CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
豊岡市で「新しい地域コミュニティ研修」でした。 [2016年08月19日(Fri)]
昨日は豊岡市にお招きいただき、同市行政職員を対象に「新しい地域
コミュニティ協働研修」として、同市における小規模多機能自治をなぜ、
どのように進めるかという、意義とプロセスについてお話しさせて
いただくとともに、それを現場で進めるうえで直面する(であろう)
課題や不安、疑問について、挙げていただく簡単なワークを行って
いただきました。

お忙しい中、ご参加くださった計150名以上の同市行政職員の
みなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1608_sodo_basic_toyooka.pptx

スライド4枚めにもあるように、来春からは市内29の地域で
小学校区程度の範域ごとの「地域コミュニティ」組織を構成し、
同時に、公民館もコミュニティセンターとして、地域づくりを
支援する位置付けへと転換されることになっています。

なぜ、地域づくりに進化が求められるのか?
いつまでに人口構成がどのように変わるから、それに備えるために、
地域がどのように進化して備える必要があるのか?
そして、行政はその進化を、どう促すのか?
これまで「どうにかなるやろ」で済ませてこれたことが、
そうはいかなくなることが自明である以上、
早く、しかも、深く動き出した方が、いいに決まっています。
自治とは、自主判断+自主実施。つまり、自分で決めて、
自分で動くこと。より早く、深く決めて、より早く、より深く
動ける地域が一つでも増えるよう、しっかり働きかけてくださる
ことを、ふるさと納税者の一人として、期待しています。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、3,881円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
コメント