CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
http://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
▼研修・個別支援のお問い合わせは、こちらから! 
【講師派遣へのご質問にお答えします】 
▼「NPOマネジメント」など、IIHOE発行書籍は、こちら!
【IIHOEの書籍紹介ブログ】 【ご注文フォーム】
▼川北のスケジュールの空き状況がわかります。。。
【川北の予定概要】
チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願いします! [2020年07月15日(Wed)]
【お詫びとおことわり】この記事は当初、2014年1月に作成し、同年中に
更新を続けたものですが、2015年7月に、原因不明ながら、なぜか他の記事と
差し替わってしまいました。。(残念!!)
このため、可能な限り再現しますが、当初と同じ内容ではありません。
どうかご容赦ください。

残念なことながら、ようやく認識が進みつつある「子どもの貧困」。
「相対的に貧困」(各国の全世帯所得中央値(※日本では約480万円)の半分以下)な
家庭に育つ子どもは、全体の6分の1にも及びます。
この問題は、決して新しいものではなく、深刻化しただけ。特に、08年のリーマン・
ショック以降、急速に状況が悪化しています。

1994年に塾や家庭教師を行う団体として設立され、翌95年の阪神・淡路大震災
の直後から、その生徒さんたちを支援するためにキャンプなどの活動を積極的に行った
ことを契機として、学習支援だけでなく多様な体験の機会づくりを、数百人に及ぶ学生
ボランティアが担っているブレーンヒューマニティー
同会の多種多様なプログラムに参加する子どもたちも、リーマン・ショック直後から
減り始めました。その動向をとらえて、「放課後の格差」の是正に挑む取り組みとして、
教材を含め月額2万円で通塾できるよう、地域の大手の塾などの協力を取り付けたうえで、
街頭募金によりその資金を調達して、生活困窮世帯の子どもたちが、経済的な理由で
進学をあきらめたりせずにすむよう、支援を続けてきました。

その活動が独立して発足したのが、(公社)チャンス・フォー・チルドレン
放課後教育バウチャー(クーポン)による「放課後の格差」是正に挑む、もちろん日本初、
世界にもとても珍しい団体です。
その設立からわずか数か月のうちに、東日本大震災で被災された子どもたちやご家庭にも、
支援を届け続けています。
月額2万円、年額25万円のクーポンを、毎年数百人にお届けするためには、1億円規模の
資金を必要とします。同会はそれを、みなさまからのご寄付で、まかなっています。
僕も2014年から同会の理事に加えていただいたことから、各地にお招きいただいた際、
募金へのご協力をお願いするとともに、同額をマッチングして同会にお渡ししています。

14年は合計426,748円、お渡ししました。
みなさまからお預かりしたご寄付は、以下の通りです。
1/25 廿日市主催研修にご参加のみなさま 800円
1/28 長崎県主催研修にご参加のみなさま 100円
2/2 久慈市主催研修にご参加のみなさま 200円
2/5 庄原市主催研修にご参加のみなさま 1,100円
場所不明 100円
2/16 みはし地域まちづくりネットワーク主催研修に
 ご参加のみなさま 450円
2/17 とっとり県民活動活性化センター主催研修に
 ご参加のみなさま 110円
2/23 紀北町社会福祉協議会 災害ボランティア・
 コーディネーター研修にご参加のみなさま 450円
2/25 鹿児島県主催 共生・協働推進かごしま自治体
 ネットワーク会議主催研修にご参加のみなさま 20円
2/26 アスト・マインドラボご参加のみなさま 850円
3/1 CANPAN 2days主催研修にご参加のみなさま 320円
3/6 プレーパークせたがやの会員の方 3,000円
3/8 大分県社会福祉協議会主催「行政との協働、
 企業・団体のCSRセミナー」ご参加のみなさま 735円
3/10 大分県社会福祉協議会主催「災害ボランティアセンター
 運営リーダー育成研修」ご参加のみなさま 200円
3/25 島根県主催「認定NPO法人等研修会」ご参加の
 みなさま 1,560円
3/30 どんぐりネットワーク 組織基盤強化のための理事研修
 ご参加のみなさま 2,800円
4/12(特)まちねっと大口 設立記念講演会ご参加のみなさま
 12,338円!!
4/13(特)環境市民 組織基盤強化のための理事タスクフォース
 研修ご参加のみなさま 1,100円
4/26 中国5県中間支援組織協議会主催「支援力パワーアップ研修」
 ご参加のみなさま 500円
4/27 たかしま市民協働交流センター主催「たかしま・未来・円卓
 会議」キックオフ・ミーティングご参加のみなさま 650円
4/30(特)えひめリソースセンター主催「知っていますか? 理事の
 役割・理事会の機能」ご参加のみなさま 1,000円
5/12 政令市議会政策研究会主催研修にご参加のみなさま 40円
5/15 平戸市 協働のまちづくり職員研修ご参加のみなさま 903円
5/22 佐賀市市民活動プラザ 移転記念セミナーご参加のみなさま
 1,800円
5/26 地球温暖化防止全国ネット主催「地域センター従事者研修
 管理・運営研修」ご参加のみなさま 785円
5/27 岡山NPOセンター主催「ちゃんと学ぶ理事の基本講座」
 ご参加のみなさま 1,050円
7/3 長崎市主催 協働推進研修+市民団体向け研修+市職員等有志研修
 ご参加のみなさま 20,000円!!
7/5 (公財)あいちコミュニティ財団主催「あいちの課題深掘り
 ファンド」採択者向け勉強会ご参加のみなさま 550円
7/9 松阪市民活動センター主催「地域力アップ講座」ご参加の
 みなさま 300円
7/11(公財)かめのり財団 国際交流事業助成 平成26年度交付式・
 ワークショップおよび平成25年度報告会ご参加のみなさま 9,600円!
7/13 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修ご参加のみなさま 100円
7/17(特)石巻復興支援ネットワーク主催「協働の基盤づくり研修」
 ご参加のみなさま 1,250円
7/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 800円
7/23 宇部市主催「職員研修会」ご参加のみなさま 1,341円
7/23 宇部市雇用創造協議会主催「市民・企業・行政の協働・総働で
 地域を守り抜く」ご参加のみなさま 2,680円
7/25 第12回海ごみサミット2014 山形・庄内会議ご参加の
 みなさま 773円
7/27(般社)J−CAPTA 総会関連プログラムご参加のみなさま
 3,000円
7/30 尾道市主催 協働のまちづくり講座ご参加のみなさま 3,520円
7/31 岩手県立大学主催 社会福祉法人役員 全体研修ご参加のみなさま
 723円
8/2 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 200円
8/3 東海若手起業塾 ブラッシュアップ研修ご参加のみなさま 100円
8/12 別府市主催 管理職対象協働研修ご参加のみなさま 1,402円
8/20 山形県職員育成センター主催「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 861円
8/23(般社)多摩循環型エネルギー協会主催「次世代リーダー
 育成プログラム」ご参加のみなさま 1,003円
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま 500円
9/8 同フォーラムご参加の個人の方 1,000円
9/8 大分県ボランティア連絡協議会 県南ブロック研修ご参加の
 みなさま 15,610円!!
9/9 中津市社会福祉協議会主催 生活困窮者自立支援制度研修
 ご参加のみなさま 7,200円
9/12 島根県市町村総合事務組合主催「定住促進研修」
 ご参加のみなさま 4,660円
9/13 江津市主催「元気な地域づくり発表会」ご参加の
 みなさま 8,888円
9/20 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
  社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 600円
9/22(公財)北海道地域活動振興協会主催「協働基礎講座 協働を
 進めるしくみづくり」ご参加のみなさま 700円
9/24 八王子市市民活動支援センター主催「八王子NPOパワー
 アップ講座」ご参加のみなさま 200円
9/30 環境中間支援会議・北海道主催 勉強会ご参加のみなさま 340円
10/1(公財)北海道地域活動振興協会主催 市民活動中間支援センター
 研修会ご参加のみなさま 1,750円
10/2(公財)北海道地域活動振興協会主催 協働促進講座ご参加の
 みなさま 500円
9/7 福祉フォーラム別杵・速水 ご参加のみなさま(追加分)11,000円!
10/14 別府市主催 一般職員対象協働研修ご参加のみなさま 5,528円
10/19 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 205円
10/23 ふるさと島根定住財団主催 協働環境醸成研修ご参加のみなさま
 2,296円
10/24 松江市主催 共創・協働研修ご参加のみなさま 150円
10/25 うけいれ全国主催 マネジメント研修ご参加のみなさま 1,000円
10/27 新潟NPO協会主催 第5回協働環境調査 報告会ご参加のみなさま
 100円
10/28 個人の方 1,000円
10/28 市民セクターよこはま主催「プロのNPOをつくる7の講義」
 ご参加のみなさま 615円
11/6 鶴岡市社会福祉協議会主催「具体的かつ効果的なチーム
 アプローチを探る」研修ご参加のみなさま 1,292円
11/7 鶴岡災害ボランティアネットワーク主催「次の災害に備える」研修
 ご参加のみなさま 410円
11/9 まちおこし結っこ主催「地域自慢っこ交流会」ご参加のみなさま
 500円
11/10(特)秋田県南NPOセンター主催「市議会議員と共助組織
 代表者との意見交換会」ご参加のみなさま 145円
11/11 山形の公益活動を応援する会・アミル主催「協働力パワー
 アップセミナー」ご参加のみなさま 800円
11/16 CANPAN&IIHOE主催「助成機関と情報開示」&
 「NPO支援から地域支援へ」ご参加のみなさま 700円
11/20 胆振管内社会教育委員連絡協議会研修会および同管内社会教育
 主事会創立50周年記念事業ご参加のみなさま 400円
11/21 妙高市市民活動支援センター主催「今、求められている
 小規模多機能自治を学ぶ」 200円
11/27 山形県置賜総合支庁主催「6次化推進ワークショップin
 Okitama」ご参加のみなさま 20円
11/29 静岡市人材養成塾 地域デザインカレッジ2014
 社会を変える まちみがきプロジェクトご参加のみなさま 500円
12/3 富山市役所 協働推進講座ご参加のみなさま 200円
12/3 NGOダイバーシティとやま&(特)市民活動サポートセンター
 とやま主催「事業と団体を続けるための基礎を再確認しよう!」
 ご参加のみなさま 4,350円
12/5 赤磐市主催「協働のまちづくり職員研修」ご参加のみなさま
 1,210円
12/5 赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ主催「赤磐市市民活動
 応援プロジェクト2014」ご参加のみなさま 14,000円
12/6 大阪狭山市市民活動支援センター主催「地域における行政と
 市民の協働のまちづくり」ご参加のみなさま 16,260円!!
12/7 公害資料館ネットワーク主催 公害資料館連携フォーラムin富山
 ご参加のみなさま 340円
12/15 町田市主催「協働による地域社会づくり」協働力・地域力
 アップ講演会ご参加のみなさま 150円
12/19 府中市主催「市民協働の推進に関する職員研修Part2」
 ご参加のみなさま 1,200円
12/19 東京工業大学大学院ノンプロフィットマネジメントコース
 公開講座2014 ご参加のみなさま 600円
12/19 同日ご参加の個人の方 5,000円
12/21(特)くらしコンシェルジュ のみなさま 4,291円
12/22(特)くらしコンシェルジュ主催「支援力・地域力パワー
 アップ研修」ご参加のみなさま 15,800円!

上記に対する川北からのマッチング 213,374円
引き続き(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付お願いします! [2020年02月23日(Sun)]
昨2014年以来、(公社)チャンス・フォー・チルドレンの理事に就任し、
各地にうかがう際に、ご寄付をお願いしています。
2014年度の同会の年次報告書は、こちらをご参照ください。】

今年も年明け早々から、各地でお願い申し上げておりますところ、
12月26日現在、316、492円お預かりしております。
本当にありがとうございます!
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

お預かりしたご寄付の一覧
1/4 東海若手起業塾 OB/OG会
 ご参加のみなさま 6,000円
1/6 七尾市主催「まちづくり市民講座」ご参加の
 みなさま 80円
1/9 まちなか研究所わくわく主催「協働環境調査
 報告会@宜野湾」ご参加のみなさま 100円
1/15 やまぐち県民活動支援センター主催
 「地域力パワーアップ研修」「協働環境
 調査報告会」ご参加のみなさま 1,055円
1/16 とっとり県民活動活性化センター主催
 「協働環境調査報告会&協働力パワーアップ
 セミナー」ご参加のみなさま 830円
1/17 とっとり県民活動活性化センター主催
 「地域の防災を考える阪神・淡路大震災から20年」
 ご参加のみなさま 500円
1/18 とっとり県民活動活性化センター主催
 「地域力パワーアップセミナー」ご参加のみなさま
 590円
1/19 SEIN主催「協働環境調査報告会」ご参加の
 みなさま 424円
1/21 千葉県主催「市民活動団体マネジメント事業 高度化
 セミナー」(鎌ヶ谷会場)ご参加のみなさま 167円
1/24 耳をすませば主催「元気な高齢者まちづくりセミナー」
 @津別町ご参加のみなさま 150円
1/29 千葉県主催「市民活動団体マネジメント事業 高度化
 セミナー」(千葉会場)ご参加のみなさま 7,607円
2/6 別府市主催「協働のまちづくり講座」ご参加のみなさま
 530円
2/7 別府市主催「介護予防ボランティア支援事業」ご参加の
 みなさま 220円
2/10 そなえざぁしぞ〜か主催「どうなる?社会福祉法人の
 社会貢献事業」ご参加のみなさま 3,796円
2/11(般社)グローバル人財サポート浜松主催「若者と
 浜松と未来」交流会ご参加のみなさま 4,500円
2/15 庄原市主催「地域づくり実践研修会・報告会」ご参加の
 みなさま 950円
2/21 各務原NPO法人連絡協議会主催「市民がつくる協働の
 まちづくり 協働から総働へ」ご参加のみなさま 2,314円
2/24 備前市主催「自治を回復し、まち・むらの課題を
 まち・むらの力で解決するために」ご参加のみなさま 500円
3/14 津山NPO支援センター主催「NPOエンパワメント研修」
 ご参加のみなさま 1,450円
3/15 みんなでしょうえい主催「NPOエンパワメント研修」
 ご参加のみなさま 500円
3/16 市民活動センターまにわ主催「NPOエンパワメント研修」
 ご参加のみなさま 4,100円
3/18 山形県置賜総合支庁主催「観光地域づくり牽引リーダー
 育成セミナー」ご参加のみなさま 405円
3/19 札幌市市民活動サポートセンター主催「ひろがるフォーラム
 まちを変える NPOに必要な力」ご参加のみなさまの書籍購入
 代金の5%相当額 1,939円
3/29 岩国市社会福祉協議会主催「高齢化・人口減少に負けない
 地域づくり」ご参加のみなさま 33,550円!!
3/31 あい愛主催「高齢になっても支えあって生きるために
 私たちにできること」ご参加のみなさま 200円
4/9 さぬき青年会議所主催 4月公式訪問例会ご参加のみなさま
 21,037円!!!
5/9 周南市職員自主研究グループ主催「小規模多機能自治を
 学ぶ 小規模多機能自治から学ぶ」ご参加のみなさま 600円
5/17-19 「協働力・地域力・支援力研修in岡山2015」に
 ご参加のみなさま 3,252円
5/19 別府市主催 協働推進員研修にご参加のみなさま 1,710円
6/17 鶴岡災害ボランティアネットワーク主催「被災者支援拠点
 運営人材育成研修」ご参加のみなさま 309円
6/19 山形県職員育成センター主催「官民共同ワークショップ」
 ご参加のみなさま 5,400円!
6/27 宇部市主催「地域創生に向けた地域づくり研修会」
 ご参加のみなさま 5,760円!
6/28 市民活動サポートセンターとやま、Nプロジェクトひと
 ・みち・まち主催「川北さんを呼んで小規模多機能自治に
 学ぶ会」ご参加のみなさま 510円
7/2 いわくに市民活動支援センター主催 市職員研修に
 ご参加のみなさま 130円
7/6 丹波市主催 地域づくり講演会ご参加のみなさま 666円
7/7 土佐町社会福祉協議会主催 土佐町役場・社協役職員研修会
 ご参加のみなさま 3,470円
7/8 須崎市主催「地域自主組織に学ぶ」ご参加のみなさま
 1,700円
7/14 岸和田市・同市社会協議会主催「待ったなし 岸和田が
 『住み続けたいまち』であるために」ご参加のみなさま
 16,860円!!
7/18 静岡市主催 地域デザインカレッジ2015
 プロジェクトコースご参加のみなさま 1,260円
7/19 社会起業塾イニシアティブ 予科ご参加のみなさま
 100円
7/26 (般社)J−CAPTA総会ご参加のみなさま
 460円
7/27 岩手県主催「社会福祉法人役員全体研修」ご参加の
 みなさま 260円
7/31 浜田市主催職員協働研修ご参加のみなさま 3,200円
8/1 浜田市主催 まちづくりフォーラム まちづくり推進
 委員会の取組発表会(自慢大会)ご参加のみなさま 600円
8/2 帯広市社会協議会主催 社協フェスタ&わいわいタウン
 帯広2015ご参加のみなさま 5円
8/3 山形県職員育成センター主催「課長級研修」ご参加の
 みなさま 210円
8/6 八王子市民活動支援センター主催「NPOパワー
 アップ研修」ご参加のみなさま 500円
8/7 みのかも定住自立圏主催「自立定住に向けた人づくり
 ・事業づくり」ご参加のみなさま 710円
8/8 静岡市主催 地域デザインカレッジ2015
 プロジェクトコースご参加のみなさま 150円
8/12 長崎市主催 行政管理職研修および市民団体
 対象研修ご参加のみなさま 3,100円
8/17 地球環境基金主催(「環境・持続社会」
 研究センター受託)「環境NPO・NGO研修」
 ご参加のみなさま 100円
8/25 山形の公益活動を応援する会・アミル主催
 「川北秀人さんから小規模多機能自治を学ぼう」
 ご参加のみなさま 200円
8/26 山形県職員育成センター主催「官民共同
 ワークショップ」「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 1,248円
8/28 佐賀県職員修習所主催「高齢化社会の
 コミュニティ」ご参加のみなさま 943円
8/29 佐賀市市民活動プラザ主催「協働・総働・
 小規模多機能自治 先進地事例を学ぶ」
 ご参加のみなさま 1,000円
9/6 IIHOE主催「ソシオ・マネジメント・
 スクール」2015年夏季ご参加のみなさま 600円
9/30 町田市 市民協働推進課のみなさま
 12,000円!
10/9 ソシオ・マネジメント・スクール
 2015年夏季クラスご参加のみなさま 510円
11/10 国立社会教育実践研究センター主催
 社会教育主事研修ご参加のみなさま 3,700円
11/14 静岡市主催 地域デザインカレッジ2015
 プロジェクトコースご参加のみなさま 1,417円

11/26 尾道市主催「協働のまちづくり講座」
 ご参加のみなさま 4,820円飛行機
11/27 ソシオ・マネジメント・スクール
 2015年夏季ご参加のみなさま 55円飛行機
11/28 燕市主催「協働啓発セミナー 兼 交流
 ワークショップ」ご参加のみなさま 3,600円飛行機
11/29 大阪自然史センターなど主催
 「友の会サミット2015」ご参加のみなさま
 3,283円飛行機
11/30 CFC主催「被災地・子ども教育白書
 発刊記念フォーラム」ご参加のみなさま 16,500円飛行機
12/8 北海道教育委員会主催「生涯学習実践支援の
 ためのモニター研修会」ご参加のみなさま 2,600円飛行機
12/11 千葉県主催「協働によるまちづくり研修会」
 ご参加のみなさま 4,000円飛行機
12/12 静岡市主催 地域デザインカレッジ2015
 最終報告会 交流会ご参加のみなさま 5,200円飛行機
12/13 静岡市PTA連絡協議会第5ブロック主催
 「藁科各地域の次の10年を考える」ご参加の
 みなさま 7,418円飛行機
12/17 氷見市主催「雲南市の地域自治に学ぶ
 小規模多機能自治勉強会」ご参加のみなさま
 21,100円!!飛行機
12/17 南砺市主催「住民自治のまちづくり教室」
 ご参加のみなさま 21,800円!!飛行機
12/18 江津市主催小規模多機能自治学習会」
 ご参加のみなさま 20,500円!!飛行機
12/19 嘉久志まちづくり推進協議会主催
 「リレー拡縁会」および江津市主催
 「地域コミュニティ活動発表会」ご参加の
 みなさま 26,276円!飛行機
12/23 ソシオ・マネジメント・スクール
 2015年夏季ご参加のみなさま 406円飛行機
12/26「『経済社会の構造変化を踏まえた税制の
 あり方に関する論点整理』を読む」にご参加の
 みなさま 11,000円!飛行機

日時・場所 不明分 700円

150319_sapporo_support_center.jpg


150227_cfc_donation.jpg

2月27日に、同会理事会の席にて、代表理事の今井さんに
同日までにお預かりした30,313円に、私からのマッチングを加えた
60,626円をお渡ししました。
(上記のうち6,000円分については、ご寄付者に直接領収書をお送り
したため、残額の54,626円分の領収書を、3月5日付で受け取りました。)

150305_cfc_donation_receipt.jpg

7月19日に「社会起業塾イニシアティブ」の予科研修にて、代表理事の今井さんに
同日までにお預かりした36,765円に、私からのマッチングを加えた
73,530円をお渡ししました。

なお、14年12月1日から15年3月15日までの間に実施された
日本航空 SKY BATON 東北応援チャリティ・マイル第2弾としての
チャンス・フォー・チルドレンへのマイル寄付と同社からのマッチング
については、
こちらをご参照ください。

また、3月31日午後に、前日までに受け取ったご寄付計41,944円分と、
日本航空のチャリティ・マイル実施中にご支援いただいたうち、マイルでマッチング
できなかった53,664円分を、さらに2倍にして、私から寄付しました。

4月15日には、ご協力のお礼を申し上げるために、日本航空にうかがいました。
http://cfc.or.jp/archives/news/2015/04/24/9761/

4月6日には3月31日分として187,326円の領収書が、
150406_cfc_donation_receipt.jpg
5月1日には4月28日分として42,474円の領収書が、
150501_cfc_donation_receipt.jpg
6月11日には同9日分として11,124円の領収書が、
150611_cfc_donation_receipt.jpg
7月23日には同22日分として73,530円の領収書が、
12059744_10204878391540652_1266338527_o.jpg
9月14日には同11日分として23,772円の領収書が、
12082091_10204878389780608_415359119_o.jpg
10月14日には同9日分として24,000円の領収書が、
151212-2.jpg
12月7日には11月27日分と同30日分として34,770円の領収書が、
それぞれ届きました。
151212.jpg

12月29日に、同日までにお預かりしていた136,800円に、
私からも同額をマッチングしてお渡ししました。
151229_at_bhhq.jpg

11月26日から、日本航空の「SKY BATON東北応援チャリティ・マイル」に
前年度に続けて選んでいただいたことから、同日以降にいただいたご寄付には、
従来通りの私からの現金での同額マッチングに加えて、
私から同額をマイルでもマッチングし、これに同社にマッチングしていただく
ことで、ご寄付を4倍にしてお届けいたします。
その対象になるご寄付には、金額の末尾に「飛行機」マークを付けました。
本日までに143,783円お寄せいただき、
これまでに18,000マイルをマッチングしました。
151212-3.jpg
2016年も、ご寄付よろしくお願いいたします! [2016年12月31日(Sat)]
一昨年(2014年)以来、(公社)チャンス・フォー・チルドレンの理事に就任し、
各地にうかがう際に、ご寄付をお願いしています。
2014年度の同会の年次報告書は、こちらをご参照ください。】

今年も年明け早々から、各地でお願い申し上げておりますところ、
2月09日現在79、202円お預かりしております。
本当にありがとうございます!
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

お預かりしたご寄付の一覧
1/6 「経済社会の構造変化を踏まえた税制の
あり方に関する論点整理」を読む ご参加の
みなさま飛行機 1,000円
1/9 八幡浜元気プロジェクト主催
「NPOの組織力向上セミナー」
ご参加のみなさま 200円飛行機
1/14「社会と未来をデザインする
 『ソシオ・マネジメント』
 社会に挑む5つの原則を読み解く」
 ご参加のみなさま 300円飛行機
1/15 宜野湾市主催「協働のまちづくりを
 進めるために」ご参加のみなさま 1,200円飛行機
1/16 南部町地域振興協議会 事例発表会
 ご参加のみなさま 5,451円飛行機
1/17 東近江市内まちづくり協議会
 交流会ご参加のみなさま 10,000円!飛行機
1/22 しずおか小規模多機能自治推進
 委員会主催「小規模多機能自治勉強会」
 ご参加のみなさま 1,771円飛行機
1/23 静岡市人材養成塾 地域デザイン
 カレッジ2015 公開講演会
 支えあう豊かな地域をめざして
 ご参加のみなさま 4,909円飛行機
1/24 関市主催 地域委員会を考える
 勉強会第5弾 地域の自慢大会
 ご参加のみなさま 24,033円!!飛行機
1/26 山形県職員育成センター主催
「地域との連携・協働講座」
 ご参加のみなさま 1,612円飛行機
1/27 子どもネット八千代 主催研修
 ご参加のみなさま 2,000円飛行機
1/28 豊岡市主催「新しい地域コミュ
 ニティ職員協働研修」ご参加の
 みなさま 5,576円飛行機
1/29 栃木県主催「男女共同参画
 セミナー」ご参加のみなさま 5,705円飛行機
1/31 町田市 市民協働推進課のみなさま
 1,810円飛行機
2/2 ソシオ・マネジメント・スクール
 2016年冬季コースご参加の
 みなさま 735円飛行機
2/3 酒々井町主催「協働のまちづくり
 職員研修」ご参加のみなさま 5,000円飛行機
2/4&5 やまぐち県民活動支援センター
 主催「地域力パワーアップ研修」
 ご参加のみなさま 3,100円飛行機
2/6 庄原市主催「地域づくり実践
 研修会」ご参加のみなさま 900円飛行機
2/7 庄原市自治振興区連合会・庄原市
 主催「地域づくり実践研修会」
 ご参加のみなさま 1,100円飛行機
2/9 沼貫地区自治振興会主催
 「まちづくり講演会」ご参加の
 みなさま 2,800円飛行機

なお、15年11月26日から、日本航空の「SKY BATON東北応援チャリティ・マイル」に
前年度に続けて選んでいただいたことから、同日以降にいただいたご寄付には、
従来通りの私からの現金での同額マッチングに加えて、
私から同額をマイルでもマッチングし、これに同社にマッチングしていただく
ことで、ご寄付を4倍にしてお届けいたします。
その対象になるご寄付には、金額の末尾に「飛行機」マークを付けました。
これまでに30,000マイルをマッチングしました。
都道府県別の小地域集計の統合ファイル [2016年12月31日(Sat)]
【研修時の資料をご準備くださる方へ】
お手数をおかけしております。
下記のファイルのうち、該当する自治体分をダウンロードしていただき、
(1)「【参考】○○ 総数」というシート(左から2つめ以降のタブ)は、
 A3サイズで印刷・配布してください。
(2)「00」「05」「10」の計3枚のシートのデータから、
 必要な部分を抜き出し、ポスター・プリンターなどで模造紙大に拡大し、
 会場の壁に貼り出しておいてください。
 (会場が大きい・ご参加者が多い場合には、複数個所に配置してください。)

なお、配布・掲出されるか否かについては、ご主催者のご判断に委ねますので、
最適な形で共有していただけるよう、ご検討をお願いいたします。

お手数をおかけいたしますことを、重ねてお詫び申し上げるとともに、
より精度の高い資料の準備にお力添えいただきますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

00_05_10_shizuoka.xlsx
00_05_10_mie.xlsx
00_05_10_shiga.xlsx
00_05_10_hyogo.xlsx
↑30Mbあるため、firestorageからダウンロードしてくださるよう、お願いします。

00_05_10_tottori.xlsx
00_05_10_shimane.xlsx
00_05_10_hiroshima.xlsx
00_05_10_yamaguchi.xlsx
丹波市沼貫地区で「地域づくり講演会」でした! [2016年02月10日(Wed)]
昨日は午後にフィランソロピー・CSRリンクアップフォーラムにお招きいただき
「2030年代に競争力ある企業であるための持続可能経営とは
延長線上でない2020年代にどう挑むか」と題して、
世界市場における存在感が縮小し続け、高齢化が第2幕に入る日本や
関西において、長期を見据えた企業経営の在り方の基軸として、
CSRを位置付ける必要性についてお話しさせていただきました。
お招きくださったみなさま、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
交流会まで参加できずに途中で失礼してしまい、誠に申し訳ありませんでした
&本当に残念でした。。。

続いて、丹波市内の自治協議会のひとつである沼貫(ぬぬぎ)地区
自治振興会
主催の「地域づくり講演会」にお招きいただき、
小規模多機能自治の必要性やポイントなどをお話しさせていただきました。
冷たい雨が雪に変わった寒い夜にご参加くださった60名近くのみなさま、
本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1602_sodo_basic_tamba_nunugi.pptx
また、最後にお示しした沼貫地区の人口構成の予測を含む表データを
下記のリンク先(firestorage)にアップしました。
http://xfs.jp/3zA4F8

22時過ぎからスタートした交流会で教えていただいたことが
どれも印象深かったのですが、もっとも印象的だったのは、
会長さん・副会長さんから、大阪からIターンされてまだ1年
ほどの若手の方々まで、地域づくりへの静かな熱意や意欲が
ひしひしと感じられたことでした。
現在、同会では今後10年間の計画を策定中とのことでしたので、
当方で勝手に(!?)簡易な方法で人口構成の予測を策定してみました。

全国各地で同様に、地域の運営(実質的には「経営」ですね)計画を
策定される際にも、同様の手法で、簡易に人口構成の推移を
予測してみていただけることを期待します。

同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、2,800円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
庄原で「地域づくり実践研修」でした! [2016年02月07日(Sun)]
昨日と今日は庄原市にお招きいただき、
「地域づくり実践研修」という共通のタイトルで、
昨日は大学生を含む地域づくりの実践者の方々を対象に
小規模多機能自治の意義とポイントについての講義とミニミニワーク、
今日は4つの地域(自治振興区)と、自治振興区の連合会から、その
お取り組みをご紹介いただく「ミニ自慢大会」の後に、
小規模多機能自治を地域で進める上でのポイントをお話しする、
という構成でした。

「積もる!」という予報に反して、粉雪がちらつく程度だったとはいえ、
寒さの厳しい、貴重な週末にご参加くださったみなさま、本当に
ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1602_sodo_basic_shobara.pptx

同市にお招きいただくようになって5年ほど経ちますが、
力不足を痛感するのは、個々の地域における住民ご自身による
お取り組みの共有が進んでいないこと。
自慢大会も円卓会議もフル稼働して、地域内のお取り組みの
共有を通じて、お互いから学び合い、磨き合う地域づくりが
進むよう、微力を尽くします。

両日とも(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、合わせて2,000円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
酒々井町で協働のまちづくり行政職員研修でした。 [2016年02月04日(Thu)]
昨日午後は千葉県酒々井町にお招きいただき、同町行政職員対象の
「協働のまちづくり」研修でした。
お忙しい中、ご参加くださった30名近い職員のみなさま、
ありがとうございました。
会場でお示し視した資料を、下記に添付しますね。
1602_kyodo_basic_shisui.pptx

研修の中でもクドいぐらい何度も申し上げましたが、同町の人口構成
の特徴として「団塊のチョイ下が多い」ことは、同町の住民や
行政職員なら、みなさんよくよくご存知のこと。
ということは、これから10年、さらにその先の10年は、
全国平均を上回る「超高速な高齢化」の時期であることは、
十分におわかりのはずです。
なのに、「協働は自分の部署には関係ない」ばかりか「全庁的にも
必要ない」なんて言えるのは、自分自身の目の前のことしか
見ていないから。
行政職員が身分を保証され、権利を守られているのは、長期的に
必要なことを、恐れずチャレンジしながら実現し続けるため。
そのことをしっかり思い出し、また、絶対に忘れずに、
未来に備えていただきたいと願います。

同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、5,000円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
ふわりんクルージョン2016で「小規模多機能自治」セッションでした! [2016年01月30日(Sat)]
今日午前は(特)ふわりと(特)むそうの共催による
ふわりんクルージョン2016in秋葉原」にお招きいただき、
(社福)伊賀市社会福祉協議会事務局長の平井俊圭さん、
(特)おっちラボ代表理事の矢田明子さん、そして、
ケアプロ(株)代表取締役社長の川添高志くんにご登壇いただいて
「小規模多機能自治と地域包括支援システム」というテーマの
セッションの進行役を務めさせていただきました。
氷交じりの雨が降り続く寒い朝にもかかわらず、全国各地から
わざわざお集まりくださった約200名のみなさま、本当に
ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_shokibo_takino_jichi_basic_fuwarinclusion.pptx

福祉や医療は、専門職だけががんばって提供すればよい、という
ものではなく、予防も、日常のくらしの安心も、地域内の
人「交」密度を高めること最も重要、と、いろんなところで述べて
きましたが、まさに、その最先端の事例を支えていらっしゃる
お三方による、お取り組みの実践のご紹介。進行役の僕が、
一番楽しみながら伺うことができたのは、至上の「役得」でした!
豊岡市で行政職員対象「協働と小規模多機能自治」研修でした! [2016年01月29日(Fri)]
昨日は豊岡市にお招きいただき、同市行政職員のみなさまを対象に
「新しい地域コミュニティ職員協働研修」として、同市における
協働と小規模多機能自治の必要性と、その進め方のポイントについて
お話しさせていただくとともに、ごく簡単なワークを行っていただき
ました。お忙しい中、ご参加くださった計200名以上の同市行政
職員のみなさま、ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_sodo_basic_toyooka.pptx

上記のファイルの中でもメモしたように、同市では来年(2017年)
春から、市内29地域で公民館がコミュニティ・センターへと転換され、
地域ごとの自治の拡充に向けた取り組みがさらに進むことが期待されて
います。しかし、行政職員さんたちも、地域の方々も、まだ「少し先の
こと」と受け止めていらっしゃるようなきがしているのが、残念です。
再三お話ししているように、同市はすでに、高齢化においては全国平均
の20年先を行くまちであり、だからこそ、全国に先駆けて、取り組みを
進めるべきまち。もはや、待っている場合ではありません。
今後は、官民ともに率先して、真摯にかつ積極的に、お取り組みを進めて
いただけることを、ふるさと納税者として、強く期待しています。

同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、5,576円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
栃木県主催の「男女共同参画セミナー」でした! [2016年01月29日(Fri)]
今日午前は栃木県主催の「男女共同参画セミナー」にお招きいただき、
「地域の特性を理解して、 持続可能性を高める」と題して、
各都道府県など地域の特性を踏まえた施策の必要性と、
同県におけるポイントなどをお話しさせていただきました。
朝早くから、また、冷たい雨の中、県内各地からご参加くださった
120名以上のみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_sodo_danjo_basic_tochigi.pptx

今後、同県にとっては、女性が、既存の職場に働きに出ることよりも、
新たな仕事を創り出すことにチャレンジすることを促すべきであり、
それを支えるためには、考え方も、しくみも進化が求められることが
おわかりいただけたことと存じます。
地域や家族を大切にするとともに、新しいチャレンジを促せる風土を、
みなさまご自身から広めていただけることを、期待しています。

同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、5,705円お寄せいただきました!
ありがとうございました!
関市で「地域のお取り組み紹介&ミニ講義」でした! [2016年01月24日(Sun)]
今日は関市主催の「地域委員会を考える勉強会 第5弾」にお招きいただき、
市内7か所で設立された地域委員会のお取り組みについて、
「地域支援職員」として各地域を担当していらっしゃる市行政職員の
みなさまからご紹介いただいたのち、同市における小規模多機能自治の
必要性について、ごくわずかにお話しさせていただきました。

大雪が予想されながら、奇跡的に(?)好天に恵まれた貴重な週末の朝
にもかかわらず、ご参加くださった100名以上のみなさま、
本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_sodo_basic_seki.pptx

本来なら、もう少し時間をかけて、事例などをご紹介すべきところ、
他地域でのお取り組みを一切紹介できず、関市における「これまでと
これから」のお話しかできなかったことを、重ねて深くお詫びいたします。

とはいえ、ご賢察の通り、「7地域からのご発表+質疑応答+講義」を
2時間で収めるのは「無理!」と、当方からも予めお伝えしていたのですが、
私の移動の日程上の都合と合わせて、行政のご担当課から「それ以上長いと、
反対が大きいので」というご意見もあり、短時間になってしまいました。
せっかくお集まりいただいたのに、十分な構成や時間配分でなかったことを、
重ねて深くお詫びいたします。誠に申し訳ありませんでした。

また、ご発表を担当されたのが地域担当職員さん、というのも、(ご発表
くださった行政職員の方々には恐縮ですが)お話を伺っている側としては
残念でした。たくさんお寄せいただいたご質問へのご回答は、結果として
地域の方々がご担当くださったことからも、やはり、地域の役員さん
ご自身がご発表されるべき、と考えます。
この点も、同市行政のご担当課から「地域の方にはお願いできない」
というご配慮(??)があったとのことでした。

ここからおわかりの通り、せっかくの機会なのに、また、とても大切な
取り組みなのに、行政と、住民の方々の間に距離がある、もしくは、
行政が住民の方々に対して、遠慮して距離を取りすぎてしまっている、
と感じます。
もし、担当課の行政職員さんたちが、この施策が「地域の未来にとって
不可欠かつ最も有効」と信じていらっしゃるなら、地域の方にそうお伝えし、
課題や改善すべき点は、双方が真摯に、かつ謙虚に連携してお取り組みに
なればよいのではないかと感じるのですが。。。

官も民も、より良い未来を実現するために、踏み込みあいながら進めるしか、
道はないと信じます。ぜひ、今後はそう進めていただけるよう、同市行政の
みなさまにも、地域で役員をお務めのみなさまにも、お願いいたします。

同日、みなさまにお求めいただいた書籍代金の1割(450円)は、
同日の運営者である関市市民活動支援センターを管理運営していらっしゃる
(特)せき・まちづくりNPOぶうめらんにお預けし、同市内における
市民活動の支援のために寄付させていただきました。

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、24,033円お寄せいただきました!
ありがとうございました!!!
東近江市で「まちづくり協議会」研修でした! [2016年01月17日(Sun)]
今日午後は東近江市の「まちづくり協議会交流会」にお招きいただき、
今後、小規模多機能自治による総働で人「交」密度を高める意義や、
そのポイントついてお話しさせていただき、ごく簡単な個人作業を
行っていただきました。
貴重な休日の午後に、3時間半に及ぶ研修にご参加くださった
150名近くのみなさま、ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_sodo_basic_higashi_oumi.pptx

同市内でのお取り組みは、まちづくり協議会発足から10年、
それ以前のお取り組みも踏まえれば、長い歴史を積み重ねて
いらっしゃいますが、しかし、これからは、人口減少と
高齢化第2幕へと、加速度的に進んでいく段階。
地域や社会の変化に備えて、活動や事業はもとより、
組織の体制や在り方も、進化が求められます。
人口構成の予測をもとに、行事・会議・組織を棚卸しして、
「行事から事業へ」と進化していただけることを願っています。
(各集落の人口データは、リンク先をご参照ください。)

なお、今日、とっても駆け足で紹介させていただいた
4つの事例は「ソシオ・マネジメント」第2号で、
じっくりお読みいただければ幸甚です。
(会場でもたくさんお買い求めいただき、ありがとうございました!)

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、5,451円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
鳥取県南部町で「地域振興協議会 事例発表会」でした! [2016年01月16日(Sat)]
今日午後は鳥取県南部町の町内7地域に10年前から順次発足された
「地域振興協議会」の事例発表会にお招きいただきました。
びっくりするほどの好天が終日続いた貴重な週末に、
長時間、とても熱心にご参加くださった150名近くのみなさま、
本当にありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_sodo_basic_nanbu.pptx

冒頭のごあいさつで町長がおっしゃっていたように、他の地域に
先駆けてお取り組みを始められた当初から、ご苦労が多かった
ことかと存じますが、しかし、地域の現状や課題に向き合って
お取り組みを進めてこられたことで、今日聞かせていただいた
ような水準に達していらっしゃることに、深く敬意を表します。

しかし、これからも、さらに人口減少と「高齢化第2幕」が進みます。
地域に求められるのは、そんな変化に備えるための進化。
詳しくお話しできず誠に申し訳なかったのですが、
「行事と会議と組織の棚卸し」を、ぜひ、さらに進めて
いただけることを、願っております。
なお、今日、とっても駆け足で紹介させていただいた
4つの事例は「ソシオ・マネジメント」第2号で、
じっくりお読みいただければ幸甚です。
(会場でもたくさんお買い求めいただき、ありがとうございました!)

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、5,451円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
会場には、こんな呼びかけもしてくださいました。
160116_nambu_cfc.jpg
重ねて深くお礼申し上げます。

【追伸】同日の様子を早速、中海テレビ放送さんが、
ご紹介
くださいました。公開は期間限定かもしれませんので、
リンクが切れていた場合には、ご容赦ください。
宜野湾市行政職員対象の協働研修でした! [2016年01月15日(Fri)]
今日午後は宜野湾市行政にお招きいただき、同市職員(係長級など)
対象に「協働のまちづくりを進めるために」と題した研修でした。
市長選直前でお忙しい中、ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_kyodo_basic_ginowan.pptx

市行政職員の方をはじめとして、住民の方々が「高齢化」や
「人口減少」を、実感も、予感もされていらっしゃらないのも
無理はないことかもしれません。
しかし今後は、加速度的に進みます。日本海側や中山間地で
戦後70年から50年かけて、ゆっくり進んできた高齢化と
人口減少が、わずか30年間ぐらいの間に、一気に進みます。
その備えをする時間は、まだわずかに残されています。
だからこそ、協働は、「市内の団体の要望に対応する」のではなく、
「よりよい未来を実現するために、市内外から最善の団体と
連携する」ことをしっかり認識して、進めていただきたいと
期待しています。

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、1,200円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
那覇で「ソシオ・マネジメント」を読み解く会でした! [2016年01月15日(Fri)]
昨晩は、那覇で「ソシオ・マネジメント」の読書会を開いてくださっているみなさまと、
沖縄地域社会ビジョン大学院、そして私どもIIHOEの共催による
「社会と未来をデザインする
『ソシオ・マネジメント』社会に挑む5つの原則を読み解く」
でした!
ごくわずかな期間のご案内で、夜間の開催だったにもかかわらず、
30名近いみなさまにご参加いただきました。ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_machiwaku.pptx

この機会にぜひ、下記のリンクも、お目通しください。
「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」(平成27年11月13日)
【緊急開催】「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」を読む(第1回)【報告】「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する論点整理」を読む(第1回)

本来の開催趣旨から離れてしまっているかもしれませんが、しかし、
ご質問いただいた通り、今、日本の地域や社会が置かれている状況は、
「先輩たちの言うとおり、今までどおりに」では全然ダメで、
わずか10年間で、生産性を8割近くも上げない限り、維持さえできない、
というのが現状です。
だからこそ、しんどいですが、続けるのではなく、進化すること、
そして、小さな現場を大事にしつつ、大きな現場もしっかり考え、
試し、育て続けることです。

この貴重な機会を設けていただいたことに、深く敬意を表し、
心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!
同日、みなさまにお求めいただいた書籍代金の1割(4,803円!)は、
共催者である「ソシオ・マネジメント読書会」を主催してくださっている
今木とも子さんが所属されている(特)ちゅらゆいによる
生活困窮世帯の不登校児を支援するkukulu
に、寄付させていただきました。

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、300円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
八幡浜市で「もろもろ合わせ技」(ちゃんぽん??)講座でした! [2016年01月10日(Sun)]
昨日は「中間支援講座 NPOの組織力向上セミナー」と題された
(特)八幡浜元気プロジェクト主催の研修にお招きいただきました。

こういう仕事を長くさせていただいている中で、ある意味「醍醐味」(??)とも
いえるのが、ご参加者の、当初想定と、実際のご参加とのギャップ。
今回、ご依頼の時点でいただいていたお題が「団体の組織課題の可視化を通じた
解決」だったため、団体としての実践を積み重ねてこられた方々を対象とした
作業を準備していたのですが、会場にお集まりくださったご参加者のうち、
3分の1近くが高校生だったり、地域コミュニティを担当されている行政職員の
方もそれなりの数いらっしゃったり、と、まぁ、多様でした。。。
そこで、急遽、テーマ設定の間口を広げて、地域で活動を続ける団体に求められる、
活動や事業を続ける上での視点や、外部への働きかけの在り方などについても
お話しすることにしました。。。

お忙しい中、ご参加くださった30名近くのみなさま、ありがとうございました
&お疲れ様でした!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1601_resource_raise_and_organizational_development.pptx

「過去から現在までの好みに基づいて、したいこと」ではなく、
「今後を見通した上で、未来に向けて求められること」を、
効果的に実現できてこそ、つまり、1歩先の視野を持って、
半歩先のプログラムをつくり続けることが、NPOの基本的な役割。
だからこそ、社会の中での地域の近未来を冷静に見通し、変化に
備える進化を、どのように進めていくかが問われています。

また、同日も(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、200円お寄せいただきました。
ありがとうございました!
(甚だ遅ればせながら)謹んで新年のお慶びを申し上げます [2016年01月05日(Tue)]
誠に遅ればせながら、謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年も、本当にお世話になりましたことを、深くお礼申し上げます。
また、関東・東北水害をはじめ、各地で被災されたみなさまには、
重ねて、心よりお見舞い申し上げます。

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を
組織目的とするIIHOEは、
「社会事業家のマネジメント支援」、
「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、
そして、「2020年の地球への行動計画推進」を事業の柱とし、
「日本をチャレンジの森にする」ことを中期的な価値目標に掲げています。
昨夏には、創設以来21年間に、全国各地で学ばせていただいたことを、
網羅的かつ体系的にお届けする「ソシオ・マネジメント・スクール」を開校し、
計6テーマ中、3つのテーマで先行して開講したところ、早速、熱心に
受講してくださった方々が、最初の修了生として巣立たれました。
今月末からは、残り3つのテーマが開講します。
そして8月には、全6テーマの今年度のクラスも開講します。
どちらも、どうぞお見逃しなく。

さらに昨年から今年にかけては、私たちの3つの事業の柱についても、
大きな転換点を迎えています。

まず、2020年の地球への行動計画の推進については、
世界の課題先進国である日本の地域社会/コミュニティが、
課題解決の先駆者となれるよう促し、多様で実践的な解の束を
世界に示すことで実現します。
高齢化は、65歳以上が増えた「第1幕」から、
85歳以上が急増する「第2幕」へ。
私が雲南市で学ばせていただいた「小規模多機能自治」を推進しようと、
昨年2月に発足した「小規模多機能自治推進ネットワーク会議」に、
設立時までに全国140以上、昨年末までに180以上の自治体行政が
参加してくださったことは、次の一歩を進める上で、とても重要な
基盤となりました。
地域を守り続けるための進化を促すために、長らくお待たせした
「ソシオ・マネジメント」第3号は、「小規模多機能自治
- 総働で人「交」密度を高める」と題して、その必要性や進め方の
ポイントを、データと実例を豊富に織り込んで、今月中に刊行します。

ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決については、
日本では若者の関心低下が続く環境問題ではあるものの、やっとパリ協定が
合意され、政府も「2030年までに13年比でマイナス26%」という
目標を掲げました。その実現は、工場でも行政でもなく、私たちの家庭や
オフィス、そして、移動や輸送の環境効率を2倍近くにまで高めることに
よってしか実現できません。
また、政府税調が11月に発表した「経済社会の構造変化を踏まえた税制の
あり方に関する論点整理
」を読めば、改めて、多数派である世代、つまり
現在の高齢者を優遇、正確には、先送りした負担を若者に負わせることを
前提に、誘導する施策を積み重ねてきた結果が、若者を非正規雇用へ追いやり、
結果として若者だけが所得が20年・30年前より下がり、あろうことか、
さらに先の世代である子どもの貧困を拡大しているという現実。
「東京一極集中の解消」と言われますが、しかし「論点整理」でも明らかな
通り、各産業の生産性を見れば、製造業も農林水産業も改善しているのに、
東京の主力産業である第三次産業は生産性を下げ続けています。
つまり東京は、世界で戦える力も、地域を支える人材も、育てていない。
世界で戦える企業を増やすために、社会責任への取り組みの進化と深化を、
地域を支える人材を増やすために、地域で「あと100万円」稼げる力の
育成を、それぞれ進めます。
このため、「ソシオ・マネジメント」第4号は「ベスト・プラクティスから
学ぶCSRマネジメント」をテーマに、準備を進めています。

そして、IIHOEの設立の原点ともいえる社会事業家のマネジメント支援に
ついては、「社会起業家支援」を標榜するプログラムが増えています。
しかし、それが単に先輩の話を聞かせるだけだったり、支援名目で資金を
提供することを優先するあまり、当事者の理解や社会の見通しなど、起業家
(の卵)が直面すべき問いに向き合わないままで規模の拡大を模索させたり、
挙句の果てには、拍手と審査しかしない輩の前でプレゼンテーションするために、
徹夜までさせているものまで現れてしまいました。
社会起業家は、メディアに紹介されたり、聴衆に拍手されたり、
いわんや、今後は通用しないような社会性や持続可能性の低い「過去の大物」
に審査されるためではなく、課題に悩み、危機にさえ瀕している人々などに、
1歩先の視野を持って、半歩先のプログラムを提供して、より良い社会づくりを
実現することにしか、存在価値はありません。
このことをずっと伝えてきたつもりが、その道を外す人たちが現れたことに、
自分の力不足を思い知らされました。
そこで今年からは、社会起業家(の卵)を支援するプログラムについては、
私どもが主催・共催し、企画と運営に責任を持てるもの以外には、一切、
お手伝いをしないこととしました。
各地で社会起業家(の卵)を支援するプログラムを主催されるみなさまには、
ご迷惑をおかけするかもしれませんが、しかし、この機会に、どんな社会を
つくるために、どんな課題にどう挑む起業家を、どう育てるのかについて、
しっかり考え直す機会としていただけることを祈念します。
IIHOEが主催・共催する社会起業家の支援プログラムは、あくまで
基本に忠実に。そのテキストとすべく、「ソシオ・マネジメント」第5号は
「社会起業家の事業デザイン - 調査とポジショニングから社会を動かす」を
テーマに、また、綻びが目立ってきたガバナンスの再建を促すために、
「非営利・公益の理事会 -判断・支援・働きかけのガバナンス」(仮題) を
第6号のテーマとして、準備を進めます。

さらに昨年は、日本と世界各国において、民主主義の脆さを思い知らされました。
多数の専横を許さないために、先人が積み重ねてきた知恵としくみが、
壊されたのを嘆いていても仕方ありません。
市場も民主主義も、大切なのは、良い選択肢をつくり続けることと、
その担い手を育て続けること。懲りずへこたれず、つくり、育て続けます。

最後にもうひとつ、お礼を。
関東・東北水害で被災された方々への支援活動と、
東日本震災で被災した子どもの放課後支援
お寄せいただいたご寄附が、それぞれ259,166円と316,392円に達し、
私からのマッチングを合わせて計1,260,312円をお届けしました。
みなさまのご協力に、重ねて、心から深くお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。また、引き続きよろしくお願いします!

長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。
今年は、これまでよりさらに無私・無心で進めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
江津で小規模多機能自治勉強会&自慢大会&「人が集まるしくみ」研修でした! [2015年12月22日(Tue)]
18日(金)から20日(日)にかけて、島根県江津市にお招きいただき、
18日夜は市行政の若手職員の方々を対象に「小規模多機能自治勉強会」、
19日朝から昼にかけて「コミュニティ活動発表会」、
同日夜は嘉久志まちづくり推進協議会主催の「リレー拡縁会」、
そして20日朝は「ひとが集まる場所と仕組みづくりセミナー」にて、
それぞれ、お話しやコメントなどをさせていただき、ごくごく簡単な
ワークを行っていただきました。

のべ250名以上のみなさま、熱心にご参加くださり、本当に
ありがとうございました!
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1512_sodo_basic_gotsu.pptx
00_05_10_shimane.xlsx

「取り組みも盛り上がりも、まだまだ」とおっしゃる方々が多い江津市ですが、
いやいや、それでも、個別にお話を伺うと、すでにしっかり先行していらっしゃる
地域では、とってもすばらしいお取り組みを、しくみとして進めていらっしゃいます。
小規模多機能自治は、学んでいただかなくても、すでに実践が始まっており、
その共有(学びあい+磨きあいですね)ができれば、十分に次の段階へと
高まっていかれると感じました。本当に勉強になりました。ありがとうございました!

また、(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付をお願いしたところ、
「小規模多機能自治学習会」ご参加のみなさまから20,500円!!、
嘉久志まちづくり推進協議会主催「リレー拡縁会」および
「地域コミュニティ活動発表会」にご参加のみなさまから26,276円!!、
お寄せいただきました!!
本当にありがとうございました!!
氷見市&南砺市で「小規模多機能自治」研修でした! [2015年12月18日(Fri)]
16日から17日にかけて、氷見市と南砺市にお招きいただき、
16日午後は氷見市内で地域自治を担っていらっしゃる住民と、
行政の地域担当職員さん 計80名以上、
17日午前は氷見市行政の管理職級の職員さん約30名を対象に、
それぞれ「雲南市の地域自治に学ぶ小規模多機能自治勉強会」を、
17日夜は南砺市内で地域自治を担っていらっしゃる住民と、
行政職員さん 計30名以上を対象に「住民自治のまちづくり教室」
の一環として、それぞれの地域において総働による小規模多機能
自治を進める意義とポイントについてお話しし、ごくごく簡単な
作業を行っていただきました。

お忙しい中、長時間、熱心にご参加くださったみなさま、
本当にありがとうございました。
会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1512_sodo_basic_himi.pptx
00_05_10_himi.xlsx

1512_sodo_basic_nanto.pptx

同じ県内でも、かくも違うかと痛感するぐらい、
両市とも行政の方々も熱心で、住民の方々にも、健全な危機感や
進化の必要性を共有していただけたのではないかと思います。
地域を愛する気持ちは同じでも、それを実現する工程で
「何を選び(what)、どう実施するか(how)」について、
考えや基準が違うために、動き出せず、そのまま続けてしまって
きたこれまでから、近未来を合理的に予測して、変化に備える
ために、試しながら進化し続けるまちづくりへ。
官も民も、お互いの力を引き出しあえるよう、がんばりましょう!

また、両日とも(公社)チャンス・フォー・チルドレンへのご寄付を、
お願いしたところ、氷見市では22,100円!、
南砺市でも22,800円お寄せいただきました!!
本当にありがとうございました!!
エコプロダクツ2015 記念シンポジウムでした! [2015年12月10日(Thu)]
今日午後は、私も企画委員会の末席を汚させていただいている
エコプロダクツ2015で「わたしが選ぶクールな未来
2030年未来社会 こうしてつくる元気なニッポン
」と
題された記念シンポジウムで、いつものように進行役と、
とっても珍しいことに、僕にも発題の時間をいただきました。

お忙しい中、また、場内で他にもとても魅力的なプログラムが
多々あったにもかかわらずご参加くださった600名近くのみなさま、
そして、事前に何の打ち合わせもなく、壇上でのお願いに快く
受け答えしてくださった登壇者のみなさま、本当にありがとう
ございました!会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1512_eco_pro_prepare_2030.pptx

今回、改めて印象的だったのは、目の前の状況をどう見るか、
そして、変化や課題に受け身で構えて守ろうとするか、
それを機会と捉えて進化に挑むか、その姿勢の違いが、
大きな差を生むということ。
ならば、前向いて進んだ方が、絶対に悔いは残らないですよね。
そこで大切なのは、企業やNPOがチャレンジするだけでなく、
行政も市民も、そのチャレンジを積極的に評価し、
ときには「えこひいき」するぐらいの姿勢でなきゃダメ、ということ。
社会を進化させるためのチャレンジは、誰かがするんじゃなく、
私たちが、それぞれするんです。
| 次へ