CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
深呼吸のススメ [2015年11月19日(Thu)]
季節の変わり目や、暑さ・寒さが続いた折などには、
体調を崩される方が多いですよね。
自分自身も、業務も移動も多い&続く生活ゆえ、
体調管理はとても重要な課題です。

風邪をひいてしまったり、声が出なくなってしまったりなど、
ご迷惑をおかけしてしまった方々には誠に申し訳なく、
そんなことが少しでも減らせるよう、意識して行っていることがあります。

深呼吸です。

体操の最後などに呼吸を整えるために行うものというよりは、
身体のリズムを取り戻すためのもの。
なので、椅子に座ったり、仰向けに寝転がって行います。

呼吸という言葉は、呼→吸、つまり、吐いてから、吸うという意味。
まず、口から、細く長く、肺の中にある空気をすべて吐き出してしまいます。
そのあと、鼻から、細く長く、肺いっぱいになるまで空気を満たします。

吐くときには、酸素を含んだ血液を身体の隅々まで送り届けるように、
吸うときには、身体中から血液を心臓と肺に呼び戻して、酸素で
満たせるように、イメージしながら。

また、熱っぽかったり、肩が痛かったりするのであれば、
深層心理に働きかけるために、熱が下がったり、痛みが取れている、
平常で健全な状態を思い描いて、その部位に血液がしっかり届くよう、
イメージします。

すると、ありがたいことに、身体が、本来のリズムを取り戻してくれます。

身体を動かしたり、逆に休めたり、睡眠時間を長くしたりするのも良いですが、
おススメは、リズムを取り戻すための深呼吸をしながら、ということ。
お試しください。
コメント