CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日の人181.品川祐一郎さん | Main | 今日の人183.八木信一さん»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

宮田妙子さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
http://blog.canpan.info/diversityt/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/diversityt/index2_0.xml
月別アーカイブ
このブログをSNSで紹介
最新コメント
おかうえ
今日の人152.吉谷奈艶子さん (08/21) りんりん
今日の人114.村木真紀さん (05/19) ゆかり
今日の人114.村木真紀さん (05/09) 宮田妙子
今日の人149.河除静香さん (09/24) 橋本桂
今日の人149.河除静香さん (09/08) 高木敏夫
今日の人123.高橋太郎さん (04/14) 大太
今日の人4+.森本耕司さん (07/17)
最新トラックバック
今日の人182.前田大介さん [2018年12月30日(Sun)]
今日の人は、前田薬品工業株式会社代表取締役社長の前田大介さんです。前田薬品工業は創立以降50年、ジェネリック医薬品及びOTC医薬品の研究開発、製造を手掛けてきた会社で、軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤、液剤、そして、テープ剤、外用剤における様々な “モノづくり”を得意としています。女性も働きやすい会社で女性管理職の割合が25%、そして外国人の採用にも積極的なダイバーシティ度のとても高い会社です。また前田薬品工業は“第二創業”とも言える数々のチャレンジの種を撒いていて、その一つとして富山県立山町で建設中の美容と健康をテーマにしたリゾート施設「Healthian―wood(ヘルジアン・ウッド)」を2019年5月に開業します。約4万平方メートルの敷地にラベンダーや日本古来の和ハーブなどの日本最大級のハーブ園を整備し、建物の設計は新国立競技場などを手がけた建築家の隈研吾氏が担当。オープンが本当に楽しみです。
IMG_1810.jpg
とってもお洒落な社長室で

 前田さんは昭和54年に上市町で生まれました。両親は2人とも塾の先生で塾を経営していました。じいちゃんは富山地方鉄道の運転士で、両親が塾の仕事で忙しかったこともあって、よくじいちゃんばあちゃんと遊んでいました。

 でも、前田さんが幼稚園の頃に、上市から浜黒崎に引っ越し。その頃住んでいたのは、なんと前田薬品の倉庫だったそうです。前田薬品工業の創業者、前田實氏は、前田さんのお母さん側のおばあちゃんのお兄さんにあたる方でした。前田さんは田んぼでサッカーや野球をしたり、雪合戦をしたりと外でのびのび遊ぶ幼少期を過ごしました。

 しかし、そこは塾を経営しているご両親のことです。前田さんはお母さんの経営する英数塾にも通い、小学生の時から新聞のコラムを読まされ、基礎英語も毎日聞かされました。成績は常にトップで、小6の時は児童会長も務めます。当時から世話好きで仕切るのが得意でした。運動も好きで、小1から小4までは水泳教室に通い、サッカーもやっていました。5年生でバスケに出会うと、バスケにのめり込み、本気になりました。スラムダンクは今も愛読書です。小学校は海のすぐ近くにありました。蜃気楼が出たらみんなでベランダに出て見ていられるような、そんなのんびりした学校が前田さんは大好きでした。

 前田さんが10歳の時に、お父さんが前田薬品工業に入社されています。前田薬品工業の経理担当者が退職し、お父さんの几帳面な性格が見込まれて創業者の實氏に経理担当として入社を請われたのでした。

 前田さんは小6の秋に、「附属を受けるから一緒に受けない?」と親友に誘われます。それまでそんなことは考えたこともなかったのですが、親友も受けるからやってみようかと、秋から勉強を始め、見事合格。けれど、その友だちはなんと不合格でした。前田さんが入った年から富山大学付属中学のバスケ部はとても強くなり、前田さんはバスケのために学校に通っていたと言ってもいいほどでした。バスケ部では副キャプテンを務め、点取り屋のシューティングガードでした。試合は全試合ビデオに撮ってもらってそれを分析。バスケ部顧問の社会科の先生が担任でもあり、その先生が大好きだった前田さんは、自分も将来社会の先生になろう!と思っていました。ちなみに歴史上でいちばん好きな人物は黒田官兵衛、そして一番好きな政治家は小泉進次郎さんだそうです。

 3年の6月の引退試合が終わってからも10月まで毎日部活に行くほどで、この時の友だちは今も財産です。運動会や球技大会でも大会委員長として活躍した前田さんは、とってもモテて、卒業式はボタンは全てなくなりました。
 受験勉強は10月にようやく始めましたが、そこからぐんぐん成績が伸びてトップ10に入り、先生からは理数科に行けと言われます。そこで、バスケの強い富山高校を進学先に選びました。

 高校でもバスケ一色でキャプテン。この時の富山高校は本当に強くて、2年連続で北信越に出場します。部員も55人いて、前田さんは選手兼監督のような立場で皆を引っ張っていました。しかし、成績はいつも赤点で、学校の先生からは怒られ、その点では やさぐれていました。3年の時は、下級生にとても優秀な選手が入ってきて、前田さんはキャプテンながらフルで出場せずにベンチをあたためることが増えました。高校の時は6月の引退試合の後は部活をスパッとやめて、現役も通える予備校に通い始めます。そこで、浪人生の彼女と出会い一目ぼれ。2人はつき合うことになり、マックで一緒に勉強したりしていました。

 実は高校3年生の4月、新学期を迎える直前に、前田さんにとって、いや、前田さんの家族にとって大きな出来事がありました。前田さんの家族はそれまで実は前田姓ではなくて、鈴木姓でした。しかし、前田薬品工業創業者の前田實氏に肺がんが見つかります。實氏には子供がおらず、それでお父さんと寛氏が話し合って、一家ごと前田家の養子に入る決断をされたのでした。そうして一家は前田姓に変わったのです。

 勉強モードに切り替わった前田さんは、同志社大学商学部に現役で合格。歴史が好きで、大都市の人混みが苦手だった前田さんにとって京都はいちばん行きかった場所でした。彼女も京都に進学したので、二人で神社仏閣巡りによく出かけていました。しかし、バスケ好きの前田さんの血が騒ぎだし、またバスケにのめり込むようになった頃に2人の関係はフェードアウト。前田さんはバスケサークルのキャプテンとして部員60名を引っ張りました。そして、関西全域の約70チームの中で9連覇を成し遂げたのです。
 就職活動はせずに、WスクールでTACにも通い、税理士の資格を取るための勉強も始めました。
 
 卒業して富山に帰ってからも、さらに税理士試験の勉強を続け、また新たにバスケサークルも作りました。そのバスケサークルで出会ったのが、奥様です。
 勉強しながら、新庄中学校で不登校の子をサポートすることもやりました。その後、税理士試験の一部を取って会計事務所トマック・ジェイタックスで働き始めます。将来、前田薬品の社長になることはわかっていたので、会計事務所で働いた7年間は毎日中小企業の社長や独立開業のドクターに会い、本当にいろいろ勉強させてもらいました。そしてこの7年で圧倒的に数字に強くなり、数字を通してトップと話せるようになりました。これは本当に大きな財産になりました。
 会計事務所にいる間は、仕事の後は毎日バスケかジムに行っていました。そして前田さんんが創設したバスケサークルは4部から2部まで上がりました。

 29歳で結婚。そして前田薬品工業に入社。その時からバスケはピタッと辞めました。会社に入ってまずは現場からスタートしました。現場は思った以上に肉体労働で、1か月で5s痩せました。そこで2年、そしてその後は生産管理の部署を作って2年。その間、30歳で長女が生まれ、33歳で次女が生まれました。
そうして5年目の34歳の時に執行役員になります。
前田さんは会社に入る時にお父さんと約束していました。「自分以降、家族を社長にするのはなしにする、自分の後は能力のある社員を社長に。そうでないと自分は跡は継がない」それをお父さんと約束して会社に入ったのです。

 前田さんが執行役員になってから、前田薬品は日本で一番大きな塗り薬企業との提携に動いていました。立山町に40〜50億円の新工場を作る準備も進めていて、100%の連結子会社にする、2013年の10月1日にM&Aが成立するはずでした。
しかし、その前日の夜7時半にまさしく青天霹靂の大事件が起こります。
5年持つはずの薬、その薬が3年目に既に基準値を下回っていたのです。これは、製薬会社としてあってはならないことでした。2012年の試験で、出荷後のせき止め薬と製造途中の胃腸薬の2品目について、有効成分含有量が規格を下回っていたにもかかわらず、品質担当者が試験結果を書き換えていたのです。それは社長以下ほとんどの役員は全く知りませんでした。品質管理の担当者が納期を優先して独断でやってしまったのです。

 この事件でお父さんは社長を引責辞任し、会社が一番危機的な状況の中で、前田さんは跡を継いだのです。2014年4月1日のことでした。
前田さんは工場と販売部門の品質保証部を統括する信頼性保証本部を新たに設置する等の組織改革に着手します。社員のリストラはしませんでした。
全ての行政処分が出て5月。過去最悪の赤字を抱え、明日はどうなるか本当にわからない状況でした。「会社がつぶれたらその日から地獄が始まるから偽装離婚した方がいい」とまで言われました。あまりの重圧に13sもやせました。辞めていく社員も大勢いました。

しかし、前田さんは屈しませんでした。改革アクションを起こし、毎晩12時1時まで仕事仕事の連続でしたが、残ってくれた社員と家族が支えでした。社長を辞めたお父さんも財務で残ってくれたのもとても大きな支えになりました。

 この頃、あまりに疲れがたまってぶっ倒れた時がありました。げっそり痩せて頭痛もひどく全然眠れなかった時にアロマに出会います。ラベンダーのアロマオイルでアロマテラピーの施術を受けた時に体がとても楽になって久しぶりにゆっくり眠れたのです。この時のアロマとの出会いが、今前田さんが作っているアロマオイルTaromaの出発点になりました。Taromaには前田さんのこだわりがたくさん詰まっています。どれも立山町産のラベンダー、ゆず、ヒノキから抽出した3種類のアロマオイルです。立山町で育ったものを作り、抽出も製造も全て立山町で行っています。私もラベンダー、ゆず、ヒノキの3本セットを買ってみましたが、本当に肌なじみがよく、なんといっても香りがすばらしい!香りは脳にダイレクトに伝わるからこそ、成分は本当に大事だと思うのですが、Taromaなら間違いないと断言できます。そして、今やフランスにもこのアロマオイルを輸出されています。http://www.maeda-ph.co.jp/information/18

 前田さんと社員たちの改革アクションで、赤字だった会社は次年度には黒字になり、今もどんどん業績を伸ばしています。50期(2016年)の売上高が24億を数えて以降、毎年増収を続け、51期は27億、52期は29億を記録。53期は30億円を突破します。そして前田さんは30ものちがうプロジェクトに取り組んでいて、大変やりがいのある忙しい日々を送っています。

 そんな中、来年の5月に開業するのが美容と健康をテーマにしたリゾート施設「Healthian―wood(ヘルジアン・ウッド)」です。富山湾を一望できる田んぼに囲まれたロケーションを選んだのは、都会や海外から来る人に富山の自然や豊かさを感じてもらうため。和ハーブを育て、レストランでは育てたハーブ、そして半径40q圏内で育った地の食材を使った料理を提供しよう、富山が気に入ってくれた人が住めるエリアも作りたい、どんどん住んでもらって限界集落になっていたところを復活させよう。和ハーブのジンの蒸留所も作ろう。そんな風に前田さんの夢はどんどん広がっています。
entrance-bg@2x.jpg

 かつてのバスケット少年は今、50年後の富山を見据えて大きな夢を描いています。「妄想したら、もうそうするしかない!」という言葉はまさに前田さんにぴったり!どこまでも、さわやかな笑顔で突っ走っていかれることでしょう。富山にこんな素敵なダイバーシティ企業があることが、とても嬉しくなりました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント