CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
広島で「ESD学びあいフォーラム」でした! [2013年11月22日(Fri)]
今日午後は、環境省中国環境パートナーシップオフィス
(EPOちゅうごく)
主催の「ESD学びあいフォーラム」に
お招きいただき、「企業と自治体の社会責任(SR)が、
持続可能な地域づくりを進める」というテーマでお話しさせて
いただきました。

熱心にご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1311_c&lgsr_hiroshima.ppt

僕の話に続いて、(株)トンボの小桐さんから、オーガニックコットンで
つくった体操服や、スポーツウェア製造時に発生するCO2を、真庭市役所の
バイオマス燃料化に伴うクレジットでを購入するオフセットについてなど、
また、岡山市の原さんから、公民館を拠点としたESDによる協働の地域づくり
について、お話しいただきました。岡山市ではすでに、@多様な人々が対話する場、
A行政が事務局で安定・安心、B専従のESDコーディネータ配置、
C公民館が地域のESD推進拠点、D大学が地域の課題解決のサポーター、
といった5つの特長があり、「岡山モデル」と呼ばれる水準に。すばらしい!

途中でも申し上げたように、ESDは、学ぶことも大切ですが、
企業の経営者も行政職員も、社会と世界の変化・進化を先取りして、自らも
進化しながら次に備えることが大切ですよね。
コメント