CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

宮田妙子さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
http://blog.canpan.info/diversityt/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/diversityt/index2_0.xml
月別アーカイブ
このブログをSNSで紹介
最新コメント
おかうえ
今日の人152.吉谷奈艶子さん (08/21) りんりん
今日の人114.村木真紀さん (05/19) ゆかり
今日の人114.村木真紀さん (05/09) 宮田妙子
今日の人149.河除静香さん (09/24) 橋本桂
今日の人149.河除静香さん (09/08) 高木敏夫
今日の人123.高橋太郎さん (04/14) 大太
今日の人4+.森本耕司さん (07/17)
最新トラックバック
今日の人190.池田 誠さん [2019年08月25日(Sun)]
 今日の人は、一般財団法人 北海道国際交流センター(HIF)事務局長 大沼マイルストーン22代表、NICE評議員、ボラナビ倶楽部理事、大沼ラムサール協議会会長と、数多くの顔をお持ちの池田誠さんです。
IMG_4577.jpg
ホッとできる場所「Caffee Classic」で

 池田さんは昭和36年北海道知内町湯の里で生まれました。湯の里は青函トンネルの北海道側の出入り口のある場所です。1クラス20人くらいの小さな学校にいた池田さんは、自然の中で走り回ったり、虫捕りをするのが好きなおとなしい子でした。お父さんは小学校の先生で、とても教育熱心でした。毎朝5時に起きて4q走って縄跳びを500回、帰宅後はそろばん、書道というのが日課でした。小学校入学前に九九は覚えていましたし、そろばんは小2の時に1級でした。学校の成績はとても優秀でしたが、あまり積極的な子ではありませんでした。
 小学校の5年生からは函館の大きな学校に引っ越しましたが、田舎が好きだった池田さんはその学校になじめず、学校の先生に反抗していました。家で親に反抗できなかった分、学校の先生に反抗する方にいってしまったのかもしれません。家ではドリフなどの娯楽番組やゲームは禁止でしたし、とにかくお父さんは厳しい人で、そのお父さんに反抗するなど思いもよらないことでした。
 巨人の王選手が好きだった池田さんは、子どものころ野球選手になりたい、と思っていました。中学校では野球部に入り、ショートで3番を打っていました。校内のマラソン大会でも1位で、まさに文武両道だったのです。社会的なことに興味を持ちだしたのもこの頃で、中学3年の時に新聞に投稿していました。
 
 高校は函館中部高校へ。陸上部のキャプテンでしたが、本もたくさん読んでいて、小説の公募にも応募していました。勉強、部活、読書に忙しく、悩みなど特に感じていませんでした。数学が得意なこともあって、理系にいたけれど、文系に進みたい気持ちも強くて、北海道大学の文学部を目指していました。しかし、共通一次で思ったような点数が取れず、さりとて浪人する気もなかったので、二次試験が数学、国語、英語の得意科目で行ける小樽商科大学の商学部へ入ります。
 大学では陸上部と、落研にも入りました。落研に入ったのは合コンがしたかったからです。高校の時は女の子に全く興味がなかった?のに、大学に入ってから急にはじけてしまった池田さん。1年の秋からパブでバイトをし始めたことで、ずいぶん社会勉強にもなりました。仕送りは一切もらっていませんでした。大学の後半には合コンの主催者もよくしていました。

 大学3年の春休みにはアメリカに1ヶ月ホームスティをします。語学講座のコマーシャルで「君もカリフォルニアの風に吹かれてみないか?」と言っているのを聞いて行ってみたい!と思ったのでした。このホームスティの体験は池田さんに大きな影響を与えました。そしてホームスティをたくさんの人に広められる仕事をしたいと旅行会社のJTBに就職しました。働きながら、「北海道国際交流センター(HIF)」が主催する国際交流活動にボランティアとしても関わっていました。
 HIF は1979年、早稲田大学の要請で16人の留学生を七飯町の農家に2週間滞在させ、当時としては非常に珍しい草の根の国際交流を成功させたことで組織化された法人でした。毎年多くの留学生が北海道に来て、芋掘りや牛の餌やり、昆布干しなどを体験するのです。受け入れるホストファミリーは、畑作や酪農、漁業に携わる皆さんでした。そんな皆さんと出会って、池田さんは次第に農業をやりたい!と思うようになっていったのです。幼い頃に、自然の中で走り回って楽しかった池田さんの原風景と農業とが結びついたのかもしれません。

 池田さんは29歳の時に、職場で知り合った女性と結婚しましたが、11年働いたJTBを辞め、子どもが2歳の時に、家族でニュージーランドに渡ったのです。何か当てがあったわけではありません。小樽市役所に電話して、自分はニュージーランドと日本の架橋になりたいと熱く語り、ダニーデンの農家でファームステイをしてもいいという許可をもらったのです。1ヶ月いたその農家はおじいさん一人で牛1万頭、羊5万頭を飼っているところでした。そのおじいさんは池田さんの奥さんの日本食に感激して、日本に帰ってきてから遊びに来てくれたこともあります。その他にもハーブ農園や牧場等20か所近くに住み込んで、グリーンツーリズムや、パーマカルチャー、バイオダイナミックなどを学びました。「I’m farmer」と自負を持って働く農家の人々。Do it yourselfを大切にするニュージーランドの人々は壁が壊れても、井戸が詰まっても、車がオーバーヒートしても何とかしてしまいます。 このニュージーランドでの日々は池田さんのその後の人生を語る上で、なくてはならない1年間になったのでした。

 帰国後は、共働学舎新得農場で心身にハンディキャップのある人たちと、有機農業とナチュラルチーズづくりをしながら自給自足で暮らしました。約60人と共同生活し、皆が支え合って暮らすダイバーシティとの出会いとなったのです。ここで多様性の大切さを実感し、また自然と共に生きることが池田さんのテーマになりました。この共働学舎で作ったチーズは日本で初めてのチーズコンテストで日本一になったそうです。どんな味なのか食べてみたいですね。

 その後、搾乳のアルバイトをしながら新聞の通信員をしたり、コミュニティFMのパーソナリティをしたりしていました。そんな時に、かつてボランティアをしていたHIFの代表理事からうちで仕事をやってみないか、と声をかけられます。こうして、2001年から池田さんはHIFの事務局長として働き始めました。主に留学生の夏のホームスティの受入れをやってきたHIFですが、冬は何をやっているんですかと留学生に聞かれます。
 HIF では、ホームステイ事業以外にも、国際交流に関する様々な事業を展開していきます。一つは、2004年から実施している環境のための「国際ワークキャンプ」の実施。これは、留学生と日本人が、共にボランティアとして地域の植樹や湖の浄化活動などを行うものです。2008年の洞爺湖サミットでは、ヨーロッパやアジア8カ国と日本の若者が一緒に道内で植樹活動をし、さらに地球環境への思いを短冊に書いて、G8に集まった世界の首脳に届けました。また、タイやマレーシア、韓国などでスタディツアーも実施しています。マリンツーリズムを進めるフィリピンへのツアーでは、地元のNGO の協力で現地入りし海洋調査を行いました。2004年には、ボラナビを参考に、道南のボランティア情報誌「ボラット」を創刊。2010年には、若者の厳しい雇用の現状に国際的な視点で臨むために、若者の就労をサポートする「はこだて若者サポートステーション」を始めたり、名古屋で行われた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に北海道環境省パートナーシップオフィスと連携して出展したりしました。

 このように、池田さんは事務局長として次々に新しいことに取り組んできました。そして、「ボラット」の後継情報誌として「@h」という季刊誌も発行し、子どもの貧困、まちづくり、国際、環境、農業など様々な社会課題について発信しています。知りたい場所に行き、会いたい人に会う、ここではJTBの仕事も生きていると池田さん。そう、今までやってきたことは全部つながっているのです。そして、どこからどこまでが自分にとって仕事かわからないと池田さん。人と会い、人と関わることが好きだから、その時間がとても楽しい。
 実は池田さんにはとても優秀な妹さんがいて、東北大を首席で卒業した秀才なのですが、池田さんは妹さんとずっと比べられるというコンプレックスが強くありました。それもあって普通の生き方ではなく、自分のペースで生きられる方向に進んだということもあります。けれど、社会を変える活動に関わることが出来る今の自分に満足しています。

 そんな池田さんが今ホッとできるのは、お気に入りの「Caffee Classic」で気の合う店主の夫妻と過ごす時間。私も連れていってもらいましたが、ヒュッゲのようなゆったりとした時間が流れていて、なるほどホッとできる場所というのも納得でした。
IMG_4578.jpg
IMG_4576.jpg
どこか懐かしい味わいのプリン、奥の絵本はマスターの近藤伸さん作の絵本Live the Magic
とってもあったかい絵本です。おすすめです!


 何も背負っているものがなかったら、行きたい場所は沖縄と秋田。沖縄は場所がいい、秋田は美人が多いから、だそうです。さすが合コンキングですね。
外国だったらやっぱりニュージーランド!
 そうしていつか、共働学舎のような場所を作りたい、それが池田さんの夢でもあります。
 素敵だな、と思ったことは全部やってきたという池田さん。いつか富山の留学生たちを連れて池田さんの作った共働学舎のような場所にお邪魔することを楽しみにしています。



今日の人189.市山貴章さん [2019年08月13日(Tue)]
 今日の人は俳優として、また俳優養成所の教官としてご活躍中の市山貴章さんです。
68636752_2438679733070355_4045146039282302976_n.jpg
市山さんは、1950年に高岡で生まれ育ちました。小さい時は、富山弁で言う「しょわしない」子でした。いつも田んぼや公園で走り回っていましたが、授業中はとにかくボーっとしていたので、小3の時の先生には普通級に置いておけないと言われたくらいでした。
 でも、集中力は人一倍。そして、小さい頃から絵を描くのは大好きでした。
中学の時は、絵のコンテストで金、銀、銅の全てを制覇したので、高校の美術の先生から君が来るのを楽しみにしていると言われていたほどです。市山さんにはお兄さんがいるのですが、お兄さんも抜群に絵のうまい人で、小学2年の時に描いた絵を「親が子どもの絵を描かないでください」と注意されたくらいです。今もお兄さんは絵を描き、それをブログにも綴っていらっしゃるので、ぜひご覧ください。→昭和の子供たち・やよい町15番地
市山さんはこのお兄さんから受けた影響もとても大きかったのです。

中学の時は、シェイクスピア全集を読破してしまうくらい、シェイクスピアにもハマっていました。また宗教本も好きで、宗教に関する本も読みこんでいました。俳優にならなかったら、宗教家になっていたかもしれない市山さんなのでした。

高岡工芸高校に進み、美術を勉強していた市山さん。絵画だけではなく、彫刻、写真もやっていました。写真は高校生のコンクールで入賞していましたし、お兄さんにはお前は写真家になれと言われていたくらいの腕前でした。今も写真は大好きでよく撮ります。また三島や太宰、そして外国文学を読みふけっていたのもこの時期でした。中学も高校も美術部の部長でした。とってもイケメンでいらっしゃるので、さぞかしモテモテだったんだろうなぁと思います。

卒業後は富山でデザイナーの仕事をしていました。高岡にあったアマチュアの演劇集団に加入したりもしていました。
そんな時に起こった事件が、三島由紀夫の割腹自殺です。市山さんは思いました。ああ、自分は田舎で安穏と暮らしていてはだめだ!
こうして、市山さんは何の当てもないまま上京したのです。

東京で入った会社でもデザイナーをしましたが、社長に「お前はサラリーマンに向いていないな。フーテンになれ」と言われ、2ヶ月でその会社も辞めてしまいます。そして新宿駅の西口に座って手作りのものを売ると一時間で3000円分も売れてしまいました。当時は、喫茶店でアルバイトして、一日分のバイト代が800円ほどの時代です。それが一時間に3000円もうけちゃうんですから、社長が言っていたフーテンになれというのは、まんざら間違いではなかったようです。でも、市山さんは、フーテンにはなりませんでした。一日で嫌気がさしてしまったのです。

市山さんはお茶の水にあったレモンという喫茶店でバイトを始めます。ガロの曲のモデルになった喫茶店でもありました。喫茶店のバイトだけではなく、とにかくいろいろなバイトをやりました。高層ビルの窓ふき、解体屋、ガソリンスタンド、いろいろな肉体労働もやりました。

そんなある日、電車の中で眉のない女と目が合った市山さん。なぜか見つめ合いにらみ合いになったその女性は、天井桟敷の女優でした。
「自主映画をやるけど、一緒にやらない?」市山さんは誘われます。
「真っ裸になるけど、いい?」
「いいよ」
そうして、市山さんは東京で演劇を始めました。
彼女とは恋人になったわけでもなんでもなかったのですが、無理して生きている感じがして、市山さんは彼女に「結婚すればいい」という言葉を投げかけ、彼女は「あんたは俳優になればいい」と言いました。お互いに何気なく言ったその言葉が、それぞれの人生に大きく影響していったのでした。

その後、市山さんはある劇団に入ったのですが、「バカ、頭悪い、下手くそ」としか言われませんでした。もうやめよう、そう思って受けたオーディションに受かった市山さん、その後はおもしろいようにオーディションに受かりまくります。NHKの少年ドラマシリーズ「幕末未来人」では沖田総司役をやり、段ボールいっぱいにファンレターが届きました。
朝ドラの風見鶏でもレギュラーに。この頃は、ファンの女の子がアパートを見つけだして待ち伏せされたり、なかなか大変でした。
IMG_4838.jpg

でも、売れていた絶頂の時に、市山さんは俳優に専念するのをやめ、新宿のアパレルショップでアルバイトを始めました。そこの社長に「売れたのにもったいない」と言われましたが、市山さんにはそこまでテレビの売れっ子に執着はなかったのです。もちろん、俳優を完全に辞めてしまったわけではなく、何か役がある時は真剣にこなしていました。
市山さんは、中森明菜のデビュー曲「スローモーション」のPVにも彼氏役で出演していらっしゃいます。貴重な画像がこちら→https://youtu.be/0NEakkQ_wbA

市山さんが俳優という仕事を本当に面白いと心から思ったのは50を過ぎてからです。そうして最近は、ジジイに変化していくのもいいもんだと思うようになりました。
今、市山さんは日本各地の俳優養成講座で俳優の卵たちに演じることについて教えています。最初、教えることに乗り気ではなかったのですが、俳優になりたがっていた子が19歳で交通事故で亡くなってしまい、本人がやりたいと言っていることはやらせてあげるべきではなかったか、と後悔したのです。その後、自分のしていることで伝えられることがあったらやるべきだ、と思うようになり、今、全国を飛び回っているのでした。
教えるのはとても楽しいけれど、大変な作業でもあります。けれど、自分の考えたことを全力で伝えらえることができる、そんな時間が好きだから、これからも伝え続けたい、そう思っています。
市山さんは、生きているものの全てがやるのが演劇だと思っています。そんな気持ちで毎日を送るとちがう視点が見えてきそうです。市山さんは言います。あなたのための人生は、あなたが主役だよ。だから、生きている間にできることをたくさんしなさい、と。今はネットの世界に閉じこもって、リアルを疎かにしている若者が多すぎる。それじゃあ、演劇にはならない。生きている、今の時間を楽しんでほしい。だから、ちゃんとあなたを演じてほしい。生きることは演劇だとおっしゃる市山さんご出演のコマーシャルでとても心に残るものがあります。若い俳優では出せない、歩みを重ねてきた人が醸し出す味わい深いコマーシャルです。ぜひご覧ください。→https://youtu.be/RFStWK7vtnI

そんな市山さんが今やりたいことは広いキャンパスにその瞬間を描くこと。今の一瞬を書のような絵で描きたい。市山さんがこれからどんな絵を描いていかれるのか、楽しみにしています。


今日の人188.佐藤慎司さん [2019年07月24日(Wed)]
 今日の人はアメリカの超名門大学プリンストン大学日本語プログラムディレクター・主任講師の佐藤慎司さんです。佐藤さんは毎年夏にプリンストン大学の学生たちを連れてIJSP(石川ジャパニーズスタディーズプログラム)で金沢に来られていて、その時にお話を伺いました。
IMG_4035.jpg

 佐藤さんは1969年東海市で生まれました。妹さんが2人いて、小さい時からおしゃべりしんちゃんと呼ばれるくらい愛嬌のある子でした。かといって、いつも大勢に囲まれているのが好きなわけではなく、一人でいても平気な子でした。いろんなグループに行けるけれど、どこにも属さない。群れるという行為が好きではなかったのかもしれません。
 本は一度ハマると全部読んでしまいたくなるタイプだったので、忙しい時にそれをやってしまうと、大変なのでした。推理小説も大好きで江戸川乱歩やシャーロックホームズ等のシリーズ物は大体読破していました。
 自分から言い出してピアノや絵も習っていて、サッカークラブに剣道クラブなどにも入っていましたから、なかなかに忙しい子ども時代を過ごします。学校が大好きだったかというとそうでもなく、日曜夜にサザエさんを見ると、明日から学校かぁと憂鬱な気分になっていたものです。
でも、佐藤さんのご両親は子どもに何か指図することは決してしませんでした。一人の人格としていつもちゃんと意見を聞いてくれるのです。お母さんは小学校の6年生の時に子ども会の会長をされていたのですが、「子ども会の遠足をどうしたい?」と聞いてくれました。それまでは毎年同じお決まりのコースだったのですが、お母さんは佐藤さんの意見を組んでそれまで行ったことのない場所を提案します。行ったことのない場所で何かあったらどうするの?など、保守的なお母さん方の声もありましたが、その年は子どもの意見を尊重した子ども会の遠足になったのです。結果、子ども達からも大人からも大好評。佐藤さんのいろんな慣習に囚われずに新たなことにチャレンジしていく姿勢はきっとご両親の影響も大きいのでしょう。
お母さんは子ども達の健康にもとても気づかいのある方でした。夏休みも家に置いてあるおやつは冷やしたトマトと麦茶。ポテチ等のスナック菓子は家には一切なかったので、たまに友だちの家で食べるくらいだったのです。
お父さんはドライブ好きでしょっちゅう家族をあちこち旅行に連れていってくれました。お父さんはまだ1ドル360円の固定相場制だった頃に仕事でアメリカに行ったことがあり、広い野原で行われるバーベキューの集まりに参加し度肝を抜かれたり、英語が通じない中でもモテルのおばちゃんに親切にしてもらった経験から、子ども達にもいろいろなことを経験してほしいと、いろいろな場所に連れていってくれたのです。佐藤さんが旅行好きになったのは、そんなお父さんの影響も大いにあります。こうして、ご両親の愛情をたっぷり受けて育った子ども時代でした。

 中学高校時代はオーケストラでフレンチホルンを吹いていました。学生時代はピアノ、フレンチホルンをしていました。そして今は尺八もやっているので、常に音楽に囲まれた生活を送っている佐藤さんです。
 しかし、高校2年生の時に佐藤さんを大きな悲しみが襲います。大きな愛で包んでくれたお母さんが乳がんで亡くなったのです。お母さんが亡くなってからしばらくは、台所からふっとお母さんが出てくるような気がして仕方ありませんでした。生と死の境目ってはっきりしない、そして人ってこんな簡単に死んじゃうものなんだ、だったら、やりたいことをやらないと、高校2年の佐藤さんが胸に刻んだことでした。でも、お母さんが亡くなる前の3か月間、佐藤さんは毎日学校帰りに病院に寄ってお母さんに顔を見せていました。だから高校生の自分にできるせいいっぱいの親孝行はできたのではないかと思っています。
今も、お父さんに できるだけ顔を見せようと、アメリカから帰国した時は必ず実家に寄る佐藤さん。もっとも、お父さんは定年後も全く暇そうにしていることはなく、自分史を書いたり、マラソンやウォーキング、コンピューターを使ったり、料理もご自分でされたりと、とてもお元気です。

 お母さんが亡くなってから、3日に1回料理当番が回ってくるようになりました。最初こそ、ハンバーグにつなぎを入れなかったり、すき焼きなのにみそを入れたりしましたが、そのうちに残り物を使っての料理もお手の物になり、料理は全く苦にならなくなりました。そうして家族はみんなおしゃべりなので、いつも笑いの絶えない佐藤家だったのは、幸せなことでした。

 大学に入る時に、佐藤さんがお父さんから言われたことは2つありました。ひとつは自分の家から通うな、もうひとつは卒業する前に海外を経験しろ、ということでした。
 そこで佐藤さんが選んだのは東北大学の経済学部でした。ゼミは日本人が5人、留学生が5人でダイバーシティがありました。留学生といろいろ話をする中で、佐藤さんは異文化コミュニケーションの楽しさを感じました。日本人も全国から集まってきているので、各地の言葉の違いも楽しかったのです。もちろん東北名物の芋煮もやりましたし、アルバイトもいろいろやりました。家庭教師、カフェや立ち食い蕎麦屋の店員、交通量調査、試験監督、町工場で選挙ポスター掲示板の設営、パン工場等、とにかくいろんなジャンルのバイトをやりました。
 お父さんとのもう一つの約束は大学4年の時に果たします。夏休みにニューヨークのロングアイランドにホームスティをしました。ホストファミリーは決してお金持ちの家ではなく、変に親切でもなかった。でもそれがすごくよかった。ホストファミリーのお父さんはベトナム退役軍人で日雇いの仕事をしていて、お母さんとは再婚でした。信号が赤で止まったら車もガス欠。それでもなんとかなるさと陽気に笑っている家族でした。天気もよく、空も広い、言葉が通じなくてもなんとかなる、それを肌で感じたとてもいい時間になりました。
へんてこな旅行にもよく行きました。青春18きっぷで下関まで行き、下関からフェリーで釜山へ、フェリーの中で仲良くなった早稲田の韓国人留学生から簡単なフレーズを習って韓国に初上陸。釜山からソウルまではバスで、ソウルから中国遼東半島までフェリーで行きました。そのフェリーに乗っていた外国人は3人だけで、着いた場所は青島の近くの威海です。中国語は話せないので筆談で勝負。すると中国人用の安い切符を買ってやるから車内で話すなと言われ、地元の人しか乗らない列車に乗って上海に行くことになりました。車内は床で子どもにおしっこをさせているなど、まさにカオスな空間に日本人の佐藤さんが紛れ込んでいたのでした。
上海では中国人の友だちに会いました。当時上海で外食は中国人平均給与の半分程の値段だったのですが、ご馳走してくれ、中国の人のもてなしの心に触れたのでした。上海から香港までは、打って変わって一番いい寝台で行きました。昔も今も、自分の心がワクワクするところを佐藤さんは常に追いかけていらっしゃるのかもしれませんね。

 こうして大学を卒業した佐藤さんは、クレジットカード会社に就職します。社員の90%が20代でノリは体育会系、すごくおもしろい人が集まっている会社でした。でも、会社にはゼミに日常的にいたような外国人がいませんでした。佐藤さんにはずっと外国の人と関わっていたい思いもあり、新聞で見つけた日本語ボランティアに参加することにしました。会社の寮は鶴見にありましたが、世田谷まで日本語ボランティアに通いました。その教室にはいろいろな国籍の人が来ていて、どうやったら心を開いてくれるか、どうやったらおもしろくなるか、いつも考えていました。教科書通りに教えてもちっとも盛り上がらない。けれど、「これはあなたの国の言葉で何て言うの?」そのひと言で、学習者との距離がぐっと縮まりました。こうして言語学習を通じていろんな人とコミュニケーションを取る時間は佐藤さんにとってとても大切な時間となりました。

 長期休暇はやはり旅行に出かけていました。ヨーロッパに行った帰りに飛行機の中でフィリピンの人と友だちになり、翌年その人の住所だけを持ってフィリピンに行ったこともありました。フィリピンに着いてから、ここにどうやって行けばいい?と現地の人に聞くと、バスターミナルに連れていってくれました。バスの中で寝てしまい、降りるべきバス停がわからなくなってしまった佐藤さん、はてどうしようかと途方に暮れていると、乗り合わせた一人の学生がその友だちの家の前まで佐藤さんを送っていってくれたのです。お礼に佐藤さんはその子にハンバーガーをおごってあげました。訪ねて行った友人はホアンくんといい、その当時の佐藤さんにはかなり貧しく見える地域に住んでいました。ホワンくんのうちには家族親戚の小さいお子さんがたくさんいて、なんでこんなに目がきれいなんだろうというくらい、みんな目がきらきらしていました。日本ではほとんど見ることのなかったようなこの目の輝きは一生忘れられません。せっかく来たから観光しようと、大砲に十字架がある所に登って写真を撮ったりもしました。その時は、フィリピンの人たちはみんなニコニコして何も言わなかったけれど、日本に帰ってきてからその地について調べた佐藤さんは愕然とします。日本軍が攻撃した戦争の地で、自分は何を陽気に砲台に登って写真を撮っていたんだ。あの中には身内を日本兵に殺された人もいたかもしれない。それなのに、何も言わずに日本人の自分に優しくしてくれた人々。胸がチクチク痛みました。その時の痛みを佐藤さんは今も忘れていません。

 会社に勤めて4年、佐藤さんは仕事を辞めて留学する決意をします。会社の人は、「イヤで辞めるわけじゃないし、がんばってこい」と胴上げしてくれました。お父さんにも電話をかけました。「僕、海外の大学院に留学することにしたよ。」すると、お父さんは言いました。
「お前が一生会社に勤めるとは思わなかったよ。慎司は学者になると思っていたから」
お父さん、お見通しだったんですね。

 そして佐藤さんはマサチューセッツ州立大学で修士号を取ります。この時、佐藤さんのメンターともいえる先生との出会いがありました。その先生は学問に対する確固とした哲学を持っている先生で、自分に厳しく、人には優しい観音様のような先生です。その先生が佐藤さんに「博士号も取りなさい。そして教育学部に行くならできるだけ名の通った大学院で学びなさい」とおっしゃったのでした。こうして、佐藤さんは、名門コロンビア大学教育大学院(ティーチャーズカレッジ)の博士課程で再び学び始めました。しかし、常に孤独で苦しかった。パートタイムで日本語を教えてはいましたが、お金がない、時間もない、トンネルに入って出口が見えない、そんな日々を過ごしていたのです。それでも、ふんばりました。
 佐藤さんは当時文化習得に興味がありました。そのフィールドとして日本の保育園や幼稚園を10か所周りましたが、行く所によっていろいろなことが全部ちがっていました。教育観、宗教(仏教、キリスト教系など)、その地独特の風俗、そういうものによって園は全くちがうものになっていたのです。しかし、ひとつだけ共通していることがありました。それは、保育園にしても、幼稚園にしてもそして外国語教育の現場にしても、目の前の子供や学習者を大切に思う心ある多くの女性によって現場が成り立っているということです。それを搾取する心ない人がいて、それでも子どもたちや外国語教育を受けている学生たちのために、文句も言わずにがんばっている。ここをちゃんと研究者として明らかにして教育者を束ねていかないと、そう佐藤さんは思いました。
教育人類学の博士号を取得した佐藤さんは、ハーバード大学、ミドルベリーサマースクール、コロンビア大学講師を経て、2011年よりプリンストン大学日本語プログラムディレクター、主任講師となり、今、世界中を駆け回っています。

佐藤さんには大切にしている信念があります。それは、子どもも外国人も一人の人として意思を尊重すること。佐藤さん自身が幼少のころから、周りのみんなに意思を大切にされアイデンティティを育んでくることが出来た。だから相手がどんなに幼い子どもでも、人として尊重しているか、それを大切にしたいのです。尊重するからこそ対話が成立する、一方通行だとそれは対話とは言えないのだから。

対話によるコミュニケーションの大切さ、それをもっともっとちゃんと伝えていける教育者でありたい、仲のよい人とだけやっていくのは気持ちはいいけれど、相容れない人ともちゃんと話すこと、対話していくこと、それによって1+1が100になることだってある。だから、恐れずにどんどん対話をしていける世の中にしていきたい。
教育と人類学は佐藤さんの研究のテーマであり続けるのでした。

 佐藤さんがプリンストン大学の学生を連れてIJSP(石川ジャパニーズスタディーズプログラム)に来るようになって、今年で7年目になりました。日本語教育の大家でプリンストン大学名誉教授の牧野成一先生から引き継いだ事業です。学生たちにとって、古都金沢でホームステイしながら学べるこのプログラムは、本当にすばらしい時間となっていて、佐藤さんにとっても金沢で過ごす時間はとても大切な時間です。そして、佐藤さん自身も後継者を育てていくことの大切さを思うようになりました。そんなことも考えこの夏には石川県国際交流協会との共催で「みんなで考えよう石川の未来」というイベントも主催しました。佐藤さんに会うことになったのも私がこのイベントに参加したためです。

 佐藤さんには、今、日曜のサザエさんの憂鬱はありません。いつも楽しい。時々、ペースダウンした方がいいかなと思うこともありますが、自分じゃないとできないことが増えている、そんな使命感も感じています。50代はまだまだ働き盛り。後継者を育てながら、ご自身も最前線を突っ走ってくださいね。

 そんな佐藤さんが楽しいことは人と人とのつながりを感じるとき。そして人と人を会わせて起こる化学反応にわくわくするのです。そう、佐藤さんはとにかく人が好き。プリンストン大学といえば世界の大学学術ランキング2018で6位(東京大学は22位)、プリンストン大学の合格率は、アイビー・リーグの8校のうち、3番目です。トップ3(ハーバード、イェール、プリンストン)の大学を総称して、ビッグスリー、またはイニシャルをとってHYPとも呼ばれています。そんな超有名大学の先生にもかかわらず、佐藤さんはえらそうな所はひとつもありません。本当に気さくで、日本語教育の世界に新しい風を吹き込んでくださる先生として期待大なのです。
 
 いろんな趣味があって、尺八、民藝や骨董集めも好きですし、ジムに行くのも好き、手でものを作るのも好き。料理も好きでコーヒーも豆から自分でひきます。もちろん、旅も大好きです。とにかく好奇心が半端なく、いくつになっても少年のような佐藤さん。
 これからも、おしゃべりしんちゃんの本領を発揮して、いろいろな場所で人と人をつないでいってくださいね。この世界を平和に導くのは、対話しかないと私も思っています。いろいろな見方を自分の味方にするのは、対話で生まれる愛だから。そしてその愛ある対話が日本語でも出来るように、私たち日本語教師は、今日も留学生や外国人労働者や外国にルーツを持つ子ども達と向き合っているのです。

演劇佐藤さんには近著「コミュニケーションとは何か―ポスト・コミュニカティブ・アプローチ 」を始め数々のご著書があります。
ぜひご覧になってください。下指差し
佐藤慎司さんの執筆本
今日の人187.小田島 道朗さん [2019年07月14日(Sun)]
今日の人は(公社)北海道国際交流・協力総合センター 交流・協力部課長で多文化共生マネージャーでもある小田島 道朗さんです。北海道の多文化共生推進の中心とも言える小田島さんに、札幌でお話を伺いました。
IMG_3845.jpg

小田島さんは1970年に北海道旭川で生まれました。小さい時から外で遊ぶのが大好きで、家で遊んでいた記憶はあまりありません。両親とも先生だったこともあり、躾にはなかなか厳しく、ゲームは買ってもらえませんでした。それで、ゲームをしたい時は友だちの家に行ってやっていたものでした。
小さい頃から生き物が好きで、当時やっていた「野生の王国」等の動物番組をよく見ていました。図鑑を見るのも好きでした。でも、小学生の時に、当時飼っていたポメラニアンが死んでしまい、それが本当にショックだったので、それ以来ペットは飼っていません。
スポーツ少年でもあった小田島さんは、小学生の時は野球とテニス、冬になるとスキーをやっていました。北海道には長靴に履くミニスキーもあって、子どもの時はよくそのミニスキーでも遊んだものでした。(それ、富山にもありました。懐かしい!)
そんな小田島さんが小学生の頃になりたかったのは、ラーメン屋さんです。それくらい地元の旭川ラーメンが大好きでした。だから、大学で札幌に出た時は札幌ラーメンの味に全然馴染めなかったのです。さすがに今は、札幌ラーメンの味にも慣れましたが、やっぱり一番好きなのはずっと旭川ラーメンです。
また、高学年の時は、仲良しの女の子と交換日記をしたりもしていました。そう、当時は交換日記がとても流行っていたのです。多分、同年代の人はみんな交換日記の経験があるんじゃないかなぁ。はい、もちろん私もやっていました。

中学生になると、バスケ部に入ります。小田島さんの通っていた北海道教育大学附属中学校は当時バスケ部がなかなか強かったのです。テニスもやりたかったのですが、中学には軟式テニス部しかなくて(小学生の時は硬式テニス)、バスケ部を選んだのでした。運動好きな小田島さんのことですから、バスケも真剣に取り組みました。1,2年の時はポイントガード、3年の時はセンターがポジションでした。中学の時は、将来体育の先生のなりたいと思っていました。

高校に入ると、硬式テニス部に入ります。といっても、そこまで真剣にはやっていませんでした。高校には夏の間は自転車で、冬になるとバスで通っていました。いろいろと友だちとつるんで遊んでいました。今は布袋寅泰に似ている小田島さんですが、この頃は野球の清原に似ていると時々言われていました。

大学進学で、札幌に出てきた小田島さん。大学では英語英米文学科に進みます。テニスを教えるアルバイトで人に教える楽しさを知り、将来は英語教師になろうかと思っていました。けれど、2年の時に、このままでいいのかと痛切に思うようになります。このままでいても、自分は英語も身につかないし、中途半端なまま卒業を迎えてしまいそうだと思ったのです。
 そこで小田島さんはハワイの大学に留学することにしました。学びたい教授がいたこともあって、アメリカ・ハワイ州へ留学することに決めたのです。
でも、アメリカの大学ではでは成績が悪いと除籍になります。次の授業まで原書で100ぺージ読んでいかなくてはいけないこともざらにありました。それで、最初の頃はとにかく必死で勉強しました。ハワイにいても日焼けをする暇はなかったのです。
4年生になって、ようやく自由な時間が増え、アルバイトをする余裕もできました。タンタラスの丘という観光客に大人気のワイキキの夜景の広がる場所で、リムジンに乗って来る観光客の写真を夜景をバックに撮るというバイトをしていました。そうして、ゴルフをするのも大好きになりました。なにしろ、ハワイは現地に住んでいる人は、日本でのカラオケ一回分くらいの料金でラウンドできるのです。今もゴルフをするのが大好きな小田島さんは、毎年12月に奥様と一緒にハワイに行ってゴルフをするのが何よりの楽しみです。
 こうしてとても充実したハワイでの大学生活を終えて、日本に戻ってきたのでした。

 帰国して、最初は英語教師になろうと英会話学校へ面接に行きます。けれど、学校は会話はネイティブの先生が欲しい、文法のクラスだったら教えてほしいと言いました。文法を教えるクラスなんてつまらない。それなら、自分のために英語を使おう。そう思った小田島さんは北海道庁の国際課で通訳翻訳のアルバイトを始めます。そこで、知ったのが今、小田島さんが勤める北海道国際交流・協力総合センター(HIECC、当時は北方圏センター)の存在でした。

こうしてハイエックで働くことになった小田島さん。それ以来さまざまなことを手掛けてきました。
 ます、携わったのは、海外技術研修員の担当者としての仕事でした。南米や中国から来る技術研修員を受け入れ、北海道との懸け橋の役割を担う人材の育成を図りました。
 次にJICA北海道国際センターで研修事業の実施を担当しました。
 その後、本部に戻ってからは北欧との大きな交流イベントを手掛けたり、道内の高校生を開発途上国に派遣し地球規模の問題を身近に考える現地研修を行う「高校生・アジアの架橋養成事業」を手掛けたり、今も続く様々な取り組みを作ってきました。
 
 でも、その頃、小田島さんはまだ多文化共生という言葉を知りませんでした。その言葉を知ったのはハイエックに就職して何年も経ってからです。国際交流ではなく、多文化共生、そんな視点があったのか。その頃、ちょうどニセコにどんどん外国人が増えてきていました。なぜ、過疎で苦しんでいた町にこんなに外国人が来るようになったのか?その部分を深く知りたくて、多文化共生マネージャー養成講座を受けることに決めました。
 小田島さんが多文化共生マネージャー養成講座を受けたのは、2009年のことです。2008年にリーマンショックが起き、日本に住む外国人にも激震が走った翌年のことでした。

 それ以来、小田島さんは北海道の多文化共生をずっと牽引してきました。
救急救命表示板を作成して、道内の全救急車に配備したのも小田島さんの尽力です。
言葉が通じず救急車に乗ってもお互いに何も伝えられなかった外国人と救急隊員にとって、この表示板はどれだけ心強い味方になったことでしょう。
IMG_3846.jpg
小田島さんの手掛けた救急救命表示板

 また札幌国際プラザと一緒にワークショップを開催する等して、多文化共生マネージャー同士でお互いの知識と意識を高めあっています。そんな仲間がいることもとても嬉しいと小田島さん。その一方でどんなに頑張ってもなかなか人の意識が変わらず、はがゆい想いをしてきたことも事実です。広い北海道全土に多文化共生の考え方を浸透していくのは、本当に大変なことだと思います。でも、小田島さんたちの一歩一歩は、確実に広がっているにちがいないのです。

 今、全国的に外国人ワンストップセンターが動き出しましたが、ハイエック内にもワンストップセンターが開設されることになり、今年は北海道の多文化共生を更に前に進める年になると思っています。
今、吹いてきた風をとらえて、北海道の地域国際化協会として、信頼される団体にしたい、それは小田島さんが必ずやろうと思っていることです。また、道庁と災害時協定を締結するなどし、被災した外国人への支援などの活動がHIECCとしてできる体制を構築していきたいとも思っています。昨年9月に発生した「北海道胆振東部地震」の時の様に、何かしたくても何も出来ない、そんなジレンマはもうたくさん。そのために、小田島さんは今日も走っています。

今日の人186.米田昌功さん [2019年06月11日(Tue)]
 今日の人はご自身が画家でもあり、「アートNPO障害者アート支援工房ココペリ(COCOPELLI)」代表の米田昌功さんです。NPOの委託事業として富山障害者芸術活動普及支援センターばーと◎とやまBe=ART◎Toyamaとしての活動もされていて、障害のあるなしに関係なく、誰もが芸術文化、表現活動に自然に取り組むことができる環境作りを目指していらっしゃいます。
アートNPO障害者アート支援工房「ココペリ(COCOPELLI)」
https://npococopelli.jimdo.com/
富山障害者芸術活動普及支援センターばーと◎とやまBe=ART◎Toyama
https://bearttoyam.jimdofree.com/
IMG_3364 (2).jpg

 米田さんは1965年富山市稲荷元町で生まれました。家は自動車修理工場で、工場には小さい子がワクワクする消防車やパトカーなども修理に入っていました。そんな工場が子どもの頃の米田さんの遊び場でした。米田さんは子どもの頃から絵を描いたりものを作ったりするのが大好きでした。工場には廃品や針金など、素材がいっぱい転がっていて、それらを組み合わせていつも何か作っていました。
 そしていつも絵を描いていたので、そんなに好きなら習わせたらいいんじゃないかと近所の絵画教室に絵を習いに行くようになりました。けれど、米田さんは何か言われて自分の絵を直すのがすごくイヤでした。そうして、定期展覧会に絵を出しなさいと言われた時にどうしても絵を飾る気になれず出品を拒みました。自宅で描いたり作ったりしている方が集中できたし、気まずさも手伝って、すぐに足が向かなくなりました。でもやっぱり絵を描くのは大好きで、自分で好きなように描いていたのでした。

 当時の自動車修理工場は、廃車になった車を置いておく場所が必要で、そこは米田さんにとって絶好の秘密基地の場所になりました。当時の子どもたちは秘密基地を作って遊ぶのが大好きで、米田さんもいろいろな所に秘密基地を作っていました。廃屋だと思って、友だちと一緒に一日かけてレイアウトしていたら、実は廃屋ではなくて、こっぴどく叱られたこともあります。

 小学校に卓球クラブが出来て、通ったこともありましたが、落ち着きがなくて他の子どもの練習の邪魔になると言われやめさせられてしまいます。自分の都合にしろそうじゃないにしろ、習い事は続かなかった子ども時代でした。
でも、絵を描くことは絶対に辞めなかった米田さん。その頃からずっと大人になっても絵に関わっていたいという気持ちがありました。自分の作った作品にはとても愛着があったので、もし、その作品が誰かに壊されたりしようものならさあ大変。相手が不良だろうとなんだろうと臆せずかかっていきました。当時米田さんが通っていた中学校は窓ガラスがいつも割られているような学校で不良から呼び出されたことも何度もありましたが、不思議と殴られたことはありませんでした。米田さん自身も不良だからといった理由で人を遠ざけることはありませんでした。当時から人をものさしのようなものではかることが嫌いだったのです。そのせいか、米田さんの周りには優等生から不良までいろいろな人がいたのでした。

 神話や伝説も好きで、小学校の図書室では、ギリシャ神話や古事記をいつも胸を躍らせながら読んでいました。 また、家の近くに大映の大看板があって、新しい映画が始まるたびに書き換えられるのです。線路の向こうにその怪獣映画の大看板があって、それを見たいがために線路をわたって電車をとめてしまったこともありました。そのためか、小学生高学年の時は友だちと映画ばかり見ていて、朝から晩まで映画館にいました。当時は入れ替え制ではなかったので、一度映画館に入るとずっといられたのです。ちょうどスピルバーグやルーカスの映画も出だしたころで、映画の作り方にもすごく興味がありました。お小遣いは全部映画に使っていたので、親に「そんなに映画ばかり見ているならもうお小遣いをやらん」と言われたくらいです。映画の看板を見るのも大好きでした。
劇場と言われる映画館がなくなるのに伴って、映画の大看板もなくなってしまいましたが、米田さんは今も映画は大好きです。家に映画のDVDも何百本も持っているのでした。
 
 中学校の担任の先生は不良にも一目置かれている先生で担当教科は美術でした。その先生に出会えたことも米田さんには大きかった。その先生は米田さんの才能を見出して「米田は美大に行けばいい」と言ってくれていました。もっとも、美大に行けばいい、のあとには「美大に行けば、毎日ただで女の裸が見られるぞ」というセリフも続いたのですが。

 中学生になり、やはり米田さんは家で絵を描いたり工作をしたりしていましたが、部活動はテニス部でした。テニスが得意だったお兄さんの影響もありました。高校でもそのままテニス部に入りましたが、バンドも組んでライブハウスを借りてコンサートもやっていました。米田さんたちのバンドはイーグルスやビリージョエル、サザンの曲をコピーすることが多かったそうです。米田さんはボーカル担当で、コンサートの時は企画もやり、ポスターも描いたりしました。そういう裏方的な作業も好きだったのです。漠然と美大に行って将来は美術の仕事をしたいと思っていたこともあり、美術教師の助言で2年の途中から美術部に入部しましたが、テニス部もバンドも忙しかったし、県外の画塾にも通い始めたので、籍だけ置いて、家で絵を描き展覧会に出品していました。米田さんはその頃から絵は一人で描くものと言う強い気持ちがあり、自由に描くのにわざわざ決められた場所に集まって作品を作るということに当時は必然性を感じなかったのです。なので、平日はテニス部、技術力アップの画塾は土日を使って取り組んでいました。高校の卒業式に美術部の後輩から「はじめまして、米田先輩」と花束をもらったエピソードが象徴的です。
実は、高校の後輩にあの日本が誇る映画監督の細田守さんがいました。細田さんは当時から高校生らしからぬすごい絵を描いていたそうです。

 

 金沢美大の日本画専攻に進んだ米田さんでしたが、卒業後の作家としての生き方を意識した時に様々な葛藤が生じ、卒業間近には下宿で描くことも多かったそうです。それは美大の現実、アートの可能性と限界、表現者が抱く希望と呪いによる仕方のない選択でした。決して決められた場所で製作するのが嫌だったわけではなかったのですが、アートに関しては正直でありたいと思ってしまった以上息苦しく感じる場所では描けなかったのです。

 子どもの頃から神話好きだったこともあって、大学時代も今も、美術館だけでなく神社やお寺巡りをよくしています。当時はアルバイトでお金を貯めては東京で展覧会を見たり、九州へ原始時代や古墳時代の壁画を見に行ったり、北海道にアイヌ文化を調べに行ったりしていました。小さい神社から大きな神社までとにかく訪れた地域の神社はほぼ見て歩いていました。米田さんの日本の神話や神社に関する知識はとても深くて、まるで文化人類学者のように話題が溢れてくるのです。ほんとびっくりぽんです。
 大学時代は葛藤もありましたが、現在に至る要因となる出来事がいくつかありました。
 ある時、肢体不自由の奥さんと視覚障害のご主人のご夫妻から知り合いのために日本画で絵を描いてほしいと頼まれたのです。それは金沢に住んでいた病院の先生の実家を描いてほしいというものでした。その先生はある事情があって、金沢を出なくてはいけなくなった先生で、浅野川沿いのその家は昭和30年の板で囲ったぼろぼろの家でした。壊される前にお世話になった先生のご自宅の絵をぜひ描いてほしいと美大生の米田さんは頼まれたのです。絵が完成してそれを渡した時、そのお医者さんの姪御さんが「ああ、住んでいた頃のにおいがする」とおっしゃったそうです。そのひと言がすごく嬉しくて、その人の人生の転機に、その人の人生のその後を支える絵が描けることが大きな喜びだと実感したのです。そうして、ずっと美術にかかわることをしていこうと米田さんは心に決めたのでした。

 大学3年生の時には、食品会社から生命に関わる絵を描いてほしいと依頼が来ました。米田さんはケルト神話の世界樹をヒントに木〜宇宙〜光をテーマにして作品を完成させました。締め切りを過ぎてからその作品を持って行ったのですが、社長は大層気に入ってくれて、今もその作品はその会社に飾ってあります。その時の社長は、今、知的障害の人を雇ってそば屋を営んでいるとのことで、そういう意味でもご縁があるなぁと感じるのでした。

 また、東京での画廊巡りの途中で不思議な出会いをした名古屋の日本画家さんは身体に生まれながらの障害をもちながらもプロとして活躍をしてきた人でした。麻痺を麻痺ともせず独特の表現をされる方で、その方との出会いも転機になりました。美術はテクニックや知識だけじゃないということを、その方を通じて強烈に感じたのです。その先生宅で行われる講演会などのお手伝いなども行うようになる中で、本人と友人の作家、画廊など、様々な人の生き方に触れ、作家として生きることの意味や難しさなどを教えてもらったそうです。
そんなふうに米田さんが転機に出会う人は、一般的に言う五体満足じゃない人が多いのでした。

 大学を卒業したら、名古屋か東京に行って、先生について絵を描くべきという思いをもっていたので、就職はせずアルバイトや美大の非常勤助手の仕事などで生活をして制作に打ち込んでいました。知り合いになった美術関係者に身の振り方を相談すると、ある人には「実家に戻って、父母が生活のために働く姿を見ながら絵を描くことができるか?絵を描いて生きることを、あなた自身はどう捉えているのか?父母の隣で描いてこそ本物でしょ?」と問われ、ある人には「米田くんの作品は上を目指すものではなく、自分のルーツにつながるものを掘り下げてこそ価値のある物になる絵だと思う。地元の歴史や伝説などを肌で学ぶ場所にいるべき。絵を描くために中央に行くことに大きな意味はない。と言われました。しかし地方で無所属の日本画家が活動するなどあまり例のない時代でした。
 そんな時に、当時は全く考えてなかった教員の仕事につながる出来事がありました。金沢に住んでいた米田さんに富山県教育委員会から、講師をしないかという話が来ます。病気の先生の代わりに10月から12月の3か月だけ、非常勤講師として高校で働きました。しかし、美術部の子たちに、「私たちの中・高で学んできた美術の概念を壊されました。どうしたらいいんですか?」と言われて、やっぱり自分は教員には向いていない、と思いましたが、次に働き始めた養護学校で、生徒の個性的な表現や教師の独創性が試される美術指導のあり方を経験し、 この仕事なら自分の美術活動を続けることと矛盾しないと感じたのです。こうして、教員試験を受け養護学校、後には特別支援学校の教員をしながら、自身の制作活動をやっていくという意識にシフトしたのでした。
 
 支援学校では一人一人の特性に合わせて教材を作っていました。米田さんは25年間、教員生活を送りましたが、最初の11年は肢体不自由の人たちの美術に関わりました。彼らの作品は米田さんの感覚を解きほぐしていってくれました。
次の14年は美術的に独創性の高い世界をもつ知的障害、自閉症の方の美術に関わりました。
ここでは県内の支援学校で初めて美術部を作り、あえて校外でグループ展を開き、出品対象が障害者ではない公募展に意識して応募すると言った活動を始めました。
 その間、自分の作品も作り続けていました。といってもなかなかハードな毎日ではありました。公募展での大賞受賞やより多くの出会いにより、学生時代に影響を受けた美術集団のグループ展に毎年出品するようになりました。個展なども県内外で活発に行う中、美術館での企画展にも呼ばれるようになりました。毎日夜10時、11時までは教員としての持ち帰りの仕事をやり、就寝した後、1時とか3時とかに起きて、朝の5時までは自分の作品制作の時間でした。朝の5時から少し寝て、また朝から教員の仕事に出かける、そんな生活をずっと続けました。身体のメンテナンスは寝ること、時間がもったいなくて、シャワーだけで過ごさなければならない時期もありました。
 その一方で、立山曼荼羅の研究もやっていました。前述のように文化人類学者と言ってもいいほど博学な米田さんは、立山信仰に関しては、「立山縁起絵巻」も出版されているほどです。没頭すると、とことん突き詰めていくタイプなのです。そういうこともあって、在外研修制度を利用して、ネパールに1年間留学して曼荼羅・伝統美術を学びに行ったこともあります。ネパールのパタンという仏教徒が多く住む古都で、一番古い歴史をもつネワール民族の先生から学びました。通訳に入ってくれる人を探すのも大変で、異文化の中で暮らす苦労をたくさん味わった1年間でした。そんな中ネパールでアートによるNGO活動を通して心を豊かにするという活動をしている日本人に出会います。外国でアート支援をやっている人がいる、環境が整った日本でできないはずがない、そう思った米田さんは帰国後、特別支援学校の卒業生のための絵画グループを作ったのです。2006年のことでした。集まった彼らの作品は完全に福祉の枠など超えている。自称作家と言っている人たちの作品より、よほど素晴らしい。こんな世界があることをもっと多くの人に知ってもらわなければ。いいものを描いている人が、まっとうな評価をされるようにならなければならない、とあらためて思ったのです。それは地域文化のバロメーターでもあるのです。富山を文化という尺度で見たときに、障害を持った人を外した尺度であったとしたら、それは本当の豊かさではない。多様性、豊かさが如実に現れるのが文化の世界に他ならないのです。

 でも、そうやって展覧会などの活動を展開していくと予想以上に日本のあちこちにそんなグループがたくさんあることがわかってました。そんな中でも滋賀県の取り組みは特にすごかった。当時の滋賀県の福祉関係者との付き合いも始まり、アール・ブリュットに関する会議への出席や、フォーラムでの登壇、作品調査委員などを担当することになり、年に何度かは滋賀県に行き本場の空気に触れながら、障害者の創作活動支援について学んでいきました。偶然ですが、米田さんが所属する美術集団の創設メンバーの中に滋賀でのアート支援に大きく関わり福祉の世界を変えてきた人がいたのにも縁を感じたのです。様々な支援の現場に触れる中で、障害者施設「やまなみ工房」は今までの障害者施設の常識を覆す取り組みをしていて、米田さんは大きな刺激を受けました。やまなみ工房についてはこちら⇒http://a-yamanami.jp/
 

 米田さんはネパールで大変有名な占い師に、あなたは47歳で劇的に人生が変わると言われたそうですが、美術を中心とした生活に移行することは、その何年も前から考えていたことでした。様々な条件や環境が眼に見える形で整い始めたことで決断。50歳の時に教員を辞めて、障害者芸術活動支援センターの設立準備と、従来のアートNPO運営、作家活動に集中していくことにしました。2017年のことです。
 既に障害者アートの支援活動は10年を超え、アールブリュットに関する県外からの依頼も増え、連携することも多くなっていました。

平成30年夏には国と県の支援によって富山県障害者芸術活動支援センターばーと◎とやまが設立しました。「ばーと」はBe=ARTです。Beは存在や生。ARTは表現。存在や生そのものがアートであり、障害のあるなしに関わらず誰もがアートにかかわる、そんな思いが込められています。
アールブリュットというのは、フランス語のART BRUTから来ています。
BRUTというのはワインの樽の栓を抜いて一滴目。つまり生まれたままの飾りがない状態を言います。自分の心の声に従った飾りのない作品がアールブリュット。技術や知識を意識せずに、ありのままに勝手に手が動くといった感じで描かれる作品は今までの美術史の体系に入っていません。今までのアートの領域にはないそんな作品の数々が、アートが本来もっている表現の多様性や人間の可能性を再認識させてくれると、今、大注目を集めているのです。
障害者の方々が、見られること飾られることを意識せずに、ただ無心に作っているものが、視点を変えることで強烈なアートになります。例えば、床に落ちている髪の毛を拾い集めて、それを星座の形にしている人がいます。私たちの持つ概念をぶっ壊して新しいものが生み出されている、今、障害者アートはアート改革の中心にあると言ってもいいのでしょう。
そしてその新たな発見を生み出すアートは、コミュニティ全体の価値観を変化させる力を持っています。まさに福祉の現場がドラスチックに動いている、そんな時代にあるのです。

 米田さんご自身が作家として描きたいものは、その時その時に目の前に現れたものであり、この世界の在り様を記憶にとどめたいと思っているのです。そのテーマには、やはりご自身がずっと取り組んでいる、神話や、立山曼荼羅が多く出てきます。
 立山曼荼羅の世界は、実はダイバーシティそのものなのだと米田さんが教えてくださいました。立山曼荼羅は地獄も極楽も、過去、未来、現実、架空の世界、それら全てが同じステージで描かれており、多層的で境界の見えない世界感をもっているのだと。どこを切り取ってもそこだけで作品になってしなうほど画面の中に濃厚な情報が入っていて、鬼や建物は、別の世界や情報をのぞき込む窓のような役割をもっているのです。言ってみれば、曼荼羅全体がウィンドウで、描かれた事物はアイコン。パソコン画面のような構造です。この考え方はネパールの曼荼羅とは全く違うのです。日本人の多様性が立山曼荼羅には入っているのです。どこが上か下かではない。地獄と極楽が同じ場所にあっても違和感を感じない、多様な世界を重層的に感得することができる、それが日本の多様性のすばらしさなのではないかと米田さんは思ったいます。そして、立山の奥深い文化は縄文までさかのぼることができるそうです。なんだかとてもワクワクするお話ですよね。

 米田さんご自身の個展も折々に開催されているそうですし、今年は富山県水墨画美術館20周年の展覧会にも米田さんの作品が並びます。またアートNPO工房ココペリでは6月15日から7月2日まで、射水市大島絵本館において、射水市在住のアール・ブリュット作家 末永征士さんの個展を開催します。
 皆さん、米田さんご自身の、また数々のアール・ブリュットアート作家のアートの世界にぜひ触れてみてください。私も楽しみにしています。
今日の人185.門野久雄さん [2019年05月24日(Fri)]
 今日の人は、私の父、門野久雄さんです。といっても、直接いろいろ聞くことができないまま、父は帰らぬ人となりました。私が思い出せる範囲で父のことを綴っておこうと思いこれを書いています。
 
 久雄さんは昭和10年12月12日、新湊の堀岡で生まれました。
3人兄弟の末っ子で、当時の写真を見ると、私は父に似ていますね。
0133836E-D6B5-4544-A8CB-2DD6273D7A35.jpg
上の写真の右から2番目が父、下の写真の子どもが私

 おばの話によると、兄弟3人の中でおじと父は大変頭がよく、村でも評判だったそうです。おばは「自分だけ頭が悪かったがいちゃ」と言って笑いましたが、86歳の今も、現役で仕事をしていて、認知症とも無縁なのですから、どうしてどうして。
FDAD7B21-0446-4047-B0A5-2E9D96D50573.jpg
実家にあった父の通知表

 父のお父さんは、遠洋漁業の漁師でした。長い航海中の博打で、ほとんど収入がないまま帰ってくることもたびたびあったそうです。しかし、お母さんは子ども達のために苦労をいとわない人で、子ども達をすぐに働かせることはせず(当時は中学校を出てすぐに働きに出る子も多かった時代です)、3人ともちゃんと学校へ行かせたのでした。父の口から祖母のことを聞いたことはありませんが、とにかく苦労の連続の人生で、子ども達がやっと親孝行ができる年になった矢先に亡くなってしまって父は本当に悲しがっていたと母から聞いたことがあります。

 父がどんな青春時代を過ごし、どんな20代だったのか、その時代のことを私は知りません。生前の母に父はその時代に大きな挫折を経験したのだと、聞いたことがあります。母も直接父に聞いたわけではないそうですが、その大きな挫折経験があったから、父は誰よりも人の痛みがわかって子どものことを優しく見守ってくれる人であったのかもしれません。少なくとも子どもの私からすれば、家族第一でとにかく子煩悩な父でいてくれたのは本当に幸せなことでした。

 父が母と知り合ったのは26歳の時。翌年結婚。新湊の魚屋の2階に間借りした小さな部屋からのスタートでした。その後、高岡のアパートに引っ越し。アパートと言っても、当時は台所も共同でした。それでも、夫婦仲が良ければ、貧乏は苦にならないものでした。娯楽もまだ少ない時代です。よく、自転車に2人乗りして、映画を見に行っていたと母が言っていました。

 昭和41年、待望の男の子を出産。本当に愛らしい子でした。しかし、わずか3か月で天へ召されてしまいます。3か月で止まった育児記録…。その悲しみは計り知れません。その前に死産でも子どもを失っていたので、2度も逆縁にあったのです。人生においてこれほど残酷なことがあるでしょうか。

 深い悲しみを背負っていた2人がまた子どもを授かったのは昭和43年。今度は女の子でした。この子は健康優良児的にすくすくと育ちました。それが私です。2年後には男の子も生まれました。

 父は、私たちが少しでも風邪を引こうものなら、夜中ずっと起きて様子を見ていたそうです。それは孫の時も同じで、息子がじいちゃんの家に泊まった時に風邪気味だったりしたら、一晩中そばにいて自分は全然寝なかったそうです。きっと兄のことがあったので、子どもの病気には人一倍敏感だったのでしょう。

 私はまだ2,3歳の頃から、父の帰りを今か今かと玄関前で待っていました。それだけお父さんっ子だったんですね。父はとにかく、子どもと遊ぶのが上手だったので、どこに行ってもすぐに小さな子と仲良くなってしまうのでした。「こんなに子どもが好きだし、子どもに好かれるんだから、保父さんや小学校の先生になればよかったのにね」と昔よく母と言っていたのを思い出します。

 私が2歳の時に弟が生まれます。母は病院にいるので、父は夜勤の仕事に行く時に親戚の家に私を預けていったのですが、私はその時ほとんど知らない家に父も母もいないのに泊まるのがイヤでたまらず、泣きじゃくっていたのを覚えています。その時の本当に困った父の顔を見て、幼心に父にこんな思いをさせてはいけないと感じ、それ以降親の前で涙を見せることはほとんどなくなりました。

 父は仕事から帰ると、怪獣ごっこ(父が怪獣になり、私や弟がウルトラマンやゴレンジャーになって父をやっつける)をしたり、将棋をしたり、一緒に工作をしたり、とにかく、子ども第一でした。

 当時わが家には車がなかったので、どこへ行くにも自転車でした。父が自転車の前に弟を後ろに私を乗せて、おばの家に行った時に、着いたら自転車の後ろで私が寝ていたこともありました。落ちていた可能性もあったわけなので(子ども用のシートは前だけで後ろは単なる荷台)、父にしたらびっくりだったでしょう。きっと私は父の背中が気持ちよくて安心して寝ちゃったんでしょうね。

 小学校に入ると父と自転車を連ねて、毎週図書館に行くのが楽しみでした。父は日曜日ごとに、私を図書館へ連れていってくれました。父は読書好きで特に歴史書が好きでした。私も毎週いろいろな本を借りていました。当時は借りる本を自分で貸出票に書き込み、それを図書カードに記入してもらうのです。鉛筆で本の題名をカリカリ書き込んでいる時に、はやくその本が読みたくてワクワクしていたものでした。当時、図書館は高岡古城公園内にあって、図書館で本を借りたあとは、古城公園で遊んだり、帰りに御旅屋通りを通って父が好きだった「宮田のたいやき」(高岡の名物でした。当然その時の私の姓は宮田ではありません)を買って食べながら帰ったりしたものでした。当時住んでいた家は屋根の上に布団が干せました。あまり高くない屋根だったので、その干した布団の上に寝転がって借りてきた本を読んだり流れる雲を見ているのは本当に気持ちよかったのです。

父と一緒に毎週図書館へ行く生活は小学校の4年生くらいまで続いたでしょうか。その後は友だちと出かけることが多くなったので、父とどこかへ行くことはだんだん減っていきました。それでも、父が戦争特集などの過去を振り返る番組やシルクロードや歴史物を見ている時は一緒に見ていましたし、私が社会的なことに興味を持つようになったのは父の影響が大きいと思います。

 また私が小学校に入ってからは、毎年夏休みに必ず家族旅行にも連れていってくれました。小学校1年の時の名古屋にはじまって、2年生は大阪、3年生は京都…というように、父はどこに連れていったら私たちが喜んでくれるかを考えて、自分で全て計画してくれました。私も誰かを案内する時に自分でいろいろ組み立てるのが好きですが、父のそういう所を見て来たからかもしれません。
 
 父は掃除や洗濯など家事がとても得意でした。うっかりすると、私の部屋まできれいに掃除してあって、「お父さんが勝手に掃除して困る」と親友に愚痴っていたことがあるようです。(私は覚えていなかったのですが、親友が覚えていました)そんな父をずっと見てきたので、自分が結婚した時に、夫がとにかく全く何もやらない人なのにはすごくカルチャーショックを受けたのでした。
 しかし、なんでも得意だった父が唯一苦手だったのが料理です。私が小学生の時に、父と母が珍しくけんかをして、母がしばらくおばの家に泊まっていたことがありました。その間、晩御飯は毎日お惣菜のコロッケとちゃんと千切りになっていないキャベツ、出汁の味がしないみそ汁でした。それでも父は毎日私たちのために作ってくれるのですが、私は「お母さん、早く帰ってきて〜」と思っていたのを覚えています。4,5日経って母が帰って来た時は心底ほっとしましたが、一番ほっとしていたのは父だったことでしょう。私が覚えている両親の大きなケンカはそれが最初で最後でした。

 私が中学3年の時に、父は労災事故に遭います。会社でドロドロの熱いパルプの中に落ちてしまい、大やけどを負いました。病室に駆けつけた時、父は頭から足先まで全身包帯でぐるぐる巻きになっていて、ミイラのようでした。けれど、2人の中学生の子どもを残してまだ死ねないと思ったのでしょう。父は1年近く入院しましたが、無事に退院できたのです。父の足はケロイド状になって、何度も手術もしていました。さらに輸血のせいで、父はC型肝炎にも感染してしまったのです。
 私はその時水泳部だったのですが、当時の県営プールが父の入院している市民病院の近くにありました。大会で泳いだ後、父の病院に行って、そのまま父のベッドで寝てしまったこともありました。「妙ちゃん、そろそろ起きられ」と父に起こされたなぁ。自転車で家まで帰るので、遅くなるのを父が心配したのでしょう。(もしくはベッドが占領されて父が困ったかw)

 退院後も父のケロイドの足はいつも痒そうでしたが、それでも、父は私たちに弱音を吐いたりするようなことは一回もなかったのでした。弱音もそうですが、私は父から人の悪口を聞いたことがありません。

 父は私に教員になってもらいたいと思っていました。そんな父の思いも汲んで、私は大学で高校と中学の国語の教員免許も取りました。しかし、当時世の中はバブルで、超売り手市場でした。うきうきした世の中の雰囲気に乗っかって、私も大手企業への内定ももらっていました。しかし、私は結局就職はしませんでした。なにか違う、私がやりたいことはこれじゃない、そう思ってしまった私は、大学を卒業した後、上京し、新聞奨学生をしながら日本語教師養成研究所で勉強することにしたのです。その時、私は父に保証人をお願いするために手紙を書いていました。父が亡くなった後、その手紙が父の書棚から出てきました。そして、私が折々に父に送っていた手紙も一緒に出てきたのでした。私からの手紙をずっと大事にとっておいてくれたんだなぁ、お父さん。
IMG_3678.jpg
父の書棚から出てきた手紙

 父もとても筆まめな人でした。それで、私が東京にいる間は、しょっちゅう父から手紙やはがきをもらいました。それはまるで父と私の文通のようでした。仕事と勉強で疲れた時に、ポストに父からの手紙が届いていると、なんだかとても元気が出ました。それは父も同じだったようで、妙子からの手紙が来ないかお父さんは毎日ポストを見ているよ、と母が言っていたものでした。
IMG_3679.jpg
父から送られてきたハガキ

 父は、私が東京に行った後、家の私の車がずっとそのままなのはよくないと言って、55歳で運転免許を取り、母と車でいろいろ出かけるようにもなりました。両親は本当に仲がよく、父が定年になってからは、しょっちゅう旅行に行っていました。近くの温泉なら車で、それ以外はバスツアーや電車で、北海道から沖縄まで津々浦々でかけていました。おばも一緒に海外へ行くことも多く、ハワイ、オーストラリア、タイ、中国、台湾、グアム…といろいろ出かけていました。
 父は一人旅に出かけることもありました。歴史好きなので、史跡やお寺へ行くのは1人で行くことが多かったですし、富山県内のお祭りにもよく一人で出かけていました。父は民謡が好きだったので、八尾の風の盆は今のように有名になるずっと前から出かけていましたし(私も幼稚園の頃から一緒に連れていってもらっていました)、城端の麦屋、郡上八幡踊り、そういう所に出かけるのも大好きでした。

 息子が生まれてからは、私が仕事の時は母と2人で子守りをしてくれました。長男も次男もじいちゃんのことが大好きで、じいちゃんのうちに行くというと大喜びでした。私や弟が父と遊ぶのが大好きだったように、じいちゃんと遊ぶのは何より楽しかったのです。

 母に癌が見つかってからも、父はそれは献身的に看病していました。3年前の6月に母が亡くなった時、父は気丈に全てのことをやっていましたが、本当に寂しそうでした。母は栄養のバランスを考えていつも父の好物を用意していましたが、その母がいなくなってしまって、食のバランスはうんと悪くなってしまいました。娘の私がもっと父のためにご飯を作りに行ってあげられたらよかったのになぁと今更ながら思います。

 母の四十九日の法要の頃、父は声がかすれるようになっていました。疲れがとれないせいかなぁと最初は思っていましたが、精密検査をすると、それは肺がんのせいで声帯が動いていないからだとわかったのです。そして、今度は父の癌治療が始まりました。それでも、父は私たちに心配かけまいと、私や弟に何の相談もせずに、放射線治療や抗がん剤治療のことを決めてきてしまうのでした。自分のことで大変だったろうに、孫たちのことを心配して、一緒にご飯を食べに連れていってくれたり、帰りにたこ焼きを買ってお土産に持ってきてくれるのでした。それで、私は父は大丈夫だとすっかり甘えた気持ちになって父の癌のことをそこまで深刻に考えていなかったのでした。父と息子たちと4人で温泉に行ったのは2年前の夏でした。去年のお正月にも父とうちの家族と一緒に5人で温泉に行きました。
IMG_6170.JPG
父と息子たちと

 去年の風の盆の時は、まだ一人で見に行く元気があるくらいでした。しかし、C型肝炎から発症した肝臓がんもだんだん悪くなっていました。去年の10月に父はカテーテルの手術で入院しました。3,4日の入院だったし、それまでの入院と同じように、しばらく経てば元気になると思っていました。しかし、その後、いつもと様子がちがうのです。それまでは、いつ実家に行っても仏壇の扉が閉まっていることはありませんでした。父はいつも新しいお花や仏壇菓子を母に供えていたからです。しかし、その手術の後は、父は臥せっている時間がうんと増えました。いつ行っても仏壇の扉が閉まっています。そして、およそほこりなどたまっていることがなかった実家の廊下にわたぼこりが溜まっていることが増えたのです。それでも父は私が行くと、いつも「大丈夫、来てくれてありがとう」と言うのでした。

 今年のお正月、父は少ないながらもおもちをおいしそうに食べてくれました。昔から、おもちが大好きな父で、昔は年末は家族でおもちを作っていました。母が炊いた小豆を父が丸めて、家族で一緒にあんこのおもちを作って、できたてのおもちを頬張っていました。一緒に摘んできたよもぎで草餅を作ったこともあったっけ。
 
今年、お正月に帰省していた長男が父に会いに行くと嬉しそうにお年玉を渡してくれました。次男も高校の帰りにじいちゃんの所に行くと言って、途中下車して父の顔を見に行ったりしていました。次男が高校に入った三年前の6月に母が亡くなりましたが、次男が高校生の三年間、次男の調子が悪くて不登校気味の時も、父は次男を迎えに行ったり、一緒に過ごしてくれたりいろいろしてくれました。父にしても、孫のために動かねば、という気持ちがあったのだと思います。その次男の大学合格が決まり、孫が2人とも県外に行って、安心した気持ちもあったのかもしれません。その頃から、いろいろな記憶があいまいになっているようで、何度も同じことを言ったりするようにもなりました。

 3月下旬に父は外で転んでしまいます。それからは腰が痛いと言って、歩くのもままならなくなってしまいました。それでも、なんとか家でも伝い歩きをしながら、一人でトイレにも行っていました。我慢強い父なので、すごく痛いのにずっと我慢をしてきたのでしょう。

 4月12日に私と病院に行ったとき、痛いながらも駐車場から病院の入り口までは自分で歩いていました。病院に入ってから父は初めて車椅子に乗りました。私が車椅子を押すのも初めてのことでした。父がいつも行っている腫瘍内科に行くと、看護師さんが「門野さんの娘さんけ?」と聞きました。父が「そう。日本語の先生」と言うと、看護師さんは「何回も聞いとるよ。門野さんの自慢の娘さんやろ。」と言いました。看護師さんによると、父は病院に通っている時に、よく看護師さんに私の話もしていたようなのです。思えば、母の闘病中は父はいつも母に付き添って、そして自分の時は1人でずっとこの腫瘍内科に通っていたのです。

 1週間後に病院に来た時、父は車から降りるのも大変になっていました。そして、もうほとんど歩けませんでした。車椅子に乗っているのもしんどくて、病院ですぐに横になりたがったので、ソファの空いているところで横になっていました。整形外科と腫瘍内科と、二つの診療科を回るのに4時間。こんなにつらいのに、こんなに長い待ち時間…。さりとて、どうすることもできません。父は2か所に圧迫骨折があって、それは転んだせいだけではなく、癌も悪さをしているのだろうとのことでした。
 家に帰っても、父は、私や弟が一緒でないと薬も飲まなくなっていました。ご飯を作ってもほんの少ししか食べられなくなっていました。それでも、日中、私も弟もいない時は、一人でトイレに行っていたのです。

 4月26日、父と病院に行った時、父は初めて自分の力でトイレが出来なくなりました。トイレに座るのですが、いきめないのです。それで、私は初めて父の下のお世話をしました。お父さんは私にこんなことをしてもらうのはいやかなぁ、とも思いましたが、私はちっともいやではありませんでした。だって、私が赤ちゃんの時から、そして息子たちも赤ちゃんの時から、いったいどれだけ父に世話してもらったことでしょう。

 その日、父は入院になりました。次の日から、世の中は10連休。息子たちも富山に帰省してきました。長男も次男もそれぞれ2回ずつ父の所に連れていきました。息子が病室にいる時、父は心なしかいつもより食べてくれました。それで、息子も「じいちゃん、思ったより食べれとった。よかった。」と言っていました。「じいちゃん、次は夏休みに来るからね、それまでに元気になってね。」「じいちゃん、元気になったら、愛知に遊びに来てね。温泉もあるから一緒に入ろう」それぞれにそう言って、息子たちは帰ってきました。息子が帰る時は、息子たちにありがとう、と言っていた父。

 ドクターは父の状態について、週単位とは言わないけれど、月単位だろうとおっしゃっていました。それで、私もそこまで急だとは思っていませんでした。毎日病室に行って、父にご飯を食べさせてあげたり、髭をそってあげたり、顔を拭いてあげたり、そんな時間を過ごしていました。

 5月10日に、緩和ケア病棟に入る説明を私一人で聞きました。緩和ケア病棟は一般病棟とは全然ちがって、本当にゆったりと落ち着いた雰囲気でした。ベッドのまま散歩できる屋外庭園もあったし、ベッドのままお風呂に入ることもできるということでした。何より、部屋が広くて、家族がゆったり泊まれるスペースもありましたし、ソファもあって、自宅にいるような雰囲気で過ごせるということでした。父は14日の朝に、緩和ケア病棟に移ることになりました。そこに移ったら私も泊まれる時は泊まろう、そう思いました。

 5月12日に病室に行った時、弟と一緒になりました。弟も時間を見つけては父の所に来ていましたし、家ではそれまで不得意だった家事も父に代わっていろいろやっていました。その日、弟は父にプリンを買ってきていて、少しだけ食べてありました。「俺、食べさせてあげるが下手やから」と弟が言いました。私が、「お父さん、プリンまだ食べる?」と聞くと、父はこっくりうなずきました。それで、ベッドを起こして、プリンを口に運ぶと、ひと口ひと口ゆっくりとでしたが、めずらしく1個全部食べてくれました。その日、弟がプリンを買ってきてくれて、本当によかった。それが父と私と弟で過ごした最後の時間になったから…。
弟が帰った後、父は何度かベッドを起こしてくれと言いました。めいっぱい起こしているんですが、まだ起こして、と。立って歩きたかったのかなぁ、お父さん。
その日、父の鼻毛が伸びていたので、「お父さん、鼻毛切るよ〜」と言って、鼻毛を切ると、父はくすぐったい顔をしました。爪も伸びていたので切りました。顔を拭きながら、「お父さん、お風呂に入りたいよね。あさって、緩和ケア病棟に行ったらまた入ろうね」と話しかけていました。時々とても苦しそうな表情を浮かべるので、少しでも気持ちが落ち着けばいいなと思って、父の背中をさすりながら、ずっと手を握っていました。そしてそのまま私もしばらくうとうとしていました。父もうとうとしていましたが、目覚めた時に「妙子、おるがか?」と聞くので、私は「お父さん、おるよ。」と答えました。これが、私と父の最後の会話になってしまうとは、その時は全く思っていませんでした。その日、私は会合があったので、しばらくしてから父に「お父さん、じゃあ、明日また来るね」と言いました。いつもなら、父は手を振ってくれるのですが、その日は、手を振りませんでした。それが引っかかったのですが、私はそのまま病室を出てしまいました。今、思うと、父はその日、もっと私にいてほしかったんじゃないか、だから手を振らなかったんじゃないか、と思うとそれがすごく心残りです。

 次の日の朝、弟から電話がありました。「お父さん、危ないからすぐに来て」
病室に着くと、父はもう苦しそうな顔をしていませんでした。父の手を握ると、まだあたたかかった。でも、わかりました。ああ、お父さん、お母さんのところに行ったんだなぁ。
そうして、その後、ドクターが言いました。「ご臨終です」

令和元年5月13日午前7時。父は83歳の生涯を閉じました。母が亡くなってから2年10か月後のことでした。

 野心とか名声とか、そういうものとは無縁の父の人生でした。でも、私にとっては本当に素晴らしい父でした。謙虚で、いつも家族のために尽くしてくれました。お父さん、今まで本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。お母さんやお兄ちゃんと一緒にそちらで笑って過ごしてね。私が泣いていたらきっとお父さんは悲しむから、笑って、私なりにせいいっぱい生きていきます。
今日の人184.与島秀則さん [2019年01月27日(Sun)]
 今日の人は、富山市に3箇所、高岡市2箇所、射水市1箇所、滑川市1箇所の合計7箇所で障害者(児)のデイサービスを行っている「つくしグループ」を率いる株式会社つくし工房代表取締役与島秀則さんです。
IMG_2072.JPG
デンマークにて

 与島さんは1956年10月に奄美大島で生まれました。小さい時はとてもシャイな子でした。お父さんはアル中気味で、酔った時はお母さんに暴力を振るうようなこともあったので、お母さんはお兄さんだけ連れて逃げたりもしていました。なぜお兄さんだけなのかというと、お兄さんは前の旦那さんとの間に生まれた子だったので、残しておくのが不安だったのでしょう。与島さんはお父さんの実子だったので、お母さんは残しても問題ないとの判断だったと思うのですが、それが子ども心に傷をつけることにもなったのでした。

 お父さんはお菓子職人で、お母さんは食堂を経営していました。奄美大島は沖縄より一足早く本土復帰していましたが、それはつまり沖縄に行くにはいちいちパスポートが必要になるということでもありました。お父さんは沖縄から小麦粉を仕入れていましたが、通常のルートで手に入れるのは厳しく、闇のものを仕入れていましたが、それが見つかって追徴課税されてしまい、破産してしまいます。お母さんの食堂も差し押さえられました。

 その後、お父さんは学校給食のパンを焼く仕事に就いたり、精肉店で働いたりしていました。しかし、戦時中にかかったマラリアがぶり返すなどし、あまり働けないことも多かったのです。

 実は与島さんが4歳の時に、弟さんが生まれているのですが、その子は障害を持って生まれてきて、しゃべることも遊ぶことも出来ず、3歳になる前に亡くなりました。この弟さんの存在が、後に与島さんを福祉の世界に入らせるきっかけになりました。

 与島さんは小さい時から、物作りがとても好きでした。竹藪がたくさんありましたから、竹を取ってきて、肥後守というナイフでいろいろなおもちゃを自分で作っていました。お父さんもお菓子職人の時に、落雁の木型を自分で作っていた方でした。そんな手先の器用さはお父さんに似たのかもしれませんね。絵を描くのも好きで、よく乗り物の絵を描いていました。もっとも、奄美大島には電車がないので、自動車か船の絵でした。船長さんの姿がとてもかっこよく見えて将来は船乗りになりたいなぁと漠然と思っていました。でも、お母さんが占い師から息子さんには水難の相と女難の相が出ていると言われて、水辺には近づかないように言われていたのでした。

 奄美大島では、おやつはサトウキビ、スモモ、バンジロウというトロピカルフルーツ。富山に住んでいると、なんて羨ましいと感じるおやつですね。

島では、男の人の仕事が少なく、さとうきび畑で働けない冬場になると、特にそうなります。それは与島さんのお父さんも例外ではありませんでした。その頃、大阪万博開催に向けて大阪に出稼ぎに行く人が多くいました。お父さんも大阪に働きに出ることにし、一家で大阪へ行くことになりました。しかし、その時、お兄さんは鹿児島国体の水泳の強化選手に選ばれていました。それを与島さんが説得する形で一家で大阪へ引っ越したのです。ところが、引っ越し先の中学には、水泳部がなく、お兄さんの水泳の道はそこで潰えることになってしまいます。とても申し訳ないことをしたとずっとその時のことが引っかかっていた与島さんでしたが、後にお兄さんは、気にしていないよと言ってくれて、胸のつかえが取れたのでした。

与島さんは大阪の中学校で柔道部に入り、そこでキャプテンも務めます。優勝も飾り活躍しました。新聞配達のバイトもしていました。お兄さんはお父さんへの反発もあって、中学卒業後に東京に出ます。東宝ニューフェースに受かって俳優を目指しましたが、しばらくして定時制の高校に入学しました。そこで熱血のすばらしい先生に出会ってから、しっかり勉強し、卒業してからは杉並区役所で公務員になり、今は区のオリンピック委員の常務をされているのでした。子どもの頃はケンカもよくしましたが、今は本当に仲良しです。

 公立工業高校の機械工学科に進んだ与島さん。でも、金属でモノを作るより、木でものを作るのがずっと好きでした。高校でも柔道部でしたが、優勝には届かず、いつも3位でした。それでも大阪150校の中での3位だなんて大したものです。ちなみにあの野茂英雄は高校の後輩なのですが、与島さんの柔道部の熱血先生が後に野球部の顧問になり、野茂を指導されて野茂は高校の時にノーヒットノーランを達成しているそうです。

 ちなみに与島さんはその先生に「ボクサーにでもなるんじゃないか」と言われましたが、お母さんに「ボクサーと相撲取りにだけはならないで」と言われていたので、そちらに進むことはありませんでした。

 高校卒業後に進んだのは海上自衛隊でした。船乗りになりたいという小さい頃の思いが心にずっとあったのかもしれません。舞鶴の教育隊に4か月半いて、8月に呉に配属になりました。先輩に誘われて自転車で走ることも始めました。当時で7万もした自転車を大枚をはたいて買い、週末になると先輩と2人で自転車であちこちの島めぐりをしました。
 そんな時に、広島の原爆ドームと原爆資料館に行って大きな衝撃を受けた与島さん。自分はこのままではいけない、そう思って1年で海上自衛隊を辞めます。けれど、明確に何かしようと決めていたわけではありませんでした。
 自衛隊を辞めた与島さんが、荷物だけ大阪の実家に送り、身一つで自転車旅行に出かけました。そんな時に岡山で備前焼に出会い、ものづくりが好きだった子どもの頃の思いがむくむくとよみがえってきました。自分は伝統産業をまなびたい、そんな思いで大阪の実家に戻ってからは奈良や京都に彫刻を見に行き、彫刻教室にも通いましたが、何か物足りません。奈良の一刀彫の所に弟子入り出来ないかと尋ねましたが、一子相伝で教えられないと言われました。でも、そこで、富山の井波では彫刻で弟子を取っているから行ってみたらどうか、と薦められます。井波は欄間などの井波彫刻で全国的に有名な場所です。そうして、与島さんは、自転車で一路富山に来ました。大阪から自転車で来たのに、なぜか富山市まで行ってしまった与島さん。そこからまた更に自転車を走らせて井波に着いた時は、もうすっかり日が暮れていました。駅前の電話ボックスで電話をかけると、石岡旅館という旅館が一軒だけ泊まれるということでした。遅い時間だから素泊まりしか無理だと言われましたが、行くとおにぎりを作ってくれていて、とってもあったかい気持ちになったのを覚えています。
 事情を話すと、明日瑞泉寺(北陸最大の大伽藍で随所の見事な彫刻が施されている寺院。井波彫刻が発展した中心の寺でもあります)までの道中を上がっていって、その間にどこも見つからなかったら、紹介するからまたこっちに来て、と言われました。

 次の日、瑞泉寺への街道を歩くとすぐにある工房で足が止まりました。そこに飾られていた宮崎辰児さんの彫刻がとてもよかったのです。工房を見学させてもらって、表に戻ると、「彫刻生募集」と貼ってありました。それで、「弟子入りさせてもらえませんか?」とお願いすると、突然笑いだされました。なんと、その日だけで3人も弟子入り希望がいて、与島さんはその3人目だったのです。宮崎さんの所には既に4人のお弟子さんがおられました。宮崎さんはいいと言われたのですが、奥さんに7人もどうやってまかないできるの?と怒られていたそうです。その時、与島さんはまだ19歳だったので、親に確認を取りたいと言われ、それで2日後にお父さんに来てもらったのでした。親方からOKをもらい、晴れて弟子入りすることになりました。年季は5年。井波には職業訓練学校もあって、週に1,2回はそちらにも行きました。そこは3年で卒業になり、その後の2年は修士課程のような感じでたまに学校に行くという感じでした。同級生は20人いましたが、いろいろな年代の人がいて、とても楽しかったのです。お給料は鑿代に消えましたが、職人の世界は道具・弁当・ケガは自分持ちなのでした。お金はあまりありませんでしたが、みんなで一升瓶を囲んでワイワイガヤガヤと芸術論を戦わせる時間がとても好きでした。こうして年季の5年が明けて、与島さんは福光の家具工房で働くようになりました。

 家具工房でしばらく働いた後は、福野の酪農家で働きながら、彫刻に打ち込んでいました。朝4時〜8時までと夕方4時から7時までは搾乳をして、それ以外の時間に彫刻に打ち込んでいたのです。
 そんな時、高岡で銅器のデザインをしている友だちから障害者の椅子作りを薦められました。「デザインの現場」という雑誌に、東京の「でく工房」の障害者の椅子づくりの特集記事があり、「これ、与島くん、いいんじゃない?」と薦められたのです。そこには「いすに座れない子のいすを作る」と書かれていました。障害を持って生まれ、椅子に座ることなく亡くなった弟の姿が浮かびました。吸い寄せられるように、東京のでく工房まで行き、木工でこんな風に作れるのか、と目からウロコの気分になりました。ちょうど、でく工房の荒井さんが金沢美大の先生になっていて、教えにきてくれると言ってくれ、与島さんは、「よし自分で障害者の座れる椅子を作る工房を立ち上げよう!」と決意したのです。そして、高岡でつくし工房を立ち上げました。27歳の時でした。最初は欄間も作りながら福祉用具の椅子を作っていました。障害の子を持つ親とも知り合い、こまどり学園や高志学園などの施設も回ると、一人一人に合ったオーダーメードの椅子の需要が高いことがわかりました。けれど、障害者手帳の枠で木の椅子を作ることに、高岡市の職員はけんもほろろな対応でした。木で作った椅子を車椅子と同じような扱いにはできないというのです。しかし、県職員の高倉さんという方が一緒に真剣に考えてくれて、高岡市にも掛け合ってくれました。車椅子が金属とは限らない。木でもいいと県から言ってもらったことで、市もようやくOKを出してくれたのです。この後、椅子だけではなく、食堂のテーブルとイスをセットで使いやすいものを作ってくれと注文が入りました。テレビ局からも取材が入り、全国放送のズームイン朝でも取り上げられました。こうして少しずつ、木製の福祉用具が広がっていきました。

 実はこの頃つくし工房に、富山医科薬科大学を卒業してすぐの若い女医さんが訪ねてこられたのですが、これが運命の出会いになりました。しばらくしてからおつき合いが始まり、与島さんが28歳の終わりに、二人は結婚。奥様が富山市の協立病院に勤められたこともあって、30歳の時に、つくし工房を富山市に移し、生産を本格化しました。

 18年前には介護保険制度が始まり、福祉用具をレンタルしたりすることも始めましたが、それは高齢者向けになってしまうので、何か後ろめたい気持ちがありました。そんな時に、福祉生協の立ち上げに参加。県内で最初の障害者のデイサービスで責任者になるなどしました。

 50歳になった時、障害児用のデイサービスとしてウエルカムハウスつくしを立ち上げました。重度障害の子を中心に考えていたのですが、富大附属やしらとりの子ですぐに埋まってしまい、そこは知的障害や自閉症の子が中心になりました。そこで、身体的に重度の子のデイサービスとしてつくしの家を立ち上げます。2つにチャンネルを分けて取り組み、今は与島さんのつくしの家グループは県内7か所にまで増えました。
50歳で立ち上げたときに、最低10年はがんばろうとどっぷりハマって突っ走ってきたのです。

 しかし、60歳を過ぎた頃に帯状疱疹になり、なんだか燃え尽き症候群のような症状も出始めました。そろそろリタイヤかなと思っていた時に出会ったのがデンマークのスタディツアーでした。実は私が与島さんと出会ったのもそのスタディツアーがきっかけです。
 デンマークで実際にスヌーズレンハウスを見学し、与島さんは、富山にもスヌーズレンハウスを作ろうと思っていらっしゃいます。スヌーズレンハウスというのは、心も体も解放できる場所で、スヌーズレン(Snoezelen)とは,オランダ語で「鼻でクンクンにおいをかぐ」という意味のスヌッフレン(Snuffelen)と「ウトウト居眠りをする」という 意味のドースレン(Doezelen)からなる二つの単語 から構成される造語に由来しています。障害のある人にとってのスヌーズレンについては,視覚,聴覚, 触覚,嗅覚等の感覚を活用し,心地よい環境の中で 自由に探索活動を行える環境作りを進めることが基本的な理念です。
 そこでは、疲れた親御さんたちもゆっくり休んでほしい、それが与島さんの思いです。
スヌーズレンハウスができたら、私も癒されに通っちゃうかもしれません。
 
 与島さんは、建築関係や病院関係の仲間と一緒に「障壁を考える会」を作って、そのメンバーと月に1回集まって、福祉用具のことをいろいろ話しています。最初は40代だったメンバーが60代、70代になり、ずっと一緒にいろいろな研究をしているので、もう会わないとなんだかその月は落ち着かないそんな感じになっています。コミュニケーションを取るために障壁をどうやって取り除くのか、それぞれの得意を持ち寄って仲間と議論を繰り広げる時間はなくてはならない時間です。与島さんは、常に勉強していたいと思っていて、社会人になってから大学生にもなり、福祉系のさまざまな資格も取りました。年を重ねているからといって、知った顔をするのはおかしいし、若い人から学ぶことはとても大事だと思っています。その謙虚に学ばれる姿勢は本当に素晴らしいですね。

 楽しい時間は本を読んだり、最近始めたギターの練習をする時間です。社長室にもギターが置いてありました。家で晩酌するのもホッとできる時間です。与島さんにはお嬢様がいらっしゃるのですが、娘さんは与島さんのDNAが強いのか、二科展の彫刻で特選を取るなど、彫刻家としてすばらしい実績を上げています。今は一緒に暮らしていますが、この春親元を離れてしまうので、ちょっと寂しげなお父様の顔を見せられました。

 福祉の世界は、善意だけでは続かない、と与島さん。福祉業界に勤める人は優しい人が多い。でも、その人たちの善意に頼っていてはいけない。経営者として、ちゃんと働く人の収入や地位を安定させること、与島さんはそれをとても大切にしています。だから、つくしの家グループでは日曜日は必ず休みにしています。

 今までは、いろいろな人に助けられて歩いてきた。だからこれからは、自分がサポートする側になって若い人たちを支えていきたい、そう笑顔でおっしゃいました。富山の福祉の現場は富山型デイのパワフルで素敵な女性陣で注目されることが多いのですが、こんなにも愛がいっぱい溢れるオヤジギャグのお好きなおじさまもいらっしゃるのです。与島さんは、ギターで涙そうそうを弾かれるそうなので、私の三線とセッションしていただける日を楽しみにしています。

 
今日の人183.八木信一さん [2019年01月08日(Tue)]
 今日の人は、地域総合小児科認定医、日本小児救急医学会SIメンバー等、多方面でご活躍の医師、八木信一さんです。八木先生は富山県自閉症協会の会長でもいらっしゃるので、世界自閉症啓発デーライトイットアップブルー五箇山菅沼でお世話になっています。
IMG_2041.jpg

 八木先生は1958年4月1日に金沢で生まれました。おじいさまもお父様もたくさんのご親戚もお医者様というお医者様一家の長男です。お父様はあの「坂の上の雲」でも有名な秋山真之や広瀬武夫ら当時の超エリートが学んだ海軍兵学校に最後に入学した学年の方なのでした。そのお父様は今も矍鑠とした現役のお医者さまとしてご活躍中です。
 
 八木先生、金沢にいたのは数か月だけで、その後お父様が能登の皆月という無医村に派遣されたのに伴い、そちらに引っ越します。当時は移動手段もなく、ご両親はまだ赤子だった先生を一昼夜おんぶして歩いてようやく皆月に着いたのでした。しかし、そんな皆月にいる時に重症の消化不良になって、一ヶ月近くも意識が戻らず、大変危険な状態になってしまったのです。きっともう助からないだろうと、小さな棺桶まで用意されました。しかし、よほど生命力の強い子だったのでしょう。一ヶ月経った頃に目を開けたのです!こうして死の淵から生還し、その後はこの子は本当に運のある子だと言われて育ったのでした。

 次の年にお父様は今度は札幌の自衛隊病院に。そこにいたのは1年くらいでしたが、八木先生にはその頃の記憶が残っています。当時、よくセスナ機が空からビラを撒いていたのですが、幼い八木先生は病院の屋上でそのビラを拾うのが好きでした。空から紙が降ってきて、それが楽しくてたまらなかったんですね。
その後、お母様が出産でご実家のある東京に。そこに八木先生も一緒についていったのですが、その時乗ったセスナ機が乱高下して大変怖い思いをします。よほど怖い思いをしたせいか今でも八木先生は飛行機が苦手で、移動はもっぱら新幹線なのでした。

そうして3歳違いの妹が生まれた後、八木先生のご一家はおじいさまが産婦人科をしていらっしゃる高岡へ。おじいさまの家の離れで暮らし、八木先生は高岡のカトリック幼稚園に通いました。この頃の八木先生はとにかくじっとしていられない子どもでした。富山弁でいう「しょわしない」子だったのです。古城公園のお堀の白鳥に石を投げては怒られ、家の前に飛び出してミゼット(三輪自動車)にはねられ、幼稚園ではお祈りのミサの時に鼻クソをほじっていてシスターに怒られ、おじいさまの病院の診察室を覗いて看護婦さんのスカートめくりをしておじいさまにお目玉をくらい、それでも凝りもせずに動き回っている、そんな子でした。途中、東京の幼稚園にも数か月通っていたのですが、最初は富山弁を馬鹿にされるのがイヤであまり話せませんでした。けれど、海の絵を描くお絵かきの時間に、東京の子たちはうまく海を描けなかったのですが、高岡の海をよく見ていた八木先生は海と船を見事に描きました。それでみんなにほめられてすっかり東京の友だちとも仲良くなり、小学校に入ってからも東京に行った時には一緒に遊んでいました。八木先生は今も全国にたくさんのお友達がいらっしゃるんですが、誰とでもすぐに友だちになれる特技はその頃から変わっていらっしゃらないんですね。

高岡の小学校に入る予定だったのですが、富山へ引っ越すことになり、八木先生は星井町小学校に入学します。2年生の2学期からは愛宕小学校に転校しました。その頃お父様はたびたび入院されることがあり、入院しながらも日赤病院で働いていらっしゃいました。そんな時は八木先生はこれまたお医者さまの親戚のおじさんの家に預けられました。この家のいとこも大変優秀で、その家のおばさんが大変な教育ママだったのでテストは100点じゃないと怒られるのです。その頃の八木先生はあまり勉強が得意ではなかったので、100点はたまにしか取れません。それで100点の時だけテストをおばさんに渡し、それ以外のテストはドブに捨てていました。しかし、ドブに捨ててあったテストをご丁寧に拾って届けてくれた友だちがいたからさあ大変。当然のごとく、おばさんから大目玉をくらうことになるのでした。けれど、お母さんから勉強のことで怒られることはあまりありませんでした。情操教育にと絵やピアノも習わされましたが、どれも長続きしませんでした。そんな時、君は声がいいからと合唱団を薦められて入団テストを受け合格しましたが、勉強もせずに合唱もないもんだとお父さんに反対されてあえなく退団。
八木家では子どもの通知表をおじいさんに見せるのが年中行事のようになっていましたが、いとこ達がことごとくオール5なのに対して、八木先生はオール3でした。でもおじいさんは「お前はえらい、オール5よりオール3を取る方が難しい」と言って褒めてくれるのでした。いとこ達も「信ちゃんすごいね」と言ってくれて、それで八木先生は腐ることなくのびのびと子ども時代を過ごせたのかもしれません。八木先生はこのおじいさんのことが大好きでした。

子どもの頃から運動は大好きでした。体育の跳び箱、お昼休みや休み時間はポートボールやゴム飛び、運動会でもいつもアンカーでした。鼓笛隊にも選ばれて学校代表でチンドンコンクールに出たりもしていました。そんな八木先生の小学校時代の夢は宇宙飛行士でした。ちょうど6年生の時にアポロが初めて月面に着陸したのです。それで、卒業式の呼びかけで八木先生は「宇宙飛行士になりたい」と言うことになったのですが、これを先生に何度も何度も練習させられました。あまりに練習したので、その夢は卒業式の呼びかけをもってあきらめました。

八木先生が中学に入学したのは1970年でした。ちょうど大阪万博が開催された年です。
入った部活は柔道部。もっとも、ちゃんとした練習はあまりせず、その頃流行っていた「柔道一直線」の技を真似するなどしていました。そこで空手に興味を持ち始めるようにもなりました。
その頃はあさま山荘事件が起こるなど学生運動真っ最中の、激動の時代でした。でも、実は大学紛争が間接的に八木先生に影響を与えることになったのです。今の若い人は学生運動といっても全くピンとこないと思いますが、過去を振り返る映像で東大の安田講堂に放水されている場面は見たことがあるかもしれません。そんな東大紛争の期間、大学では講義が行われていませんでした。八木先生には東大理Vに行っている従兄がいたのですが、彼はどうせ講義がないしとヨーロッパをバックパッカーで旅していました。しかし、その時ドイツで大事故に遭い、奇跡的に命はとりとめたものの、療養を与儀なくされます。富山で療養していたのですが、どうせベッドの上で動けないから、リハビリがてら信一の勉強を見てやるよと八木先生の家庭教師を買って出てくれたのです。その頃、八木先生は中学2年生でしたが、成績は学年の中の下といった感じでした。しかし、従兄に教えてもらってからはあれよあれよという間に成績があがり、あっという間にトップクラスに躍り出ます。県立高校は行けるところがないかもとまで言われていたのが、富山中部(富山で最難関の進学校)でもどこでも大丈夫です、と言われるまでになったのです。

しかし、八木先生、単なる優等生ではありませんでした、中3の時にこっそりと夜に家を抜け出し(1階から出るとばれるので、2階の窓から飛び降りていました)、友だちと一緒にカミナリ族を見に行こうと夜遊びを始めました。カミナリ族というのは暴走族のことで、実は暴走族の発祥の地は富山なのです。暴走族に入ったわけではありませんが、自転車で友だちと夜中に遊んでいました。それで成績も落ちなかったのだから、大したものです。しかし、これにはさすがにお父さんも怒り、坊主にして来いと言われました。しかし八木先生、その時流行っていた高倉健みたいな髪型にしてきたものだから、さらに怒られ、とうとう丸坊主にさせられてしまったのでした。
そんな感じだったので、おじいさんからの「信一は親元においておかない方がいい」との助言もあり、県外の高校に行くことになったのです。富山でも屈指の進学校富山高校にも合格していましたが辞退することにしました。その時、富山高校にトップクラスで合格していたので、高校から「ぜひうちに入ってほしい」と慰留に来られたほどでした。しかし、八木先生は岡山県倉敷市の川崎医科大学付属高等学校に進学します。この頃には自分は将来医者になろうとの思いを強くしていました。

この高校は全寮制の高校で、入った生徒はほぼ全員医学部を目指します。平日は外出は出来ず、7時の起床後は毎朝寮毎に朝礼もあり、そこで点呼されるのでした。1年生の時はサッカー部に入っていましたが2年生からは中学の時からやっていた空手部に。もっとも、高校には空手部はなかったので、川崎医科大学の空手部に入ってそこで練習していました。また週に一回あったクラブは軽音楽クラブに入って、バンドを組んでいました。キャロルのコピーをして、ボーカルとサイドギターを担当。あちこちで演奏する機会もあり、八木先生はいろいろな所でとってもモテました。けれど、その頃特定の女の子と付き合うことはしませんでした。お父さんから「(何をしてもいいけど)女の子を泣かせるようなことだけはするな」と言われていたのです。
八木先生、けっこうヤンチャでタバコを吸ったりお酒を飲んだりして謹慎処分になったこともありました。そんな時は親が呼び出されるのですが、お父様は「俺たちの旧制中学の時はよかったんだけどな」と言って、決して息子を責めるようなことは言いませんでした。「学校では吸うなよ」とだけ言って、長期休暇で家に帰ると、部屋に灰皿が用意されているような、そんなお家でした。それは麻雀で謹慎になった時も同じでした。お父様は怒るどころか「なんで麻雀がダメなんだ?」とおっしゃったのです。お父様にもきつく叱られていたらきっと反発したくもなったでしょう。しかし、そういうお父様でしたから逆に救われていました。だからこそ「女の子を泣かせるようなことだけはするな」の言葉をしっかり守っていたのだと思います。
その後もバンド活動をしたり、先輩に借りたバイクで走ったり、サッカーの試合をしたり、体育館でひたすら体作りをしたりと充実した高校生活を送りました。寮は縦割りの5人部屋だったのですが、寮の中でも八木先生は年齢を問わずたくさんの仲間ができ、今も仲良く付き合っています。

そして川崎医科大学にストレートに進学した八木先生は、バンド活動も続けていましたし、空手ももちろんやっていました。しかし、2年生になった時、お酒の飲みすぎで膵臓を壊し、夏休みの間、富山で入院します。これがきっかけでお酒を飲まなくなった八木先生はウインドサーフィンに熱中するようになりました。「Hi Wind」というサーフィンの雑誌の創刊号に写真が載ったくらいです。
IMG_2111.JPG
八木先生のサーフィン姿

大学3年生の時にはスピード違反でまたまた謹慎処分になった八木先生。この時は夏休みが没収になって、夏休みの2か月間、毎日教授の所に通って英訳をさせられました。そうして毎日教授の前で発表させられたのでした。それまで医学用語の英語に関しては問題なかったのですが、このおかげで、話す方も問題なくなります。もっとも、ずっと自分で全部英訳していたわけではなく、宿題になった分は八木先生のことが好きだった後輩に手伝ってもらったりもしていました。特定の彼女は作らなかった八木先生ですが、女友達は本当にたくさんいて、八木先生のことが好きな子もたくさんいたのです。その子たちをうまく使うのはお得意だったようです。今もダンディな八木先生ですが、その当時のお写真を見ると、絶対モテますよね!って感じです。

川崎医科大学は高校大学を通して、かなりの率で留年する学生がいました。9年間ストレートで卒業していくのは5割くらいでした。これだけ遊んでいて、謹慎もくらった八木先生でしたが、留年はせずストレートで卒業したのです。3年生までは成績もギリギリで留年を免れていたのですが、4年生になった年に妹さんが大学に入学してきます。超優秀で学費免除で入学してきた妹さん。大学の先生たちは「あの子はお前の妹か」ではなく、「お前があの子の兄か?」という言い方をしました。さらには「妹さんは優秀だなぁ」と。
それが癪に触り、そこからはちゃんと勉強し始めた八木先生。勉強したら成績が伸びるのは昔も同じで、4,5,6年の時はトップクラスでした。
 渡辺淳一の作品や白い巨塔が好きだったこともあって、第一志望は外科でした。しかし、小児科の教授の所へも挨拶に行ったときに、教授が「君の妹さんは小児科医になるかね?」と妹のことを聞いてきたのです。その言葉に「僕が小児科医になります」と言ってしまった八木先生。しかし、外科系も1年くらいまわりました。その後、3か所くらいに派遣されて、派遣されるたびにたくさんの女性を泣かせてきた八木先生。ご自身は硬派だとおっしゃいますが、そんなにたくさん女性を泣かせてきたとなると、硬派なのかプレイボーイなのかわかりませんね。(あれあれ、お父様に女の子は泣かせるなって言われていたのに、と言うと、自分が泣かせたわけじゃなくて、向こうが勝手に熱をあげちゃうんだ、とのことでした!)そんな時に、教授から、君はちょっと外の空気を吸ってきなさいと、愛媛県の今治市の病院に派遣されることになります。しかし、行く先々でそんな風にたくさんの女性が泣くことになるので、君は身を固めてから行きなさいということになりました。その頃、八木先生がバイトに行っていた施設に養護学校がありました。その養護学校の校長先生は大学の理事長の知人でもありました。八木先生は大学の理事長にも可愛がられていたのですが、その校長先生の姪御さんがいい子だからと言って紹介されたのが、奥様です。12月に会って、次の3月30日が結婚式に決まりました。そして4月から今治に赴任です。八木先生のお誕生日は4月1日なのですが、29歳の1年間が四国の今治での新婚生活を送りながらの赴任期間になりました。その後、岡山大学の研究施設で脳代謝の研究を1年。母校の教授に大学院に入れと言われ、英語、ドイツ語、一般教養の大学院入試をちゃんとパスして大学院に入ります。4年間、大学院で研究生活を送ったわけですが、その間に長女と次女も生まれました。世の中はちょうどバブルの真っ只中。八木先生も後輩たちと一緒に岡山のディスコに繰り出しては踊っていました。その時、奥様は乳飲み子を抱えていらしたのに、ご主人が夜な夜な踊りに行っていても何も言われなかったなんて、なんて心が広いんでしょう。この頃、夜中の1時くらいに帰っては、長女を起こして長女ともダンスをしていたという八木先生。実はその娘さん、今はお医者様をやりながらベリーダンサーもされているそうです。きっと、その時のダンスの楽しい記憶があってベリーダンスも始められたのではないかとのことでしたが、寝かしつけた子どもを真夜中に起こされる奥様はたまったものじゃなかったんじゃないかなぁと思ってしまうのでした。

 しかし、もちろん遊んでばかりいたわけではありません。博士論文では、ミルクをいかに母乳に近付けるかという研究をしていました。実際に初乳から順を追って母乳の成分を分析していくのです。実は某有名メーカーの粉ミルクはこの時のデータが基になった成分で作られています。私はほぼ母乳で粉ミルクは使いませんでしたが、八木先生が携わられたって知っていたら粉ミルクも、もっと安心して使えていたかもしれませんね。
ただ、博士論文の提出期限の1か月前にぎっくり腰になって動けなくなってしまった八木先生。しかし、この時も仲良くしていた後輩が毎日自宅と研究室を往復して、八木先生のフロッピーディスクを届けてくれたおかげで、ちゃんと論文を出すことができたのでした。いつでも人に恵まれているのは取りも直さず、先生が人を大切にしているからにちがいないのでした。

 お父様が大病をなさっていたこともあって、大学院で一区切りついたら富山に戻る決意をしていた八木先生は平成5年に富山に戻ります。最初は富山大学に籍を置きながら済生会高岡病院に勤めました。半年くらいのつもりで行ったのですが、先生が済生会に行ってからどんどん患者が増えて、結局1年半済生会にいました。その後、大学に戻りましたが、大学でも大変忙しくなり、働きづめに働いていました。昼夜なくそして休日なく働きすぎたせいでしょうか、42歳の厄年の時に、突然何をするのもイヤになって無気力になり、夜は寝られなくなりました。そして、車の事故を起こしてしまいます。このままだとダメだ、そう思った八木先生は、大学病院を辞めて、実家のクリニックで働くことに決めました。平成15年のことでした。

 しかし八木先生が実家の病院に入る頃から、お父様は体力を回復され、そのまま院長はお父様がおやりになって、八木先生は副院長に。それで家の病院でも働きながら、大学病院の勤務医も続けられていて、それは今もずっと変わりません。それ以外にも医師会の理事や他の役職も数えきれず、救急の当直もしょっちゅう引き受けられ、週末ごとに出張で全国を飛び回っていらっしゃいます。そんな風に片時もじっとしているのが苦手な八木先生なのでした。
 そして還暦を迎えた今も、銀座や六本木で遊ぶのも好きですし、隙間時間にスキー場へ行って一滑りしてこられる等、とにかくパワフルです。

 そんな先生とダイバーシティとやま、いったいどこで接点が…?という疑問もごもっとも。実はとても大事なことをまだ書いていません。
 八木先生のご長男は自閉症で生まれ、今はめひの野園のグループホームに入所されています。先生は富山県自閉症協会の会長もされていて、ダイバーシティとやまで毎年開催している4月2日の世界自閉症啓発デーライトイットアップブルーでご縁があったのです。八木先生はちょうどめひの野園に自立支援センターありそが出来た時に東真盛さんと知り合い、自閉症協会の活動にも関わるようになられたのでした。医者としての目線だけでなく、親の目線で共感してもらえるのは、自閉症の子を持つ親御さんにとって、どれほど心強いことでしょう。
 
 本当に数多くの仕事をこなしている八木先生が、もっとも力を注いでいらっしゃるのは障害児医療と子どもの救急です。お忙しい合間を縫って、重い障害を抱えた子の家に往診にもいらしてます。お得意のスキーではスペシャルオリンピックスで障害者スキーのコーチもされているので、趣味と実益を兼ねられてとても楽しいのだと。

 30年来の付き合いのある患者さんもいらして、今も先生先生と慕ってくれるのも嬉しいし、生まれた時から診ている子がいろいろな成長を見せてくれるのも何より嬉しいことです。

 今は人と人をつなぐことが多くなったけれど、それは今までつないでもらったお返しもしたいからです。1人で1000のことは出来ないけれど、100人育てて1人ずつが10のことをすれば、1000になる。そんな風に人を育てていきたい。そうしていつか、聴診器を持ったまま事切れることができたら、それは医者として本望だとおっしゃいました。
その時は、娘さん(娘さんもお2人ともお医者さま)に臨終を伝えてもらって、孫に看取られたい。子どもや孫に自分の志を継いでもらえたらこんなに嬉しいことはない。そして、その志は背中で伝えていきたい。そう八木先生は思っています。

 スキーにサーフィンに空手にロックンロール、そして白衣と聴診器、誰にも負けない障害児医療への情熱、還暦過ぎてもまるで漫画の主人公みたいにスピード感あふれる八木先生。これからも、その誰からも愛されるキャラで、たくさんの悩める親子の道標になってくださいね。
 

 
 


今日の人182.前田大介さん [2018年12月30日(Sun)]
今日の人は、前田薬品工業株式会社代表取締役社長の前田大介さんです。前田薬品工業は創立以降50年、ジェネリック医薬品及びOTC医薬品の研究開発、製造を手掛けてきた会社で、軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤、液剤、そして、テープ剤、外用剤における様々な “モノづくり”を得意としています。女性も働きやすい会社で女性管理職の割合が25%、そして外国人の採用にも積極的なダイバーシティ度のとても高い会社です。また前田薬品工業は“第二創業”とも言える数々のチャレンジの種を撒いていて、その一つとして富山県立山町で建設中の美容と健康をテーマにしたリゾート施設「Healthian―wood(ヘルジアン・ウッド)」を2019年5月に開業します。約4万平方メートルの敷地にラベンダーや日本古来の和ハーブなどの日本最大級のハーブ園を整備し、建物の設計は新国立競技場などを手がけた建築家の隈研吾氏が担当。オープンが本当に楽しみです。
IMG_1810.jpg
とってもお洒落な社長室で

 前田さんは昭和54年に上市町で生まれました。両親は2人とも塾の先生で塾を経営していました。じいちゃんは富山地方鉄道の運転士で、両親が塾の仕事で忙しかったこともあって、よくじいちゃんばあちゃんと遊んでいました。

 でも、前田さんが幼稚園の頃に、上市から浜黒崎に引っ越し。その頃住んでいたのは、なんと前田薬品の倉庫だったそうです。前田薬品工業の創業者、前田實氏は、前田さんのお母さん側のおばあちゃんのお兄さんにあたる方でした。前田さんは田んぼでサッカーや野球をしたり、雪合戦をしたりと外でのびのび遊ぶ幼少期を過ごしました。

 しかし、そこは塾を経営しているご両親のことです。前田さんはお母さんの経営する英数塾にも通い、小学生の時から新聞のコラムを読まされ、基礎英語も毎日聞かされました。成績は常にトップで、小6の時は児童会長も務めます。当時から世話好きで仕切るのが得意でした。運動も好きで、小1から小4までは水泳教室に通い、サッカーもやっていました。5年生でバスケに出会うと、バスケにのめり込み、本気になりました。スラムダンクは今も愛読書です。小学校は海のすぐ近くにありました。蜃気楼が出たらみんなでベランダに出て見ていられるような、そんなのんびりした学校が前田さんは大好きでした。

 前田さんが10歳の時に、お父さんが前田薬品工業に入社されています。前田薬品工業の経理担当者が退職し、お父さんの几帳面な性格が見込まれて創業者の實氏に経理担当として入社を請われたのでした。

 前田さんは小6の秋に、「附属を受けるから一緒に受けない?」と親友に誘われます。それまでそんなことは考えたこともなかったのですが、親友も受けるからやってみようかと、秋から勉強を始め、見事合格。けれど、その友だちはなんと不合格でした。前田さんが入った年から富山大学付属中学のバスケ部はとても強くなり、前田さんはバスケのために学校に通っていたと言ってもいいほどでした。バスケ部では副キャプテンを務め、点取り屋のシューティングガードでした。試合は全試合ビデオに撮ってもらってそれを分析。バスケ部顧問の社会科の先生が担任でもあり、その先生が大好きだった前田さんは、自分も将来社会の先生になろう!と思っていました。ちなみに歴史上でいちばん好きな人物は黒田官兵衛、そして一番好きな政治家は小泉進次郎さんだそうです。

 3年の6月の引退試合が終わってからも10月まで毎日部活に行くほどで、この時の友だちは今も財産です。運動会や球技大会でも大会委員長として活躍した前田さんは、とってもモテて、卒業式はボタンは全てなくなりました。
 受験勉強は10月にようやく始めましたが、そこからぐんぐん成績が伸びてトップ10に入り、先生からは理数科に行けと言われます。そこで、バスケの強い富山高校を進学先に選びました。

 高校でもバスケ一色でキャプテン。この時の富山高校は本当に強くて、2年連続で北信越に出場します。部員も55人いて、前田さんは選手兼監督のような立場で皆を引っ張っていました。しかし、成績はいつも赤点で、学校の先生からは怒られ、その点では やさぐれていました。3年の時は、下級生にとても優秀な選手が入ってきて、前田さんはキャプテンながらフルで出場せずにベンチをあたためることが増えました。高校の時は6月の引退試合の後は部活をスパッとやめて、現役も通える予備校に通い始めます。そこで、浪人生の彼女と出会い一目ぼれ。2人はつき合うことになり、マックで一緒に勉強したりしていました。

 実は高校3年生の4月、新学期を迎える直前に、前田さんにとって、いや、前田さんの家族にとって大きな出来事がありました。前田さんの家族はそれまで実は前田姓ではなくて、鈴木姓でした。しかし、前田薬品工業創業者の前田實氏に肺がんが見つかります。實氏には子供がおらず、それでお父さんと寛氏が話し合って、一家ごと前田家の養子に入る決断をされたのでした。そうして一家は前田姓に変わったのです。

 勉強モードに切り替わった前田さんは、同志社大学商学部に現役で合格。歴史が好きで、大都市の人混みが苦手だった前田さんにとって京都はいちばん行きかった場所でした。彼女も京都に進学したので、二人で神社仏閣巡りによく出かけていました。しかし、バスケ好きの前田さんの血が騒ぎだし、またバスケにのめり込むようになった頃に2人の関係はフェードアウト。前田さんはバスケサークルのキャプテンとして部員60名を引っ張りました。そして、関西全域の約70チームの中で9連覇を成し遂げたのです。
 就職活動はせずに、WスクールでTACにも通い、税理士の資格を取るための勉強も始めました。
 
 卒業して富山に帰ってからも、さらに税理士試験の勉強を続け、また新たにバスケサークルも作りました。そのバスケサークルで出会ったのが、奥様です。
 勉強しながら、新庄中学校で不登校の子をサポートすることもやりました。その後、税理士試験の一部を取って会計事務所トマック・ジェイタックスで働き始めます。将来、前田薬品の社長になることはわかっていたので、会計事務所で働いた7年間は毎日中小企業の社長や独立開業のドクターに会い、本当にいろいろ勉強させてもらいました。そしてこの7年で圧倒的に数字に強くなり、数字を通してトップと話せるようになりました。これは本当に大きな財産になりました。
 会計事務所にいる間は、仕事の後は毎日バスケかジムに行っていました。そして前田さんんが創設したバスケサークルは4部から2部まで上がりました。

 29歳で結婚。そして前田薬品工業に入社。その時からバスケはピタッと辞めました。会社に入ってまずは現場からスタートしました。現場は思った以上に肉体労働で、1か月で5s痩せました。そこで2年、そしてその後は生産管理の部署を作って2年。その間、30歳で長女が生まれ、33歳で次女が生まれました。
そうして5年目の34歳の時に執行役員になります。
前田さんは会社に入る時にお父さんと約束していました。「自分以降、家族を社長にするのはなしにする、自分の後は能力のある社員を社長に。そうでないと自分は跡は継がない」それをお父さんと約束して会社に入ったのです。

 前田さんが執行役員になってから、前田薬品は日本で一番大きな塗り薬企業との提携に動いていました。立山町に40〜50億円の新工場を作る準備も進めていて、100%の連結子会社にする、2013年の10月1日にM&Aが成立するはずでした。
しかし、その前日の夜7時半にまさしく青天霹靂の大事件が起こります。
5年持つはずの薬、その薬が3年目に既に基準値を下回っていたのです。これは、製薬会社としてあってはならないことでした。2012年の試験で、出荷後のせき止め薬と製造途中の胃腸薬の2品目について、有効成分含有量が規格を下回っていたにもかかわらず、品質担当者が試験結果を書き換えていたのです。それは社長以下ほとんどの役員は全く知りませんでした。品質管理の担当者が納期を優先して独断でやってしまったのです。

 この事件でお父さんは社長を引責辞任し、会社が一番危機的な状況の中で、前田さんは跡を継いだのです。2014年4月1日のことでした。
前田さんは工場と販売部門の品質保証部を統括する信頼性保証本部を新たに設置する等の組織改革に着手します。社員のリストラはしませんでした。
全ての行政処分が出て5月。過去最悪の赤字を抱え、明日はどうなるか本当にわからない状況でした。「会社がつぶれたらその日から地獄が始まるから偽装離婚した方がいい」とまで言われました。あまりの重圧に13sもやせました。辞めていく社員も大勢いました。

しかし、前田さんは屈しませんでした。改革アクションを起こし、毎晩12時1時まで仕事仕事の連続でしたが、残ってくれた社員と家族が支えでした。社長を辞めたお父さんも財務で残ってくれたのもとても大きな支えになりました。

 この頃、あまりに疲れがたまってぶっ倒れた時がありました。げっそり痩せて頭痛もひどく全然眠れなかった時にアロマに出会います。ラベンダーのアロマオイルでアロマテラピーの施術を受けた時に体がとても楽になって久しぶりにゆっくり眠れたのです。この時のアロマとの出会いが、今前田さんが作っているアロマオイルTaromaの出発点になりました。Taromaには前田さんのこだわりがたくさん詰まっています。どれも立山町産のラベンダー、ゆず、ヒノキから抽出した3種類のアロマオイルです。立山町で育ったものを作り、抽出も製造も全て立山町で行っています。私もラベンダー、ゆず、ヒノキの3本セットを買ってみましたが、本当に肌なじみがよく、なんといっても香りがすばらしい!香りは脳にダイレクトに伝わるからこそ、成分は本当に大事だと思うのですが、Taromaなら間違いないと断言できます。そして、今やフランスにもこのアロマオイルを輸出されています。http://www.maeda-ph.co.jp/information/18

 前田さんと社員たちの改革アクションで、赤字だった会社は次年度には黒字になり、今もどんどん業績を伸ばしています。50期(2016年)の売上高が24億を数えて以降、毎年増収を続け、51期は27億、52期は29億を記録。53期は30億円を突破します。そして前田さんは30ものちがうプロジェクトに取り組んでいて、大変やりがいのある忙しい日々を送っています。

 そんな中、来年の5月に開業するのが美容と健康をテーマにしたリゾート施設「Healthian―wood(ヘルジアン・ウッド)」です。富山湾を一望できる田んぼに囲まれたロケーションを選んだのは、都会や海外から来る人に富山の自然や豊かさを感じてもらうため。和ハーブを育て、レストランでは育てたハーブ、そして半径40q圏内で育った地の食材を使った料理を提供しよう、富山が気に入ってくれた人が住めるエリアも作りたい、どんどん住んでもらって限界集落になっていたところを復活させよう。和ハーブのジンの蒸留所も作ろう。そんな風に前田さんの夢はどんどん広がっています。
entrance-bg@2x.jpg

 かつてのバスケット少年は今、50年後の富山を見据えて大きな夢を描いています。「妄想したら、もうそうするしかない!」という言葉はまさに前田さんにぴったり!どこまでも、さわやかな笑顔で突っ走っていかれることでしょう。富山にこんな素敵なダイバーシティ企業があることが、とても嬉しくなりました。
今日の人181.品川祐一郎さん [2018年12月20日(Thu)]
 今日の人は、株式会社品川グループ本社代表取締役社長品川祐一郎さんです。品川グループは、富山トヨタ自動車株式会社、富山ダイハツ販売株式会社、ネッツトヨタノヴェルとやま株式会社、株式会社トヨタレンタリース富山、トヨタL&F富山株式会社、品川商事カンパニー、山室重機株式会社を抱える県内自動車関連事業のリーディングカンパニーです。
品川グループのホームページはこちら⇒https://www.shinagawa-group.co.jp/
IMG_1832.jpg

 品川さんは1970年8月28日に生まれました。小さい頃は体が弱く、とても引っ込み思案でした。幼稚園の時には中耳炎や肺炎になっていつも休んでいました。特に、遠足や家族旅行などの楽しい行事の時には決まって熱を出してしまうのです。今のほぼ休みなく働く品川さんからはとても想像できない、虚弱体質の幼年期だったのでした。
そういうわけで小学校に入ってからも、なかなか自転車に乗れなかったり、逆上がりが出来なかったりと、運動に関しては自信が持てずにいました。

 そんな少年が小学校中学年の時にバスケットボールに出会い。スポーツの魅力に目覚めます。勉強はずっと得意だった品川さんですが、バスケットボールも得意になったことで、引っ込み思案も影を潜めるようになりました。

 品川さんは物心ついた時からずっと、富山トヨタを継ぐんだ!と心に決めていました。今は盤石に思える富山トヨタですが、品川さんが生まれるしばらく前につぶれかけたこともあったそうです。祖父や父が我が身を顧みずに必死で会社のために奔走する姿を見て、少年は尊敬の念を抱きました。そして、きっと自分もこの会社を継いで、この会社のためにがんばるのだ!少年の心にそんな灯がともったのでした。それが自分の天命だと思ってから、品川さんは積極的な少年に変わったのです。
 
 「トップに立つ!」常にそんな思いでいましたから、富山大学附属中学に入ってからは生徒会長にも立候補し、会長になりました。富山中部高校に入ってからも生徒会長、そしてコーラス部の指揮者でした。中学高校を通して悩みといえば、人間関係のことでした。正論でど真ん中を行ってしまう品川さんは思いや信念が強すぎて頑固なところがありました。運動会も文化祭も根をつめて夜中までとことん話し合いました。それで、うまくいかないと何故協力してくれないのだろうと思ってしまうのでした。自分目線でなかなか相手目線になれなかった。「実は最近までそうだったんです」と穏やかな口調でおっしゃいます。最近ようやく「あなた目線」で考えられるようになったと品川さん。

 大学は東京大学経済学部へ。生徒会や部活がどんなに忙しくても、「富山トヨタを継ぐ」という強い信念が勉学も疎かにはさせなかったのでしょう。でも、もちろん大学の時も部活に打ち込みます。選んだのは弓道部。部員を100人抱える部活でしたが、3,4年の時はレギュラーも勝ち取りました。実は、成人式も寒稽古と重なって帰ってきていません。
また富山トヨタの御曹司だから、さぞかし裕福な学生生活を送っていたのかと思えばさにあらず。お風呂もトイレも共同という学生寮で、4年間を過ごしたのです。でも、学生寮でも部活でも友と語り合い、とても充実した学生生活でした。

 大学卒業後はまず銀行に就職します。かつて会社が資金繰りに苦しんだので同じ過ちを二度と繰り返さないためにというのも頭にありました。外国為替やシステム開発に携わり、成果がなかなか出ずに苦しかったこともあります。でも、苦しいのは楽しいと品川さん。そう言い切れるのが、品川さんの強さなのでしょう。
実は、この銀行時代に出会ったのが奥様です。奥様も総合職で入ってこられたキャリアウーマンでした。
こうして、品川さんは27歳の時に結婚。そして29歳の時、銀行を辞め、富山に帰ったのです。

 富山に帰って、最初は富山トヨタ営業本部からのスタートでした。常に仕事のことばかり考えていました。それは昔も今もずっとそうです。自ら「仕事大好き人間」とおっしゃる品川さん。とことんやってみて、やってみたからこそ気付くことがある。そうしてビジネスを通じて社会に貢献し、それが自己の器を広げてくれるのだ、と。

 社員900人を束ねる社長になった今も、もっともっと自分自身成長していきたいと思っています。これから先、もっといろんなことができるはずだし、たくさんの人を巻き込むこともできる。その人たちは、立場に集まるんじゃなくて、生き方、在り方、考え方に集まるんだという思いがあります。かつては自分を曲げたくなくて人とぶつかる時もあった。しかし、そんな自分自身も含めて受け入れられるようになると心がラクになりました。ちがいはちがいで間違いではない、そう思えるようになりました。

 そんな品川さんがいちばんホッとできるのは、リビングのソファで家族と一緒にいる時間です。選択理論を学んでからは、家族と一切ケンカをしなくなりました。息子さんたちにも伝えるべきことは伝えるけれど、マインドは本人が気づくもの。決して強制はしません。現在高3と小6の2人の息子さんがいて、W受験を控えているのですが、受験が終わったら、海外に家族旅行出来ればいいなと思っています。高3の長男が大学進学で家を出るであろうから、家族で出かけておきたいというのがとてもお忙しい品川さんがいまいちばん叶えたいことです。

 社内では今、人事制度改革に着手していて、来年から始動の予定です。若い社員でも大きな仕事ができるようにしていきたい。多様な働き方を選べるようにして、たくさんの社員の夢を実現させたい。そして、夢だけではなく、志も実現できる会社にしたいのです。仕事を通じて社会の役に立つ、自分自身も富山トヨタグループも、それは常に品川さんの頭の中にあります。
品川グループは創業した1917年から今までずっと、富山にクルマの歴史を築いてきました。そしてこれからも、モビリティサービスを通じてすべての人々の幸せと発展に寄与していきます。詳しくはリニューアルされたばかりのホームぺージをぜひご覧ください。
https://www.shinagawa-group.co.jp/

 品川さんはご自身ももちろんクルマが大好きです。愛車は6速マニュアルの86。誰かが運転するクルマに乗るのは好きではなく、自分でハンドルを握るのがいちばん好きです。そして、いろんなアイディアが浮かんでくるのは、そんな愛車86でドライブをしている時。他にも、寝ている時、トイレにいる時、そんな時に仕事のアイディアがどんどん湧いてくるのです。

 100年前は馬車から自動車へとシフトした大変革の時代でした。そしてそこから100年経った今も、車の大変革期を迎えています。「CASE=ケース」が自動車業界を一変させると言われているのです。CASEとは4つのキーワードの頭文字を取ったもので、コネクティビティ(接続性)の「C」、オートノマス(自動運転)の「A」、シェアード(共有)の「S」、そしてエレクトリック(電動化)の「E」です。5年も経つときっと当たり前のように自動運転の車が走るようになり、10年経つと自動車の世界は一変しているかもしれません。いや、きっとそうなるでしょう。変わっていくもの、変えてはいけないもの、品川さんは今、そんな未来を見据えています。

 1917年の創業の社是「われわれは和をもって、誠実なサービスで信用を築き、愛社精神に徹しよう」の言葉を胸に抱いて、今日も品川さんは愛車86を走らせています。少年の時のように希望にあふれた瞳で。
IMG_1836.jpg


今日の人180.ミラー香保里さん [2018年11月10日(Sat)]
 今日の人はHumming bird ワインインポーターのミラー香保里さんです。
IMG_1152 (2).jpg

香保里さんは、富山の由緒ある呉服店牛島屋の家に生まれ、お兄さん3人に囲まれて育ちました。兄3人のせいか、女の子らしいことはあまり好きではなく、お兄さんの友だちとのサッカー遊びに混じっていたりもしました。ただ小さい頃からお茶、お花、日本舞踊にピアノ、プール、習字と習い事はルーティンになっていて学校帰りはいつも忙しかったのです。
 おままごとのような遊びには全く興味はなかったのですが、裁縫やお料理は小さい時から好きでした。ご両親が仕事でお忙しかったので、家にはお手伝いさんがいたのですが、そのお手伝いさんと一緒にクッキーを焼いたりする時間がとても好きでした。お兄ちゃんが学校から帰って来て何か作ってくれと言われると、ちゃちゃっと作ってしまう、そんな小学生だったのです。
 テレビ番組で好きだったのは、兼高かおる世界の旅でした。当時からいろいろな国に興味がありました。本を読むのも好きで、将来は本屋さんになりたいと思ったりもしていました。

 富山大学附属小学校から附属中学に進み、中学校ではバトミントン部とバスケ部に入ります。自転車通学で、友だちと放課後におしゃべりするのも楽しい時間でした。国語や歴史、そして英語が特に好きでした。そんな中学の時、黒田康子さんに英語を習ったことが香保里さんのターニングポイントになります。黒田さんは40代になってから英語を本格的に勉強し、大学留学をされて、その後大活躍された方なのですが、その黒田さんの生き方にとても刺激を受け、メンターと呼ぶべき人になりました。この出会いがあり、英語をもっと勉強したいという気持ちが強くなりました。そんな時にお母さんから、北海道の札幌聖心女子学院への進学を薦められます。最初はさほど乗り気でもなかったのですが、オープンスクールでとてもいい印象を受け、1人で北海道に行くのも冒険出来ていいなという思いで受験し、見事合格。こうして、高校からは札幌聖心女子学院の寮で暮らすことになりました。
 道産子はみんなとてもあたたかく、のびのびとした高校時代を過ごします。バスケ部に入り、木曜日曜はミサがあって、ポケベルも持ってはいけないという感じで、とってもマジメな高校生活でした。

 大学は東京の広尾にある聖心女子大学へ。もちろん選んだのは英文科でした。おばあさまの代から聖心という子も多くいましたが、インターナショナルスクール出身の子も多く、香保里さんにとって居心地のいい大学でした。合コンのお誘いもしょっちゅうでしたが、そういうことにはとんと興味が湧かない香保里さんなのでした。
 世の中はスーパーモデルブーム、香保里さんはファッションの分野にとても興味がありました。英語を糧に海外に行ってファッション雑誌を作りたい、そんな思いがどんどん膨らんでいきました。ニューヨーク、パリ、ロンドン、ミラノといったファッションの最先端の街にはどこも興味がありましたが、夏に欧州に一ヶ月行ったことでヨーロッパ、特にイギリスに行こうという気持ちが強くなりました。

 こうして大学卒業と同時にロンドンに渡りLondon College of Fashionでファッションプロモーションを専門に学びました。イギリスのPR会社のインターン、スタイリストのアシスタントをやり、語学の壁を感じながらも、それを乗り越えるためにひたすら努力しました。
香保里さんが心がけていたのは、なるべく日本人の中に入らないように、とにかくイギリス人の中にどんどん入っていくということでした。そして英語とファッションプロモーションの腕をどんどん上げていきました。そんなイギリスにいる間に、伴侶となるショーンさんに出会った香保里さん。コーヒー店でアルバイトもしていた香保里さんですが、その時に出会ったのが南アフリカ人のショーンさんでした。いろいろ話すうちに意気投合。しかし、2年間のワーホリでロンドンに来ていたショーンさんの滞在期限は1年を切っていました。母国に戻り大学で勉強することが決まり、その後、4年間の遠距離恋愛が続きました。

 イギリスに渡って3年半。大学の卒業式に出席するため、日本のご両親が香保里さんのもとにやってきます。このままずっとイギリスにいるなら勘当する。もし、どうしても残りたいなら全て自分の力でやりなさい。そう言われました。悩みもしましたが、日本に帰ることを選びます。  
香保里さんは広尾にあるPRコンサルタント会社WAGに入ります。社長の伊藤美恵さんはとても小柄な女性でしたが、日本のファッションシーンを牽引する、実にダイナミックな人でした。真夜中に帰宅する忙しい日々でしたが、いろんなことを叩きこまれ、とても学びの多い2年半でした。伊藤先生の「PRをやっているなら焦りは禁物、どんなハプニングも『ポーカーフェイス』で乗り切りなさい」との教えは今も大切にしています。
 ちょうど情報がSNSへと移っていく過渡期で、広告業界は規模が小さくなってきていました。伊藤先生に雑誌の編集者になりたいと相談すると、力をつけて私のお墨付きを与えたらどこでも紹介すると言われました。
 やがて、香保里さんはアメリカのファッション雑誌『Harper’s BAZAAR』の編集者として働くことになります。広報と編集の両方の気持ちがわかるのが香保里さんの強みでした。ここでの仕事ももちろん忙しかったのですが、ファッションの最前線を目の当たりにし、アーティストやデザイナーのインタビューなど、とてもやりがいのある仕事でした。雑誌の編集者に転職し半年が過ぎた頃、ショーンさんも大学を卒業し、日本に来て英語の教師になりました。2人はその後長女を授かり、結婚しました。
5年間ファッション雑誌の編集者として働きましたが、雑誌が休刊になったこと、そして二人目を妊娠したこともあり、富山に帰ることを決めます。先輩からの自分のタイミングで自分の時間を大切にしなさい、との言葉も背中を押してくれました。富山に行くことには田舎が好きなショーンさんも大賛成でした。
 
こうして息子さんの生まれる年に富山に戻ります。それは東日本大震災の少し前のことでした。子育てしながら主婦として過ごす1年くらいを過ごし、このままでいいのかなと落ち込んだりもしました。高校の時から富山にいなかったので、友だち作りも一からのスタートでした。東京の仕事や翻訳の仕事もポツポツとはありましたが、自分で何かしたいという思いが湧き上がってきました。ちょうどそんな時にご主人のショーンさんのいとこが結婚した人が、ワインの醸造家だったのです。南アフリカで飲んだそのワインは本当に美味しかった!なんて美味しいワインなの!香保里さんは思いました。でも、南アフリカのワインは日本ではそれほどたくさん流通していませんでした。このワインを日本に広めたい。香保里さんの中にそんな思いが膨らみました。人気クリエイターとワイナリーがコラボして誕生した素敵なワインに心が躍り、ポテンシャルの高さを感じました。そして、編集者時代にお世話になった方の力添えで、有名百貨店の社長にプレゼンする機会を得ました。その百貨店での取り扱いを機に、香保里さん夫婦は酒販免許を取り、南アフリカワインの輸入販売の仕事をスタートさせます。もちろんそれは平坦な道のりではありませんでした。今から5年前のことでした。
 昔気質の酒屋さんとの付き合いも香保里さん夫婦には初めてのことばかりでした。でも持ち前のバイタリティで乗り越えてきました。何より、今まで踏み入れたことのない分野の仕事にワクワクしました。ずっとファッションの世界で生きてきたけれど、ファッションとワインもアートでつながる。そこに大きな可能性を感じています。
 そして南アフリカワインを飲むことで、南アフリカに興味を持つ日本人が増えてくれたら嬉しいという気持ちも強く持っています。ワインを通した南アフリカツアーを企画したり、逆に富山を紹介したり…そんな夢がどんどん膨らみます。

 海外に出たことで、逆に富山の魅力も感じることができるようになりました。そして富山には才能豊かな人財もとても多いのだということにも気づいたと香保里さん。

 そんな忙しい日々の中の楽しみは小4と小2のお子さんたちと話すこと。そして、夢は南アフリカと日本をもっと近い関係にすること。両国はお互いのよさをもっと取り入れることができる。そして両国の良さを知っている香保里さんとショーンさんだからこそできることがたくさんあるにちがいありません。富山のおかきを南アフリカで売り出したいとにっこり笑う香保里さん。私としては、南アフリカの人にもぜひ日本語を勉強しに来てほしいなと思うのでした。

 まだ南アフリカワインを飲んだことのない方は、ぜひ一度お飲みになってみてください。ボトルもおしゃれだし、なんといっても美味しい。今年もクリスマスの一本は、決まりですねウインク
IMG_0971.jpg
今日の人179.大橋聡司さん [2018年09月09日(Sun)]
 今日の人は、大高建設株式会社代表取締役社長、宇奈月ビール株式会社代表取締役社長、株式会社リレーションズ代表取締役社長、一般社団でんき宇奈月代表理事等多方面でご活躍の大橋聡司さんです。
IMG_0465.jpg

 大橋さんは宇奈月生まれの宇奈月育ち。小さい時は友だちと野山を駆け回るのが大好きな活発な少年でした。黒部川で泳いで、ヤリで突いてとった鮎をたき火で焼いて食べたり、高い場所から飛び込んだり、いつも外で遊びまわっていました。小学生の時はスキーや野球、中学生の時はバスケ、高校生の時はラグビー、大学生の時はスキーと、スポーツは大好きでした。
 将来に関しては、子どもの頃から家業の大高建設を継ぐものだと思っていたし、それに疑問を持つこともしませんでした。

 中学2年の担任の先生は初任で初めて受けもったのが大橋さんたちのクラスでした。大橋さんは器用でなんでもできるタイプでしたが、目立ちたがり屋でふざけたりすることもあったので、先生は大橋さんにはことさら厳しくあたりました。家業を継ぐこともわかっていましたし、バスケ部の顧問でもあったので、この子は厳しく育てなければ、と思っていらっしゃったのでした。卒業して十数年たった同窓会でお二人は再会します。当時厳しく当たったことを、さぞ恨んでいるだろうとずっと思っていらして謝罪の言葉を述べられた先生でしたが、当の本人はそんなことは全く覚えておらず、先生にしたら拍子抜けだったそうです。
 大橋さんは息子さんが高校生の時に県の高校のPTA連合の会長をされていて、富山経済同友会の教育問題委員会の委員長でもありました。そんな時にちょうどその恩師が小学校校長会の会長をされていて、そんな縁が重なり、それ以来、お二人は教育関係で前向きなつながりでいらっしゃいます。先生に教育の分野でもがんばってほしいと頼まれ、大橋さんが小・中・高校に出向いて出前授業をすることもあります。恩師から「大橋先生」と呼ばれると、身の引き締まる思いがして一層がんばろうと思うのでした。

 野山を駆け回る小中学校時代を過ごした大橋さんは、魚津高校へと進み、ラグビー部に所属して部活動に明け暮れ、多くの仲間と一緒に青春を謳歌しました。実は、大橋さんの奥さまはこの高校時代の同級生なのですが、お2人がつき合い始めるのはちょっぴり後で、お2人とも上京されてからのことでした。

 魚津高校は国立大学を目指す生徒も多いのですが、大橋さんの家は親戚も含めて東京の私大に行くというのが定着していました。大橋さんは明治大学法学部に進み、明治三大酒飲みサークルの一つと言われるスキーサークルで部長も務めました。オフシーズンも六大学野球やラグビーの応援等で、なにかにつけては飲み会。そして、スキーシーズンになると苗場プリンスホテルでバイトしながら、スキー三昧の日々を送るのでした。世はバブル真っ盛り、そしてちょうど映画「私をスキーに連れてって」で空前のスキーブームの頃でもありました。

 しかし、大橋さんは進路に関して迷うことはありませんでした。いかに世の中がバブルで超売り手市場であろうと、「富山に戻って家業を継ぐ!」という思いは子どもの頃から何ら変わっていなかったからです。

 こうして、富山に戻ってお父さんが社長を務める「大高建設」に入社。幹部社員の高齢化が進み、若い人が入っても育てる術がないといった状況でした。まずは経理畑から始めた大橋さん。時代はちょうど手書きからワープロへとシフトし始めた時でした。その頃、大高建設の経理事務は手書きだったのですが、大橋さんはそれをワープロで打ち直すという単純な作業業務を与えられました。そのままやっても楽しくないので、与えられたものの中で自分なりの工夫をして業務の改善を進めました。またそれまでまともなリクルート活動もしてこなかった会社でしたが、大学の就職課にアプローチするなどちゃんとリクルート活動をして大卒も採用できるようになりました。大橋さんは文系で技術者ではなかったのですが、土木施工管理・建築施工管理の国家資格を取るなど自ら範を示し、若い社員とコミュニケーションを取りながら新たな社風を作ろうとしました。一方で、昔ながらのやり方で自分が会社を支えてきたという自負がある人は、これまでのやり方を変えることに反発しました。そんな人たちと衝突をしながらも、互いに会社を思う気持ちでやっていることには変わりはないのだと、少しずつ少しずつ理解をしてもらいながら会社を改革していきました。

 そして2000年、37歳になった年に3代目の社長に就任しました。同年、青年会議所では富山県のブロック会長も務めました。ただでさえ県会長は、たくさんの公職も付随し、とても多忙で責任の重い役職です。社長業務をこなしながらのJCの県会長というのはとても大変でありましたが、この経験は自身の成長に大いに役立ちましたし、またその時にできた人と人とのネットワークが今も生きています。そして、JC時代にまちづくりに関わったことが今の社会的な活動に繋がっていると思っています。

 社長業もただ会社を現状維持するだけでは将来が危ういと考えた大橋さん、ちょうど世の中に公共事業不要論が渦巻いていた時で、建設以外の事業にチャレンジする必要があると考え、飲食レストラン業にも進出します。外食産業は人財産業だと考えている大橋さん。それはつまり人づくりでもあります。教育に力を入れたい大橋さんが人づくりの分野に進出するのは、自然な流れだったのかもしれません。しゃぶしゃぶ温野菜の北陸甲信越地区のエリア本部として、1店舗1社員で、アルバイト学生を教育するというやり方を展開しました。この教育方法で鍛えられたアルバイト学生は、自身が就職した時にこの経験が大変役に立ちます。人材育成に力を入れているという自負が浮き沈みの多い外食産業にあってゆるぎない経営を続けていられるのです。そしてお客さんのためにいかに美味しいもの、幸せな時間を提供するかという強い思いが、株式会社リレーションズや宇奈月ビールの経営につながっています。
 株式会社リレーションズ⇒http://www.relations-inc.com/
 宇奈月ビール⇒https://www.unazuki-beer.jp/

 また大元の建設業の方も、後継者がいない会社をグループ化してシナジー効果を上げています。海外事業も展開しており、ミャンマーでは現地法人を立ち上げました。大手ゼネコンの土木本部長をやっていた方が海外事業部の部長として手腕を発揮していて、その下で働いているネパール人が、実は私の教え子です。こんなつながりがどんどん生まれているのがとても素敵な大高建設です。
大高建設のさまざまな取り組みについては、ぜひこちらのホームページをご覧ください。
http://o-taka.co.jp/

 大橋さんが今楽しいことは、ずばり「まちづくり」に関わること。一般社団法人でんき宇奈月の代表理事でもいらっしゃる大橋さん。でんき宇奈月は宇奈月温泉において、小水力発電をはじめとした再生可能エネルギーとEVバスによる公共交通事業を導入し、電源開発で発展してきた宇奈月温泉を、先進的なエコ温泉リゾートして観光客誘致を促進するとともに、エネルギーの地産地消を切り口に自立した地域づくりを推進しています。富山国際大学の上坂先生http://blog.canpan.info/diversityt/archive/138はじめ、仲間と一緒にまちづくりに取り組んでいくそのプロセスが本当に楽しいのでした。

 そして、かかわっている地域や人が幸せになってほしい、その一助になれればいい、大橋さんはそう思っています。

 2018年7月から、公益財団法人黒部市国際文化センター理事長に就任されました。代々、黒部市長が務めてきたポストで民間人が就任するのは初めて。企業経営者の手腕を買われての就任だったそうです。黒部市国際文化センター「コラーレ」宇奈月国際会館「セレネ」、黒部市美術館の運営を担う組織のトップとして、ますます多忙になりそうです。

安くておいしいワインを探すのがささやかな趣味と話される大橋さん。まちづくりの仲間たちと話しながら一緒にグラスを傾ける時間が最高の時間かもしれませんね。
今日の人178.有路由美子さん [2018年08月19日(Sun)]
 今日の人は、ほっこり堂主宰の有路由美子さんです。ゆらゆら体操の体操教室、うさとの服の展示販売、手相教室、山元加津子さんの映画の自主上映会や講演会の主催等々、いろんなことを手掛けていらっしゃるとってもアクティブな女性です。
IMG_0237.JPG

 由美子さんは富山の大沢野で生まれ育ちました。子どもの頃は体が弱く、体育の時はいつも休んでいるような子でした。外で遊んでいても、ゴム跳びは見ているだけ、その頃流行っていたピンクレディも踊れないし歌えませんでした。ごっこ遊びの時は、お母さんの箪笥から服を引っ張り出してくちゃくちゃにしてしまい、怒られていました。みんなで集まってもどうやって遊んでいいかわからない、そんな子ども時代だったのです。
 そんな少女は図書館で本を読むのが好きでした。4つ下の弟と一緒に近くの猿倉山まで犬を連れて散歩するのも好きでした。ガリガリに痩せていて大きい口が目立つので、クラスの男子から口とかガマガエルと呼ばれてからかわれていました。それが悲しくて、ホームルームの時に、「人の欠点ばかりを言うのはやめて」と抗議したこともありました。何か言われてただ泣き寝入りをするだけの子ではありませんでした。

 その頃の子どもたちの習い事と言えば、そろばんと習字でした。有路さんも両方習っていましたが、あまり長続きはしませんでした。習いに行ったふりをしてどこかに隠れて行かなかったこともありました。両親は共働きで鍵っ子だったので、自営業で子ども達におかえりって言える環境がいいなぁと漠然と思っていました。

 中学では、英語研究サークルを作ろうと言った友だちに誘われて、そこに入ります。英語劇を文化祭で発表したりしていました。英語や数学が好きでしたが、体育は嫌いでした。一度担任が体育の先生だったことがあり、ペーパーテストはできたのに、成績に2をつけられたことがあって、一層体育にコンプレックスを持つようになりました。そんな由美子さんが今ではヨガや自力整体を教えています。

 中学生の時は、保育士さんになれたら楽しそうだなぁと思っていました。その頃から、お母さんが何を決めるにも霊能者に聞くようになり、由美子さんが学校を決める時も、女子高がいいと言われるままに女子高に進学したのでした。保育士になるなら、ちゃんとオルガンとか弾けないとダメだわという軽い気持ちで音楽を専攻したものの、譜面も読めませんでした。他の子はほとんどピアノを習っていてちゃんと弾けるという状況だったので、選択して失敗した!と思ったけれど後の祭り。その後どうやって授業を受けていたのか覚えていないほどです。しかし、保育士になりたかったのに、家には進学させる余裕はないと言われ、一気にモチベーションが下がりました。すると番数もみるみる下がりました。由美子さんは勉強したくないメンバーとつるみ、授業が終わると街の喫茶店や友だちの家に集まっておしゃべりしていました。ドライブインでアルバイトもして、そのお金で自分の服を買ったりお茶代にあてたりしていました。友だちと買い物に行って衝動買いできることに自己満足を感じ、早く働いて自分の自由になるお金をもっと欲しいと思っていました。
就職組は1クラスにまとめられ、補習では簿記や珠算の授業もありました。夜も簿記の学校に通い、簿記の勉強はとても楽しかったのです。

 こうして女子高を卒業した由美子さんは病院で事務員として働き始めました。しかし、失恋をきっかけにショックで計算ができなくなった時期があり、それで仕事を辞めてしまいます。その後、コピー会社で働き始めたのですが、国泰寺に行ってお坊さんと一緒に修行する研修があると聞き、精進料理を食べなきゃならないと思い込んだ由美子さんはそれで仕事を辞めてしまいました。なんと由美子さん、お漬物が大の苦手で、漬物を食べなきゃならないと思い込んで仕事を辞めてしまったのでした。

 その後は内装材の卸しの会社で働き始めました。内勤で受注の電話を取って手配する仕事で、緊張するかなと思ったのですが、実際にやるととても楽しい仕事でした。ここは結婚して子どもができるまで働きました。
 
 由美子さんは23歳で結婚。お母さんが美容院で会った人に「うちの子、嫁さんを探してる」と声をかけられ、とんとん拍子で話が進んだのでした。見合い写真はよかったのですが、会うとやぼったい人だなぁと思いました。でも、友だちが多くて山登りしたりテニスをしたりする人だったので、この人といると退屈しないかなと思ったのです。
 ある日、家に帰ると反物が届いていました。なんと結納の品でした。5月にお見合いして、あれよあれよという間に事がすすみ、9月の結婚式の日取りまで決まってしまったのでした。相手のアラが見えてきて、嫌だな~と思っている絶頂期に結婚式を迎えてしまったのです。
 
 2年後には長男、3年後には次男が生まれました。結婚前に働いていた内装材の会社から来てほしいと言われ、子どもを連れて出社していました。子どもが保育園に行き始めてからは、フルタイムで働くようになりました。35歳まで事務員をしていましたが、世の中の流れがパソコンになり、事務員はいらないので、やめるか営業になるかの二者択一を迫られ営業の仕事をすることを選びます。ハシゴを積んで現場まで行ったこともありましたが、40歳で長年勤めていた会社を辞めました。エクステリアの営業所を立ち上げた知人から事務の募集をしていると言われ、そちらに転職したのです。しかし、そこの取引先の子が事務で入ってきたことでまた営業をやらされるようになります。それで、そこも辞めて内装材の会社で培った知識が活かせるカーテンの会社に事務員として入ったのでした。ところが、なんとそこも営業の人が辞めてしまってまたまた営業をさせられるということになりました。40代で営業で外回りはきついと思った由美子さんは、神島リビングに転職します。そこで輸入家具売り場の担当になり、インテリアコーディネーターの資格を取得します。神島リビングでの仕事は楽しかったのですが、姑が体調を崩し通院に付き添わなければならなくなったのでやむを得ず仕事をやめました。ある時、姑は腸閉塞を起こし、緊急入院。環境が変わったためか痴呆になり、要介護5になってしまいました。しかし、腸の中をきれいにすると頭もクリアになって退院し、すっかり元気になったのです。元気な姑と2人で家にいるのは苦痛だったので、ヘルパーの資格を取って介護の仕事を始めました。介護の仕事を始めて3年、姑が亡くなり、子ども達も独立してしまっていたので、夫婦二人の生活になりました。

由美子さんは神島リビングで働いている時に自分の体調が悪かったこともあって、自分の体のメンテナンスをしたいと自力整体の勉強もしていました。介護の仕事と並行してたまに西宮の先生のところに通うようになりました。それまで学校も職場も半径10q以内の生活圏で暮らしていた由美子さんが50代になって初めて外に出たのです。外ってこんなに楽しいんだ!由美子さん、50代の目覚めでした。こうして自力整体ナビゲーターになった由美子さんは先生から教室を開きなさいと言われます。そうは言われても何をしていいやらさっぱりわかりません。そんな時、リタクラブという貸しスペースがあると言われ、そこのオーナーの平木柳太郎さんに相談したところ、どうやって人を集めるかを教えてくれました。初めてFacebookで告知するということをやり、またヤマシナ印刷の山科さんのところでチラシを作り、初めて自分の整体教室を開いたところ、4~5人の人が来てくれました。人ってこんな感じで集まるんだなぁと初めての経験にわくわくしました。そうやって、マイペースに教室は続けています。そんなある時、整体仲間が山梨で山元 加津子さんの講演会を企画し、その山元 加津子さんの映画があるということを知りました。ちょうど富山でも上映会があって、「僕のうしろに道はできる」という映画を見たのです。その映画を見て、すごく感銘を受けた由美子さん。配給会社に問い合わせたところ、会員になったら少人数でも上映会ができると聞き、それならと会員になって、自主上映をするようになったのです。本当に淡々と毎日を過ごす日々だったけれど、自力整体が自分の殻を破るきっかけになり、やりたいことを次々にやっていくそんなアクティブな女性に大変身したのです。

 そんな由美子さんですが、子どもたちが高校を卒業するころまでは夫とコミュニケーションを取るのをあきらめていました。けれど、いろんな人と出会って話をするうちに、コミュニケーションが取れないのは私のせい?と思うようになりました。自分がコミュニケーションを取れないようにバリアを張っていたのかもしれない、そう考えた由美子さんは、ちょっとしたことでも夫に話すようにしました。そうして、ちゃんと「愛している」と口に出すようにしたのです。するとどうでしょう。冷たい空気が流れていたようにも感じていた夫婦関係が好転して、今は夫もとても優しくなりました。一緒にうさとの服の販売を手伝ってくれるようにもなりました。うさとの服というのは、タイで作られている手作りの服で、一度うさとを着ると他の服が着られなくなるくらい着心地のいい服だそうです。由美子さんはうさとの服販売のコーディネーターもやっていて、9月28日~30日は南砺市福野のギャラリー樫亭で展示会も行うそうなので、興味のある方は足を運んでみてください。うさとの服は由美子さん夫婦をつなぐとっても大事な服なのです。
うさとの服についてはこちら⇒http://www.usaato.com/jp/
 ご主人は今、由美子さんがいろいろな所へ出かけていっても口うるさく言うこともありません。そんなわけで、50代になるまでずっと半径10q圏内で生活していた由美子さんの行動範囲はうんと広がって、日本国内のみならず海外へも出かけるようになりました。一昨年はインドを12日間、昨年はベトナムを5日間旅をしています。そして今度はどこへ行こうかとワクワクして考え中です。

 イベントをしていくうちにたくさんの新しい友だちも出来ました。そうした中で、NPO法人かもめノートに出会い、発語のない障害者の方と言葉なしでコミュニケーションを取る楽しさも知りました。デイサービスは分刻みで忙しかったのですが、かもめノートは1対1でゆっくり時間を過ごせて、由美子さんはこちらの働き方が気に入っています。

 由美子さんは、最近、自分がいかに楽しいかが大事だと思うようになりました。やりたくないと思いながらやっていることでわくわくできるはずがありません。自分の心が動くことをやる、だから頑張れるし、人の心も動く。40代の初めに四柱推命の人に、あなたは今から下降して50歳を過ぎたら上昇すると言われました。その通りで50を過ぎたあたりから、もうなんでも楽しくて仕方がない、という感じになっている由美子さん。これからも自分が心が動く楽しいことをしていきたい、そして自分の経験してきたことを伝えていきたいと思っています。伝えていく、ということでいうと、実は由美子さんは手相を見ることもできます。そうして、それがズバリと当たって皆さんびっくりされるそうです。由美子さんに手相を見てもらう人はツキが良くなるそうなので、皆さんも一度見てもらってはいかがでしょうか。手相教室もこれからやっていくそうですよ。

そして来月9月8日にはかっこちゃんこと山元加津子さんの講演会と映画上映も企画されている由美子さん。そんな由美子さんのパワーがどんどん周りに波及しているのをビシビシ感じます。山元加津子さんの講演会はストレートにハートに響きますので、最近なんだか心が疲れているなぁと感じている方は、足を運んでみてください。
山元加津子さん講演会のお知らせはこちら⇒
https://www.facebook.com/events/389776028171381/

何かを始めるのに年は関係なく、やりたいと思ったらいくつになってもやり始めることができる!そんな勇気が湧いてくる今回のインタビューでした。
今日の人176.Amit Kanaskarさん [2018年06月11日(Mon)]
 今日の人は銀行員としてお仕事をしながら、アートオブリビングの講師として呼吸法や瞑想を教えていらっしゃるアミット カナスカールさんです。
14680718_1146937202060581_8740740070195204207_n (2).jpg

 アミットさんはインドマハラシュトラ州で生まれました。
幼い時はとてもやんちゃで、縛っておかないとじっとしていられないような子でした。落ち着いたのは7歳違いの弟が生まれてからです。お母さんに「あなたはお父さんの代わりになるからお願いね」と言われ、兄としての責任感が生まれたのでした。

 アミットさんは子どもの頃から、ひたすら親の話を聞き、家族の状況に敏感でした。何かが欲しいと親におねだりしたことは一度もありません。お母さんのお手伝いをするのがとても楽しい子ども時代でした。家にお客さんが来た時に飲み物を出したりするのが嬉しかった。
動物も好きで、動物園に行くのが好きでした。動物を飽きずにずっと見ていました。家でインコも2羽飼っていましたが、そのインコが死んで木の下に埋めた時に、悲しくてすごく泣きました。あまりに泣いたので、次に飼ってもらえることはありませんでした。とてもセンシティブな子だったのです。
 
 お父さんは2人の子どもを学校に通わせるために花火の行商など2~3の仕事を掛け持ちして家族を養ってくれました。お母さんはとても家族思いで、アミットさんが大学生になっても必ず手作りのお弁当を作って持たせてくれる、そんな優しいお母さんでした。アミットさんは内向的な性格であまり外に自分を出すことはなく、それは自分の弱みじゃないかとずっと思ってきました。でも、その悩みを誰かに話すことはありませんでした。友だちにパーティに誘われたりもしましたが、行ったことはありません。

 ただ、高校に入った頃に親戚が連れて行ってくれたヨガスートラにはとても心惹かれるものがありました。そこで瞑想にも興味を持ちました。ヨガスートラの本を読んで、ベジタリアンになることも決めました。

 進学校で学んでいたアミットさんは、エンジニアになってほしいというご両親の希望のままに、インドの名門プネ大学コンピューター・エンジニアリングに入学します。プネ (Pune)は、「東のオックスフォード」として知られる学術都市で、インド国内のみならず、世界中から学生が集まってきます。近年はIT産業を中心にインドでもっとも目覚しい発展を遂げており、「東のシリコンバレー」ともいわれています。

 そんなアミットさんが日本語に出会ったのは大学2年の時でした。大学でドイツ語をやっている友だちから、日本語をやるから来ない?と誘われていった日本語の授業がとても楽しかった。それで昼は大学、夜は日本語学校に通う日々が始まったのです。アミットさんが自分から何かをやると決めたのは、これが初めてでした。日本語の勉強に夢中になったアミットさんは、大学の講義のメモを日本語で取るくらいでした。それで、日本語の勉強を始めた大学2年の時は日本語能力試験の4級、3年生で3級、4年生で2級に合格したのです。文科省の主催する日本語弁論大会にも出場しました。優秀な人が3人選ばれるのですが、アミットさんは4番目でした。それがすごくショックでした。でも、いつか日本に行こう、それは強く思っていました。

 そして、大学卒業後はインドでソフトウエア会社に就職。出張で日本に来る機会もありました。インドのご両親は息子にMBAを取って欲しいという夢も持っていたので、アミットさんはハワイ大学に渡り、ハワイ大学と日米経営研究所(JAIMS)でMBAを取得。ハワイ大には日本語のプログラムもあって奨学金も出ました。アミットさんは日本で3か月インターンシップをし、その後日本で仕事を探しました。最初は生保で1年半仕事をし、その後現在勤める銀行に転職。今は5人の部下を持つマネージャーをしています。インドにいた時は6年間SEとして働きました。ずっとコンピューターの前にいる仕事は、今は絶対にイヤだなと思っています。いろいろあっても、やはり人と話せる仕事の方がいいとアミットさんは思うのでした。

 アミットさんがアートオブリビングに出会ったのは友だちに紹介されたのがきっかけです。インドの家の近くでコースがあるから受けるといいよと言われ、2003年の12月に6日間のコースを受けます。すると自分の内側がとても静かになって満たされていく感覚を深く味わいました。すっかりこのプログラムに心酔したアミットさんは基本コースが終わる前には上級コースを受ける予約を入れたほどでした。このアートオブリビングの創設者であり、ヨガの大家でもあるシュリシュリの智慧の講話を聴いた時、ずっと涙が出て止まりませんでした。シュリシュリの深い愛と真実を感じたアミットさんは2004年の1月から6月までの間に開講されている全てのコースを受け、最後は両親にも受講してもらいました。そして、4月にインドの会社を辞め、6月にハワイ大学の留学へと向かったのです。ハワイで出迎えてくれたのもまた、アートオブリビングの先生でした。アートオブリビングは世界155か国、1万箇所以上に拠点を持つ国際NGOなのです。

 アミットさんはMBAを取って、日本でインターンシップを終えた後すぐに2週間休みを取りました。その2週間でアートオブリビングの講師養成プログラムに参加します。その後日本で働きながら、アートオブリビングの活動を続け、日本版のホームぺージを作ったりもしました。
アートオブリビングJapanのホームページはこちら⇒https://www.artofliving.org/jp-ja
 そして2010年には講師養成の残りのプログラムも終了し、正式に講師の資格を得たのでした。

アミットさんは今、日本のあちこちでアートオブリビングの講師として活躍しています。ここ富山でも鵜飼ひろ子さんと一緒にプログラムを展開していらっしゃるので、興味のある方はぜひ一度訪ねてみてください。私も一番基本の3日間のハピネスプログラムに参加しましたが、呼吸法でとても穏やかな心地になることを身を持って体験しました。
 アミットさんは、会社員として働いている平日も、呼吸法や瞑想は欠かさないそうです。それでいつも囚われのない穏やかな表情をされているのだなぁと納得の私なのでした。

 アミットさんはこれまで学んできたことを体験として気付けた時がとても楽しいとおっしゃいます。姪っ子が無邪気に遊ぶ動画がインドに住む弟さんから送られてきて、それを見ることが癒やしの時間です。

 
 ヒンドゥ教のお正月のお祭り、ディワリの時は約2週間帰国するようにしているアミットさん。その時は親元で過ごし、ひと時親孝行をしてくるのでした。

 平日は会社員、週末はアートオブリビングの講師として忙しい毎日を送っているアミットさんですが、かつて柔道や茶道も習いに行っていました。京都や奈良に行くのも落ち着きます。ダジャレや落語も好きで、いつか自分自身で落語もやってみたいと思っています。
とにかく日本が大好きなのです。

 そんなアミットさん、会社でもアートオブリビングの智慧を取り入れていきたいと思っています。普通の仕事の中でもその智慧を取り入れることができたら、きっと仕事のストレスや人間関係の軋轢はうんと減るにちがいないですね。

そして夢は、昔のヨガの環境を再現した遊園地(テーマパーク)を造ること。その遊園地、ぜひ行ってみたいです!

富山でアミットさんのプログラムを受けてみたい人はこちらをチェック
35142641_1717830834971212_5884257099923324928_n.jpg

次項有そして6月21日は国連の定めた国際ヨガデーです。
皆さんも国際ヨガデーのイベントに参加してヨガに触れてみませんか?
イベントはこちら⇒https://www.artofliving.org/jp-ja/international-yoga-day/Schedule2018

今日の人175.小泉英児さん [2018年05月30日(Wed)]
 今日の人は「施術院 空のヒカリ(クウノヒカリ)」院長の小泉英児さんです。空のヒカリは、全身のバランスを整え、神経の流れと内臓の働きを高める神経伝達調整(NTA)を軸とした施術院です。「どこに行っても治らなかった症状がよくなった」と小泉さんの所には老若男女を問わず連日患者さんが訪れています。
unnamed.jpg

 小泉さんは高岡市御馬出町で5人兄弟の次男として生まれました。兄弟が多いので小さい時から我慢することが多かったといいます。欲しいものをすぐに買ってもらえる友だちがうらやましくて仕方ありませんでした。両親、祖父母とも同居の9人家族だったのですが、小泉さんが頑固なことからおばあちゃんから育てにくい子だと言われていました。言うことを聞かず、家の外に出されることもしょっちゅうでした。家の教育方針がお兄ちゃんの言うことは絶対というものだったので、それを守ってお兄ちゃんに逆らうことはしませんでした。ただ、その分、下の兄弟たちとはよくケンカしていました。

 小学校は平米小学校。実は、小泉さんの親戚には高岡出身のプロ野球選手がいて、その姿を見て育ったので自分もプロ野球選手になりたいと思っていました。しかし、平米小には少年野球チームがなく、小泉さんのお母さんが働きかけて、少年野球チームができたくらいでした。こうして小学校3年生からは野球漬けの毎日となりました。
 高岡には古城公園という大きな公園があるのですが、小泉さんが遊ぶところはもっぱらそこでした。友だちと基地を作ったり魚やザリガニを捕まえたりして遊んでいました。お堀に落ちてしまったこともあるくらい活発でした。そんな風に外で遊ぶか、野球をしているかどっちかというような日々だったのです。
 相変わらずおばあちゃんには厳しくされていて、座る時に背中にものさしを入れて姿勢を正されたりしていました。家は貧乏ではなかったのですが、つましく暮らすのを良しとする教育方針だったのか、おにぎりも塩おにぎりしか食べたことがありませんでした。一度学校で好きなおにぎりを作ってもいいと言われた時に、みんなは様々な具を持ってきていたのに、小泉さんは塩だけ持っていったことがありました。『え?おにぎりって塩だけじゃないのか?』初めていろいろな具を入れるということを知ってショックを受けたのです。でも、そのおかげでハングリー精神が身につきました。

 中学校は高陵中学に。ここでももちろん野球を続けました。高陵中学は公立の中学校ですが、小泉さんの時代の高陵中学は中教研で県下でトップの成績を取るくらい優秀でした。そんな中、小泉さんはクラスで成績があまりよくなく、中2の時の先生は小泉さんのテストだけ教室に張り出しました。それはこんな風にだけはなるなという見せしめのためなのでした。他の生徒達には席替えがあるのに、小泉さんだけ固定の席にされていたくらいです。最初は『勝手にやってろ』と思っていましたが、先生がそういう態度なので、生徒も次第に小泉さんのことを馬鹿にするようになっていきました。これはさすがにこたえました。
 また中2の時は大けがもして野球が半年できませんでした。小泉さんのポジションはショートなのですが、練習にしても自分はこんなにやっているのに、なんでみんなはやらないんだろうとよく他の選手の態度にイライラしていました。そんな中での怪我だったのです。しかし、みんなと練習ができない間、独学でトレーニング方法について勉強し、単独トレーニングをしていました。怪我が治って復帰した後、みんなより遅れているどころか小泉さんだけ上達していたので、自分のトレーニング方法は間違っていなかったと思いました。それだけストイックに野球に取り組んでいたのです。
 中3になると、家出もしました。学校でも途中から全員にシカトされていて、本当に居場所がない状態でした。中学校が終わったら就職しようと思っていましたが、中3の時の先生から、「甲子園に行きたくないんか?」と言われ、私立の高岡第一高校の特待生の話を持ってこられました。 
 しかし、親は私立高校はダメだと言いました。親戚が高商出身のプロ野球選手ということもあって、高岡商業の自慢話ばかり聞かされていました。それに反発心を抱いた小泉さんは絶対に高商はいかないと決めて、その当時野球の強かった氷見高校を受験。成績が悪いと言われていたけれど、県立高校の普通科にすんなり受かったのでした。

 入ってみると氷見高校はとても地元色が強く、野球部の監督から、「高岡の奴は3年間レギュラーになれないけど、それでもいいか?」と聞かれます。でも、そこでシュンとならないのが小泉さん。逆に『なにくそ、必ずレギュラーになって監督を見返してやる!』と、毎日家でも血豆ができるほど素振りをし、トレーニングに汗を流す日々を送ったのでした。1年の時にもレギュラーになれそうだったのですが、それはつぶされました。でも、2年からはレギュラーとしてショートに抜擢されたのです。しかし、努力の甲斐むなしく、甲子園には行けませんでした。試合の前にキャプテンのうちに泊まり込み、一緒に練習もしたのですが、その子の練習を見て愕然とします。自分はホントに血豆をつぶすほど家でトレーニングしていたけど、その子は素振りもほんの数分するくらい。ああ、こんなんじゃ甲子園に行けるわけないじゃないか、と急に熱が冷めたのです。プロにも行きたかったけど、そもそもプロになる子は素質からして全然ちがうということも身近でまざまざと見せつけられたので、プロに行く道はあきらめました。

 それまで野球バカで野球しかしてこなかった小泉さん、ここでタガが外れました。夜遊びしたり家に帰らなかったりするようになったのです。しかし、野球を頑張っていたこともあり、私立大学からはいくつか推薦も来ていました。でも、それは全部断りました。
 しかし、親はどこでもいいからとにかく進学しろといい、お父さんも卒業したという柔道整復師の専門学校に入ることになったのです。しかし、柔道整復師の専門学校は柔道をやっていない学生はいじめの対象になりました。何かにつけてしめられることが多く、教科書を忘れただけで腕立て伏せを2時間やらされたり、殴られている学生もいたくらいです。また、柔道部だった学生は下駄をはかせてもらえるのですが、やっていなかった小泉さんはたった1点足りないだけで、留年の憂き目にあいます。しかし、これで持ち前の反骨精神に火がつきました。なにくそと1年間猛勉強したところ、次の年は楽勝で柔道整復師の国家試験にも合格できました。それまで全く読書もしてこなかった小泉さんですが、その時からいろいろな本を読むようになりました。

 こうして晴れて柔道整復師の資格を取り、整形外科に就職した小泉さん。しかし、その世界は、ドクターをトップとして形成されるピラミッド型で、ピラミッドの下の位置にいた小泉さんは、思ったことがあっても何も言えない、何も通らない、そんな状況だったのです。親にお金を返していたので、お金も全然たまらない、それでとうとう鬱状態に陥り、その病院は辞めました。
 次に働いたのは接骨院でしたが、ここでもグレーな部分をいっぱい見てイヤになってしまい、3か月で辞めてしまいます。
 そして、また別の整形外科でも働きはじめたのですが、ここもトップダウンの組織でした。小泉さんは専門職ではなく、バスの送迎係をやらされ、それについて意見したところ、君はそういうことを言えない立場でしょ、と言われ、また失意のうちに仕事を辞めることになったのでした。
 その後、特養ホームでの仕事を紹介されて、給料の話もしないままに働き始めたのですが、実際に働き始めると、とても安い給料で、結婚もしていた小泉さんはこのままでは食べていけないと整体とかけもちで仕事していました。
 そんな無理もたたったのか、急性腎不全を発症。水で体重が13sも増えてしまい、緊急透析が必要だと言われました。しかし、一度人工透析を受けると、その後ずっと透析を受け続けなければいけない体になってしまいます。それだと家族に迷惑をかけることになってしまうと、小泉さんは人工透析を断りました。パンパンになっていた体のむくみが、透析を断った次の日から奇跡的に引いてきて、2か月入院することにはなりましたが人工透析を受けずに済んだのでした。
このまま、組織の中で働き続けるのか、それとも自分が目指す道で行くのか、大病をした小泉さんの中で答えは出ていました。自分で開業しよう。
 こうして2015年に施術院 空のヒカリを開業したのです。

 実際にNTAに出会ったのはそこからさかのぼること5年の2010年のことです。実は、小泉さんは2009年にお子さんを死産で亡くされています。そういうこともあって、NTAの勉強を始めました。勉強初めてすぐに感銘を受けました。こういう価値観が世の中にあるんだ。なんだか世界がグルンと回ったような気がしました。いいと思うことも悪いと思うことも、全ては自分の心が作り出しているのだと気づきました。そうしてあらゆることに感謝することを始めました。見える状況はそんなに変わってはいない。けれど、人生が好転しはじめたのです。しかし、特養ホームでNTAを使った施術をやっても評価されることはありませんでした。それまで歩けなかった人が歩けるようになったりするので、逆に困ると言われることもありました。症状が軽くなると点数が減点されて、施設に支給される額も減るからです。

 そういうこともあって、小泉さんは独立の道を選びました。自身が病気になったことで、出会う人も変わりました。そんないろいろな人との出会いでここまで来れたのだと思っています。

 NTAは奥が深く、雲をつかむような感覚があります。やればやるほどますます奥行きが深くなるので、2回くらい本気で辞めようと思ったこともありました。でも、その度に、いや、この施術で救われている人がこれだけたくさんいる、信じてやっていこうと続けてきました。開業して一つの目標はクリアできました。しかし、やっていく中で、また迷いも出てきました。よくいつも目標設定しろと言われますが、それがしっくりきませんでした。単に喜ばれることを目的にしていてそれでいいのだろうか?腑に落ちないことが続いて自分がパニック障害のような状態になってしまったこともありました。そうしているうちに、ネフローゼが再発し、健康に不安を抱えているこんな自分がやっていていいのかという気持ちにもなりました。けれど、家族を抱えている以上生活がありました。
 不安や怖れに襲われている時に、笛奏者の福井幹さんに会う機会があり、そこで話をしている時に、不安や怖れがなくなり、ストンと落ちた瞬間がありました。人に喜ばれることが大義名分であるとしたらそれは水面にあるもの。それが息苦しくなるとしたら、そこにいるステージがちがう。ライトワーカー(光の仕事)という役割の人もいて、その役割のある人はニコニコ笑っていたらいい。それはやっていて自分も楽しいし、周りも楽しくする。でも、ライトワーカーの人が人を喜ばせるためにという大義名分を掲げるとしんどくなってしまう。メンターに欲を失くして自分を律するしかないと言われるととてもしんどい。そうではなく、自分も楽しめるライトワーカーとしての役割を担えているのならそうありたいと思った時に、心がすうっと軽くなりました。ですから、小泉さんは今、自分がやりたいことをやってできることを楽しんでいければいいなと思っています。病気に一喜一憂しないことも身を持って学びました。薬を使わない人体実験もしています。施術院の名前が「空のヒカリ」なのは、希望の光になれたらいいなという思いと空(くう)というのは根源でもあるからです。

 ある時、寝ている時に小泉さんに愛、希望、感謝そしてサハスーラという声が何度も聞こえ、頭にすうっと光が入っている感覚がありました。その時はサハスーラという言葉に意味があるとはわからなかったのですが、後にサハスーラとは第7チャクラ(頭頂)のことを意味すると知ったのです。光のエネルギーをツールにして自分の持っている色で仕事をしなさいという意味だと確信しました。自分も幸せでみんなも幸せになる世界を目指したい、小泉さんはそう思っています。

 興味のある人は一度小泉さんの施術を受けてみてください。西洋医学でもない、整体や接骨院でもない、大自然とつながるような不思議な感覚になります。身体の不調だけでなく、心の不調も和らげてくれるのが、空のヒカリなのです。


今日の人174.横田宗親さん [2018年02月12日(Mon)]
 今日の人は、自治体国際化協会多文化共生部部長の横田宗親さんです。
IMG_5709.JPG
多文化共生に関わる仲間たちと 
向かって右端が横田さん

横田さんは1987年に群馬県庁に入庁後、1989年に自治省(現総務省)に入省。国際室係長、財政課係長、兵庫県宝塚市行財政改革担当部長、埼玉県さいたま市財政部長、自治税務局固定資産税課交納付金管理官などを歴任。2017年4月より一般財団法人自治体国際化協会多文化共生部長として自治体や国際交流協会における災害時外国人支援や多文化共生施策の支援に取り組んでいらっしゃいます。
経歴だけ見ると、「うわ~」って思っちゃいますが、横田さん、実はグレてたことがある!

 横田さんは昭和42年に前橋で生まれ前橋で育ちました。家はサッカーで有名な前橋育英高校のすぐそばです。
今はとっても陽気で誰とでもすぐに友だちになれる横田さんですが、小さい時はとてもおとなしかったそうです。あまりにもしゃべらないので、お母さんが心配して児童センターに相談したくらいでした。

 しかし、小学校に入ってからはすっかりおしゃべりになり、クラスの人気者に。仲良し5人組でいつも外で遊んでいました。昔ながらの缶蹴りをしたり、秘密基地を作ったり、川で釣りをしたり、みんなで将来の夢を書いたカプセルを埋めたり。ちなみにそのカプセルはまだ掘り出しておらず、またどんな夢を書いたのかも覚えていないそうです。カプセル、いつか見つかるといいですね。

 ピンクレディが好きでよくみんなの前で踊っていました。今の横田さんの風貌からは到底想像できないのですが…。今度機会があったら見てみたい♪
野球も好きで家中みんな巨人ファンでした。2歳年上のお兄ちゃんだけ、なぜか中日ファンでした。お兄ちゃんとはよくケンカもしましたが、今ではとても仲の良い兄弟です。

 5年生の時、塾の先生に恋をします。石野真子似のとってもキュートな先生でした。そこで俄然勉強も頑張り出した宗親少年。一気に成績が伸びました。

中学ではバスケ部に。同学年の部員が20人もいる大所帯でしたが、とても楽しく、夏休みには自主練もこなすくらい熱も入っていました。中三ではレギュラーを勝ち取ります。
クラスでは学級委員で、生徒会長選挙にも立候補。残念ながら当選はしなかったのですが、生徒会では書記を務めていました。バレー部の同級生の子と当時流行っていた交換日記も回したりして、楽しい中学生時代を過ごしたのでした。

 高校受験は、模擬試験で合格圏内に数回しか入らなかったにもかかわらず、お父さんに県内一の進学校の前橋高校を受けろと薦められ、そこを受験することに。横田さんご自身は本当は別の高校に行きたかったのですが、そこを受けることはできませんでした。しかし、前橋高校には落ちてしまい、東京農業大学附属高校に行くことに。これが横田さんの一つ目のターニングポイントになりました。行きたい高校に行けず、高校に落ちたショックからか、ぐれ始めたのです。内緒でバイクに乗ったり、ロカビリーにハマったり、とにかく家には帰らず、友だちの家にたむろったりと遊び呆けていました。 そんな中、お母さんは「あの子は本当は別の高校を受験したかったのよ」とお父さんにちらっと言った時に、お父さんが怒って、お母さんにてをあげたことがありました。それに腹を立てた横田さんはその後ずっとお父さんとは口をききませんでした。  
けれど、お母さんのことを悲しませては絶対にいけないと思っていたので、グレても人に迷惑をかけるようなことは決してしませんでした。  

 高校3年生になった時、就職しようと横田さんは考えていたのですが、ここでまたお父さんから群馬県立農業大学校に行くことを薦められ、薦めのままに全寮制の2年制の農業大学校に入りました。しかし、ここでもちっとも勉強はせず、ひたすら遊びまくりました。派手な車に乗り、ナンパ街道と言われているところで、友だちと可愛いい子を追っかけまくってました。そんな中、20歳になる手前、就職のことを考えなくてはいけなくなった時、横田さんははたと思ったのです。今までさんざん親に迷惑や心配もかけたし、ここで何とか男気を見せよう!そうして、2か月猛勉強して、県庁職の公務員試験に合格したのでした。    

 こうして20歳の時に群馬県庁に入ります。最初に配属されたのは精神病院の医事課でした。辞令交付後の初仕事は、なんと亡くなった患者さんの立ち合い。家族が来るまでの1時間半。霊安室で過ごしたのです。
 精神病院には実にさまざまな人がやってきます。それは自分がそれまでに経験したことのない世界でした。全身に入れ墨を入れた人、アルコール中毒や薬中毒の人、外来患者で仲良くなって、なんとか来なくてもよくなった人たちが、何か月かしてまた再びやってくる。そして、いい時と悪くなった時はまるでちがう人になっています。
「こんな病気で苦しむ人たちが世の中にいるんだ、自分はなんて幸せ者、もっと頑張らなきゃあかん!」最初に精神病院に配属されたことは横田さんにとって自分の人生を真剣に考えるとても大きなきっかけになりました。そうして、自分にはもっと本気を出してやれることがあるんじゃないか、そう思うようになりました。
 
 ちょうどそんな時、自治省に行く試験があるから受けてみないかと上司に言われます。横田さんはその試験に見事パスし、自治省(現総務省)に入省したのでした。そして、入省後に夜間大学にも通わせてもらいました。

 自治省には東大を卒業したバリバリのエリートがたくさん入ってきます。そんな中で横田さんの経歴は異例かもしれないけれど、東大卒のエリートでは決して体験していないようなことを体験してきたことは紛れもなく横田さんにとっての宝物です。今まで挫折を味わったことがない人たちはポキッとすぐに折れてしまうけれど、横田さんには柳のようなしなやかさがあります。何があっても対処できる多様性があります。もし、横田さんが前橋高校に受かって、ずっと優等生の道を歩いてきたら、今のようにいろんな視点を持つことができなかったかもしれません。

 そんな横田さんの経験が発揮されたエピソードをひとつご紹介します。横田さんが兵庫県宝塚市行財政改革担当部長をされていた時のこと。督促状に怒った恐い人が部長室にまで怒鳴りこんできたことがありました。普通ならビビりそうなところですが、そこは昔やんちゃしていた横田さん。そんな怖い人に絡まれることもあったので、熱くなっている相手にとっても冷静に事態を収拾したのでした。きっと部下の皆さんもそんな部長を「なんて頼もしいんだ!」と思ったことでしょう。

 平成7年から9年にかけては国際室でJETや、ODA予算で途上国の政府機関幹部との交流事業をアレンジをする仕事をしていたのですが、これがとても楽しかった。ただ途上国の人たちと直接話したいと思っても通訳を介してのコミュニケーション、英語をもっと勉強してればと後悔したそうですが、昨年からクレアの多文化共生部勤務になったので、奮起して英語を習い始めました。宿題がとても多くて大変なのですが、五十の手習いもまた楽し、とレッスンに励んでいます。

 スポーツも得意な横田さん。若い頃のサーフィン、今はたまにのゴルフ、息子さんの野球の審判とこちらも多彩です。サーフィンをやっていて真っ黒だった若い時のニックネームはボブ。「あ~、なるほど」と横田さんに会ったことのある人はきっと思うにちがいないですね。
 五十歳になって、退職後のことも視野に入れて考えるようになってきました。子どもが大好きなので、子どもたちに何か教えたい、そんな場を作りたいとも思っていますし、日本語教師にも興味があります。居酒屋もやりたいと思っています。いっそ、夜は居酒屋をやって、その場所を昼は日本語教室や子どもたちの居場所にするというのはいかがでしょうか?そんな場所ができたら、きっと私もしょっちゅう顔を出します。

 そんな横田さんの座右の銘は「笑門来福」そして、座右の銘と一緒に心がけている言葉が「人生お一人様一回限り、楽しみま笑」
 だから、今日も横田さんは笑顔です。
 多文化共生に取り組む全国各地の多文化共生マネージャーの皆さんにはぜひとも一度会っていただきたいなぁと思う豪快で素敵な部長さんなのでした。 
今日の人173.鵜飼ひろ子さん [2017年12月30日(Sat)]
今日の人は、インドに本部を置く国際NGOアートオブリビングのインターナショナル認定講師の鵜飼ひろ子さんです。ひろ子さんは、富山県で呼吸法を広めたい、そしてたくさんの人たちの笑顔が見たいという思いで、子育てをしながら活動中です。
IMG_8265.JPG

 ひろ子さんは氷見市生まれ。自営業の家で育ちました。両親も祖父母もとても忙しかったのですが、常に従業員のおばちゃんたちが10人以上いて、とてもにぎやかな家でした。しかし、両親が忙しすぎることもあって、ひろ子さんは自分は親に心配かけないように、わがままを言わないように、保育園の頃から常にそんなことを考えている子どもでした。そんなわけで自分を出さないことが癖になってしまった子どもらしくない子どもだったのです。

 保育園の頃はおませさんで、イヤリングをつけたり女の子らしい恰好をするのがとても好きでした。でも、ある時、襲われそうになるという恐ろしい目に遭い、女の子らしくしているのが怖くなりました。しかし、自分を出せないひろ子さんはそれを誰かに言うことをしませんでした。女の子らしくするのが恥ずかしい、そう感じるようになってしまったひろ子さんは、それ以来ずっとショートヘアで過ごします。女の子らしくするのはイヤだ、怖い、というひろ子さんの心の叫びだったのかもしれません。しかし、それは誰も知らないことでした。本当はもっと甘えていいはずなのに甘えられない。そんな子ども時代を過ごしたのです。
 その頃の日常は、友だちと外で虫捕りをしたり、海岸に基地を作って遊んだりして、家へ帰ってからは家業のお手伝いでした。ひろ子さんはどちらかというとおじいちゃん子でした。おじいちゃんは、戦争を体験してきたこともあって、よくひろ子さんに戦争話を聞かせました。厳しいけれど、情に熱いおじいちゃんのことが大好きでした。両親より祖父母と一緒に過ごす時間が長いくらいでした。しかし、小さい頃はおじいちゃんが好きだと素直に言えない子どもでした。

 ひろ子さんに転機が訪れたのは小学校5年生の時でした。ハンドボールを始めたのです。氷見はハンドボールの実力が全国でも有名です。やっているうちにどんどん好きになりました。その頃、特になりたいものはなかったのですが、まさにハンドボールが生きがいでした。

 中学生になっても当然のようにハンドボール部に入ります。体力テストでも常に上位で、ハンドボールをやっている自分を誇らしく思っていました。でも、やはり自分を外に出すことは苦手なままでした。反抗期って何だろうというくらい、全くもって従順な子どもでした。けれど心の中にはいつも何かしら素直に自分を出せないイライラが付きまとっていました。中3の時には全国大会にも出ましたが、自分にはスポ根が向いていないんじゃないかと思い始めてモヤモヤしていました。けれど、ハンドボールが強い氷見高校から推薦をもらい、疑問を持ったまま進学。

 しかし、モヤモヤを抱えたままだったので、スランプに陥ります。あんなに楽しかったはずのハンドボールが全く楽しくない、絶望的なものを感じるようになりました。
 実はひろ子さんはダイエットがきっかけで摂食障害にもなっていました。このままでは自分は本当にダメだと思ったひろ子さんは意を決して親に言います。「心が風邪を引いたみたいなので、病院に行きたい、」と。カウンセリングが始まって、ひろ子さんは初めて知りました。『ああ、自分のことを話してもいいんだ。ちゃんと私の話を聞いてくれる人がいるんだ。』
そこでハンドボールを辞めたいということも打ち明けました。そして、3年生のインターハイの2か月前にハンドボールを辞めたのでした。
 急に辞めて迷惑をかけたけれど、ひろ子さんはやっと自分を正直に出せるところに辿りつけた、と感じました。それがとても大きかった。でも、ハンドボールを辞めてしまった時、学校に行く目的を失ってしまいました。不登校気味になりましたが、補習をしてもらってなんとか卒業しました。
 カウンセリングに通っている中で、毎週来ているガリガリに痩せた子を見て、自分と同じように苦しんでいるそんな子どもたちの心のサポートが出来たらいいなと思うようになりました。中学生の時はキラキラしていたけれど、穴に落ちてしまった。キラキラしたところにいない自分だけど、自分に正直に素直になれることはホントに大事だと思うのでした。

 そして、作ることが好き、作ることで何か表現したい、と思うようになりました。最初はデザイナー専門学校に入ったのですが、自分の求めていたものと違うと感じて1か月で辞めてしまいます。身内が奈良に住んでいた縁で、ひろ子さんも奈良に行き、アルバイトをしながら自分を表現できる素材を探し始めました。その頃になると、摂食障害はほぼ治っていました。自分の体の痛みが生きている証だと感じていた状態をようやく脱することができたのです。

 そんな中で、陶芸の作家さんに出会います。手伝いに行って土を触る時間がたまらなく好きだったひろ子さんは、もっと陶芸を学ぼうと心に決め、京都造形大学の陶芸コースに通い始めました。そこでのバイト先の人が本当にいい人たちで、見守ってもらえる感が半端ありませんでした。彼らの陽気さに本当に救われたひろ子さんだったのです。

 そして、バイトで人生の大きな転機も迎えました。バイト先で、生涯の伴侶に出会うことになったのです。彼の明るさの中には、自分にはない何かがある、そう思いました。彼は京都大学の大学院でシナプスの研究をしていたのですが、なんとそこから飲食店に就職。結婚した2人は千葉に住み始めました。

 関東の陶芸仲間と作品展を開いたり、陶芸教室の手伝いをしていたひろ子さんですが、ある日突然作品が作れなくなってしまいます。一人の時間が多くなり、旦那さんは仕事で忙しい。モヤモヤが徐々に募っていきました。そんな時に、千葉から大阪に移ることになりました。

 大阪では身体や心のことをもっと学びたいと東洋医学のことについて学びました。カラーヒーリングやスピリチュアル系のことも学び、そんな中で呼吸法も薦められました。これがすごくよかった。その時、旦那さんはストレスMAXで口が開けられない等の症状がいろいろ出ていました。そんな時に呼吸法を旦那さんが受けたら症状がすごく改善されたのです。ハンドボールを辞めてからずっと暗いトンネルにいたような感覚が常にありましたが、呼吸法をやるようになってから、その暗いトンネルをすっかり抜けられたのです。そうして物事をポジティブにとらえられるようになりました。呼吸法をやることで自分のエネルギーの状態がよくなると、見え方も変わってくるようになったのです。

 お子さんがまだ1歳にならない頃、旦那さんは東京でもう少し学びたいと上京し、それを機にひろ子さんとお子さんは氷見に戻ります。最初は仮住まいのつもりでしたが、旦那さんも富山に来て、塾を経営し始めました。鵜飼塾という名のその塾は今、口コミでどんどん広がり、キャンセル待ちになっているほどの人気です。

 呼吸法に出会い、世界各地のイベントにも出かけるほど積極的になったひろ子さん。ドイツでのアートオブリビングに参加した時は世界中の人がヨガでつながるという感覚を体感しました。インドで伝統的なヨガに触れた時は、自分自身に出会えた、そんな感覚を味わいました。3歳の子どもを連れての参加でした。

 その後ひろ子さんは、富山で呼吸法を広げたいと思って、月に1回先生を呼ぶようになりました。そして次第にいろいろなクラスを開設するようになっていきました。たまった毒素を体外に排出してくれるスダルシャンクリア呼吸法。ビジネスマン、うつで苦しんでいる人たち、いろいろな人がこの呼吸法に出会うことで笑顔になっていきました。学校の中で行う思春期向けのプログラムもあります。

 人間関係で自分の足りない部分に直面した時に呼吸法に出会えたおかげで逃げなくなりました。楽しいこともあれば、大変なこともある中で、ひとつひとつのことに一喜一憂しなくなりました。

 そんなひろ子さんがこれからやっていきたいことは、呼吸法や瞑想を通して、幸せな人、幸せな家族を増やしていくことです。たくさんのストレスを抱えて息も出来なくなっているかつての自分のような人が、ストレスのとらえ方を変えて笑顔になれたらいいな、と思っています。呼吸法を行うことで、考えを過去や未来ではなく、うまく「今」に持ってくることができます。感情を呼吸のリズムでうまくもってこれるようになるのです。身体も心も軽くなる感覚が味わえます。

 ひろ子さん自身、今も毎朝必ず呼吸法をやります。だからきっといつも穏やかでとびきり素敵な笑顔なのですね。

 ストレスとは切っても切れない現代社会、いくらポジティブでいようと思っても、次から次へと湧いてくる厄介な問題、沈みがちなココロにたくさん栄養をくれる、そんな呼吸法を私も一度ぜひ体験してみたいと思いました。皆さんもご一緒にいかがですか。

 ひろ子さんの教室のお問い合わせは⇒https://ameblo.jp/hiroko-jgd/

今日の人172.新田八朗さん [2017年12月14日(Thu)]
 今日の人は、日本海ガス代表取締役社長で、富山経済同友会代表幹事や北陸経済連合会常任理事等を務められ、富山の経済界のトップリーダーとして日々お忙しくしていらっしゃる新田八朗さんです。
IMG_7579.jpg

 新田さんは1958年富山市生まれの富山市育ち。周りの友だちが「巨人の星」に夢中になっている子どもの頃、新田さんの興味があったのは「日立ドキュメンタリーすばらしい世界旅行」や「兼高かおる世界の旅」でした。まだまだ海外旅行が高根の花だった時代。いつか一回は海外へ行きたい、そんなことを夢見る少年だったのです。

 富山大学附属小学校に通っていた新田さんは、小学校の図書室の本は全部読破した位、読書少年でした。心置きなく本が読めるからという理由で図書委員もやっていたくらいです。それはお母さまの影響も大きかったのかもしれません。忙しい家事仕事の合間に時間が出来ると、いつも本を広げている読書好きのお母さんでした。そして、新田さんが小さい時は国旗クイズと称して、毎晩本を広げてこの国旗はどこの国?とクイズを出すのでした。新田さんはお母さんとのそんな時間もとても好きでした。世界のことにいろいろ興味が湧いたのもそんな親子の時間が始まりかもしれません。そういうわけで、いつの間にか世界中の国旗を全部覚えてしまったのでした。

 お母さんは星の見える日には、新田さんに星座のことも教えてくれました。そうしてその星座にまつわるギリシャ神話も話してくれるのでした。そんな環境で育った新田さんはいつの間にかすっかり本の虫になったのです。
 低学年の頃は本の内容でわからないことがあると、お母さんに尋ねていましたが、高学年になっていろいろ質問していると、「今忙しいからまたあとでね」と言われることも増えてきました。ああ、これを聞きすぎてお母さんに恥をかかせてはいけないな、と思った新田さん、それからは富山市立図書館に通って自分でいろいろ調べるようになりました。なにしろ小学校の図書室の本は読破してしまっていたので、次はもっぱら市立図書館に通うようになったのです。図書館が家から歩いていける所だったのも幸いでした。

 もっとも、新田さんはずっと本ばかり読んでいたわけではありません。体を動かすことも好きだったので、友だちと外でドッジボールやサッカーもよくやっていました。児童会長もやっていたので、きっと子どもの時からリーダーシップを発揮していたにちがいありませんね。

 中学校も附属中に進み、新田さんはサッカー部に入りました。ポジションはレフトウイング。花形のフォワードです。中3の時には彼女も出来ました。デートは一緒にお好み焼き屋に行くというようなかわいらしいものでしたが、前日にお好み焼きを焼く練習をしていたのを懐かしく思い出します。その頃は携帯電話なんてもちろんない時代ですから、約束の電話をするのにも「電話にお父さんが出たらどうしよう」なんてドキドキしたものです。彼女とは「一緒に中部高校に行こう」と約束していたのですが、新田さんは先生から富山高校へ行くように振り分けられてしまい、彼女とは別々の高校になってしまったのです。

 こうして高校は彼女とは離れて富山高校の理数科へ。いつの間にか彼女とも会わなくなり、新田さんは理数科の中では落ちこぼれの部類でなんだかパッとしない高校時代なのでした。部活は高校でもサッカー部。しかし、サッカーよりも思い出深いのは、高3の時の運動会の騎馬戦でした。新田さんは下から2騎目の騎馬の騎手だったのですが、なんとあれよあれよと勝ち進み、敵の大将に勝ってしまったのでした。担任の先生もクラスが優勝したのは初めてだと感慨深げに言ってくれました。

 しかし、県内きっての進学校、やがてクラスも勉強一色になります。この時の理数科のクラスは本当によくできる生徒たちでした。クラス40人のうち半分近くが東大に、11人が医学部に、そして残りも京大や東工大などなど。数学は好きだったけれど、理科があまり好きではなかった新田さんは理数科の中の文系組でした。さすがにちゃんと勉強しようとエンジンがかかったのはようやく高3の夏休み。けれど、そこはやはり子どもの時から圧倒的な読書量で培ってきた豊富な知識量のある新田さんです。一橋大学の経済学部に現役で一発合格を果たしたのでした。
 
 こうして東京での一人暮らしが始まりました。しかし、新田さんのアパートから一橋大のキャンパスまでは電車で2時間かかりました。何でそんな遠い所にアパートが?と不思議ですが、実は、息子の成績を心配していたお父さんが、「ここなら受かるだろう」と慶応大学のある日吉に合格前にアパートを借りてしまわれたからなのでした。でも、これがよくなかった。新田さんはほとんど大学へ行かず、慶応の学生たちと麻雀したり、早慶戦を見に行ったり、すっかり慶応ボーイと化していたのです。気付くと1年生の時に取れた単位はゼロ。さすがにこれではいかんと思い、大学に近い所に引っ越します。2年生からはラグビー同好会に入って、ラグビーも始めました。同好会とはいえ体育会のノリなので、飲み会の時は大変でした。けれど、そのつながりは深く、その時の仲間は今でもいい友だちです。

 2年生からは勉学もきちんとやりました。そんな中、子どもの頃に抱いていた海外への憧れがよみがえってきました。よし、それなら外国に行ける外交官になろう!そう思った新田さんは、外務公務員上級試験を受けることにしました。しかし、試験の前日、試験で緊張しないようにと励ましに来てくれた悪友たちと麻雀が始まってしまったのです。いっそ徹夜したらよかったのですが、夜中に一人また一人と寝込んでいき、新田さんも途中で沈没。目が覚めると、なんととっくに試験が始まっている時間だったのです。しまった!と思っても後の祭り。しかし、わざわざ浪人してまで外交官試験を受けようという気にもならなかった新田さんは、銀行に就職することに決めました。

 第一勧業銀行に入った新田さんは、がむしゃらに働きました。でも、それが楽しかった。どんなに遅くなっても、仕事と一日の終わりをちゃんと区別するために、先輩と飲みに行き、また次の日の7時から仕事。ゆるい大学生活とはちがって、とことん自分を追い詰めるような日々でしたが、それを苦痛と感じることはなかったのです。
 月曜から土曜まではそのように過ごし、日曜は銀行のラグビーチームの練習に連れて行かれました。ラグビー強豪校出身の選手もたくさんいて、そんなメンバーとやるラグビーも楽しく、まさに1週間フル回転状態でした。社内の海外留学試験にもパスし、「外交官にはなれなかったけれど、これで海外に行く夢を果たせる!」そんな思いを抱いていました。
 
 そんな矢先です。お父さんが入院し、お見舞いに富山に戻った時のことでした。病床のお父さんが新田さんに言いました。「よかったら戻ってこないか」それはつまり会社を継いでほしいということに他なりませんでした。銀行に戻って人事の人に相談したところ、
「新田君、それは帰ってあげなさい。親孝行してあげなさい」と言われ、新田さんの心も決まりました。

 こうして2年の銀行勤めの後、富山に戻ってきました。そしてお父さんが社長を務めておられた日本海ガスに入社したのです。しかし、息子が戻ってきて気力が戻ったのか、お父さんはすっかり元気になって仕事にも復帰。同じ会社に入った途端、それまでの親子という感じはなくなりました。2人は経営方針を巡ってよくぶつかりました。どちらも会社をよくしたいと思えばこそのことでしたが、若い新田さんには腑に落ちない所もありました。
 
 そんな新田さんは富山に戻って2年で富山青年会議所(JC)に入会します。JCの活動は自分自身が楽しく、また社会の役にも立つ活動でした。一生懸命やれば役も上がっていき、会社でお父さんに叩かれても、JCでは認めてもらえました。そしてJCで頑張れば海外に行くチャンスもありました。JCでの活動中、新田さんが訪れた国は30か国にもなりました。フィリピンのスモーキーマウンテンには衝撃を受けましたが、そんな過酷な環境の中でも子どもたちの笑顔は輝いていました。タイの孤児院では1日に1回食べられるかどうかの子どもたちが自分たちにできるせいいっぱいのもてなしをしてくれました。新田さんはそれを残さず食べましたが、中にはこんなまずいもの食べられないとばかりに残す人もいました。子どもたちにしたらめったに食べられないご馳走です。それを出してくれているのに、そんな態度しか取れないというのはどういうことだろう。自分たちが何のために活動しているのかを問い直されたような感じでした。ここの子どもたちは何もないように見えるかもしれない。でもとても大切な大きなものを持っているにちがいないのでした。驕ってはいけない、してあげていると思ってはいけない、いろいろな社会的活動に携わる新田さんですが、いつもそのことを肝に銘じているのでした。

 34歳で富山青年会議所理事長、38歳の時に国際青年会議所の副会頭、そして40歳で日本青年会議所の第47代会頭として新田さんは大活躍されました。青年会議所は40歳で卒業なので、今はOBとして後輩たちの活動を見守っています。人育てが得意な新田さんは「金は出すけど口は出さない」がモットー。なるほど、納得です。

 平成12年には日本海ガスの代表取締役社長に就任され、現在は富山経済同友会代表幹事や北陸経済連合会常任理事等を務められ、名実ともに富山の経済界のトップリーダーとして日々お忙しくしていらっしゃる新田さん。少子高齢化は避けられないことだけど、減るペースを減らすことはできる。そして、経済界として、雇用で応援していく。そのための仕掛けも今、いろいろと考えていらっしゃいます。「もちろんダイバーシティの視点を大切にしていきます」との心強いお言葉もいただきました。

 日々お忙しい新田さんですが、楽しい時間は仕事と関係ない仲間と飲みにいくこと。なかなかそんな時間は取れないからこそ、仲間との時間はとても大切な時間です。

 そして、今やりたいことはフランスやイタリアの田舎を予定を決めずにレンタカーで回ること。所々でワイナリーに寄りながら1か月くらいかけてゆっくり回りたい、そんな時間をいつか持ちたいと思っています。子どもの頃に憧れを抱いて見ていた「すばらしい世界旅行」や「兼高かおる世界の旅」のような旅を、きっと新田さんはされるにちがいありません。もっとも、富山の経済界が新田さんを放ってはおかないので、ゆっくりその夢を叶えるのはまだまだ先の話になりそうです。

 
今日の人171.前田昌宏さん [2017年10月19日(Thu)]
今日の人は、APA SPORTS CLUB執行役員and健康運動指導士の前田昌宏さんです。
前田さんは、とやま健泊もコーディネートして、富山の人々の健康をバックアップしています。とやま健泊は富山県内の宿泊施設に泊まって、運動指導と栄養指導を受けられるというプログラムを役安で受講できるとっても素敵なプランです。ぜひチェックしてみてください⇒http://toyama.kenpaku.jp/
IMG_6196.JPG

 前田さんは1967年に石川県で生まれ育ちました。男3人兄弟の真ん中だったので、常に微妙な立ち位置でした。家は温泉街で散髪屋をやっていました。そういうわけで両親はいつも忙しく、保育園にはおじいちゃんが送り迎えをしてくれました。小さい頃はおじいちゃん子だった前田さん。太っていたのでコロがあだ名でした。あんちゃん(お兄さん)の友だちと一緒に外遊びをする毎日。上の人たちからはとても可愛がられました。

 昔から根はマジメで、必ず宿題をしてから遊びに行っていました。勉強もよく出来たので、いつも学級委員に選ばれていました。でも自分の思いが通らないと泣いてしまうところがありました。今でも内面はナヨナヨしていると思っています。(外見からは全く想像できないのですが)そんな小学校時代の悲しかった思い出は、児童会長選挙に出たくないのに立候補させられて、挙句に落選してしまったというものです。勉強ができる子よりも、人気があって笑いが取れるタイプの子が選ばれやすいですものね。
 
 子どもの頃から柔道をやっていて、その後は野球をやり始めます。野球クラブではキャッチャーでした。中学校でも野球部に入り、ポジションはやはりキャッチャー。キャプテンも務めましたが、最後の大会の直前に正キャッチャーの座を奪われてしまいます。その子が試合で逆転ホームランを打ってチームが勝利したので、嬉しい反面とても複雑なのでした。中学時代のほろ苦い思い出です。けれど、後に彼が甲子園で活躍したので、その時は素直に嬉しかった前田さんでした。

 小学校の時から、将来は先生になりたいと思っていました。ずっといい子で来て、何の疑問も持たずに来たので、グレる子を見てもなんであんなことをするんだろうと不思議に思うのでした。しかし、中学校で成績が落ち始め、高校は当初のランクを落として地元の高校へ進学しました。当時流行っていたスクール・ウォーズにあこがれていたことと、ラグビーの早明戦を見て絶対高校に行ったらラグビー部へ行くぞと決めていたので部活は当然のごとくラグビー部へ。花園を目指してラクビーに燃える高校時代を送ります。しかし、思春期の悩みもありました。前田さんは両親から勉強しろと言われたことはただの一度もなかったものの、家族で宗教に入っていたので、日曜は必ずお祈りに行けと言われていました。でも、部活をやっている以上、日曜も部活に行かなければいけない日がほとんどでした。自分は部活に行きたいのですが、両親は宗教を優先しろと言う。その葛藤が常にありました。
 前田さんのご両親は理髪店をやっていたので、息子も理容学校に行けばいいという考えでした。勉強しろとは言われませんでしたが、お祈りに行けとは口酸っぱく言われました。それがイヤで、家を出たくて出たくて仕方ありませんでした。
 よし、大学進学して家を出るぞ!そう思いましたが、両親は国立でないとやれないと言いました。共通一次試験で思いのほかいい点数が取れて、前田さんは金沢大学教育学部に合格。しかし、両親はそれも宗教のおかげと言うので、前田さんはそれに反発し、どうしても家を出たいとアパートで一人暮らしを始めました。

 しかし、いざ一人暮らしを始めると、とても寂しく(そう、前田さんは子どもの頃からとても寂しがりやなのです)結局週に2回くらいは実家に帰っていました。教育学部で体育教師を目指しながら、体育会のラグビー部の活動やアルバイトにも忙しい日々でした。バイクの免許も取って、バイクにも乗っていました。(大学の頃は原チャリでしたが)バイク乗り、だけど一人で行動するのは嫌い、お1人様の食事なんてとんでもないことでした。でも、寂しがりやなのを人に知られるのは嫌でした。寂しいけど、ちゃんとしなければならない、ずっとそんな思いに囚われていました。その思いから解放されるのは、それからずいぶん後のことになります。

 その頃の金沢大学は今と違って兼六園の中にありました。日本で唯一お城の中にあるキャンパスだったのです。ですから、ラクビー部でのお花見も城内の桜を見られるという贅沢なものでした。もっとも、前田さんはお酒が飲めない体質だったので、お酒を飲まされても吐いてしまうのでした。その頃の体育会と言えば飲まされるのが当たり前という感じだったので、前田さんのように飲めない体質の人には、相当大変だったことでしょう。

 大学1、2年の頃は体育教師になろうと思っていました。教育学部で体育専攻なのでそれは当然の流れです。しかし、親に手を回してあるからと言われカチンと来た前田さん。
そういう所で親の力を借りるなんて真っ平ごめんだから体育の先生には絶対にならない、そう心に決めたのです。

 前田さんは自分は親に愛されていないんだ、とずっと思っていました。親は宗教が一番大事で自分のことは大事じゃないんだと。でも、親が大事にしている宗教を否定するようなことはやはりできませんでした。自分は部活が忙しいから宗教を辞めたいんだとは言いだせなかったのです。かといって部活を休むわけにもいかず、ずっとモヤモヤとした葛藤がありました。それは高校生の時だけではなく、大学生になっても続きました。

 体育教師の道をあきらめた前田さんは一般企業への就職活動をやり始めました。ラクビー部で副キャプテンを務めていた実績も買われて、就職は案外すんなりと決まりました。
 
 そうして、ある大手企業で営業職として勤務することになったのです。しかし、営業の仕事は思っていた以上にきつく、ノルマは厳しく課せられるわ、いつも怒られてしまうわで、だんだんと追い詰められていきました。この仕事は合っていない、その気持ちがどんどん膨らんで、1年でやめることになったのです。

 仕事を辞めた後、しばらくは実家で何もせずに過ごしていました。しかし何もしない生活が3か月経った頃、大学の先生から「ちょっと大学に来い」と連絡が入ります。仕事を辞めて家にいると風の噂に聞きつけた先生が、このままではよくないと呼び出してくださったのでしょう。医王山にある大学のスポーツセンターでバイトしろと言われ、そこでバイトをやり始めました。スポーツセンターの管理が主な仕事だったので、木を切ったり草を刈ったりもしていました。半年くらい経った時に、このまま大学でアルバイトをしていても仕方がないと感じ始めます。でも、スポーツセンターでバイトして思ったのは、やはり自分は得意なスポーツを使って何か仕事が出来るといいなということでした。働く人の健康づくりを手伝う仕事がしたい、そう考えて金沢でスポーツクラブの採用面接を受けた所、富山に行ってください、と言われます。

こうして、アピアスポーツクラブに営業で入ったのが23歳の秋でした。いろいろ営業をしていく中で、工場の中にフィットネスセンターを作ってほしいという話も出て、実際に工場内フィットネスセンターを作り、スタッフを派遣するくらいの盛況ぶりでした。前田さんは富山で就職した後も社会人ラクビーを続けていたのですが、仕事が忙しくなりすぎて、27歳の時にラグビーを辞めました。それまで前田さんにとっての精神的支柱はラグビーだったので、ラグビーを辞めてしまうと、なんだか自分の中にポッカリと穴が空いたような気分になりました。ラグビーの練習以上にきついものはないのですが、逆に言えばラグビー以上に熱くなれるものもまた見つからないのでした。

前田さんが作った工場内フィットネスクラブの会員の中に精神的に病んでいる人がいたこともあり、前田さんはカウンセリングの勉強に行くことにしました。カウンセリングの勉強をする中で、自分自身の葛藤がどんどん表に出てきました。練習で自分がカウンセリングを受ける役になった時に、思いがけずずっと抱えていた親との葛藤の話を話しました。少しだけ話すつもりだったのに、先生にどんどん話を引き出されて、いつの間にか大泣きしている自分がいました。それまでずっと抱えていた気持ちを親に伝えた方がいいんじゃないかとその時に言われ、それまで伸ばし伸ばしにしていたけれど、ちゃんと伝えようと踏ん切りがつきます。そして、宗教を辞めたいと思っている気持ちを泣きながら親に伝えます。絶対に怒られると思っていたけれど、両親から言われたのは「わかった」という言葉でした。受け入れてもらえた。宗教から離れても大切にしてもらえるとわかって、前田さんは心の重荷が取れてすごくラクになれました。この出来事は自分の中では本当に大きなターニングポイントになりましたし、カウンセリングの大切さを身を持って知ることができたのです。31歳のことでした。

 同じ時期にプロジェクトアドベンチャーも学び始めます。プロジェクトアドベンチャーとはアメリカで開発された体験学習法をベースにした教育プログラムで、人間関係で最も大切な「人を信頼する心」や成長のために必要な自分自身を見つめ直すということを冒険をベースとしたプログラムを通して体験することができます。これは企業研修にも使えるんじゃないか、前田さんはそう思いました。グループで行動していく中で多くの気づきがあるからです。そして、このプロジェクトアドベンチャーとカウンセリングを同時期に勉強できたことは、その後仕事を進めていく上で大変有意義でした。

 前田さんはアピアスポーツクラブの会員さんとの出会いの中からも新しい発見をしていきます。42歳の厄年にはバイクも乗り始めました。これも会員さんの中でバイククラブがあって、そこに参加して乗り始めたのです。それから毎年、春は日帰り、夏は一泊でツーリングに出かけています。バイクで各地に出かけるのはとても楽しい時間です。
また会員さんの中にそば打ちの先生もいて、そば打ちも始めました。今では2段の腕前。そばを打って実家に持って帰るととても喜んでくれるのが嬉しいのでした。

 人とのかかわりは好きだけど、べたべたする関係は苦手です。だから会員さんとそばを打ったり、たまにツーリングに行ったり、そんな距離感がちょうど心地いいのです。

 そんな前田さんが今、力を入れているのはとやま健泊。とやま健泊とは、健康上の問題で日常生活に制限のない期間を示す「健康寿命」を延ばそうと、富山県が昨年から行っている健康合宿です。生活習慣病予防に効果的な運動や食事について1泊2日で指導しているのですが、それを全般的にコーディネートしているのが前田さんなのです。今年は富山県内6会場で計12回実施中。立山国際ホテルや桜池クアガーデンに泊まって、1泊2食+健康指導+アクティブレジャー代金も入れて8000円という破格のお値段!みなさんもぜひホームぺージをご覧になってみてください。実は私もこのとやま健泊に参加して前田さんと知り合ったのでした。

 そんな前田さんには、もっとスポーツクラブの拠点を増やしたいという夢があります。もっともっとたくさんの人に体を動かす楽しさを伝えて、健康づくりの役に立ちたい。体の健康だけではなく、心の健康づくりもしていきたいから、カウンセリング的な仕事も増やしていきたい。またプロジェクトアドベンチャーで学んだことを生かして、キャンプをしながら子どもたちの可能性を広げていきたい。やりたいことがいっぱいあってワクワクしますね。
 
いろんな人とつながっていくと、ああ、この人とこの人がつながるとまた面白いことが起きるな、この人とこの人もつなげたいな、そんなことがたくさん起きてきます。いろんな人の可能性を見つけることができる本当にありがたい仕事をさせてもらっていると前田さん。
 これからも健康づくりを通してたくさんの人を笑顔にしてくださることでしょう。

 
 
今日の人170.和田直也さん [2017年09月03日(Sun)]
今日の人は富山大学 研究推進機構 極東地域研究センター教授の和田直也さんです。

和田先生は昭和42年1月2日に東京目黒で生まれ育ちました。家は町の電気屋さんで、3人兄弟の3番目だったので、いつも2人のお兄さんに追いかけられたりして鍛えられていました。おかげでかけっこはめっぽう速く、小学校の運動会ではいつも活躍していたものです。小さい頃は背が低くて、前から2番目が定位置でしたが、相撲も強かったし、野球、サッカーとオールマイティにこなしていました。隣町に巨人の土井正三選手の家があってサインをもらいに行ったり、あの世界の王選手の家にも押しかけてサインをもらいました。もっとも、土井選手や王選手には直接は会えなくて、お手伝いさんに下敷きやサイン色紙を渡して翌日もらったのですが、それでも富山育ちの私にはなんともうらやましい話です。

小学校の中学年になると、もっぱらサッカーをやるようになりました。体育の先生がサッカークラブの指導者ということもあったのですが、和田先生はその先生が厳しいけれど好きだったのです。
しかし、スポーツばかりをしていたわけではありません。魚釣りも好きだったし、タガメや水カマキリといった水生昆虫を捕って飼っていたし、カブトムシの幼虫を捕まえたりするのも大好きでした。絵を描くのも好きで、セルを買ってきて宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統のセル画まで書いていたくらいだし、プラモデルを作るのも好きで、零戦や戦車を作ったりしていました。ハンダゴテを使って自分でラジオも作りましたし、友だちと将棋も指していました。しかも将棋会館に通い詰めて血尿まで出たくらいだというのですから、とにかく何かやるととことんやっちゃうのです。そういうわけで本当に忙しい子ども時代を過ごした和田少年でした。

中学校は家のすぐ裏にある中学校に行ったので、近すぎて遅刻しちゃうくらいでした。ただ、グラウンドが狭すぎてサッカー部がなかったのはとても残念でした。当時は校内暴力が問題になっていた頃です。学校の窓ガラスが割れるというような事件も全国的によくある時代でした。小学校時代のサッカーの友だちもワルのトップになったりして、荒れていました。派手に遊ぶ子もいたしやグレて先生にも殴りかかっている子もいました。その姿を見て「なんでそんなことをするかなぁ?」と思っていました。そうして「派手じゃなくて地味でいい。僕は中心からずれた生き方がしたいなぁ」と思いました。自然の中で暮らしたい。だったら農業に従事するのがいいかな。ご両親の田舎が山梨でお盆には毎年のように山梨に行っていたのですが、農村風景が大好きでした。自然にかかわることで生計が立てられたらいいなぁ、そんな風に思っていたのです。

高校は、都立でいちばんサッカーの強い高校を第一志望にしていたのですが、落ちてしまい、第2志望の都立目黒高校へ。家から自転車で10分の近い高校でしたし、何より自由な校風で都立なのに制服も着ていかなくてよかった。東横線の都立大学前駅が近くにあって、麻雀荘がたくさんあったのですが、授業の時間に麻雀荘で麻雀をしたりして、大学生以上に大学生っぽい高校時代でした。中学校の時は暗かったので殻を破ろうと、サッカー部に入ったし、バンドを組んでボーカルをやったりもしました。クイーンやビートルズの歌を熱唱していた和田先生。プロ志向の人にほめられたそうですから、相当歌がお上手なんですね。
そんなこんなでとても充実した高校生活でした。遊んでいてもどこか受かるだろうと思って、某私立大学を二校受験。しかし、どちらも落ちてしまいます。

浪人生活の中で自分の得意なことはなんだろうと考えた時に、ものづくりに興味があるから工学部かなぁと考えました。東京都に新設された科学技術大学(当時)の宇宙工学も面白そうだと思いましたが、目が悪くなって眼圧が高くなってしまい、ものづくりに携わるのは難しく感じてしまったのです。比較的入りやすいと思った某私立大学も受験しましたが、なんとダメでした。国公立は本命ではなかったのですが、なんとなく共通一次を受けてはいたので、2次試験の配点が高いところを探しました。
ちょうどその頃、竹下内閣の下でリゾート開発が積極的に進められていましたが、週刊誌ではそれによって自然破壊が進んでいることが取り上げられていました。和田先生は思います。宇宙工学もいいけど、自然破壊をどうにかしたい。自分は自然の中にいるのが好きだから、その自然が破壊され続けていくのは嫌だ。そして、得意科目の物理で生物学科が受けられる横浜市立大学に合格。生物の勉強をして、生徒に自然の大切さを伝えられる教師になろう、そう思っていました。

しかし、大学に入ってみると、ミクロな部分の生物学が主流でした。和田先生はマクロな生物学がやりたかったのです。そういうわけで1年目からイヤになってしまいます。スイッチが入るととことんやるタイプなのですが、スイッチが入らないと全然やる気が起きないのでした。そんな和田先生が真剣に取り組んだのはサッカーでした。体育会のサッカー部に入って本格的にサッカーをしていました。しかし、2年生になって半月板を損傷してしまいます。しばらく気付かずに練習を続けていて、なおひどくなってしまいました。その後、手術をしましたが、元には戻らず引退せざるを得なくなってしまいます。

サッカー部を引退し、することがなくなってしまった和田先生は本格的に勉強を始めました。生物の教師の資格も取ろうと思って、教職課程も取りました。生命の価値を知りながら、その大切さを訴えられる教員になりたい、そう思っていました。
教員採用試験は1次は受かり、2次試験は補欠合格でした。補欠というのは、誰かが辞退をした時に繰り上がりで採用されるというものです。
採用かどうかはっきりしないので、和田先生は大学院の受験も考えます。鮎の食べる珪藻類の種類と水質について研究していた和田先生。マクロな生物学を自学していたので大学院では顕微鏡を使わなくてもいい所がいい、森の研究がやれるところがいいと思っていました。そんな希望に合って受けたのは北海道大学大学院環境科学研究科(当時)でした。

ちょうど和田先生が学部生の時はバブルで超売り手市場でした。和田先生の友だちは理系でも金融系にバンバン就職が決まっていきました。そんな風にみんなが浮かれている時代に「リゾート開発はいけないんじゃないか、環境破壊が進んでいくと持続可能な社会は保てないんじゃないか」そんなことをずっと考えていました。浪人時代に感じていた自然破壊をどうにかしたいという思いはずっと持ち続けていたのです。ですから、そういう点でも北海道大学大学院環境科学研究科は和田先生の思いにぴったり合った大学院でした。
しかし、大学院に合格が決まり、札幌に引っ越した4月に教員採用試験補欠合格の連絡が入ります。和田先生は悩みました。でも、マクロの規模の生態学が勉強できる大学院で勉強する方を選びました。ようやくやりたい学問と一致したのでしっかり勉強したいと思ったのです。

こうして北海道に行き、大学院生にして初めて一人暮らしを始めます。一人暮らしの学生というと朝寝坊のイメージですが、和田先生は違いました。毎朝5時に起きて近くの森を散歩し、木の種類を覚えたり、野鳥を覚えたりしました。北海道なのでシマリスやエゾリスにもよく出会えました。担当教授は放任主義の人でしたが、その分、先輩たちと毎夜飲みながら議論を交わしました。そして先輩と山登りの調査に行くのでした。修士課程の2年間はあっと言う間に過ぎ、その後どうしようかと思った時に、自然保護協会の職員になろうかとか、ドイツに留学しようかと思いましたが、どちらもダメでした。それで残された選択肢として博士課程の試験を受けた所、合格。その後の研究生活でも、いい仲間に恵まれました。

仲間の一人に砂漠の研究をしている人がいました。ちょうど環境庁(当時)の森林減少と砂漠化解明の研究プロジェクトが進んでいる所でした。日本はバブルの時にインドネシアやマレーシアの木を安く手に入れるのに、現地では多くの森林が伐採されていました。一方、乾燥地では植物の生産を上回る人間の活動で砂漠化がどんどん進んでいたのです。それを食い止めるためのプロジェクトでもありました。和田先生の仲間はそのプロジェクトの一環でインドのタール砂漠で調査をしていたのですが、日本に帰ってきた時に、「なかなかうまくいかないから手伝ってほしい」と和田先生に頼みます。それで和田先生はインドへ2か月間の調査に同行しました。でも、インドについた時にいきなり現地の洗礼を受けてしまうことに。靴の上にわざと牛糞を落とされ、グルの人にそれを磨いてやると言われたのです。白っぽい靴だったし、そのままでは汚いので和田先生は靴磨きを頼もうと思ったのですが、一緒に行った友だちはそれこそ奴らの思うつぼだから、その手には乗るな、と言います。おまけに飛行機に乗る時に、その時の調査に使うネズミ捕り用のトラップが引っかかり、機内持ち込みだけOKということで、膝の上にはネズミのトラップ、足元からは牛糞の臭いが上って来る、そんなスタートになってしまったのでした。

現地の砂漠ではネズミが種子を食べることと植物の回復の関係性について調査しました。最初、ネズミを捕るのにピーナッツを使って罠を仕掛けたところ、なかなかうまくいきません。なぜかピーナッツだけきれいに食べられてしまっているのです。どうしてこんなことになるのか不思議でならなかったので、ある日その仕掛けをしばらく見張っていることにしました。すると、ピーナッツを食べていたのはネズミではなくて、なんと現地の子どもたちだったのです。こりゃいかんということで、子ども達に食べられないように工夫して今度はちゃんと罠にネズミがかかるようにしたのでした。

しかし、インドでの貧困を目の当たりにして、和田先生はこの世界の矛盾についてつくづくと考えることになりました。目の前にはその日の暮らしにも困るような貧しい人々がたくさんいるのに、上空には数百億円単位の戦闘機が轟音を立てて飛んでいく。物乞いの子どもに恵んでやろうとした時も、仲間に叱られます。「一人にやってしまうとあとからあとからキリがなくなる。可哀想だけど、やらないと決めておいた方がいいんだ。」確かにその通りだけど、同じようにこの世に生を受けてなぜこんなにちがうのだろうと無常を感じざるを得ないのでした。私はそれを聞いて芭蕉の野ざらし紀行の「唯これ天にして、汝が性の拙きを泣け(これは、ただただ天が成したことで、お前のもって生まれた悲運の定めと、嘆くほかないのだよ)」が思い浮かんでしまうのでした。
そういうわけで、いろいろ考えさせられたインドでの調査になったのです。

博士課程での和田先生のメインの調査地は苫小牧の演習林でした。そこに、神岡出身の中野繁先生が研究にやって来られました。中野先生は,河川サケ科魚類の行動生態および群集生態の緻密かつ精力的な野外調査に基づく研究を遂行してこられた方で、生態学の広い領域を結び付ける視座を持って国際的にも活躍されている先生でした。三重大学演習林でのアマゴの研究を契機に生態学の最先端を歩み始め、その後、和田先生もおられた苫小牧の演習林にフィールドを移されたのでした。この中野先生との出会いは和田先生にとって本当に大きかった。中野先生はとてもユーモアのある方で、和田先生のことを大変かわいがってくれました。そして、何より研究に対する真摯な姿勢に心を打たれました。中野先生は、川や森にいる動植物の相互作用について深く研究していました。魚類は必要なエネルギーの約四割を森から得ており、鳥はエネルギーの約三割を川から得ているなど、現地調査を重視して膨大なデータを集めました。そんな中野先生の研究に対する姿勢を間近で見られたことは幸せなことでした。中野先生はその後京都大学生態学研究センター助教授となったのですが、カリフォルニア湾で離島の調査に向かう途中でボートが転覆。37歳という若さで逝ってしまわれました。酒を酌み交わしながら、もっともっと語り合いたかった、和田先生はそう心から思います。けれど、それはもう叶わぬこととなってしまいました。でも、和田先生にとって、中野先生と過ごせた時間は本当に大切な宝物になったことは間違いありません。人との出会いと別れは、本当にせつなくて、そして愛しい。今生きている私たちは、この命をちゃんと使えているだろうか、そう問いかけられているのかもしれませんね。

北海道大学で学位を取得した和田先生は、富山大学の公募に応募し、見事に採用され、28歳で初めて富山に。和田先生が富山大学の助手に決まった時は、神岡出身の中野先生もとても喜んでくださいました。神岡と富山はとても近いですものね。
しかし、和田先生が助手になった頃は、まだ大学も「仕事は見て覚えなさい」という風潮で、中の仕組みを覚えるのには苦労をしたのでした。担当の教授が途中で出ていかれてしまうという予想外の事態も乗り越え、和田先生は33歳で助教授になります。

この頃、和田先生は北極圏のスヴァールバル諸島(ノルウェー領土)でチョウノスケソウの調査を行いました。スヴァールバル諸島は夏でも気温が5℃くらいしかないツンドラ気候。調査に行く時は長い棒を持って歩けと言われました。そうしないとアークティック・ターン(北極アジサシ)という鳥に突かれてしまうのです。長い棒を持って歩くと、その棒の方を突いてくるので大丈夫なのでした。また、流氷に乗るのに失敗して渡りそびれた白くまが残っている可能性があるからライフルも必ず持っていけと言われ、調査に行く時はライフルを担ぎ、長い棒を持ち歩くというフル装備で出かけたのでした。ライフルは最初に撃ち方を教えてもらい実際に何発か撃って練習したのですが、和田先生はすぐに的に命中させました。サッカーといい、本当に運動神経がいいのです。
こうして、和田先生はチョウノスケソウが生えている調査地まで行き、チョウノスケソウが北極圏でどのように種子を生産するのかを調査しました。またチョウノスケソウの向日性も調査しました。

ちなみにチョウノスケソウ(学名Dryas octopetala)がなぜチョウノスケソウというかというと、ロシア人植物学者マキシモヴィッチの助手をしていた須川長之助が立山でこの花を見つけ、後にこのエピソードを知った牧野富太郎(日本の植物学の父と言われる人)が和名をチョウノスケソウにしたのでした。

立山でチョウノスケソウ…というわけで、賢明な読者の方はお分かりかと思いますが、そう、和田先生は立山でのチョウノスケソウの調査も長年に渡って続けていらっしゃいます。今も山のシーズンは週に一度のペースで立山の調査地に登っているのです。本当にタフな和田先生です。

2004年、国立大学富山大学は国立大学法人富山大学になりました。これに先立つ2001年に富山大学極東地域研究センターが設立されます。和田先生は2003年から所属が理学部から極東地域研究センターに移りました。
この頃、環日本海構想の一環として極東地域の研究には熱心に力が注がれていました。センターに移った和田先生には、大陸で仕事をやってくれというミッションがおりました。温暖化で生態がどう変わったかを調べる仕事です。こうして和田先生は中国と北朝鮮の国境にまたがる白頭山(長白山)で調査をしました。白頭山にはチョウノスケソウが生えています。アクリル板で温室を作って、チョウノスケソウの調査をやっていました。しかし、3年やったところで中国政府の意向で調査の続行が出来なくなってしまいました。もう少し継続してやれば結果が出たのに、と思うとこれはとても口惜しい調査になってしまったのです。

2010年からはロシアでも調査を開始しました。気候変動で高山生態系がどう変わるかやロシアの森林における資源量を調査するものです。この調査は今も続いていて、毎年8月になると、和田先生はロシアに渡ります。毎週のように立山に登って調査したり、ロシアに行って調査したり、ライフル銃を持って北極圏で調査したり、と本当にアクティブでスリリングな研究だなぁと感心します。
unnamed.jpg
ハバロフスクの博物館で、アムールトラとヒグマが喧嘩していたので、森の中では絶対に会いたくないシュチュエーション、やめてくれと猛獣の喧嘩の仲裁に入っている和田先生

しかし、こんな風に調査に出かけ、学生にも丁寧に指導している和田先生なので、目下の悩みは論文をあまり書けていないということです。今まで調査して一生懸命データを取ったものは、全て解析してきちんと論文にして残したい。そして、ちゃんと掲載にこぎつけたい、それが和田先生の楽しみの一つでもあり夢でもあります。論文を書くのが楽しみでそれが夢だってさらっと言えるなんて、かっこいい!

和田先生の他の楽しみは家でお酒を飲んだり、学生とお酒を飲んだり、酔っぱらって歌ったりすることです。バンドでボーカルをやっていらしたくらいだもの。相当お上手なんでしょうね。

研究に情熱を燃やし、好きなことにとことんのめり込む少年のような純粋さを失わない大学教授。お酒に失敗しちゃう学生みたいなところもおありで、とってもチャーミングな先生です。
 これからは立山に登って高山植物を見たら、きっと和田先生の少年のような笑顔が思い浮かぶにちがいないなぁと思った今回のインタビューでした。

| 次へ