CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
横手で「小規模多機能自治」3(4?)連続研修でした! [2015年05月30日(Sat)]
一昨日と昨日は、(特)秋田県南NPOセンターにお招きいただき、
一昨日午後は、同センターの働きかけにより設立された横手市内4地域の
共助組織の代表者の方々と、市議会各会派の代表者の方々を対象に、
昨日午前は県庁と横手・湯沢・美郷・羽後の4市町行政のまちづくり
担当の方々を対象に、そして、昨日午後は、横手市の地域組織の役員や
行政の担当職員の方々を対象に、小規模多機能自治の意義や進め方について
詳しくお話しさせていただきました。

また、一昨日夜には、市内の高校生から若手(大手!)の経営者まで
若者を対象としたミニ勉強会も開催していただきました。
(会場到着が遅くなってしまって申し訳ありません!!)

お忙しい中ご参加くださった計200名以上のみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1505_sodo_basic_yokote.pptx

行政の方々には、かなり厳しいトーンでお話ししましたが、人口減少と高齢化が
他県よりも早く進んでいる同県だからこそ、地域やくらしを守り抜くために、
自治、つまり自主決定+自主実施の拡充の必要性は、他県より高いことは必然です。
なのに、自主決定を促す材料(=データ)も、しかけ(=政策)も、細い(ほぼない)し、
遅いし、ゴールが示されてないし。。。
これでは、あまりにもったいない!
秋田県・横手市・湯沢市の行政職員のみなさんには、とにかく「これまでの延長線上に
未来はない」ことを、正確に知り、動き出してもらわないと。
それを促すためにも、市議のみなさん、町内会・自治会のみなさん、ぜひ、ぜひ、
憤りの声を!
コメント