CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
▼研修・個別支援のお問い合わせは、こちらから! 
【講師派遣へのご質問にお答えします】 
▼「NPOマネジメント」など、IIHOE発行書籍は、こちら!
【IIHOEの書籍紹介ブログ】 【ご注文フォーム】
▼川北のスケジュールの空き状況がわかります。。。
【川北の予定概要】
チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願いします! [2020年07月15日(Wed)]
【お詫びとおことわり】この記事は当初、2014年1月に作成し、同年中に
更新を続けたものですが、2015年7月に、原因不明ながら、なぜか他の記事と
差し替わってしまいました。。(残念!!)
このため、可能な限り再現しますが、当初と同じ内容ではありません。
どうかご容赦ください。

残念なことながら、ようやく認識が進みつつある「子どもの貧困」。
「相対的に貧困」(各国の全世帯所得中央値(※日本では約480万円)の半分以下)な
家庭に育つ子どもは、全体の6分の1にも及びます。
この問題は、決して新しいものではなく、深刻化しただけ。特に、08年のリーマン・
ショック以降、急速に状況が悪化しています。

1994年に塾や家庭教師を行う団体として設立され、翌95年の阪神・淡路大震災
の直後から、その生徒さんたちを支援するためにキャンプなどの活動を積極的に行った
ことを契機として、学習支援だけでなく多様な体験の機会づくりを、数百人に及ぶ学生
ボランティアが担っているブレーンヒューマニティー
同会の多種多様なプログラムに参加する子どもたちも、リーマン・ショック直後から
減り始めました。その動向をとらえて、「放課後の格差」の是正に挑む取り組みとして、
教材を含め月額2万円で通塾できるよう、地域の大手の塾などの協力を取り付けたうえで、
街頭募金によりその資金を調達して、生活困窮世帯の子どもたちが、経済的な理由で
進学をあきらめたりせずにすむよう、支援を続けてきました。

その活動が独立して発足したのが、(公社)チャンス・フォー・チルドレン
放課後教育バウチャー(クーポン)による「放課後の格差」是正に挑む、もちろん日本初、
世界にもとても珍しい団体です。
その設立からわずか数か月のうちに、東日本大震災で被災された子どもたちやご家庭にも、
支援を届け続けています。
月額2万円、年額25万円のクーポンを、毎年数百人にお届けするためには、1億円規模の
資金を必要とします。同会はそれを、みなさまからのご寄付で、まかなっています。
僕も2014年から同会の理事に加えていただいたことから、各地にお招きいただいた際、
募金へのご協力をお願いするとともに、同額をマッチングして同会にお渡ししています。

14年は合計426,748円、お渡ししました。
みなさまからお預かりしたご寄付は、以下の通りです。
1/25 廿日市主催研修にご参加のみなさま 800円
1/28 長崎県主催研修にご参加のみなさま 100円
2/2 久慈市主催研修にご参加のみなさま 200円
2/5 庄原市主催研修にご参加のみなさま 1,100円
場所不明 100円
2/16 みはし地域まちづくりネットワーク主催研修に
 ご参加のみなさま 450円
2/17 とっとり県民活動活性化センター主催研修に
 ご参加のみなさま 110円
2/23 紀北町社会福祉協議会 災害ボランティア・
 コーディネーター研修にご参加のみなさま 450円
2/25 鹿児島県主催 共生・協働推進かごしま自治体
 ネットワーク会議主催研修にご参加のみなさま 20円
2/26 アスト・マインドラボご参加のみなさま 850円
3/1 CANPAN 2days主催研修にご参加のみなさま 320円
3/6 プレーパークせたがやの会員の方 3,000円
3/8 大分県社会福祉協議会主催「行政との協働、
 企業・団体のCSRセミナー」ご参加のみなさま 735円
3/10 大分県社会福祉協議会主催「災害ボランティアセンター
 運営リーダー育成研修」ご参加のみなさま 200円
3/25 島根県主催「認定NPO法人等研修会」ご参加の
 みなさま 1,560円
3/30 どんぐりネットワーク 組織基盤強化のための理事研修
 ご参加のみなさま 2,800円
4/12(特)まちねっと大口 設立記念講演会ご参加のみなさま
 12,338円!!
4/13(特)環境市民 組織基盤強化のための理事タスクフォース
 研修ご参加のみなさま 1,100円
4/26 中国5県中間支援組織協議会主催「支援力パワーアップ研修」
 ご参加のみなさま 500円
4/27 たかしま市民協働交流センター主催「たかしま・未来・円卓
 会議」キックオフ・ミーティングご参加のみなさま 650円
4/30(特)えひめリソースセンター主催「知っていますか? 理事の
 役割・理事会の機能」ご参加のみなさま 1,000円
5/12 政令市議会政策研究会主催研修にご参加のみなさま 40円
5/15 平戸市 協働のまちづくり職員研修ご参加のみなさま 903円
5/22 佐賀市市民活動プラザ 移転記念セミナーご参加のみなさま
 1,800円
5/26 地球温暖化防止全国ネット主催「地域センター従事者研修
 管理・運営研修」ご参加のみなさま 785円
5/27 岡山NPOセンター主催「ちゃんと学ぶ理事の基本講座」
 ご参加のみなさま 1,050円
7/3 長崎市主催 協働推進研修+市民団体向け研修+市職員等有志研修
 ご参加のみなさま 20,000円!!
7/5 (公財)あいちコミュニティ財団主催「あいちの課題深掘り
 ファンド」採択者向け勉強会ご参加のみなさま 550円
7/9 松阪市民活動センター主催「地域力アップ講座」ご参加の
 みなさま 300円
7/11(公財)かめのり財団 国際交流事業助成 平成26年度交付式・
 ワークショップおよび平成25年度報告会ご参加のみなさま 9,600円!
7/13 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修ご参加のみなさま 100円
7/17(特)石巻復興支援ネットワーク主催「協働の基盤づくり研修」
 ご参加のみなさま 1,250円
7/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 800円
7/23 宇部市主催「職員研修会」ご参加のみなさま 1,341円
7/23 宇部市雇用創造協議会主催「市民・企業・行政の協働・総働で
 地域を守り抜く」ご参加のみなさま 2,680円
7/25 第12回海ごみサミット2014 山形・庄内会議ご参加の
 みなさま 773円
7/27(般社)J−CAPTA 総会関連プログラムご参加のみなさま
 3,000円
7/30 尾道市主催 協働のまちづくり講座ご参加のみなさま 3,520円
7/31 岩手県立大学主催 社会福祉法人役員 全体研修ご参加のみなさま
 723円
8/2 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 200円
8/3 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修ご参加のみなさま 100円
8/12 別府市主催 管理職対象協働研修ご参加のみなさま 1,402円
8/20 山形県職員育成センター主催「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 861円
8/23(般社)多摩循環型エネルギー協会主催「次世代リーダー
 育成プログラム」ご参加のみなさま 1,003円
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま 500円
9/8 同フォーラムご参加の個人の方 1,000円
9/8 大分県ボランティア連絡協議会 県南ブロック研修ご参加の
 みなさま 15,610円!!
9/9 中津市社会福祉協議会主催 生活困窮者自立支援制度研修
 ご参加のみなさま 7,200円
9/12 島根県市町村総合事務組合主催「定住促進研修」
 ご参加のみなさま 4,660円
9/13 江津市主催「元気な地域づくり発表会」ご参加の
 みなさま 8,888円
9/20 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
  社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 600円
9/22(公財)北海道地域活動振興協会主催「協働基礎講座 協働を
 進めるしくみづくり」ご参加のみなさま 700円
9/24 八王子市市民活動支援センター主催「八王子NPOパワー
 アップ講座」ご参加のみなさま 200円
9/30 環境中間支援会議・北海道主催 勉強会ご参加のみなさま 340円
10/1(公財)北海道地域活動振興協会主催 市民活動中間支援センター
 研修会ご参加のみなさま 1,750円
10/2(公財)北海道地域活動振興協会主催 協働促進講座ご参加の
 みなさま 500円
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま(追加分)11,000円!
10/14 別府市主催 一般職員対象協働研修ご参加のみなさま 5,528円
10/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 205円
10/23 ふるさと島根定住財団主催 協働環境醸成研修ご参加のみなさま
 2,296円
10/24 松江市主催 共創・協働研修ご参加のみなさま 150円
10/25 うけいれ全国主催 マネジメント研修ご参加のみなさま 1,000円
10/27 新潟NPO協会主催 第5回協働環境調査 報告会ご参加のみなさま
 100円
10/28 個人の方 1,000円
10/28 市民セクターよこはま主催「プロのNPOをつくる7の講義」
 ご参加のみなさま 615円
11/6 鶴岡市社会福祉協議会主催「具体的かつ効果的なチーム
 アプローチを探る」研修ご参加のみなさま 1,292円
11/7 鶴岡災害ボランティアネットワーク主催「次の災害に備える」研修
 ご参加のみなさま 410円
11/9 まちおこし結っこ主催「地域自慢っこ交流会」ご参加のみなさま
 500円
11/10(特)秋田県南NPOセンター主催「市議会議員と共助組織
 代表者との意見交換会」ご参加のみなさま 145円
11/11 山形の公益活動を応援する会・アミル主催「協働力パワー
 アップセミナー」ご参加のみなさま 800円
11/16 CANPAN&IIHOE主催「助成機関と情報開示」&
 「NPO支援から地域支援へ」ご参加のみなさま 700円
11/20 胆振管内社会教育委員連絡協議会研修会および同管内社会教育
 主事会創立50周年記念事業ご参加のみなさま 400円
11/21 妙高市市民活動支援センター主催「今、求められている
 小規模多機能自治を学ぶ」 200円
11/27 山形県置賜総合支庁主催「6次化推進ワークショップin
 Okitama」ご参加のみなさま 20円
11/29 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 500円
12/3 富山市役所 協働推進講座ご参加のみなさま 200円
12/3 NGOダイバーシティとやま&(特)市民活動サポートセンター
 とやま主催「事業と団体を続けるための基礎を再確認しよう!」
 ご参加のみなさま 4,350円
12/5 赤磐市主催「協働のまちづくり職員研修」ご参加のみなさま
 1,210円
12/5 赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ主催「赤磐市市民活動
 応援プロジェクト2014」ご参加のみなさま 14,000円
12/6 大阪狭山市市民活動支援センター主催「地域における行政と
 市民の協働のまちづくり」ご参加のみなさま 16,260円!!
12/7 公害資料館ネットワーク主催 公害資料館連携フォーラムin富山
 ご参加のみなさま 340円
12/15 町田市主催「協働による地域社会づくり」協働力・地域力
 アップ講演会ご参加のみなさま 150円
12/19 府中市主催「市民協働の推進に関する職員研修Part2」
 ご参加のみなさま 1,200円
12/19 東京工業大学大学院ノンプロフィットマネジメントコース
 公開講座2014 ご参加のみなさま 600円
12/19 同日ご参加の個人の方 5,000円
12/21(特)くらしコンシェルジュ のみなさま 4,291円
12/22(特)くらしコンシェルジュ主催「支援力・地域力パワー
 アップ研修」ご参加のみなさま 15,800円!

上記に対する川北からのマッチング 213,374円
2017年もチャンス・フォー・チルドレンへのご寄付よろしくお願いします! [2017年12月31日(Sun)]
2014年以来、(公社)チャンス・フォー・チルドレンの理事に就任し、
各地にうかがう際に、ご寄付をお願いしています。
同会の年次報告書は、こちらをご参照ください。】

今年も年明け早々から、各地でお願い申し上げておりますところ、
1月11日までに56,336円お預かりいたしました。
本当にありがとうございます!

お預かりしたご寄付の一覧
1/11 周南市主催「新春管理職セミナー
ご参加のみなさま 3,360円飛行機
1/12 津山市主催「共創・協働のまちづくり研修」
 ご参加のみなさま 6,000円飛行機
1/13 大口町(愛知県)主催 第2回職員協働研修会
 ご参加のみなさま 8,600円飛行機
1/14 TUMKOの会主催「新しい桃花台の
 まちづくり講演会」ご参加のみなさま 38,376円!!飛行機

また、15年12月5日から、日本航空の「SKY BATON東北応援チャリティ・マイル」に
3年続けて選んでいただいたことから、同日以降にいただいたご寄付には、
従来通りの私からの現金での同額マッチングに加えて、
私から同額をマイルでもマッチングし、これに同社にマッチングしていただく
ことで、ご寄付を4倍にしてお届けいたします。
その対象になるご寄付には、金額の末尾に「飛行機」マークを付けました。
小牧市で自慢大会&「新しい桃花台のまちづくり講演会」でした! [2017年01月15日(Sun)]
昨日午後は、小牧市の行政主催による
こまき地域づくりフォーラム おらが取り組み自慢大会」、
夜には同市内の桃花台地域にお住まいの方が結成された
TUMKOの会による「新しい桃花台のまちづくり講演会」に
お招きいただきました。

断続的に雪が降り、同日夜には数センチの積雪(と路面凍結!)
したにもかかわらず、ご参加くださったそれぞれ150名ほどの
みなさま、本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1701_sodo_basic_komaki_tumko.pptx

繰り返し申し上げましたが、最近まで人口増加が続いてきた
太平洋側の都市部においては、今後、加速度的に高齢・多老化が
進みます。だからこそ、その問題に早くから直面し続けてきた
日本海側や中山間地などの地域のお取り組みから学ぶとともに、
隣接する地域内などで、ご自身たちが次になすべきことを
学び合い、磨き合う関係づくりがとても大切です。

「行事の棚卸し」と「人口構成の推移の予測」、そして
「中学生以上の全住民を対象とした調査」を、ぜひ、
次にお会いする機会までに、行っておいていただけるよう
重ねてお願いいたします。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、TUMKOの会の講演会にご参加の
みなさまから、38,376円お寄せいただきました! !
ありがとうございました!!
大口町で協働研修でした! [2017年01月13日(Fri)]
今日は愛知県大口町にお招きいただき、同町行政職員と
町議会議員のみなさまを対象に、同町における協働、
特に、今後求められる住民自治の拡充に向けた協働の
進化の意義やポイントについて。お話しさせていただきました。
お忙しい中ご参加くださった約40名のみなさま、
ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1701_kyodo_basic_oguchi.pptx

これまで企業城下町として栄えてきた同町にとっても、
町長もおっしゃられたとおり、これまでの50年間と
これからの50年間は。大きく異なります。
それがどう異なるのかについて、基礎的なデータは
既に整っているので、それをもとに、住民の方々と
一緒に考え、決め、行動する、と、すでに総合計画で
明記していらっしゃる以上、他の自治体に先駆けて
協働の基盤整備を進めてこられた同町だからこそ、
町民のみなさんを信じて、次の一歩へと進んで
いただけることを期待します。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、8,600円お寄せいただきました! !
ありがとうございました!!
津山市で行政部長級研修でした! [2017年01月13日(Fri)]
昨日は、(特)みんなの集落研究所にお招きいただき、
津山市行政の部長級職員及び市議会議員の方々を対象に
小規模多機能自治の意義や、同市における展開のポイント
などについてお話しさせていただきました。
お忙しい中、3時間の研修にご参加くださった50名の
みなさま、ありがとうございました。
(残念ながら、あまり熱心とは言えない態度で、終始
つまんなそーにしていらっしゃった方もいらっしゃいましたが。。)

会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1701_sodo_basic_tsuyama.pptx

協働のまちづくりを計画や体制整備とともに進めてこられた
同市において、今後、地域の方々によって拠点の運営などを
さらに進めていかれるに際して、最も重要なのは、
地域の方々が、地域の特性と今後の推移を理解したうえで、
必要な機能として部会を編成し、そこで人材を育成される
体制が整えられた段階で、拠点や交付金などをお渡しする、
という基本原則を守ること。

自治は、自分(たち)で決めて、自分(たち)で担うことで
ある以上、決める力や工程を大切にされることが、その後の
持続可能性の向上には不可欠です。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、6,000円お寄せいただきました! !
ありがとうございました!!
周南市で「新春管理職セミナー」でした! [2017年01月12日(Thu)]
昨日は周南市行政の管理職(課長補佐以上部長級まで)のみなさまを対象に
「新春管理職セミナー」にお招きいただき、行政の管理職層に求められる
視線や姿勢、「働き方改革」の意義や進め方についてお話しさせていただきました。
お忙しい中ご参加くださった50名ほどのみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1701_role_of_middle_managers_shunan.pptx

スライドの4枚めにまとめたように、今回は事前に「管理職層として、
『めざすべき仕事のしかた』と『現実』」をそれぞれお示しいただきました。
正直にお答えいただいたことを感謝しつつ、ですが、やはり気になるのは、
高齢・多老化がさらに進み、しかも、これまで製造業(しかも素材産業!)に
大きく依拠してきた同市の「稼ぎ方」が、2020年代から30年代にかけて
どう進化せねばならないのかについて、仮説を持ち、それを検証し、
未来の住民のくらしの基礎である「未来の稼ぎ方」を切り拓いていくのか、
という点について、踏み込み不足を感じざるを得ませんでした。

もはや行政において、管理職の仕事は、見守ること、調整することではなく、
より少ない人数で、より深刻な状況に立ち向かっていけるよう、
仕事の仕方の進化を促し続けること。
ふるさと納税者として、しっかり期待しています。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、3,360円お寄せいただきました! !
ありがとうございました!!
greatでもfirstでもなく、betterをめざして進化する社会を [2017年01月01日(Sun)]
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年も大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

個人的にも、組織としても、また、仲間とともに進めたことも、
とても充実していたにもかかわらず、国内外の、この閉塞感。
グローバリズムの綻びから、排他的な不寛容主義へ。
それも多数の選択の結果ですが、まったくワクワクしない。
より良い社会づくりをめざしているのに、またも力不足を
思い知らされた1年でした。

購買意欲の旺盛な途上国を生産の担い手とする近年の
グローバリズムは、グローバル・ブランドの経営者や株主を
豊かにしたかもしれませんが、結果として、その綻びは、
しくみやモデルとして持続可能性が低かったことを意味します。
先進国の中間層、ストレートに言えば、近年のグローバリズムで
恩恵を受けなかったどころか、むしろ、相対的には悪化し、
不安定性も高まった層が怒っているのは、賃金でも、社会保障でも
改善・停滞より、脅かされていると感じているからでしょう。

その帰結が「great」や「first」を標榜する勢力の台頭です。
組織も社会も、ダメなときは、きわめて内向き。
本来なら、社会も世界も変わり続ける中で、
進化し続けることが求められているのに、
何も失いたくない、全く変わりたくないけど、よくありたい。
努力はしないけど、プライドは高い。
そんなときに「あなたも、私たちも、悪くない。悪いのはあいつだ」
と、大きな声で唱える輩は、魅力的な存在に見えるでしょう。

さらに、兵法の古典に「ダメにするなら、与え続けよ」という
趣旨の言葉があるようですが、世界に先駆けてそれを実践し続けた
日本の地域社会に、若者を雇用する力がないのは、そのためです。

今、私たち、とりわけ、国土や人口の半数以上を占める「東京以外」に
必要なのは、未来世代からの借金を原資とする補助でも、
多様な価値や文化に対する不寛容、つまり他尊・共尊しない自尊でもなく、
変わり続ける社会や市場の中で、多様な価値や文化をも、
市場や商機として稼ぎ続ける意欲と力です。

それは、世界も同じ。
greatでもfirstでもなく、互いにbetterをめざして進化する社会を
実現するために最も重要なのは、その最前線である地域の人材育成です。

農業でも工業でもサービス業でも、事業なら、国内外の市場で
変化を商機にし、多様な人材の力が生かせる経営者を、
政治なら、変化を見通して厳しい選択肢も提案できる候補者を、
行政なら、職員数が減り続けても公共サービスの質と量が
劣化しないよう、管理も育成も経営もできる職員を、
NPOなら、小さな現場に溺れることなく、しくみという大きな現場も
つくり、まかなっていける経営者を、育てるしかありません。

しかし、最も重要なのは、ただ受動的に選択するだけの消費者ではなく、
より良い社会づくりを自ら担う市民を育てること。
どんなに企業や行政やNPOがイノベーティブであろうとしても、
市場が、購買者が、保守的であれば、社会がより良くなるはずはありません。

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を
設立目的とするIIHOEは、
1990年代には、NPOなど市民活動・市民事業の担い手に経営を、
2000年代には、企業の経営者に社会責任を、行政に協働を、
教え、促し、支え、ときにはその一員として責任を担いながら、
それなりの積み重なりと進化を実現してきました。

そして2014年に、設立20周年を迎えた時、2020年代に向けた
自らの役割を
「日本をチャレンジの森にする」
と定義しました。

そのために不可欠なのは、住民が、消費者から市民へと進化すること。
本当にありがたいことに、「地域を自ら経営する」という、
本来の自治の意義や必要性を理解し、進み始めていらっしゃる方々から、
ご依頼いただく頻度がますます高まっています。
課題最先進国だからこそ、チャレンジ最先進国に。
今年も、自らそうありたいと真摯かつ謙虚に希求する人々を支えると
ともに、そうありたいと真摯かつ謙虚に希求する人々を増やせるよう、
微力を尽くし続けます。
みなさまのご協力・お力添えを、引き続きどうぞよろしくお願いします。

2016年も、ご寄付ありがとうございました!! [2016年12月31日(Sat)]
一昨年(2014年)以来、(公社)チャンス・フォー・チルドレンの理事に就任し、
各地にうかがう際に、ご寄付をお願いしています。
2014年度の同会の年次報告書は、こちらをご参照ください。】

今年も年明け早々から、各地でお願い申し上げておりますところ、
12月27日までに860,924円お預かりいたしました。
本当にありがとうございます!
私からのマッチング(1,407,482円)を合わせると、
今年だけで2,268,406となりました。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

お預かりしたご寄付の一覧
1/6 「経済社会の構造変化を踏まえた税制の
あり方に関する論点整理」を読む ご参加の
みなさま飛行機 1,000円
1/9 八幡浜元気プロジェクト主催
「NPOの組織力向上セミナー」
ご参加のみなさま 200円飛行機
1/14「社会と未来をデザインする
 『ソシオ・マネジメント』
 社会に挑む5つの原則を読み解く」
 ご参加のみなさま 300円飛行機
1/15 宜野湾市主催「協働のまちづくりを
 進めるために」ご参加のみなさま 1,200円飛行機
1/16 南部町地域振興協議会 事例発表会
 ご参加のみなさま 5,451円飛行機
1/17 東近江市内まちづくり協議会
 交流会ご参加のみなさま 10,000円!飛行機
1/22 しずおか小規模多機能自治推進
 委員会主催「小規模多機能自治勉強会」
 ご参加のみなさま 1,771円飛行機
1/23 静岡市人材養成塾 地域デザイン
 カレッジ2015 公開講演会
 支えあう豊かな地域をめざして
 ご参加のみなさま 4,909円飛行機
1/24 関市主催 地域委員会を考える
 勉強会第5弾 地域の自慢大会
 ご参加のみなさま 24,033円!!飛行機
1/26 山形県職員育成センター主催
「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 1,612円飛行機
1/27 子どもネット八千代 主催研修
 ご参加のみなさま 2,000円飛行機
1/28 豊岡市主催「新しい地域コミュ
 ニティ職員協働研修」ご参加の
 みなさま 5,576円飛行機
1/29 栃木県主催「男女共同参画
 セミナー」ご参加のみなさま 5,705円飛行機
1/31 町田市 市民協働推進課のみなさま
 1,810円飛行機
2/2 ソシオ・マネジメント・スクール
 2016年冬季コースご参加の
 みなさま 735円飛行機
2/3 酒々井町主催「協働のまちづくり
 職員研修」ご参加のみなさま 5,000円飛行機
2/4&5 やまぐち県民活動支援センター
 主催「地域力パワーアップ研修」
 ご参加のみなさま 3,100円飛行機
2/6 庄原市主催「地域づくり実践
 研修会」ご参加のみなさま 900円飛行機
2/7 庄原市自治振興区連合会・庄原市
 主催「地域づくり実践研修会」
 ご参加のみなさま 1,100円飛行機
2/9 沼貫地区自治振興会主催
 「まちづくり講演会」ご参加の
 みなさま 2,800円飛行機
2/10 小牧市主催「協働のまちづくりを
 進めるために」ご参加のみなさま
 3,968円飛行機
2/12 七尾市・七尾市職員労働組合主催
 「自治研ワーキンググループ学習会」
 ご参加のみなさま 11,530円!飛行機
2/17 ETIC.主催「Makers University」
 ご参加のみなさま 6,210円飛行機
2/18 阿賀野市主催「職員協働研修会」
 ご参加のみなさま 3,900円飛行機
2/19 (社福)静和会 地域貢献プロジェクト
 第1回報告会ご参加のみなさま 1,785円飛行機
2/21 梁クラス主催「みんなで学ぶ小規模
 多機能自治」ご参加のみなさま 16,112円!
1月18日開催「6市合同研修」ご参加のみなさま
 1,000円飛行機
2/25&29 別府市主催「主任級以下職員対象協働研修」
 ご参加のみなさま 2,660円+7,688円飛行機
2/27 久万高原町社会福祉協議会主催
 「生き方創造塾」ご参加のみなさま 14,520円!飛行機
2/29 別府市主催「主任級以下職員対象協働研修」
 ご参加のみなさま 7,688円飛行機
3/3 須崎市主催 職員研修および住民向け勉強会
 ご参加のみなさま 4,014円飛行機
3/4 府中NPO・ボランティア活動センター主催
 「府中のまちの20年後を考える」にご参加の
 みなさま 3,120円飛行機
3/6 高倉自治協議会・たかくら村主催
 「地域づくり講演会」ご参加のみなさま 2,200円飛行機
3/11 日田市主催「新しい公共と住民自治組織勉強会」
 ご参加のみなさま 7,137円飛行機
3/12 由布市・同教委・大分県教委主催「ひとづくり・
 まちづくりフォーラム」ご参加のみなさま 16,395円!飛行機
3/14 社会事業家100人インタビューご参加のみなさま
 100円飛行機
3/18 新庄市区長連絡協議会主催研修ご参加のみなさま
 2,000円飛行機
3/19 玖珠町社会福祉協議会主催「地域力アップ講座」
 ご参加のみなさま 19,827円!
3/20 伊丹市主催「地域自治シンポジウム」ご参加の
 みなさま 6,350円
3/22 熊本市市民活動支援センターあいぽーと主催
 「地域団体×NPO連携セミナー」ご参加のみなさま 11,200円!
3/24 龍ヶ崎市主催「地域担当職員向け研修会」ご参加の
 みなさま 7,500円
3/25 浜田市主催「市民と行政の協働によるまちづくり
 ~地域と行政の役割」 ご参加のみなさま 8,300円
3/25 木田地区まちづくり推進委員会主催「ホンネで語る
 木田づくり」ご参加のみなさま 1,150円
3/26 浜田市主催「まちづくりフォーラム」ご参加の
 みなさま 205円
3/28 ソシオ・マネジメント・スクール2016年冬季
 ご参加のみなさま 700円

4/16 IIHOE アドバイザリー・ボード・メンバー
 フロンティア・サイト・ビジットご参加者 32,758円【熊本】
4/20 蒲郡青年会議所主催「総働は蒲郡になぜ、
 どのように必要か」ご参加のみなさま 431円【熊本】
4/25 岡山市 市民協働推進本部主催「本部員・協働推進員
 合同研修」ご参加のみなさま 8,740円【熊本】
4/26 筑後市主催「まちづくり講演会」ご参加のみなさま
 200円【熊本】
5/14 可児市自治連絡協議会主催「可児市自治会長研修会」
 ご参加のみなさま 7,400円【熊本】
5/15 犬山市民活動支援センターの会 15周年記念講演会
 ご参加のみなさま 29,590円!【熊本】
5/17 (特)ファミリーコミュニケーション・ラボの
 みなさま 72,048円!!【熊本】
5/18 中国5県中間支援組織連絡協議会主催「市民活動・
 地域づくり支援者 戦略共有会議」ご参加のみなさま
 1,452円【熊本】
5/20 渡辺一馬さん 199円【熊本】
5/21 西田浩子さん 10,000円【熊本】
5/25 山形県職員育成センター主催「課長級研修」
 ご参加のみなさま 3,634円
5/27 日田市自治会連合会主催「総会記念講演会」
 ご参加のみなさま 8,821円【熊本】
5/27 日田市主催「新しい公共と住民自治組織学習会」
 ご参加のみなさま 5,689円【熊本】
6/1 函館市地域交流まちづくりセンター
 46,000円!!【熊本】
6/1 函館市地域交流まちづくりセンター主催
 「函館の地域の未来を考える勉強会」ご参加の
 みなさま 1,140円【熊本】
6/2 函館市主催「市民協働研修」ご参加のみなさま
 2,200円【熊本】
6/4 雲南市主催「地域自主組織取組発表会」ご参加の
 みなさま 639円【熊本】
6/10 山形県職員育成センター主催「官民共同ワーク
 ショップ」ご参加のみなさま 1,800円【熊本】
6/13 上高自治振興区主催「高野の未来を考える」
 ご参加のみなさま 9,000円【熊本】
6/25 氷見市・速川活性化協議会主催「小規模多機能
 自治勉強会」ご参加のみなさま 5,400円【熊本】
6/29 中津川市主催「まちづくり講演会」ご参加の
 みなさま 29,001円!!【熊本】
7/4 筑後市主催「行政区長会・校区コミュニティ協議会
 合同研修会」ご参加のみなさま 600円【熊本】
ジャパン・オンパク主催「第1回全国オンパク・サミット」
ご参加のみなさま&パンフレットをご寄付くださった
全国各地のみなさま 20,083円!【熊本】
7/8 山形県職員育成センター主催「官民共同ワーク
 ショップ」ご参加のみなさま 200円【熊本】
7/9 静岡市主催「地域デザインカレッジ2016」
 ご参加のみなさま 1,478円【熊本】
7/9 静岡市主催「地域デザインカレッジ2015」
 修了生「チームバリスタ」のみなさま 5,000円【熊本】
7/13 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修
 ご参加のみなさま 1,200円【熊本】
7/15 小規模多機能自治推進ネットワーク会議
 関西ブロック会議ご参加のみなさま 300円【熊本】
7/18 社会事業家100人インタビューご参加のみなさま
 500円【熊本】
7/23 J−CAPTA主催 小規模多機能自治勉強会
 ご参加のみなさま 500円【熊本】

7/29 岩手県主催 社会福祉法人役員研修ご参加のみなさま
 1,075円
7/30 八王子市市民活動支援センター主催
 NPOパワーアップ講座 キックオフ・イベント
 ご参加のみなさま 700円
8/1 伊賀市主催「伊賀流自治 研修会」ご参加のみなさま
 100円
8/1 アスト・マインド・ラボ主催「ソシオ・マネジメント
 第3号を読む会」
ご参加のみなさま 100円
8/5 山形県職員育成センター主催「官民共同ワークショップ」
 ご参加のみなさま 1,100円
8/6 静岡市主催「地域デザインカレッジ2016」ご参加の
 みなさま 300円
8/10 宇部市主催「地域計画策定に向けた地域支援研修会」
 ご参加のみなさま 8,253円!
8/16 岡山県・津山市共催「小規模多機能自治基礎研修会」
 ご参加のみなさま 3,500円
8/18 豊岡市主催「新しい地域コミュニティ職員協働研修」
 ご参加のみなさま 3,881円
8/28 東海若手起業塾 最終選考会 交流会ご参加のみなさま
 12,645円!
8/29 安城市主催「ケンサチグランプリ」公開ワークショップ
 ご参加のみなさま 11,100円!
9/3 東近江市内まちづくり協議会交流会ご参加のみなさま
 2,100円
9/6 山形県職員育成センター主催「官民共同ワークショップ」
 ご参加のみなさま 1,600円
8/24 ソシオ・マネジメント・スクール2016年夏季ご参加
 のみなさま 600円
9/7 社会事業家100人インタビュー 500円
9/8 山形県職員育成センター主催「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 4,700円
9/9 秋田県南NPOセンター主催「新しい地域コミュニティ
 創造セミナー2016」ご参加のみなさま 2,701円
9/7 社会事業家100人インタビュー(ご登壇者からの
 指定寄付) 21,500円
9/16 京都府立大学京都政策研究センター・日本経済研究所
 主催「地域創生と住民主体のまちづくり」ご参加のみなさま
 9,000円
9/19 南砺市・同 自治振興会連合会主催「地域づくりフォーラム」
 ご参加のみなさま 4,700円
9/25 名張市主催「名張ゆめづくり協働塾」ご参加のみなさま
 3,100円
9/26-27 CANPANセンター主催「ソシオ・マネジメント」
 第3号を読む会&公益ポータルオープン会議ご参加の
 みなさま 400円
9/29-30 長崎市主催 課長・係長級 市民協働研修ご参加の
 みなさま 6,150円
10/3 気仙沼中央自治会連絡協議会 設立30周年記念講演会
ご参加のみなさま 1,300円
10/06-07 新庄最上市町村職員合同研修会ご参加のみなさま
 9,980円
10/9 静岡市主催「地域デザインカレッジ2016」ご参加の
 みなさま 650円
10/12 松江市主催「共創・協働研修」ご参加のみなさま
 8,500円
10/13 雲南カメラ部のみなさまと原田憲一さん 5,000円
10/17 名張市主催「名張ゆめづくり協働塾」ご参加の
 みなさま 6,053円
10/19 鈴鹿市主催「地域づくり研修」ご参加のみなさま
 9,200円
10/22 安城市主催「ケンサチグランプリ」公開ワーク
 ショップご参加のみなさま 700円
10/23 坂本地域まちづくり推進協議会主催「まちづくり
 講演会 小規模多機能自治のススメ」ご参加のみなさま
 2,066円
10/27 北海道立市民活動促進センター主催「市民活動
 中間支援センター研修会」ご参加のみなさま 55円
10/30 玖珠町健康福祉事業推進委員会主催
 「第20回 われら現役大会」ご参加のみなさま 6,600円
10/31 江南市主催「課長会議」ご参加のみなさま 11,732円!
11/5 小平市民活動支援センターあすぴあ主催「中期計画を立て、
 次の担い手を育てる」ご参加のみなさま 100円
11/10 (有)イーズ主催 未来共創フォーラム「企業とNGO/
 NPOはいかに共創関係を創っていけるのか」ご参加の
 みなさま 10,400円!
11/13 八戸市主催「協働のまちづくり研修会」ご参加の
 みなさま 4,000円
11/18 阪南市主催「自治基本条例推進講演 みんなで考えよう
 阪南市のまちづくり」ご参加のみなさま 5,320円
11/20 広見地区(可児市)連合自治会、広見地区社会福祉協議会、
 広見公民館主催「小規模多機能自治に関する講演会」
 ご参加のみなさま、3,000円
11/21 岡山県中小企業家同友会主催「11月例会」ご参加の
 みなさま 12,000円!
11/25 裾野市主催「市民大学教養講座」ご参加のみなさま
 16,900円!
12/1 江津市主催「コミュニティ・ビジネス実践講座」
 ご参加のみなさま 1,800円
12/2 江津市主催「地域コミュニティ協議会研修会」
 ご参加のみなさま 300円
12/3 府中NPO・ボランティア活動センター主催
 「市民協働のリーダー学習会」ご参加のみなさま
 600円
12/4 氷見市主催「小規模多機能自治勉強会」
 ご参加のみなさま 24,100円!!

12/11 そなえざぁしぞ〜か主催「しずおか福祉
 BCM第1回報告会」ご参加のみなさま 28,805円!!飛行機
12/14 静和会主催「社会福祉法人の原点と未来を
 考えるセミナー」ご参加のみなさま 17,250円!飛行機
12/15 atamista・熱海市主催「99℃ Startup
 Program for Atami 2030」ご参加のみなさま
 1,655円飛行機
12/18 長崎市主催「わがまちみらい情報交流会」&
 まちづくり活動研究所主催「小規模多機能自治勉強会」
 ご参加のみなさま 24,727円!!飛行機
12/24 府中NPO・ボランティア活動センター主催
 「市民協働のリーダー学習会」ご参加のみなさま 1,000円
12/26 おらほの自治を考える会主催「小規模多機能
 自治勉強会」ご参加のみなさま 750円

なお、4月14日から続いている熊本県内を中心とした
震災で被災されたみなさまのための支援にも、CFCが
着手していることから、同県内での活動を目的とした募金を
7月26日までお願いしたところ、合計306,003円
お寄せいただき、私からのマッチングと合わせて、
1,159,264円となりました。

また、15年11月26日から、日本航空の「SKY BATON東北応援チャリティ・マイル」に
前年度に続けて選んでいただいたことから、同日以降にいただいたご寄付には、
従来通りの私からの現金での同額マッチングに加えて、
私から同額をマイルでもマッチングし、これに同社にマッチングしていただく
ことで、ご寄付を4倍にしてお届けいたします。
その対象になるご寄付には、金額の末尾に「飛行機」マークを付けました。
3月20日までに54,000マイルをマッチングしました。
さらに、16年12月5日からも、続けて同社の同プログラムに
選んでいただいた
ことから、上記と同様に、同日以降にいただいた
ご寄付には、従来通りの私からの現金での同額マッチングに加えて、私から
同額をマイルでもマッチングし、これに同社にマッチングしていただくことで、
ご寄付を4倍にしてお届けいたします。対象となるご寄附には金額の末尾に「飛行機」マークを
付けました。

2月20日に東京で開催された理事会にて、同日までにお預かりした
106,595円に、私からの同額マッチングを合わせて
213,190円を、代表理事の今井くんにお渡ししました。
160220_cfc_donation.JPG
3月09日に東京で開催された「社会起業家特別講座」の会場にて、
同日までにお預かりした51,314円に、私からの同額マッチングを
合わせて102,628円を、
4月11日に日本航空(本社)にて、同社のチャリティマイルへのお礼を
申し上げた席上
にて、同日までにお預かりした81,164円に、
私からの同額マッチング(過去の不足分を含む)を合わせて161,328円を、
代表理事の今井くんにお渡ししました。

5月2日に、IIHOE事務所で開催された、熊本支援に関する緊急
理事会合の席上、同日までにお預かりした分に川北からのマッチングを
加えた589,387円を、
160502.jpg
6月12日には、同日開催の理事会の席上でも、同日までにお預かりした分に
川北からのマッチングを加えた381,224円を、お渡しいたしました。

また、6月12日開催のCFC理事会において、同日までのお預かり分に
川北からのマッチングを加えた381,224円を、同会に手渡しました。
160612.jpg

7月26日には、IIHOEの事務所で、同日までのお預かり分に
川北からのマッチングを加えた146,524円を、同会に手渡しました。
1607.JPG

11月1日には、同日までのお預かり分に川北のマッチング分を加えた
326,882円を、同会に手渡しました。
161101_cfc.jpg
14年1月の理事就任以来、同会に渡した寄付は、同日までに
300万円を超えました。

12月7日には、同日までのお預かり分に川北のマッチング分を加えた
157,040円を、同会に手渡しました。
161207_cfc.jpg
今年1月以降、同会にお渡しした寄附は、同日までに
200万円を超えました。重ねて深くお礼申し上げます!
都道府県別の小地域集計の統合ファイル [2016年12月31日(Sat)]
【研修時の資料をご準備くださる方へ】
お手数をおかけしております。
下記のファイルのうち、該当する自治体分をダウンロードしていただき、
(1)「○○ 総数」というシート(左から2つめ以降のタブ)は、
 A3サイズで印刷・配布してください。
(2)「00」「05」「10」の計3枚のシートのデータから、
 必要な部分を抜き出し、ポスター・プリンターなどで模造紙大に拡大し、
 会場の壁に貼り出しておいてください。
 (会場が大きい・ご参加者が多い場合には、複数個所に配置してください。)

なお、配布・掲出されるか否かについては、ご主催者のご判断に委ねますので、
最適な形で共有していただけるよう、ご検討をお願いいたします。

お手数をおかけいたしますことを、重ねてお詫び申し上げるとともに、
より精度の高い資料の準備にお力添えいただきますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

00_05_10_akita.xlsx
00_05_10_shizuoka.xlsx
00_05_10_mie.xlsx
00_05_10_shiga.xlsx
00_05_10_nagasaki.xlsx
エコプロ2016で「環境とエネルギーの未来像」セッションでした! [2016年12月09日(Fri)]
昨日はエコプロ(環境とエネルギーの未来展)にお招きいただき、
環境とエネルギーの未来像」と題して、
実行委員長を務めていらっしゃる山本良一先生のお話を受けて、
経済産業省 産業技術環境局長の末永広行さんと対談させていただきました。

お忙しい中、ビッグサイトまで足を運んでくださっただけでなく、
700以上もの出展者のブースをご覧いただく合間を縫って
このセッションにご参加くださった300名近いみなさま、
本当にありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1612_eco_pro.pptx

何年も同じお話を繰り返してしまっていますが、
企業がどんなに研究や製品・サービスの開発に力を入れても、
政府がどんなにそれを支援しても、
消費者が、目先の損得だけで決めるのではなく、
自らが持続可能な社会と未来の担い手である市民として、
意欲的・積極的にそれを使ってくださらない限り、
社会も未来もより良いものにはなりません。

高齢化と人口減少が同時に進む日本において、大切なのは、
維持するだけでも進化や拡充が求められることを忘れないこと。
しっかり前へ、より良い社会づくりのために、進み続けましょう。
氷見市で「自慢大会」&小規模多機能自治勉強会でした! [2016年12月04日(Sun)]
今日は氷見市にお招きいただき、午前は「地域自慢大会」を伺い、
午後は「小規模多機能自治勉強会」でお話しさせていただきました。
お忙しい中ご参加くださった、合わせて150名ほどのみなさま、
ありがとうございました。
会場でお示しした資料を下記に添付しますね。
1612_sodo_basic_himi.pptx

地域づくりを支えてこられた先輩方に対して、かなり失礼な
物言いをさせていただきましたが、しかし、同市でとっても
気になるのが、世界で最も高齢化が進む日本の中でも、
全国平均より30年先を行く同市において、もはや地域づくりは
ただ続けるのではなく、進化し続けることが求められていること。
だからこそ、メモも取らず腕を組み続ける、つまり、自分がその場で
ただ聞くのではなく、地元に帰ってしっかり共有するために、
持ち帰れるようにメモを取り、周囲の人と学びを深め合うことが
不可欠だと感じた次第です。

ただ役を果たすのではなく、経営者として地域づくりを担って
いらっしゃる会長をはじめとする役員さんたちが、今日だけの
ことではなく、これまでも、これからも、毎日続いたとしたら、
その姿勢の差が、地域の在り方の大きな差を生むことは、
おわかりいただけることと思います。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、24,100円お寄せいただきました! !
ありがとうございました!!
江津でコミュニティ・ビジネス実践講座&旧・桜江町内「プチ自慢大会」でした! [2016年12月03日(Sat)]
一昨(12月1)日と昨(2)日は、江津市にお招きいただき、
1日は「コミュニティ・ビジネス実践講座」、
2日は旧・桜江町内の地域コミュニティ協議会のみなさまによる
お取り組みの「プチ自慢大会」に続いて、同地区における小規模
多機能自治の必要性とポイントについてお話しさせていただきました。

お忙しい中ご参加くださった、計70名以上のみなさま、
ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1612_cb_6jika_basic_gotsu.pptx
1612_sodo_basic_gotsu_sakurae.pptx

コミュニティ・ビジネスの入門編のお話をさせていただいたのは
久しぶり(前回がいつだったか、記憶がないぐらいです。。)で、
しかも、同地は若者のチャレンジの支援にとても積極的。
なので、平日の日中にもかかわらず、ご参加くださった方々は、
男性8割以上に女性2割弱、しかも、平均年齢は70歳近く!?
ある程度想定していたとはいえ、主催者も驚かれていたほどなので、
「小商いからコミュニティ・ビジネスへ」というタイトルそのままに、
高齢化率が高い、つまり、住民の3割・4割が、年金という外貨を
稼いでくださっている地域において、その貴重な外貨を、
金融機関に預けたまま、あるいは、他地域の事業者にそのまま渡して
しまうのは、本当に、本当にもったいない!
だからこそ、農山漁村部こそ、高齢化や人口減少が進む地域こそ、
地域の持続可能性を高めるために、コミュニティ・ビジネスが
有効かつ不可欠ですよね。

また、同市では、残念ながら、昨年度までは開催されていた
(しかも今年度も予算が準備されていた。。)全市的な自慢大会が
今年度は開かれなかったため、地域組織がお互いから学び合う
機会が設けられないままで終わってしまいそうなところに、
ある事情から、急遽、当方から「いかがですか?」と働きかけ
させていただき、旧・桜江町の地域コミュニティ組織の方々に
限定した「プチ自慢大会」を開催していただくことができました。

同市のみならず、地域組織の在り方の再編を進めていらっしゃる
自治体では、「制度ができたら」「組織が設立されたら」、
「あとは、しばらくは様子を見よう」という行政職員さん、
特に、管理職層が、多すぎて困ります。。。
常々申し上げているように、組織は、手段であって目的ではなく、
より良い地域づくりを進める事業を進め、改善し、その担い手を
育て続けるためには、その現場づくりや人づくりをお互いから
学び続けていただく機会や環境を整え続けるしかありません。
その基本的な責任を、行政が果たせなくてどうする。。。
同市をはじめ、ふるさと納税させていただいている納税者=
株主として、今後も、おせっかいさせていただきたいと思います。

両日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、1日は1,800円、2日は300円
ご協力いただきました。ありがとうございました!

東松島で協働と小規模多機能自治の研修でした! [2016年11月29日(Tue)]
今日午後と夜は、宮城県、東松島市、(公財)地域創造基金さなぶり、
(特)東松島まちづくり応援団の4者共催による「協働のまちづくり
研修会」にお招きいただき、同市における小規模多機能自治の意義と
進め方のポイントなどについて、午後は行政職員を中心に、夜は
地域組織の役員さんを中心に、それぞれお話しさせていただきました。

お忙しい中、ご参加くださった計300名近いみなさま、ありがとう
ございました。会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_sodo_basic_higashimatsushima.pptx

市長・副市長やご担当の方からも繰り返しお話があったように、同市では
09年から公民館が地域自治組織による指定管理へ、また、交付金制度も
設けられ、いよいよ来年からは行政区長制度から地区自治会長制へと
移り変わる時期。
東日本震災からの復旧や復興という大変な負荷を背負っていらっしゃる
時期に、難しいのではないかというお声もあるかもしれませんが、
しかし、世界は、全国は、そして時間は、復興を待ってくれません。
だからこそ、被災地の地域組織の役員を務められるみなさまには、
将来を見通し、変化に備える組織と事業と人材の育成を、お願いしたいのです。

大きなカギとなるのは、行政の担当課。ここまで具体的にどのような備えを
すべきかをお話しましたから、まさか、上級管理職の言うまま様子見ではなく、
「組織→育成→拠点→資金」という流れではなく、まず拠点と資金から
始めてしまったからこそ、組織と育成を今からしっかりやってくださる
ことと、ふるさと納税者として、期待しています。
裾野市で「小規模多機能自治勉強会」でした! [2016年11月26日(Sat)]
昨晩は裾野市主催の「市民大学教養講座」にお招きいただき、同市における
小規模多機能自治の意義とポイントについてお話ししました。
週末の19時開講・21時30分終了という夜遅くの開催にもかかわらず
ご参加くださった30名近くのみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_sodo_basic_susono.pptx

何度も繰り返しましたが、日本海側や中山間部などの地域が戦後まもなくから
70年間かけて経験したことを、今後わずか20年間ほどで経験することに
なる同市においては、住民による自治も、行政による施策も、これまでの
延長線上で済まされるはずがありません。だからこそ、前例踏襲ではなく、
近未来を見通して、変化に応える進化ができるよう、促し続けていただける
ことを願っています。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、16,900円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
可児市広見地区で「小規模多機能自治勉強会」でした! [2016年11月26日(Sat)]
先週末20日(日)は、可児市広見地区の連合自治会、同地区社会福祉
協議会と広見公民館の共催による「小規模多機能自治に関する講演会」に
お招きいただき、小規模多機能自治の意義やポイントをお話しさせて
いただきました。
競合する行事が多い中、ご参加くださった40名ほどのみなさま、
ありがとうございました。会場でお示しした資料を下記に添付しますね。
1611_sodo_basic_kani_hiromi.pptx

ごく最近まで人口が増え続けてきた同県内においても、今後は、
人口減少や高齢化が、加速度的に進みます。その急激な変化を
見越した上で、それに応える進化ができるかどうかがポイント。
そのためにも、行事から事業へ、役から経営へというシフトが
不可欠ですよね。これまでにも着実にお取り組みを進めてこられた
同地区だからこそ、次に備える動きも、次の世代を巻き込みながら
進めていただきたいと願っています。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、3,000円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
阪南で「自治基本条例推進講演」でした! [2016年11月19日(Sat)]
昨日は阪南市主催の「自治基本条例推進講演」にお招きいただき、
同市における協働と小規模多機能自治の必要性についてお話しさせていただきました。
お忙しい中、ご参加くださった行政職員ならびに市民のみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_kyodo_basic_hannnann.pptx

自身も同じく大阪の南部出身であることを踏まえて申し上げると、
とにかく、何でもかんでも行政が「与えて」しまいたがるとともに、
住民も「そんなん、今までしたことないのに、なんでせなあかんの?
お給料もおてる行政の仕事やん」と言ってしまう状況、
さらに踏み込んで言えば、がんばってる人を「ええかっこしい」と
言ってしまう風土が、残念ながら、より良い未来を自ら創り出そうと
する人々、特に若者の心や努力を、他の地域へと向けさせてしまう
状況を、これからも続けるのか、という問題。
官は「言うてもせぇへんねんから、行政がやらなしゃあない」から、
民は「いやや・いややて言うといたら、行政がしよるし、それでええ」
という距離感を壊し、協働で持続可能ない地域づくりに、ぜひ、
挑んでいただきたいと願っています。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、5,320円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
八戸で「協働のまちづくり研修会」でした! [2016年11月19日(Sat)]
もう何日も経ってしまいましたが、去る13日(日)は
八戸市主催の「協働のまちづくり研修会」にお招きいただき、
同市における市民団体間、そして、民と官との間の協働、さらに、
地域の持続可能性を高めるための小規模多機能自治の必要性について
お話しさせていただきました。

冬の足音が聞こえそうな晩秋の貴重な週末にもかかわらず、
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_kyodo_basic_hachinohe.pptx

会場でも何度も申し上げましたが、私にとって青森県は、
「県庁所在地市(=青森市)以外、訪問したことがない」、
全国で唯一の県であり、最後に青森市に伺ったのも01年と、
なんと15年ぶりに伺える機会をいただきました。

もちろん、協働・総働や小規模多機能自治は、同県においても
必要性や重要性はとても高いものであり、これまでにもきっと
お取り組みをお進めだったことかとは思いますが、しかし、
今後は「これまでの続き」では追いつかないことは明らか。
伺う機会をなんとか増やして、お手伝いさせていただけるよう、
努めたいと思います。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付
お願いしたところ、4,000円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
小平で「中長期計画を立て、次の担い手を育てる」研修でした。 [2016年11月05日(Sat)]
今日午後は小平市民活動支援センターあすぴあにお招きいただき、
「組織運営の肝をつかむ」という4回連続講座の最終回として
中長期計画を立て、次の担い手を育てる」と題して、
組織運営の基礎、とりわけ、ニーズに基づく活動方針の重要性に
ついてお話しさせていただいたのち、ごくわずかな時間で、
「2枚の組織図」のうち、2年後の組織図を描いてみよう、という
作業をしていただきました。

貴重な晩秋の晴天の週末の午後にもかかわらずご参加くださった
20名近くのみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_resource_raising_kodaira.pptx

今回は、本当に残念なことに、4回連続講座だったにもかかわらず、
続けて受講される方がいらっしゃらなかったため、他の3回でも
触れられたはずの論点を、私から繰り返しお話しさせていただく
ことになってしまい、結果として作業がほとんどできず、申し訳
ありませんでした。主催者側が事前にどれだけ「連続研修の構成と
積み重ねの重要性」を広報時やお申し込みの受付時にお伝えされたか、
また、受講される団体の方々が、積み重ねの必要性をどれだけ明確に
理解してご参加くださったかということに尽きますが、やはり、
連続講座は、連続して受講していただくからこそ、その意義を
最大限に発揮します。そうしていただけなかった理由は、率直に、
主催する側の一員として、伺いたいと考えます。

ご参加くださったみなさまには、最後にも繰り返しましたが、
@設立目的を名刺に書く!
A設立目的を総会で読み上げる!
B必要なら、設立目的を改定する
 (18年以降の総会に向けて)
Cボランティアの「ルール」を決める
Dスタッフに感謝する機会を設ける
の5つを、必ず、実践してくださるよう、重ねてお願いしますね。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を
お願いしたところ、100円お寄せいただきました。
ありがとうございました。
「『子どもの貧困』に沖縄はどう立ち向かうか?」でした! [2016年11月04日(Fri)]
一昨(11月2)日は、(特)沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい
主催の「緊急公開講座 子どもと未来のために、活動としくみを育てる協働へ
にお招きいただき、基調発題とともに、討論の進行役を務めさせていただきました。
平日の日中にもかかわらずご参加くださった100名近いみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1611_overcoming_poverty_okinawa.pptx

にわか勉強にて甚だ恐縮ながら、沖縄における子どもの貧困が、全国の他の
地域との比較において、こんなに深刻な状況にあることを、このご依頼を
いただいて、初めて認識しました。不勉強を恥じるばかりです。。
ここまで深刻なら、従来通りの対応や施策を続けても、また、全国の他の
地域で行われていることをそのまま持ち込んでも、解消はおろか、改善も
難しい、というのが、偽らざるところでしょう。

となれば、「何をするか」を急いで決めて進めることも大切ですが、
しかし、中長期的には、どんなに複雑でも、原因や背景を正確に理解
しつつ、原因の解消と、新たな価値を生み出すしくみづくりを、
しっかり進めるしかありません。

現場を担われる団体のみなさまにも、目の前の子どもたちに寄り添い、
向き合う「小さな現場」だけでなく、今後も、より多くの地域において
同様の事態が繰り返されないようにする「大きな現場」づくりも、
そして、行政や企業のみなさまにも、その動きにしっかり参加して
いただけることを、強く願います。

その終了わずか1時間後には、「子どもの未来のために、活動と
しくみを育てる」合宿研修
がスタート。
子どもの支援に取り組む10以上の団体の方々にご参加いただき、
各団体内の目の前の活動や業務だけでなく、数年先を見通して、
他の団体と連携し、束になって働きかけるべきことなどもしっかり
視野に入れて、子どもの貧困を改善へと導くためのしくみづくりを
含む、中期的な目標と業務スケジュールの策定を行っていただきました。
昼夜を分かたず、熱心にお取り組みくださったみなさま、本当に、
本当に、ありがとうございました!!
みなさんの一歩一歩が、沖縄の子どもの今と未来を支え、より良い
ものへと導いてくださることを、願い、信じています。
江南市で「課長会議」でした! [2016年11月01日(Tue)]
10月31日午後は、愛知県江南市行政の「課長会議」にお招きいただき、
同市における協働と、小規模多機能自治をはじめとする住民自治の拡充の
必要性についてお話しさせていただきました。
お忙しい中、2時間半にわたってずっと話を聞いてくださった、同市行政の
課長級職員約30名のみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を下記に添付しますね。
1610_kyodo_basic_konan.pptx

何度も触れたように、これまで人口増加が続き、高齢化も全国平均より
ゆっくり進んできた同市ですが、今後は、人口減少と高齢化が、
全国平均を上回るペースで加速度的に進みます。
つまり、「これまでと同じように」も、「前例がないからやらない」も
もはや通用しないというか、新たな判断であれ、難しい判断であれ、
試練に挑みながら進めていくしか、ないのです。
なので、意識は変えなくて構いませんから、仕事の仕方は進化しましょう。

同日も、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を
お願いしたところ、8,500円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
| 次へ