CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
眼鏡もCSRで選ぶ! [2006年10月31日(Tue)]
わずか年間4000万円前後の小さなNPOなので、
団体としての調達(モノやサービスの購入)力は
微々たるものですが、個人としての調達で、
せめて、ちゃんとしてる企業や取り組みを応援したい、
と感じています。

このため、10年ほど前から、ジーンズはリーバイス、
最近では、一般的な衣服はユニクロ、と決めていましたが、
新たに、眼鏡は富士メガネで購入することに決め、
早速、新調しました。

1983年に、1000組以上の眼鏡を持参してタイに赴き、
インドシナ難民に提供する活動を始めて以来、23年間に
10万組以上の眼鏡を、社員のボランティアと
UNHCRとの協力のもとに、アジア・アフリカ諸国の難民に
提供し続けてこられた同社会長の金井昭雄さんは、今年7月、
日本人として初めて、「ナンセン難民賞」を受賞されました。

同社の本社は札幌で、「北海道に行ったときに、時間を
見つけて行こう!」と思っていたのですが、灯台下暗しで、
東京のど真ん中、大手町ビル(環境gooの運営者である
NTTレゾナントさんの入っているビル!)の1Fの
眼鏡屋さんこそ、同社の店舗だったことに、ウェブサイトを見て
初めて気付きました。。。

今日、お願いしていた眼鏡を受け取って、早速付けています。
ちなみに、同社の熱烈なファンは多く、松下幸之助さんは
「世界一の眼鏡屋さん」と呼び、司馬遼太郎さんは
「眼鏡に関する高度な技術者の集団」と称されたそうですが、
その理由が良くわかります。

かれこれ30年近くも眼鏡を付けている僕ですが、
こんなにちゃんと目の検査をしていただいたの初めてで、
しかも、そのここの検査で何がわかるのかも、しっかり
伝えてくださっているため、安心感がまるで違います。

ちなみに、調整を担当してくださった石滝さんも、
今年5月にアゼルバイジャンでのボランティアに参加されたとか。
みなさんも、どうせ選ぶなら、ちゃんとした人たちがつくり、
かかわり、売っているものを、使いませんか?
温暖化ガス排出に「対応」します [2006年10月25日(Wed)]
環境に取り組む団体として、自らの温暖化ガス排出量を
どう抑制するか、という取り組みも続けています。

IIHOEではこれまで、紙の使用量(今年は10月20日で
1877kg)と排出量(同266kg)、川北の移動に伴う
二酸化炭素量(同5776kg)とともに、東京事務所
(要は川北の自宅)の電気とガスの使用による
二酸化炭素排出量(同910kg+505kg)を、
削減する努力を行ってきましたが、抑制努力だけでは、
ゼロにすることはできません。

そこで今年度(IIHOEは任意団体で、税務上は
川北の個人事業という形態をとっているため、
会計年度は1月から12月までとなっています)から、
上記5件の環境負荷の総計に、温暖化ガスの排出権の
標準額をかけた金額を、関係するNPOに寄付する、
という制度を始めることにします。
具体的には、上記の合計(同日時点で9335kg)に、
標準額(1トンあたり2万円=1kgあたり20円)の2倍
(東京+大阪+京都の合計として)をかけた金額
(同約40万円)分を、日本自然保護協会やJENを
はじめとするNPOに、寄付することにします。

環境負荷を抑制する努力を、さらに進める必要性を
具体的な負担感として認識するとともに、
外部のパートナーの力を借りて、その実現に向けて
動き出そうというねらいです。

最終的な結果は、来年1月末までにご報告します。
CSRプラスに登録しました! [2006年10月01日(Sun)]
すでにお気づきの方も多いかと思いますが、
CANPANの新しい機能として、企業の社会責任(CSR)
への取り組みを紹介する「CANPAN CSR+(プラス)」が
プレオープンしています。

企業の取り組みを促したり、支援したりする機会が多い
団体として、自らの取り組みも開示する責任があると感じて、
昨晩(といっても、今朝未明ですが。。)登録してみました。
で、結果は。。。
実は、CANPAN運営事務局に登録を承認していただく
必要があるため、僕自身、まだ何点なのか、わかりません。
楽しみ、というより、身が引き締まる思いです。。

昨日、9月30日は、「環境情報の提供の促進等による
特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に
関する法律」(通称:環境情報促進法)に基づいて、
独立行政法人や国立大学法人などが、05年度の
環境報告書を開示する期限でした。
各団体のHPをまだ見ていませんが、きっと、それぞれ始めた
ばかりの取り組みを、紹介していらっしゃることだろうと思います。

環境負荷の削減や、地域の福祉の向上など、社会との
さまざまな接点に関する最善の努力を行うとともに、
その取り組みの情報開示を求められているのは、
大きな企業や団体だけでなく、すべての団体や家庭にも
あてはまることは、ご理解いただけることだと思います。
ぜひ、みなさんも、CSR+に登録してみてください。

ちなみにIIHOEの今年度(1月からの06年度)の環境負荷としては、
紙の使用量(すべて再生紙です)が1709キログラム、
紙の排出量(すべて古紙回収です)が250キログラム、
川北の移動に伴う二酸化炭素発生量が5168キログラムです。

これだけの負荷を地球にかけている以上、
それを上回る成果を、地域で活動するみなさんに提供せねば
ならないのは当然のことであり、さらに努力するとともに、
年末までに、その負荷を補う「何か」を始めることを
お約束します。
半年間で3500kg! [2006年07月02日(Sun)]
以前にもお伝えしたとおり、IIHOEにおける
最大の環境負荷は、僕の移動です。

乗り換え検索ソフト「駅すぱあと」を利用して、
毎日の移動に伴って発生する二酸化炭素排出量を
(あくまで標準値に基づく擬似的な目安ですが)
算出し、記録しているのですが、
今年1月からの半年間で、なんと3518.4s、
月平均にして600s弱のCO2を排出している、
という事実を突きつけられています。。

ちなみに我が家(妻と僕の2人暮らし)の電気とガスの
使用による昨年のCO2排出量は約1600kgですから、
その2倍以上を、半年で排出してしまったことになります。

やむをえないこととはいえ、札幌に空路で移動すれば
片道約100kgだから、往復で200kg、
那覇に行けば往復で約400kgを排出することになります。
この記録をつけるようになってから、以前にも増して、
出張旅程の組み立て方に注意するようになったのですが、
それでも、目に見える成果には結びついていません。。。

さらに、IIHOEでは、東京事務所で購入・排出した
紙の量も記録しています。
この半年間で購入した紙は、「NPOマネジメント」用に
487.68s、コピー用紙が40.75sで、
合わせて528.43sになりました。
「NPOマネジメント」用には、白色度の低い100%再生紙を、
コピー用紙は、国内間伐材を使用したものを、購入しています。

一方、排出した紙は、IIHOEの事業活動を通じて
発生したものが117.63s、一方的に送付されてきた
DMが41.77sで、合わせて159.40sと、
昨年の約2倍に達しています。
これは、昨年11月に事務所を移転した際に、
保存すべき資料の見直しを行い、昨年12月と今年4月に
大規模な資料整理を行った結果、4月に50sを超える資料を
廃棄したためです。
なお、排出する紙はすべて、地域の資源回収に出しています。

「仕方ない」とあきらめるのではなく、少しでも減らせるよう、
これからも努力します。
いいヒントがあったら、ぜひ、お教えください。
803.6キロ [2006年02月01日(Wed)]
2ヶ月以上も書かずにいたのは、
ネタがなかったからではなく、
あまりにいろいろありすぎたから、です(言い訳でした)。

さて、803.6キロは、今年1月の移動距離、ではなく、
今年1月の移動によって発生させてしまったCO2量です。
乗り換え検索ソフト「駅すぱあと」に、昨年秋から二酸化炭素の
排出量を計算できる機能がつき、今年から計算してみることにしました。
(ちなみに移動距離は、ゆうに2000キロを超えています)

800キロと言えば、昨年1年間に、我が家(妻と二人暮らし)の
電力とガスによる排出量が1500キロ強ですから、その半年分、
ということになってしまいます。

なんとかその埋め合わせができるように、営林のお手伝いをしたいと
改めて痛感しました。まずは早い時期に、間伐材使用紙に、切り替えます。

ちなみに今は、氷点下5度を下回る富良野にいます。