CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
聴覚障害者留学
 
 このブログは、2004年度より特定非営利活動法人(NPO)日本ASL協会が日本財団の助成の下実施しております「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」の奨学生がアメリカ留学の様子および帰国後の活動などについてお届けするものです。
 コメントでいただくご質問はブログに書かれている内容の範囲のみでお願いします。それ以外の留学に関するご質問は日本ASL協会の留学担当にお問い合わせ下さい。
2006/4/28ブログ開設時からのアクセス数
UL5キャッシング
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/index2_0.xml
2017年8月生活記録 【第13期生 山田 茉侑】[2017年08月31日(Thu)]
こんにちは。

渡米してから約3週間経ち、家の周りの地図も覚え、アメリカの生活にようやく慣れてきました。
カリフォルニア州は現在サマータイムのため、18時まで真昼のように明るく、20時頃にようやく暗くなってきます。昼の時間が長く感じ、毎日得をした気分を味わっております。

◆夏休みの間に、Mission Peakに登ってきました。
s_ミッションピーク.png

オーロニ大学の裏にある、Mission Peakに挑戦しました。下界から見える山に登るのかと簡単に思っていたら、実は後ろにもっと高い山がそびえ立っており、そこの山頂に登りました。計3時間で往復できるハイキング気分で出発したのですが、結局下山するまで5時間かかり、2000カロリー消費してきました。
空が青く、小さな白い雲がちりぢりになって漂っているのを見ながら、日々の課題のことを忘れてリフレッシュできました!

カリフォルニア州の気候
s_ミッションピークからの景色.png

写真は、Mission Peakからの景色です。
写真のように、カリフォルニア州は乾燥した気候です。
朝と夜は長袖が必要になるほど寒いのですが、昼の太陽は容赦ありません。
乾いた空気の中、刺すような日差しがさんさんと降り注ぎます。なので、1日の最高気温が20度でも、太陽の下にいると暑いです。
日焼け止めが効かず、すぐに真っ黒になってしまいます。腕は焦げパンのようになってしまいましたが、顔は帽子・サングラス・SPF50+の日焼け止めで紫外線から死守しております。

◆CDW(California Deaf Wheelers)に参加しました。
CDWとは、カリフォルニア州に住んでいる、ろう者のサイクリング愛好家が集まってできた組織で、定期的に集まって自転車であちこちに行っているそうです。
今回は、午前中に各活動(ハイキング、サイクリング、ウォーキング)からやりたい活動を選択し、午後は大人の参加者全員でビンゴゲームをするイベントに参加しました。
大人から子どもまで参加者は多様でしたが、聾学校の先生やカウンセラーなど、聾学校関係者が数多く参加している印象を受けました。
その日は48キロのサイグリングに参加し、アメリカのろう者とASLでたくさん話す新鮮な経験をしてきました。サイクリングロードで自転車に乗りながら高速ASLで話すアメリカ人ろう者たちのパワフルな姿に驚きつつも、日本の現状や、なぜアメリカに来たのかを、拙いながらもASLで話しました。一生懸命聞いてくれ、聾学校の情報を下さり、大変有意義な時間を過ごすことができました。
(CDWのHPです。 http://www.californiadeafwheelers.org )

s_SF BAY AREA.jpg
写真は、サイクリングの折り返し時点にあるサンフランシスコベイエリアの景色です。

◆おまけ CDWのビンゴゲーム
最後のボーナスゲームをなんと勝ち取り、ありがたいことに2倍入った賞金をいただくことができました!幸運の持ち主 橋本奨学生はちょくちょくビンゴになっており、もう一人の日本人友人もビンゴを取っておりました。日本人でトータルの半分もの賞金を頂いてしまいました。頂いた賞金は全てLongmanの辞書購入に充てました。一生懸命勉強したいと思います。
s_ビンゴ大会 縮小.jpg


◆Tutoring
2日に1回の割合でチューターを受け、秋学期の英語の授業に向けて準備をしました。褒め上手のNancy先生が、毎回素敵な笑顔で上手に教えてくれます。
Readingの課題では、かなり英作文を求められました。文中からそのまま文章を引用せず、自分なりの言葉でまとめる訓練をしました。知っているけど使ったことのない文法にトライするなど工夫を凝らしながら英作文をしております。Nancy先生は、言わずとも工夫点に気付いてくださるので英作文が楽しくなります。ろうの子どもたちの、作文時の気持ちが少しわかりました。

◆いよいよ秋学期が始まりました。
秋学期はWriting、Reading、Grammar、Deaf community、Deaf culture(?)を履修する予定でおります。まだ新学期が始まって間もなく、ガイダンスのみの授業も多いため、授業の詳細は次回に詳しく報告したいと思います。

Deaf culture
Tom先生「あなたたちは、なぜこの授業を受講したの?」
今年の受講学生は、約20人ほどいます。ろう、難聴、人工内耳装着者、生まれた時から手話環境にいた人、大学に入って手話を学んだ人、アメリカ人、他国からの留学生、などなど様々な人が受講しています。聞こえないという点では一見同じように見えますが、実は様々なバックグラウンドを持った人が集まった、多様性のある教室になり、これから楽しくなりそうです。
この授業を通して、他者のことを知りながら、自己を見つめ返したいと思います。
第14期留学奨学生 募集締切済[2017年08月21日(Mon)]
第14期留学奨学生 応募を締め切りました

8月20日(日)もって、第14期留学奨学生の全コースの応募を締め切りました。
ご応募、誠にありがとうございました。

Jassy.jpg

事業担当:根本和江
Posted by 事業担当者 根本和江 at 14:03 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
渡米後の挨拶 【第13期生 山田 茉侑】[2017年08月18日(Fri)]
こんにちは、13期生の山田茉侑(まゆ)です。

◆8月8日に無事にアメリカに到着いたしました。出発当日遠くから見送りに来てくれた家族や、友達のみなさま、本当にありがとうございました。行く前からホームシックになっておりましたが、みなさまの温かい言葉と激励のおかげで、笑顔でアメリカに飛び立つことができました。また日本にいる間に頂いた、たくさんの応援のメッセージには、いまでも勇気付けられています。ありがとうございました。


◆さっそく、翌日からオーロニ大学に行きました。
s_オーロニ大学門前.jpg


大学は山沿いにあるため、教室のある棟まで行くには、門から15分かけて坂を登る必要があります。最後のところは、高校の時に通学で毎日登っていた将軍坂(どこの高校かバレますね)並みです。写真は、大学のてっぺんにある坂からの景色です。写真だとインパクトがないですが、実際はかなりきついです。
s_オーロニ大学 車道.jpg


◆オーロニ大学含め、あちこちにリスがいっぱい!
住まいのあるフリーモントに着いて、アメリカらしさを一番感じた事は、なんとあちこちにリスが出現する事です。野良猫よりも遭遇率が高いのです!
s_リス1.jpg


おや、何かを食べていますね。
s_リス2.jpg


◆Tutoring(チューター)で、更に英語のレベルアップを!
Nancy先生という、ASLのとても上手な聴者の先生から、英語のレッスンを受けはじめました。
現在は、Reading、Writingの宿題を使って学習をしています。分からない単語や文法に出会ったら、Nancy先生のASLを使った説明と、パソコンを活用して理解をはかっております。
最初は、積極的にパソコンを使うことに驚きました。例えば、分からない単語があったら、ワードのシーソラスを使って類語(英語)を調べる→ASLで説明を受ける→googleで写真を調べる→ワードに調べたことをまとめる、という流れでパソコンを使っています。いつもは、覚えた傍すぐに英単語を忘れてしまうのですが、この方法だと覚えやすいです。素晴らしい学習方法だと思いました。
課題について。学習の濃さと、期待を超える大量の課題を見て、アメリカでの学習のスタートを無事に切れたのだと感じ、嬉さを感じました。

◆デフコミュニティにうまく加われました!
ろう者のいるホームステイ先から、デフコミュニティが広がっていました。また、大学にはろう者の留学生を必ず見かけます。なので、毎日たくさんのASLのシャワーを浴びることができております。
この調子で英語もなるべく英英辞典を使うなどして、たくさんのシャワーの蛇口を作り、来年は院に合格して、論文を読むことが好きになれるよう頑張ります!
渡米後の挨拶 【第13期生 橋本 重人】[2017年08月18日(Fri)]
 13期生の橋本重人です。渡米して初めての投稿です。もう10日経ったのに、まだ時差ボケで苦しんでいます。

 8月8日のお昼にサンフランシスコ国際空港に無事到着しました。到着して早々、さまざまな人に出会うことができました。
 まず、入国審査で待っている間、山田さんと話しているとある女性が国際手話で話しかけて来ました。「あなた、どこの国から来ましたか?ぜひ、この人たちと交流をしてほしいです」と言って来ました。この人たちとはDeaf Blindness(視覚と聴覚の両方の障害のある方)で、韓国から来たそうです。Deaf Blindness3名と、通訳者3名の6名でした。日本で盲ろうの方と触手話で話したことがあるのですが、国際手話(たまにアメリカ手話)で話したのは初めてでした。Deaf Blindnessたちは今週末に行われるDeaf Blind Campに参加するために渡米して来たそうです。3名とも山田さんと橋本が留学するために渡米して来たと伝えると、大変驚いて「大学で勉強はついていけるか?」「アメリカ手話はわかるか?」「聞こえない学生は他にもいるか?」など積極的に質問して来ました。私たちはしどろもどろになりながらも、できる範囲で答えました。(後で、ちゃんと答えられたかなぁと後悔・心配になったのですが、くよくよ考えても仕方ないですね)彼らと最後にお別れするときに「お会いできてよかったです。」「頑張ってください!」と力強く握手してくれたのが印象に残りました。緊張しまくっていた為、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。下手ですが、イラストを描いてみました。

       s_img081.jpg

 次に、サンフランシスコ国際空港で山田さんのこれからお世話になるホストファザーさんに迎えに来てもらいました。出口で待っていると子ども2人(幼稚園児と小学生)も一緒に来ていて、ずっと大人のアメリカ手話ばかり見て来た私にとって新鮮なものでした。そうです、上の子がろうなんです。2人とも小さな手でたくさん話してきて、可愛いと思う反面、会話の内容が読み取れない!と焦りました。子どもたちは大人と違ってまだ相手に合わせて話すことが難しかったのです。私たち二人ともエネルギッシュな子どもたちに負けるものかと日本で学習して来たアメリカ手話・ジェスチャーを駆使してたくさん話しかけました。親子の会話をこんなに身近で見ることができたことはとてもラッキーでした。ろう教育を学ぶ私たちにとって、とてもいい経験になりました。

       s_img082.jpg


 このように、渡米して早々たくさんの人たちと交流することができました。これからの1年間が楽しみです。色々な人々と交流して色々なことを吸収していきたいと思います。1年間頑張って英語とアメリカ手話を勉強して来ます。

          s_IMG_8955.jpg

 これから1年間暮らすところはオーロニ大学からそんなに離れていないところです。徒歩25分ぐらいで大学に着くことができます。

 それでは、また報告します。
謝辞 第10期生 山本綾乃[2017年08月10日(Thu)]
こんにちは。
第10期生、山本綾乃です。

16402509_758951874255300_4529044200585760216_o.jpg
(ありがとう、ギャロデット大学!自分で撮ったお気に入りの写真です)

ギャロデット大学卒業後もしばらくアメリカに留まり、念願のケンダルろう学校のサマースクールに参加させていただきました。ケンダルろう学校はギャロデット大学の敷地内にありますが2年間の在籍期間中、学校側の事情でなかなか教育実習をさせて頂くことができませんでした。一番近くにあるろう学校なのに、校内の様子を見学できないまま帰国してしまっては後悔すると思い、半年前から校長先生や主任の先生方と交渉を重ね、やっと実現にこぎ着けた念願の教育実習でした。すべての学年の児童生徒たちと直接関わり、学校内の活動の様子を知ることができ感謝しております。

20821427_860454554105031_529818125_o.jpg
(小学部1・2年生の教室。開放的な空間ですね!夏をテーマとした活動が行われていました)

20795054_860441927439627_1795728917_o.jpg
(アメリカ手話を撮影する専用の部屋がありました)


アメリカも日本もろう教育事情は同じ。様々なろう教育背景を持った、世界中からの学生が集まるギャロデット大学を大いに活かし、様々な交流や議論を重ねて、自分自身の伝える力・説明する力を伸ばしていきたいというのが留学の目的でした。
20794894_860441944106292_614659883_o.jpg
(ギャロデット大学付近の国立公園。みんなで肩を並べ、濃い会話をしながら3時間ほど歩きました。この縁を大切に、これからも情報交換していきたいです)


最後に三年間の感謝の意を込めて、謝辞の動画をお届けさせていただきます。 (日本語字幕あり)



三年間お世話になった、日本財団・ASL協会のみなさま、家族、友達、アメリカの仲間に心から感謝申し上げます。私のスタートはこれからであると自覚しております。今までの経験と学びをみなさんと共有できるように、これからも試行錯誤しながら、日本そしてアジアのろう教育へ貢献して行きたいと思います。

本当にありがとうございました。

2017年8月10日
第10期生 山本綾乃
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part3[2017年08月09日(Wed)]
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part3

1時間程の遅れで、無事にサンフランシスコ国際空港に到着。
米国に一歩足を踏み入れた2人は、元気いっぱい!
留学生活第1日目のスタートです。

Photo1-1.JPG
<米国に一歩足を踏み入れた2人は、元気いっぱい!>

Photo2-2.JPG
<橋本奨学生>

Photo3-3.JPG
<山田奨学生>


米国では、これから入学、進学の時期を迎えます。
引き続き、本事業および奨学生たちへ、みなさまの温かいご支援をよろしくお願い致します。


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 10:22 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part2[2017年08月08日(Tue)]
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part2

出発直前の2人に心境など語っていただきました。

●橋本奨学生


●山田奨学生



Photo3.JPG
<いってきま〜す!と笑顔であいさつ>

つづく。


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 23:36 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part1[2017年08月08日(Tue)]
第13期 橋本奨学生・山田奨学生、渡米 Part1

8月8日(月)夕方、第13期留学奨学生の橋本重人、山田茉侑の2名が、最初の留学先となる米国カリフォルニア州フリーモントにあるオーロニ大学へ向け、出発しました。
当日は、日本列島を直撃した台風の影響が心配されましたが、午後からは2人の前途を応援するかのような晴れの日となりました。
2人は、これから1年間、英語とASL学習に励み、来年秋、各目標の進学先への入学を目指します。

Photo1.JPG
<出発の成田空港、青空が広がりました>

Photo2.JPG
<お見送りに来られたご家族や大学のお友達と> 
左から2番目が山田奨学生、中央に橋本奨学生

つづく。


事業担当:根本
Posted by 事業担当者 根本和江 at 23:12 | 事業担当者よりお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年7月 生活記録 【第12期生 西 雄也】[2017年08月04日(Fri)]

こんにちは。

ここフリーモントでは、相変わらず朝5時に日が昇り、夜9時には暗くなる状態です。気候も日本の暑さとは違っており、朝と夜はとても涼しいのですが、昼間は汗をかいてもすぐに乾いてしまいます。また、道路に水をかけてもあっと言う間に湯気が立ち上り、すぐに乾くほど暑いです。気候のバランスの影響なのか、体調を崩す者が続々と出ている状態なので体調には気を付けていきたいと思います。

◆サマークラス
サマークラスもようやく終わりに差し掛かる頃となり、授業のペースも速く、あっと言う間に時間が過ぎ去るような感じです。
講義の内容(writingクラス)はテキストに従って進められ、Writingに必要なラボワークを行うことが中心です。このクラスを受け、エッセイを書く基礎を更に固め、これまで学んできたことの再学習やエッセイの新たな表現方法を学ぶことができたと思っています。

サマークラスが開始してからは、週一でチューター(今回の担当はナンシー先生は休みを取っているため、代わりにアン先生にしていただきました)を受けました。しかし、チューターの都合により、サマークラスの前半の時は受けることが出来たのですが、後半は受けることが出来ない状態になってしまいました。サマークラスの後半に差し掛かるにつれて、内容のレベルが上がっていくのと、パラグラフの書き方が、これまでに学んできた書き方と少し違っていたので、戸惑うこともありました。また、サマークラスの後半からはASLでチューターをしていただける方がいないので、クラス終了後英語クラスの教授に質問したり、メインストリームクラスのチューターと筆談でやり取りしながら進めています。
FullSizeR.jpg
↑ELCラボ(ラボワークや勉強をする時、ここでお世話になりました。)



◆ヨセミテ国立公園
休日、友人と日帰りでカリフォニアで有名なヨセミテ国立公園へ行ってきました。ヨセミテはかなり広く、一日で回り切れないのですが、観光したいポイントを絞り観て回りました。
現地は美しい自然であふれており、癒されました。その中でお気に入りだったのは川や滝のあるスポットです。滝の近くのスポットは、水しぶき(マイナスイオン)を浴び、リフレッシュできたものです。
また機会があればもう一度来たいと思ったものです。
IMG_1183.png
↑ヨセミテ国立公園



◆進学先の報告と近況◆
さてこの場を借りて報告させていただきますが、この春、ギャロデット大学大学院より入学許可を受け取りました。専攻は、ろう教育専攻に進学予定です。合格通知をいただいた時は嬉しさの反面、ついていけるかどうか心配な気持ちもありますが、前向きに学んでいけるよう頑張っていきます。
現在、入学前の手続きとサマークラスと同時進行しながら順調に進めている状態です。しかし、まだ引っ越しの準備も残っているので、引き続き気を抜かずに進めていきたいと思っています。

そして、もう少しで、カリフォルニアという現地を離れることや、仲の良い友人やお世話になった先生方の別れを考えると寂しい気持ちです。様々な感情が沸き起こっていますが、これからの新しいスタートを楽しみにしながら、次のステップへ進めたいと思っています。


2017年6/7月生活記録 第9期生 瀧澤泉[2017年08月03日(Thu)]
Hi everyone,

I am writing to share what I did during June and July in an English speaking environment, because my computer has been freezing and changed language by itself. ☹ I hope I can solve the issues very soon…!

Since I graduated from Gallaudet University, I have been excited to be working on my internship and with various organizations. Not long ago, I visited Kendall, the Deaf school at Gallaudet University, for my first time.

At Kendall School, Deaf children visually communicate face to face with others, and maintain awareness of their surroundings through the use of a wall mirror. Notice the reflected images of items on the table, highlighted by the red circle.

IMG_2082.JPG

IMG_2083.JPG

Using this arrangement, Deaf children are able to see the reaction of their teachers. This environment encourages Deaf students to learn the best methods of communication, linguistic rules, and cultural norms, while satisfying their educational and social needs!

IMG_2091.JPG

Teachers decorated a wall-size bulletin board with pictures of books that the Deaf children read last fall and winter. What a great idea! When the children see the nice display of book covers, they will remember what they read, and share the stories with their friends and family.

This unusual looking piece of furniture was donated to the Deaf school. There is a hole cut in the middle of the wooden “tree board”. This design encourages Deaf children to communicate face-to-face, by signing through the hole. This is just another space at the school which functions as an educational resource to support the learning of Deaf culture and methods of communication.

2017 Biennial TDI Conference in Bethesda
July 29, 2017

I attended the TDI conference at the end of last month. I was impressed with the conference, and learned a lot about technological things, and ways to improve access for the Deaf/HOH community. Unfortunately, I do not have any pictures from that conference, but here is their website If you want more information about TDI and their conference:

http://tdiforaccess.org/

Enjoy your day!