CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
2010年もJENへのご寄付、ありがとうございます! [2010年03月28日(Sun)]
今年も早々から、ハイチ震災へのご支援など、
各地でご寄付をお預かりしています。
本当にありがとうございます。

1月13日・14日に、山形県職員育成センター主催の
「やまがた夢未来セミナー」(H20年度実施)と
「やまがた官民合同ワークショップ」(H21年度実施)の
交流会にご参加のみなさまから、640円、
1月26日に、酒田市議の佐藤丈晴さん主催の
「第26回 まちづくり対話集会」にご参加のみなさまから、4,500円、
1月26日・27日に、山形県職員育成センター主催の
「地域マネジメント研修」@庄内総合支庁にご参加のみなさまから、
4,113円、
1月28日、みえNPOセンター主催の、第3回 市民活動(支援)
センター情報交換会にご参加のみなさまから、1,339円、
1月30日、PanasonicNPOサポートファンド 授賞式とその後の研修に
ご参加のみなさまから、300円、
1月31日、岡山県の温暖化防止活動推進員候補者研修に
ご参加のみなさまから、4,000円、
2月6日、都甲豊子さんから3,000円、
2月7日、「NPOが元気になる棚卸し塾2009」合宿研修にご参加
のみなさまから、1,500円、
2月8日、東京都・城西地区5社協合同研修 ご参加者の
みなさまから、500円、
2月9日、新潟県・新潟市・新潟NPO協会主催「NPOと行政の
協働推進フォーラム」ご参加のみなさまから、3,300円、
2月10日、せんだい・みやぎNPOセンター主催
「協働力パワーアップ3か年計画をつくろう」ご参加者から5,238円、
2月21日、館林市主催「市民活動スキルアップ講座」ご参加者から、
2,450円、
3月2日、米沢市教育委員会主催研修ご参加者から、160円、
3月27日、さが市民活動サポートセンター主催研修ご参加者から、
9,783円、

合わせて42,435円、お預かりしています。

ハイチはもとより、最も必要性の高い場所で、
最も有効性の高い使途にに充ててまいります。
重ねて、心からお礼申し上げます。

特に、さが市民活動サポートセンターの貝通丸直子さんは、
わざわざ募金箱をつくってくださり、佐賀市民活動プラザの
ご利用者などに、広く募金をお呼びかけくださいました。
ありがとうございます!

経産省のコミュニティビジネス ノウハウ移転・支援事業の報告会でした! [2010年03月03日(Wed)]
さて、今日午後は続いて、地域新事業創出発展基盤促進事業
(コミュニティ・ビジネス ノウハウ移転・支援事業)の成果報告会でした。
こちらは15件!
これも、コメントを以下にまとめました。。。
他の事業者さんにも、共通すると思われる点に絞っていますので、
その活動分野やスタイルにとらわれず、「支援とは」「ノウハウ移転とは」
「地域に根差した持続性の向上を支えるためのポイントは」といった、
ことがらを読み取っていただければ幸いです。
続きを読む...
JENもハイチの支援を始めます [2010年01月15日(Fri)]
一昨日に中米・カリブ海のハイチで発生した大地震については、
とても厳しい状況であることを、みなさまもテレビなどで徐々に
ご理解になっていらっしゃることと思います。

JENも昨日から準備を始め、今日、スタッフが現地に向けて出発します。
いつもながらのお願いですが、ご支援・ご協力、どうぞよろしくお願いします!

【以下、JENのメルマガの引用です】

==================================================================
特定非営利活動法人 ジェン(JEN) 2010/1/14
∞∞∞∞∞∞→→ 【JENメールマガジン   号外】 ←←∞∞∞∞∞∞
読者数1861 〜<<速報>>ハイチ地震 緊急支援を開始します
==================================================================

特定非営利活動法人ジェン(本部:東京都新宿区)は、1月13日に
中米カリブ海の島・ハイチで発生した地震への対応として、
被災者の緊急支援を開始します。

地震は、1月12日午後4時53分(日本時間13日午前6時53分)に、
ハイチの首都・ポルトープランスの直下で発生しました。
国際赤十字赤先月社連盟によると、被災者数は、最大で300万人に
達することが予測されています。また、同国の大統領は、死者数は
3〜5万に上る可能性があると発表しました(1月14日現在)。
地震による壊滅的な被害は、周辺地域の被災状況の把握が進むにつれ、
今後さらに広がると見込まれます。

1月15日に3名のスタッフが現地に向けて出発、翌16日到着予定です。
派遣スタッフ
シリル・カッパイ(海外事業部長、フランス出身)
米川正子(調査員、日本出身)
オリビエ・デ・ラ・モット・サン・ピエール(調査員、フランス出身)

地震で悪化している治安を考慮しながら、まずは被害状況と必要とされる
支援についての情報収集を行います。並行して、可能な限り、
必要とされている緊急支援物資の配布をします。

JENでは、ハイチ地震被災者への緊急支援のため、緊急募金を開始しました。
より多くの人々に、迅速・的確・柔軟に支援を届けるために、皆さまの
ご協力をお願いいたします。

なお、現地の最新の情報は、JENホームページおよびメールマガジン号外でご報告いたします。

JENは、このたびの緊急支援に対し、緊急支援募金を受け付けています。

==================================
JENハイチ地震緊急支援 緊急支援募金を受付けています:

クレジットカードでのご寄付は、→→→ ホームページ
郵便振替口座は、こちら→→→ 00170−2−538657 口座名  JEN

*メッセージ欄に「ハイチ」と記載ください。
==================================

皆さまからの ご支援を よろしくお願いいたします。
09年もJENへのご寄付、ありがとうございます! [2009年10月28日(Wed)]
今年も早々から、JENへのご寄付、本当にありがとうございます!
続きを読む...
JENが、一昨日のスマトラ沖地震への支援を開始します [2009年10月02日(Fri)]
2004年12月のスマトラ沖地震・インド洋津波の記憶も傷跡も、
まだ残る中、新たな地震が起きたインドネシアでの被災者支援を
JENが始めることを、つい先ほど決めました。
ご支援、ぜひ、よろしくお願いします。

以下、メールマガジンの速報から、引用します。


JEN(本部:東京都新宿区)は、9月30日にインドネシアで発生した
スマトラ沖地震への対応として、緊急支援を開始します。

9月30日朝(日本時間午前10時)にインドネシアのスマトラ島
パダン市沖で大地震が発生しました。
現時点で確認されている死者は1100人、インフラへの被害が
甚大で、多くの人が瓦礫に埋まっていると報道されています。
今後、被害はさらに広がると見込まれます。

今回の緊急支援への対応として、
シリル・カッパイ(海外事業部部長)、
渡邊千沙(海外事業部プログラムオフィサー)、
アズマット・アリ(海外事業部プログラム・オフィサー)
が出動します。

JENは、このたびの緊急支援に対し、緊急支援募金を
受け付けています。

=============================
JENインドネシア スマトラ沖地震緊急支援
緊急支援募金を受付けています:


クレジットカードでのご寄付は、ホームページへ → http://www.jen-npo.org
郵便振替口座は、こちら→→ 00170−2−538657 口座名 JEN

*メッセージ欄に「インドネシア」と記載ください。
=============================

皆さまからの ご支援を よろしくお願いいたします。
竹田市・九重町・日出町・宇佐市の各社協のみなさん、本当にありがとうございました! [2009年03月23日(Mon)]
先週、3月16日(月)から18日(水)までの3日間、
竹田市、九重町、日田市、中津市、日出町、宇佐市の
社会福祉協議会のお招きで、地域のNPOや企業の
みなさまを対象とした勉強会で(計6回!)、お話しさせて
いただく機会をいただきました。

その会場で、それぞれの社協の職員の方たちが、
JENへの募金のお呼びかけをしてくださいました。

たとえば、竹田市の会場では、長机2本分にわたる
こんなすごいディスプレイをご用意くださるとともに、
職員の方が募金箱を持って、直接、お声掛けしてくださいました!

右側に貼ってある紙を拡大したのが、この写真です。


九重町でも、こんな大きなディスプレイを!


また、宇佐市NPO連絡協議会が主催され、
同市社協が窓口を務めてくださった、宇佐市NPO交流会でも、
資料の展示をしてくださいました。




みなさん、本当にありがとうございました!
08年もJENへのご寄付深謝! [2008年11月22日(Sat)]
今年も早々から、全国各地の研修などにお招きいただき、
会場でJENへのご寄付をお願いしたところ、
ご協力いただいています。
続きを読む...
ミャンマーも中国も支援します [2008年05月13日(Tue)]
今月2日から3日にかけて、ミャンマーの沿岸部を襲った
サイクロンの被害の甚大さは、報道では伝わってきても、
それを支える動きに結び付けにくく、本当に困ってます。
が、JENでは、去る10日から12日にかけて、同国の被災地に
スタッフを派遣して、ニーズの確認や支援体制づくりに向けた
調査・協議などを行ってきました。
その結果、どうにか、支援活動を始められそうです。
まだ詳しい計画はご紹介できませんが、ぜひ、ご支援をお願いします。

また、昨日昼に発生した中国・四川省での大地震も、
時間を追って被害の甚大さが、ようやく伝わってきました。
崩れた建物、その隙間から閉じ込められた方たちを救出する作業、
道路や広場に集まる市民、食料や水を待つ長い列。。。
阪神・淡路大震災や、その後の日本国内各地での震災を
想起された方々も多いと思います。

そうです、震災も水害も、被災直後も大変ですが、
その後の生活復興がとても大変です。
だからこそ、配る支援ではなく、支える支援が大切であり、
JENがお役に立てるのではないかと考え、出動の準備を始めました。
現在、情報収集と支援計画づくりを同時に進めている状況ですが、
とにかく、動き出していることだけでもお伝えしたいと
感じた次第です。

いずれも、詳しくは、右のリンク集の「JEN」から
同会のウェブサイトをぜひご覧ください!
こんなチャリティも始まりました。 [2008年05月11日(Sun)]
つい今しがたまでオンエアされていた「情熱大陸」を
ご覧になっていらっしゃっていた方々や、
ビジネス関連の書籍を良くお買い求めの方は
もうご存知かもしれませんが、
勝間和代さんのお呼びかけで、
「JENに著者印税の20%を寄付しよう!」という
プログラムが始まりました。

その名は、「chabo!」。

詳しくは、ぜひ、リンクをご覧ください。
もちろん、その本も、ぜひ、お買い求めください。

申し遅れましたが、
勝間さん、酒井さん、和田さん、小宮さん、竹川さん、
本当にありがとうございます。

この志に共感してくださる方も、まだまだお待ちしております。
JENのスタッフ合宿! [2008年01月15日(Tue)]
これまでにも多くのみなさまにご支援・ご協力・
ご寄付いただいてきたJENが、人道支援活動を行う
最前線の現場のスタッフを集めて、合宿を行いました。
続きを読む...
JENへのご寄付深謝! [2007年11月29日(Thu)]
今年も各地での講座・研修の際に、
JENへのご寄付をお願い申し上げたところ、
続々とご協力をいただいています。
続きを読む...
新潟中越沖地震被災者の支援にご協力を! [2007年07月19日(Thu)]
台風4号や、それに続く大雨で被災された方々に、
心からお見舞い申し上げます。
また、新潟中越沖地震で犠牲になられた方々に、
ご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

まだ明けない梅雨の中、まだ5000名以上の方々が
避難所に集まられ、1万人以上の方々も被災した住宅で、
不安で不便な生活をお過ごしですが、まもなく暑い夏が
訪れようとしています。

そんなみなさんに、少しでもお手伝いしたいと考え、
僕が代表理事を務める(特)JENでは、
支援の手が行き届きにくい地域での支援活動を始めるため、
現地調査を開始しました。

JENは、1994年の設立以来、旧ユーゴスラビアを始め、
イラク、スリランカ、パキスタン、レバノン、スーダンなど、
自然災害や戦災から復興へと歩み始めた人たちの支援を
続けています。
3年前の新潟中越地震の際には、十日町市池谷・入山地区で
支援を行い、その後も除雪や農作業などのボランティア派遣を
続け、去る16日の地震発生時も、同地に村おこしボランティアを
派遣して作業を行っていました。

今回の地震に際しても、情報収集とこれまでの経験などから、
支援の手が行き届きにくい地域に、継続的に支援を行う
必要があるとの判断から、同地における協力者である
十日町市地域おこし実行委員会」とともに、本格的な
支援活動を行うための調査を、18日から開始しました。
なお、関連の最新情報は、JENの新潟での活動
ご紹介するブログをご参照ください。

みなさまには、すでに現地で支援活動を行っている他団体と
とともに、JENにもご支援いただきますよう、お願い申し上げます。
募金にご協力いただける方は、
  郵便振替口座: 00170−2−538657
  口座名: JEN
  ※通信欄に「新潟県中越沖地震」とご明記ください。
または、IIHOEが1995年から運営している大規模災害時の
支援活動部門である「被災者支援情報センター」
  郵便振替口座: 00140−3−563548
  口座名: 被災者支援情報センター
まで、お願いいたします。
JENへのご寄付深謝! [2006年12月08日(Fri)]
11月29日、都内で開催された(特)ACTの
ワーカーズ代表者研修にご参加くださったみなさんから
1300円、
千葉県主催のNPO事業力向上セミナーで、
12月1日開催の松戸での1回目にご参加くださった
みなさんから1110円、
12月5日開催の館山にご参加くださったみなさんから
140円、
12月8日開催の松戸での2回目にご参加くださった
みなさんから431円、
ご寄付をいただきました。ありがとうございました!

レバノン、アフガニスタン、イラク、スリランカ、新潟など
世界各地のJENの活動の費用として、活用させて
いただきます。
JENのHPは、右のリンクからご覧ください。
JENへのご寄付深謝! [2006年11月12日(Sun)]
引き続き、各地での研修・講座の折に、
JENの活動をご紹介する写真を置かせていただき、
ご寄付にご協力いただいています。

11月1日に朝霞市内で開催された、
子ども劇場おやこ劇場埼玉センター主催の研修に
ご参加いただいたみなさまから、50円。
11月3日に横浜で開催された、
青少年交流推進財団主催のProject Peaceの研修に
ご参加いただいたみなさまから、1400円。
11月8日から10日まで島根県・三瓶山で開催された、
島根ふれあい環境財団21主催の研修に
ご参加いただいたみなさまから、8610円。
11月12日に千葉県銚子氏で開催された、
千葉県主催のNPO事業力向上セミナーに
ご参加いただいたみなさまから、600円。

お預かりした貴重な資金は、レバノン、アフガニスタン、
スリランカをはじめとする、JENの活動のために
使わせていただきます。
本当にありがとうございます!
JENへのご寄付お礼! [2006年10月27日(Fri)]
各地での講座・研修の機会に、
JENの活動をご紹介し、ご寄付をいただいています。

佐賀市の市民活動推進課のみなさんから8900円、
日光市で開催された、NPOマネジメント講座
(主催:栃木県、受託:大きな木)にご出席くださった
みなさんから3759円、
そして、山形県職員研修所主催の「地域マネジメント」
研修に参加されたみなさんから、350円、
いずれも、レバノンやアフガニスタン、イラク、スリランカ、
パキスタンや新潟など、地域の人々の力を支える活動に
使わせていただきます。
(詳しくは右記のリンクからJENのHPをご参照ください)

本当に、ありがとうございました!
続々々・レバノンへのご支援深謝! [2006年10月16日(Mon)]
JENのレバノンでの支援事業は、これまでの
みなさんのご寄付により、簡単な衛生キットと
瓦礫の撤去用具セットを、約200世帯に配布しました。
詳しくは、右記のJENのウェブサイトをご参照ください。

また、10月6日まで2泊3日で開催された
島根県ふれあい環境財団21主催の
「行政とNPOとの協働実践講座 合同合宿」ご参加者から
34,546円!!!、
10月12日に佐賀市市民活動推進課のみなさんから
2,800円、それぞれお預かりしました。

みなさん、重ねて、心からお礼申し上げます。
時間はかかっていますが、現場では、しっかり事業を
進めてくれています。
ぜひ、引き続きご協力をお願いします!!
続々・レバノンへのご寄付深謝! [2006年10月01日(Sun)]
JENのレバノンでの支援活動が本格化しています。
(毎日新聞や、右記のJENのHPなど、ぜひご参照ください)

各地に講座でお邪魔した際にも、引き続き募金を
お呼びかけし、ご寄付いただいています。
那覇市市民活動支援センターの小阪亘さんから1000円、
沖縄県社会福祉協議会主催(9月22日)の
「支援力アップセミナー」ご参加者から2623円、
宮崎文化本舗主催(9月24日)の「環境NGOのための
組織マネジメント講座」ご参加者から3700円、
そして、MyStyle@こだいら主催(9月30日)の
「NPOマネジメント連続講座」ご参加者から150円、
それぞれ、お預かりしました。

これからも、引き続き、どうぞよろしくお願いします!!
続・レバノンへのご寄付深謝! [2006年09月09日(Sat)]
引き続き、各地での研修・講座や、その後の交流会で、
レバノンでのJENの緊急支援活動に対するご寄付をお願いし、
ご協力をいただいています。

9月1日に横浜市内で開催された、生活クラブ生協(神奈川)
パートナーシップ促進センター主催のワーカーズ・コレクティブ
リーダー研修ご参加のみなさんから、3470円、
9月4日・5日に島根県浜田市で開催された、
島根県ふれあい環境財団21主催の「NPOと行政との
協働促進研修」にご参加いただいたみなさんから、8750円、
9月6日・7日に和歌山市で開催された、和歌山県主催の
「NPOと行政との出会いの場作り事業」の交流会に
ご参加いただいたみなさんから、8250円。
本当にありがとうございました。

JENでは、支援が行き届かず、ニーズの極めて高い
同国南東部の約400世帯を対象に、衛生用品キットや
瓦礫撤去道具を配布する活動を始めています。
その資金などに当てさせていただきます。
これからお邪魔する地域のみなさまも、ぜひ、
ご協力をよろしくお願いします。
レバノンへのご支援深謝! [2006年08月30日(Wed)]
各地に講座や研修でお邪魔する際に、
主催者のご協力を得て、JENの活動への
ご寄付をお願いしています。

一昨日(8月28日)から昨日(29日)にかけて、
(財)島根県ふれあい環境財団21主催の、
行政職員とNPOのための協働研修のご参加者のみなさんから、
計10,910円のご寄付をいただきました。
ありがとうございました!
席上でも申し上げたとおり、レバノンでの支援活動の資金として、
大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。

ちなみに、この研修のご参加者のみなさんには、
前回シリーズの際に、出雲市ボランティア・センターでの
水害被災者支援活動へのご寄付もお願いしたところ、
2万円近いご協力をいただきました。
重ねて、深くお礼申し上げます!!

日本には、寄付の文化がないからではなく、
寄付を呼びかける意欲と技能がないから、
寄付が集まらなかったのだと、痛感します。
これからお邪魔する各地のみなさんも、どうぞよろしくお願いします!
同僚の死 [2006年08月29日(Tue)]
JENのレバノンでの活動に、ご寄付をお呼びかけしたその日に、
同地で調査と準備に奔走した仲間を、病で失いました。

停戦合意の成立前の今月初にJENに入職し、17日より
同僚職員2人とともにレバノン入りした湯浅敏広さんは、
現地時間23日(日本時間24日)に、逝去されました。
本当に残念です。

ベイルートに拠点を置いて、事前調査活動のため、
同国内の各地を訪れるなか、同日は同国南部
(ベイルートから100km程度)を訪れた帰途に
発作を起こされ、救急車で病院に運ばれて手当を
受けていましたが、夜半に逝去されました。

深く哀悼の意を表するとともに、
ご遺族のみなさまに、衷心よりお悔やみ申し上げます。

湯浅さんが調査と準備に尽力してくださったレバノンでの
支援事業は、湯浅さんのご遺志とご尽力を形に結び付けるべく、
政府や他の団体からの支援が届きにくい、
そして、湯浅さんが最後に訪れた集落を中心に、
近日中に本格的に開始します。
| 次へ