CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
氷見で「おらっちゃ創生支援事業 報告会」でした。 [2017年04月17日(Mon)]
昨日午後は氷見市主催による「おらっちゃ創生支援事業 成果報告会」
にお招きいただき、昨年度同事業に採択された11の事業の報告を
伺わせていただいたのち、「自慢大会」形式の質疑応答をお手伝い
させていただくとともに、総括コメントをさせていただきました。
お忙しい中ご参加くださった70人ほどのみなさま、お疲れさま
でした。会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1704_himi_oraccha_sousei_houkokukai.pptx

昨(16)年度の採択により、来(18)年度まで3年間続けて
事業を実施できるこの枠組みだからこそ、中期的な目標に対し、
初年度はどのような仮説を持ち、それにどう挑み、その検証結果を
もとに今年度・来年度はさらにどう進められるかを「報告」として
伺いたかったところでしたが、ご自身たちのお取り組みやお考えを
「発表」された方が多かったのは、残念でした。
(「発表」と「報告」の違いについては、こちらをご参照ください。)

高齢者率において全国平均より30年進んだ同市だからこそ、
「これまでどおり」のくらしを守るためには、「これまでのまま」
の取り組みでは不十分であり、変化に対応する進化が求められます。
わずかばかりではありますが、ふるさと納税した「株主」として、
同市の住民と行政職員のみなさまが、さらに踏み込んで進めて
いただけることを、強く期待しています。
コメント