CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日の人38.川口明美さん パート.1 | Main | 今日の人39.渡辺マルセロさん»
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
宮田妙子
今日の人149.河除静香さん (09/24) 橋本桂
今日の人149.河除静香さん (09/08) 高木敏夫
今日の人123.高橋太郎さん (04/14) 大太
今日の人4+.森本耕司さん (07/17)
今日の人38.川口明美さん パート.2 [2012年05月21日(Mon)]
(パート.1から続きます)

20歳就職、21歳結婚、22歳長男出産、23歳長女出産、24歳で右卵巣嚢腫摘出手術、25歳の時に離婚。
あまりにめまぐるしく時間が過ぎた20代前半でした。でも、25歳になって、子ども二人を抱えたシングルマザーになった川口さんは、とにかく働かなくてはなりませんでした。
住友生命で保険外交の仕事をし、20代で所長にまでなりましたが、残念ながら家庭との両立に悩み、その職を離れることになりました。
 
その後は、朝夕に幼稚園バスに乗って送迎の仕事、日中は保険の手続きに8番ラーメンのアルバイト、夜はモップの交換業務、一日にいくつもの仕事を掛け持ちしました。ほとんど寝られない日もありましたが、寝なくてもいいと思っていました。きっと常に心が張りつめていて、寝られなかったのかもしれません。
そういう生活を続けていた時、幼稚園バスに乗っていた仲良しの5歳の男の子が病気で亡くなるという事態に遭遇しました。やり切れませんでした。川口さんは体調の不調もあり転職を考えました。

そんなとき縁あってユニクロ砺波店のオープニングスタッフとして採用されました。準社員として入社、そしてその後正社員となり充実した7年間を過ごしました。  
その間に出会ったのがNPO法人Bamboo saves the earth(当時は任意団体)の渋谷さんでした。そこで、ボランティア活動の魅力にどっぷりはまってしまった川口さん。県のボランティア支援センターへ行き、フードバンクのボランティアをしたいと言ったところ、富山にフードバンク活動はありません、と言われます。

「じゃあ、私がやります!」こうして、川口さんはフードバンクとやまを起ち上げてしまったのでした。最初はフードバンクとやまの活動をやりながら、ユニクロでも働いていました。その後、子宮筋腫の手術を受けることになり、手術後も仕事にすぐ復帰したのですが、なかなかスッキリしない腹痛に不安になったのと、フードバンク活動との両立に限界を感じ、ユニクロを退社。その後は住友生命の仕事に戻り、フードバンクとやまの活動を続けています。
 
そして、先般、フードバンクとやまの新しい拠点となる場所が富山市に見つかりました。ちょうど事務所と倉庫が県内のあちらこちらに点在するデメリットに悩んでいたところでした。いろんな条件を満たすその場所に巡り合えたのは本当にラッキーでした。
「そういえば・・・」川口さんは、フードバンクとやまが婦中町の倉庫に出会えた時のことを懐かしそうに話してくれました。

・・・その日のことは、今でも昨日のことのように覚えています、朝活@富山に参加していた時、その日初めて参加されていたマンテンホテルの大谷さんという方に「マンテンホテルは建てるのにいくらかかるのですか?」いきなりこんな訳の分からない質問をしました。そんな唐突な質問にも、大谷さんはとても真面目に答えてくれました。そして「どうしてそんな質問をするのですか?」とお尋ねになったので、「すんごい金額を聞いておけば、きっとフードバンクとやまの事務所兼倉庫を建てれるような気がしたので・・・・倉庫が無くて困っているんです」とわくわくパワー全開で答えた川口さん。
すると、その話を斜め向かいで聞いていた同じく初参加だった稲荷さんとおっしゃる方が「あ、うちでよければ使ってください」と言ってくださり、ありがたいことに自宅の一室を借りることになったのです。

大谷さんとの会話がきっかけで、婦中に倉庫が見つかったこと、それは本当に引き寄せとしか思えない出来事でした。
「そして今回も、とてもいい事務所兼倉庫が見つりました。新しいその場所は車でほんの10分足らずの場所に葬儀場があります。・・・約半年前に不慮の事故で亡くなった大谷さんの葬儀があった場所です。私が大谷さんに宣言した『事務所兼倉庫を建てたいんです!』という言葉にストイックに挑戦しているか、ずっと見守られている気がするんです・・・」と川口さん。
「不安もあるけれど、ラッキーなことが次から次へと起こる。なんだか見守られているようにしか思えない。ありがたいです、現場や裏方を支えてくれる仲間と、今も心の中で生き続けて励ましてくださる方々、本当に多くの方に支えられていると感じます、しあわせです。」
きっとこの想いが、川口さんが睡眠時間をギリギリまで削ってでも、フードバンク活動に心血を注がれている源になっているのだろう、と胸が熱くなりました。

このフードバンク活動が私の代で終わっちゃうのは「もったいない!」ワクワクドキドキを引き継いでくれるフードバンクとやまの後継者を育てていくこと、そして自分自身も仲間と共に成長すること、それが川口さんの今の夢です。
川口さんからは、実はシングルマザーがなぜ、元気か、というマル秘情報も入手しました。でも、そのお話はまたみなさんにお会いした時に・・・
歳も近い川口さん、これからも一緒にがんばっていきましょう。たまには、女同士のマル秘トークで盛り上がるのもいいかもねるんるん

12.jpg

今年3月に開催されたフードバンクとやま活動研修会
川口さんと素敵な仲間たち
コメントする
コメント