CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
北海道下川町で「小規模多機能自治合同研修会」でした! [2018年03月26日(Mon)]
昨日は北海道下川町主催の「住民主体のまちづくり
小規模多機能自治合同研修会in北海道
」にお招きいただき、
北見市、士別市と同町内でのお取り組みをご紹介いただき、
私から同町における小規模多機能自治の必要性の再確認として
お話しさせていただいた後、行事・会議・組織の棚卸しを、
短時間ですが体験していただきました。
お忙しい中、雪解けの貴重な週末にも関わず、道内各地から
ご参加くださった30名以上のみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1803_sodo_basic_shimokawa.pptx

スライド7枚目でも申しあげたとおり、
人口より課題が増える時代・社会には、
「これまで通り」では歯が立たちません。
「気付かないふり」は、判断と行動をさらに遅らせます。
課題先進地だからこそ、課題解決先進地になるには、
チャレンジ(「・・てみる」)にやさしく。
頭も、心も、柔らかく。

「前例がない」「自分の目が黒いうちは変えさせない」なんて
言ってる地域は、課題に挑もうとする人が去り、結果として、
状況はさらに厳しくなっていきます。
チャレンジと、チャレンジする人を大切にしなければ
ならないのは、地域も、企業も、行政も、みな同じですね。

同日も、(般社)J-CAPTAとともにCAPプログラムを
届ける・拡げる活動へのご寄付
をお願いしたところ、
1,870円お寄せいただきました。
ありがとうございました。
コメント