江さんは思いました。中学・高校の頃は自分に無限の可能性があると信じていた。自分は本当にこのままでいいのだろうか…?そんな時にアリコ(当時)に転職していた人に誘われます。こっち来ないか?やりがいあるぞ。

 同じ頃にある人に言われました。自分の人生のストーリーは自分で考えているの?
自分だと言い切れない自分がいました。自分で決めていない自分がイヤになりました。銀行の早期退職は12年先の48歳。そこから新たなチャレンジでは遅すぎる!今のうちにやろう。
 
 こうして36歳の時に保険の仕事に転職した鈴江さん。奥さんは全く反対しませんでした。それは本当に力になりました。
 そして鈴江さんはこの仕事をやり始めた時に自分に課したことがあります。それは、親、親族、友だち、銀行時代のお客さんのところには勧誘に行かない!ということでした。
1年目は銀行員時代から給料が半減しましたが、初期補給があってなんとかしのげました。けれど2年目はそれがなく、契約もなかなか取れず、貯金をくいつぶし、ついにはカードローンでお金を借りて給料のふりをして家にお金を入れていました。

 自分の人生のストーリーは自分で決めたい、そう思って転職したけれど、このままで大丈夫だろうか?時に押しつぶされそうになる気持ちと闘いながら、でもここで負けるわけにはいかないと踏みとどまりました。そんな2年目のある時、ある所で大口契約が取れたのです。あれ?こんな簡単でいいのか?肩の力が抜けた瞬間でした。それまではどうしても売る人と買う人という立場に立っている自分がいた。一方的に話し手になっていることが多かったのです。でも、それからは聞き手になることの方が圧倒的に多くなりました。お客さんの話をとことん聞いて、最後にお客さんのことを心底考えた商品選びを一緒にやっていく。売り込むのではなくて、一緒に選んでいくのです。

 それからの鈴江さんはすごかった。あれよあれよという間にトップセールスマンに昇りつめ、3年目にはトップセールスマンのうちでもわずか1%の方だけがもらえる最高のタイトルMDRTの会員になっていたのです。そしてそれだけではありませんでした。MDRTの会員の集まりに出た時に、ああ、自分はもっと上のレベルを目指さないといけない、そう思ったのです。1%でも十分難しいのにそれの更に上のレベルって…と思ってしまいますが、そこは小学校の時から全国模試で一桁台だった鈴江さんのことです。この世界でも5000人くらいいる中で常にトップ10に入っているような方なのでした。
 この10年間の間にもAIGショックやリーマンショックといった状況が5回くらいありましたが、それでも鈴江さんはそれらを乗り越え、今もトップを走り続けています。

 実は鈴江さんにはこの仕事をする時にもうひとつ決めていたことがあります。それは、自分が好きになれないお客さんとは仕事をしない、ということでした。銀行員時代はそれはできないことでした。でも、今つき合っているお客さんとは一生のつき合いだと思っているので、ちゃんと自分の仕事に責任を持ちたい。無責任なことは絶対にしたくないのです。それだけ誇りと責任を持って仕事をしている鈴江さんだからこそ、たくさんのお客さんに慕われているのでしょうね。そして、鈴江さんのお客さんに選ばれた人は彼がずっとつき合いたい人ということですから、鈴江さんはお仕事以外の経営のアドバイスなどもどんどんやってくれちゃうそうです。それでますます鈴ちゃんファンが生まれていくのでした。

 今の仕事は人間力が試されると鈴江さん。お客さんは商品を見ているのではなく、それを扱う人を見ているのです。どうしたってその人の人間力が出てしまうのです。表面で取り繕おうとしても、少しくらいは成功できるかもしれない。でも、それがずっと続くことはありえないでしょう。それだけ人はちゃんと人を見ています。こんな方が担当だったら、お客さんもさぞかし幸せだろうなぁと鈴江さんの人間力溢れる眼差しをみながら思いました。

 銀行員時代より今の方がはるかに楽しい!と鈴江さん。大学の時に時間がなくて行けなかった海外にも今はよく行く機会を得ています。きっと今までずっとがんばって来られたご褒美ですね。
 
 保険業界は10年いたら2割の人しか残りません。それだけ厳しい世界なのです。でも、鈴江さんはこれほどおもしろいところはないよ、とおっしゃいます。銀行では決められた仕事をこなすだけだったけれど、今はリスクを取りながらも全部自分で決められるからです。そう、人生のストーリーを自分で描いているのだと、今なら自信を持って言えます。

 今、鈴江さんは実家のお母さんの介護にも携わっています。お母さんは大脳皮質基底核変性症という難病指定の病気になり約5年経ちます。10万人に2人程度という稀な病気なので、最初は病名がはっきりわかりませんでした。ずっととても元気なお母さんだっただけに、自分の体が思うように動かなくなっていくはがゆさにお母さん自身が病気のことを受け止めるのにとても時間がかかりました。大脳皮質基底核変性症というのはパーキンソン病の一種で手の動きや足の動きが鈍くなってきたり、自分がイメージしたとおりに字が書けなかったりして、徐々にそれが進行していく病気です。鈴江さんはご両親にこれから自分たちが何をやっていきたいか決めようよ、とずっと提案してきましたが、最初は聞く耳を持ってくれませんでした。お父さんも昔はとても論理的な人だったのに、お母さんの介護で外に出掛けることも減り、また介護疲れもあってか感情的になることも多くなっていました。鈴江さんはそんなご両親のために、時間を作って実家に行き、得意な料理を作ってあげたりしています。小さい時もずっと家の手伝いをしていた唯史少年でしたが、大人になってもとても親孝行な息子さんなのです。そうして、ご両親は最近になってようやく本音をいろいろ話してくれるようになってきました。現実的なお金の事も、鈴江さんは専門家ですから、もっと早く言ってくれればいろいろしてあげられたのに、という後悔もありますが、今は自分のできることをやっていこうと思っています。

 ご両親のことを通して、老後のライフプランをちゃんと作ることの大切さを改めて感じた鈴江さん。仕事をリタイアしたくらいからプランニングしていたらもっといろいろなことができるし、実際今はそれが必要な時代になってきたと思っています。既に急速な勢いで高齢者が増えている時代ですから、鈴江さんのような実体験を伴う専門家の必要性もますます高まることでしょうね。それに親の人生と向き合うことで、今まで知らなかった親のことをいろいろ知ることにもなり、自分のルーツに思いを馳せることができる、そんな時間を持つことができるのかもしれません。それはまさに私たち世代がちゃんとしておかなければならないことなのだろうと思うのでした。

 こんな風に自分の人生のストーリーをご自分でちゃんと描いている鈴江さんの今の夢は、自分とかかわった人が幸せになるお手伝いをすること。銀行員になった当初はゆくゆくは自分で会社を起こしたいと思っていましたが、それだと作れたとしても1社2社。でも、自分が社長じゃなくてフリーな立場でお手伝いしている今なら30社から50社の社長さんたちをファイナンスの面でお手伝いすることができる。社会貢献をしているNPOや社会起業家の人たちの支援もできる。
 もし自分が仕事だけに徹してガツガツやれば、今の3倍くらいはやれる自信があります。でも、それは鈴江さん自身が幸せではないのだと。自然体で自分がお手伝いしているところがうまく回り始めている。そんな会社もずいぶん増えてきました。そしてその人たちの笑顔に触れる機会も。それが鈴江さんにはたまらなく嬉しいのです。

 私たちのような市民団体は、こういう方と協働していくことが、きっとこれから大事なんだろうな、と鈴江さんのお話を聴きながら思った今回のインタビューでした。企業だけではなく、行政だけではなく、NPOだけでもない、マルチステークホルダープロセスを進めて行く時に、鈴江さんのように人をつなげる力のある人はこれからますますご活躍されること間違いなしですね。ただ、その前に私も、鈴江さんにお客さんとしてちゃんと選んでもらえるようにしなくっちゃ!
今日の人83.薄井修司さん パート.2 [2013年01月02日(Wed)]
パート.1から続きます。

 こうして、隔週で行っていたサークルの集会をいかに楽しくやるかがおやじさんの課題になりました。ですから、意見の合わない副会長とは集会の3日前からはいつも壮絶なバトルでした。でも、そのおかげでテーマに対してありとあらゆる意見を出し、参加するみんなも参加意識がうんと強くなっていきました。そして、ひとりひとりに電話もかけていきました。

 おやじさんが会長を引き継いだ時のメンバーは10何人でした。でも、次の会長に引き継いだ時は、50何人ものサークルになっていたのです。おやじさんの真剣さ、そして楽しみを追求する姿勢、キャンプの運営の仕方、そういうもの全てをたくさんの後輩たちが慕って来たからにほかなりません。経験はなくともサークルの事を考える必死さは誰にも負けない。いつのまにかおやじさん中心のサークルとなっていきました。

 ある時、子どもたちを引率中に、子どもたちの列に単車が突っ込んでくるという事故がありました。子どもたちを一列に並ばせて、前後に学生リーダーがついていての事故。にもかかわらず、新聞にたたかれました。僕達学生は責任能力がないと思われている。こんなことじゃいけない。おやじさんは神戸のフェリーセンターがお盆の一週間大変な人手不足になることを知り、サークルのみんなでバイトすることを提案します。サークルのみんなのことはバッチリ把握していたのでシフト表もおやじさんが作りました。先方は困っていたからホンマに助かると大喜びで、また来シーズンも頼むと言われました。おやじさんは、そのバイト代をサークルに1割残して保険をかけようと持ちかけました。これで、学生だから責任能力がないなんて言わせない。仕方がないと思うか、何かしなくちゃいけないと思うか、思い入れが大切だとおやじさんは言います。

 おやじさんは大学では歴史専攻でした。最初は教師になろうと思っていましたが、サークル活動でずっと教育委員会とやりとりしているうちに、キャンプを通じて子どもの成長を願う情熱だけではやっていけない。思いが強い分、現実の組織や教師の置かれている環境を見て、教師になるのはやめようと思いました。キャンプで子どもたちがガラっと変わる場面をたくさん見てきた。そのキャンプをボランティアでやって、子どもたちの教育に関わっていけばいい。そう思ったのです。

 このサークルでおやじさんは大切な大切な奥さまと出会うことになるのですが、奥さまとの素適なお話は、今度おやじさんに直接お伺いするのがよさそうです。
とにかく、おやじさんの会社が危機に瀕した時も、凛としておやじさんを支え続けた本当に素敵な奥様なのです。

 実はおやじさんは大学生の時に、1年留年し、1年休学しています。沖縄久米島でアルバイトしていた時に毒サンゴに刺され、足を切らなければいけないとまで言われました。なんとかそれは免れたものの、半年は自宅療養を止む無くされました。ですから就職活動に際しては、2年間のハンディがあったのです。そんなおやじさんを待って、奥さんはご両親から進められるお見合いを断って、ふたりは結婚しました。

 子どもの頃から「人は働くのが当たり前」、「何事も一生懸命やることが大切であること」、「働けることを感謝する事」、「貧しくても人として恥じない生き方をすること」を両親と下町の市場の人達から教わった事はおやじさんにとって血となり肉となりました。それらが自然に身についていたことでアルバイトでもいつも認められた事は、おやじさんの中でそれらが人生においてとても大切なことという確信に変わりました。さらにサークルでの会長の経験はおやじさんにとって人生の大きな分岐点になりました。職業を選ぶ事、リーダーとしてチームを率いる経験、生涯のパートナーとの出会いの全てがこのサークルの御蔭でした。

 その後、おやじさんがどんな会社に入り、そしてどうやって会社を立ちあげて今に至るのかはこちらのサイトにたっぷり書いてあるので、どうぞワクワクでご覧下さいね。
情熱人サイト
http://www.jonetsu.jp/019p_top.html

 そこには、おやじさんの会社が神戸六甲アイランドの世界最大のウォータースライダーAOIAをたった3人の社員で500人のアルバイトを統率し、見事に運営させたエピソード等も載っています。まだ携帯電話のなかった時代、どうやって500人ものアルバイトを統率できたのか…実はこれについては、先日行ったダイバーシティサポーター養成講座でもお話いただいたのですが、ヒントは、おやじさんの大学時代のサークル活動にあります、とだけお伝えしておきますね。(他にもエピソードがたくさんですので、どうぞご覧になってくださいね!)

 今、おやじさんはとても幸せだとおっしゃいます。阪神大震災の時に、生き残った自分。そして今、思う存分仕事させてもらえる自分。
いろいろなことが出来湧いても、その都度一生懸命、その都度楽しく、そしてその都度幸せを思う、その連続なのだと…
 自分の足で自分の道を歩いてこられたおやじさんだからこそ、その一言がとてもズシンと響く、そんな素適なインタビューになりました。

DSC_2882.jpg
ダイバーシティ・サポーター養成講座で熱く語ってくださったおやじさん
今日の人83.薄井修司さん パート.1 [2013年01月01日(Tue)]
 今日の人は、株式会社ウエルネスサプライ代表取締役社長で、真おやじ塾塾長の薄井修司さんです。
薄井さんはみんなから“おやじ”と呼ばれているので、おやじさんと書かせていただきます。
432242_383948138308327_580675039_n.jpg

 おやじさんは兵庫県西宮生まれの西宮育ち。
下町の市場で生まれました。昔の市場は映画「三丁目の夕日」のよう、一つの大きな家族のようで、貧しくてもたくさんの愛情を受けてそだちました。

 お父さんは機械職人。お母さんは元々は網元の娘さんだったのですが、お父さんが職人で貧乏だったので、お母さんが駄菓子屋を開いて生計を立てていました。お父さんは子どもをよくどついたり蹴ったりしていたので、正直好きではありませんでした。お母さんは、貧しい中お父さんに隠れてお父さんの田舎に、いつもお菓子を送ったりしていました。母は誇り高き人でした。どんなに貧乏でも嘘をついたり人として恥ずかしいことをしてはいけない。上に向かってつばを吐くようなものやから、と常に諭してくれました。

 子どもの頃、クラスで前から2番目に小さかったおやじさん。正義感が人一倍強く、いじめられていた女の子を助けに行っては自分がやられて帰ってくる、そんな子どもでした。運動神経は抜群で、木登りやジグザクドリブルはクラスでおやじさんに勝てる子はいなかったし、リレーの選手としても活躍していました。

 それに勉強でも積極的でクラスでも必ず1番目に手を挙げるタイプでした。(今も同じですね!)ある時、クラスの友だちから私学の説明会に行かないかと誘われます。関西学院大学附属中学、そこは中学なのに、キャンプ場がある。それを見て猛烈に行きたいと思いました。お母さんに、「どうしても行きたいねん」と話しました。関学だから、当然難しい中学です。それに、もし行けたとしても、私学なのでたくさんのお金がかかります。でも、お母さんはお金がかかるからダメだとは一言も言わなかったのです。おやじさんは無邪気に私学に行きたいといったけど、今考えると本当に申し訳なかったと言います。

 11月になって進学塾の門を叩いたおやじさん。しかし、ことごとく断られました。
「今から受験勉強を始めたってまず受かるわけがない!」
担任の先生も言いました。
「落ちたら傷つくからやめておきなさい。」

 そんな中、おやじさんが当時通っていたいわゆる進学塾ではない復習をメインにした塾の先生だけは、「分かった。特訓しましょう!」と言ってくれたのです。こうして、残り2~3ヶ月の期間をとにかくがむしゃらに勉強したおやじさん。そう、おやじさんには何事も一生懸命にやる精神が染み付いていました。

 その結果、おやじさんは関学の中等部に合格したのです!
こうして入った中等部。最初は卓球部に入りました。高校から剣道部に代わりました。なにしろ、当時は森田健作の「俺は男だ」が流行っていましたから、剣道がとてもかっこよく見えました。

 家は相変わらず忙しく、家族でどこかに出かけるということはありませんでした。幼稚園の時から、お店を閉めてからでないとご飯にはなりませんでした。市場の子どもは店を手伝うのが当たり前でした。手伝っていると必ず市場のみんながほめてくれました。おやじさんは小さい時、重くて持てなかったシャッターの棒を入れられるようになり(昔のシャッターは組み立て式でした)
「修坊、えらいねぇ」と近所のおばちゃんにほめられました。子ども心にほめられるのが嬉しくて一生懸命手伝いました。それが自然にしみついていたんです。

 高等部になってからは、バイトも始めました。なにしろ普通の人より一生懸命仕事をするのが身についているおやじさんですから、いつもほめられました。まずやっていたのはお弁当作りのバイトです。おやじさんの住まいは西宮。西宮と言えば甲子園が有名ですが、巨人・阪神戦の時は徹夜でお弁当作りをしました。それでまた一層がんばったおやじさん。アルバイトの手配士を任されます。
 
 ガソリンスタンドで働いていた時はパンク修理、オイル交換、なんでも器用にこなしました。すっかり信頼されたおやじさんはバイトにもかかわらず、店舗の閉めの業務をやらされるくらいに信頼されていました。

 大学に入って、大好きなキャンプサークルに入ったおやじさん。
新執行部の改選の時に、おやじさんは次の会長をやってくれと言われます。しかし、これに猛烈に反発した人がいました。それまでずっとあらゆる行事に皆出席していた人でした。
「なんであいつなんですか?」その時の会長に食い下がりましたが、当時の会長は譲りませんでした。そして、おやじさんは会長職を受けたのです。

 そこから、おやじさんの人生がかわりました。メンバーはおやじさんよりもキャンプ経験が長く、ボーイスカウト・ガールスカウト出身者も多く、まとめるのは大変でした。おやじさんの会長就任に猛反対した副会長は規律に厳しく、集会にこないやつはダメ、活動に対する姿勢はこうでないとダメ等の考えがありましたが、おやじさんはちがいました。

 楽しくなければ続かない!志が正しくても、暗いと人は集まらない!
声を掛けてでも一人でも多くの仲間に参加してほしい!


パート.2に続きます。