CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日の人107.伊藤博芳さん | Main | 今日の人100.元島 生(もとしま しょう)さん»
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
宮田妙子
今日の人149.河除静香さん (09/24) 橋本桂
今日の人149.河除静香さん (09/08) 高木敏夫
今日の人123.高橋太郎さん (04/14) 大太
今日の人4+.森本耕司さん (07/17)
今日の人108.山元三百代(みもよ)さん [2013年10月24日(Thu)]
 今日の人は、先日ダイバーシティ・ドリプラでもプレゼンしてくださった山元三百代さんです。
2013-10-11 13.22.52.jpg
 笑顔が可愛くて、いつもとっても元気な三百代さんですが、実はその笑顔の裏には、筆舌に尽くしがたい、壮絶な想いがありました。

 富山県は良くも悪くも地縁の強い土地柄です。三百代さんも富山県で生まれ育ちました。そして小さい時からずっと大人の顔色を見て過ごしてきました。ものごころついた頃からは、自分はもしかしたら、誰からも愛されていないのではないか。生まれてきてよかったのだろうか。ずっとそう感じながら過ごす毎日でした。
 
 三百代さんの周りを取り巻く大人はとても世間体を気にする人ばかりでした。
 三百代さんのお父さんは、婿養子。お父さんは、子煩悩で三百代さんをとても可愛がってくれましたが、娘と二人だけの時に見せる表情と家族の前で見せる表情は全く違ったものに感じたそう。
 お父さんはもしかしたら、この家にいても窮屈なのかな。大好きなお父さんに私は絶対イヤな思いをさせたくない。そんな風に考えていたので、ますます自分の気持ちや想いを殺すようになって、とにかく家族の前ではひたすら元気に明るくふるまいました。

 そんな三百代さんがホッとできるのは、空想の世界で遊ぶときでした。友達と遊んでいても心から楽しいと感じることが出来なかった。この子は、本当に私と遊びたくて遊んでいるの?もしかしたら、遊びたくないんじゃないのかなぁ?すぐにそういう思いが強く浮かんできてしまうのでした。

 中学時代には壮絶なイジメに遭いました。暴力も受けたことがあります。
『痛いよ、怖いよ。助けてお父さん、助けて!』心の中で叫び続けた…。
 ついに親が呼び出されました。迎えに来たお父さんに三百代さんはひたすらあやまりつづけました。「ごめんなさい。ごめんなさい。」
 
 三百代さんは何にも悪くないのに…。それなのに、お父さんにあやまり続けた心境はいかばかりだったでしょう。ただただ、お父さんに悲しい思いをさせたくなかった、自分が傷つくよりお父さんが傷つくのがイヤだった。

 自分の思いを言葉にできずにいる三百代さんは世の中に絶望します。同時に言葉に言えないばかりに理不尽な思いをすることでますます世の中に絶望します。私なんて生きている意味があるのかな…

 そういう経験から三百代さんはますます人が信じられなくなります。その経験以降、三百代さんは他人の笑顔を見るのが怖くなりました。他人の笑顔を見ると、自分がからかわれているように感じました。だから、どうしても学校に行きたくなかった。本当は、ひきこもりたかった…世の中からいなくなりたかった…でも、学校へ行くしかなかった…何故なら、これ以上大好きなお父さんに心配かけてはいけない。私が元気で明るくすることで、保てると思っていたから。

 当時行きたくなくても中学校へ行くことしか許されなかった三百代さんは針のむしろにいるような毎日を過ごすしかありませんでした。そして、家では何事もなかったかのようにふるまう…

 中学校を卒業して、高校に入ると壮絶なイジメはなくなりました。楽しい時間はたくさんあったし、出会いにも恵まれました。でも、やっぱり心から楽しいと感じられる時間はなかった様に感じていると三百代さん。

 高校卒業後、就職先で旦那さまに出会いました。
 ずっと男の子になりたいと思っていた。でも、出産を経てようやく女に生まれてよかった、かもしれないと思うことができました。
 でも、やはり生まれてきたのが男の子でホッとしました。まだ「女は怖い」という思いを拭い去れないのです。

 生まれてきた子には発達凸凹、知的凸凹がありました。
 三百代さんは子どもに決して無理強いはさせません。子どものペースを守りたい。だから、オムツだって長くとれなくても全く気にしませんでした。それがこの子のペースなんだからそれでいい。
 私も子どものオムツがなかなか取れない頃「坂本龍馬だって10歳までおねしょをしていたって言うし、大丈夫だよ」って自分に言い聞かせていましたが、三百代さんのような境地には到底達していなかったなぁ。
 とにかく自分が経験したようなつらい思い、疎外感を絶対に子どもには感じさせたくない!この子はどんなことがあっても私が守る!そう思っているのです。

 それでも、やっぱりママ達が集団でいるのを見ると怖くて仕方がなかった。そして追い打ちをかけるように、世間体を気にする身内から子どものことに関してあれやこれやと言われます。「あんたの育て方が悪いんや」

 孤独感の中で、自分を追い込んでいった三百代さんは、ついにうつ病になってしまいます。そんな中、大好きだったお父さんが亡くなり、ますます心の行き場を失ってしまった三百代さん。ご主人と子どもの存在だけが、三百代さんをこの世に繋ぎ止めていました。

 自分の事より、三百代さんやお孫さんを心配しながらこの世を去ったお父さん。そんなお父さんへ三百代さんは自分が元気になることが、お父さんへの唯一の恩返しと気づき、自ら薬を断ちます。そして、外の世界へと大きな一歩を踏み出します。発達凸凹のサークルへとご縁は繋がり、そのサークルのお母さんより発達凸凹についていろいろ活動されている水野 薫さんを紹介され、さくらカフェの加藤愛理子さんと出会い、コミュニティハウスひとのまの宮田隼さんたちと出会います。そしてその広がりはどんどん広まりを見せています。

 ひとのまにいると、自分は自分のままでいいのかもと思えるようになりました。少しずつ少しずつ心のなかの氷が溶けていくのがわかりました。

 こうして、今、ピアサポートグループイイトコサガシ富山のファシリテーターとして、かつての自分と同じように苦しんでいる人たちと、話をすることからの一歩を踏み出しています。

 三百代さんは困っている人を見かけると助けずにはいられません。損な生き方だね、と言われても、誰かのために何かしたいという気持ちで動いていたいとはっきり言い切る三百代さん。「損」からしか見えない世界だってある、そう思っています。そして、私はそれは決して損な生き方ではないと確信しています。
 三百代ちゃん、それは、あなた自身を輝かせる生き方だよ。
 その生き方に胸を張ればいい。

 めひの野園の東真盛さんがFacebookで書いていらっしゃった言葉が印象的でした。

 この仕事をしてて思う。
 発達障害の人と接してて思う。
「無駄を除き、効率をいかに高めるか」ではなくて、
 今求められているのは、
「面倒くさいこと、無駄かもしれないと思うこと」を一生懸命やることじゃないかな。
 そうしないと新しいものが生まれないような気がする。

 私もその通りだと思います。そして、それはまさに三百代さんの生き方だと思っています。
 
 三百代さんは、かつての自分と同じように自分を殺して苦しんでいる人に、今どこにも助けを求められない人に、自分の想いを伝えたい。心の叫びを伝えたい、そう思ってプレゼンしました。そうして実際にそのプレゼンはたくさんの人の心に届きました。
 きっと天国のお父さんも三百代さんのことを応援してくれているにちがいありません。誰にも遠慮することのない、心からの笑顔で。
コメントする
コメント