CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
▼研修・個別支援のお問い合わせは、こちらから! 
【講師派遣へのご質問にお答えします】 
▼「NPOマネジメント」など、IIHOE発行書籍は、こちら!
【IIHOEの書籍紹介ブログ】 【ご注文フォーム】
▼川北のスケジュールの空き状況がわかります。。。
【川北の予定概要】
(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願いしています! [2020年02月24日(Mon)]
阪神地域の子どもたちのために、学習支援や自然体験の機会づくりなどに
精力的に取り組んできた若者たちが、子どもの貧困、とりわけ、
保護者の所得格差が「放課後の格差」を生み、その後の生活やキャリアに
影響を与えることを知ったとき、チャンス・フォー・チルドレンは生まれました。

最初は、生活保護受給世帯の子どもたちを対象とした、自然体験や学習塾に
要する費用の提供から。受験を控えた学年には月4万円(年50万円)、
それ以外の学年には月2万円(年25万円)の「学校外教育バウチャー」を、
継続的に発行し続ける団体として、学習塾などに協力を呼び掛けるとともに、
街頭募金を行って資金を集め、また、対象となる子どもたちとも面談し、
継続的なフォローアップによる効果の持続・向上に努めてきました。

その活動を始めて1年半もたたないうちに、東日本大震災が起きました。
保護者を失った子どもや、保護者が仕事を失った子どもたちにとって、
放課後の格差のリスクは、これ以上高い地域はありません。
同時に、学習塾や家庭教師など、地域の学校外教育を担ってこられた方々に
とっても、収入の減少はもとより、廃業や移転のリスクさえ高まります。

そこで、チャンス・フォー・チルドレンは、数多くの方々にご支援いただき、
被災した地域の子どもたちと、その地域で学校外教育を担ってこられた方々を
ともに支えるために、東日本大震災の被災地でも、バウチャーの発行を
始めました。

そのニーズは、ますます高まっています。
被災された地域の子どもたちはもとより、都心部でも、保護者の所得格差が
子どもたちの生活やキャリアに影響を与えるリスクは、これまでない水準に
達しているといわざるを得ません。
チャンス・フォー・チルドレンは、行政とも連携して、その活動を拡げています。

しかし、資金が足りません。
私も理事会の末席に加えていただいたこともあり、みなさまにご寄付を
お願い申し上げる次第です。

各地にお邪魔した際に、これまでどおり、のどあめをご用意します。
「おいしかった」とか「うれしかった」とか、少しでもお役に立てましたら、
どうかご寄付をお願いいたします。

2014年の年初以来、各地にお邪魔する際に、可能な限り、お呼びかけさせて
いただいており、下記のとおりご協力いただいております。
ありがとうございます!
どうぞ引き続き、よろしくお願い申し上げます!

【2014年12月19日 現在】
1/25 廿日市市市民活動センター主催研修に
   ご参加のみなさま(800円)
1/28 長崎主催 市民活動支援担当者研修に
   ご参加のみなさま(100円)
2/2 久慈市主催研修にご参加のみなさま(200円)
2/5 庄原市主催研修にご参加のみなさま(1,100円)
2/16 みはし地域まちづくりネットワーク主催
   研修にご参加のみなさま(450円)
2/17 とっとり県民活動活性化センター主催研修に
   ご参加のみなさま(110円)
2/23 紀北町社会福祉協議会主催
   災害ボランティア・コーディネーター研修に
   ご参加のみなさま(450円)
2/25 鹿児島県主催
   共生・協働推進かごしま自治体ネットワーク
   会議 ご参加のみなさま(20円)
2/26 アスト・マインドラボにご参加のみなさま
   (850円)
2/28 「ITでNPOの活動を加速する中間支援組織と
   ITサービス企業の会議」および
   3/1「CANPAN会議2014」ご参加のみなさま
   (320円)
3/6 プレーパークせたがやの理事の方(3,000円)
3/8 大分県社会福祉協議会主催
  「行政との協働、企業・団体のCSRセミナー」
  ご参加のみなさま(735円)
3/10 大分県社会福祉協議会主催
  「災害ボランティアセンター運営リーダー育成研修」
  ご参加のみなさま(200円)
3/25 島根県主催「認定NPO法人等研修会」
  ご参加のみなさま(1,560円)
3/30 どんぐりネットワーク
  組織基盤強化のための理事研修ご参加のみなさま
  (2,800円)
4/12 (特)まちねっと大口 設立記念講演会にご参加の
  みなさま(12,338円!!)
4/13 (特)環境市民 組織基盤強化のための
  理事タスクフォース研修ご参加のみなさま(1,100円)
4/26 中国5県中間支援組織協議会主催
 「支援力パワーアップ研修」ご参加のみなさま(500円)
4/27 たかしま市民協働交流センター主催
 「たかしま・未来・円卓会議」キックオフ・ミーティング
  ご参加のみなさま(650円)
4/30 (特)えひめリソースセンター主催
 「知っていますか? 知事の役割・理事会の機能」
  ご参加のみなさま(1,000円)
5/12 政令市議会政策研究会ご参加のみなさま(40円)
5/15 平戸市 協働のまちづくり職員研修ご参加のみなさま
  (903円)
5/22 佐賀市市民活動プラザ 移転記念セミナーご参加の
   みなさま(1,800円)
5/26 地球温暖化防止全国ネット主催「地域センター従事者
   管理・運営研修」ご参加のみなさま(785円)
5/27 岡山NPOセンター主催「ちゃんと学ぶ理事の基本
   講座」ご参加のみなさま(1,050円)
7/1-3 長崎市主催 協働推進研修+市民団体向け研修+
   市職員等有志研修ご参加のみなさま(20,000円!)
7/5 (公財)あいちコミュニティ財団主催
   「あいちの課題深掘りファンド」採択者向け勉強会
   ご参加のみなさま(550円)
7/9 松阪市民活動センター主催「地域力アップ講座」
   ご参加のみなさま(300円)
7/11(公財)かめのり財団 国際交流事業助成
  平成26年度交付式・ワークショップおよび
  平成25年度報告会ご参加のみなさま(9,600円)
7/13 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修
  ご参加のみなさま(100円)
7/17(特)石巻復興支援ネットワーク主催「協働の
  基盤づくり研修」ご参加のみなさま(1,250円)
7/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
  社会を変える まちみがきプロジェクトご参加の
  みなさま(800円)
7/23 宇部市主催「職員研修会」ごさんかのみなさま
  (1,341円)
同 宇部市雇用創造協議会主催「市民・企業・行政の
  協働・総働で地域を守り抜く」ご参加のみなさま
  (2,680円)
7/25 第12回海ごみサミット2014 山形・庄内会議
  ご参加のみなさま(773円)
7/27(般社)J−CAPTA 総会関連プログラム
  ご参加のみなさま(3,000円)
7/30 尾道市主催 協働のまちづくり講座ご参加のみなさま
  (3,520円)
7/31 岩手県立大学主催 社会福祉法人役員 全体研修
   ご参加のみなさま(723円)
8/2 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
   社会を変える まちみがきプロジェクト
   ご参加のみなさま(200円)
8/3 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修ご参加の
  みなさま(100円)
8/12 別府市主催 管理職対象協働研修ご参加のみなさま
  (1,402円)
8/20 山形県職員育成センター主催「地域との連携・
  協働講座」ご参加のみなさま(861円)
8/23 (般社)多摩循環型エネルギー協会主催
  「次世代リーダー育成プログラム」ご参加の
  学生のみなさま(1,003円)
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま
  (500円)
9/8 大分県老人クラブ連合会主催研修ご参加の方
  (1,000円)
9/8 大分県ボランティア連絡協議会 県南ブロック
  研修ご参加のみなさま(15,610円)
9/9 中津市社会福祉協議会主催 生活困窮者自立支援
  制度研修 ご参加のみなさま(7,200円)
9/12 島根県市町村総合事務組合主催「定住促進研修」
  ご参加のみなさま(4,660円)
9/13 江津市主催「元気な地域づくり発表会」ご参加の
  みなさま(8,888円)
9/20 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
  社会を変える まちみがきプロジェクトご参加の
  みなさま(600円)
9/22(公財)北海道地域活動振興協会主催
 「協働基礎講座 協働を進めるしくみづくり」
  ご参加のみなさま(700円)
9/24 八王子市市民活動支援センター主催「八王子NPO
 パワーアップ講座」ご参加のみなさま(200円)
9/30 環境中間支援会議・北海道主催 勉強会ご参加の
 みなさま(340円)
10/1(公財)北海道地域活動振興協会主催
 市民活動中間支援センター研修会ご参加のみなさま
 (1,750円)
10/2(公財)北海道地域活動振興協会主催
 協働促進講座ご参加のみなさま(500円)
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま
 (追加分、11,000円)
10/14 別府市主催 一般職員対象協働研修ご参加の
 みなさま(5,528円)
10/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ
 社会を変える まちみがきプロジェクト
 ご参加のみなさま(205円)
10/23 ふるさと島根定住財団主催「協働環境醸成研修」
 ご参加のみなさま(2,296円)
10/24 松江市主催「共創・協働研修」ご参加の
 みなさま(150円)
10/25 うけいれ全国主催 マネジメント研修ご参加の
 みなさま(1,000円)
10/27 新潟NPO協会主催 第5回協働環境調査報告会
 ご参加のみなさま(100円)
10/28 市民セクターよこはま主催「プロのNPOを
 つくる7の講義」ご参加のみなさま(615円)
10/28 上記研修ご参加の方(1,000円)
11/6 鶴岡市社会福祉協議会主催「具体的かつ効果的な
 チームアプローチを探る」研修ご参加のみなさま
 (1,292円)
11/7 鶴岡災害ボランティアネットワーク主催「次の
 災害に備える」研修ご参加のみなさま(410円)
11/9 まちおこし結っこ主催「地域自慢っこ交流会」
 ご参加のみなさま(500円)
11/10 秋田県南NPOセンター主催「市議会議員と
 共助組織代表者との意見交換会」ご参加のみなさま
 (145円)
11/11 山形の公益活動を応援する会・アミル主催
 「協働力パワーアップセミナー」ご参加のみなさま
 (800円)
11/16 CANPAN&IIHOE主催「助成機関と情報開示」
 &「NPO支援から地域支援へ」ご参加のみなさま
 (700円)
11/20 胆振管内社会教育委員連絡協議会研修会および同管内
 社会教育主事会創立50周年記念事業ご参加のみなさま(400円)
11/21 妙高市市民活動支援センター主催「今、求められている
 小規模多機能自治を学ぶ」研修ご参加のみなさま(200円)
11/27 山形県置賜総合支庁主催「6次化推進ワークショップ
 in Okitama」ご参加のみなさま(20円)
11/29 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加の方(500円)
12/3 富山市役所 協働推進講座ご参加の皆様(200円)
12/3 NGOダイバーシティとやま&(特)市民活動サポート
 センターとやま主催「事業と団体を続けるための基礎を
 再確認しよう!」ご参加のみなさま(4,350円)
12/5 赤磐市主催「協働のまちづくり職員研修」ご参加の
 みなさま(1,210円)
12/5 赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ主催
 「赤磐市市民活動応援プロジェクト2014」ご参加の
 みなさま(14,000円!!)
12/6 大阪狭山市市民活動支援センター主催
 「地域における行政と市民の協働のまちづくり」
 ご参加のみなさま(16,260円!!)
12/7 公害資料館ネットワーク主催 公害資料館連携
 フォーラムin富山ご参加のみなさま(340円)
12/19 府中市主催「市民協働の推進に関する職員
 研修Part2」ご参加のみなさま(1,200円)
12/19 東京工業大学大学院ノンプロフィット
 マネジメントコース公開講座2014ご参加の
 みなさま(5,600円)
12/21 (特)くらしコンシェルジュのみなさま(4,291円)

その他(100円)
計 197,574円


ご寄付いただいた同額を、私がマッチングして寄付いたします。
同会からの領収書は、受領時にご紹介いたします。

また、日本航空のご協力による同会へのマイル寄付プログラムと連動し、
12月1日から3月15日までの同キャンペーン実施期間中は、
皆様からご寄付いただいた同額相当のマイルも私が寄付し、
同社からのマッチングをいただくことといたします。
(12月1日から19日までにお預かりしたご寄付は47,601円です)

14年3月19日に、同会の理事会開催時に、同日までにお預かりしていた
8,435円に、同額を私からマッチングした、計16,870円を、
同会代表理事の今井悠介さんにお渡ししました。
140419_chance_for_children_donation.jpg

140319_cfc_donation.jpg
(上記16,870円のうち3,000円分は、ご寄付くださったご本人宛に、別途
 領収書を発行していただいたため、その残額分のみ領収書を受け取りました。)

また、6月29日に開催された理事会の際に、同日までにお預かりしていた
24,526円を、代表理事の今井さんにお渡ししました。
140629_cfc.JPG

1406_receipt.jpg

1406_receipt3.jpg

さらに、9月14日には同じく共同代表理事の奥野慧さんに、
同月22日に今井さんに、その時点までにお預かりしていたご寄付と、
私からのマッチング分を合わせて、お渡しいたしました。
(金額が微妙に合わないのですが、計算ミスなどがあり、申し訳ありません。。。
 年末までに、きちんと合わせます!)

さらにさらに、11月4日には、同会理事会の終了後に、
それ時点までにお預かりしていたご寄付と、
私からのマッチング分を合わせて、お渡しいたしました。
(その時点では合っていたはずです。。。)
141104_cfc.jpg

今後も、引き続きよろしくお願いいたします!
内閣府で「地域における女性活躍推進に関する調査研究検討会」でした! [2014年12月15日(Mon)]
委員&事務局のみなさま、途中で抜けてしまって、誠に申し訳ありません。。。
取り急ぎ、お示しした資料を下記に添付しますね。
1412_cao_josei_katsuyaku_in_communities.pptx

また、言及した秋田県とウォルマートの事例は、下記のリンク先をご参照ください。
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1151914357853/index.html
http://blog.walmart.com/help-women-owned-businesses-make-their-mark
http://www.reuters.com/article/2013/03/07/us-walmart-women-idUSBRE9260JG20130307
エコプロダクツ2014 記念シンポジウムでした! [2014年12月11日(Thu)]
今日午後は東京ビッグサイトで開幕した
エコプロダクツ2014の記念シンポジウム
「無限から有限へ エコの力で挑む地域再生
地域資源を生かした新たなエコビジネス/ライフスタイルの創造」

進行役。
お忙しい中、ご登壇くださった下川町の安斎町長、
北九州市の松岡局長、東北芸工大の三浦先生、
京都地域創造基金の深尾くん、熊本のすばらしい田んぼで
米づくりを続けていらっしゃるERIさん、そして、
来場者のみなさま、本当にありがとうございました!

会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1412_ecopro_main_symposium.pptx

基調講演してくださった経産省の井上さん、環境省の中井さんも
含めて、7人の登壇者の方々のお話から、「地域を元気にする
エコアクションのアイディアを100件集めよう!」という
ねらいでしたが、僕がメモできたのは60件まで。。。

ただ、会場でも申し上げたとおり、展示会場にはたくさんの
企業や団体・自治体などが、数々の提案や紹介をしてくださっています。
そこで見つけてくださったものを加えて、100件にするとともに、
ぜひ、みなさんのくらしを、ご自身の手で変えて、より良い未来、
持続可能な社会づくりへの動きをつくり出していきましょう!
富山で「公害資料館連携フォーラム」でした! [2014年12月07日(Sun)]
今日は公害資料館ネットワークの主催による
第2回 公害資料館連携フォーラム in 富山にお招きいただき、
「よりよい人材づくり・組織づくりへ」というテーマで
お話しさせていただきました。

お忙しい中、また、すごい雪!の中、熱心にご参加くださった
みなさま、本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1412_resource_raising_kogai_shiryokan_toyama.pptx

会場で最後に確認させていただいたように、
(1)名刺に団体の目的と主な事業
  (過去の実績も現行のプログラムも)を明記する。
(2)「誰に何を借りたいか」のリストをつくる。
(3)利用者のために守ってもらいたい「業務品質」上の
  水準・ポイントのリストをつくる。
(4)ボランティアさんに守ってもらいたい約束の
  リストをつくり、毎年1回は確認する。
(5)ボランティアさんに感謝する方法を工夫し、
  実践する。
の5つは、ぜひ、すぐに実行してくださいね。

今日、日本でくらす私たちの多くが、企業による生産や輸送による
環境負荷がありながらも、空気や水などの安全にリスクに直面
しなくても生活できるのは、公害の被害に遭われた方々の犠牲を
尊い教訓としようという取り組みが続いているからにほかなりません。

まさに公害問題は、日本の環境問題への取り組みの大きな原点の一つ。
だからこそ、個人の経験を話す・聞く、残されたものを見せる・見る
という関係ではなく、公害や環境・自然という共通の課題に
一緒に取り組む人々を増やすという観点で、今後のお取り組みが
進まれることを、引き続き強く期待します。
開催の準備にあたってくださったみなさま、ご協力くださったみなさま、
本当にありがとうございました!
大阪狭山市で「未来を見据えたまちづくり」講座でした! [2014年12月06日(Sat)]
今日午後は大阪狭山市市民活動支援センターにお招きいただき、
第10期を迎えられた同市のまちづくり大学の公開講座として、
「地域における行政と市民の協働のまちづくり」をテーマに
お話しさせていただきました。
お忙しい中ご参加くださった100名近いみなさま、
本当にありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1412_sodo_basic_osaka_sayama.pptx

終了予定時刻を過ぎても続いた質疑応答の後に、恐縮ながら
チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願い申し上げたところ、
なんと、16,260円お寄せいただきました。ありがとうございます!!
会場でお約束いたしました通り、私から現金とマイルで同額を
マッチングするとともに、マイル分については、日本航空からも
マッチングされるため、お預かりしたご寄付を4倍にして、
被災地の子供たちの放課後のために、使わせていただきます。
本当にありがとうございました!

このご厚意に少しでもお応えするため、会場でも言及しました
同市の財政の推移について、スライドを加えました(9枚め)。
ご参照いただくとおわかりの通り、05年から12年までの
7年間に、事業総額は1割増にかかわらず職員数は7%減と、
合わせて16%=6分の1以上の負担増だというのが、
職員さんたちの実感でしょう。
職員さんたちの給与は、全国平均に比べてまだ高いとはいえ、
しかし、この7年間で総額は6億円・約2割も減。
ところがその間に扶助費は22億円から40億円へと
18億円も、ほぼ倍増しています!
都心部のベッドタウンだからと言って、財政がずっと安定して
いるとは限りません。むしろ、加速度的に進む超高齢化に
どう備えるかが、問われています。
赤磐市で行政職員&市民団体対象の総働・小規模多機能自治研修でした! [2014年12月06日(Sat)]
昨日午後は、岡山県赤磐市主催による同市行政職員対象の「協働のまちづくり」研修、
夜は(特)赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ主催の「赤磐市市民活動応援
プロジェクト2014」で、いずれも今後の同市に求められる
協働から総働・小規模多機能自治について、お話しさせていただきました。

お忙しい中ご参加くださった同市の友實市長はじめ40名以上の職員のみなさま、
そして、寒い中お集まりくださった50名以上の市民のみなさま、
本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1412_sodo_basic_akaiwa.pptx

まだまだ若い世代の流入も続いている同市ですが、しかし、
スライド9枚めでも述べたように、介護保険制度が施行された2000年以降、
85歳以上は10年ごとに2倍→3倍→4倍と増えるのに対し、
15歳から64歳までの生産人口は9割→8割7割と減っていく、
というすごいスピードで人口構成の変化は進み続けます。
そのことを織り込んだ地域づくりを、全国より先駆けて進めることができるか。

市長が繰り返しおっしゃっていた「赤磐流の次への備え」が大切な理由は、
そこにあります。市行政の職員も、市民も、目線と力をしっかり合わせて、
進めてくださることを強く期待しています。

さて、同日もチャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願い申し上げたところ、
市行政職員研修で1,201円、市民向け研修で14,000円!、
ご協力いただきました。ありがとうございます!
会場でお約束申しあげたとおり、私から現金で同額、さらに
日本航空のチャリティ・マイル・プログラムを通じて私から同額、
同社からのマッチングを加えて、4倍にして被災地に届けます!


富山で市行政職員「講座」&市民団体研修でした! [2014年12月04日(Thu)]
昨日午後は富山市にお招きいただき、市行政職員対象の協働「講座」
(「協働推進担当職員研修」でないことから、どういう状況かわかりますね。。)、
夜はNGOダイバーシティとやま市民活動サポートセンターとやま
共催による「事業と団体を続けるための基礎を再確認しよう!」。
天候でご心配をおかけしましたが、雨は降ったものの交通に影響なく、
なによりでした。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1412_kyodo_basic_toyama.pptx

さて、今回、市民団体の方々向けの研修が開催されたことには、特別な
意味があります。IIHOEでは自治体から日中に行政職員対象の研修の
ご依頼をいただいた際には、必ず、その研修への市民団体の方々のご参加と、
同日夕方に、市民団体向けに事業や組織の運営に関する研修を併催されるよう
お願いしています。
そのねらいは、言わずもがなだと思いますが、官民が協働の必要性や
ポイントに関する理解を共有すると同時に、市民団体の事業や組織の運営力を
高めない限り、協働が適切に進まないからです。

今回も、同市にその旨提案申し上げたのですが、なんと、なんと、
両方とも「No!」、それも、秒速で!
食い下がりましたが、「結構です」みたいな。。。
まぁ、確かに、押し売りですが、しかし、そんなに嫌がられなきゃいけない
相手と、本気で協働するつもりが、担当課にあるんですかね。。。

それじゃあまりにもったいないと考え、サポートセンターさんにお声掛けし、
ダイバーシティとやまさんとの共催による自主企画として開催して
いただけた、という次第です。
宮田さん、柴垣さん、能登さん、吉川さん、星井さん、寺井さん、
本当にありがとうございました!!

行政職員研修については、まぁ、ご想像の通りの反応でした。
同市における協働の必要性について、同市の人口や財政、
他自治体での事例などにもとづいてお話ししましたが、
反応が薄いというより、ない。全般的に「塩」対応。。。
まぁ、これまで必要性を感じていらっしゃらなかっただろうし、
今後も全く必要もないとお感じなのかもしれませんが、
あれだけ具体的な事実をお示ししても無反応、というのは、
「わかっててもやらない」というサインなのかもしれませんね。。

富山の市民団体の皆さん、これまでも大変だったと思いますが、
まだまだ大変だと思います。すみません、力及ばずで。。。

同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願い申し上げたところ、
市行政職員向け講座で200円、市民団体向け研修で4,350円、
合わせて4,550円ご協力いただきました。ありがとうございました!
同日、会場でもお約束いたしました通り、私が現金で同額をマッチングする
と同時に、日本航空の「SKY BATON東北応援チャリティマイル」にご選定
いただいたことから、同額のマイルを同社にプレッジし、同社から同額を
さらにマッチングしていただく、つまり、1000円ご寄附いただければ、
私から現金で1000円+1000マイルをマッチングし、
日本航空からも1000マイルをマッチングと、合計4000円分の
寄付として同会に届けたいと思います。
期間は3月15日まで。どうぞよろしくお願いします!

(なお、市行政のご担当の「昼食対応」も「塩」だったことは、言わずもがなです。。)
八王子で「ボランティアと地域づくり」でした! [2014年11月23日(Sun)]
昨日午後は国際ロータリー第2750地区主催の
インターシティ・ミーティングにお招きいただき、
地域で活動される4つの団体のご発表を伺うとともに、
ホストを務めてくださった地域である八王子に焦点を当てて、
これまでとこれからがどう違うのか、それにどう備えるのか、
という点に絞ってお話をさせていただきました。

200名を超えるご来場のみなさまには、貴重な機会を与えていただき
本当にありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_sodo_basic_hachioji_rotary.pptx

地域の多様な主体の協働=総働による地域づくりの必要性は、
過疎地に限った問題ではなく、都心部を含めた、いわば
世界共通の課題。地域や社会への奉仕を目的に組織され、
集い、精力的に活動を続けてきてくださっている
ロータリアンのみなさまに、重ねて敬意を表するとともに、
人類史上、まだ誰も経験したことがない水準の多老化・超高齢化に
備えるためのお取り組みを、さらに進めていただけるよう
期待とお願いを申し上げます。
市民セクター全国会議で「進化する地域円卓会議」でした! [2014年11月23日(Sun)]
昨日午前は「市民セクター全国会議」の公募セッションとして、
社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)
主催による「進化する地域円卓会議」。

おかげさまで、関係者を含めて40名以上の方々にご参加いただく
ことができました。ありがとうございました!
お忙しい中、ご参加くださったみなさま、ご登壇くださり、
そのご経験やノウハウを惜しげもなく公開してくださり、
無茶ぶり(失礼しました。。)にもかかわらず、質疑応答の進行まで
ご担当くださった(公財)みらいファンド沖縄の小坂さん、平良さん、
雲南市の板持さん、そして、企画・準備から当日運営まで丁寧に
サポートしてくださったNNネットの幹事団体のみなさま、本当に
ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_civic_sector_national_conf_entaku.pptx

スライド3・4枚めの集落別の高齢者率×18歳未満同居世帯率は
前日に伺った新潟県妙高市のものですが、同様の状況は、日本海側や中山間地に限らず、
都心部でも着実に進んでいます。

だからこそ、多様な主体による協働(僕は「総働」と呼んでいます)、
つまり、マルチ・ステークホルダー・プロセスが不可欠。
今後、それをどのように着実に積み上げていくことができるか。
小規模多機能自治こそが、唯一で、最適な答えだと、実感しています。
妙高市で「小規模多機能自治とは」研修でした! [2014年11月23日(Sun)]
昨晩の地震について、長野県北部・新潟県西部のみなさまには、
心からお見舞い申し上げます。

お気付きの方も多いとおり、地震発生のちょうど一日前、一昨日夜の
22時過ぎには、新潟県妙高市に伺っており、長野市への移動のため、
最終電車の出発を待つ車中におりました。
ご心配くださり、メールやメッセージをお寄せくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

同日夜は、妙高市市民活動支援センター主催による
今、求められている 小規模多機能自治を学ぶ」にお招きいただき、
そのタイトル通り、同市における小規模多機能自治の必要性や
取り組みの進め方などについて、お話しさせていただきました。
平日の夜間にもかかわらず、ご参加くださった60名近くの方々、
ありがとうございました!
なんと、この開催案内をfacebookでご覧くださり、新潟県取手市から
自家用車を運転してご参加くださった方も!本当にありがとうございます!!

会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_sodo_basic_myoko.pptx

参加者アンケートを拝見したり、直接ご意見を伺ったわけではないので
まったく正確ではないのですが、私の話を聞いてくださっていた間の
反応ということで申しあげるならば、ご参加くださった方々の平均年齢は
他の地域と変わらず(むしろ、町会の会長・役員さんたちの年齢は若め?)、
事例やデータに対する反応も、他の地域と同様だったものの、
では、いざ、自分の地域でどう実践しようか、という段階への反応は、
他の地域よりも少し、鈍い、というか、重い、というか。
それだけ、すでにご苦労されていらっしゃるからだと拝察いたします。

とはいえ、何度も繰り返し申し上げた通り、行政にできることは、
ますます減っていく以上、要望し続けることより、自分たちでできる
ことを少しでも増やしながら積み重ねていく。そのために、
行事や会議など、ご自身の地域における時間の使い方を変えていく
しかない、というのが全国に共通する基本解だと信じています。

ご参加くださった方々のそれぞれの地域におけるお取り組みを、
さらに踏み込んでお手伝いできる機会があればと、願っています。

また、同日もチャンス・フォー・チルドレンへの募金をお願いしたところ
200円ご協力いただきました。ありがとうございました!
室蘭で「10年後・20年後の地域のための社会教育」講演でした! [2014年11月20日(Thu)]
今日午後は北海道の南部の一部である胆振管内の社会教育主事会の
創立50周年の記念事業として、同管内の社会教育委員連絡協議会との
共催による研修にお招きいただき、「20年後の未来社会を見据えた
地域づくりとは」というテーマでお話しさせていただきました。
お忙しい中、広大な管内市町村からお集まりくださった社会教育委員
ならびに社会教育主事のみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_sodo_in_social_education_iburi.pptx

社会教育についてきちんと教育を受けたことがないにもかかわらず、
国立社会教育実践研究センター主催の社会教育主事研修などを担当させて
いただいている私が申しあげるのははなはだ恐縮なのですが、
社会教育は、それぞのものが目的ではなく、より良い社会づくりの手段に
すぎません。では、自らの地域は、どう育つべきか。
めざす姿や戦略をしっかり心に置いて、その実現のために、さまざまな
世代が参加し、また、継続できる取り組みの機会づくりを促すとともに、
それを可能にする技能や力を育てることこそが、社会教育の主旨です。

全国の他の地域と比べると、「諦めがよすぎる」「照れが強すぎる」
北海道だからこそ、諦め悪く、カッコ悪くても、大人の真剣さを
子どもにしっかり共有するところから拡げていただけることを
心から期待しています。

今回もチャンス・フォー・チルドレンへの募金をお願い申し上げたところ、
400円ご協力いただくことができました。
ありがとうございました!
府中市で「協働の進化」と「現場のためのQリストづくり」研修でした! [2014年11月17日(Mon)]
今日は府中市(東京都)にお招きいただき「市民協働の推進に関する職員研修」と題して、
同市行政職員(主に若手)の方々を対象に、協働が求められる意義をお話しするとともに、
日常の現場で実務を進めていただく上での疑問や課題を解消していただくための
「現場で使える協働の手引き」をつくるための、疑問や課題を出していただく作業を
行っていただきました。
お忙しい中、10時から16時過ぎまでの終日の研修にご参加くださった40名弱の
みなさま、お疲れ様でした!会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_kyodo_basic_fuchu.pptx

今年、市制施行60周年を迎えられた同市は、その記念式典で「市民協働都市」宣言
されたとのこと。私が協働のお手伝いや基盤づくりをするようになって、
もう何年も経ちますが、全国に800以上ある市のうち、まだ数か所しか
そういう宣言をされたところはないのでは、と思います。
今日も研修の中で申しあげましたが、同市にとって、60周年という
大切な節目に際して、次の60年、さらにそれより先の未来を見据えて、
(行政と)市民との協働が重要である、と位置付けされた以上、
その実践をどれだけ本気で、しかも、着実に積み重ねられるかが、
未来からの期待でしょう。

このため、現状では多老化では全国平均を追いかける同市の、
60年先まで見通したうえで、すでに全国平均を数十年先駆けている
自治体において、どのような協働が進んでいるのかを、
協働2.0や3.0として、ご紹介しました。

この研修は12月19日に続きがあり、今回お出しいただいた
質問(と回答の概要)をもとに、さらに精度の高い回答を作成して
いただくことになっています。
同市の未来を見据え、それをより良いものへと導き、促せる
Q&A集ができることを、楽しみにしています!

さて、同日も会場でチャンス・フォー・チルドレンへの募金を
お願いしたのですが、残念ながら、0円でした。。。。
僕のお願いの仕方が悪かったのだと反省しています。
蛇足ですが、その「予兆」は、すでに昼休みからありました。。。
これまでにも、午前中から始まる終日の研修の際に、ご寄付を
お願いしても、まったくご協力いただけなかったことは、
正直に言うと、何度かありました。
その際に共通するのは、「昼食」。
ご用意いただけていないのはもちろん仕方ないのですが、
ご担当の方から「では、午後は○○時再開ですので、それまでに
どこかで昼食をお取りいただいて、お戻りください」
(=「どっかで勝手に食べてくれば」ってことですよね)
とおっしゃられた場合、わかりやすく言うと、ご担当の方々が
昼休みの間に、午後に向けた打ち合わせをしたいとか、
現場や上層部への働きかけ、次年度に向けた働きかけなどに
ヒントがほしいとか、とにかく、担当の方が昼食時間中も
僕から何か引き出そうとしてくださっているか、いないかで言うと、
今回は、いない。
引き出そうとしてくださるところは、寄付もたくさんご協力
いただけるのですが、そうでないところは、そうでないです。。。

とはいえ、そういうジンクスも破っていかないと。
次回も、がんばります。
CANPAN&IIHOE主催「助成機関と情報開示」&「NPO支援『も』地域支援『も』」でした! [2014年11月16日(Sun)]
もう何人もの方がfacebookなどで感想を述べてくださっていますが、
昨日と今日は、CANPANとIIHOEの共催による
「助成機関と情報開示」&「NPO支援から地域支援へ」
改め「NPO支援『も』地域支援『も』」
と題した
2日連続のCANPAN会議2014でした。

秋の貴重な週末に2日間も続けてご出席くださった40名以上の
みなさま、本当にありがとうございました!
(私がお話しした際の資料については、IIHOE主催の
「支援力&協働力パワーアップ研修」にご参加くださった方にだけ、
共有させていただきます。どうかご容赦ください。)

助成機関にとって、資金の提供は目的ではなく手段であり、
その目的は、より良い社会づくり、または、その基盤づくりのはず。
ならば、資金を提供するだけでなく、人材や組織の育成を
きちんと視野とプログラムの中に位置付けるとともに、
単に申請者から受け取った申請内容を受動的に合否判断するのではなく、
申請者とともにより良い社会づくりやその基盤づくりを進めるために、
申請内容に修正や条件を加えることも、あるべきだと考えます。

先輩方の中には「申請者性善説」とも言うべき、申請内容には一切、
口出しすべきではない、というお考えの方もいらっしゃいますが、
それでは、援助はできても、協働はできません。

「中間支援」や「支援者」を標榜する団体や人材にとっても、
事業や団体の支援は目的ではなく手段であり、
その目的は、より良い地域・社会づくりと、その基盤の拡充に
他ならないはず。
ならば、支援対象のウォンツを受動的に待ち受ける、あるいは
迎合するのではなく、支援対象の、その支援・活動対象の2歩先の
状況を見通して、対処療法ではなく、予防まで視野に入れた活動を
促すのが、支援者の基本的な役割です。

だからこそ、私たち支援者は、支援対象と、その支援・活動対象を、
時には支援対象の団体の人々よりも、深く、広く知った上で、
支援対象の病を治すために、手術したり、投薬したり、
食事や生活の習慣を改善を促したり、といった支援を行うのです。

日本でも、プロフェッショナルな支援者が増えてくれることを、
心から願い続けています。

なお、両日もチャンス・フォー・チルドレンへの募金をお願い
したところ、合わせて700円ご協力いただきました。
ありがとうございました!
愛媛県社会福祉協議会のボランティア・市民活動センター運営委員会でした! [2014年11月12日(Wed)]
今日午後は、愛媛県社会福祉協議会の
ボランティア・市民活動センターの運営委員会。
今年度から、同委員会のアドバイザーを拝命しています。
お忙しい中、文字通り、県内各地からお集まりの委員のみなさま、
お疲れ様でした!

本日の議論は、今年度のここまでの進捗確認と、
来年度の基本的な方向性についての協議。
その締めくくりの部分で、「この積み重ねは、
愛媛の未来に間に合うのか?」とおたずねしました。
その際に使用した資料を、下記に添付しますね。
1411_forecast_ehime.pptx

5枚めのスライドでおわかりのとおり、介護保険制度が始まった
2000年からのトレンドで見ても、「若いもん」=生産年齢人口は、
ざっくり申し上げれば、10年ごとに1割(以上)ずつ減っていき、
逆に、85歳以上(の4人に1人が要介護3以上)は、同じ期間に
7割前後増え続ける、ということがわかっている以上、その変化に
どう備えるかが、市民団体や行政など公的機関(もちろん、NPOも
「公益」を目的とする担い手ですから!)の仕事。

その変化に備えるために、すでに動き出しているところは、いくつもあります。
その最先端の現場こそ、総働で小規模多機能自治を進めているみなさま。
そんな先輩方の真摯で謙虚なお取り組みについて、ぜひ、愛媛県内でも
共有を進めましょう!
湯沢で自慢大会&横手で共助組織報告会でした! [2014年11月10日(Mon)]
昨日は(特)まちおこし結っこにお招きいただき、秋田県湯沢市で
開催された「第3回 元気の出るまちづくりフォーラム
地域自慢っこ交流会」
で、8つの地域・学校・団体の
お取り組みのご発表を伺うとともに、簡単なコメントと、
今後、お取り組みを進めていただくうえで大切にしていただきたい
ポイントなどをお話しさせていただきました。

また、今日は(特)秋田県南NPOセンターが開催された、
新しい地域コミュニティ創造セミナー2014」と
「市議会議員と共助組織代表者との意見交換会」にお招きいただき、
小規模多機能自治を進めていただく上で大切にしていただきたい
ポイントなどをお話しさせていただきました。

お忙しい中、熱心にご参加くださった、計300名近いみなさま、
本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1411_sodo_basic_yuzawa.pptx

1411_sodo_basic_yokote.pptx

ここ3年ほどの間に秋田県の南部に数回続けて伺って感じるのは、
小規模多機能自治や総働の必要性は、もちろん、全国的に見ても
最高水準に高く、すでにそれに類するお取り組みを始めて
いらっしゃる地域もあるようなのですが、謙虚で奥ゆかしい県民性
ゆえか、なかなか地域内はもとより、地域外への共有や発信が
ほとんど進められていないということ。
そして、勉強熱心な方々が多い半面、それを「試してみよう」
「とにかくやってみよう」と行動や試行に落とし込まれる方の
比率が、どうも低いような気もします。。。

しかし先述のとおり、必要性は全国的に見て、言い換えれば、
世界的に見ても、最高水準にある以上、行事&組織&会議の棚卸しを
徹底して行い、人口が減り、後期高齢者の比率が高まっても、
時間の使い方の効率を高めることで、需要に応えることが大切で
あることは自明。
だからこそ、「わかった」を「やる」「できる」へと進化された、
という意味で、横手市内で発足された4つの共助組織のみなさまには、
深く敬意を表します。

10日18時から20時までの予定で開催された、横手市議さん
(全26名中、20名以上がご参加くださいました!!)と
共助組織の方々との意見交換会では、語り口は静かながら、
予定の時間を超えて、熱いやりとりが続きました。
遅くまで熱心にご参加いただいたこと、踏み込んだ意見交換を
していただけたことに、重ねて深くお礼申し上げます。
(今年はまだですが、かつて何度か、ふるさと納税者なので。。。)

今後とも、ますますのご活躍を期待してお祈りします!
鶴岡で「生活困窮者支援のあり方」「小規模多機能自治」「総働」そして「被災者支援拠点」研修でした! [2014年11月09日(Sun)]
去る6日は、まず鶴岡市社会福祉協議会にお招きいただき
来春施行予定の「生活困窮者支援制度」のあるべき姿について、
続いて、同市藤島地区町内会長連絡協議会にお招きいただき
「小規模多機能自治を知ろう」と題された研修会で、
また夜には、同県庄内総合支庁などの主催による
「総働in庄内」と題されたセミナーで、
さらに翌7日には鶴岡災害ボランティアネットワーク主催の
「次の災害に備える」と題された研修会で「被災者支援拠点」
訓練の大切さについて、それぞれお話しさせていただきました。

お忙しい中ご参加くださった合計300名近いみなさま方、
本当にありがとうございました!
鶴岡市社協でお話しさせていただいた資料は下記に添付しますね。
1411_government_private_collaboration_in_welfare_tsuruoka.pptx
その際に引用した厚労省の資料のリンク先はこちらでご確認ください。

また、藤島と「総働in庄内」でお話しさせていただいた資料も、
下記に添付しますね。
1411_sodo_basic_tsuruoka_fujishima.pptx

これまで地域づくりが、他地域との比較として「うまくいっていた」
山形県内の各地域にとって、数年後に待ち構えている状況は、
異次元と言わざるを得ないのが正直なところです。
そこで必要なのは、ただ続けるのではなく、変化に備える進化。
どのような変化が起きるのか、そのためにどんな進化が求められるかを
怖がらずに正確に見通し、しっかり積み上げて準備を進める力が、
山形には、庄内には、鶴岡には、必ずあります。
それを信じて、しっかり進み続けていただきたいと願っています。

両日も、チャンス・フォー・チルドレンへの募金へのご協力をお願い
したところ、合わせて1,702円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
雲南ゼミ&地域自主組織の「自慢大会」でした! [2014年11月02日(Sun)]
10月29日(水)から本日まで、5日続けて、雲南市に伺っています。
今回の雲南ゼミも、東京、石川、愛知、岐阜、三重、岡山、鳥取と
島根県内から20名のみなさまにご参加いただき、2班に分かれて
2日間で12の地域自主組織で現地取材させていただくとともに、
笑んがわ市にもお邪魔しました。
お忙しい中、地域でのお取り組みについて、詳しくお教えくださった
中野、飯石、三刀屋、一宮、西日登、温泉、日登、斐伊、八日市、
三新塔、下熊谷、新市のみなさま、本当にありがとうございました!

そして31日(金)は、18地域のお取り組みをご紹介いただく
地域自主組織取組報告会」、通称:自慢大会でした。
13時のスタート時点で、すでに200席が埋まり、途中からご参加くださった
方を含めると、来場者は250名ほどに!
うち、50名ほどは、県内外の他市町村から、「噂の『自慢大会』を
見に行こう!」と駆けつけてくださった方々でした。

そのご発表に対するコメントと、簡単な補足として私がお話しさせて
いただいた内容、さらに、昨日、加茂地区でお話しさせていただいた
内容を合わせた資料を、下記に添付しますね。
1410_jishusoshiki_unnan_wk.pptx

はなはだ僭越ながら、今回、各地域のご発表を伺っていて、
我がことのようにうれしく、涙が出そうな気持ちになったのは、
7年前に初めて伺った際に、僕が教えていただいた
「行事」(イベント)から「事業」(サービス)へという進化が
各地域でさらに広がり・深まりを増されたこと、
その事業の担い手となる若手(30から50歳代)や次世代(子ども)の
育成・巻き込み・働きかけが、着実に進んでいらっしゃること、
そして、この自慢大会などを機に、自主組織同士が学び合いを
進めていらっしゃること。
ひとつひとつは小さな進化かもしれませんが、全体を見ると、
とても大きな歩みを進めていらっしゃることに、心の底から
敬意を表します。

中でも、地区振興計画づくりが約10年越しの課題だった
塩田地区で計画づくりが進んでいらっしゃることや、
吉田地区で独自に「円卓会議」が始まったことは、
こういう仕事をしてきてよかった、と冥利に尽きる思いです。

しかし、人口(特に生産年齢)の減少や高齢者(特に85歳以上)の
増加は、止まりそうにありません。
だからこそ、人を増やす・雇用を引っ張ってくるのではなく、
まず、時間の使い方を変える(会議より現場!)とともに、
雇用を求める若者ではなく、仕事をつくってくれる若者を、
引っ張ってこられることを、引き続き、強くおススメします。

全国の他の地域のみなさま、まだまだ伸び盛りの雲南。
どうぞお見逃しなく。
来年の雲南ゼミは、
6月4日(木)から6日(土)に春の陣、
11月5日(木)から7日(土)に秋の陣を、
それぞれ開催します。今すぐ、予定表に書き込んでください。
松江で協働・総働研修三昧(??)でした [2014年10月25日(Sat)]
22日から24日までの3日間、島根県、ふるさと島根定住財団、
そして松江市にお招きいただき、
島根県の「協働実践事業」に採択された3つの協働事業の中間報告会、
特定非営利活動法人の理事と理事会を生かすポイントを学ぶ研修、
協働環境調査の報告会と、協働のしくみづくりを学ぶ研修、
さらに、島根県による各種協働関連事業の在り方を検証する会議、
そして、松江市の管理職と市内の主なNPOとの合同研修という
他県では望めないほど充実したプログラム満載の3日間でした。

お忙しい中ご参加くださった、計200名以上のみなさま、お疲れ様でした!
松江市での研修の際にお示しした資料を、下記に添付しますね。
1410_sodo_basic_matsue.pptx

この3日間の意義やポイントは、本当にたくさんありますが、
敢えて絞って申し上げるなら、
(1)協働事業の中間報告会で、ブラッシュアップを求めていること
(2)理事会と理事を生かすための研修を、開いてくださったこと
(3)県内の多様なNPOによるネットワークが、協働を検証する
   機会を設けられたこと
(4)苦節十数年を経て、ようやく、ようやく、松江市でも協働の
   基礎について、管理職(+一部の市議)対象の研修が開催
   されたこと
の4点。
中でも、(3)の県内の多様なNPOのネットワークによる、協働の
検証の機会は、ぜひ、他県でも実施していただきたいです。
このような機会や働きかけが継続的に設けられれば、協働、とりわけ
その進め方について、PDCAのサイクルが効きはじめます。
そうすることで、官側の部門ごとの解釈・運営の違いなどを是正し、
人事異動などによる劣化を防ぐことにもつながります。

本当に貴重な機会を設けてくださった、島根県NPO連絡協議会と
松江NPOネットワークのみなさまに、心から敬意を表します。
また、その貴重な機会にお招きいただきましたことにも、
お礼申し上げます。本当にありがとうございました。

また、会場で(公社)チャンス・フォー・チルドレンへの募金
お願いしたところ、22日・23日で2,296円、
24日には150円、それぞれご協力いただきました。
ありがとうございました!!
士別市で「道北ブロック 町内会活動研究大会」でした! [2014年10月16日(Thu)]
先週末の三連休初日に新潟県阿賀町に伺ったのち、シティマラソン当日(!)に
まさにそのコース沿いのまちで勉強会の後、祝日の月曜は、長野県下諏訪町で、
同町含む6市町村で構成される諏訪広域連合にお招きいただき、
次の災害に備える企画実行委員会」の代表委員として、次の災害への備えの
在り方・進め方について、同じく同委員会委員の村野淳子さんとご一緒に
お話しさせていただき、そのまま、台風を迎え撃つかのように別府へ移動。
同市では、同市議会の全員協議会にお招きいただくとともに、
8月に実施した管理職研修に続いて一般職の方々を対象とした研修を
担当させていただきました。
さらに岡山に移動して、昨日は(特)岡山NPOセンターさんのご尽力により
「第5回 協働環境調査」の初の報告会!

そして今日は、北海道士別市にお邪魔して、道内の町内会・自治会の方々が
4ブロックに分かれて年1回開催していらっしゃる「活動研究大会」に
お招きいただき、総働や小規模多機能自治についてお話しさせていただきました。
お忙しい中、お集まりくださった150名近くのみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1410_sodo_basic_hokkaido_dohoku.pptx

この講演、主催者である道町内会連合会とその事務局である道社協さんからは、
もう、準備段階で何度も「なんだそれ!?」な目に遭わされましたが、
しかし、ご紹介くださった士別市の方々のご期待に、どうにかお応えしたいと思い、
なんとか今日を迎えました。。。(本当に、道庁や道社協って、天動説ですよね。)

でも、道内にお住いのみなさまにとって、そんな天動説な人たちに文句言う暇が
あったら、少しでも身体と心と頭を動かして、より良い地域づくりを進めるしか
他にありません。
今日はそのための切り口や事例を、いつもより短い時間なのに、いつもより多めに
お話ししてしまいました。。。

士別では、間違いなく、地域づくりはこれからも進化されることと確信しています。
近隣のみなさまも、ぜひ、その姿勢やポイントを、この機会に学んでいただけたら、
と願っています。
新潟県阿賀町社会福祉協議会の10周年記念講演でした! [2014年10月16日(Thu)]
しばらくブログの更新も、facebookの投稿も、ほとんどできない毎日を
過ごしており、各地に伺わせていただいた際のお礼も報告もできておらず、
心苦しい限りです。

先週・10月6日はNTT DoCoMoの代表取締役をはじめとする
役員や幹部管理職の方々(150名以上!)を対象とするCSRに関する研修、
7日は、CSRレポートへの第三者意見を担当させていただいている横浜ゴムで、
他社のCSRレポートとのベンチマーキング研修、
翌8日から3日間は山形県職員育成センターにお招きいただき、
「官民共同ワークショップ」と「地域との連携・協働研修」、
そして11日(土)に、新潟県阿賀町社会福祉協議会の10周年記念大会に
お招きいただき、総働や小規模多機能自治の意義や進め方について
お話しさせていただきました。

秋の三連休の初日にお集まりくださったみなさま、ありがとうございました。
また、同日、表彰を受けられた福祉功労者のみなさま、おめでとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1410_sodo_basic_aga.pptx

福祉が、ごく少数の人のマイナスをゼロに近づけるために求められていた時代から、
一人でも多くの人が、より良い状況へと進むために求められるようになっている時代へと
進化している今、高齢者、特に75歳以上や85歳以上の方々が増えていくことは、
「与える福祉」から「支える福祉」、そして「地域でともにつくる福祉」へと
進化が求められますよね。
高齢化の進展が全国的にも最高水準にある地域だからこそ、その進化を、他の地域より
早く始め、進めていただけることを願っています。
| 次へ