CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

カテゴリアーカイブ
最新記事
柴沢自治会 会長 佐々木 由勝 さん [2013年06月01日(Sat)]

ブログ掲載用.JPG

 盛岡でまちを元気にしようと地域活動で活躍されている方をご紹介します。
 第20回は、柴沢自治会会長の佐々木由勝さんです。
 佐々木さんは、退職後から自治会活動に携わるようになり、柴沢自治会の事務局長を務めた後、会長に就任されました。現在では、玉山自治会連絡協議会会長、渋民地区自治会連絡協議会会長としても精力的にか通津尾されています。

■生活様式に合った自治会活動
 柴沢周辺に住む住民は、以前は全戸が専業や兼業で農業を営み、生活の中で農道整備や季節行事などの自治会活動を行っていました。
 しかし、生活様式の多様化が進み、これまでどおりの自治会運営を進めることが難しくなり、住民の生活にあった自治会の運営が必要だと感じました。
 そこで「岩手県農地・水・環境保全向上対策事業」を活用し、住民全員で「自分たちでできることは何か」を考え、地域づくり計画を策定・実施するために、自治会、老人クラブ、消防団などで構成する「柴沢美しい自然を守る会」を設立しました。

■柴沢美しい自然を守る会
 柴沢の美しい自然を守るため、小学生や高齢者などと協力し、農道脇へのアジサイの植栽や間伐材を使ったベンチの設置、清掃活動、小川の調査、水路の泥上げなどを行っています。
 アジサイの植栽は農業従事者の知識・経験を、ベンチの設置は建築業を生業とする住民の技術など、住民が持つ特技を生かして地域づくりに取り組んでいます。

■自治会と老人クラブ
 当自治会は、老人クラブを自治会の「高齢者部」としています。自治会費から活動費を出すことができるため、活発な活動を行うことができ、より身近な交流の場を設けることができます。一方で高齢者部には、農道の清掃などを行ってもらっています。

■これからの活動
 渋民地区自治会連絡協議会における地域協働事業としてボランティアガイド啄木案内人の養成や自然エネルギーの里づくりなどさまざまな事業を計画しています。

■佐々木さんからのメッセージ
 住みよい地域づくりは、「自分たちでできることは自分たちで取り組む」ことから始まります。ぜひ皆さんの特技を地域活動に生かしてください。

乙部町町内会会長 佐々木 章一 さん [2013年03月01日(Fri)]

佐々木章一さん.JPG


 盛岡でまちを元気にしようと地域活動で活躍されている方をご紹介します。
 第19回は乙部町町内会会長の佐々木章一さんです。公民館の事務局を務めたことをきっかけに町内会活動に携わり、現在では、乙部町町内会会長、乙部町自治公民館館長、盛岡市町内会連合会副会長を務め精力的に活動を展開されています。

●住民同士の交流を大切にした活動
 芋の子会や新年会、そば打ち体験などの町内会行事の開催や、乙部地区体育振興会が春・秋に行うスポーツ大会に町内会で参加し住民同士の交流を図っています。また、町内会と郷土芸能の保存会、乙部中学校で開催する「乙部地区民運動会」で中学生が披露する獅子踊りや伝統さんさなどは、地域の高齢者が指導し、世代間交流と郷土芸能の伝承が行われています。

●顔の見える関係を築き支え合う
 地域住民同士が親睦を深め協力し合うことが大切だと考えています。
 震災時には、高齢者や一人暮らしの世帯に声をかけ、安否確認の実施と乙部地区各町内会長へ協力を呼びかけました。また、食糧が不足してきた世帯もあり炊き出しを行いました。

●今後の取り組みとして
 乙部町町内会の青少年育成の方針は、「地域全体で子どもを見守っていきましょう」です。地元の自然・伝統を感じる中で子どもの健全育成を図る活動を地域全体で進めていきたいです。
 また、自主防災組織を含めた組織作りを行い、防犯・防災に備えた安心安全のまちづくりを考えています。その為にも、地域の皆さんと住みよい地域の未来像を考え、市の地域協働のまちづくりにも取り組んでいきます。

●佐々木さんからのメッセージ
 皆さんが今まで培ってきた経験・知識を活かして、楽しみながら地域づくりに取り組んでいきましょう。
高松二丁目町内会会長 小枝指好夫さん [2013年01月21日(Mon)]

koesasisann.JPG

 盛岡でまちを元気にしようと地域活動で活躍されている方をご紹介します。
 第18回は高松二丁目町内会会長の小枝指好夫さんです。
 小枝指さんは、高松二丁目町内会の副会長を平成14年から、同町内会会長を平成18年から務められています。

■蓄積した活動の継続
高松二丁目町内会は、昭和43年に創立され、昭和50年に児童公園、平成12年には集会所が完成しました。いずれも住民の強い願いと当時、町内会を運営されていた先輩方の尽力により実現したものです。
 児童公園と集会所は、町内会、子ども会、老人クラブ等の活動拠点となっており、開園以来毎年開催している運動会をはじめ夏まつり、敬老会、ふれあいセンターまつり、どんと祭などが継続して開催され、住民相互の交流が図られています。
 先輩方が築いた活動基盤を大切にし、蓄積された町内会活動の継続発展に努めています。

■活動の還元と報告
住みよい町内環境を整えるために、ゴミネットの整備や街灯のLED化などに力を入れています。
また、毎月1回発行し、全世帯に配布している「会報」を通じて、活動報告や行事への参加を呼びかけ、町内をより身近なものに感じてもらいたいと考えています。

■小枝指さんからのメッセージ
地域は大きな家族です。日頃からお互いを助け合える関係を築いていきましょう。できることから楽しく活動を積み重ね、先輩方が作り上げた地域の絆を蓄積していきましょう。
玉山区自治会連絡協議会会長 齋藤勲さん [2012年09月03日(Mon)]

deaitai.JPG

 盛岡でまちを元気にしようと地域活動で活躍されている方をご紹介します。
 第 17 回は玉山区自治会連絡協議会会長の齋藤勲さんです。
 齋藤さんは、巻堀自治会の会長として地域の交流を進める活動に特に力を入れて取り組まれています。
 また、今年で玉山区自治会連絡協議会会長を就任されて 2 年目を迎えます。

■地域の絆を育む交流事業
 玉山区は、昔から続くお祭りや運動会などの地域行事があり、長年にわたり地域の絆が育まれてきました。 現在では花いっぱい運動などにも取り組み、さらに地域の絆を強めています。
 巻堀自治会では、地域の小学校を会場に秋と冬に運動会を行います。冬は競技を行うだけではなく、甘酒などをみんなで作り体を温めながら楽しみます。また、歴史ある地域の神社で毎年お祭りを開催しています。 住民の親睦を図るには、楽しいことを共有することが一番だと思います。
 地域の皆さんからは、行事を心待ちにする声があり嬉しく感じています。

■これからのまちづくり
 盛岡市で地域協働に取り組む地区が募集されています。玉山区は、渋民地区と巻堀・姫神地区が応募します。
 地域の特色を活かし、住民全体で取り組んでいきたいと考えています。

■齋藤さんからのメッセージ
 皆で力を合わせて出来ることからまちづくりに取り組んでいきましょう。

南青山町町内会 会長 村上鉄巳さん [2012年06月06日(Wed)]


blg.jpg

盛岡でまちを元気にしようと地域活動で活躍されている方をご紹介します。
第16回は南青山町町内会会長の村上鉄巳さんです。
村上さんは、南青山町町内会の環境部部長を平成12年から、同町内会会長を平成18年から務められ、今年で4期目を迎えられています。

■町内の環境美化を目指して
私は、南青山町町内会の環境部長と盛岡市から委嘱された「きれいなまち推進員」を務めていることから、町内のごみ減量・資源の再利用による環境美化を目指し、ごみ分別や資源集団回収に力を入れて取り組んでいます。
きれいなまち推進員としては、町内のごみ分別の指導や、14カ所ある集積所の巡回、分別を呼びかける看板の設置・書類回覧などに取り組んでいます。
また、町内の活動として子ども会と町内会が、月に1回交互に資源集団回収を行っています。盛岡市から、資源集団回収に報奨金が交付されますので、その制度と住民からの寄付などを合わせて公民館を建てることもできました。大きな成果だと思います。
■座右の銘
座右の銘ではありませんが、「誠心誠意努力する」ことを大切にして取組んでいます。
■村上さんからのメッセージ
ごみは、分別することで資源になり活用することができます。
皆さんのご協力をお願いします。
紺屋町町内会 平井 興太郎 さん [2012年03月12日(Mon)]

地域の財産を活用して

blg.jpg


紺屋町町内会 会長 平井 興太郎 さん

平井さんは、長年お世話になった紺屋町のお役に立てればという思いから、町内会役員の会計監事を4年務められ、平成16年4月からは同町内会の会長に就任されています。
また、江戸時代から明治時代まで盛岡八幡宮例大祭に随行した「鍛冶町紙町丁印」の復元に尽力され、平成22年3月には盛岡市指定文化財としての指定を受けるなど、歴史的文化財を守る活動にも積極的に取り組まれています。

■これまでの活動を教えて下さい
 毎年4月から11月の第3日曜日に、骨董、雑貨、衣類などを販売する「奥州懐道アンチック市」を実行委員会と協力して開催しています。
昨年5月には、紺屋町界隈のお店をまわってスタンプを集めながら楽しく街歩きをする「紺屋町界隈ぐるっと!スタンプラリー」を、有志で作った実行委員会を中心に開催することができました。
町内の美化活動として、紺屋町の通りに深沢紅子が愛した忘れな草のプランターを100個設置したほか、「深沢紅子野の花美術館」が面する中津川河畔に忘れな草の苗を植える活動にも参加しました。
 地域にあるものを大切にしたいという思いから、地域に住んでいる方が成人を迎えると、紺屋町の草紫堂で制作した茜染のお財布をお祝いとして贈っています。
また、盛岡市指定保存建造物である「紺屋町番屋」を有効活用することを目指して、紺屋町番屋保存・活用委員会を設立しました。地域の資源で地域を活性化できれば、と思っています。

■活動への思いを教えて下さい
 紺屋町は、盛岡城跡公園に近いことから、江戸時代からの歴史的建造物が多く残る地域です。
 紺屋町で生まれ、育った一人として先人から受け継いだ貴重な財産を、確実に次の世代に引き継いでいきたいと思っています。
 また、住民の皆さんが紺屋町で開催される様々な行事に参加していただくことによって、顔の見える関係を築くことができ、地域のつながりが深まります。
 こうした私達の取り組みが、若い世代の古き良き紺屋町への愛着を育むことにつながっていくことを願っています。

■目指していることは何ですか
 近年、紺屋町でも空き地や空き店舗が目立ってきています。地域の活性化を図るためには、空き地、空き店舗対策が不可欠となっています。
 そのため、八幡界隈や中ノ橋通、葺手町、上ノ橋町、そして紺屋町を結び、はしご酒まつりや夢あかり、アンチック市など、それぞれの地域の催事を連携して開催することで、大きな賑わいを創出できるのではないかと考えています。

■座右の銘を教えて下さい
 「健康第一」健康あってこそ、地域活動ができます。
そして、「継続は力なり」地域活動を継続することによって、次の新しい取り組みに挑戦することができます。
健康で地域活動を継続することによって、多くのことを学ぶことができます。様々な出会いもあります。そうしたことが、地域活動のやりがいにもなっています。

■市民のみなさんへメッセージをお願いします
 好評をいただいたアンチック市やスタンプラリーなどを、今後も継続して開催し、紺屋町から街の元気を発信していきます。
これからのくらし仕事支援室 室長 吉田 直美 さん [2012年01月26日(Thu)]

相手に寄り添いながら支援を


これからのくらし仕事支援室
室 長 吉田 直美 さん

 第14回は、これからのくらし仕事支援室の室長吉田直美さんをご紹介します。
 吉田さんは、20年間勤めた盛岡市役所を退職し、昨年4月から「これからのくらし仕事支援室」(以下コレクラ)で室長として勤務しています。
「コレクラ」ではパーソナル・サポーター(以下PS)が、生活の立て直しから自立に至るまで、相談者一人ひとりに寄り添いながら、支援を行っています。
 今回は、PSの仕事について伺いました。

■今の仕事を選んだきっかけは何ですか
市役所職員として8年間、消費者行政に従事しました。
消費生活センターでは、多重債務など様々な問題を抱えた相談者と向き合いました。自殺につながりかねない深刻な問題を抱えた相談者も少なくありませんでした。
そのような相談者は、失業、生活困窮、心身の病、家庭崩壊など、様々な問題を抱えています。複雑に絡み合う問題を一つひとつ解決し、自立した生活を取り戻すための支援は、一行政窓口の消費生活センターだけでは限界があると思いました。

■制度を超えた支援への挑戦ですか
例えば、健康問題は保健所、生活費の問題は福祉事務所、就職はハローワークなどと、相談窓口はそれぞれ用意されています。
しかし、深刻な多くの問題を抱えた人が、自らその問題を整理し、それぞれの相談窓口に出向くことは、難しい状況です。一つの窓口で相談から自立まで寄り添って支援を行う必要があります。それがPSの役割です。

PSの役割について教えて下さい
PSは、「専門知識を持った良き隣人、良き友人」といえます。信頼関係のない人に悩みを打ち明けることはできません。相談者と出会い、信頼関係を築くことがスタートとなります。
 もし、多重債務の相談を受けたら、借金の整理だけで終わるのではなく、その裏にある経済状況や家庭環境などを分析し、必要な支援内容を見極め、関係機関につなぎ、抱える問題を一つひとつ解決しなければ、自立につなげることは困難です。
 暗闇の中に独りでいる相談者と会話をしながら光を見つけ、その光に向かって長い階段を一段ずつ登っていくような感じで共に歩んでいきます。
良い方向に向かったら、少し背中を押し、自分の生き方を自分で決める力を引き出す手伝いをします。そのことによって、様々な問題を解決し、社会の中に役割と居場所を見つけ、経済的にも自立できたらゴールです。

次の課題は何でしょうか
 「コレクラ」は、できるだけ身近にあることが望まれます。広い岩手県をカバーするには、8カ所は必要だと思っています。また、8カ所で活躍できるPSの養成も重要な課題です。

■大切にしている言葉を教えて下さい
 「オムソーリ」。スウェーデンの言葉で「悲しみの分かち合い」という意味です。
一人ひとりの「痛み」を『自己責任』で片付けるのではなく、みんなで引き受ける社会を示したものと理解しています。
他人事を自分事として考え、困っている人が隣にいたら、お互いに手を差し伸べあう、いつ自分が気遣われる立場になるか分からない今の時代だからこそ、求められる社会像だと思います。

■市民のみなさんへメッセージをお願いします
ドアを開けるとき、後ろに誰かいたら、開けて少し待ってあげる、そんな社会―。盛岡市なら実現できそうです。
Posted by 隊員 at 17:35 | NPO法人 | この記事のURL
みたけ五丁目町内会 長澤 凉子 さん [2011年11月26日(Sat)]

町内会で社会参加


みたけ五丁目町内会
会長 長澤 凉子 さん


 第13回は、みたけ五丁目町内会会長の長澤凉子さんをご紹介します。
長澤さんは、女性の社会参画や地位向上のため、市民活動や町内会活動に精力的に取組まれてきました。
これまでに、町内会婦人部部長、もりおか女性の会、みたけ地区活動福祉推進会女性部事務局長、盛岡女性塾、パワーしゃべる6人組、岩手県女性の翼の会初代会長などを務められました。
現在は、みたけ五丁目町内会会長5期10年目を迎え、活躍されています。

■活動を始めたきっかけは何ですか
45歳の時に「死ぬまでになすべきこと」という書籍を読み「何か人に役立つことをしたい。」と思
うようになりました。
その時、ちょうど町内会婦人部部長のお話をいただき、私の社会参加の第一歩を踏み出すこととなりました。

■みたけ五丁目町内会の活動を教えて下さい
みたけ五丁目町内会は、総務部、会計部、文化部、防犯部、福祉部、体育部、環境衛生部から構成され、様々な活動を展開しています。
犯罪や事故の無い明るく住みよいまちを目指して、子供たちの登下校時の見守りを毎日行う「子供110当番警邏」の実施や、青少年の健全育成の観点から更生保護等の講演会も行いました。
また、三世代交流会や、4年に一度行う大運動会「町輪ピック」を通して住民の交流を図っています。
地域福祉の取組みとし以前は、一人暮らしをしている高齢者の見守り活動「シルバーメイト事業」や「ふれあい イキイキ ニコニコ サロン」を行なっています。サロンでは、地域の高齢者がお菓子や漬物などを持ち寄り、カラオケやおしゃべりなどを楽しみながら地域の情報交換をしています。

■みたけ地区の町内会は、女性役員が多いと聞きますが…
リーダー役は男性が務めることがほとんどでしたが、現在は、みたけ地区の7町内会のうち約半数の3名が女性会長です。この数は大いに誇れることだと思います。
かつて、当町内会にはては、「婦人部」が組織されていましたが、「文化部」に変更することで男女共に町内会行事に参加してもらっています。
これからも男女共同参画を進めることでより良い社会、暮らしやすいまちにしていきたいと考えています。

■長澤さんの目指すまちを教えてだください。
今のみたけが、理想だと思います。
子どもたちの安全を守るため知らない人に挨拶をしないよう教育され、地域間の挨拶も減少することもありましたが、登下校時の見守りを実施してからは子供たちの明るい挨拶が聞こえるようになりました。
また、県営スケート場前の道路は、歩道と車道の整理がされていませんでしたが、みたけ住民から歩行者保護の要望の声が盛岡市に届き、緑道が整備されました。とても住みよいまちだと感じています。


■長澤さんの座右の銘を教えて下さい。
「相手を気づかい たすけあい 暮らし易さは 地域の宝!」をキャッチフレーズに取り組んできました。
一人ひとりを尊重し、思いやりと感謝の気持を大切にしたいと思います。

■市民のみなさんにメッセージをお願いします。
「相手を気づかい、助け合う」ことは、暮らしやすさにつながります。住みよい地域を創っていくため、私たちの地域は何が必要で何ができるのか話し合いましょう。そして、お互いを支え合うことができる地域を創っていきましょう。。
あそびma・senka 代表 西里 真澄 さん [2011年09月26日(Mon)]

思いをカタチに
〜仲間と共に築く活動〜


あそびma・senka
代表 西里 真澄 さん


 第12回は、市民活動団体「あそびma・senka」代表の西里真澄さんをご紹介します。
 西里さんは、助産師として、岩手県子育てサポーターや盛岡市保健所母親教室講師、ベビーマッサージインストラクター、岩手県男女共同参画審議会、男女共同参画や子育て支援などの様々な活動を展開されています。
 今回は、代表を務める子育て支援の団体「あそびma・senka」のお話を伺いました。

■活動を始めたきっかけはなんですか
 助産師として保健所から妊婦さんの為の母親教室や電話相談の依頼を受けたことをきっかけに、妊娠中や出産後のお母さん同士が気兼ねなく話のできる場が必要だと感じました。
実際に、その場を設けてみると皆さんの子育てへの様々な想いが出てきました。そのことから妊婦さんや、子育て中のお母さんのための子育て支援、子ども自身の成長を支える子育ち支援を目的に立ち上げたのが「あそびma・senka」です。
 当団体のメンバーは、子育てに関わる仲間が職域を超えて集まっています。

■今までに行ってこられた活動を教えてください。
あそびを中心に親子のコミュニケーションがもっと豊かに、もっと楽しくなることを応援すると共に、子育て環境がより豊かになることを目指し、3つのプロジェクトを中心に活動しています。
 ▽「プロジェクトI・ko・san」―いのちをつなぎ・はぐくむ活動として、子どもたち自身が授かった命を理解し受入れるための「いのちのお話しキャラバン」。
▽「プロジェクトG」―家族の「元気」と「笑顔」・地域の「源喜」を応援するため、マタニティママとママの防災活動の実施や、地域・親子間で「岩手の産育」を伝承し「結いのこころ」が伝わる環境づくりを目的とした「つながれ『いのち』〜ミュージアムからつながる産育〜」▽「プロジェクト遊」―親子のコミュニケーションの応援活動として、子どもと一緒に絵本を読む「もっかい!Papa」、家族で新しい命を迎えるための「お父さんスイッチ!」・「おにいちゃん・おねえちゃんスイッチ!」等を実施してきました。

■今後の活動で目指している事を教えてください。
 今年3月11日に発生した東日本大震災で子どもの「いのち」の捉え方が変ったように感じます。今ある「いのち」のありがたさ、なくなられた「いのち」から託されたものを伝えていきたいと思っています。
そのため、今年度内に『「いのち」を語る「いのち」をつたえる研修会〜こどもたちに伝わる「いのちのおはなし」〜』を実施します。この事業を通して、子ども自身がいのちの始まりにふれ、自分に対して肯定的に理解してもらえるために、地域や大人が何をするべきかを考え、広がっていくことを願っています。

■西里さんの座右の銘は何ですか。
 座右の銘ではありませが、中野晴彦氏の「鏡は先に笑わないこころ≠艪スかな子どもを育てるために」という著書があります。この著書では、「子どもの気持ちがわからないと嘆く前に自分は子どもの前でどんな顔をしているのか鏡の前で見てほしい」というメッセージを親や教師たちに投げかけています。
この著書に共感して「鏡は先に笑わない」という言葉を自分に言い聞かせています。

■市民の皆さんへメッセージをお願いします。
 私たちは、子育て・子育ちを学び、支援しています。
一緒に活動したいと思う方、皆さんに伝えたい子育てがある方は、ぜひお気軽に声をかけて下さい。
Posted by 隊員 at 11:44 | NPO法人 | この記事のURL
玉山区自治会連絡協議会 会長齋藤 勲 さん [2011年07月25日(Mon)]

結いの精神が
根付いているまち




玉山区自治会連絡協議会 会長
齋藤 勲 さん

 第11回目は、玉山区自治会連絡協議会会長齋藤勲さんをご紹介します。
 齋藤さんは、退職後に地域の方からの声をかけられたことがきっかけとなり、自治会活動に参加されました。現在では、玉山区姫神・巻堀地区の会長を務められ、あいさつ運動や、運動会、花いっぱい運動など精力的に地域活動に取り組まれています。今年度より、玉山地区自治会連絡協議会会長に就任され、さらなる活躍の幅を広げられています。

■これまでの活動を教えて下さい
 自治会活動では、普段からのあいさつや、清掃、運動会、相撲大会、おまつり、花いっぱい運動等様々な活動をしています。
 安全な地域を維持するため、地域住民の自発的な明るい挨拶が犯罪の抑止力になると考え、あいさつ運動を行っています。
 年に1度の運動会は、地域の消防団や、老人会、子ども会、自治会が協力開催し、世代を超えた交流の場になっています。
 特に力を入れている活動は、花いっぱい運動です。まちの通りや、川沿い、学校の前などまちなかを花で彩り地域を明るくしています。住民に兼業農家が多いので、その技能をこの運動を通して地域に活かしています。区内の花いっぱいコンクールには、玉山区の自治会が競って参加し、みな優勝を目指します。
 秋には、餅つきを行いますが、もち米の田植えから収穫まで小学生と地域住民が一緒に行っています。この活動も地域の特性を活かした交流の場としての役割を担っていると思います。
自治会は、住民同士のふれあいや、活性化の場として機能を持ち、地域住民の連帯感を育む役割があると考えます。

■若い世代への活動の呼びかけはどの様にしていますか
 基本的に、回覧板や電話などを利用して住民に案内を出しています。
 イベントなどは、祝祭日に合わせて皆さんが休みの日に開催します。
 新年会や総会など、皆さんにできるだけ参加してもらいたいときは、個別に案内し、会終了後に交流を深めています。
 若い世代は、仕事や、引っ越しなどで地域になかなかなじめない場合がありますので、役員が出向き「一緒に参加しましょう」と、声がけをしています。
 こちらから住民のみなさんに声をかけ、絶えず接することが大切だと思います。

■今までの活動への思いを教えて下さい
 今までお世話になった地域への恩返しだと思って活動しています。
 地域が明るく、楽しく、そして住民が笑顔で過ごすことができればと思います。
 住民のみなさんは、声をかけると全員が活動に参加してくれます。
 この地域には、相互扶助のような、昔ながらの結いの精神が築かれているのだと感じます。

■齋藤さんの座右の銘は何ですか
 座右の銘ではありませんが、「無理強いをしない」というのが私のモットーです。
 住民のみなさんには、自治会に協力していただいていますが、そこに「強制」や、「無理強い」があれば良い活動ができるとは思いませんし、協力は得にくいものになります。
 住民のみなさんには、自治会活動に笑顔で参加してもらいたいと思います。

■市民のみなさんへメッセージをお願いします
 みんなで一緒にやりましょう。
 公共と地域は一体だと思います。自治会や町内会は、地域で住民みんながうまく暮らすためのルールのようなものだと思って一緒に活動に参加してみて下さい。
| 次へ