CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«エボラウイルス病緊急支援活動 | Main | 2014年11月7日 人権講演会(埼玉県立川口東高校)»
エボラ緊急支援チャリティパーティー「アフリカを体験しませんか?」開催報告 [2014年10月27日(Mon)]
10月19日にエボラ緊急支援チャリティパーティ「アフリカを体験しませんか?」が開催されました。当日は74名の方にご参加頂きました。

パーティ前半は、ダイヤモンド・フォー・ピース(DFP)代表理事の村上千恵から、DFP及び、「エボラウイルス病緊急支援活動」の紹介、なぜ、リベリアにおいてここまでエボラウイルス病が拡大してしまったかについて、同国の文化・慣習・歴史等を背景に説明がなされました。

次に、ゲストスピーカーである杉下智彦氏(国際協力機構(JICA)国際協力専門員 保健課題アドバイザー)より、アフリカの保健医療体制、エボラウイルス病流行の最新状況について、またご自身がアフリカにて起業を予定されている、医学的な支援体制のもとで安全な自然分娩を促進する民間クリニックについて、説明がなされました。

村上.jpg
ダイヤモンド・フォー・ピース 代表理事 村上千恵

杉下先生.jpg
ゲスト・スピーカー 杉下智彦氏

その後、好評だったDFPオリジナルのキャッサバの煮込みなど、西アフリカの料理とお酒を楽しみながらの歓談をはさみ、パーティ後半はYANO BROTHERSのパワフルなライブで始まりました。
彼らの美しいハーモニーと、「みんなで力を合わせれば、困難な状況にも立ち向っていける。」との言葉が会場に一体感を生んでくれました。
なお、YANO BROTHERSのパーティでのCD売り上げの一部は本支援活動へ寄付されました。

その後、「アフリカの花屋」様からのケニアのバラの花束など、協賛企業からの豪華商品が当たるゲーム大会で盛り上がり、終了しました。

和やかな雰囲気の中、感染が広がり続けているエボラウイルス病の制圧に向けて、一人ひとりが考える機会となりました。
なお、今回のパーティにて161,931円の寄付が集まりました。また、「もったいない寄付」として外国紙幣(米ドル101, ユーロ15, 豪ドル5, 中国元320)も集まりました。この寄付はDFPを通して、リベリアの現地パートナーに送られ、医療品、消毒薬を始めとした必要物資の購入や予防啓発に充てられます。

yano brothers.jpg


会場.jpg

全員.jpg


パーティ概要:
【日時】2014年10月19日(日)14:00-17:00
【場所】青山タワービル別館(東京都港区)
【主催】ダイヤモンド・フォー・ピース
【共催】株式会社レピカ
【協賛】株式会社ピースダイヤモンド、十一代目傳三郎、株式会社アローシステムズ株式会社アサンテ(アフリカの花屋)
【エボラ緊急支援特別パートナー】株式会社アントレプレナーセンター


関連リンク:
エボラウイルス病緊急支援活動
「アフリカ体験イベント」取材レポート/リベリアのエボラウイルス撃退を日本から応援!(『あの国マガジン』留学ライター 若松千枝加)2014年10月23日  ※本文にて「無料の参加費」とありますが、誤りです。
エボラ撲滅のために普通の日本人ができること。(『ハフィントンポスト』留学ライター 若松千枝加)2014年10月21日
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1030112

コメントする
コメント