CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
岩手県主催の「社会福祉法人役員研修」でした! [2015年07月27日(Mon)]
今日は岩手県主催・岩手県立大学受託の「社会福祉法人役員研修」に
お招きいただき、「社会福祉法人役員に求められる組織マネジメント」
と題して、「社会福祉法人制度の在り方に関する検討会」による報告書に
指摘された項目を踏まえながら、理事の役割、地域への貢献を中心とした
公益活動の期待の高まりや具体的な事例、そして、情報開示や広報の
在り方など、多様なポイントについてお話しし、簡単な作業も行って
いただきました。

暑い中、四国よりも広い岩手県内各地からお集まりくださった約50人の
みなさま、本当にありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1507_management_basic_in_welfare_iwate.pptx

社会福祉法人制度の在り方について」と題された報告書については、
昨年7月に発表されて以来、1年が経過したものの、ご参加者の中で、
「読んだことがある方?」とおたずねしたところ、なんと、なんと、0人!
岩手県さん、岩手県社会福祉協議会さん、ちゃんと仕事しようよ。。。

そんなこともあるかもしれない、という、悪い予感がしたので、
全国社会福祉協議会が作成・配布された
社会福祉法人が行う『地域における公益的な活動』に関するパンフレット
社会福祉法人の『経営情報』の公開に関するパンフレット
そして「社会福祉法人現況報告書の記載方法等」の3点を
配布しておいたほうがいいかも、と、余計な気を回したのですが、
完全に的中してしまいました。。。

資料の中でも詳しく触れたように、社会福祉法人、特にもともと人口流出や
高齢化が他県より進んでいたところへ、厳しい自然災害に遭われた同県内で
福祉事業を営む社会福祉法人のみなさんにとって、「働き続けやすさ」を
確立できるよう、利用者からも、従業員からも、地域住民からも「事業評価」
してもらうとともに、従業員による「組織評価」を積極的に行い、
改善のチャンスを増やし、小さな改善による成果の積み重ねの実感ができる
職場にすることが、何よりも大切です。

今日、学び、気付いてくださったことを、現場の実践に落とし込んでくださる
役員の方が、一人でも多くいらっしゃることを、県民の方々とともに祈ります。

なお、同日も会場にて(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、260円お寄せいただきました。ありがとうございました!
コメント