CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
横手市で「新しい公共」と円卓会議についてお話ししました! [2011年12月18日(Sun)]
「新しい公共」支援事業のモデル事業に採択され、
高齢化・過疎が進む中山間地に、200世帯程度による
「地域運営体」を構成し、雪下ろしや見守りなど、
地域の安全・安心やコミュニティ・ビジネス、文化・伝統の
維持などを担っていただこう、という事業に着手された、
秋田県南NPOセンターと横手市にお招きいただき、
「新しい公共」と、地域での円卓会議の意義について
お話ししました。画面にお示しした資料を、添付しますね。


地域の自治力の向上(というより回復)はもちろん、
多様な主体による協働が進まない限り、地域の維持も
再生もあり得ません。
だからこそ、持続可能な地域づくりワーキング・グループは
地域円卓会議を提唱したのです。
コメント
お疲れ様でした。
講義をお聞きし、次への展開が開けました。
ワークやってよかったです。参加者の目が輝いてきたのが印象的です。
第二ステップへ飛躍していく確信と計画ができました。
今後ともご指導お願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、・・どこにでも居るんですよね。役人根性の職員は
私も体験した一人です。注 横手市ではありません
私は町内会長も経験していますので、自治会の内情は分かるのですが
机で考え、地域に飛び込んでいない職員に限って、化石化しているんです。
実績をあげてNPOが認められるように頑張ります。
Posted by:菅原  at 2011年12月20日(Tue) 20:11