CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
平戸市で行政管理職対象の協働研修でした! [2014年05月16日(Fri)]
ここしばらく、ブログが更新できていないことで、ご心配くださった方も
いらっしゃいます。申し訳ありません、単に作業が滞っていたのと、
公開できないお仕事もあったのが原因です。引き続きがんばります。

さて、一昨日(5月14日)と昨日は、平戸市主催の「協働のまちづくり」
研修にお招きいただき、同市行政の管理職の方々を対象に、同市における
協働の意義や進めるうえでのポイントについてお話しし、簡単な個人&
班別作業を行っていただきました。
(10:30から17:00までの終日研修を、2回繰り返しました。)
お忙しい中、終日にわたる研修を受講してくださったみなさま、
お疲れ様でした。会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1405_kyodo_basic_hirado.pptx

今回も、会場でチャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願い申し上げた
ところ、903円お寄せいただきました。
本当にありがとうございました!

とお礼を申し上げておきながら、どうしても気になったのでお伝えしたいのが、
同市の管理職の方々の、熱の低さというか、冷たさというか。

添付のファイルをご参照いただくとおわかりのとおり、同市でも
新しいコミュニティ」と名付けられた、おおむね小学校区単位の
まちづくり協議会の編成が、昨年度から試行されています。
ただ、他市との比較で言えば10年ほど遅れているのですが、
同市が置かれた人口構成上の状況は、全国平均より30年も40年も
進んでおり、財政上も、つまり、職員さんの仕事の進め方の改革が
求められる緊急度も、全国平均よりは圧倒的に高い、と言わざるを得ません。

ところが、講義を熱心に聴く人は少ないし(机の上の鉛筆の落書きを消したり、
「自分の地域に当てはめるためにメモを取れ」とお願いしても、
メモする人は2割もいない。。)、個人作業の記述も、班別作業の記述も、
抽象論に終始するとともに、求めた数の項目よりは少ない。
もちろん、これは、僕の力不足が主因ですが、しかし、他市ではわざわざ
そこまで指摘せずにできることが、なぜできないんだろう。。。

相手を知って相手に応える、というマーケティングの原則から言えば、
主催者の方に事前におたずねするヒアリング・シートに「管理職層の意欲」
をたずねる項目を織り込んだり、講義の冒頭に「良い仕事をしたいという
意欲」がわかるような項目を織り込まなきゃいけない時代が、
きちゃったんですかねぇ。。。
些少ながら、同市にもふるさと納税させていただいた納税者のひとりとしては、
どうにも気になりました。

これも余談ですが、僕のブログから、各市における協働研修の資料を見続けて
くださっている方々はお気付きのとおり、データ、特に人口関連のデータを
使ったスライドが、2年前より1年前は、そして、1年前より現在は、
どんどん増えています。お願いしている謝金は同じで、資料準備の作業が
増えているので、時間に追われるのは、自分で首を絞めているからですが、
しかし、だからといって、気付いてしまったことを伝えないわけにもいかず。。。
講師の側がここまで踏み込んで、労力もかけてるんだから、受講される側も
本気で臨み、行動を変えてほしいなぁと、勝手ながら、つくづく感じます。
コメント
先生には遠路遥々平戸市のために研修をしていただき感謝いたします。平戸市の協働が進まない現状をどうにか打開したいという一身で先生にお願いしたしだいです。平戸市の現状を見て見ぬ振りをする方、危機感を持たない方、危機感を持っていても動かない方に対して一定の効果はあったものと考えております。その分、不愉快な思いにさせたことを担当者としてお詫び申し上げます。
 今朝、副市長から呼び出しがあり、職員に覚悟を持たせるため、やねだんの故郷創世塾へ研修に行かせてはどうかと言うことを言われました。これも川北さんの研修の賜物です。これから平戸市を「協働の手法」で変えて行きますので今後ともご指導ご鞭撻をお願いします。
Posted by:平戸市役所地域協働課小山健二  at 2014年05月16日(Fri) 14:29