CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
雲南で「自治を支える・促すためのデータ活用」勉強会でした! [2017年04月13日(Thu)]
昨夕はおっちラボにお招きいただき(というより、こっちから
押しかけて!)「『自分たちで決めて 自分たちで担う』自治を
支える・促すデータ活用 - 予測、可視化、アンケート -」と
題して、文字通り、地域の住民から議員・首長・行政職員など、
多様な、しかし、ちゃんと判断してもらわないと、ちゃんと
動かない=困ることになる存在の方々が、「自分たちで決めて
自分たちで担う」自治をしっかり進めていただくための材料
として、データをどう集め、まとめるかという点について、
詳細な具体例をもとにお話しさせていただきました。

お忙しい中ご参加くださった(しかも、ほとんどの方が、
「データを使った川北の講座」とか「エクセルの勉強会」
といった断片的な情報しか共有されていらっしゃらなかった
ようですが。。)20名ほどのみなさま、ありがとう
ございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1704_research_analysis_unnnann.pptx

ファイル内の資料は、いつもと変わりませんが、当日は
「その元データの在りか」や「集計方法」、さらに
「仮説に基づき、どのように設問するか」といった点まで、
かなり細かくお話しさせていただきました。

みなさんの地域でも、ぜひ、地域の住民の方々が
将来を見通しして判断し、さらに深く広く共有するために
表やグラフの形式で示すとともに、アンケートで内心を
たずね、それをクロス集計して特性別の志向や課題を示す、
といったことが、ますます求められます。
コメント